元極妻が語る「ヤクザの年末年始」――昔は芸能人のお小遣い稼ぎだった“事始め”

 今は亡き某指定組織の三次団体幹部の妻だった、待田芳子姐さんが語る極妻の暮らし、ヤクザの実態――。

■タレントのお小遣い稼ぎだった「事始め」

 2017年もあとわずかとなりましたね。編集者から「ヤクザの年末年始って、どんななんですか?」と聞かれました。

 最近はヤクザのお正月も質素な感じです。年賀状も組織の名前では出せませんし、ましてや海外や温泉旅行にも行けません。映画『ヤクザと憲法』(16年公開)で、帰るところのない子分さんたちが事務所でお正月を過ごす場面がありましたが、今は事務所の維持すら難しい時代となってしまいました。

 ヤクザのお正月は、前年の12月13日の「事始め」から始まります。毎年報道されていますが、今年は山口組が3つになって、厳戒態勢だったようですね。

 そもそも事始めとは、江戸時代よりも前から主に農事的な感じで「年神様」をお祭りする準備を始める日だったそうですが、それがなんで今のヤクザもやってるのかは……よくわかりません。むしろ事始めといえば、京都・祇園の花街の舞妓さんや芸妓さんが、踊りのお師匠さんやお茶屋さんにごあいさつに行くのが有名ですが、花街と任侠界の事始めだけが注目されるというのは、面白いですね。

 さて、ヤクザの事始めは、組織によって少し違いますが、一門が集まって親分から来年の訓示やお祝いの盃をいただきます。以前は、その後にお酒やお食事も出て、アトラクションもありました。昔のアトラクションには、有名な芸能人さんも出ておられたようです。出演すれば結構なお小遣いになるんでしょうが、紋付き袴や黒いスーツのヤクザがずらっと居並ぶ中で歌ったり、ものまねをしたりするのは、度胸がいることでしょうね。

 今は暴排のせいで絶対ムリですが、こういう芸能人さんたちは、刑務所の慰問もよくされていました。これも親分衆が依頼して行ってもらっていたのです。今は、法務省が2015年から「法務省矯正支援官」の制度をスタートさせて、慰問興行(?)を仕切っています。EXILE ATSUSHIさんやMAX、AKB48の高橋みなみさん、コロッケさんなどのほか「ムショのアイドル」として知られるPaix²(ペペ)のお2人、噺家の桂才賀師匠などが支援官に就任され、慰問にいらしています。これは懲役にとっても励みになっているようです。

 事始めも地味ですが、さらに静かなのが今どきのヤクザのお正月です。1990年代くらいまでは、お正月に親分衆で温泉旅館を借り切って、若い衆も一緒に「刺青出し出し」で露天風呂に入ったこともありましたし、主だった親分衆は皆さん別荘で過ごされていました。私や子どもたちも別荘に呼んでいただいたことは何度かありました。今もこういうことは少しは残っているのかなと思います。いずれにしても、バブルの頃は温泉旅館や別荘の周辺が「高級外車の展示会」状態となっていましたね。黒のメルセデスはむしろバブルの後の印象で、もう少し昔はキャデラックやマセラティ、ポルシェなども多かったです。

 また、ハワイやグアムでゴルフというヤクザもいました。マカオやバハマのカジノは家族を連れて行く感じでもないから……と聞いたことがあります。昔はヤクザもお正月には家族サービスを考えていたんですね。でも、今は本当にひっそりしています。もともとお祭りやおめでたいことが好きな人たちばかりですから、寂しさもひとしおでしょう。

 暴力団排除は、身から出たサビの部分もありますが、やはり世知辛いと思わざるをえません。ご近所のお料理屋さんやお菓子屋さんなども「昔は親分衆がたくさん使ってくれたのに」と残念がっていました。来年はさらにヤクザの締め付けは厳しくなるようで、元極妻としては微妙ですが、皆様どうぞよいお年をお迎えください。

元極妻が語る「ヤクザの年末年始」――昔は芸能人のお小遣い稼ぎだった“事始め”

 今は亡き某指定組織の三次団体幹部の妻だった、待田芳子姐さんが語る極妻の暮らし、ヤクザの実態――。

■タレントのお小遣い稼ぎだった「事始め」

 2017年もあとわずかとなりましたね。編集者から「ヤクザの年末年始って、どんななんですか?」と聞かれました。

 最近はヤクザのお正月も質素な感じです。年賀状も組織の名前では出せませんし、ましてや海外や温泉旅行にも行けません。映画『ヤクザと憲法』(16年公開)で、帰るところのない子分さんたちが事務所でお正月を過ごす場面がありましたが、今は事務所の維持すら難しい時代となってしまいました。

 ヤクザのお正月は、前年の12月13日の「事始め」から始まります。毎年報道されていますが、今年は山口組が3つになって、厳戒態勢だったようですね。

 そもそも事始めとは、江戸時代よりも前から主に農事的な感じで「年神様」をお祭りする準備を始める日だったそうですが、それがなんで今のヤクザもやってるのかは……よくわかりません。むしろ事始めといえば、京都・祇園の花街の舞妓さんや芸妓さんが、踊りのお師匠さんやお茶屋さんにごあいさつに行くのが有名ですが、花街と任侠界の事始めだけが注目されるというのは、面白いですね。

 さて、ヤクザの事始めは、組織によって少し違いますが、一門が集まって親分から来年の訓示やお祝いの盃をいただきます。以前は、その後にお酒やお食事も出て、アトラクションもありました。昔のアトラクションには、有名な芸能人さんも出ておられたようです。出演すれば結構なお小遣いになるんでしょうが、紋付き袴や黒いスーツのヤクザがずらっと居並ぶ中で歌ったり、ものまねをしたりするのは、度胸がいることでしょうね。

 今は暴排のせいで絶対ムリですが、こういう芸能人さんたちは、刑務所の慰問もよくされていました。これも親分衆が依頼して行ってもらっていたのです。今は、法務省が2015年から「法務省矯正支援官」の制度をスタートさせて、慰問興行(?)を仕切っています。EXILE ATSUSHIさんやMAX、AKB48の高橋みなみさん、コロッケさんなどのほか「ムショのアイドル」として知られるPaix²(ペペ)のお2人、噺家の桂才賀師匠などが支援官に就任され、慰問にいらしています。これは懲役にとっても励みになっているようです。

 事始めも地味ですが、さらに静かなのが今どきのヤクザのお正月です。1990年代くらいまでは、お正月に親分衆で温泉旅館を借り切って、若い衆も一緒に「刺青出し出し」で露天風呂に入ったこともありましたし、主だった親分衆は皆さん別荘で過ごされていました。私や子どもたちも別荘に呼んでいただいたことは何度かありました。今もこういうことは少しは残っているのかなと思います。いずれにしても、バブルの頃は温泉旅館や別荘の周辺が「高級外車の展示会」状態となっていましたね。黒のメルセデスはむしろバブルの後の印象で、もう少し昔はキャデラックやマセラティ、ポルシェなども多かったです。

 また、ハワイやグアムでゴルフというヤクザもいました。マカオやバハマのカジノは家族を連れて行く感じでもないから……と聞いたことがあります。昔はヤクザもお正月には家族サービスを考えていたんですね。でも、今は本当にひっそりしています。もともとお祭りやおめでたいことが好きな人たちばかりですから、寂しさもひとしおでしょう。

 暴力団排除は、身から出たサビの部分もありますが、やはり世知辛いと思わざるをえません。ご近所のお料理屋さんやお菓子屋さんなども「昔は親分衆がたくさん使ってくれたのに」と残念がっていました。来年はさらにヤクザの締め付けは厳しくなるようで、元極妻としては微妙ですが、皆様どうぞよいお年をお迎えください。

塀の中でもクスリの乱用はアリ? 秘められた刑務所医療事情

 覚せい剤の使用や密売などで逮捕起訴され、通算12年を塀の中で過ごした後、その経験を基にさまざまな活動を続ける中野瑠美さんが、女子刑務所の実態を語る「知られざる女子刑務所ライフ」シリーズ。

■ムショで病気になるとタイヘンです

 「刑務所」の別名って、ご存じですか? 「別荘」や「大学」がわりと知られているかと思いますが、以前は「健康ランド」というのもありました。早寝早起き&酒タバコ(もちろんドラッグも!)厳禁の生活ですから、確かに健康な人、健康になれる人も多いです。

 でも、実際にはきちんとした医療を受けられずに持病が悪化することもありますし、心の病で自殺する人も少なくありません。私の知り合いもそれで亡くなっています(涙)。

 なので、最近もヤクザの親分がムショ内の医療不備について行政訴訟を起こしたり、刑が確定しても、健康状態を理由に執行停止を求め、認められていたりするニュースがありましたが、気持ちや状況はとってもわかります。だって、危なすぎますやん。

 そもそもの問題として、刑務所や拘置所はお医者さんが足らないそうです。自分が医者やったら、そんなややこしいところで働きたいとは絶対に思いませんしね。私が看守なら殴ったろかと思う懲役(受刑者)もたくさんいてましたし、医者であっても同じ立場だと思うんです。たとえEXILEのATSUSHIに勧誘されてもイヤです。

 って私は注射打つのは上手やけど、医師免許ないから無理やねんけどね(笑)。なので、全員とは言いませんが、ムショ医者は「『懲役を懲らしめる』という異常な正義感に燃えている」または「シャバで何かやらかして、おれんようになってムショに来た」のかどちらかだというのが定説です。つまり少し間違えば、同じ懲役やったかも知れへん人ということです。

 そんなですから、ちょっとくらいの発熱や腹痛ではカンタンには診てもらえません。歯医者なんかヘタをしたら「3カ月待ち」です。そんなもん、診てもらう前に折れてるか、キンキンに腫れて大泣き入れてますけどね。

 だいたい3カ月の間ずっと歯が痛かったり、おなかが痛かったりしたら、絶対にアカンやつですよ。そこまで痛みが続かなくても、ちょっとした異常で「ガンやったらどうしよう」とか悩んで、心をやられてしまう人も多いのです。

 私も歯が痛すぎて、「頭に菌が回ったらどないしょう」って不安やったし、ピル(処方してもらえました)でじんましんが止まらんかったとき、「ああついに変な病気にかかってもうた……。もう終わりやな」って、自分で心にピリオド打ちましたもんね。じんましんは、ピルをやめたら半年かかって、ようやく治りましたけど、その間はずーっと不安で心が折れてましたよ。

■飲んだフリをしてため込んだ処方薬でアレを

 男性刑務所では「風邪でも腹痛でもアスピリンしか処方されない」といううわさがありますが、女子刑務所はもう少しマシですし、最近は男性も心臓や肝臓疾患など持病の薬も処方されるようになってきたと聞いています。とはいえ不十分でしょうけどね。

 風邪を引くとお風呂に入れないのもツラかったですね。風邪薬の中には、わざと発熱させて汗をかかせる成分が入ってるものもありますから、さらに熱が上がってしまうこともあります。

 熱が出ると、治るまでの間は入浴も禁止になります。当たり前なんでしょうけど、これには困りました。特に夏場は同じ部屋の人にも迷惑かけることになりますしね。なので、私はちょっと治ってくると薬を止めてもらって、お風呂の方を選んでました。だって部屋で「ヨゴレ」とか言われるのんイヤですもん。

 そして、もう一つ薬の思い出は、「薬のため飲み」です。精神安定剤や便秘薬をためておいてイッキに飲むんです。ワル知恵の働くコたちが安定剤をため込んでブッ飛んだり、ダイエットのために便秘薬を大量に飲んでいました。

 塀の中で薬を飲む時は、薬をため込まないように1回分ずつ渡され、刑務官の前で飲まなくてはなりません。まず口を開けて薬を入れ、舌にのせて確認してもらってから、薬を口の中に入れます。飲んでから口の中をまた見せて、飲んだ後は「らりるれろ」って担当の前で言って、口の中に残してないかを再び確認されます。

 とはいえ私はプロだったので、飲み込まずにうまいことして皆に薬を回していました(笑)。そういうこともやろうと思えばできるんです。私は、塀の中でも「薬屋さん」でした。まあ冗談ですけどね。

 塀の中は運動があまりできないし、食事はご飯が多いので、みんな痩せたがっていました。塀の中でも女は女なんですね。私は薬のため飲みなんて、やってませんけどね(笑)。

中野瑠美(なかの・るみ)
1972年大阪・堺市生まれ。特技は料理。趣味はジェットスキーとゴルフ。『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)や『新・情報7daysニュースキャスター』(TBS系)などへの出演でも注目を集める。経営するラウンジ「祭(まつり)

EXILE・岩田剛典、インスタでファンVSアンチの喧嘩勃発! ピンクのド派手ヘアで賛否

 EXILE、三代目J Soul Brothersの中で、トップレベルの人気を誇る岩田剛典が、2月6日付のインスタグラムで、ド派手なピンク色のヘアスタイルを公開した。これまでの岩田のイメージをガラリと覆すイメチェンに、ネット上は騒然としている。

「岩田といえば“がんちゃん”という愛称からもわかるように、今まで比較的“カワイイ系”で売っていた印象。しかし、インスタで披露された岩田の姿は、ピンク色の髪を無造作にツンツンとセットし、ゴツめのサングラスやアクセサリーも相まって“トンガッた系”に仕上がっています。ファンからは、『ピンクの髪色ってかなり冒険だと思うけど、がんちゃんはすっごく似合ってるよ!』『攻めた感じのがんちゃんもカッコイイ!』『早くライブでニュースタイルのがんちゃんに会いた~い!』などと歓声が上がっています」(芸能ライター)

 その一方で、岩田のインスタにはファン以外のコメントも寄せられており、中には否定的な意見も。

「特に、韓国の大人気アイドルグループ・BIGBANGの一部ファンが反応を示しており、『BIGBANGのT.O.Pのパクリですよね?』などと、岩田を批判しているのです。T.O.Pはインスタで何度もピンクヘアを公開していて、スタイルも今回の岩田と酷似。そのため、『T.O.Pさんの方が似合ってる』『どう見てもT.O.Pと同じ髪形なのに、恥ずかしくないわけ?』といった書き込みが散見され、これに気付いた岩田ファンとコメント欄上で喧嘩が勃発しています」(同)

 とはいえ、言い争っているのは一部のファン同士で、ほかの岩田ファンからは「がんちゃんはT.O.Pさんをリスペクトしているんじゃないかな?」「私は三代目もBIGBANGも好きだから、うれしいよ!」など、両者を尊重する声も出ている。

「ただ、ピンクヘアそのものに関して、岩田ファンからも少なからずネガティブな声が出ています。岩田はこれまで、さわやかなルックスと、慶應義塾大学出身の高学歴というスペックにより、元来EXILE一派に対して『イカツくて怖い』といった苦手意識を持っていた層をファンにさせた人物。にもかかわらず、ここにきて奇抜な髪形にしてしまうことについて、『がんちゃんの魅力が半減してもったいない』『ファンが離れていっちゃかも……』と、危惧する者も少なくありません」(同)

 岩田がこのスタイルを維持するのか定かではないが、奇抜な髪形でまったく新しい層のファンをつかんでくれることにも期待したい。

EXILEも慰問に来るムショの休日 一番の楽しみはアレの話

 覚せい剤の使用や密売などで逮捕起訴され、通算12年を塀の中で過ごした後、その経験を基にさまざまな活動を続ける中野瑠美さんが、女子刑務所の実態を語る「知られざる女子刑務所ライフ」シリーズ。

■EXILEのATSUSHI、浜崎あゆみ、コロッケが慰問に

 ちまたでは、有名企業の労働条件の悪さが問題になっていますね。怒鳴ったり暴力を振るったりは論外ですが、風邪で休んだら罰金を取るなんて、ホンマひどいですね。

 ムショの時給はあってないようなものですが、労働時間だけはちゃんとしています。調理などは遅くなってしまうことがたまにありますが、残業もほとんどなく、基本的に刑務作業は1日8時間・週40時間以内で、土日祝日・年末年始はお休みです。有給休暇はありませんけどねって当たり前か(笑)。 もちろん風邪やケガ等で体調が悪いときには休むことはできます。

 お休みの日には、運動会、カラオケ大会などのイベント、有名人の慰問などがありました。今は法務省の「矯正支援官」に就任されたEXILEのATSUSHIさんや浜崎あゆみさん、コロッケさんなどが法務省経由で慰問に来てくださるそうで、ちょっとうらやましいですね。

 私はお笑い芸人さんが来てくれたらうれしいなあと思っていました。特にダウンタウンさんです! 実現しなかったけど。

 また、「母の日」には地元の幼稚園の子どもたちが来たりして、自分の子どもと重なって見えて涙が流れるときも多々ありました。出所しても家族と暮らせない事情のある受刑者のコたちは、複雑な気持ちだったと思います。あとは地域の婦人会の方にもたくさんお話をしていただいて、お母さんと話せているようで少し心が温かくなったこともありました。

 こうした行事を通じて自分自身で反省したり悔やんだり……。そして、「逆に今度こそ更生して家族を大切にしよう」と心に誓ったりしていました。

■お休みの日の楽しみはアレ

 運動の時間が入ることもありますが、3連休がまるまるお休みになることも多いです。

 平日は分刻みで生活させられている分、ゆっくりできるとうれしいですね。家族や友だちに手紙を書いたり、マンガを読んだり、同じ房の仲間とおしゃべりしたり、時にはケンカになったり(笑)、午睡(昼寝の時間)で寝だめしていた人もいました。

 おしゃべりのテーマは本当にいろいろで、楽しかったですね。彼氏や夫の自慢、愚痴、昔の恋バナから、「次はこうやったらバレない」とかの犯罪の危険な指南(!)から「刑務官にバレない違反のやり方」(笑)まで。あとは、やっぱり男がするよりもかなりハードな“エロ話”で夜な夜な盛り上がりましたね。

 とはいえ、お菓子も自由に食べられないし、まして手紙を書く相手や、お金や本を差し入れてくれる身内がいない人は本当に寂しそうです。そんな人は担当の刑務官からもいじめられるケースが多かったですね。刑務所の中でも境遇の差で扱いが変わるんです。「やっぱり塀の中もカネなんやなあ」と思ったものでした。

 私は幸いにも彼氏がいて、いつも差し入れをしてくれて、面会もできるだけ来てくれていたので、寂しさは半分でした。

 また、刑務所は医療の面でもいろいろ問題があるのですが、体調が悪いのに医務で診てもらえないときには、面会に来た彼に「体がしんどいのに担当が相手にしてくれないから、診てもらえない」と露骨に言いつけたりしていました。そうすると、面会の後そのまま医務に連れていってもらえることもあるんです。でも、家族と会えない人や家族と関わりの少ない人、誰も面会に来てくれない人は医務でもキツいことを言われ、薬も出してもらえないことがあったと聞いています。

 ちなみに、私は彼氏への手紙を書く時間が一番楽しかったので、何度も何度も便箋に書いては破り捨てて、また書き直す、を繰り返して「妄想デート」の時間を楽しんでいました。

■女子刑務所には美容室も

 男子刑務所では懲役は全員丸刈りですが、女子は、髪形は任意で2カ月に1回カットできる日があります。パーマやカラーリングはダメですけどね。主な施設にはだいたい理美容室があって、理容師や美容師の資格のある懲役が切ってくれます。プロが出張してくるところもあるようです。

 たとえば私が勤めていた和歌山刑務所には「白百合美容室」というのがあって、矯正や職業訓練の一環として運営されています。美容師の国家資格が習得できるんですよ。普通に理美容の専門学校に行くと授業料がタイヘンですが、刑務所ならタダですからね。3年以上の比較的ロングな懲役の人にはオススメです。ハサミを持つので、懲役の中でもかなりエリート的な存在です。

 白百合美容室だけではなく、刑務所の運営する美容室は一般の方も入れるので、機会があったら行ってみてください。カットは1000円くらいです。わりとオシャレにやってくれるようですよ。

 私は美容室の利用は前髪カットのみで、懲役の間にバージンへアに戻すようにしていました。そして、家に帰ってから好きなヘアスタイルにできるように髪の毛は切りませんでしたね。こんな中にいても社会復帰してお洒落することをいつもいつも夢見ていました。懲役期間中だって、一応「女」ですからね(笑)。そんな感じで、ムショの休日は過ぎていきました。

中野瑠美(なかの・るみ)
1972年大阪・堺市生まれ。特技は料理。趣味はジェットスキーとゴルフ。『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)や『新・情報7daysニュースキャスター』(TBS系)などの出演でも注目を集める。経営するラウンジ「祭(まつり)

「AKIRAは一辺倒」「MAKIDAIは大根レベルを超越」演技がヘタだと思うEXILE俳優ランキング

 昨年、三代目J Soul Brothersの“日本レコード大賞買収疑惑”が報じられたことで猛烈なバッシングを受けたEXILE TRIBE。その一方で、メンバーが多数出演する『HiGH&LOW』シリーズがヒットしたり、「第40回日本アカデミー賞」で、岩田剛典が新人俳優賞を受賞したりと、俳優業に関してはポジティブな話題も多い。しかし、そんな“EXILE俳優”たちは、ネット上で「大根演技」などと批判されることがお約束となっている。そこで今回は、男女100名を対象に「EXILE俳優、最も演技がヘタクソだと思うのは?」というアンケートを実施した。(Sagooooワークス調べ/調査地域:全国/調査対象:年齢不問・女性/有効回答数:100)

exile

 

 第1位に選ばれたのはAKIRAで26票を獲得。AKIRAは、EXILE TRIBEの中心的メンバーの1人で、2012年にドラマ『GTO』(フジテレビ系)で主演を務めるなど、俳優業を盛んに行っていることで知られる。1月に公開されたマーティン・スコセッシ監督の映画『沈黙‐サイレンス‐』ではハリウッドデビューを果たして話題を呼んだが、

「反町隆史の『GTO』がとても好きだったが、AKIRAが主演の『GTO』を見たときに演技のヘタさにがっかりしてしまったから」(30代/男性)
「『GTO』の鬼塚役での演技がなぜかしっくりこなくて、オーバーすぎる演技が気になりました。前作での反町隆史の演技とどうしても比較してしまったからかもしれませんが……」(30代/女性)
「コミックからドラマになると、それぞれのイメージがあって難しいとは思うが、『GTO』の鬼塚先生役はひどすぎる」(30代/女性)

と1998年版のドラマ『GTO』(フジテレビ系)で主演を務めた反町隆史と比較され、演技力に厳しい評価が集まっている。また、「歌やパフォーマンスは素晴らしいと思いますが、みんなそんなに演技がうまいイメージはないです。特にAKIRAさんは何を演じても『自分』という感じが拭いされていない気がします」(30代/女性)「大河で見たけど、AKIRAって感じだった。役になりきれてない違和感を覚えた」(20代/女性)「まず、立ち振る舞いが一辺倒。それに、引いた演技とか落着いた演技ができず、いつも大袈裟になってしまうから」(50代/男性)と、演技がワンパターンという見方も多い。

 続く第2位には21票を集めたTAKAHIROがランクイン。2014年1月クールの『戦力外捜査官』(日本テレビ系)で俳優デビューを果たし、『ワイルド・ヒーローズ』(同)では主役を演じたが、

「TAKAHIROは、顔は良いのですが、演技はしない方が良いと思います。無理」(30代/女性)
「テレビとかを見ていて、ただ顔だけだなっと思う人だから。なにもできない」(30代/女性)
「イケメンだけど、やっぱり俳優さんに比べて演技が拙い感じがします」(20代/女性)
「TAKAHIROはカッコイイけど、演技が上手なところを見たことがないから」(30代/女性)

と、“ルックスはいいのに……”と残念がる声が多かった。また、「学生の学芸会かと思ってしまう。ほかの俳優がみんな彼に合わせてる感じになる」(30代/女性)「言いたくはないけど演技がお遊戯会みたいです。もっとスマートに演じてくれないかなと思うばかりです」(40代/女性)と、演技がプロの域に達していないという意見もある様子。

 そして第3位は、20票を集めたMAKIDAI。EXILEの元パフォーマーで、2013年の『町医者ジャンボ!!』(日本テレビ系)や14年の映画『俺たちの明日』に主演するなど、役者としても活躍してきたが、

「セリフが棒読みすぎて演技になってない。演技が大根すぎて、逆に面白い(笑)」(30代/女性)
「徐々にうまくなってはいますが、初めてMAKIDAIさんの演技を見た時にセリフの棒読みに驚愕しました」(50代/女性)
「朝のニュースでもコメント棒読みだったし感情表現がヘタ。かっこいいのにもったいない」(30代/女性)
「台詞が棒読みでびっくりした。でも、風間トオルも沢口靖子も、はじめはそんな感じだったから、がんばってほしい」(40代/女性)

という指摘が寄せられた。そのほかにも、「ご本人のことは好きなのですが、演技が不自然すぎて、恥ずかしくて見ていられなくて、チャンネルを変えたことがありました」(30代/女性)など、その演技力には、ファンからも疑問の声が上がっているようだ。

 第4位は三代目J Soul Brothersの岩田剛典で、9票を獲得。“岩ちゃん”の愛称で大ブレークし、EXILE TRIBEの次世代を担う人気メンバーと目されている。石原さとみ&松下奈緒がW主演を務めた14年の『ディア・シスター』(フジテレビ系)で脚光を浴び、昨年6月の映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』でも高畑充希とW主演を務め、同作によって「日本アカデミー賞」新人俳優賞を受賞するなど、役者業も好調に見える。しかしそんな岩田には、「棒読みであまりにもひどすぎると思ったから、大根役者とはまさに彼のこと」(40代/男性)「顔は可愛くてかっこいいのに、演技がセリフ棒読みに聞こえることが多いので」(20代/女性)と、MAKIDAIと同じく棒読みだという指摘が相次いでいる。

 第4位以下はMATSUが3票を集めて第5位、登坂広臣が2票を集めて第6位という結果となった。MATSUには「演技力が余りないと感じます。踊りは良くても言葉はスムーズには出ないかも」(40代/男性)、登坂には「EXILEメンバーは演技が上手な人が多いなぁと常々思っていたが、この人がドラマに出たときに、期待が大きかったせいか、『演じている』感が強く違和感を覚えたから」(40代/女性)といった声があった。

 なお、今回のアンケートでは「その他」の意見が19票と多く集まっている。その内容は「総じて素人レベルにあると思います。という事で、演技が取り立ててうまいという人がいません」(50代/男性)「全員。台詞が棒読みですし、役になりきれてない。ほかの役者さんの邪魔」(40代/男性)とメンバー全員を否定する意見と、逆に「EXILEの方は全てかっこがよい。誰が悪いとか良いとか優劣がつかない」(40代/女性)「特にいないと思っています。AKIRAの演技は結構好きでした。そんなに極端に演技がヘタクソなメンバーはいないように思いました。多少ヘタクソでも、一生懸命演技をすれば、かなり補えるような感じがします」(40代/男性)と、全員を擁護する意見があった。

 マルチな活躍をみせるEXILE TRIBEのメンバーだが、アンケートの結果を見ると“本業の役者には敵わない”“歌やダンスだけやっていればいい”といった意見が多く、俳優業の評価には賛否両論の声が上がっているようだ。EXILE俳優たちが世間から役者として認められる日はまだ遠いのかもしれない。

【その他の回答】
AKIRA
・「全員ヘタだが露出が多いせいかAKIRAのヘタさが際立っている」(30代/女性)
・「なまじ知名度があるからこそ、つい期待して映画やドラマを見てしまって台詞回しとか失望してしまうことが多々あったもんで。名前先行しすぎ(この人に限らないけども)。アーティストだけに専念してくれた方がカッコイイのに」(40代/女性)
・「見た目の渋さと年齢的に、大人の演技を求められるのは当たり前だと思うのですが、内面を演じるまでには実力が伴っていないように感じます」(50代/女性)

TAKAHIRO
・「演技に新しさがあまりないし、結構芝居じみた部分を見せることも多いから」(20代/男性)
・「体形の変動も激しく、最近ではイケメンではなくなってきたので見ていてきついです」(20代/女性)
・「この人は自分に酔っている感じがします。正直歌もヘタだと思いますし、芸能界にいるのが不思議です」(40代/男性)

MAKIDAI
・「NHKのテレビ小説『瞳』に出演していたのを見て、ダイコンというレベルを超越したヘタさだと思った」(40代/女性)
・「本当に失礼な言い方になってしまうんですが、以前偶然ドラマを見たときはドラマに見せかけたコントをやっているのかと思ったくらいヘタだなと思いました」(20代/女性)

岩田剛典
・「『ディア・シスター』でヘタクソすぎて興ざめした! なのに、まだオファーがあるのが信じられない。レコ大と同じく買収かな(笑)!?」(30代/女性)
・「以前よりは、うまくなったような気がするが、まだヘタクソだと感じてしまいます」(30代/女性)

【アンケート概要】
■調査地域:全国 ■調査対象:年齢不問・男女 ■調査期間:2016年●月●日~●月●日 ■有効回答数:100サンプル

【企画協力】
Re;Light

「AKIRAは一辺倒」「MAKIDAIは大根レベルを超越」演技がヘタだと思うEXILE俳優ランキング

 昨年、三代目J Soul Brothersの“日本レコード大賞買収疑惑”が報じられたことで猛烈なバッシングを受けたEXILE TRIBE。その一方で、メンバーが多数出演する『HiGH&LOW』シリーズがヒットしたり、「第40回日本アカデミー賞」で、岩田剛典が新人俳優賞を受賞したりと、俳優業に関してはポジティブな話題も多い。しかし、そんな“EXILE俳優”たちは、ネット上で「大根演技」などと批判されることがお約束となっている。そこで今回は、男女100名を対象に「EXILE俳優、最も演技がヘタクソだと思うのは?」というアンケートを実施した。(Sagooooワークス調べ/調査地域:全国/調査対象:年齢不問・女性/有効回答数:100)

exile

 

 第1位に選ばれたのはAKIRAで26票を獲得。AKIRAは、EXILE TRIBEの中心的メンバーの1人で、2012年にドラマ『GTO』(フジテレビ系)で主演を務めるなど、俳優業を盛んに行っていることで知られる。1月に公開されたマーティン・スコセッシ監督の映画『沈黙‐サイレンス‐』ではハリウッドデビューを果たして話題を呼んだが、

「反町隆史の『GTO』がとても好きだったが、AKIRAが主演の『GTO』を見たときに演技のヘタさにがっかりしてしまったから」(30代/男性)
「『GTO』の鬼塚役での演技がなぜかしっくりこなくて、オーバーすぎる演技が気になりました。前作での反町隆史の演技とどうしても比較してしまったからかもしれませんが……」(30代/女性)
「コミックからドラマになると、それぞれのイメージがあって難しいとは思うが、『GTO』の鬼塚先生役はひどすぎる」(30代/女性)

と1998年版のドラマ『GTO』(フジテレビ系)で主演を務めた反町隆史と比較され、演技力に厳しい評価が集まっている。また、「歌やパフォーマンスは素晴らしいと思いますが、みんなそんなに演技がうまいイメージはないです。特にAKIRAさんは何を演じても『自分』という感じが拭いされていない気がします」(30代/女性)「大河で見たけど、AKIRAって感じだった。役になりきれてない違和感を覚えた」(20代/女性)「まず、立ち振る舞いが一辺倒。それに、引いた演技とか落着いた演技ができず、いつも大袈裟になってしまうから」(50代/男性)と、演技がワンパターンという見方も多い。

 続く第2位には21票を集めたTAKAHIROがランクイン。2014年1月クールの『戦力外捜査官』(日本テレビ系)で俳優デビューを果たし、『ワイルド・ヒーローズ』(同)では主役を演じたが、

「TAKAHIROは、顔は良いのですが、演技はしない方が良いと思います。無理」(30代/女性)
「テレビとかを見ていて、ただ顔だけだなっと思う人だから。なにもできない」(30代/女性)
「イケメンだけど、やっぱり俳優さんに比べて演技が拙い感じがします」(20代/女性)
「TAKAHIROはカッコイイけど、演技が上手なところを見たことがないから」(30代/女性)

と、“ルックスはいいのに……”と残念がる声が多かった。また、「学生の学芸会かと思ってしまう。ほかの俳優がみんな彼に合わせてる感じになる」(30代/女性)「言いたくはないけど演技がお遊戯会みたいです。もっとスマートに演じてくれないかなと思うばかりです」(40代/女性)と、演技がプロの域に達していないという意見もある様子。

 そして第3位は、20票を集めたMAKIDAI。EXILEの元パフォーマーで、2013年の『町医者ジャンボ!!』(日本テレビ系)や14年の映画『俺たちの明日』に主演するなど、役者としても活躍してきたが、

「セリフが棒読みすぎて演技になってない。演技が大根すぎて、逆に面白い(笑)」(30代/女性)
「徐々にうまくなってはいますが、初めてMAKIDAIさんの演技を見た時にセリフの棒読みに驚愕しました」(50代/女性)
「朝のニュースでもコメント棒読みだったし感情表現がヘタ。かっこいいのにもったいない」(30代/女性)
「台詞が棒読みでびっくりした。でも、風間トオルも沢口靖子も、はじめはそんな感じだったから、がんばってほしい」(40代/女性)

という指摘が寄せられた。そのほかにも、「ご本人のことは好きなのですが、演技が不自然すぎて、恥ずかしくて見ていられなくて、チャンネルを変えたことがありました」(30代/女性)など、その演技力には、ファンからも疑問の声が上がっているようだ。

 第4位は三代目J Soul Brothersの岩田剛典で、9票を獲得。“岩ちゃん”の愛称で大ブレークし、EXILE TRIBEの次世代を担う人気メンバーと目されている。石原さとみ&松下奈緒がW主演を務めた14年の『ディア・シスター』(フジテレビ系)で脚光を浴び、昨年6月の映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』でも高畑充希とW主演を務め、同作によって「日本アカデミー賞」新人俳優賞を受賞するなど、役者業も好調に見える。しかしそんな岩田には、「棒読みであまりにもひどすぎると思ったから、大根役者とはまさに彼のこと」(40代/男性)「顔は可愛くてかっこいいのに、演技がセリフ棒読みに聞こえることが多いので」(20代/女性)と、MAKIDAIと同じく棒読みだという指摘が相次いでいる。

 第4位以下はMATSUが3票を集めて第5位、登坂広臣が2票を集めて第6位という結果となった。MATSUには「演技力が余りないと感じます。踊りは良くても言葉はスムーズには出ないかも」(40代/男性)、登坂には「EXILEメンバーは演技が上手な人が多いなぁと常々思っていたが、この人がドラマに出たときに、期待が大きかったせいか、『演じている』感が強く違和感を覚えたから」(40代/女性)といった声があった。

 なお、今回のアンケートでは「その他」の意見が19票と多く集まっている。その内容は「総じて素人レベルにあると思います。という事で、演技が取り立ててうまいという人がいません」(50代/男性)「全員。台詞が棒読みですし、役になりきれてない。ほかの役者さんの邪魔」(40代/男性)とメンバー全員を否定する意見と、逆に「EXILEの方は全てかっこがよい。誰が悪いとか良いとか優劣がつかない」(40代/女性)「特にいないと思っています。AKIRAの演技は結構好きでした。そんなに極端に演技がヘタクソなメンバーはいないように思いました。多少ヘタクソでも、一生懸命演技をすれば、かなり補えるような感じがします」(40代/男性)と、全員を擁護する意見があった。

 マルチな活躍をみせるEXILE TRIBEのメンバーだが、アンケートの結果を見ると“本業の役者には敵わない”“歌やダンスだけやっていればいい”といった意見が多く、俳優業の評価には賛否両論の声が上がっているようだ。EXILE俳優たちが世間から役者として認められる日はまだ遠いのかもしれない。

【その他の回答】
AKIRA
・「全員ヘタだが露出が多いせいかAKIRAのヘタさが際立っている」(30代/女性)
・「なまじ知名度があるからこそ、つい期待して映画やドラマを見てしまって台詞回しとか失望してしまうことが多々あったもんで。名前先行しすぎ(この人に限らないけども)。アーティストだけに専念してくれた方がカッコイイのに」(40代/女性)
・「見た目の渋さと年齢的に、大人の演技を求められるのは当たり前だと思うのですが、内面を演じるまでには実力が伴っていないように感じます」(50代/女性)

TAKAHIRO
・「演技に新しさがあまりないし、結構芝居じみた部分を見せることも多いから」(20代/男性)
・「体形の変動も激しく、最近ではイケメンではなくなってきたので見ていてきついです」(20代/女性)
・「この人は自分に酔っている感じがします。正直歌もヘタだと思いますし、芸能界にいるのが不思議です」(40代/男性)

MAKIDAI
・「NHKのテレビ小説『瞳』に出演していたのを見て、ダイコンというレベルを超越したヘタさだと思った」(40代/女性)
・「本当に失礼な言い方になってしまうんですが、以前偶然ドラマを見たときはドラマに見せかけたコントをやっているのかと思ったくらいヘタだなと思いました」(20代/女性)

岩田剛典
・「『ディア・シスター』でヘタクソすぎて興ざめした! なのに、まだオファーがあるのが信じられない。レコ大と同じく買収かな(笑)!?」(30代/女性)
・「以前よりは、うまくなったような気がするが、まだヘタクソだと感じてしまいます」(30代/女性)

【アンケート概要】
■調査地域:全国 ■調査対象:年齢不問・男女 ■調査期間:2016年●月●日~●月●日 ■有効回答数:100サンプル

【企画協力】
Re;Light

EXILE・AKIRA、『沈黙』でハリウッドデビューも……「国際的ゴリ押し」と批判噴出の危機

 EXILE兼EXILE THE SECONDのAKIRAが、マーティン・スコセッシ監督が手がける映画『沈黙‐サイレンス‐』(2017年1月21日公開)でハリウッドデビューを果たすことがわかった。

 同作は、遠藤周作の同名小説が原作。キリスト教徒が弾圧されていた江戸初期の日本を舞台に、日本を訪れた宣教師の体験を通して、人間の強さや弱さ、生きることの意味を描いていく。

「すでに日本人キャストとして窪塚洋介、浅野忠信、小松菜奈などの出演が発表されていますが、こうした実力派の面々とともにAKIRAがキャスティングされているのが、不可解といえば不可解です」(芸能ライター)

 AKIRAは音楽活動の傍ら、これまで多くのドラマに出演してきたが、その演技力については「お経並みの棒読み」「再現ドラマ以下」などと、視聴者から辛らつな意見が相次いでいる。そんなAKIRAの代表作といえば、人気コミックが原作の『GTO』シリーズ(フジテレビ系)だろう。かつて反町隆史主演で放送された同名ドラマのリメイク版である。

「このときもAKIRAの“棒演技”が話題になりましたが、ストーリーや設定が比較的原作を踏襲していたこともあってか、全話平均視聴率が13.2%(関東地方・ビデオリサーチ調べ、以下同)と、そこそこの数字を残しました。ところが、第2シリーズは同 7.2%と惨憺たる結果に。その後、主演の剛力彩芽の相手役として出演したフジの月9ドラマ『ビブリア古書堂の事件手帖』も、最終話の視聴率が8.1%と、当時の月9枠の最低視聴率を記録しました」(同)

 AKIRAが“低視聴率男”“大爆死王”の名を不動のものにしたのが、昨年放送された出演ドラマ『HEAT』(同)。放送前から映画化が決定するなど、鳴り物入りでスタートしたものの、歴史的な低視聴率を記録してしまい、打ち切りという憂き目に。

「第6話では、視聴率が2.8%という信じがたい低視聴率を叩き出して話題になりました。全話を通じても4.1%ですから、記録的大爆死だったといっていい。結局、スッタモンダの挙げ句、映画化も中止になりました。さすがに、このときは『ゴリ押し』『フジによるEXILE接待』などと、批判されたものです」(同)

 以前からインタビューで「ハリウッド作品に抜擢されるなら、スキンヘッドでも何でもやる」と語るなど、アメリカ進出を熱望していたAKIRA。現段階では役柄などは明かされていないが、“国際的なゴリ押し”などと後ろ指を指されないような演技を見せてほしいものだ。

EXILE、NHKに『紅白』出場辞退を申し出ていた! 「レコ大買収疑惑」との関連は?

 NHKは今月24日、大みそかに放送される『第67回NHK紅白歌合戦』の出場歌手を発表した。紅組と白組合わせて46組のアーティスト名が並ぶ中、昨年まで9年連続で出場していたEXILEが落選したことが、ネット上で波紋を呼んでいる。

「EXILEは初出場を果たした2003年と翌04年の2回、そして07年から15年までの9回と、計11回出場。現在も人気を誇るだけに、突然の落選に、ネットユーザーは騒然としています。EXILEの所属事務所・LDHは、三代目 J Soul Brothersの『日本レコード大賞』受賞を1億円で買収した疑惑が報じられたばかりのため、『買収疑惑が影響したんじゃないの?』『すっかり信用をなくして、イメージが悪くなったもんね』といった声が上がっている状態で、さらには『紅白の出場枠は買わなかったのかな?』『1億円使って紅白落選か……』といった皮肉も書き込まれています」(芸能ライター)

 しかし、ある週刊誌の記者は、「レコ大が関係しているのであれば、EXILEの落選はむしろ異常事態だ」と指摘する。

「疑惑の中心にいるはずの三代目は、昨年に引き続き出場しますし、E‐girlsも同様に出場が決まりました。LDHのトップであるEXILEが出ずに、弟分&妹分だけが出るのはおかしな話です」(同)

 では、一体なぜEXILEが落選となったのか。EXILEに近しい関係者は、次のように語る。

「実はEXILEは、NHKから『紅白』のオファーが来る前に、出場辞退を申し出ていたんです。グループの公式モバイルサイト『EXILE mobile』では、今月20日にATSUSHIが『僕の海外での生活がすでに始まっているため、毎年出させていただいている年末のテレビ番組に出演することができません』と、ファンに向けて報告していました。また8月には、ファンクラブ会員向けサイト『EX FAMILY』で、ATSUSHIが活動拠点を海外に移すことを発表。その時点ですでに『しばしEXILEとしてのパフォーマンスを皆さんにお見せできない』『次の進化したEXILE、EXILE ATSUSHIに期待して、2018年までの間、少しだけお時間をいただければうれしいです』などと、グループとしての活動が制限されることを示唆していた。ですから、EXILEは『紅白』に限らず、年末の音楽特番などにも出ませんし、来年も休業状態が続く予定です」

 このような事情は、「ファンも了承している」(同)というものの、買収疑惑報道が世間に与えた衝撃は凄まじかっただけに、今後もEXILEは疑いの目で見られてしまう可能性は高い。“進化したEXILE”をファンに見せるまでは、前途多難のようだ。

上戸彩「円満家庭」から一転、「離婚危機」報道に現れたバーニングの“ご機嫌”

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る! 

 今月15日、南スーダンに派遣される陸上自衛隊に「駆けつけ警護」を付与する閣議決定が行われた。これまで安倍内閣は、治安が悪化している南スーダンの状況を決して“戦闘行為”ではなく“衝突”と言い換え、また今年7月に起きた大規模戦闘もひた隠そうとした。そして自衛隊を戦死の危機に晒す「駆けつけ警護」を閣議決定だけで通していいのか。いいはずない。

第339回(11/11~15発売号より)

1位「上戸彩 夫HIROは知らない『離婚相談』」(「女性セブン」11月24日号)

2位「ショーンKホラッチョ潜伏中の肉声『仕事殺到中、カネもある!』」(「女性自身」11月29日・12月6日合併号)

3位「猪瀬直樹 蜷川有紀対談『オユキ坊を丸ごと愛す! って、猪瀬さんが――』」(「女性自身」11月29日・12月6日合併号)

  いやはや、ここまで節操がないと呆れるより気の毒になる。そんな記事が「女性セブン」のトップを飾った上戸彩、HIRO夫妻の離婚危機報道だ。

  確かに「セブン」は今年6月、夫・HIROが多忙なこともあり2人が“家庭内別居”状態だと報じている。だが一転、11月10日号には上戸とHIRO、そして長女という初のスリーショット写真をスクープしたのだ。そこには仲睦まじい家族の様子が収められていたが、それからたった2号目で離婚危機!?

 めまぐるしいことこの上ない。

 なにが一体真実なのか? いや、「セブン」にとっては、そんなことどうでもいいことかもしれない。おそらく、6月の“家庭内別居”が一番真相に近いのだろう。HIROが多忙で、また女性関係もうわさされ、上戸にとってはあこがれの家庭とはほど遠い。離婚までは決意できないが、思い悩む日々。そして、11月に夫婦を大事件が襲う。

 「週刊文春」(11月10日号、文藝春秋)が、三代目 J Soul Brothersのレコード大賞受賞は1億円という金銭で買収されていた、と報じることになったからだ。それを知った所属事務所社長のHIROサイドが、その話題を少しでも逸らすため「セブン」での“仲良し家族”アピール報道を画策。レコ大買収にはバーニングも大きく関係があるため、御用達雑誌「セブン」は喜んでそれを掲載した。しかも、親子スリーショットというスクープ写真だ。

 だが、HIROが起こした不祥事の尻拭いをさせられたと感じた上戸関係者サイドが激怒、しかもHIROは「文春」のレコ大記事に関し、バーニングの逆鱗に触れたとの話もある。それなら再び喜んで、と「セブン」は離婚危機を報じた。

 芸能関係者で語られているストーリーは、そんなところだ。

 バーニング大好きの「セブン」としては、たった2号で、そして平然と“円満家庭”から“離婚危機”に手のひら返しするのは当然だったのね。ふーっ。

 記事には上戸が親しい関係者に「万が一離婚することになっても、子供だけは絶対に私が育てたいから…」と相談したことが記されているが、芸能雑誌もいろいろな目配りが必要で大変そうだ。

 かなり不思議な記事が「女性自身」に掲載されている。それが、経歴や素性など全てが詐称だったとして表舞台から消えた、ショーンKの現状に関する記事だ。

 現在、ショーンKにはテレビやラジオ、そしてキャスターの仕事依頼までもが殺到しているという。それだけでなく本業の経営コンサルタントの仕事も“変わらず順調”で、顧客も増え金に困っていないらしい。ほんまかい!? 

 記事にも「にわかには信じがたい」と記されているが、そうだよね。だが、問題はこれら“ショーンKは現在でも絶好調!”と語っているのが、“事務所の関係者”という“匿名氏”であることだ。

 この“事務所関係者”は続けて、ショーンKは嘘をついてもいないし、世間を騙してもいない。騒動はマスコミが作ったストーリーで、ショーンK自身も話にならない作り話、相手にする気もないと語っていると強く主張する。

 では、あの涙の謝罪はなんだったのか。実際に経歴も詐称していたわけだし。この“事務所関係者”って、もしかしてショーンK本人(笑)?

 こちらも個人的にはかなり驚き、唖然とした。作家であり元東京都知事の猪瀬直樹(69)と、うわさの新恋人・蜷川有紀(56)の対談。ニヤつく猪瀬(写真あり)と、猪瀬とのラブラブぶりをのろける蜷川。誰がこんな企画を思いつき、実行したんだ!!

 興味ある向きは、読んでみてください。いろんな意味ですごいから。同時に疲れると思うけど……。