FA獲得の千葉ロッテ・涌井秀章 妻・押切もえの事情で「選択肢は1つ」しかない!?

FA獲得の千葉ロッテ・涌井秀章 妻・押切もえの事情で「選択肢は1つ」しかない!?の画像1
千葉ロッテマリーンズオフィシャルサイトより
 千葉ロッテマリーンズの涌井秀章投手が9月4日、海外移籍も可能なFA権を取得。今オフの移籍が取り沙汰されている。モデルの押切もえを妻に持つ右腕は、どのチームに移籍するのか?  涌井は横浜高校からドラフト1位で西武に入団し、2007年には最多勝を、09年には最多勝と沢村賞を受賞。13年にFA権を行使して千葉ロッテに移籍し、15年には3度目の最多勝に輝いたが、今季はここまで5勝10敗(9月10日時点)と、成績は伸び悩んでいる。約13年のプロ生活で123勝を挙げた右腕は、来季どこに行くのか? プロ野球関連の取材も多い週刊誌記者が語る。 「涌井も妻の押切も千葉県出身ですが、とりあえずロッテを出ることは既定路線でしょう。もともとロッテに移籍したのは、西武時代から自分をよく知る伊東勤監督の強い引きがあったから。しかし、今季のロッテはボロボロで、伊東監督もすでに退任を発表しています。球団も表向きは流出阻止のポーズを取っていますが、2.5億円といわれる年俸を考えると、引き止める理由はないでしょう。メジャー行きが報じられていますが、それは厳しいと思います。涌井はスタミナはありますが、球数が非常に多いタイプ。球数で交代のタイミングを図るメジャーでは、球数を要するタイプは敬遠されます。メジャーで日本人投手の評価は非常に高いですが、与四球率も高く、150kmを超える速球もない涌井に、現状より高い年俸を出すチームはないでしょう。もっとも、妻の押切はNHK Eテレでずっと英会話番組に出演していましたから、妻が(米に)行きたいという可能性はありますが……」  となると、基本的に選択肢は日本球界。計算できる投手が欲しいのはどのチームも同じだが、涌井には選択肢が絞られる事情があるという。 「涌井は過去に何度も女性問題を起こしており、押切としては単身赴任は避けたいはず。押切の仕事も考えると、在京球団希望でしょう。となると西武、ヤクルト、巨人、DeNAの4チームですが、実質行けるチームは1つしかありません。まず西武は、在籍時に年俸調停でモメているので出戻りはあり得ません。次にヤクルトには、横浜高校の先輩・成瀬善久投手がいます。涌井は高校時代に成瀬にイジメられたことがあり、犬猿の仲。2人はロッテで1年間一緒にやりましたが、成瀬はあっさりロッテを出ました。一方、巨人には押切の元カレの野間口貴彦投手がスタッフとして在籍しています。そうなると、残りはDeNAということになります。DeNAは資金も潤沢で、山口俊投手をFAで巨人に取られましたが、涌井ならその穴は十分に埋めるでしょう」(同)  来季はセ・リーグで投げる涌井の姿が見られるかも?

FA獲得の千葉ロッテ・涌井秀章 妻・押切もえの事情で「選択肢は1つ」しかない!?

FA獲得の千葉ロッテ・涌井秀章 妻・押切もえの事情で「選択肢は1つ」しかない!?の画像1
千葉ロッテマリーンズオフィシャルサイトより
 千葉ロッテマリーンズの涌井秀章投手が9月4日、海外移籍も可能なFA権を取得。今オフの移籍が取り沙汰されている。モデルの押切もえを妻に持つ右腕は、どのチームに移籍するのか?  涌井は横浜高校からドラフト1位で西武に入団し、2007年には最多勝を、09年には最多勝と沢村賞を受賞。13年にFA権を行使して千葉ロッテに移籍し、15年には3度目の最多勝に輝いたが、今季はここまで5勝10敗(9月10日時点)と、成績は伸び悩んでいる。約13年のプロ生活で123勝を挙げた右腕は、来季どこに行くのか? プロ野球関連の取材も多い週刊誌記者が語る。 「涌井も妻の押切も千葉県出身ですが、とりあえずロッテを出ることは既定路線でしょう。もともとロッテに移籍したのは、西武時代から自分をよく知る伊東勤監督の強い引きがあったから。しかし、今季のロッテはボロボロで、伊東監督もすでに退任を発表しています。球団も表向きは流出阻止のポーズを取っていますが、2.5億円といわれる年俸を考えると、引き止める理由はないでしょう。メジャー行きが報じられていますが、それは厳しいと思います。涌井はスタミナはありますが、球数が非常に多いタイプ。球数で交代のタイミングを図るメジャーでは、球数を要するタイプは敬遠されます。メジャーで日本人投手の評価は非常に高いですが、与四球率も高く、150kmを超える速球もない涌井に、現状より高い年俸を出すチームはないでしょう。もっとも、妻の押切はNHK Eテレでずっと英会話番組に出演していましたから、妻が(米に)行きたいという可能性はありますが……」  となると、基本的に選択肢は日本球界。計算できる投手が欲しいのはどのチームも同じだが、涌井には選択肢が絞られる事情があるという。 「涌井は過去に何度も女性問題を起こしており、押切としては単身赴任は避けたいはず。押切の仕事も考えると、在京球団希望でしょう。となると西武、ヤクルト、巨人、DeNAの4チームですが、実質行けるチームは1つしかありません。まず西武は、在籍時に年俸調停でモメているので出戻りはあり得ません。次にヤクルトには、横浜高校の先輩・成瀬善久投手がいます。涌井は高校時代に成瀬にイジメられたことがあり、犬猿の仲。2人はロッテで1年間一緒にやりましたが、成瀬はあっさりロッテを出ました。一方、巨人には押切の元カレの野間口貴彦投手がスタッフとして在籍しています。そうなると、残りはDeNAということになります。DeNAは資金も潤沢で、山口俊投手をFAで巨人に取られましたが、涌井ならその穴は十分に埋めるでしょう」(同)  来季はセ・リーグで投げる涌井の姿が見られるかも?

押切もえと交際順調のロッテ涌井秀章、元カノ・杉崎美香との別れを決意した「酒とギャンブル」

oshikiri0925.jpg
「ミス・ユニバース」の妹版コンテスト「2017ミス・ティーン・ジャパン」決勝大会が18日、都内で行われ、押切もえ(36)が応援アンバサダーとして参加。報道陣から、プロ野球ロッテのエース涌井秀章投手(30)との交際について聞かれると、「順調です」と笑顔で答えた。  2人は、知人の紹介を通じて昨年9月ごろから交際をスタート。結婚を視野に入れた、真剣交際を続けているといわれる。  ところで涌井といえば、過去にはフリーアナウンサーの杉崎美香と交際するも、わずか3カ月で破局している。プロ野球選手と女子アナウンサーという組み合せは、お似合いのカップルのように思えたのだが……。 「もともと涌井が杉崎のファンであったことから、知人を介して知り合い、意気投合したようです。このときも、涌井は25歳、杉崎は32歳という年の差でした。当時、杉崎はフジテレビ系早朝の生番組『めざにゅ~』に出演していたため、生活サイクルが合わず、すれ違いが生じてしまったようです」(芸能関係者)  破局の原因は、そればかりではない。杉崎は料理や洗濯などの家事が苦手で、涌井が結婚相手に求める“良妻賢母”な姿とはかけ離れていたことも影響しているようだ。 「さらに、杉崎は酒好きとして知られ、競馬番組を担当してからはギャンブルにもハマっていたといわれます。見た目から想像される“かわいいお嫁さん”像とは、まったく異なっていたんです。そのギャップが彼女の魅力でもありますが、やはりプロ野球選手の妻には収まれなかったのかもしれません」(同)  その点、押切には浮ついた話はない。絵画や小説執筆などの“文化人化”も、それほど問題ではないだろう。彼女がプロ野球選手の“姉さん女房”となる日は来るのか? ひとまず今は、2人の交際を温かく見守りたい。 (文=平田宏利)

清純派通した杉崎美香は地方局アナ“究極のアガリ”だった!「中には枕営業、セミヌード、AV転身も……」

sugizakimika0806wb.jpg
セントフォース公式サイトより 
 7月27日、フリーアナウンサーの杉崎美香(36)が、地元の大分で結婚式を挙げた。杉崎は今年1月に、フジテレビの社員ディレクターと結婚していた。  杉崎は2003年10月から11年9月まで、フジテレビ早朝情報番組『めざにゅ~』のメインキャスターを8年にわたって務めた。私生活では、プロ野球選手の涌井秀章(千葉ロッテ)、攝津正(福岡ソフトバンク)、元サッカー日本代表の前園真聖など、多くのスポーツ選手と浮名を流したが、最後は5つ年下のフジテレビ社員に落ち着いた形だ。  杉崎は、フリー女子アナが多く所属するセントフォース所属。以前は、SBC信越放送に所属していた。 「アナウンサー志望者はまず、東京のキー局を受ける。それでダメならば、大阪の準キー局。さらに、北海道から沖縄までどこかの局に受かるまでアナウンサー試験を行脚します。いわば、地方局の女子アナは“キー局に落ちた人”として、スタートラインから出遅れている状態。フリーとなって東京へ来ても、レポーターやナレーターなどの仕事が細々とあるだけ、という状態も珍しくありません。その点、杉崎は飛び抜けていました」(業界関係者)  杉崎のキー局デビューとなった『めざにゅ~』は、信越放送退社のタイミングで始まっており、大抜擢といえる。杉崎は色白美人の落ち着いたルックスもさることながら、チャームポイントの八重歯も注目を集めた。 「地方局女子アナが成り上がるためには、芸能界の大物や有力プロデューサーに見いだしてもらうことも必要。そのためには、枕営業も辞さないという世界です。うまい具合に活躍できなければ、水着グラビアやセミヌード、写真集などの過激な仕事もこなさなければならない。果ては、元女子アナをうたい、アダルトDVDに出演する者までいますからね。杉崎が一貫して清純派のイメージを保ち続けられたのは奇跡的ですね」(同)  熾烈な競争が繰り広げられる地方局女子アナの東京進出において、杉崎のモデルは究極の“アガリ”の形といえるかもしれない。今後も、第二、第三の杉崎美香を目指す地方局女子アナが絶えることはないだろう。 (文=平田宏利)

「プロ野球選手よりフジテレビ社員!?」年下夫をゲットしたフリーアナ杉崎美香のしたたかさ

510Mk+xz+2L.jpg
「杉崎美香 2015カレンダー」
 フリーアナウンサーの杉崎美香(36)が、3日にフジテレビの社員と結婚していたことがわかった。お相手は3年前から交際していた、5歳下の同局系情報番組『Mr.サンデー』のディレクター。妊娠はしておらず、今後も仕事を続けるという。 「昨年末でサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系)のMCを降板したこともあり、地上波のレギュラーが減って心配していたら、ちゃっかり玉の輿に乗っていたわけですね。夫とは3年前に知人の紹介で知り合ったそうですが、その前に交際していたプロ野球・涌井秀章選手とは2011年8月に破局していますから、一応つじつまは合っていますね(笑)。それにしても涌井といい、今回のお相手といい、2人とも年下。よっぽど年下が好きなんですかね」(芸能ライター)  当時、人気フリーアナと球界きってのモテ男のカップルということで、杉崎と涌井の交際はずいぶんと話題になったが、わずか3カ月で破局している。 「過去に元AKB48の板野友美や女優の香里奈との熱愛がウワサになったこともある涌井ですが、遊びで一夜を共にしたホステスに関係を写真週刊誌に暴露されたりと、女性絡みのスキャンダルが続いていました。2人の関係が短命に終わったのは、涌井の乱れた女性関係が原因だったと思われましたが、一方で料理や洗濯などの家事が苦手な杉崎に、涌井が愛想を尽かしたという説もあります」(同)  もし、それが真実だとすれば、杉崎にとっては高給取りの野球選手の妻という玉の輿に乗り損ねたことになるのだが……。 「今にして思えば、“災い転じて福となす”といったところでしょうね。なんだかんだいって、スポーツ選手は収入が成績によって左右されるし、引退後のライフプランも不透明。涌井もスキャンダルで極度のスランプに陥って以来、西武ライオンズからロッテへ移籍した現在も復調できていない。年俸こそ2億円を超えていますが、今の状態がこのまま続けば、激減する恐れは十分あり得ます。それよりは、高給で知られるフジテレビの社員と一緒になったほうが、安定した人生が送れると思いますよ。現在発売中の『週刊ポスト』(小学館)によると、有名企業500社の平均年収ランキングで、フジは1,506万円で堂々の1位ですからね。ダンナの安定した高収入に頼って、自分に合った仕事だけをやっていけばいい。レギュラーが減ろうが、大して気にならないわけですよ。うまい“落としどころ”を見つけたものです(笑)」(同)  レギュラーを失い、“ジリ貧”かと思われた杉崎だが、ところがどっこい、抜け目なく勝ち馬に乗っていたということだろう。

球団幹部が早くも「別れろ!」交際宣言の西武・涌井と杉崎アナの後日談とは――

sugisakimika0709.jpg
杉崎美香 2011年 カレンダー
 プロ野球・埼玉西武ライオンズの"絶対的エース"涌井秀章投手と、フリーアナウンサーでフジテレビの早朝番組『めざにゅ~』でキャスターを務める杉崎美香の真剣交際が発覚したが、その先行きに早くも暗雲が立ち込めているという。  2人は知人の紹介で知り合い、杉崎が大の野球好きということもあり意気投合。今春から交際をスタートさせた。涌井本人、杉崎の所属事務所も交際を認めているが、シーズン中の熱愛報道には疑問も残る。  西武担当記者は「やはり数日前に写真週刊誌『フライデー』で報じられた涌井の暴力団絡みの記事がかかわっているのだと思う。話題を変えるために、我々の間では涌井が西武に頼んで、懇意にしているスポニチに2人の熱愛ネタをリークしてもらったということになっている」と明かす。  交際を開始したばかりと言うのに、早くも「結婚」について触れられている点も「正直、派手に飛ばした部分がある」(同記者)という。さらに2人の熱愛報道は周囲からもそこまで歓迎されておらず、「最近、ある西武の球団幹部に『2人はどうなんですかね?』と聞いたら、『早く別れた方がええ!』と言っていました」(別の西武担当記者)というから驚きだ。  理由はハッキリしている。  昨年、優勝争いに絡んだ西武が今年は単独最下位に甘んじているのだ。"戦犯"の1人には、昨年まで「絶対的エース」として君臨した涌井も数えられる。涌井は2006年から5年連続2桁勝利を記録。昨年は27試合に登板し、14勝8敗だったが、今年は7月8日時点で11試合に登板して4勝6敗と絶不調なのだ。それだけに球団もヤクザ絡みの記事が話題になるよりマシだと熱愛報道をリークしたものの、本音は「女にうつつを抜かしているヒマがあったら野球に集中しろ!」ということだろう。  このままではシーズン後のトレード要員にもなりそうな涌井。杉崎との交際も順調とはいきそうにない。
杉崎美香 2011年 カレンダー 八重歯! 八重歯! amazon_associate_logo.jpg
【関連記事】 「訴訟スキャンダル潰し!?」敗戦登板でも西武・涌井の熱愛報道が出た理由 「俳優は自分の意志で汗を止められる!?」NHK有働アナの"脇汗問題"、専門家を直撃! ハンカチ王子・佑ちゃんも"食べられた"!? 野球選手に迫る女子アナたち

「訴訟スキャンダル潰し!?」敗戦登板でも西武・涌井の熱愛報道が出た理由

mikasugizaki.jpg
『君に届きますように』(ワニブックス)
 3日付けのスポーツニッポンでプロ野球・埼玉西武ライオンズの涌井秀章投手とフリーアナウンサーでフジテレビの早朝番組『めざにゅ~』でキャスターを務める杉崎美香が真剣交際していることが報じられた。 「同紙によると、知人の紹介で知り合い、杉崎が大の野球好きということもあり、すぐに意気投合。今春から交際をスタートさせたという。今春、涌井とカトパンことフジの加藤綾子アナのデート目撃情報がTwitterに書き込まれ話題になったが、その時間、加藤アナは収録をしていてデートは不可能。杉崎と見間違えたのではないかと言われていた」(週刊誌記者)  涌井は同紙の取材に対し、「真剣にお付き合いさせていただいています。仕事は仕事、プライベートはプライベート。そこはしっかり分けて、今まで以上に野球を頑張りたいと思います」と交際宣言。一方、杉崎の所属事務所も「交際の報告は受けています」と認めた。  だが、この記事が出たのは普通ならば考えられないタイミングだったというのだ。 「2日に涌井は本拠地・西武ドームの北海道日本ハムファイターズ戦に登板し、4失点で6敗目を喫した。シーズン序盤こそ調子は良かったが、交流戦の後半から調子を落とし4連敗中。スポニチはもともと西武と関係が深く数々のスクープを報じているが、エースの涌井の絶不調の最中にこんなコメントまで出した記事の掲載を許可するとは考えにくい」(スポーツ紙デスク)  とは言うものの、涌井と球団にとってこのタイミングで熱愛報道を出すことが今後に与える影響が非常に大きかったというのだ。 「ハッキリ言って、直前に出たネガティブなスキャンダルの"火消し"。この熱愛報道のおかげで、今後、あのスキャンダルに触れられることはないだろう」(同)  涌井と球団にとって消したかったスキャンダルとは写真誌「フライデー」(講談社)が報じた、涌井本人と個人事務所が4月に所属していたスポーツマネジメント会社・S社を相手取り、肖像権などの使用差し止めや精神的苦痛による損害賠償を求めて提訴したという記事。 「そのマネジメント会社に涌井を紹介したのが、涌井と個人的に親交があった元暴力団員のK氏。K氏は以前、大物女性歌手の代理人的立場で芸能界では知られた存在だった。さらに、格闘技イベント開催をめぐって暴力団関係者から追われ、海外に逃亡していたこともあるいわく付きの人物。涌井は、渡米までS社に所属していた大リーグ・ツインズの西岡剛からK氏を紹介され親交を深め、S社に所属した。ところが、昨年秋に球団からK氏の素性などをもとに関係を清算するように迫られ、昨年11月にS社に契約解除を通達。しかし、S社は契約の有効を主張し続けているため提訴に踏み切った。しかし、K氏は同誌にコメントし涌井とは個人的に関係が円満であることを主張。涌井は球団とK氏の板挟みになった形となってしまった」(先の週刊誌記者)  本来ならば、この訴訟問題が今後、涌井に付きまとうはずだったが、いきなり杉崎との熱愛報道が浮上。連敗中で訴訟を抱える涌井にとって杉崎は"救世主"となっただけに、今後はチームのためにも巻き返しを図りたいところだ。
杉崎美香フォトエッセイ「君に届きますように」 届きました。 amazon_associate_logo.jpg
【関連記事】 落球誤審の脇谷「テレビの映りが悪い」発言に電機大手の広報が反論! マエケン、サブロー......相次ぐプロ野球選手の下半身スキャンダル 原因は"ケチ"!? 「試合がないなら広告料を返金すべき」震災余波で東京ドームに存続危機