FA獲得の千葉ロッテ・涌井秀章 妻・押切もえの事情で「選択肢は1つ」しかない!?

FA獲得の千葉ロッテ・涌井秀章 妻・押切もえの事情で「選択肢は1つ」しかない!?の画像1
千葉ロッテマリーンズオフィシャルサイトより
 千葉ロッテマリーンズの涌井秀章投手が9月4日、海外移籍も可能なFA権を取得。今オフの移籍が取り沙汰されている。モデルの押切もえを妻に持つ右腕は、どのチームに移籍するのか?  涌井は横浜高校からドラフト1位で西武に入団し、2007年には最多勝を、09年には最多勝と沢村賞を受賞。13年にFA権を行使して千葉ロッテに移籍し、15年には3度目の最多勝に輝いたが、今季はここまで5勝10敗(9月10日時点)と、成績は伸び悩んでいる。約13年のプロ生活で123勝を挙げた右腕は、来季どこに行くのか? プロ野球関連の取材も多い週刊誌記者が語る。 「涌井も妻の押切も千葉県出身ですが、とりあえずロッテを出ることは既定路線でしょう。もともとロッテに移籍したのは、西武時代から自分をよく知る伊東勤監督の強い引きがあったから。しかし、今季のロッテはボロボロで、伊東監督もすでに退任を発表しています。球団も表向きは流出阻止のポーズを取っていますが、2.5億円といわれる年俸を考えると、引き止める理由はないでしょう。メジャー行きが報じられていますが、それは厳しいと思います。涌井はスタミナはありますが、球数が非常に多いタイプ。球数で交代のタイミングを図るメジャーでは、球数を要するタイプは敬遠されます。メジャーで日本人投手の評価は非常に高いですが、与四球率も高く、150kmを超える速球もない涌井に、現状より高い年俸を出すチームはないでしょう。もっとも、妻の押切はNHK Eテレでずっと英会話番組に出演していましたから、妻が(米に)行きたいという可能性はありますが……」  となると、基本的に選択肢は日本球界。計算できる投手が欲しいのはどのチームも同じだが、涌井には選択肢が絞られる事情があるという。 「涌井は過去に何度も女性問題を起こしており、押切としては単身赴任は避けたいはず。押切の仕事も考えると、在京球団希望でしょう。となると西武、ヤクルト、巨人、DeNAの4チームですが、実質行けるチームは1つしかありません。まず西武は、在籍時に年俸調停でモメているので出戻りはあり得ません。次にヤクルトには、横浜高校の先輩・成瀬善久投手がいます。涌井は高校時代に成瀬にイジメられたことがあり、犬猿の仲。2人はロッテで1年間一緒にやりましたが、成瀬はあっさりロッテを出ました。一方、巨人には押切の元カレの野間口貴彦投手がスタッフとして在籍しています。そうなると、残りはDeNAということになります。DeNAは資金も潤沢で、山口俊投手をFAで巨人に取られましたが、涌井ならその穴は十分に埋めるでしょう」(同)  来季はセ・リーグで投げる涌井の姿が見られるかも?

FA獲得の千葉ロッテ・涌井秀章 妻・押切もえの事情で「選択肢は1つ」しかない!?

FA獲得の千葉ロッテ・涌井秀章 妻・押切もえの事情で「選択肢は1つ」しかない!?の画像1
千葉ロッテマリーンズオフィシャルサイトより
 千葉ロッテマリーンズの涌井秀章投手が9月4日、海外移籍も可能なFA権を取得。今オフの移籍が取り沙汰されている。モデルの押切もえを妻に持つ右腕は、どのチームに移籍するのか?  涌井は横浜高校からドラフト1位で西武に入団し、2007年には最多勝を、09年には最多勝と沢村賞を受賞。13年にFA権を行使して千葉ロッテに移籍し、15年には3度目の最多勝に輝いたが、今季はここまで5勝10敗(9月10日時点)と、成績は伸び悩んでいる。約13年のプロ生活で123勝を挙げた右腕は、来季どこに行くのか? プロ野球関連の取材も多い週刊誌記者が語る。 「涌井も妻の押切も千葉県出身ですが、とりあえずロッテを出ることは既定路線でしょう。もともとロッテに移籍したのは、西武時代から自分をよく知る伊東勤監督の強い引きがあったから。しかし、今季のロッテはボロボロで、伊東監督もすでに退任を発表しています。球団も表向きは流出阻止のポーズを取っていますが、2.5億円といわれる年俸を考えると、引き止める理由はないでしょう。メジャー行きが報じられていますが、それは厳しいと思います。涌井はスタミナはありますが、球数が非常に多いタイプ。球数で交代のタイミングを図るメジャーでは、球数を要するタイプは敬遠されます。メジャーで日本人投手の評価は非常に高いですが、与四球率も高く、150kmを超える速球もない涌井に、現状より高い年俸を出すチームはないでしょう。もっとも、妻の押切はNHK Eテレでずっと英会話番組に出演していましたから、妻が(米に)行きたいという可能性はありますが……」  となると、基本的に選択肢は日本球界。計算できる投手が欲しいのはどのチームも同じだが、涌井には選択肢が絞られる事情があるという。 「涌井は過去に何度も女性問題を起こしており、押切としては単身赴任は避けたいはず。押切の仕事も考えると、在京球団希望でしょう。となると西武、ヤクルト、巨人、DeNAの4チームですが、実質行けるチームは1つしかありません。まず西武は、在籍時に年俸調停でモメているので出戻りはあり得ません。次にヤクルトには、横浜高校の先輩・成瀬善久投手がいます。涌井は高校時代に成瀬にイジメられたことがあり、犬猿の仲。2人はロッテで1年間一緒にやりましたが、成瀬はあっさりロッテを出ました。一方、巨人には押切の元カレの野間口貴彦投手がスタッフとして在籍しています。そうなると、残りはDeNAということになります。DeNAは資金も潤沢で、山口俊投手をFAで巨人に取られましたが、涌井ならその穴は十分に埋めるでしょう」(同)  来季はセ・リーグで投げる涌井の姿が見られるかも?

押切もえと交際順調のロッテ涌井秀章、元カノ・杉崎美香との別れを決意した「酒とギャンブル」

oshikiri0925.jpg
「ミス・ユニバース」の妹版コンテスト「2017ミス・ティーン・ジャパン」決勝大会が18日、都内で行われ、押切もえ(36)が応援アンバサダーとして参加。報道陣から、プロ野球ロッテのエース涌井秀章投手(30)との交際について聞かれると、「順調です」と笑顔で答えた。  2人は、知人の紹介を通じて昨年9月ごろから交際をスタート。結婚を視野に入れた、真剣交際を続けているといわれる。  ところで涌井といえば、過去にはフリーアナウンサーの杉崎美香と交際するも、わずか3カ月で破局している。プロ野球選手と女子アナウンサーという組み合せは、お似合いのカップルのように思えたのだが……。 「もともと涌井が杉崎のファンであったことから、知人を介して知り合い、意気投合したようです。このときも、涌井は25歳、杉崎は32歳という年の差でした。当時、杉崎はフジテレビ系早朝の生番組『めざにゅ~』に出演していたため、生活サイクルが合わず、すれ違いが生じてしまったようです」(芸能関係者)  破局の原因は、そればかりではない。杉崎は料理や洗濯などの家事が苦手で、涌井が結婚相手に求める“良妻賢母”な姿とはかけ離れていたことも影響しているようだ。 「さらに、杉崎は酒好きとして知られ、競馬番組を担当してからはギャンブルにもハマっていたといわれます。見た目から想像される“かわいいお嫁さん”像とは、まったく異なっていたんです。そのギャップが彼女の魅力でもありますが、やはりプロ野球選手の妻には収まれなかったのかもしれません」(同)  その点、押切には浮ついた話はない。絵画や小説執筆などの“文化人化”も、それほど問題ではないだろう。彼女がプロ野球選手の“姉さん女房”となる日は来るのか? ひとまず今は、2人の交際を温かく見守りたい。 (文=平田宏利)

「サゲマン×女狂い」カップル誕生!? ロッテ涌井秀章と押切もえの交際は“不安度120%”か

moeoshikiri0217.jpg
 モデルの押切もえと、プロ野球・千葉ロッテマリーンズの涌井秀章投手の交際が報じられた。涌井の「直球アプローチ」に押切が“押し切られた”そう。すでに結婚を視野に入れた交際だそうだが……。  このカップル発覚に、ネット上に拡がったのは「不安」の空気感のみ。「結婚しても5年もたない」「どっちもどっちなカップル」「涌井にとっては遊び」という声や、涌井に関し「宮崎謙介議員と雰囲気が似てる」と、渦中の元国会議員の名を挙げるコメントまであった。  世間が不安になるのも至極当然かもしれない。この2人、これまで恋愛に関してはいろいろと「問題児」扱いされてきた経緯がある。  押切といえば、以前同じく元プロ野球・巨人の野間口貴彦投手とも交際していた。どうやら野間口がドSだったようで、SEXが暴力的だから別れたなんて情報もある。押切自身「だメンズウォーカー」のケがあるのかもしれないが、野間口が巨人でまったく活躍できず、最終的に昨年引退したということもあり「サゲマン」のイメージも定着している。  一方の涌井は、ロッテ移籍後3年目だが、昨年は15勝で最多勝を獲得。一時の低迷を跳ね返しての復活となった。埼玉西武ライオンズ時代は、一時あのダルビッシュ有(現・米レンジャーズ)と並び称されるレベルの活躍をしていた時期もあった。押切との交際で、取り戻したリズムを失わないか心配する声もある。  ただ、この涌井も涌井で、こと女性関係に関しては世間の信用を得られていないのが現状である。 「2012年、涌井は福岡のホステスとのベッドでの様子や、その女性と札幌に訪れた際、女性が転倒してケガをしてしまったにもかかわらず、救急車を呼んだ後にすぐ遊びに行ったこと、1日30通に及んだという『大半が下ネタ』のメールなどを『フライデー』(講談社)に暴露されてしまいました。これに球団側が大激怒し、彼は登録抹消に。復帰後も結果を残せず、14年に移籍となってしまいました。その女好き具合は相当なもので、合コンでお持ち帰りをした回数は数知れずとのこと。今回の交際はめでたいことなのでしょうが、また女性関係でトラブルが出ないともわかりません。ソッチ方面にはまったく信頼が置けないタイプです」(芸能記者)  核弾頭に核弾頭をぶつけたような今回のカップル誕生。先行きは不安である。

「いまや赤西よりも問題児?」ジャニーズを悩ますKAT-TUN・亀梨和也と球界“スキャンダル王”の関係

kamenashikazuya0716.jpg
あの仁と比較されちゃうなんて……。
 元KAT-TUNの赤西仁といえば、グループ在籍中から半年間の休養を申し出るなどグループの和を乱したばかりではなく、同じジャニーズの山下智久、錦戸亮ら「赤西軍団」とともに都内の繁華街で夜遊び三昧。プライベートでもさんざん浮き名を流した挙げ句、女優・黒木メイサとデキちゃった婚したため、堪忍袋の緒が切れた事務所からそれ相応のペナルティーを受けてしまった。 「予定されていたコンサートツアーの中止に加え、主演が内定していたドラマ『GTO』を降板させられ、EXILEのAKIRAがキャスティングされてしまった。現在はまったく仕事がない状態で、出産を控えたメイサと一緒に過ごすことが多く、『赤西軍団』は事実上の解散。ジャニーズの大きな悩みの種が1つ消え、幹部も胸をなで下ろしている」(女性誌記者)  ところが最近、KAT-TUNの亀梨和也の交友関係が、新たな悩みの種となっているという。 「写真誌で報じられた女性スキャンダルで、しばらく2軍落ちしていた、西武のエース・涌井秀章投手との関係。亀梨は以前から、事務所には内緒で何度か涌井主催の合コンに参加。いまや球界の“スキャンダル王”となった涌井だけに、亀梨もトラブルに巻き込まれないか事務所幹部は頭を悩ませ、ついに亀梨に『涌井にあまり近づくな』と“警告”したようだ」(芸能プロ関係者)  亀梨といえば、これまで目立ったスキャンダルがなく、派手に夜遊びしていたという話もあまり聞こえてこない。ジャニーズ事務所の中では“優等生”かと思いきや、「仕事のストレスがたまりにたまっている時に、スポーツ番組の仕事で知り合い親交を深めた涌井の合コンに誘われ、それから度々顔を出すようになった」(同)。  とはいえ、今年5月に「週刊文春」(文藝春秋)が報じたところによると、昨年涌井がフリーの杉崎美香アナと破局直後、都内の会員制バーで開かれた合コンで、読者モデル風の美女にモテモテの涌井に対し、泥酔した亀梨が「オレはワク(涌井)が好きなんだ!」と絡んだところ、涌井は「亀くん、ウザいから向こうに連れてって」とツレない態度だったという。 「亀梨は筋金入りの野球ファンで、涌井の合コンに参加する女性たちよりも、野球人として尊敬する涌井と一緒に飲めるのが楽しくて顔を出しているようだが、そんな言い訳は事務所の幹部には通用しないだろう。さすがに、涌井はこのところは合コンを自粛しているようだが、調子が上がれば再開するはずで、亀梨も事務所の“警告”を無視して顔を出しそう。いまや赤西よりも亀梨が問題児となってしまった」(週刊誌記者)  亀梨は昨年放送された主演ドラマ『妖怪人間ベム』(日本テレビ系)の映画化を12月に控え、秋からはプロモーション活動が始まる。それだけに、今後、事務所は余計なスキャンダルを防ぐため、ますます涌井との関係にピリピリしそうだ。

「いまや赤西よりも問題児?」ジャニーズを悩ますKAT-TUN・亀梨和也と球界“スキャンダル王”の関係

kamenashikazuya0716.jpg
あの仁と比較されちゃうなんて……。
 元KAT-TUNの赤西仁といえば、グループ在籍中から半年間の休養を申し出るなどグループの和を乱したばかりではなく、同じジャニーズの山下智久、錦戸亮ら「赤西軍団」とともに都内の繁華街で夜遊び三昧。プライベートでもさんざん浮き名を流した挙げ句、女優・黒木メイサとデキちゃった婚したため、堪忍袋の緒が切れた事務所からそれ相応のペナルティーを受けてしまった。 「予定されていたコンサートツアーの中止に加え、主演が内定していたドラマ『GTO』を降板させられ、EXILEのAKIRAがキャスティングされてしまった。現在はまったく仕事がない状態で、出産を控えたメイサと一緒に過ごすことが多く、『赤西軍団』は事実上の解散。ジャニーズの大きな悩みの種が1つ消え、幹部も胸をなで下ろしている」(女性誌記者)  ところが最近、KAT-TUNの亀梨和也の交友関係が、新たな悩みの種となっているという。 「写真誌で報じられた女性スキャンダルで、しばらく2軍落ちしていた、西武のエース・涌井秀章投手との関係。亀梨は以前から、事務所には内緒で何度か涌井主催の合コンに参加。いまや球界の“スキャンダル王”となった涌井だけに、亀梨もトラブルに巻き込まれないか事務所幹部は頭を悩ませ、ついに亀梨に『涌井にあまり近づくな』と“警告”したようだ」(芸能プロ関係者)  亀梨といえば、これまで目立ったスキャンダルがなく、派手に夜遊びしていたという話もあまり聞こえてこない。ジャニーズ事務所の中では“優等生”かと思いきや、「仕事のストレスがたまりにたまっている時に、スポーツ番組の仕事で知り合い親交を深めた涌井の合コンに誘われ、それから度々顔を出すようになった」(同)。  とはいえ、今年5月に「週刊文春」(文藝春秋)が報じたところによると、昨年涌井がフリーの杉崎美香アナと破局直後、都内の会員制バーで開かれた合コンで、読者モデル風の美女にモテモテの涌井に対し、泥酔した亀梨が「オレはワク(涌井)が好きなんだ!」と絡んだところ、涌井は「亀くん、ウザいから向こうに連れてって」とツレない態度だったという。 「亀梨は筋金入りの野球ファンで、涌井の合コンに参加する女性たちよりも、野球人として尊敬する涌井と一緒に飲めるのが楽しくて顔を出しているようだが、そんな言い訳は事務所の幹部には通用しないだろう。さすがに、涌井はこのところは合コンを自粛しているようだが、調子が上がれば再開するはずで、亀梨も事務所の“警告”を無視して顔を出しそう。いまや赤西よりも亀梨が問題児となってしまった」(週刊誌記者)  亀梨は昨年放送された主演ドラマ『妖怪人間ベム』(日本テレビ系)の映画化を12月に控え、秋からはプロモーション活動が始まる。それだけに、今後、事務所は余計なスキャンダルを防ぐため、ますます涌井との関係にピリピリしそうだ。

一番ダークなスポーツは野球!? 切っても切れないスポーツと闇社会

1109_sports_ama1.jpg
『野球賭博と八百長はなぜ、なくなら
ないのか』
(ベストセラーズ)。
──西武ライオンズの若きエース・涌井秀章選手が、自身の所属するエージェントと裁判沙汰になっていることが報じられたが、そこで問題になっているのは、涌井とエージェントをつないだ元暴力団員の存在。比較的少なくなってきてはいるが、ほかにもコワモテとアスリートのつながりは指摘されている──。  日本中の注目を集め、莫大な年俸を稼ぐプロアスリート。彼らの活動を支えるのは、それぞれが所属するチームやスポンサー企業だが、そのほかにも公私にわたって彼らの面倒を見るグレーゾーンの後援者たちがいることはよく知られている。そして彼らが時に、裏社会の人脈につながっているケースも少なくない。  典型的なのが、ここ数年で野球賭博や八百長といったスキャンダルが立て続けに発覚した大相撲だろう。  本誌3月号でも詳しく解説しているが、もともと相撲界には食事から"女"まで、かなりの部分をタニマチに頼る「ごっつぁん体質」がはびこっており、ご祝儀などの名目で、力士の小遣いから日々の飲み食い、さらに地方興行では各部屋の宿泊所から稽古場まで、地元の有力者が面倒を見るといった構造が出来上がっている。そこには裏社会の住人たちが付け入るスキが、いくらでもあった。  一連のスキャンダルによって、こうした構造の問題点が浮き彫りになったわけだが、大相撲のスキャンダルはスポーツ界全体にも衝撃を与えており、どの競技団体も、少なくとも表面上は、タニマチを名乗る暴力団関係者などの裏社会との関係には神経質になっているようだ。 「かつてはスポーツ興行に暴力団が介在していた時代が、確かにありました。ただ現在は競技団体やチームのコンプライアンス上、簡単には許されなくなっている。選手個人も彼らと付き合うことのデメリットを理解するようになっており、『ヤクザをバックに持っても、ロクなことはない』という若い世代の選手も増えてきています」(スポーツジャーナリスト)  一時期は、裏社会とは兄弟分のような付き合いをする豪快な選手がゴロゴロいたプロ野球界も、すっかり様変わりした。 「球界入りするルーキーは、NPB(日本野球機構)の新人研修などでも口を酸っぱくして暴力団との接点を注意されるし、球界のドンこと読売ジャイアンツの渡邉恒雄や楽天イーグルスの三木谷浩史といった実質的な球団トップからも『(暴力団が集まる)怪しい会合には、絶対に顔を出すな』と厳しい通達が出ているそうです」(スポーツ紙記者)  かつては「ヤクザ以上にヤクザっぽい」といわれた江夏豊や張本勲、東尾修といったレジェンド・クラスから、コワモテが絡んだ車庫トバシ(違法に車庫を確保すること)に関係していた篠塚和典、暴力団組長との飲み会写真が流出し登板日漏洩疑惑も囁かれた桑田真澄など、裏社会との関係が報じられた選手は枚挙にいとまがない。 「ここ数年だと、2004年に発覚した元中日ドラゴンズの立浪和義が起こした女性トラブルに、現役の暴力団幹部が乗り出してきたという醜聞が目立つ程度。現役選手では、ほとんど聞かなくなりました。ただ『食肉の帝王』の異名を取ったハンナンの浅田満会長と関係があった現楽天監督の星野仙一など、監督・コーチクラスには、裏社会との接点がある人物はゴロゴロ残っています」(同) ■芸能プロが入り込む スポーツ界のユルさ  もっとも、表立っての交際がなくなっただけで、現在も裏社会との交流は形を変えて続いているとの指摘もある。 「人気球団のスター選手は、芸能プロやマネジメント会社と契約するケースが増えており、怪しげなタニマチは減っている。ただ、そのマネジメント会社や芸能プロが裏社会につながっている場合も少なくない。例えば日ハムのダルビッシュ有や阪神の金本知憲が所属するエイベックスにしても、社長の松浦勝人には暴力団員を同席させて株主を監禁・脅迫したという疑惑が報じられていますからね」(芸能プロ関係者)  その意味で、現在のプロ野球界で最も注目を集めているのが、西武ライオンズのエース・涌井秀章投手に関するスキャンダルだろう。  これは、写真週刊誌「フライデー」(講談社/11年7月15日号)が報じたもので、表面上は涌井の個人事務所が契約していたマネジメント会社「スピードエージェンシー」(「フライデー」ではイニシャル)とのトラブルだが、実際は、涌井のプライベートに食い込んでいる元暴力団組員・Kとの関係に球団側が難色を示したことがトラブルになったきっかけだという。 「スピード社も実質的にKの会社といわれていますからね。涌井も球団の手前、一応はビジネス上の関係を解消する方向で動いていますが、先日、熱愛を公表したフリーアナ・杉崎美香を紹介したのもKといわれており、今後もプライベートでの関係は続きそうです」(前出・スポーツ紙記者)  多くのスポーツ興行に絡んできたKの経歴は当特集【2】を参照してもらうとして、その人脈は水泳の金メダリスト・北島康介や、ロッテからメジャーに移籍した西岡剛選手など多岐に及んでおり、今後の動向が注目されている。  同様に注目を集めているのが、野球評論家の清原和博や日本ハムの中田翔、テニスのクルム伊達公子や格闘家の山本"KID"徳郁、プロゴルファーの加賀崎航太といった有名選手を筆頭に、バスケ、スノーボードなど50人以上の選手が所属するスポーツマネジメント会社「JSM」だ。  JSMはパチンコ・パチスロの大手販売会社「フィールズ」のスポーツマネジメント部門。フィールズのトップは、あの押尾学の庇護者としても名前の挙がった山本俊英会長である。 「山本会長は以前から、元横綱の千代の富士(現・九重親方)や、その弟子で元大関の千代大海(現・年寄佐ノ山)の後見人として知られていますが、現在のプロスポーツ界では"最大のタニマチ"といえる存在です。ただJSMは選手を抱えすぎて、ほとんど商売にはなっておらず、近いうちに金になりそうな数名の選手を残して縮小するともっぱらです。清原だけは、山本会長のポケットマネーで個人事務所を作るともいわれています」(前出・スポーツジャーナリスト)
「プレミアサイゾー」で続きを読む