ディーン・フジオカ“一本調子演技”の衝撃!『今からあなたを脅迫します』に酷評の嵐

ディーン・フジオカ一本調子演技の衝撃!『今からあなたを脅迫します』に酷評の嵐の画像1
 音楽活動では「ライブ会場が中年女性ばかりで妙な雰囲気」ともっぱらの“おディーン様”ことディーン・フジオカと、いろんな意味で大注目の女優・武井咲がダブル主演を務める連続ドラマ『今からあなたを脅迫します』(日本テレビ系)が15日にスタート! 初回平均視聴率は8.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と微妙な結果となりました。  放送前から、妊娠中の武井を気遣う様子が週刊誌などに伝えられているおディーン様ですが、ポスター撮影時には、「おめでとうございます」と武井に白いバラの花束を贈ったんだとか。こういう30代にして石田純一的なところが、世のオバサマたちをメロメロにするんでしょうね。  ちなみに、筆者も武井同様に来春出産予定なのですが、絶賛つわり中なだけに(1日中、胸のムカつきと、ゲップが止まらない)、老婆心ながらどうしても武井の体調を心配してしまいます。武井はゲップに苦しんでいないかしら……? 妊娠中に繰り返しやすいカンジダに苦しんでいないかしら……? もし撮影中に痒くなっても、筆者のようにガリガリ掻く前に、病院に駆け込んでほしいものです。  というわけで、初回のあらすじを振り返ります。

劇団EXILEの人が、武井を好きになっちゃう禁断設定

 女子大生・澪(武井)の自宅アパートのポストに、差出人不明のDVDが。早速見てみると、脅迫屋の完二(ディーン)に監禁された佐藤(稲葉友)が、「僕たちがやった振り込め詐欺、この人が全部知ってる。だからきみに預けた金、全部もってきてくれ」と訴えかけている内容。しかし、澪ではなく、前にこの部屋に住んでいた菜緒子という女性に宛てたものでした。  ちなみに、澪は恋愛経験のない22歳。考え事をすると、思わず大量のおはぎを作ってしまうという癖を持つ不思議ちゃんのようです。  正義感の強い澪は、DVDと一緒に送られてきた完二の連絡先に電話。脅迫相手を間違えていることを伝えると同時に、完二が要求する600万円を「私が払います」「私、お金を無駄に持ってるんです」と申し入れ。しかし、肩代わりはさせてもらえず、完二に電話を切られてしまいます。  なお、澪がなぜ大金を持っているかというと、祖父から頻繁に数百万円の大金が送金されてくるから。しかし、送金の理由や、澪が頑なに手をつけない理由は、まだわかりません。  翌日、澪は、菜緒子が刃物で滅多刺しとなり、自宅で遺体として発見されたことをネットニュースで知り、動揺。そんな時、澪の前に完二が登場。佐藤を解放したことを伝えます。  澪が帰宅すると、隣人のカオル(鈴木伸之)が大きな荷物を部屋に入れられず、困っている様子。澪は手伝ってあげた上、大量に作ってしまったおはぎをプレゼント。カオルはすっかり澪にほの字のようです。そういえば、劇団EXILEの鈴木って、EXILE・TAKAHIROの後輩ですよね。上戸彩が、結婚後にHIROの後輩たちから「姐さん」と呼ばれているなんて報道がありましたが、武井も鈴木から「姐さん」と呼ばれてるのかしら?  まあ、そんなことはいいとして、完二が生粋の悪者かと言えばそうではないようで、今回の脅迫は、振込み詐欺で600万円を取られた老夫婦が、脅迫屋の完二に依頼したんだとか。しかし、金を持っていると思われる菜緒子が死んだため金を回収できず、客である老夫婦をがっかりさせてしまいます。

尻もちをつくおディーン様

 その後、佐藤は澪の元を訪れ、巻き込んでしまったことを謝罪。振り込め詐欺をしたのは、菜緒子がギャンブルで借金を作ったためで、菜緒子のことが好きだったから思わず自分も手伝ってしまったと明かし、涙を見せる佐藤。さらに、菜緒子を殺した犯人を殺すつもりだと言います。  佐藤に同情した澪は、菜緒子の借金3,000万円を肩代わりするから、復讐はやめるよう説得。しかし、佐藤はその申し出を受け流し、その場を立ち去ってしまいます。  澪がモヤモヤしながら家でおはぎを作っていると、家にずかずかと入ってくる完二。佐藤の連絡先を教えてほしいという澪に、完二は住所を100万円で売ると提案。澪から金を出し入れしているところを見ないでほしい言われながらも、覗き見してしまった完二は、その大金を見て尻もち! この尻もちって、台本でしょうか? なんか、現金見て尻もちつく演出って、ダサッ。  早速、3,000万円を持って佐藤の家を訪ねる澪。そこには、振り込め詐欺の元締めヤクザにボコられている佐藤が。澪も殺されそうになりますが、間一髪で完二とその仲間の盗み屋・目黒(三宅弘城)が到着。完二はケンカも強いようで、ヤクザに鉄槌が下されます。  完二たちに助けられた澪と佐藤は、横浜中華街にあると思しき完二のアジトへ。完二は、目黒が佐藤の自宅で発見したという血の付いた包丁を突き出し、「菜緒子を殺したのはあんただ」と追及。さらに、ギャンブルで借金を作ったり、振り込め詐欺を手伝わせていたのは、菜緒子ではなく佐藤だったといい、澪に近づいたのは、借金を肩代わりさせるためだったといいます。  結局、完二は佐藤から600万円を回収し、自分たちの取り分の10%を差し引いた540万円を老夫婦に返却。佐藤は、澪から「(殺人罪で)自首してください」と包丁を向けられたため、「自首する」と観念。最後におディーン様が歌うダサカッコイイ主題歌が流れ、初回は終了です。

ネット上では酷評祭

 おディーン様の演技が一本調子な上、喋り方も優しすぎるため、脅迫屋にしては迫力にかける気もしますが、日曜の夜に「明日、会社行きたくね~な~」とかつぶやきながらボンヤリと見るドラマとしては、わりといい感じのコメディドラマという印象。  また、完二の仲間の凄腕ハッカー役を演じる元AKB48・島崎遥香も、地味(特に衣装と化粧)な女子大生を演じている武井とは対照的なギャル風で、華を添える欠かせない存在となっています。  しかし、ネット上では、「つまんない」「面白くない」「ディーンが棒すぎる」などと酷評が目立ちますね。この先の視聴率は、かなり危険なにおいがします。  それにしても、武井って、同作のような「正義感が強く、なぜか異常に強気な女」を演じる機会が多すぎる気が……。なんだか、この役どころが、武井のイメージを狭めているように思うんですよね。実際、前クールで悪女を演じた『黒革の手帖』(テレビ朝日系)までは、多少なりとも“つまらない女優”というイメージがあったと思うんですよ。せっかく『黒革の手帖』が高評価を得たのに、もったいないような……。  そんなこんなで、世間的にはなかなか厳しい評価を得てしまった『今からあなたを脅迫します』。マスコミが騒ぎ立てる“おディーン様人気”の化けの皮が剥がれてしまうかも!? 「日刊サイゾー」では、最終回まで元気にレビューしていきます。 (文=どらまっ子TAMOちゃん)

ディーン・フジオカ“一本調子演技”の衝撃!『今からあなたを脅迫します』に酷評の嵐

ディーン・フジオカ一本調子演技の衝撃!『今からあなたを脅迫します』に酷評の嵐の画像1
 音楽活動では「ライブ会場が中年女性ばかりで妙な雰囲気」ともっぱらの“おディーン様”ことディーン・フジオカと、いろんな意味で大注目の女優・武井咲がダブル主演を務める連続ドラマ『今からあなたを脅迫します』(日本テレビ系)が15日にスタート! 初回平均視聴率は8.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と微妙な結果となりました。  放送前から、妊娠中の武井を気遣う様子が週刊誌などに伝えられているおディーン様ですが、ポスター撮影時には、「おめでとうございます」と武井に白いバラの花束を贈ったんだとか。こういう30代にして石田純一的なところが、世のオバサマたちをメロメロにするんでしょうね。  ちなみに、筆者も武井同様に来春出産予定なのですが、絶賛つわり中なだけに(1日中、胸のムカつきと、ゲップが止まらない)、老婆心ながらどうしても武井の体調を心配してしまいます。武井はゲップに苦しんでいないかしら……? 妊娠中に繰り返しやすいカンジダに苦しんでいないかしら……? もし撮影中に痒くなっても、筆者のようにガリガリ掻く前に、病院に駆け込んでほしいものです。  というわけで、初回のあらすじを振り返ります。

劇団EXILEの人が、武井を好きになっちゃう禁断設定

 女子大生・澪(武井)の自宅アパートのポストに、差出人不明のDVDが。早速見てみると、脅迫屋の完二(ディーン)に監禁された佐藤(稲葉友)が、「僕たちがやった振り込め詐欺、この人が全部知ってる。だからきみに預けた金、全部もってきてくれ」と訴えかけている内容。しかし、澪ではなく、前にこの部屋に住んでいた菜緒子という女性に宛てたものでした。  ちなみに、澪は恋愛経験のない22歳。考え事をすると、思わず大量のおはぎを作ってしまうという癖を持つ不思議ちゃんのようです。  正義感の強い澪は、DVDと一緒に送られてきた完二の連絡先に電話。脅迫相手を間違えていることを伝えると同時に、完二が要求する600万円を「私が払います」「私、お金を無駄に持ってるんです」と申し入れ。しかし、肩代わりはさせてもらえず、完二に電話を切られてしまいます。  なお、澪がなぜ大金を持っているかというと、祖父から頻繁に数百万円の大金が送金されてくるから。しかし、送金の理由や、澪が頑なに手をつけない理由は、まだわかりません。  翌日、澪は、菜緒子が刃物で滅多刺しとなり、自宅で遺体として発見されたことをネットニュースで知り、動揺。そんな時、澪の前に完二が登場。佐藤を解放したことを伝えます。  澪が帰宅すると、隣人のカオル(鈴木伸之)が大きな荷物を部屋に入れられず、困っている様子。澪は手伝ってあげた上、大量に作ってしまったおはぎをプレゼント。カオルはすっかり澪にほの字のようです。そういえば、劇団EXILEの鈴木って、EXILE・TAKAHIROの後輩ですよね。上戸彩が、結婚後にHIROの後輩たちから「姐さん」と呼ばれているなんて報道がありましたが、武井も鈴木から「姐さん」と呼ばれてるのかしら?  まあ、そんなことはいいとして、完二が生粋の悪者かと言えばそうではないようで、今回の脅迫は、振込み詐欺で600万円を取られた老夫婦が、脅迫屋の完二に依頼したんだとか。しかし、金を持っていると思われる菜緒子が死んだため金を回収できず、客である老夫婦をがっかりさせてしまいます。

尻もちをつくおディーン様

 その後、佐藤は澪の元を訪れ、巻き込んでしまったことを謝罪。振り込め詐欺をしたのは、菜緒子がギャンブルで借金を作ったためで、菜緒子のことが好きだったから思わず自分も手伝ってしまったと明かし、涙を見せる佐藤。さらに、菜緒子を殺した犯人を殺すつもりだと言います。  佐藤に同情した澪は、菜緒子の借金3,000万円を肩代わりするから、復讐はやめるよう説得。しかし、佐藤はその申し出を受け流し、その場を立ち去ってしまいます。  澪がモヤモヤしながら家でおはぎを作っていると、家にずかずかと入ってくる完二。佐藤の連絡先を教えてほしいという澪に、完二は住所を100万円で売ると提案。澪から金を出し入れしているところを見ないでほしい言われながらも、覗き見してしまった完二は、その大金を見て尻もち! この尻もちって、台本でしょうか? なんか、現金見て尻もちつく演出って、ダサッ。  早速、3,000万円を持って佐藤の家を訪ねる澪。そこには、振り込め詐欺の元締めヤクザにボコられている佐藤が。澪も殺されそうになりますが、間一髪で完二とその仲間の盗み屋・目黒(三宅弘城)が到着。完二はケンカも強いようで、ヤクザに鉄槌が下されます。  完二たちに助けられた澪と佐藤は、横浜中華街にあると思しき完二のアジトへ。完二は、目黒が佐藤の自宅で発見したという血の付いた包丁を突き出し、「菜緒子を殺したのはあんただ」と追及。さらに、ギャンブルで借金を作ったり、振り込め詐欺を手伝わせていたのは、菜緒子ではなく佐藤だったといい、澪に近づいたのは、借金を肩代わりさせるためだったといいます。  結局、完二は佐藤から600万円を回収し、自分たちの取り分の10%を差し引いた540万円を老夫婦に返却。佐藤は、澪から「(殺人罪で)自首してください」と包丁を向けられたため、「自首する」と観念。最後におディーン様が歌うダサカッコイイ主題歌が流れ、初回は終了です。

ネット上では酷評祭

 おディーン様の演技が一本調子な上、喋り方も優しすぎるため、脅迫屋にしては迫力にかける気もしますが、日曜の夜に「明日、会社行きたくね~な~」とかつぶやきながらボンヤリと見るドラマとしては、わりといい感じのコメディドラマという印象。  また、完二の仲間の凄腕ハッカー役を演じる元AKB48・島崎遥香も、地味(特に衣装と化粧)な女子大生を演じている武井とは対照的なギャル風で、華を添える欠かせない存在となっています。  しかし、ネット上では、「つまんない」「面白くない」「ディーンが棒すぎる」などと酷評が目立ちますね。この先の視聴率は、かなり危険なにおいがします。  それにしても、武井って、同作のような「正義感が強く、なぜか異常に強気な女」を演じる機会が多すぎる気が……。なんだか、この役どころが、武井のイメージを狭めているように思うんですよね。実際、前クールで悪女を演じた『黒革の手帖』(テレビ朝日系)までは、多少なりとも“つまらない女優”というイメージがあったと思うんですよ。せっかく『黒革の手帖』が高評価を得たのに、もったいないような……。  そんなこんなで、世間的にはなかなか厳しい評価を得てしまった『今からあなたを脅迫します』。マスコミが騒ぎ立てる“おディーン様人気”の化けの皮が剥がれてしまうかも!? 「日刊サイゾー」では、最終回まで元気にレビューしていきます。 (文=どらまっ子TAMOちゃん)

『黒革の手帖』悪女役で新境地開拓! “リアル元子”武井咲は、結婚&妊娠でさらに化ける?

『黒革の手帖』悪女役で新境地開拓! リアル元子武井咲は結婚&妊娠でさらに化ける?の画像1
 突然の結婚、妊娠報道の渦中、大団円を迎えた『黒革の手帖』(テレビ朝日系)は、今の武井咲だからこそ演じられるピカレスクドラマの傑作だった。  松本清張の小説をドラマ化した本作は、銀行員の女性が政治家や財界の権力者の裏金を横領し、その金で銀座の一等地にクラブを構えるという悪女の成り上がり物語だ。  ヒロインの原口元子は、山本陽子や浅野ゆう子といった女優が演じてきた伝統ある役柄で、2004年には武井の先輩に当たるオスカープロモーションの米倉涼子が演じたことでも知られている。  本作に出演したことで、米倉は男に媚びない強い女というイメージを確立し、次々とテレ朝の連ドラに出演。やがて『ドクターX ~外科医・大門未知子~』で『相棒』の水谷豊と並ぶ、テレ朝にとってはなくてはならない看板スターとなった。  そんな『黒革の手帖』の新作を武井が演じるということは、オスカーやテレ朝が武井を米倉に続くスターに育てたいと思ってのことだろう。  歴代の元子を演じた女優陣と比べると武井は23歳と若く、顔立ちも線の細い美少女という感じだ。そのため、悪女を演じるには物足りないのではないかという下馬評が強かった。  しかし、第1話が終わった後で評価は一転。絶賛の嵐となった。  脚本を担当したのは映画『パッチギ!』や、連続テレビ小説『マッサン』の羽原大介。物語は原作小説を踏襲しているが、元子の設定は現代的なものへと脚色されていた。  本作の元子は、同じ銀行員でも派遣社員。昼は銀行で働きながら、夜は家の借金をホステスの仕事で返済してきたという境遇で、現代の貧困を体現するような弱者として登場した。  そんな元子が、コネ入社した女子社員のミスを肩代わりする形で、あっさりと派遣の契約を切られてしまう。理不尽な権力に、これでもかと追い詰められたところで反撃に出て、銀行から1億8,000万円を奪い取るという第1話には、カタルシスがあった。  普段は地味な格好で質素な暮らしをしている元子が、高価な着物を身にまとって傲慢な男たちを淡々と恫喝する姿は、スーパーヒロインのような格好良さで拍手喝采だった。  物語はその後、ドロドロの権力闘争となり、やがて元子が失脚した後に銀座のママとして返り咲くという展開になるのだが、武井の結婚&妊娠の騒動があったためか、戦いの果てに弱って憔悴していく元子と、武井の姿は、どこか重なって見えた。    武井を最初に意識したのは、野島伸司脚本のドラマ『GOLD』(フジテレビ系)だった。武井が演じたのは、天才スポーツ一家で幼少期から飛び込みの選手として鍛えられ、オリンピックに出場することを周囲から期待されていた少女だった。  幼くてかわいいというよりは、きれいだが危うさを抱えた大人びた美少女という佇まいで、張り詰めたような空気をまとっていてプールで見せる競泳水着の姿が美しく、周囲の期待と恋愛によって崩れていく思春期の危うさを見事に演じていた。  月9ドラマ『大切なことはすべて君が教えてくれた』(同)でも、三浦春馬が演じる高校教師を振り回す女子高生を好演していた。この時期の武井は、思春期の美少女が持つ危うさを演じさせると右に出る者がいなかった。  この2作に出演できたことは、若手女優として幸運なスタートだったといえる。ただ、出演作が多く、作品自体に当たり外れが多かったこともあってか、女優としては安く見られていた。  剛力彩芽もそうだが、オスカーは新人女優を次から次へとドラマに出演させる。そのためネットでは、ゴリ押しというイメージが先行していた。だが、武井はさまざまな作品に出演することでコメディや時代劇など幅広く演じるようになり、近年は安定感のある演技を見せるようになっていた。  そんな中、『黒革の手帖』での悪女役は、武井にとっても新境地だった。  EXILEのTAKAHIROとの結婚&妊娠の報道を知った時は驚いたが、「早めに出産したい」と語っていたので、有言実行という感じなのだろう。  同時に、今の若い子らしい選択とも思った。芸能界に限らないが、武井のような今の20代は、上の世代が結婚に躊躇しているうちに晩婚化、未婚化している姿を見てきた世代だ。  だから、自分たちのライフプランに関しては、かなり自覚的なのだろう。そういうクールに自分の人生を見ているような覚めた視線があるからこそ、シリアスな美少女からコミカルなコメディエンヌまで幅広く演じることができたのだ。  まさに、元子のような計算高さと大胆さを兼ね備えた女優だといえる。    おそらくテレ朝サイドとしては10年くらいのスパンで同じような役を演じてもらい、30歳ぐらいをめどに、米倉のようなテレ朝ドラマを代表するような大人の看板女優となってほしいと考えているのだろう。その期待に、武井は『黒革の手帖』で見事に応えたと思う。    出産後に、彼女がどういう距離感で女優業を続けていくのかわからない。だが、今回の結婚&妊娠は、女優として間違いなくプラスになるはずだ。 (文=成馬零一) ●なりま・れいいち 1976年生まれ。ライター、ドラマ評論家。ドラマ評を中心に雑誌、ウェブ等で幅広く執筆。単著に『TVドラマは、ジャニーズものだけ見ろ!』(宝島社新書)、『キャラクタードラマの誕生:テレビドラマを更新する6人の脚本家』(河出書房新社)がある。 ◆「女優の花道」過去記事はこちらから◆

最高視聴率記録で有終の美! 元子のラストスマイルの意味は?『黒革の手帖』最終話

最高視聴率記録で有終の美! 元子のラストスマイルの意味は?『黒革の手帖』最終話の画像1
テレビ朝日系『黒革の手帖』番組公式サイトより
 武井咲が銀座を舞台に暗躍する悪女を演じるドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)の最終話が14日に放送され、これまでで最高となる平均視聴率13.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。有終の美を飾りました。  さて、これまでのあらすじを少し。銀座で1番のクラブ・ルダンを購入するため、売り主である政財界のドン・長谷川庄治(伊東四朗)と交渉した原口元子(武井咲)。売値3億円はすぐに手に入るとタカをくくっていたのですが、長谷川の策略により用意することができませんでした。そのため違約金5千万円だけでなく自身が所有するクラブ・カルネを奪われてしまうことに。さらに、銀行員時代に脱税者の個人情報をメモした“黒革の手帖”まで何者かに盗まれてしまったのです。  おまけに、密かに身ごもっていた衆議院議員・安島富夫(江口洋介)の子供まで事故で亡くしてしまい、途方に暮れる元子。残された道は、長谷川に直談判してカルネを返してもらうしかない。そう決意したところに安島が現れ、「これを持っていれば会長(長谷川)は会ってくれる」と茶封筒を手渡されたのでした。その中身を確認した元子は何やら急速に自信を取り戻し、そこで前回は終了となりました。  茶封筒の中身は一体何だったのか。その謎は今回の序盤ですぐに明らかとなります。長谷川は、懇意にしている建設会社に羽田空港の滑走路拡張工事を請け負わせるため、都知事の政治団体に口利き料として1億円の献金をした過去があるのですが、茶封筒にはその時の領収書が入っていたのです。つまりそれは、長谷川にとって贈収賄罪の証拠となる爆弾なわけです。元子はこれを脅しのネタにして、カルネと黒革の手帖を取り返すことに成功します。  しかし、それだけでは満足できない元子は、ルダンも譲ってくれと迫ります。これを泣く泣く承諾する長谷川ですが、譲渡契約書にサインをしている途中、心臓発作を起こして突然死してしまうのです。一瞬慌てる元子ですが、すぐに冷静さを取り戻し、安島に連絡。駆けつけた安島に警察への対応を任せ、その場から逃げ去ります。  安島がうまく立ち回ってくれたお陰で害は及ばず。ホッとする元子ですが、そこへ魔の手が。マンションを訪ねてきた中岡市子(高畑淳子)にこっそり黒革の手帖と1億円の領収証を盗まれてしまい、警察にタレ込まれてしまったのです。  実は、羽田空港の滑走路拡張工事の件は、安島も議員秘書時代に関わっていたんですね。そのため、安島は堂林京子(江口のりこ)との結婚披露宴の場で東京地検特捜部に連行されることに。そして元子にも捜査が及ぶのですが、元子はなぜか刑事たちに向かって勝ち誇ったような笑みを浮かべ、そこでドラマは終了となったのでした。  さて、感想ですが、今回はやはり元子の最後の笑みが気になりました。何も考えずに観ていれば、「また黒革の手帖を盗まれて警察に捕まってバカだな、因果応報だな」ともとれます。しかし見方を変えれば、たとえ市子に盗まれなくても元子は自分で警察に1億円の領収書を届けたのではないかとも思えるのです。なぜなら、それによって安島の結婚が破談になり、初回から密かに恋心を抱いていた“本当に欲しいもの”である安島を手に入れることができるから。自分の元に警察が来たということは、安島にも手が及んだ。それを確信した上でのラストスマイルだったのではないか、とも思えました。  それともう1つ気になったのは、安島も連行された際に微笑んだこと。“あいつやりやがったな”という意味だったのかもしれませんし、あるいは計算通りだったのかもしれません。なぜなら、京子との政略結婚は長谷川の圧力があったからで、安島にとっては本意ではなかった。心は元子に移っていた。そこへ、思いもよらない長谷川の死。安島にとって足枷が無くなったわけです。羽田空港の件に関しても、安島が議員秘書をしていた時の話ですから直接的に罪に問われることはないでしょう。これまで欲しいものは何がなんでも手に入れてきた元子ですが、安島も同じタイプの人間だった。そんな2人がこの先、結ばれる。そう予感させるように仕向けた終わり方だったのかもしれません。  今回で最終回ということですが、これまで何度も映像化されてきた作品ながら、脇役たちがそれぞれ個性を発揮したことで毎回飽きることなく観ることができました。また、武井に関しては、原作の主人公が30代前半ということもあり、「銀座のママ役を務めるには力不足」と、放送前はあまり期待されていませんでした。しかし、抑えた演技と目力の強さで見事に悪女役をこなし、下馬評を覆すことに成功したのではないでしょうか。先日、EXILE・TAKAHIROとのデキ婚を発表し、今後は産休のためにブランクが空いてしまうかもしれませんが、復帰後の活躍に期待したいところです。 (文=大羽鴨乃)

謎の受賞続々……武井咲のデキ婚で、藤田ニコルが「ポスト河北麻友子」に昇格!?

謎の授賞続々……武井咲のデキ婚で、藤田ニコルが「ポスト河北麻友子」に昇格!?の画像1
「いやあ、まさか選ばれると思ってなかったのでうれしいです。車の免許持ってないんですけれど、取りたいなと思います」  こう言って困惑したのは、9月7日に都内で行われた「日本ベスト・カー・フレンド賞」の授賞式に出席したモデルの藤田ニコルだ。同賞は「くるまマイスター検定」を主催する日本マイスター検定協会が設立。藤田は「クルマ文化の醸成に貢献していると思われる人」として、武井壮、橋本マナミと共に選出された。 「免許すら持っていない藤田が選ばれたことに、ネット上でも『謎』『無謀すぎ』と、納得がいかない人たちのコメントが噴出しています。プレゼンターのテリー伊藤によれば『カラフルな車が似合う若い女性』というのが選考理由のようですが、これまた藤田は、カラフルとは真逆の全身黒の衣装で登場していましたから、取材陣も苦笑いしていましたよ。しかも、普通なら『これから免許取ります』くらいは言いそうですが、『今19なんで、22までに』と濁し、まったく取る気がなさそうでしたね(笑)」(マスコミ関係者)  藤田の所属するオスカープロモーションといえば、所属タレントが次々と“謎の賞”を受賞することでも有名。過去には上戸彩が「納豆クイーン」、菊川怜が「ベスト・ヘア賞」、米倉涼子が「COTTON USAアワード」、剛力彩芽が「ベストレザーニスト」と、まったくイメージとマッチしないタイトルを戴冠している。  そして近年、この伝統を一手に引き受けていたのが、河北麻友子だった。昨年は「日本メガネベストドレッサー賞」「クリスマスジュエリープリンセス賞」「ネイルクイーン」、そして今年は「歯が命アワード2017」を受賞している。 「先ごろ武井咲のデキ婚が発表されましたが、彼女の仕事は3年先まで決まっていたそうです。休養中の代役として、女優の仕事はおそらく河北が埋めることになるでしょう。そして、河北の代役として、藤田が“謎の賞”担当になりそうですね」(業界関係者)  もっとも「2017上半期タレント番組出演本数ランキング」(ニホンモニター)女性タレント部門第10位と超売れっ子の藤田だけに、どんな賞でも受賞すれば話題になることは確実。謎の受賞も、タレントパワーの証しということだろう。

武井咲の妊娠&強行突破婚 日テレ、フジのドラマに大きな影響を及ぼしそうな気配漂う

武井咲の妊娠&強行突破婚 日テレ、フジのドラマに大きな影響を及ぼしそうな気配漂うの画像1
 女優・武井咲がEXILE・TAKAHIROと電撃デキ婚したことが、波紋を広げている。武井が出演する10社のCMに関しては違約金が発生する可能性もあり、今後所属事務所オスカープロモーションと契約企業側で調整されることになるが、さしあたって影響を及ぼしそうなのが、ドラマ出演が決まっていたテレビ局との協議だ。  現在、武井はテレビ朝日系で放送されている『黒革の手帖』で主演を務め、初の“悪女役”に挑戦している。こちらはすでに終盤にさしかかっており、影響は出ないだろうが、問題はその後。引き続き、10月期にはディーン・フジオカとのW主演で日本テレビ系の連続ドラマ『今からあなたを脅迫します』に出演する。日テレ側は武井の妊娠、結婚に関して、「脚本や演出の変更はない」と明言しているが、そう簡単に事が運ぶわけでもないだろう。  結婚はともかく、妊娠中であるため、撮影中に体形が変化してしまうのは必至。従って、日テレとしては、武井のおなかが出てくる前に撮了しなければならなくなったのだ。そうなると、当初の予定を前倒してタイトなスケジュールを組まなければならない。これが武井一人の問題で済めばいいが、そうもいかない。共演者のスケジュールも変えてもらわざるを得ないのだ。 「NHK朝ドラ『あさが来た』でブレークしたディーンにとって、今作は初の連ドラ主演で気合が入っていたはずです。ところが、今回の件で武井ばかりに注目が集まってしまいました。ディーンの所属事務所はアミューズですが、撮影スケジュールがタイトになり、武井の都合や体調を考慮しなければならなくなったことにカリカリしていると聞きます」(スポーツ紙記者)  もっと深刻なのは、来年1月期に武井がヒロインとして出演予定のフジテレビ系『フラジャイル』シーズン2だ。TOKIO・長瀬智也主演の同ドラマは16年1月期に放送され、平均視聴率は9.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。第9話と最終回(第10話)は2ケタを突破して、続編が期待されていた作品だ。 「日テレの『今からあなたを脅迫します』の撮影を終えてからとなると、武井のおなかはかなり大きくなってしまいますから、降板しか道はありません。それを回避するとなると、『今からあなたを脅迫します』と、ほぼ同時進行で撮影するしかない。しかし、さすがにそれは難しいでしょう。主演の長瀬はジャニーズ事務所の所属ですから、モメるのは必至。新作ではなく続編のため、ヒロインが別の女優に変わると違和感も出てしまいますし、クリアしないといけない問題が山積みです」(同) 「25歳まで恋愛禁止」の掟を破っての強行突破婚であるだけに、業界内ではあまり“おめでたムード”が感じられないのは事実。とはいえ、今後の『黒革の手帖』及び次クールの『今からあなたを脅迫します』が注目を集めるのは間違いない。そうなれば、“低視聴率女優”のイメージから脱却して産休に入れるかもしれないが、なんとも皮肉な話だ。 (文=田中七男)

「ペロペロ舐めて」悪女・元子に屈辱の展開も、武井咲の“デキ婚報道”が脳裏にチラつく『黒革の手帖』第7話

「ペロペロ舐めて」悪女・元子に屈辱の展開も、武井咲のデキ婚報道が脳裏にチラつく『黒革の手帖』第7話の画像1
テレビ朝日系『黒革の手帖』番組公式サイトより
 EXILE・TAKAHIROとのデキ婚を発表し世間を賑わせている武井咲が、銀座を舞台に暗躍する悪女役を演じるドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)の第7話が7日に放送され、平均視聴率11.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前回から1.7ポイント上昇しました。  さて、これまでのあらすじを少し。東林銀行で派遣社員として働いていた原口元子(武井咲)は、“黒革の手帖”に脱税者の情報を記し、税務署に密告すると脅して次長・村井亨(滝藤賢一)ら上司の口を封じ、1億8千万円を横領。それを資金に銀座でクラブ・カルネを開業し、“銀座で1番若いママ”として注目される存在となります。  勢いに乗る元子は前回、銀座で1番のクラブ・ルダンを購入するため、売り主・長谷川庄治(伊東四朗)と交渉。売値3億円に対して手付金が5,000万円、2週間以内に残金を支払えない場合、1億円の違約金&カルネの譲渡、というシビアな条件を呑んでしまうのです。  黒革の手帖を脅しのネタに、有力者から金を奪い取ればいい。そうタカをくくっていた元子ですが、裏社会に繋がりを持つ長谷川の根回しにより、あてにしていた資金はまったく手に入らず。肝心の黒革の手帖まで何者かに盗まれてしまいます。焦った元子はカルネの常連客で衆議院議員の安島富夫(江口洋介)に泣きつき、なんとか手付金だけの損失で済むように取り計らってもらいます。  カルネを手放さずに済んだと安心した元子ですが、営業前のミーティング中に村井が登場。カルネ譲渡の契約は破棄されず、新たに支配人に就いたというのです。さらに、第3話で自分の店を持つという夢を元子に潰され、強い恨みを抱く山田波子(仲里依紗)が新しいママとして登場したところで前回は終了となりました。  今回はその続きからスタート。元子への復讐心に燃える村井と波子は、ここぞとばかりに嫌がらせをします。特に波子は、「この店にいたかったらこの靴を舐めて。ペロペロ舐めて」と命じ、元子が靴を舐めようとした途端、「時間切れ」と意地の悪い顔をして見せ、キャストたちの前で元子に最大限の屈辱を与えるのです。  窮地に陥ってしまった元子ですが、さらに追い打ちをかけるように妊娠したことが発覚。心当たりは安島しかいません。その安島に妊娠の件は伏せつつ、カルネの件を相談。弁護士を紹介してもらいます。  しかし、裏社会で絶大な力をもつ長谷川を敵に回すことを恐れた弁護士は、元子の依頼を拒否。元子は途方に暮れてしまいます。そして、街中をぼんやりと歩いているところを警察に不審がられ職質を受けるのですが、横領の件で警察に対して過敏になっているために反射的に逃走。その途中で階段を転げ落ち、流産してしまうのです。  もはや残された道は長谷川への直談判しかない。そう決心した元子の前に安島が現れ、「これを持っていれば会長(長谷川)は会ってくれる」と茶封筒を手渡すのですが、その中身を見た瞬間、元子は心の中で「手帖に代わる切り札になる!」と快哉を叫びます。  そして画面が切り替わり、着物姿の元子が堂々とルダンの店内に入り、店員に向かって「近々、このルダンのママになる原口元子と申します」と自信たっぷりの表情で言い放ったところで今回は終了となりました。  さて、感想ですが、やはり触れざるをえないのは、主役を務める武井のデキ婚でしょう。ただでさえ注目を集める中、まるで狙ったかのようにドラマ内でも妊娠。しかも、警察から全力で逃走したあとに階段から転げ落ちて流産というシーンがあったため、「妊婦にそんな演技をやらせていいのか」とドラマに集中できなかった視聴者は少なくなかったかもしれません。  それと今回、元子が派遣ホステス時代に働いていたクラブのママ・岩村叡子(真矢ミキ)にカルネ譲渡の件を相談した際、「ルールを破った女に居場所はない。元々あなたは銀座に合わない女だった」と痛烈な言葉を浴びせられる場面がありました。これに対して元子は「諦めません。私はこれからもこの銀座で生きていく」と返すのですが、このシーンについても“銀座”を“芸能界”に置き換えれば今の武井の状況にぴったりだな、なんて余計なことを考えてしまいドラマに集中できませんでした。  結婚も妊娠も武井の人生ですからとやかくは言えませんが、今回のドラマでせっかく悪女役に開眼しただけにもったいないな、というのが率直な意見です。また、前回から復讐の鬼と化して再登場した村井や波子も絶妙なキャラを発揮して盛り上げているだけに、せめてデキ婚発表はドラマ終了後にすれば良かったのではとも思ってしまいます。  なにはともあれ次回で最終回。安島から手渡された茶封筒には一体何が入っていたのか、元子の運命やいかに。あっと驚く展開&結末を期待して放送を待ちたいと思います。 (文=大羽鴨乃)

EXILE・TAKAHIROと武井咲の結婚妊娠を「祝福できない」広告業界関係者が“ママタレ転向”の可能性を探る

EXILE・TAKAHIROと武井咲の結婚妊娠を「祝福できない」広告業界関係者がママタレ転向の可能性を探るの画像1
 女優の武井咲(23)とEXILE・TAKAHIRO(32)の“デキ婚”が伝えられた。武井は現在妊娠3カ月で、来春にはママになるというが、あまりに突然のことで、広告代理店の関係者は口々に「かなりの緊急事態」だと漏らす。 「結婚はおめでたいけど、妊娠は正直、我々にとっておめでたくない話」 「こういう前例を作ると、武井さんの所属事務所の管理能力にも疑問符がつく」  広告業界からこんな話が上がるのも無理はない。武井は現在10社のCMに出演中で、本業の女優としても先々まで予定が入っていたことから、スケジュールの見直しは避けられない。  CM契約ではエスエス製薬のPR商品「アレジオン」が、妊娠・授乳中の服用は避けるよう注意書きがあることから、「契約違反」に当たるという見方もある。    ただ、話を聞いた広告代理店の関係者のひとりは「こうなった以上、タレントの将来を考えるべき。武井のママタレ路線も考えたほうがいい」と話す。 「事務所のイチ押し女優でしたけど、今後はほかの女優をプッシュするでしょう。そうなると、武井さんには今までみたいに主演のオファーはなかなか来なくなるので、ママタレ路線を模索するのもアリなのでは? 我々も、そのほうが広告仕事を取りやすい」(同)  武井はもともと結婚願望が強く、ママタレ路線にも抵抗はなさそうだ。一部メディアで昨年、将来の夢について聞かれ、「家庭を持つこと」と断言。母親が出産した22歳での結婚を望んでいたほどで「いい出会いがあれば、すぐに結婚したい」「さっさと落ち着いたほうが仕事にも趣味にも没頭できる」とも言っていた。そのせいか、武井を何度も直接取材している芸能記者によると「彼女は若いのに、家庭的な面が目立った」という。 「例えば料理は外食よりも自分で料理することが多いといい、美容に気を使ったヘルシーメニューも、かなりバリエーションがあるということでした。ヘタに清純派女優にしがみつくより、そっちにシフトしたほうがいいですよ」(同)  ママになってからバラエティ番組出演を増やし、人気が上昇した木村佳乃の例もある。CM女王でもある人気女優の武井が、結婚を機に大きく路線変更をするのかその将来にも注目が集まる。 (文=片岡亮/NEWSIDER)

EXILE・TAKAHIROと無事ゴールイン! 「大家族志向」の武井咲は“第2の堀北真希”になるのか

takei0904.jpg
 寿引退も……? EXILEのボーカル・TAKAHIROと女優の武井咲が電撃結婚した。大安の1日に婚姻届を提出。武井は現在妊娠3カ月という。  ワイドショーや御用新聞は、ここぞとばかりにヨイショを連発しているが、2人の結婚はハッキリ言って、所属事務所に対する造反だ。  2人の交際が初めて報じられたのは、2015年4月。武井の自宅に通うTAKAHIROの姿がキャッチされたが、盛り上がる前に双方の事務所が交際を否定。武井の所属事務所・オスカープロモーションに至っては、オフレコで「お騒がせしてすいません。けど、もう別れましたから! 終わってますから!」とマスコミに吹聴していた。  ところが、1年後の16年4月に再び2人の熱愛現場が報じられた。武井といえば、デビュー前はヤンチャで有名。事務所幹部の“小言”には聞く耳を持たず、TAKAHIROとの関係を続けていたようだ。 「これには、さすがの事務所も折れて『バレないようにしろ』『仕事に支障を来すな』という条件のもと、交際を容認したといわれる」とは事情を知る関係者。  にもかかわらず、武井は仕事に支障が出まくる“デキ婚”を選択。スポーツ紙デスクは「武井クラスとなると、ある意味、妊娠するしか結婚を強行することはできない。デキ婚は確信犯でしょう」と話す。  すべては武井の計算通り。現在放送中の『黒革の手帖』(テレビ朝日系)のほか、10月クールの連ドラ『今からあなたを脅迫します』(日本テレビ系)には出演する見込みだが、来年以降は出産、育休に突入する。 「彼女が23歳で結婚を決めたのは、子どもをたくさん作りたいため。第1子を産んだら、間髪入れず、第2子、第3子といきたいようです。大家族を作ることが彼女の夢ですから、生涯安泰なTAKAHIROさんを射止めたことで、芸能界には未練がないのかもしれません」(武井をよく知る人物)  結婚→妊娠で芸能界引退したケースでいえば、堀北真希が記憶に新しい。武井も“第2の堀北”になる可能性は十分だ。

幸せなのは2人だけ!? 武井咲とTAKAHIRO“強行突破婚”の代償

幸せなのは2人だけ!? 武井咲とTAKAHIRO強行突破婚の代償の画像1
 本当におめでたいの? EXILEのボーカル・TAKAHIROと女優の武井咲が電撃結婚した。大安の1日に婚姻届を提出。武井は妊娠3カ月で、来春にも出産予定という。  久しぶりのビッグカップル誕生に芸能界も沸いているが、果たして全員がハッピーな結婚なのか?  TAKAHIROは言うまでもなく、EXILEで1、2を争う人気メンバー。福山雅治がそうであったように、ファン離れは避けられない。芸能プロ関係者の中には「これでEXILEは厳しくなるかも……」といった声も。  武井の場合は、さらに深刻だ。現在、テレビ朝日系『黒革の手帖』で主演を務めているが、本来ならば放送終了後に発表するのが筋。 「中途半端にこのタイミングで妊娠がわかると、ドラマのイメージに影響を及ぼしますからね。ただでさえ、彼女は着物姿の多い役。妊娠中となれば、その衣装ひとつ取っても『おなかに子どもがいるのに締め付けるのはどうか?』といった声が出るでしょう」(スポーツ紙記者)  武井は10月スタートの連ドラ『今からあなたを脅迫します』(日本テレビ系)にも主演予定。同作は、俳優ディーン・フジオカの「民放初主演」がウリだったが、W主演の相方、武井の結婚によって、その話題性はかすんでしまった。  武井は出演の意志を見せているものの、クランクインはこれから。 「来春出産予定ですから、ドラマの終盤はおなかがどうしても大きくなってくる。ほかの出演者も気を使うし、台本も激しい動きをなくしたり、差し替える部分が出てくるだろう」(テレビ関係者)。  来年1月クールのドラマも出演予定だったが、こちらは「すでに降板を見越して、代役探しが始まっている」(同)という。  飛び交う祝福の声を横目に、TAKAHIROと武井の所属事務所の関係者はテレビ各局やCMクライアントに「すみません……」と頭を下げながら、事情説明に奔走しているという。案の定、ここにきて10億円にも及ぶ違約金が発生するといった報道もされている。幸せなのは2人だけで、周囲は大わらわなようだ。