JYJユチョンの結婚の影響は? 東方神起とのライバル構図は崩壊か

 反日を表明する候補者たちが大統領選を争うなど、日韓関係にはキナ臭い匂いが漂う一方、JYJのジェジュン、東方神起のユンホらトップアイドルが次々に除隊するなど、韓流ファンにはうれしいニュースもあった。そんな中、JYJのユチョンが韓国でも有数の食品ブランド・南陽(ナムヤン)乳業の令嬢ファン・ハナ氏との婚約を発表した。

 近年ではファンも応援する芸能人に寛容になり、一時は「〇〇ロス」など嘆きの声も上がるが、それが落ち着けば祝福する傾向にあった。しかし、ユチョンの結婚に関しては、祝福よりも、あきれや戸惑いの方が多いようだ。

「相手が悪かったでしょうね。結婚相手に関して、最初は『一般女性』とだけ報じられましたが、後に大企業の令嬢だと判明し、一気に心証が悪くなったように思います。パク・クネ前大統領とチェ・スンシルの癒着が発覚したとき、大統領の支持率が下がりましたよね? 以前から韓国では官民の癒着が社会的な問題で、財閥が利権を独り占めしていたことから、一般市民は財閥に対して憎悪に近い感情を抱いています。財閥令嬢と婚約したからといって一気にユチョンからファンがいなくなることはないでしょうが、複雑な気持ちを抱いている人は多いのではないでしょうか」(芸能関係者)

 もうひとつ、この婚約発表が物議を醸す原因は、発表のタイミングだ。兵役は韓国男性の義務であり、兵役中は真摯に職務に従事するのが当然のこと。ただでさえ、ユチョンは入隊中に起こった性的暴行疑惑をデマだと立証したばかり。安心していたところに今度は突然の婚約発表と、ファンが戸惑うのも無理はない。

「婚約を知ったとき、私たちも『なぜ入隊中に発表したの?』と頭を抱えました。ユチョンやジェジュン、東方神起のユンホ、チャンミンなど、単体でも日本で雑誌を売れるパワーのあるトップアイドルが入隊した2015年は、業界に『これから誰の特集で雑誌を売る?』という雰囲気が漂ったんです。17年にはJYJのジュンスやBIGBANGのT.O.Pなどが入隊しましたが、16年末にはジェジュンが除隊して活動を再開。さらに東方神起のユンホが4月20日に除隊し、ユチョンも8月に除隊を控えていて、『これから盛り上がるぞ!』となっていたタイミングでこの事態ですからね。例えば、除隊して活動を再開してから『実は結婚することにしたんです』と発表すれば、お祭りムードに押されて祝福する方向に誘導もできただろうに……。発表のタイミングをタレントと調整できなかった事務所に対する不信感もあります」(韓流ライター)

 もうひとつ、韓流関係者が心配しているのは、これによって東方神起とJYJの人気の差が開いてしまうことだ。

 ジェジュン、ユチョン、ジュンスの3人が東方神起を離れて結成したJYJは、韓国で地上波の音楽番組に出演できなくなるなど、圧力を受けていたが、音源の配信、ライブ活動を積極的に行い、さらにドラマにも進出するなどし、東方神起と肩を並べるほどの人気をキープしていた。しかし、東方神起はユンホとチャンミンが入隊時期を合わせ、最短でグループ活動を再開できるようにしたのに対し、JYJはまずジェジュンとユチョンが入隊し、1年半ほど空けてジュンスが入隊したことで、グループの活動再開は、早くてもジュンスが除隊する18年末以降。ジュンスの入隊が遅かったのは、スケジュールが詰まっていたのに加え、ファンにJYJの存在を忘れさせないという狙いがあったのかもしれない。ところが、今になってそれによるデメリットや、運営側の読みの甘さが目立っている。

「語弊はありますが、東方神起は表舞台で、JYJは裏で活躍することでバランスが取れていたんです。圧力を受けているJYJは弱い立場にいるからと、日韓両国のファンから、かえって熱心に応援されていましたからね。でも、もともと彼らが脱退したとき、昔からのファンは、事務所の扱いから『当然だ』という擁護派と、『仲間を置いていくなんて勝手だ』という否定派に分かれていました。そして今回のファンの期待を無視した発表ですからね。怒るファンがいても仕方ないと思います」(前出・芸能関係者)

 東方神起のユンホは除隊時の会見で「これからが東方神起の始まり」と、活動再開への意欲を語った。一方、ユチョンは除隊後しばらくは結婚の準備に専念し、芸能活動を控えるという。ドラマや映画で俳優として活動再開か、それとも先に除隊しているジェジュンとユニットを結成するのかと期待していたファンは、肩透かしを食らった形だ。

 道をたがえた後も、ライバルとしてK-POP人気をリードしてきた東方神起とJYJ。しかしユチョンの結婚により、大きな差がついてしまうかもしれない。

JYJ・ユチョン、性的暴行容疑の大スキャンダル!! 「厳罰の可能性」「2人目の被害女性」も

jyj_y.jpg
『匂いを見る少女 DVD SET1』/NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

 元・東方神起のメンバーでJYJのパク・ユチョン(30)が、20代女性に性的暴行を加えたとしてソウル江南警察署は13日、告訴を受理し捜査に着手したと発表した。

 被害に遭ったという20代女性は、今月4日に自身が働く江南地区の風俗店にユチョンが来店し、店内のトイレで性的暴行を加えられたと訴えているという。女性は事件当時に着用していた下着などを証拠として提出し、追い打ちをかけたが、ユチョンの所属事務所であるシージェス・エンターテインメントは14日、資料を通し、容疑を全面否認。合意のうえの行為で、女性には60万ウォン(約6万円)を支払っていたことを主張した。

「エイベックスも容認」JYJ、東方神起の楽曲“解禁”&マスコミ露出増加のウラ事情

jyj-itigoitie.jpg
JYJ2014日本ドームツアー公式サイトより

 現在、東京ドーム、京セラドーム大阪、福岡ヤフオク!ドームでのツアーを行っているJYJだが、国内メディアでの“取り扱い”について、微妙な変化が起こりつつあるという。2009年に東方神起から離脱したジュンス、ジェジュン、ユチョンの3人が結成した同ユニットは、ドーム公演が即座に完売してしまうほどの人気を持っているものの、日本芸能界では“黙殺”される状態が続いていた。

「東方神起の国内マネジメント事務所であるエイベックスは、謀反を起こしたJYJの日本活動に対して、逐一横槍を入れていました。特に象徴的だったのは、11年にJYJがコンサートを開催する際、エイベックスの意向を汲んだ横浜アリーナなどの大ホールが、会場の利用を許可しなかった一件。結局、コンサートは茨城・ひたちなか市で開催されましたが、ここまで露骨な圧力というのは、まさに前代未聞の事態でした」(スポーツ紙記者)

JYJ活動にまた障害!? 韓国の所属事務所社長の逮捕の可能性はあるのか

jyj02.jpg
『JYJ PREMIERE COLLECTION ―ma
halo』(ENE MEDIA)


 4月4日、JYJの東京ドームコンサート最終日に、東スポWebが「JYJ所属事務所社長逮捕も」という記事を配信し、ファンの間で動揺が広がった。記事によれば、JYJの所属事務所である「C-JeSエンターテインメント」(韓国)に対し、日本の制作会社が著作権違反で刑事告訴することがわかったという。仮に告訴が受理されて、C-JeSのペク・チャンジュ社長が逮捕されるようなことがあれば、活動を再開したばかりのJYJの今後は、再び暗礁に乗り上げてしまうだろうというのだ。

 しかし、警察が告訴状を受理したという事実は現時点ではない。ペク氏は逮捕される可能性は実際にあるのだろうか? JYJ関連の騒動に詳しいノンフィクションライターの小野登志郎氏は言う。

JYJドームコンサートでやっぱり右翼が街宣……その中身とは?

seikijyuku.jpg

 開催前から、運営サイドに右翼が抗議活動を行うなど、不穏な空気が流れていたJYJの東京ドームコンサートが、4月2~4日に開催された。そして、案の定というべきか、コンサート開催時間前には、ドーム周辺を右翼の街宣車が走り回るという異様な光景が見られた。開催初日である2日の朝の街宣は、このような内容だったという。

「韓国人気グループのJYJが、本日より3日間、2、3、4とコンサートを行っております。さて、都民のみなさん、韓国人気グループJYJは、3・11東日本大震災の被災者を支援するためと称し、平成23年6月両国国技館、および10月には国有地でもありますひたち海浜公園で大震災の被災者救済の支援コンサートを行いました。しかし、この人気グループJYJは、わずか数十個の放射能測定器を寄付するのみで、何ら被災地、そして被災者に支援することなく、金だけ荒稼ぎし、7億という数字が出ております。このチャリティコンサート、7億の売り上げを上げて、そして、その7億をそのまま韓国に持ち帰ったのが事実であります。このようなJYJの不誠実な詐欺的行為に抗議し、我々正氣塾はJYJの日本での公演の中止を求めるのであります」

JYJドームコンサートでやっぱり右翼が街宣……その中身とは?

seikijyuku.jpg

 開催前から、運営サイドに右翼が抗議活動を行うなど、不穏な空気が流れていたJYJの東京ドームコンサートが、4月2~4日に開催された。そして、案の定というべきか、コンサート開催時間前には、ドーム周辺を右翼の街宣車が走り回るという異様な光景が見られた。開催初日である2日の朝の街宣は、このような内容だったという。

「韓国人気グループのJYJが、本日より3日間、2、3、4とコンサートを行っております。さて、都民のみなさん、韓国人気グループJYJは、3・11東日本大震災の被災者を支援するためと称し、平成23年6月両国国技館、および10月には国有地でもありますひたち海浜公園で大震災の被災者救済の支援コンサートを行いました。しかし、この人気グループJYJは、わずか数十個の放射能測定器を寄付するのみで、何ら被災地、そして被災者に支援することなく、金だけ荒稼ぎし、7億という数字が出ております。このチャリティコンサート、7億の売り上げを上げて、そして、その7億をそのまま韓国に持ち帰ったのが事実であります。このようなJYJの不誠実な詐欺的行為に抗議し、我々正氣塾はJYJの日本での公演の中止を求めるのであります」

カテゴリー: 未分類 | タグ: ,

東方神起とJYJ、ファンが多いのはどっち? 「フライデー」が焚きつけた論争

touhoushinki04.jpg
極々一部のファンの話ですけどね

 「フライデー」(講談社)の3月29日号の記事「戦争3年『JYJ』東京ドーム公演は実現するか?」に紹介されている、「日本でのJYJの人気は『東方神起』を上回るほど」というコメント。この記述について、フライデー編集部には多くの問い合わせ電話が殺到しているという。

「『この記事を書いた担当編集者を出せ!』と要求する電話まで鳴っているそうです。担当の編集者はほかにも仕事があるし、付き合ってられないとばかりに逃げ回っているようですね」(同編集部の関係者)

 JYJの日本活動が復活間際とはいえ、「どっちのファンが多い」という命題に答えを出すのは、今の日本の芸能マスコミ的にはタブーもいいところだという。5人時代の東方神起は百万人ものファンを抱えていただけに、その分裂で心を痛めたファンも無数だ。

JYJ・ジェジュンのTwitterに山下智久登場! 日韓アイドル交流秘話

jyjyamashita.jpg
JYJ・ジェジュン公式Twitterより

 JYJのジェジュンが3月15日、自身のTwitterに山下智久とのツーショット写真を投稿し、「トモ韓国まで来てくれてありがとう!楽しかったぞ!また日本でな」と、ツイートした。新曲をリリースしたばかりの山下だが、忙しいスケジュールを縫って、親友・ジェジュンと久しぶりの再会を果たしたようだ。

 今月13日に、SMAP・稲垣吾郎主演の『診療中―in the Room―』(日本テレビ系)のエンディングテーマ「怪・セラ・セラ」が発売となった山下。1月からは今田耕司と共に『ジェネレーション天国』(フジテレビ系)でバラエティ番組初MCを務めており、さらに同局の大型ドラマ企画『金田一耕助VS明智小五郎』(放送日未定)では、金田一耕助役を演じるなど、今年に入ってからは多方面で勢力的な活動を見せている。

芸能界&警視庁からも注視されるJYJの日本活動、その裏側とは

jyjdome.jpg
JYJコンサートオフィシャルサイトより

 4月2~4日の、東京ドームでのライブ開催を発表したJYJ。音楽業界に隠然たる影響力を持つエイベックスと対立しながらも、鳴り物入りで日本に再登場することになった彼らのバックには、ある大物が居座っているという。大手芸能事務所であるアミューズ会長の大里洋吉氏だ。

「JYJのコンサートは、東京ドームに来られないファンのために日本全国各地の映画館で、1人4,500円の入場料を取って、公演の模様を中継する予定なのですが、それを仕切るのは『ライブ・ビューイング・ジャパン』という配給会社で、アミューズの関連会社。代表は大里会長です。ここまで堂々とJYJを応援していると公言して、JYJといまだに揉めているエイベックスやSMエンターテインメントとの関係は大丈夫なのかと、もっぱらのうわさです。エイベックスは、ライブ社の株主でもありますからね」(芸能関係者)

JYJ復帰も不安含み…GACKT摘発にオセロ中島の復帰は? 芸能マスコミ座談会

1304_az02.jpg
GACKT氏のCDシングル『WHITE LOV
ERS -幸せなトキ』

【サイゾーpremium】より
無料購読キャンペーン実施中!
チャンスは明日まで!!

(2013年3月15日まで)

key word
『GACKT摘発』
所属事務所などによる脱税疑惑が囁かれるGACKT。東日本大震災義援金として集めた4億円も、一部を別目的で使用したという詐欺疑惑が持たれており、本人の逮捕説も出てきている。


【座談会参加者】
A:スポーツ紙記者
B:フリーの芸能ライター
C:週刊誌デスク

A 昨年8月、自宅ビルなど関係各所がマルサの強制調査を受けたGACKTだけど、その後、表向きは沈静化しているね。ただ、国税当局による証拠固めの時間は、これくらいかかるもの。近いうちに、国税が脱税容疑でGACKTのマネジメント事務所のH社長らを告発することは間違いない。それを受けて、H社長らは4~5月頃には逮捕されるという見方が強い。

B GACKTは、すでにマネージメント事務所の移籍を進めていて、H社長とは決裂状態。罪のなすりつけ合いが始まっている。ただ東京地検は、GACKTについては詐欺容疑での捜査を進めている。東日本大震災の義援金名目で集めた資金を別用途に使っていた件だ。

A GACKTは、まだこの件で事情聴取を受けていないので危機感はないが、当局はやる気満々。彼の元スタッフ数人を、捜査協力者として確保しているからね。

C 昨夏からの右翼の街宣もいまだ続いている。GACKTの側近がアングラ人脈を使って、街宣をカネで収めようとしたが実現しなかった。数百万円という”はしたガネ”で話を進めようとして、「こんなカネでは」と、仲介者がお手上げしてしまったとか。「自分が街宣を収める」と言って、解決金だけ預かって、結局何もしないヤクザもいたそうだよ。

B 沈静化しているといえば、オセロの中島知子の洗脳騒動。年明け復帰なんていわれていたけど、2月上旬に「FRIDAY」(講談社/2月22日号)に、事務所スタッフと揉めているような、「精神状態が不安定ではないか?」と思わせる写真が掲載された。あの写真は所属事務所である松竹芸能との関係性の悪さを露呈させたね。

A 中島は、あの写真が撮られる1カ月ほど前から、カウンセリングを担当していた苫米地英人氏の手を離れて京都の実家に戻っていた。その頃は精神状態も良かったんだ。ただ、松竹が復帰に向けて本格的に動きだそうとしたら、中島がそれに反発した。背後には洗脳騒動以前からある、事務所に対する不信感を、中島がいまだ拭えていないことがあるようだ。

C 2007年に、相方の松嶋尚美の独立を松竹が認めてから、中島の事務所への不満は大きくなっていったからね。その独立をサポートしたのが、松嶋の夫であるミュージシャンのヒサダトシヒロ。彼は”芸能界のドン”と呼ばれる実力者に可愛がられていたから、そのパイプを使って、松嶋を売り出した。それまでは、中島のほうが明らかに売れていたのに、いつの間にか立場が逆転。オセロとしての仕事は、引き続き、松竹仕切りで行われていたけど、その体制にも中島は納得してなかった。

B そうしたストレスがたまる状況も、中島が霊能者に精神的依存をしてしまった一因だから、松竹や松嶋との関係性を整理しない限り、中島は芸能界復帰に前向きにはなれないだろう。映画やドラマでの女優復帰を希望している中島に対して、松竹は、中島の休養でバラエティや情報番組に迷惑をかけているので、まずはお詫びも兼ねて、それらに出そうと考えている。洗脳とは別の問題が横たわっているんだ。

■JYJ電撃ドーム公演裏では電通が暗躍!?

A 10年に起きた東方神起からの分裂騒動以降、エイベックスとの間で、国内での活動停止をめぐって裁判沙汰になっていたJYJが、本格的に活動再開することになったね。4月に、3日連続で東京ドームライブを開催するとブチ上げた。

B エイベックスの言い分は「JYJの国内の活動についての専属権は、自社が持っている」ということだったが、今年1月東京地裁は、エイベックス敗訴の判決を下した。この判決を錦の御旗に、JYJでひと儲けしたい勢力が一気に動きだした。

A その勢力の筆頭が電通。電通は、エイベックスとも昵懇で、東方神起にもかかわっているから、同社得意の「二股外交」ってわけだけど、JYJについては関連会社に担当させている。東京ドームが成功したら、追加公演や名古屋、大阪などのドームツアーも計画しているらしい。

C ただ、JYJ側も一枚岩ではない。韓国でのJYJの所属事務所であるC-JeSエンターテインメント社長と、各メンバーの関係は悪い。C-JeS社長は、エイベックスが、JYJの活動停止の理由として挙げていたように、犯罪歴があり、裏社会ともつながりがある人間。彼が今後口出しすることで、混乱が生じる可能性はあるね。

まだまだ続く!超キケンな芸能座談会!!
続きは「サイゾーpremium」で!
無料購読キャンペーンは明日まで!
(2013年3月15日まで)

(構成/月刊サイゾー編集部)