深夜ドラマ『ホリデイラブ』が異例の高視聴率スタート! 不倫シーンで「矢口祭り」勃発も

 今や毎週のように有名人たちの不倫が報じられているが、昨今はドラマの世界でも『あなたのことはそれほど』(TBS系)や『奪い愛、冬』(テレビ朝日系)といった不倫モノが人気を博している。

 今期は1月26日にスタートした仲里依紗主演のドラマ『ホリデイラブ』(テレビ朝日系)がスタート。原作は人気マンガアプリ「マンガボックス」で連載されている『ホリデイラブ~夫婦間恋愛~』で、不倫を題材にした作品となっている。

 第1話では塚本高史と不倫相手の松本まりかの情事が描かれたが、2人の激しい絡みに注目が集まり、深夜帯ながら初回視聴率5.1%(ビデオリサーチ調べ)を記録した。

「乳首までは見えないものの、松本は全裸のまま激しいキスを繰り返し、正常位で合体しているシーンが放送されました。その後、松本の背中ヌードが映し出された際には、カラダの横から豊満な乳房がハミ出しているのまでハッキリ見て取れたため、視聴者からは『ヤバイ! 興奮してきた』『地上波でここまでやっていいのか』『まるでAV!』と、鼻息の荒いコメントがネット上で連打されました」(テレビ誌ライター)

 さらに情事の直後、松本の夫が帰宅するのだが、そこにもネット民たちが食いつき、大盛り上がりとなっているという。

「ドラマでは2人が性交している最中に松本の夫が帰宅、その現場を目撃してしまいます。これが過去に矢口真里が男を自宅に連れ込んで元夫の中村昌也に目撃された不倫の状況を彷彿とさせることから、『絶対に矢口を意識している』とSNSでは“矢口祭り”となりました。実際、松本の夫役の俳優は中村倫也と、中村昌也とは一文字違いですから、スタッフも間違いなく意識していたはず。それどころか、倫也と昌也は所属事務所も同じ系列ですから、事務所の仕掛けだった可能性もありそうです」(同)

 今後も地上波の限界を超えた演出があるのか、注目を集めそうだ。

深夜ドラマ『ホリデイラブ』が異例の高視聴率スタート! 不倫シーンで「矢口祭り」勃発も

 今や毎週のように有名人たちの不倫が報じられているが、昨今はドラマの世界でも『あなたのことはそれほど』(TBS系)や『奪い愛、冬』(テレビ朝日系)といった不倫モノが人気を博している。

 今期は1月26日にスタートした仲里依紗主演のドラマ『ホリデイラブ』(テレビ朝日系)がスタート。原作は人気マンガアプリ「マンガボックス」で連載されている『ホリデイラブ~夫婦間恋愛~』で、不倫を題材にした作品となっている。

 第1話では塚本高史と不倫相手の松本まりかの情事が描かれたが、2人の激しい絡みに注目が集まり、深夜帯ながら初回視聴率5.1%(ビデオリサーチ調べ)を記録した。

「乳首までは見えないものの、松本は全裸のまま激しいキスを繰り返し、正常位で合体しているシーンが放送されました。その後、松本の背中ヌードが映し出された際には、カラダの横から豊満な乳房がハミ出しているのまでハッキリ見て取れたため、視聴者からは『ヤバイ! 興奮してきた』『地上波でここまでやっていいのか』『まるでAV!』と、鼻息の荒いコメントがネット上で連打されました」(テレビ誌ライター)

 さらに情事の直後、松本の夫が帰宅するのだが、そこにもネット民たちが食いつき、大盛り上がりとなっているという。

「ドラマでは2人が性交している最中に松本の夫が帰宅、その現場を目撃してしまいます。これが過去に矢口真里が男を自宅に連れ込んで元夫の中村昌也に目撃された不倫の状況を彷彿とさせることから、『絶対に矢口を意識している』とSNSでは“矢口祭り”となりました。実際、松本の夫役の俳優は中村倫也と、中村昌也とは一文字違いですから、スタッフも間違いなく意識していたはず。それどころか、倫也と昌也は所属事務所も同じ系列ですから、事務所の仕掛けだった可能性もありそうです」(同)

 今後も地上波の限界を超えた演出があるのか、注目を集めそうだ。

クローゼット不倫から5年……矢口真里、元不倫相手と“再婚するする詐欺”で「地上波再ブレーク」に照準!?

 タレント・矢口真里の再婚への動きが本格化している。矢口は、2011年に俳優の中村昌也と結婚するも、13年に自宅にモデル・梅田賢三を連れ込んでいたところに中村と鉢合わせ、離婚に至っている。発見時、梅田がクローゼットに身を隠していたことから“クローゼット不倫”と大きく報じられたが、その後は不倫相手であった梅田と真剣交際を続け、昨年には再婚のウワサが浮上していた。

 そんな中、今月8日に行われたイベント『第1回 eスポーツ スターバトル チャンピオンシップ』に登場した矢口は、報道陣からの再婚の質問に「準備はしています」と回答。具体的な時期については言及しなかったが、今年は再婚をほのめかしていく方向のようだ。こうした彼女の“引っ張り”の背景には、何があるだろうか。

「2度目の結婚ということで慎重になっているともいえるでしょうが、このネタで当分引っ張れるとも思っている側面もあるでしょうね。いわば“再婚するする詐欺”としてバラエティ番組などでは良いネタになりそうです」(放送作家)

 矢口は過去には『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)のレギュラーをこなすなど、元モーニング娘。の中でもしゃべりに定評のある人物だ。再婚話でうまくバラエティにハマり、さらなるブレークを狙っているのかもしれない。

 矢口は現在、『教えて! アプリ先生』(TOKYO MX)、インターネット番組『矢口真里の火曜The NIGHT』(AbemaTV)で2本のレギュラーを持っているが、地上波レギュラーはゼロ。後者の9日の新年初の放送では「民放さんも地方局もネットも、全て充実させたい」と述べている。再婚ネタをバネに、一気に再ブレークとなるかもしれない。
(文=平田宏利)

 

クローゼット不倫から5年……矢口真里、元不倫相手と“再婚するする詐欺”で「地上波再ブレーク」に照準!?

 タレント・矢口真里の再婚への動きが本格化している。矢口は、2011年に俳優の中村昌也と結婚するも、13年に自宅にモデル・梅田賢三を連れ込んでいたところに中村と鉢合わせ、離婚に至っている。発見時、梅田がクローゼットに身を隠していたことから“クローゼット不倫”と大きく報じられたが、その後は不倫相手であった梅田と真剣交際を続け、昨年には再婚のウワサが浮上していた。

 そんな中、今月8日に行われたイベント『第1回 eスポーツ スターバトル チャンピオンシップ』に登場した矢口は、報道陣からの再婚の質問に「準備はしています」と回答。具体的な時期については言及しなかったが、今年は再婚をほのめかしていく方向のようだ。こうした彼女の“引っ張り”の背景には、何があるだろうか。

「2度目の結婚ということで慎重になっているともいえるでしょうが、このネタで当分引っ張れるとも思っている側面もあるでしょうね。いわば“再婚するする詐欺”としてバラエティ番組などでは良いネタになりそうです」(放送作家)

 矢口は過去には『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)のレギュラーをこなすなど、元モーニング娘。の中でもしゃべりに定評のある人物だ。再婚話でうまくバラエティにハマり、さらなるブレークを狙っているのかもしれない。

 矢口は現在、『教えて! アプリ先生』(TOKYO MX)、インターネット番組『矢口真里の火曜The NIGHT』(AbemaTV)で2本のレギュラーを持っているが、地上波レギュラーはゼロ。後者の9日の新年初の放送では「民放さんも地方局もネットも、全て充実させたい」と述べている。再婚ネタをバネに、一気に再ブレークとなるかもしれない。
(文=平田宏利)

 

矢口真里、2018年も“キャラ変”せず! 親友・高橋真麻のアドバイスで「ダーティ路線」継続へ

 元モーニング娘。でタレントの矢口真里が、2018年もキャラ変更せず、ヒールキャラを押し通していくことがわかった。ある有名フリーアナウンサーのアドバイスが決め手となったという。

 矢口といえば、イケメン俳優・中村昌也と結婚生活を営んでいた13年、「週刊女性」(主婦と生活社)に、ファッションモデルのモデルの梅田賢三との不倫スクープが報じられた。同誌によれば、中村がドラマの泊まりロケに行っている際に、梅田を夫婦の愛の巣に「お持ち帰り」。中村が予定より早く地方ロケから帰宅してしまったため、ナント寝室で3人が鉢合わせになったというセンセーショナルな報道だった。

 その直後より矢口は世間から大バッシングを受け、芸能活動を約1年5カ月休止。14年10月から本格的に活動を再開したが、ダーティーなイメージは拭えず、元アイドルにもかかわらず「汚れ、イジられ、ぶっちゃけキャラ」としてバラエティーなどで活動している。

 芸能関係者は「矢口さんは、今のキャラクターのままでいいのか悩み、元フジテレビアナウンサーの高橋真麻さんらに、ずいぶんと相談に乗ってもらっていたようです。もともと矢口さんと高橋さんは、矢口さんが不倫していた当時、同じマンションに住んでいたんです。不倫騒動後、連日マスコミがマンションに押しかけ、矢口の動向を探ろうと張り込んでいたため、たまたま同じマンションに住んでいた高橋にも迷惑がかかり、数年後に矢口が謝罪したことで仲を深めたという経緯があるんです」と明かす。

 女優や歌手に専念するなど、違う路線を考えていたというが、結局、高橋のアドバイスもあり、キャラ継続を決めた矢口。2018年は、当時の不倫相手・梅田との結婚が秒読みとウワサされているだけに、もう一波乱ありそうな予感がプンプン漂う。今年は、そのぶっちゃけキャラだけでなく、私生活からも目が離せなくなりそうだ。

“小栗旬との純愛”ぶっちゃけた矢口真里に大ヒンシュク! ベテラン記者は「もっとすごい話を隠している」と……

 タレントの矢口真里がヒンシュクを買っている。TBS深夜のバラエティ番組で、モーニング娘。脱退の原因を「俳優・小栗旬との恋愛優先した結果」だと語ったからだ。

 小栗が現在、女優の山田優と結婚して2児を持つ父親であることに「配慮がなさすぎる」と、視聴者から反発を招いたもの。ただ、週刊誌のベテラン芸能記者からは「真相が違うのでは? もっとすごい話があるのを隠しているように思える」という話も聞かれる。

「小栗との恋愛に関しては、もっと別の話があったはず。当時の2人は共に遊び人で、付き合いながらお互いに浮気していたんです。矢口がグループを脱退したのは、純愛という美しい話ではなく、単に素行不良を怒られたものだったと思う」(同)

 番組で矢口は、所属事務所から「モー娘。を辞めるか彼と別れるか選べ」と迫られ、「ウソをついて付き合いたくない」とグループを脱退したと話した。これにはネット上で「何年も前の夫の元カノがペラペラと過去のことをしゃべっているのは、妻からすればむかつくと思う」「居酒屋で話すならまだしも、テレビで家庭ある人との恋愛をネタにするのは、他人を犠牲にするひどい仕事」などの批判の声が上がった。

 不倫騒動からの復帰後、矢口は以前に増して“汚れキャラ”を演じており、こうしたぶっちゃけ話をすることでタレントとしての活路を見出しているのだろうが、矢口の明かした話自体は今になって発覚したものではなく、モー娘。脱退時に報じられていた話である。

 矢口は2004年から小栗と交際し、翌年に写真誌「FRIDAY」(講談社)で、互いの自宅を行き来する「連泊愛」を報じられた。当時は矢口の方が知名度があって、小栗は「イケメン俳優」という注釈付きで伝えられたほど。だが、矢口がこのゴシップの影響で、グループ卒業につながったのは確かだ。

 一方の小栗は07年ごろから出演作のヒットで人気が急上昇。矢口を超える人気者となり、数々の女優たちと浮名を流しながら、12年に山田と結婚。矢口の不倫騒動が起こったのはその後の13年のことで、2年前に結婚した俳優の中村昌也との自宅に、別の男性タレントを連れ込んで鉢合わせ、結果として離婚となり世間のバッシングを浴びた。

「この2人に共通するのは、大の合コン好き」と前出記者。

「小栗は同じく合コン好きな男性アイドルと連携して、アリバイ作りをしながら、恋人がいても合コンに精を出し、新婚数日後でも合コンに出ていたことが伝えられたほどの遊び人。矢口も、好みのイケメンを見つけては、後輩の女性タレントらを誘って合コンに繰り出す“合コン女王”として知られた。交際時の2人は互いに浮気もしょっちゅうで、小栗は矢口との交際中に徳澤直子ら複数の女性と付き合い、矢口も合コン三昧。『仕事より小栗をとった』なんて純愛のフリをしてますが、事務所から怒られたのは『他にもスキャンダルが出る可能性のある生活態度』を怒られたからだったはずなんですよ」(同)

 こういったプライベート話の真相は、当人たちしかわからないことではあるが、婚姻中に浮気相手を自宅に連れ込めるほど神経の図太い矢口に過去の純愛ぶりを述べられても、違和感があるのは確か。記者の話が正しいかどうかは別にして、何かとヒンシュクを買いやすいのも事実だろう。
(文=片岡亮/NEWSIDER Tokyo)

中居残留、香取&草なぎは独立――ジャニーズ御用雑誌が「分断」報じるワケ

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

 本当に嫌になる。森友学園、加計学園、前川善平前事務次官の告発、元TBS記者・山口敬介記者のレイプ揉み消し。安倍政権をめぐる“事件”“スキャンダル”の数々だ。しかし安倍晋三首相、菅義偉官房長官はこれに平然と“嘘”で応酬。なぜこんなデタラメなことが許されるのか。

第366回(6/25~30発売号より)
1位「中居正広 大どんでんで『別れの決断』 香取慎吾 SMAP最後は意外な結末」(「女性セブン」6月8日号)
2位 「矢口真里 恋人・梅田賢三氏と育む“すき家”の絆」(「週刊女性」6月13日号)
3位「手越祐也 『母への豪邸』1億円ローンを7年で完済!」(「女性自身」6月13日号)

 この情報をどう解釈するのか。「セブン」が報じた中居正広のジャニーズ事務所“残留説”。まずは元SMAPのうち、草なぎ剛、稲垣吾郎の仕事減少を伝えた上で、「一転、最近になって中居さんと香取くんの足並みが揃っていない」とぶち上げた。

 確かに、元マネジャーI女史が立ち上げた会社の体制も整いつつあり、中居ら独立派4人もいよいよ本格的に動くと思われた矢先、今回の「セブン」をはじめ、「東スポ」やネットサイトなどで取り沙汰され始めた中居残留説。その根拠として「セブン」が挙げるのが、I女史が関係筋に挨拶周りをした際、連れて来たのは草なぎと香取だけで、そこに中居と稲垣の姿はなかったというもの。

 さらに記事では、無責任に立場を変えることで中居のことを慕うスタッフの仕事がどうなるかわからない、という配慮から、“香取と袂を分かつ”ことになったこと。そして、それに対し香取も中居の決断を“認めている”ことが記されていく。要するに、中居の残留を美談の決意として“持ち上げて”いるのだ。

 もちろん「セブン」はジャニーズ親衛隊雑誌であるから、そのストーリーは事務所の意向に沿ったものだろう。SMAPが解散後、騒動は表面上収まっている。そんな中、事務所としても、相変わらず仕事の好調な中居を手放すのはもったいないとあらためて思い始めた。でも香取の決意は固く、香取と仲良しの草なぎも独立しちゃうだろう。ここは、香取と中居の分断工作の一環として、カウンター情報をぶち上げてみるか。独立派も一枚岩ではないんだよ、ってな感じか。

 中居自身、5月29日放送の音楽トークバラエティ番組『Momm!!』(TBS系)で「結婚は無理だと思う」と発言したことで、“事務所残留の証拠か”なんて指摘もあるが、その多くは根拠不明な“臆測”だ。なにしろ5月はマスコミにとっても最後の“書き放題”の時期。6月になれば、いよいよ9月の契約更新について、元SMAPメンバーそれぞれが正式に決断をしなければならないし、それまでどう転ぶかなんて本当のことなんてわからない。だから5月中に書き飛ばせ! ということなのだろう。

 そしていよいよ6月を迎える。その結末はどのようなものなのか、そしてマスコミはどんな報道をするのか。SMAP独立騒動の最後のクライマックスに要注目である。

 2位は、「週女」の矢口真里“再婚!?”ネタ。しっかし「週女」は矢口に対し、いろんな意味で執拗だ。そもそも、「週女」は雑誌発売前の5月26日にネットで“不倫相手だった梅田賢三と再婚を決意”と速報。しかし、それを矢口に全否定されると、今度は雑誌の方で「矢口さんは“6月の再婚は本当にない”と言っているので、7月以降と考えたほうがよさそうですね」と苦し紛れのコメントを掲載した。あくまで“再婚”は既定路線だと言いたいらしい。そしてよほど、矢口の再婚をスクープしたいように見える。

 まあ、これまでの矢口と「週女」の関係を見ると、その意気込みもわからないではない。というのも、2013年6月に勃発した矢口と梅田の“不倫騒動”をスクープしたのが、他ならぬ「週女」だったからだ。

 その時の報道も執拗だった。そもそも「週女」のスクープは寝取られ前夫・
中村昌也と、その所属事務所である渡辺プロダクションの存在があった。自宅という密室で繰り広げられた不倫、そして寝室での愛人と夫の鉢合わせ劇の詳細を「週女」は“まるで見てきたように”記事化していたが、それはナベプロ幹部からのリークがあったといわれていた。

“所属タレントに泥を塗った!”という、大手芸能プロによる情報戦、恐怖の復讐劇だ。そして、一部では中村の矢口への“DV疑惑”が囁かれたが、それはいつの間にか封じられてしまった。防戦一方の闘いを強いられた矢口は、芸能界休業に追い込まれた。しかもマスコミは休業中の矢口も追いかけ回した。

 そんな矢口も今や芸能界に無事復帰し、梅田とも良好な交際を続けているらしい。そんな状況下で「週女」が再婚をスクープしたい気持ちもわかるが、憎っくき敵であるはずの「週女」の直撃にも、きちんと応じた矢口。矢口再婚をめぐる今回の「週女」VS矢口は、矢口に軍配を上げたい。

 そうきたか「女性自身」。福岡での金塊7億5000万円強奪事件で、逮捕された容疑者との関係が取り沙汰されているNEWSの手越祐也だが、両親にプレゼントした1億円豪邸のローンを7年で返し終わったらしい。そんな手越を記事では大絶賛。「仕事に関しては本当にストイック」「サービス精神旺盛」「どんな泥臭い仕事でも絶対に断りません」。金塊騒動の火消しに躍起の「自身」である。

矢口真里「父親が元ヤン」発言の深いワケ……“マイルドヤンキー路線”で逆転なるか

矢口真里「父親が元ヤン」発言の深いワケ……マイルドヤンキー路線で逆転なるかの画像1
 タレントの矢口真里が、4月22日放送の『こんなところにあるあるが。土曜あるある晩餐会』(テレビ朝日系)に出演。父親が、有名な暴走族に所属していた元ヤンであると明かした。  番組では「Hなテレビを平気で見ていた」「ファミコンは24時間OK」といった“自由すぎる”幼少体験を語ったほか、不倫騒動発覚時に「相手に謝れ。お前がけじめをつけろ」と元ヤンらしい筋の通し方を求められたエピソードを披露した。  まがりなりにも元アイドルである矢口にとって、親が元ヤンの事実は本来ならば隠されるべきことのように思える。ここにきての暴露には、どういった心境の変化があるのか? 「確かにかつてのテレビならば、親が元ヤンといったエピソードは敬遠されていたでしょう。しかし、最近のテレビ業界にとって、注目すべき視聴者層は、地方在住のマイルドヤンキーです。『なんだかんだあっても元気にやってる娘』といった印象の矢口のエピソードは、彼らに最も受けがいいものでしょう」(放送作家)  事実、お昼の情報番組では、地方のロードサイドに並ぶ量販店やファミレス、コンビニなどの商品を取り上げる企画が多い。 「マイルドヤンキーと並ぶテレビの視聴者層としては、シニア層がいます。しかし、シニアは基本的に消費に消極的であり、CMを流すとしても保険会社くらいしかありません。一方で、マイルドヤンキー層は子どもを作りますし、ガンガン消費してくれる。スポンサーにとっては、ありがたい存在なのです」(同)  マイルドヤンキー層に特化しつつあるテレビ番組において、元ヤンの子である矢口は知名度、好感度ともに抜群ということなのだろう。彼女はまたひとつ“食える”新キャラを獲得したようだ。 (文=平田宏利)

“ベッキー&矢口真里”の今を比較! 業界関係者は「ベッキーの快進撃はもう打ち止め」

 ベッキーが復活の兆しを見せている。昨年末12月28日に放送された『帰れま10史上最大の挑戦!朝・昼・夜 3軒連続帰れまトライアスロン!』(テレビ朝日系)にサプライズゲストとして登場し、1月11日の『モシモノふたり』(フジテレビ系)では妹のジェシカさんと共演、休業中の私生活を告白し、番組最高の10.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録した。

 1月15日からは、北海道ローカルで毎週日曜昼に生放送される情報番組の司会にも挑戦(北海道文化放送『北海道からはじ○TV』)。さらには夏公開予定の映画『JKニンジャガールズ』にも出演する。

 そんな日々話題を集めるベッキーに対し、同じく男性スキャンダルで世間を騒がせた矢口真里の話は聞こえてこない。レギュラー出演はTOKYO MXの深夜番組『教えて!アプリ先生』のみ。ほかの出演番組も深夜枠が中心で、ベッキーのようにゴールデン帯とはいかないようだ。 

「活動状況の差は、ベッキーが独身で、その相手が既婚者だったケースに対し、矢口は既婚者だったという点が不利に働いたと思われます。また、ベッキーの場合はLINEで交わされた『ありがとう文春!』『センテンススプリング!』などのコメントが白日の下にさらされたことで、バッシングは受けたものの、“優等生ベッキー”の素顔が暴かれ、世間が留飲を下げたと考えられます」(放送作家)

 一方、矢口は騒動から1年半後の2014年10月に『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)に生出演して謝罪したものの、核心部分には、「元夫との約束で口外しないと決めている」との理由で触れずじまいだった。

「社会的反響もベッキーの方が大きく、芸能活動も急激に落ち込みました。しかし、そうなると、復帰の際に、表情や容姿、発言に至るまで、どう変わったのか見てみたいという欲求が生じる。『モシモノふたり』の高視聴率は、そうした視聴者の『怖いもの見たさ』の結果でしょう。対して矢口は、良くも悪くも、もともと奔放なイメージであったことから、“裏の顔”といえるほどのギャップが生まれず、そのため視聴者も復帰後の変貌ぶりには期待していなかったと思われます」(同)

 さて、復帰後も順調に活動を増やしているベッキーだが、実は越えなければならない壁があるという。それはかつて3本のレギュラー番組を持ち、最も蜜月関係にあったテレビ局との復縁である。

「彼女を『世界の果てまでイッテQ!』『天才!志村どうぶつ園』『真実解明バラエティー!トリックハンター』(いずれも日本テレビ系)のレギュラータレントとして起用していた日テレは、現在、“民放のNHK”と呼ばれるほどコンプライアンスに厳しい局。つまりそれはスポンサーへの顔色を最もうかがっていると言い換えてもいいでしょう。スキャンダルで足元をすくわれることを、とにかく一番恐れていますからね。そのため、ベッキーに対する世間の風向きが完全に変わらない限り、復帰にゴーサインは出さないはず。ついでに言うと、日テレの看板番組である『イッテQ!』に復帰しない限り、同局の他番組関係者も打診を躊躇するはず」(業界関係者)

 つまり、日テレに呼ばれたときがベッキーの本格復帰となるようだ。しかし、それも当分厳しい状況だけに「復帰の快進撃はここで打ち止め」(同)といえる。いつの日か、ベッキーと矢口が恋愛トークを繰り広げる番組を見てみたいものである。
(後藤港)

“ベッキー&矢口真里”の今を比較! 業界関係者は「ベッキーの快進撃はもう打ち止め」

 ベッキーが復活の兆しを見せている。昨年末12月28日に放送された『帰れま10史上最大の挑戦!朝・昼・夜 3軒連続帰れまトライアスロン!』(テレビ朝日系)にサプライズゲストとして登場し、1月11日の『モシモノふたり』(フジテレビ系)では妹のジェシカさんと共演、休業中の私生活を告白し、番組最高の10.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録した。

 1月15日からは、北海道ローカルで毎週日曜昼に生放送される情報番組の司会にも挑戦(北海道文化放送『北海道からはじ○TV』)。さらには夏公開予定の映画『JKニンジャガールズ』にも出演する。

 そんな日々話題を集めるベッキーに対し、同じく男性スキャンダルで世間を騒がせた矢口真里の話は聞こえてこない。レギュラー出演はTOKYO MXの深夜番組『教えて!アプリ先生』のみ。ほかの出演番組も深夜枠が中心で、ベッキーのようにゴールデン帯とはいかないようだ。 

「活動状況の差は、ベッキーが独身で、その相手が既婚者だったケースに対し、矢口は既婚者だったという点が不利に働いたと思われます。また、ベッキーの場合はLINEで交わされた『ありがとう文春!』『センテンススプリング!』などのコメントが白日の下にさらされたことで、バッシングは受けたものの、“優等生ベッキー”の素顔が暴かれ、世間が留飲を下げたと考えられます」(放送作家)

 一方、矢口は騒動から1年半後の2014年10月に『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)に生出演して謝罪したものの、核心部分には、「元夫との約束で口外しないと決めている」との理由で触れずじまいだった。

「社会的反響もベッキーの方が大きく、芸能活動も急激に落ち込みました。しかし、そうなると、復帰の際に、表情や容姿、発言に至るまで、どう変わったのか見てみたいという欲求が生じる。『モシモノふたり』の高視聴率は、そうした視聴者の『怖いもの見たさ』の結果でしょう。対して矢口は、良くも悪くも、もともと奔放なイメージであったことから、“裏の顔”といえるほどのギャップが生まれず、そのため視聴者も復帰後の変貌ぶりには期待していなかったと思われます」(同)

 さて、復帰後も順調に活動を増やしているベッキーだが、実は越えなければならない壁があるという。それはかつて3本のレギュラー番組を持ち、最も蜜月関係にあったテレビ局との復縁である。

「彼女を『世界の果てまでイッテQ!』『天才!志村どうぶつ園』『真実解明バラエティー!トリックハンター』(いずれも日本テレビ系)のレギュラータレントとして起用していた日テレは、現在、“民放のNHK”と呼ばれるほどコンプライアンスに厳しい局。つまりそれはスポンサーへの顔色を最もうかがっていると言い換えてもいいでしょう。スキャンダルで足元をすくわれることを、とにかく一番恐れていますからね。そのため、ベッキーに対する世間の風向きが完全に変わらない限り、復帰にゴーサインは出さないはず。ついでに言うと、日テレの看板番組である『イッテQ!』に復帰しない限り、同局の他番組関係者も打診を躊躇するはず」(業界関係者)

 つまり、日テレに呼ばれたときがベッキーの本格復帰となるようだ。しかし、それも当分厳しい状況だけに「復帰の快進撃はここで打ち止め」(同)といえる。いつの日か、ベッキーと矢口が恋愛トークを繰り広げる番組を見てみたいものである。
(後藤港)