“フジの死に枠”で深田恭子&松山ケンイチが新ドラマ! 「セシっちゃうんじゃ?」の声

 深田恭子と松山ケンイチというホリプロを代表する俳優2人が、“妊活”に向き合う夫婦を演じるヒューマンドラマ『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系)が1月にスタートする。これに、「大コケ要素が多すぎる」との声が上がっている。

 同作は、入居者が共同で作り上げる集合住宅「コーポラティブハウス」を舞台に、妊活に向き合う夫婦をハートフルに描くオリジナル作品。放送枠は、浅野忠信主演『刑事ゆがみ』を放送中の「木曜劇場」で、2人が夫婦役を演じるのは、松山主演のNHK大河ドラマ『平清盛』以来だという。

 脚本は、かつて同枠で放送された篠原涼子主演『ラスト・シンデレラ』、石原さとみ・松下奈緒主演『ディア・シスター』を手掛けた中谷まゆみ氏。プロデュースや演出は、同枠の桐谷美玲主演『人は見た目が100パーセント』などを手掛けたスタッフが務めるという。

「『木曜劇場』は、2015年の真木よう子主演『問題のあるレストラン』以降、何をやっても数字の取れない“死に枠”。昨年は、松嶋菜々子主演『営業部長 吉良奈津子』、天海祐希主演『Chef~三ツ星の給食~』と、大物女優の主演作が立て続けに大コケ。さらに前クールでは、真木主演『セシルのもくろみ』が期間平均4.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と歴史的な低視聴率を記録してしまった。そのため、『隣の家族は青く見える』に対しても、『セシッちゃうんじゃ?』との声が上がっています」(テレビ誌記者)

 とはいえ、昨年発売した水着写真集がヒットを記録するなど、何かと話題の深田。さらに、ドラマでは珍しく妊活をテーマにしているとあり、注目度は高そうだが……。

「深田と松山は、なぜかドラマがヒットしないことで有名。深田はここ数年、主演作が1ケタ続き。特に3年前の『女はそれを許さない』(TBS系)は、期間平均6.2%と惨敗している。また、松山も同様で、NHK大河ドラマ『平清盛』や『ど根性ガエル』(日本テレビ系)の視聴率不振が話題に。2人とも“低視聴率俳優”の汚名をそそぎたいところでしょうが、よりによって『木曜劇場』ですからね……」(同)

 フジの“死に枠”で勝負をかける深田と松山。次こそ汚名返上となるだろうか?

深田恭子『ダメ恋』、平均9.5%で終了! 「ディーンロス」「ダサカワ服」旋風も“2ケタ割れ”

1603_damekoiend_01.jpg
『ダメな私に恋してください』(TBS系)公式サイトより

 15日、深田恭子主演の連続ドラマ『ダメな私に恋してください』(TBS系)の最終話にあたる第10話が放送され、視聴率が10.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。初回9.0%と1ケタスタートで、その後第5話まで8~9%台で推移していただが、第6話で10.1%と初の2ケタを獲得。続く第7話は9.6%、第8話が最高の10.3%、第9話9.7%と、後半若干視聴率が微増したが、全話平均視聴率は9.5%という2ケタ割れの結果になった。

「最終話ということで、ディーンフジオカ演じるドSの喫茶店マスター・黒沢歩が見られなくなることを悲しむ女性ファンが続出。『主任ロス』という言葉がTwitterのトレンドに入るなど、大きな話題を呼びました。これはNHKの連続テレビ小説『あさが来た』で、ディーン演じる五代友厚が死去した際の『五代ロス』に続く、2度目の“ディーンロス”。現在ディーンがどれほど人気なのかがわかる出来事ですね」(芸能ライター)

TBS決死の「ディーン・フジオカ祭り」も意味なし!? 『ダメな私に~』1ケタ連発の惨事!!

deanfujioka.160204_1.jpg
ディーン・フジオカオフィシャルサイトより

 どうにもこうにも、深田恭子主演のTBS系連続ドラマ『ダメな私に恋してください』(火曜午後10時~)の視聴率が上がらないようだ。

 初回は9.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)でスタートし、第2話では9.3%と微増。しかし、第3話は裏で『サッカー リオ五輪アジア地区最終予選 準決勝 日本×イラク』(テレビ朝日系=18.6%)が放送された影響もあってか、8.2%で自己最低を記録。第4話(2月2日)は一転9.8%と自己最高をマークしたが、同時間帯に放送中のフジテレビ『お義父さんと呼ばせて』(遠藤憲一&渡部篤郎主演/火曜午後10時~)が前週より数字を下げたため(6.2%→5.5%)、その分が『ダメな私に恋してください』に回ってきただけとの印象は否めない。

深田恭子『ダメな私に~』8.2%に下落! 『あさが来た』“五代ロス”で視聴率上昇なるか?

1601_damena03_01.jpg
『ダメな私に恋してください』(TBS系)公式サイトより

 1月26日、深田恭子主演の連続ドラマ『ダメな私に恋してください』(TBS系)第3話が放送され、視聴率が8.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。

 中原アヤ氏の同名マンガを原作とした同ドラマには、深田ほか、ディーン・フジオカ、三浦翔平、野波麻帆、鈴木貴之、クロちゃん、ミムラらが出演。アラサーのダメ女・ミチコ(深田)の元上司・黒沢(ディーン)がマスターを務める喫茶店・ひまわりを舞台に繰り広げられるラブコメディーだ。第3話では、デートに誘ってきた最上(三浦)が勤務する便利グッズ会社に勤め始めたミチコが、社内恋愛の難しさを痛感するという物語が展開された。

深田恭子『ダメな私に恋してください』1ケタ発進!「深キョンのPV」「ベタすぎ」と総ツッコミ

1601_damekoi_01.jpg
『ダメな私に恋してください』(TBS系)公式サイトより

 深田恭子が主演を務める連続ドラマ『ダメな私に恋してください』(TBS系)が1月12日より始まり、初回平均視聴率が9.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。同ドラマはTBSの「火曜ドラマ」枠の作品で、全話平均視聴率が5.57%と大爆死した、香里奈主演『結婚式の前日に』の次にあたるドラマだが、残念ながら2ケタ割れスタートとなってしまった。

 女性マンガ誌「YOU」(集英社)で連載中の中原アヤ氏の同名マンガを原作とした『ダメな私に恋してください』。第1話は、務めていた会社が半年前に倒産し無職になり、男にも騙され貯金も底をついた深田演じるミチコが、元上司・黒沢(ディーン・フジオカ)にばったり再会するところから始まる。喫茶店・ひまわりのマスターになっていた黒沢は、ひもじそうなミチコを喫茶店のアルバイトとして雇うことに。同じ職場で働いていた頃、黒沢にガミガミ言われていたミチコは怯えつつも、照井学(鈴木貴之)、玉井剛(石黒英雄)らとともにひまわりで働き始める……といったストーリーが展開された。

深田恭子、『セカンド・ラブ』で浮き彫りになった致命的ミス! 濡れ場解禁も反響ナシ

hukatakyouko04.jpg
ポカリの人魚でエロ解禁しなきゃよかったのにー

 少年隊・東山紀之、野島伸司、タッキー&翼・滝沢秀明、玉木宏に斎藤佑樹、さらにはくりぃむしちゅー・有田哲平と、うわさになった男性有名人は数知れず。華麗なる男性遍歴を誇る肉食女優・深田恭子が、大胆なラブシーンを連発するドラマがある。金曜夜11時台から放送中の『セカンド・ラブ』(テレビ朝日系)だ。

 KAT‐TUN・亀梨和也が演じる若手ダンサー・平慶(たいら・けい)と、深田演じる高校教師・西原結唯(にしはら・ゆい)が、後先考えない危険な恋に走ってしまうという「夜のメロドラマ」をうたったラブストーリーである。

『セカンド・ラブ』6.3%にダウン! KAT-TUN・亀梨和也&深田恭子“熱愛報道”実らず

2015secondlove.jpg
『セカンド・ラブ』(テレビ朝日系)公式サイトより

 KAT‐TUN・亀梨和也とヒロイン・深田恭子のラブシーンが話題を呼んでいる連続ドラマ『セカンド・ラブ』(テレビ朝日系)の第3話が2月21日に放送され、視聴率は6.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だった。同日はスタジオジブリの映画『風立ちぬ』(日本テレビ系、午後9時~11時34分)がテレビ初放送とあって19.5%の高視聴率を獲得。これも影響したのか、『セカンド・ラブ』は前週より数字が落ちてしまった。

 午後11時15分~0時15分の放送で、初回は8.2%、2話で7.4%を記録した『セカンド・ラブ』。深田演じる高校教師・西原結唯が、挫折を味わいながらも夢を追う年下のコンテンポラリーダンサー・平慶(亀梨)と恋に落ちる“夜メロ”。ドラマ内での情熱的な絡みが大反響を呼んでいる亀梨&深田だが、3話の放送直前には、六本木の寿司屋で食事していたことを20日発売の「フライデー」(講談社)が報じた。

KAT-TUN・亀梨和也とお忍び密会報道! 深田恭子にうわさされる“超肉食テク”

2015secondlove.jpg
『セカンド・ラブ』(テレビ朝日系)公式サイトより

 6日からスタートした連続ドラマ『セカンド・ラブ』(テレビ朝日系)で共演中のKAT‐TUN・亀梨和也と深田恭子に、ある“疑惑”が浮上している。20日発売の「フライデー」(講談社)では、深田が亀梨の楽屋に入り浸りになっていること、また深夜の六本木でのお忍び密会が報じられている。

 先月31日公開の映画『ジョーカー・ゲーム』で共演したばかりの亀梨と深田は、同作で披露されたキスシーンにより、一気に距離が近付いたと一部で報じられたことも。また“昼メロ”ならぬ“夜メロ”がテーマの『セカンド・ラブ』では、激しいラブシーンを披露している。

KAT-TUN・亀梨和也『セカンド・ラブ』、7.4%に下落! 「新種のAV」「安っぽい」の声

2015secondlove.jpg
『セカンド・ラブ』(テレビ朝日系)公式サイトより

 KAT‐TUN・亀梨和也が主演を務める連続ドラマ『セカンド・ラブ』(テレビ朝日系)の第2話が2月13日に放送され、視聴率は7.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録したことがわかった。“昼メロ”ならぬ“夜メロ”と謳った作品で、第1話での深田恭子とのベッドシーンがネット上で話題となったものの、初回を下回ってしまった。

 初回は、前クールに放送されたSexy Zone・中島健人主演『黒服物語』の初回9.3%を超えられず、8%台のスタートを切った『セカンド・ラブ』。亀梨は、夢をあきらめきれないコンテンポラリーダンサー(平慶)という役どころで、深田演じる同僚との不倫関係から抜け出せない高校教師(西原結唯)に一目惚れするというストーリー。第1話から亀梨と深田が生々しい音をたてながらキスをし、ベッドインするなど濃厚なラブシーンが話題を呼んだ。

KAT-TUN・亀梨『セカンド・ラブ』初回8.2%、Sexy Zone・中島『黒服物語』下回る出足

2015secondlove.jpg
『セカンド・ラブ』(テレビ朝日系)公式サイトより

 KAT‐TUN・亀梨和也主演ドラマ『セカンド・ラブ』(テレビ朝日系)が、2月6日に初回を迎え、第1話の視聴率は8.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。同作は深田恭子との激しいラブストーリーをテーマにした“夜メロ”で、裸で身を寄せ合う番宣ポスターも話題に。放送前から注目を集めていたが、初回は1ケタスタートと厳しい出足になってしまった。

 亀梨演じるコンテンポラリーダンサーと、不倫関係から抜け出せない高校教師(深田)が恋に落ちる模様を描いた『セカンド・ラブ』。脚本は『セカンドバージン』(NHK総合)などを手がけた大石静氏が担当しており、濃厚なラブシーンを期待する声が高まっていた。