祝・KAT-TUN活動再開&新年早々“女ネタ”で一騒ぎ……ジャニーズアイドル年末年始ニュース

 紅白歌合戦やカウントダウンコンサートにお正月特番……など、ジャニーズアイドルの活躍が多く見られた年末年始。ジャニーズファンのみなさんも大忙しだったため、情報に抜けがあるかも!? そこで今回は、ジャニーズファンなら覚えておきたい年末年始ジャニーズニュースを一挙プレイバック!

■嵐、木村拓哉が参加のジャニーズ忘年会が開催!

 17年12月27日、あるTwitterユーザーが都内レストランで木村拓哉・嵐ら、ジャニーズアイドルが多数集まり忘年会をしていたという目撃情報を投稿した。この投稿を見たファンは、「12月13日に事務所で忘年会したんじゃないの?」「忘年会はもう終わってるからウソじゃない?」と反応。というのも、17年12月21日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で、ジャニーズ事務所の大忘年会の様子が写真付きで報道されていたため、真偽を疑ったようだ。

 しかし、関ジャニ∞・丸山隆平がジャニーズ公式携帯サイト「Johnny’s web」内の自身のブログ「丸の大切な日」の12月28日更新分に「すごいです。ジャニーズを味わった夜だった テレビの前ではなく食事の場で。改めて、ステキなプロの集まりなんだと、体感してきました 何て素晴らしい事務所に入ったのだ!と、共にこの方々と同じ事務所でこれからもやっていくのだと、みがひきしまりました」(原文ママ)と投稿。これで忘年会があったことに真実味が増し、ファンからは「またジャニーズ忘年会!? 木村くんも嵐もいたとか! びっくり!」「文春に撮られた忘年会には、木村くんいなかったからもう一回ってことかな!?」「嵐と木村くんと丸ちゃん以外に誰が参加したか気になる!!」という声が上がっていた。

■TOKIO国分、紅白に差し入れしたものとは?

 1月4日放送のTOKIO国分太一がMCを務める情報番組『ビビット』(TBS系)にて、17年12月31日に放送された『第68回NHK紅白歌合戦 夢を歌おう』の裏側を明かした。

 『紅白歌合戦』では、出演者がさまざまな差し入れをするのが恒例となっているのだが、『ビビット』では『第68回NHK紅白歌合戦』の差し入れを紹介。白組司会を務めた嵐・二宮和也の“おにぎり”、大トリを務めたフォークデュオ・ゆずの“赤飯”をそれぞれ写真付きで見せ、続けてTOKIOの差し入れ“お吸い物とスープ”を紹介。TOKIOメンバーは「ご飯類は誰かが差し入れる」と思ったそうで、国分は「ボクらは即席で作れるお吸い物を用意して。食べ物だけじゃない場合もあるんですよね」と選んだ意図を明かしていた。

■KAT-TUN活動再開!

 2017年12月31日から18年1月1日に掛けて放送された『ジャニーズカウントダウン 20周年記念 超豪華年越し生放送』(フジテレビ系)にて、KAT-TUNが活動再開を発表した。事前に番組の公式サイトでは「重大発表でサプライズ」と予告しており、ファンの間でさまざまな臆測が流れていたのだが、V6 井ノ原快彦が「充電期間を経て、あいつらが帰ってきたぞ!」と叫んだ瞬間、会場のファンからは大きな歓声が上がった。

 また、1月9日から放送スタートする亀梨和也の主演ドラマ『FINAL CUT』(同)の主題歌となるKAT-TUNの新曲「Ask Yourself」を初披露。そして、亀梨は4月に東京ドーム公演を行うと発表し、「KAT-TUN始動!」とコメントした。

■ジャニーズ恒例初詣、初参加メンバーも!

 年が明けた1月1日、ジャニーズアイドルが、神奈川・川崎大師に初詣に訪れた。ジャニーズ事務所の恒例行事であるため、深夜にもかかわらず、大勢のファンが川崎大師に集合。そんな中、『ジャニーズカウントダウン2017-2018』公演を終えたジャニーズアイドルが続々到着。彼らは一般客とは違う入り口から中へと入っていったようだ。

 そして今年は、Sexy Zone佐藤勝利、松島聡ら、初参加したメンバーの姿もあったとのこと。ジャニーズアイドルの初詣はどんな様子なのか。この日参加したジャニーズアイドルには、いつか裏話を明かしてほしい。

■A.B.C-Z戸塚、女性とコンビニで撮られる!?

 1月2日の夜、あるTwitterアカウントからA.B.C-Z戸塚祥太に関する目撃情報が投稿された。その目撃情報は、「髪の長い女性と手をつなぎコンビニで買い出し後、高級ホテルに入っていきました」という旨の文章とともに、コンビニの店内で戸塚らしき男性が女性と手をつなぎながら歩く姿が写った画像というもの。しかし、モザイクが施され不鮮明な画像だったため、これにファンは「合成でしょ」「手を繋いでいる箇所は黒ペンで書き足されているから、ただ戸塚さんがコンビニに居たというだけの画像じゃん!」と反応した。

 その後再び同Twitterアカウントが「確認とりました。(略)『ただ戸塚さんがコンビニにいたというだけの画像』ではなく女性と一緒に来ていました。一人で微笑んでいるのではなく女性と会話していたからです」という文章と、モザイク加工が薄くなり鮮明になった画像を投稿。すると今度は「戸塚祥太=高級ホテルが結びつかない!」「情報元がわからないから信じない!」との声が。画像の男性が戸塚本人かは不明だが、新年早々ファンには衝撃が走ったようだ。

祝・KAT-TUN活動再開&新年早々“女ネタ”で一騒ぎ……ジャニーズアイドル年末年始ニュース

 紅白歌合戦やカウントダウンコンサートにお正月特番……など、ジャニーズアイドルの活躍が多く見られた年末年始。ジャニーズファンのみなさんも大忙しだったため、情報に抜けがあるかも!? そこで今回は、ジャニーズファンなら覚えておきたい年末年始ジャニーズニュースを一挙プレイバック!

■嵐、木村拓哉が参加のジャニーズ忘年会が開催!

 17年12月27日、あるTwitterユーザーが都内レストランで木村拓哉・嵐ら、ジャニーズアイドルが多数集まり忘年会をしていたという目撃情報を投稿した。この投稿を見たファンは、「12月13日に事務所で忘年会したんじゃないの?」「忘年会はもう終わってるからウソじゃない?」と反応。というのも、17年12月21日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で、ジャニーズ事務所の大忘年会の様子が写真付きで報道されていたため、真偽を疑ったようだ。

 しかし、関ジャニ∞・丸山隆平がジャニーズ公式携帯サイト「Johnny’s web」内の自身のブログ「丸の大切な日」の12月28日更新分に「すごいです。ジャニーズを味わった夜だった テレビの前ではなく食事の場で。改めて、ステキなプロの集まりなんだと、体感してきました 何て素晴らしい事務所に入ったのだ!と、共にこの方々と同じ事務所でこれからもやっていくのだと、みがひきしまりました」(原文ママ)と投稿。これで忘年会があったことに真実味が増し、ファンからは「またジャニーズ忘年会!? 木村くんも嵐もいたとか! びっくり!」「文春に撮られた忘年会には、木村くんいなかったからもう一回ってことかな!?」「嵐と木村くんと丸ちゃん以外に誰が参加したか気になる!!」という声が上がっていた。

■TOKIO国分、紅白に差し入れしたものとは?

 1月4日放送のTOKIO国分太一がMCを務める情報番組『ビビット』(TBS系)にて、17年12月31日に放送された『第68回NHK紅白歌合戦 夢を歌おう』の裏側を明かした。

 『紅白歌合戦』では、出演者がさまざまな差し入れをするのが恒例となっているのだが、『ビビット』では『第68回NHK紅白歌合戦』の差し入れを紹介。白組司会を務めた嵐・二宮和也の“おにぎり”、大トリを務めたフォークデュオ・ゆずの“赤飯”をそれぞれ写真付きで見せ、続けてTOKIOの差し入れ“お吸い物とスープ”を紹介。TOKIOメンバーは「ご飯類は誰かが差し入れる」と思ったそうで、国分は「ボクらは即席で作れるお吸い物を用意して。食べ物だけじゃない場合もあるんですよね」と選んだ意図を明かしていた。

■KAT-TUN活動再開!

 2017年12月31日から18年1月1日に掛けて放送された『ジャニーズカウントダウン 20周年記念 超豪華年越し生放送』(フジテレビ系)にて、KAT-TUNが活動再開を発表した。事前に番組の公式サイトでは「重大発表でサプライズ」と予告しており、ファンの間でさまざまな臆測が流れていたのだが、V6 井ノ原快彦が「充電期間を経て、あいつらが帰ってきたぞ!」と叫んだ瞬間、会場のファンからは大きな歓声が上がった。

 また、1月9日から放送スタートする亀梨和也の主演ドラマ『FINAL CUT』(同)の主題歌となるKAT-TUNの新曲「Ask Yourself」を初披露。そして、亀梨は4月に東京ドーム公演を行うと発表し、「KAT-TUN始動!」とコメントした。

■ジャニーズ恒例初詣、初参加メンバーも!

 年が明けた1月1日、ジャニーズアイドルが、神奈川・川崎大師に初詣に訪れた。ジャニーズ事務所の恒例行事であるため、深夜にもかかわらず、大勢のファンが川崎大師に集合。そんな中、『ジャニーズカウントダウン2017-2018』公演を終えたジャニーズアイドルが続々到着。彼らは一般客とは違う入り口から中へと入っていったようだ。

 そして今年は、Sexy Zone佐藤勝利、松島聡ら、初参加したメンバーの姿もあったとのこと。ジャニーズアイドルの初詣はどんな様子なのか。この日参加したジャニーズアイドルには、いつか裏話を明かしてほしい。

■A.B.C-Z戸塚、女性とコンビニで撮られる!?

 1月2日の夜、あるTwitterアカウントからA.B.C-Z戸塚祥太に関する目撃情報が投稿された。その目撃情報は、「髪の長い女性と手をつなぎコンビニで買い出し後、高級ホテルに入っていきました」という旨の文章とともに、コンビニの店内で戸塚らしき男性が女性と手をつなぎながら歩く姿が写った画像というもの。しかし、モザイクが施され不鮮明な画像だったため、これにファンは「合成でしょ」「手を繋いでいる箇所は黒ペンで書き足されているから、ただ戸塚さんがコンビニに居たというだけの画像じゃん!」と反応した。

 その後再び同Twitterアカウントが「確認とりました。(略)『ただ戸塚さんがコンビニにいたというだけの画像』ではなく女性と一緒に来ていました。一人で微笑んでいるのではなく女性と会話していたからです」という文章と、モザイク加工が薄くなり鮮明になった画像を投稿。すると今度は「戸塚祥太=高級ホテルが結びつかない!」「情報元がわからないから信じない!」との声が。画像の男性が戸塚本人かは不明だが、新年早々ファンには衝撃が走ったようだ。

Hey!Say!JUMP知念&Sexy Zone中島が急接近!? 「ご飯に行こう」と誘ったのは……?

 2017年12月23日に封切られた映画『未成年だけどコドモじゃない』で初共演をはたした、Sexy Zone中島健人とHey!Say!JUMP知念侑李。映画の中では“恋のライバル”を演じている2人だが、プライベートではすっかり打ち解けた様子。そんな2人が、17年12月21日発売の「ポポロ」18年2月号(麻布台出版社)で、仲睦まじいトークを繰り広げた。

 甘いセリフが次々と出てくる“ラブホリ王子”の中島と、人見知りで“小悪魔キャラ”な知念。そんな2人はどうやって距離を縮めたのか。紐解いていくと、やはり中島からのアグレッシブなアプローチがあったよう。知念を落とすまでの涙ぐましい努力が誌面上で語られた。

 まずは、「共通の思い出を作る作戦」に出たという中島。映画の撮影現場で、中島がキャストを巻き込んで動画を撮り始めたのだそうで、知念を「ねんちー」と呼んだそう。「撮影を終えたねんちーに『ちょっと残って。どうしても出てほしい!』ってオファーした(笑)」そうで、知念の返答は即OK。これによって2人の関係は大きな一歩を踏み出したようだ。

 次に中島が、狙うのは、「知念の連絡先」。知念は「健人から僕の連絡先を聞いてくれて、メールで『ご飯を食べに行こう』って誘ってくれたんだよね」と明かしたのだが、中島は「勇気をふりしぼって連絡先を聞いたんだよ(笑)」と、いつも積極的な性格の中島でも、その時は緊張していたとのこと。その後、知念が好きだという、豚しゃぶを食べに行く約束まで取り付けられたそうで、知念への中島の一途な想いが実を結んだようだ。

 そんな中島がゴールに見据えているのが、「知念の家におじゃますること」。「肉食のねんちーと何度か豚をつついて食べるというステップで関係を深めて……。そのうち『いっしょに鍋しない? あ、家のキッチンが壊れてるから、ねんちーの家で』って流れ(笑)」と綿密な計画を練っている様子。しかし、知念は「まわりくどいよ(笑)」とバッサリ。かと思いきや、「僕が家に帰ってたらいて!」「いいんだよ、何もなくて。ただ一緒にいてくれればいい!」と天性の“愛されスキル”を発揮していた。

 知念を「男前だな(笑)!」と褒め、どことなくうれしそうな中島。はたして、“知念宅でのおうちデート”実現するのだろうか!?

V6岡田がついに結婚&Sexy Zone中島の「LOVEマシーン」! 2017年ジャニーズニュース(10~12月)

 タッキー&翼の活動休止や稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の退所など、ジャニーズファンにとって驚きのニュースが多かった2017年。そこで世間から注目を集めた「表ニュース」と、ファンの中で語られた「裏ニュース」を、今年も独断と偏見でピックアップ。最後は10月~12月を振り返ってみよう。

<10月>

【表ニュース】嵐、最新アルバムで10年以上ぶりのユニット曲

 10月18日にリリースされた嵐の最新アルバム『「untitled」』通常盤に、04年の二宮和也&松本潤の「もういない…ない」、大野智&相葉雅紀の「街が色づく頃」以来、久々のユニット曲が4曲収録された。05年発売の5枚目のアルバム『One』以降、ほぼ毎年メンバーそれぞれのソロ曲が収録されており、「このままソロ曲がなくなってしまうのか」と一時、ファンは困惑。だが、実際のラインナップである相葉・大野・櫻井翔の「バズりNIGHT」、松本・二宮・大野の「夜の影」、相葉・二宮の「UB」、松本・櫻井の「Come Back」を聞くと、ソロでのパフォーマンスとはまた異なる、それぞれのメンバーの関係性が紡がれていた楽曲に、新しさを感じ安堵する声も上がっていた。

【裏ニュース】TOKIO国分、「ゴミ捨て大臣」を辞任!?

 10月20日放送の情報番組『ビビット』(TBS系)で、TOKIO国分太一が家庭で決めているルールについて語った。国分は「ウチはだいたい“大臣”って付けられる」と自身が“ゴミ捨て大臣”を担当していることを明かした。国分がゴミ捨てをサボった際には、妻から「謝罪しろー!」と言われることや、「じゃあボクが『辞任します』っていうと、『すぐ辞めるな!』って言われて、辞めさせてもらえない」とほほ笑ましい夫婦生活の一面が垣間見えた。

<11月>

【表ニュース】ジャニーズWEST主演Netflixドラマ配信!

 ジャニーズWESTが主演したNetflixオリジナルドラマ『炎の転校生 REBORN』全8話の配信が、11月11日にスタートした。同作は、「週刊少年サンデー」(小学館)で1983年~85年に連載された、島本和彦の漫画『炎の転校生』を原作に、WESTならではの個性的なキャラクターたちが活躍するオリジナルストーリー。Netflixをはじめとするネット配信媒体へのジャニーズアイドルの出演は珍しいが、Sexy Zoneマリウス葉もNetflixオリジナルドラマ『フラーハウス』シーズン3への出演が発表された。

【裏ニュース】Sexy Zone中島センターで「LOVEマシーン」

 11月28日に放送された日本テレビ系『ベストアーティスト 2017』内のスペシャル企画「みんな踊れる!振り付けソング50年メドレー」にて、女性アイドルグループ・モーニング娘。’17とSexy Zoneが「LOVEマシーン」(99年)でコラボレーションを披露。冒頭とラストではSexy Zone中島健人がセンターを務め、Sexy Zoneのメンバー全員が原曲キーのままで歌唱。このステージにはとても反響が寄せられ、Twitterでは、「LOVEマシーン」がトレンド入りする盛り上がりを見せた。そのほかにも、KAT-TUN中丸雄一がジャニーズJr.内ユニット「Snow Man」と「RESCUE」(09年)、「SixTONES」と「Real Face」(06年)とパフォーマンスを繰り広げ、Twitterでは「中丸くん」がトレンド入りをはたした。

<12月>

【表ニュース】V6岡田がついに結婚!

 12月24日、V6岡田准一と女優の宮崎あおいの結婚が正式に報じられ、ファンからは「岡田くん、おめでとう」と祝福する声が上がった。しかし、一部ファンの間では批判的な声も。というのも、ジャニーズファンクラブから郵送された結婚報告の封書が“12月24日着”と期日指定がされていたため、「クリスマスイブに送ってくる神経……」「よりによってなんで、この日にしたの!?」と送付される日に不満を持ったようだ。また、過去に週刊誌で宮崎が俳優・高岡奏輔と結婚していたときから交際が始まったと報じられたことがあったため、「不倫からスタートした仲だからな。素直に祝福しづらい……」との声も。ともあれ、井ノ原快彦、長野博に続き、V6で3人目の既婚者となった岡田には幸せになってほしいものだ。

【裏ニュース】NEWSがミュージカルを制作

 来年デビュー15周年を迎えるNEWSが、6分間のミュージカル制作に自分たちの力だけで挑戦した。12月25日深夜には、今年8月からスタートした制作の一部始終と、ミュージカル本編が『NEWSICAL』(フジテレビ系)で放送。ミュージカル制作は全員が初挑戦の中、悪戦苦闘しながらも、それぞれの個性や強みを生かして役割を分担。小説家としての顔を持つ加藤シゲアキが“脚本”と“構成”を担当し、メンバーの中で最もファッションにこだわる増田貴久が“衣装デザイン”を担当。手越祐也は“歌”、そしてリーダー小山慶一郎がミュージカルの“主役”を務めた。

V6岡田がついに結婚&Sexy Zone中島の「LOVEマシーン」! 2017年ジャニーズニュース(10~12月)

 タッキー&翼の活動休止や稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の退所など、ジャニーズファンにとって驚きのニュースが多かった2017年。そこで世間から注目を集めた「表ニュース」と、ファンの中で語られた「裏ニュース」を、今年も独断と偏見でピックアップ。最後は10月~12月を振り返ってみよう。

<10月>

【表ニュース】嵐、最新アルバムで10年以上ぶりのユニット曲

 10月18日にリリースされた嵐の最新アルバム『「untitled」』通常盤に、04年の二宮和也&松本潤の「もういない…ない」、大野智&相葉雅紀の「街が色づく頃」以来、久々のユニット曲が4曲収録された。05年発売の5枚目のアルバム『One』以降、ほぼ毎年メンバーそれぞれのソロ曲が収録されており、「このままソロ曲がなくなってしまうのか」と一時、ファンは困惑。だが、実際のラインナップである相葉・大野・櫻井翔の「バズりNIGHT」、松本・二宮・大野の「夜の影」、相葉・二宮の「UB」、松本・櫻井の「Come Back」を聞くと、ソロでのパフォーマンスとはまた異なる、それぞれのメンバーの関係性が紡がれていた楽曲に、新しさを感じ安堵する声も上がっていた。

【裏ニュース】TOKIO国分、「ゴミ捨て大臣」を辞任!?

 10月20日放送の情報番組『ビビット』(TBS系)で、TOKIO国分太一が家庭で決めているルールについて語った。国分は「ウチはだいたい“大臣”って付けられる」と自身が“ゴミ捨て大臣”を担当していることを明かした。国分がゴミ捨てをサボった際には、妻から「謝罪しろー!」と言われることや、「じゃあボクが『辞任します』っていうと、『すぐ辞めるな!』って言われて、辞めさせてもらえない」とほほ笑ましい夫婦生活の一面が垣間見えた。

<11月>

【表ニュース】ジャニーズWEST主演Netflixドラマ配信!

 ジャニーズWESTが主演したNetflixオリジナルドラマ『炎の転校生 REBORN』全8話の配信が、11月11日にスタートした。同作は、「週刊少年サンデー」(小学館)で1983年~85年に連載された、島本和彦の漫画『炎の転校生』を原作に、WESTならではの個性的なキャラクターたちが活躍するオリジナルストーリー。Netflixをはじめとするネット配信媒体へのジャニーズアイドルの出演は珍しいが、Sexy Zoneマリウス葉もNetflixオリジナルドラマ『フラーハウス』シーズン3への出演が発表された。

【裏ニュース】Sexy Zone中島センターで「LOVEマシーン」

 11月28日に放送された日本テレビ系『ベストアーティスト 2017』内のスペシャル企画「みんな踊れる!振り付けソング50年メドレー」にて、女性アイドルグループ・モーニング娘。’17とSexy Zoneが「LOVEマシーン」(99年)でコラボレーションを披露。冒頭とラストではSexy Zone中島健人がセンターを務め、Sexy Zoneのメンバー全員が原曲キーのままで歌唱。このステージにはとても反響が寄せられ、Twitterでは、「LOVEマシーン」がトレンド入りする盛り上がりを見せた。そのほかにも、KAT-TUN中丸雄一がジャニーズJr.内ユニット「Snow Man」と「RESCUE」(09年)、「SixTONES」と「Real Face」(06年)とパフォーマンスを繰り広げ、Twitterでは「中丸くん」がトレンド入りをはたした。

<12月>

【表ニュース】V6岡田がついに結婚!

 12月24日、V6岡田准一と女優の宮崎あおいの結婚が正式に報じられ、ファンからは「岡田くん、おめでとう」と祝福する声が上がった。しかし、一部ファンの間では批判的な声も。というのも、ジャニーズファンクラブから郵送された結婚報告の封書が“12月24日着”と期日指定がされていたため、「クリスマスイブに送ってくる神経……」「よりによってなんで、この日にしたの!?」と送付される日に不満を持ったようだ。また、過去に週刊誌で宮崎が俳優・高岡奏輔と結婚していたときから交際が始まったと報じられたことがあったため、「不倫からスタートした仲だからな。素直に祝福しづらい……」との声も。ともあれ、井ノ原快彦、長野博に続き、V6で3人目の既婚者となった岡田には幸せになってほしいものだ。

【裏ニュース】NEWSがミュージカルを制作

 来年デビュー15周年を迎えるNEWSが、6分間のミュージカル制作に自分たちの力だけで挑戦した。12月25日深夜には、今年8月からスタートした制作の一部始終と、ミュージカル本編が『NEWSICAL』(フジテレビ系)で放送。ミュージカル制作は全員が初挑戦の中、悪戦苦闘しながらも、それぞれの個性や強みを生かして役割を分担。小説家としての顔を持つ加藤シゲアキが“脚本”と“構成”を担当し、メンバーの中で最もファッションにこだわる増田貴久が“衣装デザイン”を担当。手越祐也は“歌”、そしてリーダー小山慶一郎がミュージカルの“主役”を務めた。

Sexy Zone佐藤勝利、コンサートの“銀テープ問題”に切り込む! 来年からは「やめます」宣言!?

 12月26日放送のラジオ『Sexy ZoneのQrzone』(文化放送)で、Sexy Zone佐藤勝利と中島健人がジャニーズコンサートにおける“銀テープ問題”に言及した。近年は凝ったデザインのものが増えている上、記念になるためファンに人気のアイテムとなっている銀テープ。お客さんの視線が集中してしまうことから、タレントを悩ませる存在にまでなっていたのだが、佐藤らはこうした現状に対して本音を打ち明けた。

 昨今の銀テープは、ツアータイトルやグループ名だけでなく、タレントのメッセージが印字されているパターンも。ジャニーズファンの間で価値が高まり、インターネットオークションサイト「ヤフオク!」には、ジャニーズコンサートでの銀テープが多数見受けられる。銀テープ獲得に夢中のファンに向け、タレント自身がステージから苦言を呈する場面も増えており、佐藤は昨年のコンサートツアー『Welcome to Sexy Zone Tour』内で、「銀テープに夢中だと手を振らないよ~」などと言い聞かせ、嫉妬のあまり「(銀テープを)一本2,000円で売ろうかな」と発言したほどだった。

 今回のラジオでは、いろいろなシチュエーションで「どう言うか?」を考えるコーナー「自分だったら何て言うゾーン」に、リスナーから「ファンの子がコンサート終わりに放たれる銀テープに夢中になりすぎて、ステージを去る自分を見てくれていなかった時」というお題が寄せられた。先述のように、コンサート中も銀テープを“敵視”していた佐藤は、「これはもう、ボクはね、本番でやっているからね。ボクはもう、なんだって言えますよ」と豪語。

 そして、銀テープが飛び出した瞬間を効果音付きで再現した後、佐藤は「全然見てないじゃん! いや、銀テープは最後に降ってくるから、そのなんかこう……ギフト感というか、サプライズ感出てるけど。うちら頭から(ステージに)出てくるから、そういうなんか、見られてない感じになるだけで、銀テープと同じタイミングでうちらが出てったら、うちらのが絶対取られるからね! そういうことよ! 銀テープ負けてるから。もう生まれた時点で、たぶんそういうことよ」「うちらのが勝ってるから!」と銀テープ自体をこき下ろしたのだった。

 この長々とした毒舌を聞いた中島は、「もうその間に(ファンはメンバーのことを)見てくれてるよ」と冷静にツッコんだが、あらためて佐藤は「銀テープのタイミングで勝ってるだけで、『うちらが最初に飛んでったら、うちらは絶対取られるよ』っていう。“銀テープに対してね、それは言いたいよ”っていう」と銀テープへの譲れない思いを主張。

 一方、中島はなぜか海外ドラマ風の口調で「『オイオイオイオイ、その銀テープ、そんなにオレよりかっこいいかーい?』っていう感じですかね」とシンプルに回答。その後は佐藤が「でもね、なかなか銀テープ見ちゃうんだよね、ファンの子は。そういうことをいろいろ言っても」と嘆きつつ、「銀テープは、もうやめます!」と突如宣言した。しかし、中島から「やめるんですか?」と確認されると、「ウソです、ウソです(笑)。あれ、結構いいんで。結構気に入ってるんで。続けます」とすぐに訂正。実際は銀テープに愛着を持っていることを明かしたのだった。

 ジャニーズコンサートでの銀テープといえば、今年行われたV6のコンサートツアー『V6 LIVE TOUR 2017 The ONES』では、ファンの心温まる対応が話題に。ゲットできなかった人のため、自由に持ち帰れるようにと会場内の柵に置いたファンや、「出口で銀テを配ってるお姉さんからいただいた」とのレポートもあった。これについて、『三宅健のラヂオ』(bayFM、9月18日深夜放送)にリスナーが報告したところ、三宅は「いい話だよね。なんかいいね、“皆で喜びをちゃんとシェアしましょう”っていう感じがね、スマートでいいですね」とV6ファンの姿勢を称賛した。

 ところが、コンサート中のファンの言動で「注意したほうが良い」と思う場面に関する話になった際には、「銀テープに踊らされてる人たちね」と具体例を挙げた三宅。「そうそう、銀テープが降ってきちゃうと、それを取りに行くっていうことに必死で、その間に(自分たちと)目が合ったり、こっちが手を振ってても、“銀テープにタレントが負ける”っていうね、瞬間ってあるからね」と切ない状況を振り返った。

 さらに三宅は「『銀テープじゃなくてコッチを見ろ』って、言ってやろうかと思うもん。『見てんだぞ』って、言ってやりたいもん。だってそんなの別にさ、さっきの話じゃないけど、取れなくたって、誰かが置いといてくれるんだから。『あとからにしなよ』って思うよ、ボクだったらね。銀テープよりも目の前のタレントをどうにか……っていう風に思いますけどね、私は」と複雑な胸中を吐露。最後には「だからみんな、今度銀テープに反応する前に、メンバーに反応してくれ(笑)。ね? あなたたちが銀テープに夢中の間に、事件は起きてるよ。大事な瞬間を見逃してる可能性あるよ」と忠告していた。

 コンサートで銀テープを発射する演出がある限り、タレントとファンの戦いは続くものとみられるこの問題。はたして、改善策は見つかるのだろうか。

Sexy Zone佐藤勝利、コンサートの“銀テープ問題”に切り込む! 来年からは「やめます」宣言!?

 12月26日放送のラジオ『Sexy ZoneのQrzone』(文化放送)で、Sexy Zone佐藤勝利と中島健人がジャニーズコンサートにおける“銀テープ問題”に言及した。近年は凝ったデザインのものが増えている上、記念になるためファンに人気のアイテムとなっている銀テープ。お客さんの視線が集中してしまうことから、タレントを悩ませる存在にまでなっていたのだが、佐藤らはこうした現状に対して本音を打ち明けた。

 昨今の銀テープは、ツアータイトルやグループ名だけでなく、タレントのメッセージが印字されているパターンも。ジャニーズファンの間で価値が高まり、インターネットオークションサイト「ヤフオク!」には、ジャニーズコンサートでの銀テープが多数見受けられる。銀テープ獲得に夢中のファンに向け、タレント自身がステージから苦言を呈する場面も増えており、佐藤は昨年のコンサートツアー『Welcome to Sexy Zone Tour』内で、「銀テープに夢中だと手を振らないよ~」などと言い聞かせ、嫉妬のあまり「(銀テープを)一本2,000円で売ろうかな」と発言したほどだった。

 今回のラジオでは、いろいろなシチュエーションで「どう言うか?」を考えるコーナー「自分だったら何て言うゾーン」に、リスナーから「ファンの子がコンサート終わりに放たれる銀テープに夢中になりすぎて、ステージを去る自分を見てくれていなかった時」というお題が寄せられた。先述のように、コンサート中も銀テープを“敵視”していた佐藤は、「これはもう、ボクはね、本番でやっているからね。ボクはもう、なんだって言えますよ」と豪語。

 そして、銀テープが飛び出した瞬間を効果音付きで再現した後、佐藤は「全然見てないじゃん! いや、銀テープは最後に降ってくるから、そのなんかこう……ギフト感というか、サプライズ感出てるけど。うちら頭から(ステージに)出てくるから、そういうなんか、見られてない感じになるだけで、銀テープと同じタイミングでうちらが出てったら、うちらのが絶対取られるからね! そういうことよ! 銀テープ負けてるから。もう生まれた時点で、たぶんそういうことよ」「うちらのが勝ってるから!」と銀テープ自体をこき下ろしたのだった。

 この長々とした毒舌を聞いた中島は、「もうその間に(ファンはメンバーのことを)見てくれてるよ」と冷静にツッコんだが、あらためて佐藤は「銀テープのタイミングで勝ってるだけで、『うちらが最初に飛んでったら、うちらは絶対取られるよ』っていう。“銀テープに対してね、それは言いたいよ”っていう」と銀テープへの譲れない思いを主張。

 一方、中島はなぜか海外ドラマ風の口調で「『オイオイオイオイ、その銀テープ、そんなにオレよりかっこいいかーい?』っていう感じですかね」とシンプルに回答。その後は佐藤が「でもね、なかなか銀テープ見ちゃうんだよね、ファンの子は。そういうことをいろいろ言っても」と嘆きつつ、「銀テープは、もうやめます!」と突如宣言した。しかし、中島から「やめるんですか?」と確認されると、「ウソです、ウソです(笑)。あれ、結構いいんで。結構気に入ってるんで。続けます」とすぐに訂正。実際は銀テープに愛着を持っていることを明かしたのだった。

 ジャニーズコンサートでの銀テープといえば、今年行われたV6のコンサートツアー『V6 LIVE TOUR 2017 The ONES』では、ファンの心温まる対応が話題に。ゲットできなかった人のため、自由に持ち帰れるようにと会場内の柵に置いたファンや、「出口で銀テを配ってるお姉さんからいただいた」とのレポートもあった。これについて、『三宅健のラヂオ』(bayFM、9月18日深夜放送)にリスナーが報告したところ、三宅は「いい話だよね。なんかいいね、“皆で喜びをちゃんとシェアしましょう”っていう感じがね、スマートでいいですね」とV6ファンの姿勢を称賛した。

 ところが、コンサート中のファンの言動で「注意したほうが良い」と思う場面に関する話になった際には、「銀テープに踊らされてる人たちね」と具体例を挙げた三宅。「そうそう、銀テープが降ってきちゃうと、それを取りに行くっていうことに必死で、その間に(自分たちと)目が合ったり、こっちが手を振ってても、“銀テープにタレントが負ける”っていうね、瞬間ってあるからね」と切ない状況を振り返った。

 さらに三宅は「『銀テープじゃなくてコッチを見ろ』って、言ってやろうかと思うもん。『見てんだぞ』って、言ってやりたいもん。だってそんなの別にさ、さっきの話じゃないけど、取れなくたって、誰かが置いといてくれるんだから。『あとからにしなよ』って思うよ、ボクだったらね。銀テープよりも目の前のタレントをどうにか……っていう風に思いますけどね、私は」と複雑な胸中を吐露。最後には「だからみんな、今度銀テープに反応する前に、メンバーに反応してくれ(笑)。ね? あなたたちが銀テープに夢中の間に、事件は起きてるよ。大事な瞬間を見逃してる可能性あるよ」と忠告していた。

 コンサートで銀テープを発射する演出がある限り、タレントとファンの戦いは続くものとみられるこの問題。はたして、改善策は見つかるのだろうか。

『クレイジージャーニー』に“あの人”が登場&KinKi Kidsの「またゴム」とは? ジャニーズざわつきニュース

--ベテランから若手まで、日々の活動を通じてさまざまな話題を提供してくれるジャニーズタレントたち。今回は10月下旬から11月上旬にファンが“ざわついた”ネタを、ジャニーズ研究会の独断と偏見でセレクト!

■タッキー、『クレイジージャーニー』出演決定

 来年1月2日放送の『クレイジージャーニー正月SP』(TBS系)に、タッキー&翼・滝沢秀明が出演することが明らかになった。同番組は、旅人が常人離れした体験談を語る伝聞型紀行バラエティで、深夜ながら好評を博している。滝沢といえば、DIYにハマって『有吉ゼミ』(日本テレビ系)でタレント・ヒロミの企画「八王子リホーム」に参加しているほか、“サバイバル”好きも公言。『TOKIOカケル』(フジテレビ系、6月14日放送)では、アフリカへ行き1週間以上も「野宿」したというエピソードを告白し、先輩のTOKIOを驚かせたほど。

 それだけにジャニーズファンは、「新年早々、ワイルドでクレイジーなタッキーが見れるの楽しみ」「いよいよ、滝様のクレイジーさが世に露呈されるのか……」とオンエアーを待ち望んでいる。また、すでに公開されている予告映像で、滝沢が山登り中にドリルを使用しているようなカットがあり、「滝沢さん、『クレイジージャーニー』でもドリル使って八王子リホームしてる(笑)」と、食いつくファンも。一般視聴者からは「滝沢秀明が『クレイジージャーニー』ちょい体験とかうざい。他人の畑荒らすな」「『クレイジージャーニー』にジャニーズ出るのか、最悪」といった冷ややかな反応も見受けられるが、実際の放送で滝沢に対する評価はどう変わるのだろうか。

■Sexy Zone、年下メンバーが好きなお酒は……?

 11月27日に記念すべき20歳の誕生日を迎えた、Sexy Zone松島聡。12月16日放送のラジオ番組『らじらー!サタデー』(NHKラジオ第1)には、20歳になってからの“お酒事情”に関する質問が寄せられ、松島は先輩だとKis-My-Ft2二階堂高嗣と飲みに行ったと報告した。誕生日前夜の26日は、5人で仕事をした後に午前0時になるまで待ち、未成年のマリウス葉以外のメンバーで乾杯したのが「初めて飲んだお酒」とのこと。佐藤勝利が「ビアー(ビール)だ?」と確認すると、松島は「まぁ~、おいしかった」と感想を述べており、初っ端から抵抗なくビールが飲めたのだろう。2回目は「ひとり酒」で、カシスオレンジを飲んだといい、「ジュース感覚で飲めちゃうからね」(松島)と甘いお酒もお気に入りの様子。

 一方で、佐藤が「“カシス男子”が増えている」という記事の最後に「舌がお子ちゃま」と書いてあったと伝えたところ、松島は「じゃあ、(カシスオレンジ好きの自分は)まだお子ちゃまだ」と納得。佐藤も「オレなんて、ハイボールから入るからね! なんでかっていうと、ビールが飲めないんで(笑)」と好みのお酒を明かした。

 このお酒トークにファンは「聡ちゃんはカシオレ飲みそうだなと思ってた……かわいい」「ビール飲めないからハイボール飲む勝利も、1人でカシオレ飲む聡ちゃんもかわいい。2人ともジョッキ似合わなそう」「勝利くん、案外お酒強いんだろうな。『これおいしい』とか言ってハイボール飲みそう。聡ちゃんはカシオレで酔っ払ってほしい」などと大興奮していた。

■松竹座、双眼鏡にシールで盗撮対策

 12月1日に大阪松竹座で初日を迎えたコンサート『関西ジャニーズJr.「X’mas SHOW 2017」』。9日に大阪松竹座の公式Twitterが「お客様へ大切なお願い」と題し、「12月12日(火)より、撮影行為防止の為、劇場にて持ち込みのオペラグラス全機種の確認を開始させていただきます。悪しからずご了承くださいませ」と、ファンに理解を求めた。カメラ機能付きのものかどうかを判断するためか、双眼鏡を提示して問題ない場合はシールがもらえるとか。昨今、ジャニーズファンの間で手ブレ補正機能のある防振双眼鏡が流行しているものの、過去にはカメラ付きタイプと間違われて係員に注意を受けるトラブルが勃発。今回の松竹座では、見える場所にシールを貼っていれば、公演中に係員から疑われることなく、安心して使用できる仕組みになっているようだ。

 そのため、ネット上では「松竹座、双眼鏡シール貼るのすてきなアイデアじゃない? 夏のJr.コンサートで防振持ってた人が盗撮疑われてロビーに連行されたみたいだし……」「シール制だったら2個持ちしてカメラ付きの方隠しておいて、中に入ったらカメラ付きの方にシール貼る人とか出てきそう」など、さまざまな意見が上がっている。また、シールの色も毎回違うようで、「松竹座の日付入りシールほしい」「松竹座の双眼鏡確認シール、集めたくなりそう」「松竹座の双眼鏡シール、今日は何色かな~」と収集を狙う人も少なくなかった。

■KinKi Kids、「股ゴム」話で盛り上がる

12月16・17日に東京ドームでフルオーケストラ演奏でのコンサート『KinKi Kids CONCERT 20.2.21-Everything happens for a reason-』を開催したKinKi Kids。17日のMCは「股ゴム」というワードが飛び交い、「今日のキンキもかわいかった。すべては股ゴムに持ってかれた」「やっぱり股ゴムがTwitterのトレンド入りしてる(笑)。いつもながらキンキのMC面白すぎた」と、ファンの話題を独占していた。この「股ゴム」とは、ダンス中にシャツが外へはみ出ないように股下に通すゴムのことだそうで、愛用者の堂本光一は着替える際に「それは私のおいなりさんだ」とつぶやくと話し、会場の笑いを誘っていたという。

 ファンのレポートによれば、光一は「明日webで『またゴム』の4文字を更新する」と宣言。実際、18日にはジャニーズ公式携帯サイト「Johnny's web」の光一の連載「Show must go on」を更新し、縦読みで「またごむ」の4文字をつづった。普段は連載をめったに更新しないだけに、約束を守った光一に対しては、「またごむキター。すっかり忘れてると思ってました。反省」「またごむ、『光一さん忘れるでしょ~』とか言っててごめんね」「光一くん『Show must go on』更新ありがとう。まさか縦読みで来るとは思わなかった」「縦読みなんて、光ちゃんやるね~」と驚きや喜びの声が相次いでいる。

『クレイジージャーニー』に“あの人”が登場&KinKi Kidsの「またゴム」とは? ジャニーズざわつきニュース

--ベテランから若手まで、日々の活動を通じてさまざまな話題を提供してくれるジャニーズタレントたち。今回は10月下旬から11月上旬にファンが“ざわついた”ネタを、ジャニーズ研究会の独断と偏見でセレクト!

■タッキー、『クレイジージャーニー』出演決定

 来年1月2日放送の『クレイジージャーニー正月SP』(TBS系)に、タッキー&翼・滝沢秀明が出演することが明らかになった。同番組は、旅人が常人離れした体験談を語る伝聞型紀行バラエティで、深夜ながら好評を博している。滝沢といえば、DIYにハマって『有吉ゼミ』(日本テレビ系)でタレント・ヒロミの企画「八王子リホーム」に参加しているほか、“サバイバル”好きも公言。『TOKIOカケル』(フジテレビ系、6月14日放送)では、アフリカへ行き1週間以上も「野宿」したというエピソードを告白し、先輩のTOKIOを驚かせたほど。

 それだけにジャニーズファンは、「新年早々、ワイルドでクレイジーなタッキーが見れるの楽しみ」「いよいよ、滝様のクレイジーさが世に露呈されるのか……」とオンエアーを待ち望んでいる。また、すでに公開されている予告映像で、滝沢が山登り中にドリルを使用しているようなカットがあり、「滝沢さん、『クレイジージャーニー』でもドリル使って八王子リホームしてる(笑)」と、食いつくファンも。一般視聴者からは「滝沢秀明が『クレイジージャーニー』ちょい体験とかうざい。他人の畑荒らすな」「『クレイジージャーニー』にジャニーズ出るのか、最悪」といった冷ややかな反応も見受けられるが、実際の放送で滝沢に対する評価はどう変わるのだろうか。

■Sexy Zone、年下メンバーが好きなお酒は……?

 11月27日に記念すべき20歳の誕生日を迎えた、Sexy Zone松島聡。12月16日放送のラジオ番組『らじらー!サタデー』(NHKラジオ第1)には、20歳になってからの“お酒事情”に関する質問が寄せられ、松島は先輩だとKis-My-Ft2二階堂高嗣と飲みに行ったと報告した。誕生日前夜の26日は、5人で仕事をした後に午前0時になるまで待ち、未成年のマリウス葉以外のメンバーで乾杯したのが「初めて飲んだお酒」とのこと。佐藤勝利が「ビアー(ビール)だ?」と確認すると、松島は「まぁ~、おいしかった」と感想を述べており、初っ端から抵抗なくビールが飲めたのだろう。2回目は「ひとり酒」で、カシスオレンジを飲んだといい、「ジュース感覚で飲めちゃうからね」(松島)と甘いお酒もお気に入りの様子。

 一方で、佐藤が「“カシス男子”が増えている」という記事の最後に「舌がお子ちゃま」と書いてあったと伝えたところ、松島は「じゃあ、(カシスオレンジ好きの自分は)まだお子ちゃまだ」と納得。佐藤も「オレなんて、ハイボールから入るからね! なんでかっていうと、ビールが飲めないんで(笑)」と好みのお酒を明かした。

 このお酒トークにファンは「聡ちゃんはカシオレ飲みそうだなと思ってた……かわいい」「ビール飲めないからハイボール飲む勝利も、1人でカシオレ飲む聡ちゃんもかわいい。2人ともジョッキ似合わなそう」「勝利くん、案外お酒強いんだろうな。『これおいしい』とか言ってハイボール飲みそう。聡ちゃんはカシオレで酔っ払ってほしい」などと大興奮していた。

■松竹座、双眼鏡にシールで盗撮対策

 12月1日に大阪松竹座で初日を迎えたコンサート『関西ジャニーズJr.「X’mas SHOW 2017」』。9日に大阪松竹座の公式Twitterが「お客様へ大切なお願い」と題し、「12月12日(火)より、撮影行為防止の為、劇場にて持ち込みのオペラグラス全機種の確認を開始させていただきます。悪しからずご了承くださいませ」と、ファンに理解を求めた。カメラ機能付きのものかどうかを判断するためか、双眼鏡を提示して問題ない場合はシールがもらえるとか。昨今、ジャニーズファンの間で手ブレ補正機能のある防振双眼鏡が流行しているものの、過去にはカメラ付きタイプと間違われて係員に注意を受けるトラブルが勃発。今回の松竹座では、見える場所にシールを貼っていれば、公演中に係員から疑われることなく、安心して使用できる仕組みになっているようだ。

 そのため、ネット上では「松竹座、双眼鏡シール貼るのすてきなアイデアじゃない? 夏のJr.コンサートで防振持ってた人が盗撮疑われてロビーに連行されたみたいだし……」「シール制だったら2個持ちしてカメラ付きの方隠しておいて、中に入ったらカメラ付きの方にシール貼る人とか出てきそう」など、さまざまな意見が上がっている。また、シールの色も毎回違うようで、「松竹座の日付入りシールほしい」「松竹座の双眼鏡確認シール、集めたくなりそう」「松竹座の双眼鏡シール、今日は何色かな~」と収集を狙う人も少なくなかった。

■KinKi Kids、「股ゴム」話で盛り上がる

12月16・17日に東京ドームでフルオーケストラ演奏でのコンサート『KinKi Kids CONCERT 20.2.21-Everything happens for a reason-』を開催したKinKi Kids。17日のMCは「股ゴム」というワードが飛び交い、「今日のキンキもかわいかった。すべては股ゴムに持ってかれた」「やっぱり股ゴムがTwitterのトレンド入りしてる(笑)。いつもながらキンキのMC面白すぎた」と、ファンの話題を独占していた。この「股ゴム」とは、ダンス中にシャツが外へはみ出ないように股下に通すゴムのことだそうで、愛用者の堂本光一は着替える際に「それは私のおいなりさんだ」とつぶやくと話し、会場の笑いを誘っていたという。

 ファンのレポートによれば、光一は「明日webで『またゴム』の4文字を更新する」と宣言。実際、18日にはジャニーズ公式携帯サイト「Johnny's web」の光一の連載「Show must go on」を更新し、縦読みで「またごむ」の4文字をつづった。普段は連載をめったに更新しないだけに、約束を守った光一に対しては、「またごむキター。すっかり忘れてると思ってました。反省」「またごむ、『光一さん忘れるでしょ~』とか言っててごめんね」「光一くん『Show must go on』更新ありがとう。まさか縦読みで来るとは思わなかった」「縦読みなんて、光ちゃんやるね~」と驚きや喜びの声が相次いでいる。

Sexy Zone菊池風磨主演『吾輩の部屋である』最終回、「哲郎ロス」と別れを惜しむ声続出!

 Sexy Zone菊池風磨が初主演にして一人芝居に挑んだドラマ『吾輩の部屋である』(日本テレビ系)の最終回が11月20日深夜に放送され、平均視聴率3.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)を記録した。全10回の平均視聴率は3.27%。同枠で放送された前作『孤食ロボット』の全話平均視聴率3.29%にわずかに及ばなかったものの、出演者は菊池1人だけ、視聴率0~1%台も珍しくない時間帯での放送だったことを考えると、上出来ではないだろうか。

 菊池が演じているのは、一人暮らしの大学院生・鍵山哲郎。以前は都内の1K木造アパートに住んでいたが、大学院の研究のために群馬に引っ越し、古くて広い一軒家に住んでいる。彼のつぶやきにツッコミを入れるレギュラー声優として、カバの置物役に落語家・林家木久扇、炊飯器役に女優・賀来千香子、照明役にタレント・ミッツ・マングローブ、ビンたち役に声優・山寺宏一、そして恋人の植村さんからもらったカエルの置物役にタレント・増田明美が出演している。

 第10回は「洋菓子作製プロセスの妥協案」「奇怪メール状況分析」「果てなき恋愛定義の終末」の3本構成。前回放送で大学院の後輩女子・東山と食事をしたことが恋人の植村さんにバレてしまった哲郎。「洋菓子作製プロセスの妥協案」では、「今度群馬に行きます」という植村さんに自分の愛の重さを伝えようと、ザッハトルテを手作りすることを思いつく。しかし、作りながら「植村さんに別れ話を切り出されるのでは」と恐れる哲郎。普段お菓子作りなどまったく興味がないため、ケーキの型もなければオーブンもない。しかたなくフライパンで焼くと、できあがったものはザッハトルテとは似ても似つかない、失敗した“お好み焼き”のようなものになった。

 「奇怪メール状況分析」では、植村さんが群馬に来る朝、知らないアドレスから「毒だ」「飢えみろ」と奇怪なメールが届く。何事かと驚く哲郎だが、持ち前のポジティブ思考で「毒だ」は「ドクター(=博士課程合格)」、「飢えみろ」は「植村」の打ち間違いだと想像。その時、知らない番号から電話が。電話の主は植村さんで、携帯を買い替えたばかりとのことで、やはり謎のメールも哲郎の想像通り植村さんだった。しかし、電話口で東山と食事をしたことを謝る哲郎に、植村さんは電話をブチ切ってしまう。

 「果てなき恋愛定義の終末」は、植村さんに電話を切られてガックリする哲郎に、大学院の友人・吉田から「今日、お前ん家行くから」とメッセージが入る。さらに、東山からも「迎えにきました」とのメッセージ。なんのことかサッパリわからない哲郎だったが、この日は群馬で調査の全体報告が行われ、教授や研究室のメンバーが集まる日であることをすっかり忘れていただけだった。群馬に来た植村さんはまったく怒っておらず、電話が途中で切れたのも操作ミスだという。しかも、植村さんと東山はとても仲が良かった。みんなが東京に帰り、広い部屋にひとりになった哲郎は、静かに“愛”について考えるのだった……。

 最後に教授からメールが入り、哲郎が東京に戻れることが判明。1Kアパートに「ただいま」と戻ってきたシーンで、物語はしめくくられた。視聴者からは、「幸せをありがとう!」「終わり方も予想を上回るほっこりあったかでステキ」「1人芝居だったのにここまで魅せるとは。菊池くんの演技が上手!」と絶賛の声が上がった。また「早速哲郎ロスだわ!」「終わるの寂しい……」と別れを惜しむ声も多かった。

 素朴さの中に“顔芸”を取り入れた菊池の好演もさることながら、細かい演出も光るドラマだった。植村さんおよび教授は終始メールでのやりとり、友人・吉田と東山はLINEのようなチャットでのやりとり。このあたり、好きな子にはあと一歩踏み出せず、頻繁に連絡を取り合えない哲郎のウブさが表れているのかと思ったが、携帯を買い替えたことで謎のメールを送ったり、操作ミスをしたりと、植村さんがかなりの“機械オンチ”のように描かれていた。哲郎に「カエルの置物」をプレゼントするあたりもかなり変わっており、どんな女の子なのかよくわからないが、哲郎とお似合いのようにも思える。植村さんの姿形はわからないものの、こういった細かい設定で視聴者に想像させる業は、非常に巧みだったと言えるだろう。

 植村さんだけでなく、友人・吉田や前回初めて“女子”だと判明した東山も含め、顔も声もわからないからこそ視聴者の想像がふくらみ、かえってキャラクターが個性豊かに光ったドラマだった。エンディングで菊池は「共演者の人たちがいないからこそ、見れる景色があったというか、学ぶことがあったというか、楽しかったです。すごくいい思い出ができました」とコメントしていた。間違いなく、菊池の代表作と言える本作。「好感度が上がった」という声もあり、役者としてステップアップしただけでなくファン層も大きく広げたようだ。