長瀬智也がインスタ削除、あゆが女豹で悩殺、坂口杏里に飛田疑惑、TOMORO容疑者の交友芸能人……週末芸能ニュース雑話

■TOKIO・長瀬智也のインスタグラムが消滅

デスクT 浜崎あゆみがインスタグラムで“女豹のポーズ”しながら「はけ口係はごめんだわ」って投稿してるよ! 一体、どうしちゃったの!?

記者H どうやら、2015年にリリースしたアルバムの収録曲「WARNING」の歌詞のようですね。ここだけ抜粋されると、ギョッとしますね……。

デスクT ああ、一座がウネウネ動いてるMVの曲か……。

記者H あゆは7日にも、インスタグラムに下乳を露わにしたセクシーショットを投稿。18年もセクシーアピールが止まりません!

デスクT 6日には「選択肢はふたつのみ。立ち止まるか、突き進むか」って投稿してるし、歌手デビュー20周年イヤーの今年もこのまま進むっきゃナイ!

記者H あゆといえば、元彼のTOKIO・長瀬智也のものとおぼしきインスタグラムアカウントが、12日までに削除されてしまったようです。

デスクT どういうこと? そもそもジャニタレってSNS禁止じゃなかったっけ?

記者H 長瀬のものとおぼしき個人アカウント「@t0m11o7」は、ファンの間では有名だった模様。しかし、11日に一部ネットニュースがこれを報じた直後、アカウントが消滅。長瀬の姿がばっちり映っていたほか、全公開だったために、てっきりジャニーズ事務所も黙認しているものだと思っていたのですが……。

デスクT ログ見ると、趣味のバイクとバンド関連の写真ばかりだね。これは男臭くて好感度上がるわ~。

記者H 長瀬は以前から“作ってはバレては消す”というイタチごっこを繰り返しているようですから、すでに新しいアカウントを作っているかもしれません。

デスクT 昨年の主演ドラマ『ごめん、愛してる』(TBS系)の番組公式インスタグラムは主演俳優がまったく出てこないヘンテコぶりだったのに、「プライベートではやってたんかい!」って感じよね。

記者H ただ、今年はジャニーズ事務所の“ネット解禁イヤー”になるのではないかとのウワサも。SNS解禁はともかく、ジャニタレ写真が「Yahoo!ニュース」に掲載される日も近いのでは?

デスクT サイゾーはずっと載せてるけどね。ってことは、ジャニタレ主演作の制作発表で、「ジャニタレあり」と「ジャニタレなし」の2バージョン撮影させられるときの、あの会見場に漂う珍妙な空気がなくなるってこと? 共演のベテラン俳優が迷惑そうな顔してるの、好きだったのに……。

■TOMORO容疑者のSNSに芸能人多数

記者H 「ウルトラ平成バブル男」の触れ込みで『サンデー・ジャポン』(TBS系)など数々のメディアに出演していたヒルズ族でタレントのTOMOROこと向井朋郎容疑者ら6人が9日、恐喝未遂と強要の疑いで逮捕されました。昨年7月、飲食店経営者の知人男性に因縁をつけ、現金1,200万円を脅し取ろうとした疑い。警視庁は向井容疑者を主犯とみて調べを進めています。

デスクT TOMOROって、ネットに有名人と写ってるプライベート写真あげまくってたから、一緒に写っちゃった有名人たちは今ごろどんよりしてるだろうね。

記者H “六本木のカリスマ”を自称していたTOMOROは、ブログやSNSで有名人との交友関係を自慢していました。元巨人軍監督の原辰徳氏やサッカーの本田圭佑をはじめ、avexの松浦勝人社長、内田裕也、w-inds.の橘慶太、竹内力、塩谷瞬、山田親太朗、マーク・パンサー、ピーター、アントニオ猪木……と、枚挙に暇がありません。

デスクT 後半の有名人のラインナップが香ばしいね。最近は、たびたびアートディレクターの秋山具義氏と食事に行ったことを報告してるけど、秋山氏って昨年、元所属事務所と激揉め中の元NMB48の渡辺美優紀と元モーニング娘。の加護亜依を引き合わせてた人物だよね(関連記事 http://www.cyzo.com/2017/08/post_34057.html)。納得~。

記者H TOMOROは今年公開予定の映画『再恋』に出演しており、公開が危ぶまれています。なお、同作には劇団EXILEの秋山真太郎や、カラテカの矢部太郎などが出演しています。

デスクT 14年には、ラッパーとしてMay J.とのコラボ曲「PARTY OUT feat. May J.」を発表してるんだね。有名人を大勢、巻き込んでんなあ……。

記者H TOMOROは容疑を否認しているようですから、とりあえず捜査の進展を見守りましょう。

■坂口杏里が飛田の嬢に!?

デスクT 坂口杏里ちゃんが、もう1カ月以上もSNSを更新してないよ~。心配だよう。

記者H 昨年9月に芸能界引退を発表し、「キャバ嬢として頑張ってやっていきたいです。そのうち素敵な人があらわれて、結婚もしたいと思ってます」と綴っていた坂口ですが、頻繁に出勤時間を報告していたインスタグラムが1カ月以上前にストップ。一方、Twitterでは、先月30日から今月1日にかけて複数のアカウントに対し「杏里です!」「坂口杏里です」といった不可解なリプを送りまくっていました。

デスクT 昨年8月に渋谷駅前のキャバクラ店で働くって報告してたけど、辞めちゃったのかなあ?

記者H 前に在籍していた六本木のクラブも店とトラブルを起こし辞めていますし、先月8日のインスタでの出勤報告が不自然に消されていますから、また何かあったのかもしれません。ちなみに、大阪の花街・飛田新地の嬢とおぼしき女性のTwitterには「年末に飛田で坂口杏里が座ってたけどめちゃ愛想なかった」とのタレコミが。もしこれが本当なら、関西方面に移住した可能性が。

デスクT そうなると、AV復帰も近いかもね! デビュー作『芸能人ANRI What a day‼︎』(MUTEKI)は予約だけで3万枚突破したって話だし、なんだかんだ言って世間はみんな杏里ちゃんの話題が大好きじゃないか!

記者H そうですね。再びメディアで見られる日を心待ちにしましょう。

長瀬智也がインスタ削除、あゆが女豹で悩殺、坂口杏里に飛田疑惑、TOMORO容疑者の交友芸能人……週末芸能ニュース雑話

■TOKIO・長瀬智也のインスタグラムが消滅

デスクT 浜崎あゆみがインスタグラムで“女豹のポーズ”しながら「はけ口係はごめんだわ」って投稿してるよ! 一体、どうしちゃったの!?

記者H どうやら、2015年にリリースしたアルバムの収録曲「WARNING」の歌詞のようですね。ここだけ抜粋されると、ギョッとしますね……。

デスクT ああ、一座がウネウネ動いてるMVの曲か……。

記者H あゆは7日にも、インスタグラムに下乳を露わにしたセクシーショットを投稿。18年もセクシーアピールが止まりません!

デスクT 6日には「選択肢はふたつのみ。立ち止まるか、突き進むか」って投稿してるし、歌手デビュー20周年イヤーの今年もこのまま進むっきゃナイ!

記者H あゆといえば、元彼のTOKIO・長瀬智也のものとおぼしきインスタグラムアカウントが、12日までに削除されてしまったようです。

デスクT どういうこと? そもそもジャニタレってSNS禁止じゃなかったっけ?

記者H 長瀬のものとおぼしき個人アカウント「@t0m11o7」は、ファンの間では有名だった模様。しかし、11日に一部ネットニュースがこれを報じた直後、アカウントが消滅。長瀬の姿がばっちり映っていたほか、全公開だったために、てっきりジャニーズ事務所も黙認しているものだと思っていたのですが……。

デスクT ログ見ると、趣味のバイクとバンド関連の写真ばかりだね。これは男臭くて好感度上がるわ~。

記者H 長瀬は以前から“作ってはバレては消す”というイタチごっこを繰り返しているようですから、すでに新しいアカウントを作っているかもしれません。

デスクT 昨年の主演ドラマ『ごめん、愛してる』(TBS系)の番組公式インスタグラムは主演俳優がまったく出てこないヘンテコぶりだったのに、「プライベートではやってたんかい!」って感じよね。

記者H ただ、今年はジャニーズ事務所の“ネット解禁イヤー”になるのではないかとのウワサも。SNS解禁はともかく、ジャニタレ写真が「Yahoo!ニュース」に掲載される日も近いのでは?

デスクT サイゾーはずっと載せてるけどね。ってことは、ジャニタレ主演作の制作発表で、「ジャニタレあり」と「ジャニタレなし」の2バージョン撮影させられるときの、あの会見場に漂う珍妙な空気がなくなるってこと? 共演のベテラン俳優が迷惑そうな顔してるの、好きだったのに……。

■TOMORO容疑者のSNSに芸能人多数

記者H 「ウルトラ平成バブル男」の触れ込みで『サンデー・ジャポン』(TBS系)など数々のメディアに出演していたヒルズ族でタレントのTOMOROこと向井朋郎容疑者ら6人が9日、恐喝未遂と強要の疑いで逮捕されました。昨年7月、飲食店経営者の知人男性に因縁をつけ、現金1,200万円を脅し取ろうとした疑い。警視庁は向井容疑者を主犯とみて調べを進めています。

デスクT TOMOROって、ネットに有名人と写ってるプライベート写真あげまくってたから、一緒に写っちゃった有名人たちは今ごろどんよりしてるだろうね。

記者H “六本木のカリスマ”を自称していたTOMOROは、ブログやSNSで有名人との交友関係を自慢していました。元巨人軍監督の原辰徳氏やサッカーの本田圭佑をはじめ、avexの松浦勝人社長、内田裕也、w-inds.の橘慶太、竹内力、塩谷瞬、山田親太朗、マーク・パンサー、ピーター、アントニオ猪木……と、枚挙に暇がありません。

デスクT 後半の有名人のラインナップが香ばしいね。最近は、たびたびアートディレクターの秋山具義氏と食事に行ったことを報告してるけど、秋山氏って昨年、元所属事務所と激揉め中の元NMB48の渡辺美優紀と元モーニング娘。の加護亜依を引き合わせてた人物だよね(関連記事 http://www.cyzo.com/2017/08/post_34057.html)。納得~。

記者H TOMOROは今年公開予定の映画『再恋』に出演しており、公開が危ぶまれています。なお、同作には劇団EXILEの秋山真太郎や、カラテカの矢部太郎などが出演しています。

デスクT 14年には、ラッパーとしてMay J.とのコラボ曲「PARTY OUT feat. May J.」を発表してるんだね。有名人を大勢、巻き込んでんなあ……。

記者H TOMOROは容疑を否認しているようですから、とりあえず捜査の進展を見守りましょう。

■坂口杏里が飛田の嬢に!?

デスクT 坂口杏里ちゃんが、もう1カ月以上もSNSを更新してないよ~。心配だよう。

記者H 昨年9月に芸能界引退を発表し、「キャバ嬢として頑張ってやっていきたいです。そのうち素敵な人があらわれて、結婚もしたいと思ってます」と綴っていた坂口ですが、頻繁に出勤時間を報告していたインスタグラムが1カ月以上前にストップ。一方、Twitterでは、先月30日から今月1日にかけて複数のアカウントに対し「杏里です!」「坂口杏里です」といった不可解なリプを送りまくっていました。

デスクT 昨年8月に渋谷駅前のキャバクラ店で働くって報告してたけど、辞めちゃったのかなあ?

記者H 前に在籍していた六本木のクラブも店とトラブルを起こし辞めていますし、先月8日のインスタでの出勤報告が不自然に消されていますから、また何かあったのかもしれません。ちなみに、大阪の花街・飛田新地の嬢とおぼしき女性のTwitterには「年末に飛田で坂口杏里が座ってたけどめちゃ愛想なかった」とのタレコミが。もしこれが本当なら、関西方面に移住した可能性が。

デスクT そうなると、AV復帰も近いかもね! デビュー作『芸能人ANRI What a day‼︎』(MUTEKI)は予約だけで3万枚突破したって話だし、なんだかんだ言って世間はみんな杏里ちゃんの話題が大好きじゃないか!

記者H そうですね。再びメディアで見られる日を心待ちにしましょう。

TOKIO・長瀬智也“視聴率1ケタ男”の汚名返上ならず? 主演ドラマ『ごめん、愛してる』2ケタ到達は絶望的

TOKIO・長瀬智也視聴率1ケタ男の汚名返上ならず? 主演ドラマ『ごめん、愛してる』2ケタ到達は絶望的の画像1
 TOKIO・長瀬智也が主演するTBS日曜劇場『ごめん、愛してる』第9話が10日に放送され、視聴率は9.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)に終わった。ここまでの平均は9.4%で、最終回で15%超の高い数字を挙げない限り、全話平均が2ケタに乗る可能性はない。  同ドラマは初回9.8%で、いきなりつまずいた。第2話ではなんとか10.0%を記録したが、その後は9.5%→9.2%→9.4%→9.5%→8.0%→9.2%と低調で、第9話も1ケタ台にとどまった。これまでの視聴率推移、話題性からして、最終回で15%を超えるような高視聴率を獲得するのは至難のワザで、全話平均は1ケタ台に終わる公算が濃厚だ。TBSの看板ドラマ枠である「日曜劇場」で、平均視聴率が2ケタ台に届かなかったのは、昨年1月期に放送された香取慎吾主演『家族ノカタチ』の9.0%が最後で、それ以来、1年半ぶりの惨事となりそうな気配だ。  主演の長瀬をはじめ、ヒロインの吉岡里帆、坂口健太郎、大竹しのぶ、池脇千鶴らの奮闘ぶりは評価されていないわけではないが、なにぶん原作が韓国ドラマとあって、視聴者の反発は根強かったようだ。  2010年以降、長瀬が主演した連ドラは、『うぬぼれ刑事』(TBS系)が8.2%と惨敗。『泣くな、はらちゃん』(日本テレビ系)こそ、10.2%とかろうじて2ケタに乗せたが、『クロコーチ』(TBS系)は9.6%、『フラジャイル』(フジテレビ系)は9.8%と1ケタ続き。『ごめん、愛してる』も2ケタ台到達は難しく、そうなると主演ドラマが3作連続で1ケタ台となってしまい、“低視聴率男”の汚名返上はできなくなる。  長瀬は来年1月期、『フラジャイル』シーズン2が内定済み。ヒロインに予定されていた武井咲が、EXILE・TAKAHIROと“デキ婚”し、降板も取り沙汰されているが、長瀬としては同作でなんとしても視聴率2ケタ台を獲得し、“1ケタ男”のイメージを払拭したいところだろう。 (文=田中七男)

『ごめん、愛してる』長瀬智也演じる律の暗い過去――第2話も“鬱展開”で脱落者続出か?

 7月16日夜9時から、TOKIO・長瀬智也主演の連続ドラマ『ごめん、愛してる』(TBS系)が第2話を迎える。9日に放送された第1話は、平均視聴率9.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と2ケタ割れで、ネット上でも「このドラマはハズレ」といった厳しい意見が寄せられていただけに、「視聴率上昇は見込めない」(芸能ライター)という。

 同ドラマは2004年に韓国で放送され、これまでにトルコやタイでもリメークされた人気作。今回は日本が舞台だが、長瀬演じる主人公の岡崎律は、“韓国の裏社会に属していた”という設定のため、第1話は韓国でのシーンも多かった。これに対し、ネット上では、「思ってたより韓国パートが長い」「韓流に馴染みがない人にはキツい」など、序盤から不満が噴出していた。

 それでも、「長瀬が好きだから、とりあえず初回は見る」といった書き込みも多く、そうした視聴者は、なんとかストーリーについていこうとしたようだが……。

「第1話で律は、事件に巻き込まれて致命傷を負い、そのせいでいつ命が尽きてもおかしくないと知ったため、自分を捨てた母親・日向麗子(大竹しのぶ)に会いに日本を訪れます。しかし、麗子は別の息子・サトル(坂口健太郎)を溺愛しており、律はショックを受ける……という展開でした。正直、かなり重めの内容だけに、『日曜の夜に、こんな暗い気持ちを味わいたくない』『現実味もないし、見ても疲れるだけ』『とんだハズレのドラマを見せられて、チャンネル変えたわ』などと、初回から脱落者が続出しています」(同)

 さらに、韓国版ファンも「本家よりも展開が早くて、心理描写が曖昧にしか描かれていない」「本家とかけ離れすぎていてショック」などと騒然としており、各方面から批判が噴出している状況だ。

「そんな状況で迎える第2話では、律がなぜ自分は母から捨てられたのかという経緯を知る、これまた暗い展開に。一方、韓国で律に助けられ、日向家で再会を果たした三田凛華(吉岡里帆)は、公式サイトの予告で『律への恩返しを考えている』とされています。しかし凛華は、すでに視聴者の間で『いちいち余計なことをしそうなキャラクター』『物語の邪魔になりそう』と、今後の展開における“不安要素”になっている始末。視聴率に悪影響を及ぼす可能性が高いです」(同)

 第2話でさらなる離脱者が出ないよう、祈るばかりだ。

『ごめん、愛してる』長瀬智也演じる律の暗い過去――第2話も“鬱展開”で脱落者続出か?

 7月16日夜9時から、TOKIO・長瀬智也主演の連続ドラマ『ごめん、愛してる』(TBS系)が第2話を迎える。9日に放送された第1話は、平均視聴率9.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と2ケタ割れで、ネット上でも「このドラマはハズレ」といった厳しい意見が寄せられていただけに、「視聴率上昇は見込めない」(芸能ライター)という。

 同ドラマは2004年に韓国で放送され、これまでにトルコやタイでもリメークされた人気作。今回は日本が舞台だが、長瀬演じる主人公の岡崎律は、“韓国の裏社会に属していた”という設定のため、第1話は韓国でのシーンも多かった。これに対し、ネット上では、「思ってたより韓国パートが長い」「韓流に馴染みがない人にはキツい」など、序盤から不満が噴出していた。

 それでも、「長瀬が好きだから、とりあえず初回は見る」といった書き込みも多く、そうした視聴者は、なんとかストーリーについていこうとしたようだが……。

「第1話で律は、事件に巻き込まれて致命傷を負い、そのせいでいつ命が尽きてもおかしくないと知ったため、自分を捨てた母親・日向麗子(大竹しのぶ)に会いに日本を訪れます。しかし、麗子は別の息子・サトル(坂口健太郎)を溺愛しており、律はショックを受ける……という展開でした。正直、かなり重めの内容だけに、『日曜の夜に、こんな暗い気持ちを味わいたくない』『現実味もないし、見ても疲れるだけ』『とんだハズレのドラマを見せられて、チャンネル変えたわ』などと、初回から脱落者が続出しています」(同)

 さらに、韓国版ファンも「本家よりも展開が早くて、心理描写が曖昧にしか描かれていない」「本家とかけ離れすぎていてショック」などと騒然としており、各方面から批判が噴出している状況だ。

「そんな状況で迎える第2話では、律がなぜ自分は母から捨てられたのかという経緯を知る、これまた暗い展開に。一方、韓国で律に助けられ、日向家で再会を果たした三田凛華(吉岡里帆)は、公式サイトの予告で『律への恩返しを考えている』とされています。しかし凛華は、すでに視聴者の間で『いちいち余計なことをしそうなキャラクター』『物語の邪魔になりそう』と、今後の展開における“不安要素”になっている始末。視聴率に悪影響を及ぼす可能性が高いです」(同)

 第2話でさらなる離脱者が出ないよう、祈るばかりだ。

長瀬智也『ごめん、愛してる』初回9.8%! 「鬱ドラマ」「韓流そのまま」とリタイア者続出!?

 TOKIO・長瀬智也が主演を務める連続ドラマ『ごめん、愛してる』(TBS系)の第1話が7月9日に放送され、平均視聴率が9.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。いまドラマ界で最も高視聴率が期待できる枠といわれる、TBS「日曜劇場」での放送だったが、2ケタ割れスタートとなり、視聴者からは落胆の声が続出している。

 同ドラマは、裏社会で孤独に生きる岡崎律(長瀬)、ひょんなことから律に助けられた三田凜華(吉岡里帆)、アイドルピアニストとして活躍する日向サトル(坂口健太郎)、サトルに愛情を注ぐ律の母・日向麗子(大竹しのぶ)の4人が、2つの三角関係を繰り広げるストーリー。19年ぶりに長瀬がラブストーリーの主演を務めるということで、放送前から注目を集めていた。

「第1話では、律が事件に巻き込まれて頭に怪我を負ってしまい、いつ死ぬかわからない状態に陥ります。律は“最後に親孝行を”と思い、母・麗子を探し出すのですが、そこで目にしたのは、サトルに愛情を注ぐ麗子の姿。幸せそうな2人を見て律は葛藤する……といった物語が展開されました。同ドラマの原作は、2004年に韓国で放送された同名ドラマ。同国では『冬のソナタ』を越えるヒットを飛ばしたドラマなのですが、ネット上では『韓国ドラマのストーリーは日本的には違和感しかない』『律と凜華との出会いも、母を訪ねるシーンもすごく不自然だった』『韓流そのままって感じ』といった批判的な声が上がっています」(芸能ライター)

 ストーリーや演出に違和感を覚えて離脱した人が多かったのか、視聴率は9.8%と1ケタスタートとなった。

「今年の日曜劇場は、1月期に放送された木村拓哉主演の『A LIFE~愛しき人~』が全話平均14.5%、4月期放送の『小さな巨人』が全話平均13.5%を獲得するなど絶好調だったたけに、『ごめん、愛してる』の初回視聴率を『期待はずれ』と語る視聴者も少なくありません。『内容が重すぎて日曜の夜にやるドラマじゃない』『日曜劇場向けではない鬱ドラマ』など、シリアスラブストーリーを日曜劇場枠で放送することに異議を唱える人も多かったですね。ちなみに9.8%という数字は、裏で放送されている『警視庁いきもの係』(フジテレビ系)の初回視聴率8.9%に肉薄されています。TBSとフジの日9対決は、TBSが圧勝することが続いていましたが、今期はフジに逆転される可能性もあるのでは」(同)

 『警視庁いきもの係』の視聴者からは、「TBSが微妙だったのでこちらを見たが、意外に面白かった」といった声が上がるなど、『ごめん、愛してる』から流れた人も多い様子。両ドラマは、果たして2話目以降、どのような視聴率推移を見せるのだろうか。

TOKIO・長瀬智也『フラジャイル』1ケタ連発で、ドラマ界以外からも「需要なし」コール!?

hurazyairu2016.jpg
『フラジャイル』(フジテレビ系)公式サイトより

 TOKIO・長瀬智也主演の『フラジャイル』(フジテレビ系)が、相変わらずの苦戦を強いられている。17日放送の第6話では、裏の堀北真希主演『ヒガンバナ~警視庁捜査七課~』(日本テレビ系)の視聴率を初めて上回り、ようやく一矢報いた格好だが、「漫画原作のジャニーズ主演作でこの数字は、完全に期待はずれ」(テレビ局関係者)と厳しい意見が聞かれるようだ。

 当初『フラジャイル』の主演は、嵐・松本潤だと一部女性週刊誌に報じられた。しかしその後、正式に情報解禁となった際に、主演の名前は長瀬に差し替えられていたという。

TOKIO・長瀬『フラジャイル』初回9.6%! 堀北『ヒガンバナ』に敗北で爆死確実か

hurazyairu2016.jpg
『フラジャイル』(フジテレビ系)公式サイトより

 毎クール注目を集めているのが、日本テレビとフジテレビによる、水曜午後10時からの“水10”ドラマ対決だ。1月期は、日テレが、結婚後初の連ドラ主演となる堀北真希の『ヒガンバナ 警視庁捜査七課』、フジはTOKIO・長瀬智也主演の『フラジャイル』で勝負に出た。

 『ヒガンバナ』は2014年「金曜ロードSHOW!」枠で単発放送されており、今回連ドラに“昇格”した。女性犯罪者及び女性被害者対策を目的に設置された、女性だけの非公式の課「警視庁捜査七課」が舞台で、主人公・来宮渚(堀北)は同課の刑事。堀北にとっては、15年1月期の『まっしろ』(TBS系)以来、丸1年ぶりの連ドラ主演だ。主な出演者は大地真央、高梨臨、YOU、知英、高橋恵子、佐野史郎、TKO・木本武玄、平山浩行、市川和宏。北川景子との結婚を発表したばかりのDAIGOが、キャスティングされているのもポイントだ。

TOKIO・長瀬『フラジャイル』初回9.6%! 堀北『ヒガンバナ』に敗北で爆死確実か

hurazyairu2016.jpg
『フラジャイル』(フジテレビ系)公式サイトより

 毎クール注目を集めているのが、日本テレビとフジテレビによる、水曜午後10時からの“水10”ドラマ対決だ。1月期は、日テレが、結婚後初の連ドラ主演となる堀北真希の『ヒガンバナ 警視庁捜査七課』、フジはTOKIO・長瀬智也主演の『フラジャイル』で勝負に出た。

 『ヒガンバナ』は2014年「金曜ロードSHOW!」枠で単発放送されており、今回連ドラに“昇格”した。女性犯罪者及び女性被害者対策を目的に設置された、女性だけの非公式の課「警視庁捜査七課」が舞台で、主人公・来宮渚(堀北)は同課の刑事。堀北にとっては、15年1月期の『まっしろ』(TBS系)以来、丸1年ぶりの連ドラ主演だ。主な出演者は大地真央、高梨臨、YOU、知英、高橋恵子、佐野史郎、TKO・木本武玄、平山浩行、市川和宏。北川景子との結婚を発表したばかりのDAIGOが、キャスティングされているのもポイントだ。

TOKIO・長瀬智也、ジャニーズ最強の天然伝説「ドッグフード食い」の真相が明らかに

nagase_egao.jpg
「そうそう、食べちゃったの~」

 初詣に行った際、「あけましておめでとうございます」と挨拶した神主に対して「ありがとうございます」と返した話など、数々の天然エピソードを持つTOKIO・長瀬智也。その中の1つに、「ドッグフードを食べた」という伝説があるが、その真相についてジャニーズJr.時代からの親友であるKinKi Kids・堂本光一が語った。

 フジテレビのニュース番組『FNNレインボー発』を『レインボ一発(れいんぼいっぱつ)』だと思っていたことや、SMAP・中居正広&とんねるず・石橋貴明がMCを務めた音楽バラエティ『うたばん』(TBS系)に出演した際は「東京都の都知事」についての質問に、「土地の持ち主?」と返すなど、愛すべきおバカキャラが魅力の長瀬。ネット上には本人が語った話から、TOKIOメンバーやジャニーズ仲間が暴露したものまで、長瀬のおバカな言動に関する多くのエピソードが出回っている。