山下智久、Sexy Zone菊池風磨も……“クイズ番組”出演を嫌がるジャニーズアイドルの本音

 2月22日、山下智久がパーソナリティを務めるラジオ『Sound Tripper!』(InterFM897)にて、ある番組への思いを語る場面があった。

 同ラジオでは、日替わりで英単語をピックアップし、その単語にまつわるトークを繰り広げていく。この日の放送で取り上げられた単語は「Quiz」で、山下はテレビで放送されているクイズ番組について「たまに見ますね。やってたら見ちゃう」と語っていた。

 しかし、山下は出演する側でもあるはず。「『ネプリーグ』(フジテレビ系)かな、オレ出たことあるの」と出演経験のあるクイズ番組を挙げ、「『ネプリーグ』は難しいよね。だってオレ、出る1週間くらい前から漢字勉強するもん!」と、知られざる苦労を明かしていた。なぜそこまでするのかというと、「恥ずかしいじゃん、だって! テレビの前でさ『お前、この漢字書けないのかよ!?』みたいなさ」と視聴者のツッコミを受けることを気にしているからだとか。いち視聴者としてクイズ番組を見ている山下だからこそ、見ている人がどんな反応をするのかよく知っているのだろう。

 それゆえ、「本当ボクね、怖いんですよ『ネプリーグ』出るの!」と本音を吐露。「あそこのステージに立つと、普段書ける言葉がさ、飛んじゃったりするの。これもう本当、言い訳だと思って聞いてもらっていいんだけど……緊張すると出てこなかったりするよね。『え~わかるじゃん! これいつもは絶対わかるのに!』っていうのが出てこないっていう……やっぱ“ステージの魔物”がいるんですね」と出演者にしかわからない、“恐怖体験”を語っていた。

 ジャニーズアイドルがクイズ番組に出演する姿は珍しいことではないが、スラスラと問題に答えていく人もいれば、まったく答えられないまま悔しい思いをしてしまう人もいる。慶應義塾大学卒の“高学歴ジャニーズ”であるSexy Zone菊池風磨も、クイズ番組に出演することの大変さを語っていた。

 菊池はあるクイズ番組に出演した際、番組内で「高学歴ジャニーズ」と紹介され、注目を集めることに。しかし、出された問題になかなか答えることができず、いいところを見せられないまま番組が終わってしまったことがあったのだ。菊池はこのときの放送について、いろいろと思うところがあったようで、ラジオ『レコメン!』(文化放送)にゲスト出演した際に「割に合わないわ、キャラが!」「ちょっと答えられなかっただけで『本当に慶應~!?』みたいな(反応をされる)」などと苦労を語っていた。

 “ジャニーズアイドル”としてテレビに出演している以上、視聴者はカッコいい姿を期待してしまうもの。本人たちにとってはそれがプレッシャーになってしまうのだろうが、これからも“魔物”に負けない活躍を見せてほしいものだ。

山下智久、“石原セフレ化疑惑”をジャニーズ火消し! 2人の破局を”軌道修正”したワケ

 新恋人報道と同時に、石原さとみをセフレ格下げした疑惑が取り沙汰されている山下智久。初報を伝えた「女性セブン」(小学館)は、その翌週号で続報を掲載しているが、これも関係者の間では「ジャニーズに“忖度”した訂正記事」などと指摘されているという。

「セブン」は2月8日発売号で、山下とモデル・Nikiのハワイデートを詳報。さらには、帰国した山下はその数日後「すでに破局した」はずの、石原の自宅マンションを訪れていた、と伝えた。

「両者は昨年の秋に破局しているが、それでも“密会”を行った理由は、『多忙を極める石原が、リラックスするために山下を呼んだ』と伝えています。新恋人を報じる記事に、数カ月前に別れた石原が登場すれば、業界関係者や読者が“セフレ”関係を疑うのは無理もありません」(スポーツ紙記者)

 そして最新の15日号では、「本誌には“ふたり”の仲はどうなっているのかという問い合わせが相次いだ」としながら、石原の知人による「借りていた物を返してすぐにバイバイしたみたいですね」という証言を伝えている。

「2人が会った場所が、石原の自宅とも書かれていないし、石原の知人による『けじめをつけた夜だったんでしょう』という、両者はもう会うこともないことを匂わせる証言も掲載。毎週、ほぼ確実にジャニーズタレントの記事を掲載する、いわばジャニーズの“御用達メディア”である『セブン』だけに、何とかセフレの印象を和らげようという火消しの意図が、透けてみえる内容です」(同)

 そもそも“御用達メディア”であれば、前号記事で「石原と密会していた」などと伝えるのも不可解な話だが、「自宅への出入りに関する証拠や証言など、固い情報を掴んだため、報道に踏み切ったのでしょう。しかし、山下による石原への“セフレ扱い”疑惑が想像以上に世間の反感を招いたため、ジャニーズサイドへの配慮として、今回の火消し記事へと繋がったのでは」(週刊誌記者)という。

「そもそもジャニーズは、どれだけ証拠を突きつけられても、山下と石原は『そもそも交際していない』と、頑なに関係を否定し続けてきた。その理由は、ジャニーズサイドが石原家の信仰する、新興宗教へ拒否反応を示しているためといわれています。しかし今回、山下に新恋人とみられる女性が登場したことから、状況が一変。『交際していない』石原との関係を報じられ続けるよりは、御用達メディアに『交際していたが、けじめをつけた』とあえて報じてもらうことの方が、山下の印象を損なわないと考えたのでしょう」(同)

 交際発覚以上に、破局の方で波紋を広げてしまった山下と石原。「セブン」にここまで書かれてしまった以上、両者が最接近する可能性は、限りなく低いだろうが、果たして――。

山下智久、“石原セフレ化疑惑”をジャニーズ火消し! 2人の破局を”軌道修正”したワケ

 新恋人報道と同時に、石原さとみをセフレ格下げした疑惑が取り沙汰されている山下智久。初報を伝えた「女性セブン」(小学館)は、その翌週号で続報を掲載しているが、これも関係者の間では「ジャニーズに“忖度”した訂正記事」などと指摘されているという。

「セブン」は2月8日発売号で、山下とモデル・Nikiのハワイデートを詳報。さらには、帰国した山下はその数日後「すでに破局した」はずの、石原の自宅マンションを訪れていた、と伝えた。

「両者は昨年の秋に破局しているが、それでも“密会”を行った理由は、『多忙を極める石原が、リラックスするために山下を呼んだ』と伝えています。新恋人を報じる記事に、数カ月前に別れた石原が登場すれば、業界関係者や読者が“セフレ”関係を疑うのは無理もありません」(スポーツ紙記者)

 そして最新の15日号では、「本誌には“ふたり”の仲はどうなっているのかという問い合わせが相次いだ」としながら、石原の知人による「借りていた物を返してすぐにバイバイしたみたいですね」という証言を伝えている。

「2人が会った場所が、石原の自宅とも書かれていないし、石原の知人による『けじめをつけた夜だったんでしょう』という、両者はもう会うこともないことを匂わせる証言も掲載。毎週、ほぼ確実にジャニーズタレントの記事を掲載する、いわばジャニーズの“御用達メディア”である『セブン』だけに、何とかセフレの印象を和らげようという火消しの意図が、透けてみえる内容です」(同)

 そもそも“御用達メディア”であれば、前号記事で「石原と密会していた」などと伝えるのも不可解な話だが、「自宅への出入りに関する証拠や証言など、固い情報を掴んだため、報道に踏み切ったのでしょう。しかし、山下による石原への“セフレ扱い”疑惑が想像以上に世間の反感を招いたため、ジャニーズサイドへの配慮として、今回の火消し記事へと繋がったのでは」(週刊誌記者)という。

「そもそもジャニーズは、どれだけ証拠を突きつけられても、山下と石原は『そもそも交際していない』と、頑なに関係を否定し続けてきた。その理由は、ジャニーズサイドが石原家の信仰する、新興宗教へ拒否反応を示しているためといわれています。しかし今回、山下に新恋人とみられる女性が登場したことから、状況が一変。『交際していない』石原との関係を報じられ続けるよりは、御用達メディアに『交際していたが、けじめをつけた』とあえて報じてもらうことの方が、山下の印象を損なわないと考えたのでしょう」(同)

 交際発覚以上に、破局の方で波紋を広げてしまった山下と石原。「セブン」にここまで書かれてしまった以上、両者が最接近する可能性は、限りなく低いだろうが、果たして――。

Nikiの「青のコート」投稿に山下智久ファンが大激怒!

 ジャニーズのタレントと交際できたことを、ファンに自慢したくなるのが女性心理なのだろうか?

 2月8日発売の「女性セブン」(小学館)が、山下智久とモデル・Nikiのハワイ旅行を報じ、ファンから悲鳴が上がっている。

「Nikiは16年に出演した恋愛リアリティ番組『TERRACE HOUSE ALOHA STATE』(Netflix/フジテレビ系)で注目を集め、現在インスタグラムのフォロワー数が40万人を超える人気モデルです。しかし、熱愛報道後は山下ファンからの『売名か!』『このクズが』といった怒りのコメントでSNSが大炎上し、いまだ収まる気配がありません」(芸能ライター)

 そんなさなか、Nikiが山下ファンを挑発するかのような写真を投稿したことで、炎はさらに激しく燃え盛ることとなった。

「2月6日のインスタに、彼女は『青のコートすき』というコメントと共に、コートを羽織った写真を投稿したのです。これが山下の主演ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(フジテレビ系)を“匂わせている”と受け取られ、ファンの怒りに拍車をかけています」(前出・芸能ライター)

 ジャニーズタレントとの“匂わせ”といえば、記憶に新しいのが、嵐の二宮和也との熱愛が報じられたフリーアナウンサーの伊藤綾子だ。

 16年7月に「女性セブン」が2人の交際を報じると、その後、伊藤がブログに「いち、にの、さんっ!! と、間も無く歳をとります」「感謝、カンゲキ、雨、アラレです」という文章をつづり、猛バッシングを浴びたものだった。

「熱愛報道の影響からか、伊藤は昨年3月にメインキャスターを務めていた『news every.』(日本テレビ系)を降板。仕事が激減することとなった。Nikiも山下ファンを必要以上に挑発することで、女性からの支持がなくなり、モデルの仕事に悪影響を及ぼす可能性もありそうです」(女性誌記者)

 もっとも、彼女たちからすれば、仕事よりも女としての優越感に浸るほうが大事なのかもしれないが……。

山下智久の熱愛スクープ、ネットでも写真掲載 ジャニーズの「完全ネット解禁」の日も近い?

 2月8日発売の「女性セブン」2月22日号(小学館)が、山下智久とモデルのNikiとのハワイ密会の様子を写真つきで報じた。記事によると、2人は1月下旬から1週間ほどハワイで過ごしていたという。

 同誌の発売に先駆けて、小学館のニュースサイト『NEWS ポストセブン』では2月7日にこのニュースを報じているが、あるマスコミ関係者はその記事に対する驚きを隠さない。

「サイトの記事には、山下がキャリーケースを押しながら歩いている空港での写真が載っていました。ジャニーズ事務所と仲がいい『女性セブン』が、ネットにこういう写真を載せるのか……と一瞬目を疑いましたね」

 つい最近、ネットでの写真掲載を解禁したジャニーズ事務所。しかし、掲載OKなのは記者会見などで撮影された写真のみで、“張り込み写真”となると話は別だ。

「ジャニーズのスクープ写真をネットに載せるメディアは、今までもありました。ジャニーズと敵対している『週刊女性』(主婦と生活社)はよく載せているし、『NEWSポストセブン』でもHey! Say! JUMP中島裕翔と吉田羊の熱愛2ショットを載せたことがあります。でも、中島の記事は『週刊ポスト』に載っていたもので、『女性セブン』ではない。今回は、ジャニーズと仲がいい『女性セブン』が張り込み写真をネットに載せたということが驚きなんです」(同)

 ジャニーズ事務所所属タレントのスクープ写真の扱いについて、ある出版関係者はこう話す。

「芸能人は“準公人”というような扱いで、社会的な興味の対象とされている。つまり、芸能人の行動を報じることは正当な行為となるわけです。ジャニーズ事務所は肖像権を盾にネットでの写真掲載を禁止していましたが、スクープ写真については報道の自由の範囲内になるので、本来は載せても問題ないのです。『女性セブン』など、ジャニーズと仲がいいメディアがスクープ写真をネットに載せなかったのは、単純に事務所とうまく付き合うためということでしょうね」

 しかし、今回「女性セブン」は、山下の写真をネットに掲載した。前出の出版関係者は続ける。

「2ショットのような強いスクープ写真であれば、ジャニーズから文句を言われるのも承知でネットに出すということもあると思うのですが、今回の写真は山下が1人で歩いているだけのもの。そこまで強い写真ではないので、わざわざネットに出す必要もなかったと思います。むしろ、相手のNikiの写真でもよかったはず。にもかかわらず、ネットに出たということは、それなりに意味があるということでしょう」

 では、一体どんなメッセージが隠されているのか?

「『女性セブン』とジャニーズの関係性を考えると、『女性セブン』が黙って写真を出したとは思えないので、ジャニーズ側が納得してこの写真が出ているということでしょう。そういう意味では、ジャニーズとしては会見写真だけでなく、スクープ写真もネットOKという方針になりつつあるのかもしれません。いろいろな週刊誌が、特に気を使うことなく、ジャニーズの写真をどんどんネットに出していくようになりそうですね」(同)

 現時点では、「記者会見、囲み取材、舞台挨拶などのタレント登壇時の写真のwebニュースサイトでの使用」という条件つきのネット解禁ではあるが、条件なしでの完全解禁となる日も、そう遠くはないのかもしれない。

テレ朝が相撲協会“出禁”に、平子理沙に“おばあちゃんジワ”、アキラ100%に前貼り疑惑……週末芸能ニュース雑話

■日本相撲協会がテレ朝に激怒!

デスクT 『独占緊急特報!! 貴乃花親方すべてを語る』(テレビ朝日系)見た!? 山本晋也監督をインタビュアーにチョイスするテレ朝のセンス、最高!

記者H 放送中、ネット上では「『トゥナイト』のエロいおじさんだ!」といった書き込みが殺到。僕は、貴乃花親方がマフィア風のマフラーをしている理由について「自律神経がいかれてしまいまして(のどを温めている)」と真摯に答えていた姿が忘れられません。

デスクT 山本監督にマフラー何本持ってるか聞かれて、「3本くらい(後に30本くらいと訂正)」って謎の嘘をついたのもおちゃめだったよね。あははは!

記者H 笑ってもいられませんよ。日本相撲協会は、テレ朝に対し「無許可のまま放送された」として激怒。協会は9日に行われた「暴力問題再発防止検討委員会」の記者会見にテレ朝を入れなかったほか、今後、肖像権侵害や悪質なルール違反を受けたとして、抗議することをほのめかしています。

デスクT おっ、ドンパチか!? テレ朝は、先週の『タモリ倶楽部』の相撲企画で、コレクターのやくみつるが“若花田が足の親指をくるんでいた絆創膏”や“高見盛が換えてくれた電球”を自慢しながら関取の素晴らしさを語ってたのに! つーか、別に協会を出禁になったところで、痛くも痒くもないでしょ。今後、テレ朝のニュース番組で相撲の話題が取り上げられなくなって、ダメージ受けるのは協会のほうなんじゃないの?

記者H どうでしょう? 協会いわく、テレ朝側は「報道目的であり落ち度はない」と反論しているといいますから、両者の今後の関係に注目ですね。

■平子理沙に“おばあちゃんジワ”

デスクT あわわ! 平野ノラのインスタグラムに登場した平子理沙に、まさかの“おばあちゃんジワ”があるよ! ちなみに“おばあちゃんジワ”とは、法令線が口の下まで伸びてるやつだよ。

記者H 平野は3日、平子とのツーショット写真を投稿。そこには、平子のSNSには決して写らないシワの数々が写っていました。

デスクT 平子も2日、平野とのツーショット写真を載せてるけど、こっちの平子の顔はツルッツルだね! なんでこんなに別人なの?

記者H 平子は、テレビ出演のたびに「写真と顔が違う」と話題に。過剰な画像加工が疑われています。

デスクT 平野のほうのコメント欄に「ノラさんが二人かと思いました」「顔似てますね」「そっくり」っていう書き込みが殺到しててウケる~。

記者H 平子はメディア露出のたびに「美のカリスマ」「トップモデル」などと、やたら持ち上げられていますからね。芸人にそっくりと言われるのは心外でしょうね。

デスクT 芸人といえば、アキラ100%の“前貼り”を、フジテレビが暴露しちゃったんだって? ガチのフルチンだと思ってたのに、ショック!

記者H “前貼り”かどうかはわかりません! ただ、アキラは元日に生放送されたフジのお笑い番組『第51回爆笑ヒットパレード2018』で、局部を隠していたボックスが落下し、ネタに失敗。ネット上では「見えた」「見えてない」と論争が起きていました。しかし、発売中の「週刊新潮」(新潮社)によれば、同誌の取材に対してフジの広報が「失敗しても局部が露出しない工夫を施していました。したがって、今回の放送において局部露出は一切されておりません」とコメントしたとか。

デスクT なんだよ、フルチンじゃねーのかよ! アキラに裏切られた!!

記者H フジのこのコメントは、アキラ100%にとって死活問題となりそうですね……。

デスクT フジ『FNS27時間テレビ』で普通にイチモツをさらけ出した笑福亭鶴瓶を見習えってんだ、ふんっ!

記者H 何をそんなにムキになってるんですか……。

■ハーフモデルにジャニヲタが罵詈雑言「ブス女!」

記者H 山下智久の新恋人とウワサされる現役大学生ハーフモデル・Nikiのインスタグラムが、大炎上しています。

デスクT 「このブス女」「大した顔じゃないし、大した大学でもない。テラハ出たのも売名行為。今回のリークも売名行為」「大学行かないで撮影されてチヤホヤされるのが好きな単なるバカ大生」「この程度のモデルは腐るほどいる」だって。ジャニヲタの攻撃は、いつ見ても味わい深いな~。

記者H Nikiは、2016年放送の恋愛リアリティー番組『TERRACE HOUSE ALOHA STATE』(フジテレビ系、Netflix)に出演し、その後、ミスドのCMなどにも出演。米国の映画情報サイトが発表した17年度の「世界で最も美しい顔100人」では、石原さとみや桐谷美玲らと共に選ばれています。

デスクT あれ? 山Pって、石原と「結婚秒読み」とか言われてなかったっけ?

記者H 発売中の「女性セブン」(小学館)によれば、山下と石原は昨秋に破局。山下は先月下旬、Nikiと共にハワイでマスタングに乗ってドライブを楽しんだのち、「トランプインターナショナルホテル」に吸い込まれていったとか。

デスクT うらやましい!

記者H さらに帰国から数日後、山下は別れたはずの石原の自宅を訪れたとか。

デスクT うらやましい!!

記者H しかし、報道が出るやいなや、案の定、ジャニヲタがNikiに対し集中砲火。多くのファンが「Nikiよりも石原のほうがいい」との主張を繰り広げています。

デスクT 俺もジャニヲタみたいに、身勝手に生きたい!

山下智久、“赤西軍団”時代に逆戻り!? Nikiと熱愛発覚で「また遊び始めた?」と不安な声

 2月8日発売の「女性セブン」(小学館)にて、山下智久がモデルのNikiと“ハワイ旅行”をしていたことが報じられた。同誌によると、2人は今年1月下旬にワイキキのホテルに宿泊。その姿をたまたま居合わせた宿泊客に目撃され、「ラブラブでしたね」などと証言されている。

山下といえば、2015年10月期に放送されたドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』(フジテレビ系)での共演をきっかけに、女優の石原さとみと交際しているといわれていた。しかし「女性セブン」には、「さとみちゃんと山下さんは、去年の秋に破局してるんです」と石原の知人が明かしたとつづられている。一時は“結婚間近”とまで報じられていた山下と石原だが、両者とも仕事が多忙だったため、すれ違ってしまったようだ。

 ジャニーズファンの間では、山下と石原の交際を温かい目で見守るファンも少なくなかったため、「え~!? 山Pとさとみちゃん別れちゃったの!? しかもNikiって誰だよ……」「Nikiより石原さとみと付き合っててほしかった……山Pとお似合いだったのに~!」「Nikiと石原さとみなら、断然さとみ派! あんな美人を捨てるなんてありえないよ山P!」など、ネット上では悲鳴が続出。また、Nikiのインスタグラムには「あなたレベルの方が山Pと報道されるなんて……身の程知った行動をしてくださいね」「売名ですか?」「やめろ~山Pはみんなの山P」などのコメントが多数投稿されており、大荒れ状態になっている。

 山下のファンが熱愛報道で悲鳴を上げる中、最近本人はかなりプライベートを充実させているようだ。1月27日には、ダンスヴォーカルグループ・三代目J Soul Brothersのメンバー今市隆二と山下が食事を楽しむ様子がネット上で公開され、ファンの間で話題になった。

 山下の楽曲を手がけたこともある、Digz, Incの代表取締役・工藤与明氏が、インスタグラムの「ストーリー」機能を使って山下・今市らが参加した会食の様子を投稿。全体的に薄暗い動画だったため、はっきり顔を確認することはできないものの、「ジャニーズとLDH」「JとLは関係なく、音楽を愛するもの同士」「ピーakaトモと隆二初対面」などの文章が書かれていたため、2人がこの場にいたことは間違いなさそうだ。

 仕事につながる交流であればファンにとってもうれしいことだろうが、「最近落ち着いてきたかと思いきや、遊び癖は治らないか~」「リフレッシュするのもいいけど、コンサートツアーとか新曲とか、お仕事の報告も待ってますよ!」「昔みたいにまた遊び始めたのかな……心配になってくる」と山下の“素行”を心配する声もチラホラ。

 山下と言えば、数年前は元KAT-TUN赤西仁や関ジャニ∞錦戸亮とともに、都内のバーなどに出没する姿が度々目撃されていた。また、14年には東京・六本木の路上で、3人が一般人とトラブルを起こしたことも。その際、無断で自分たちの撮影をされたことに激怒した山下が一般人からスマートフォンを取り上げたため、書類送検の一歩手前まで行く大きな騒ぎとなった。

 プライベートの充実はもちろん必要だが、ファンはやはり、山下の素行の悪さがどうしても気にかかるよう。山下には、自身の行動でファンが一喜一憂することを忘れないでほしいものだ。

山下智久、“赤西軍団”時代に逆戻り!? Nikiと熱愛発覚で「また遊び始めた?」と不安な声

 2月8日発売の「女性セブン」(小学館)にて、山下智久がモデルのNikiと“ハワイ旅行”をしていたことが報じられた。同誌によると、2人は今年1月下旬にワイキキのホテルに宿泊。その姿をたまたま居合わせた宿泊客に目撃され、「ラブラブでしたね」などと証言されている。

山下といえば、2015年10月期に放送されたドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』(フジテレビ系)での共演をきっかけに、女優の石原さとみと交際しているといわれていた。しかし「女性セブン」には、「さとみちゃんと山下さんは、去年の秋に破局してるんです」と石原の知人が明かしたとつづられている。一時は“結婚間近”とまで報じられていた山下と石原だが、両者とも仕事が多忙だったため、すれ違ってしまったようだ。

 ジャニーズファンの間では、山下と石原の交際を温かい目で見守るファンも少なくなかったため、「え~!? 山Pとさとみちゃん別れちゃったの!? しかもNikiって誰だよ……」「Nikiより石原さとみと付き合っててほしかった……山Pとお似合いだったのに~!」「Nikiと石原さとみなら、断然さとみ派! あんな美人を捨てるなんてありえないよ山P!」など、ネット上では悲鳴が続出。また、Nikiのインスタグラムには「あなたレベルの方が山Pと報道されるなんて……身の程知った行動をしてくださいね」「売名ですか?」「やめろ~山Pはみんなの山P」などのコメントが多数投稿されており、大荒れ状態になっている。

 山下のファンが熱愛報道で悲鳴を上げる中、最近本人はかなりプライベートを充実させているようだ。1月27日には、ダンスヴォーカルグループ・三代目J Soul Brothersのメンバー今市隆二と山下が食事を楽しむ様子がネット上で公開され、ファンの間で話題になった。

 山下の楽曲を手がけたこともある、Digz, Incの代表取締役・工藤与明氏が、インスタグラムの「ストーリー」機能を使って山下・今市らが参加した会食の様子を投稿。全体的に薄暗い動画だったため、はっきり顔を確認することはできないものの、「ジャニーズとLDH」「JとLは関係なく、音楽を愛するもの同士」「ピーakaトモと隆二初対面」などの文章が書かれていたため、2人がこの場にいたことは間違いなさそうだ。

 仕事につながる交流であればファンにとってもうれしいことだろうが、「最近落ち着いてきたかと思いきや、遊び癖は治らないか~」「リフレッシュするのもいいけど、コンサートツアーとか新曲とか、お仕事の報告も待ってますよ!」「昔みたいにまた遊び始めたのかな……心配になってくる」と山下の“素行”を心配する声もチラホラ。

 山下と言えば、数年前は元KAT-TUN赤西仁や関ジャニ∞錦戸亮とともに、都内のバーなどに出没する姿が度々目撃されていた。また、14年には東京・六本木の路上で、3人が一般人とトラブルを起こしたことも。その際、無断で自分たちの撮影をされたことに激怒した山下が一般人からスマートフォンを取り上げたため、書類送検の一歩手前まで行く大きな騒ぎとなった。

 プライベートの充実はもちろん必要だが、ファンはやはり、山下の素行の悪さがどうしても気にかかるよう。山下には、自身の行動でファンが一喜一憂することを忘れないでほしいものだ。

山下智久のハワイデートは“お遊び”だった!? やっぱり本命は石原さとみか

 ジャニーズタレントの山下智久に、新恋人疑惑が浮上した。8日発売の「女性セブン」(小学館)が、1月下旬にハワイ・ワイキキで、山下とハーフモデルのNiki(21)がドライブを楽しむ様子や「トランプインターナショナルホテル」へ一緒に入っていく姿をキャッチした。

 同誌によれば、友人の紹介で知り合い、山下がハマっている英語やサーフィンを通じて意気投合。山下の方がNikiに興味津々だというのだ。

 Nikiといえば、父がアメリカ人、母が日本人のハーフで、本名は丹羽仁希として知られている。2016年に恋愛リアリティ番組『TERRACE HOUSE ALOHA STATE』(フジテレビ系)に出演して一躍脚光を浴び、その後「ミスタードーナツ」のCMに水着姿で起用されるなど話題を呼んだ。現在は大妻女子大学に通っている現役女子大生でもある。

 そんなNikiにメロメロ状態の山下だが、結婚秒読みともいわれていた石原さとみとの関係はどうなっているのか……。

「石原さんはドラマや舞台などの長期仕事が立て続けに入っており、超多忙で、なかなか山Pとは会えていないようです。でもやっぱり山Pの本命は石原さんですよ。一部では昨年秋に破局したとの話がささやかれていましたが、今でも互いのマンションを行き来しているようです」(芸能関係者)

 実際、今回報じた「女性セブン」の中でもハワイから帰国した数日後の2月1日夜にキャップを目深にかぶった山Pが石原のマンションに車で訪れる様子が撮られている。

 前出の関係者は「山Pといえば、もともと赤西仁や城田優らとともに赤西軍団を結成して六本木で遊び回っていた超チャラ男。もしかすると、Nikiさんとは、寂しさを紛らわすためのお遊びだった可能性も否定できません」と話す。

 山下はこのまま純愛を貫き、石原の家を頻繁に訪れ、結婚への歩みを再加速させるのか、それともNikiとの恋を加速させるのか。これから山下がプライベートでどういった行動をするのか、目が離せなくなりそうだ。

山下智久、密会ホテルは「バーニングの別荘」! 「節操ない」とジャニーズ経営陣も失望?

 新恋人の存在が報じられた山下智久が、“密会場所”として利用したホテルを巡って、一部業界関係者がザワついているという。今回の報道は、ジャニーズ事務所に所属する山下にとって、熱愛以前に、芸能人としての“資質”まで問われかねない危険をはらんでいるというが……。

 山下とハーフモデル・Nikiとのハワイバカンスは、2月8日発売の「女性セブン」(小学館)がスクープ。目撃談にはワイキキの「トランプインターナショナルホテル」の名が挙がっているが、この部屋を所有していたのは、バーニング系列の大手芸能事務所社長なのだという。

「まさか山下も、マスコミにすっぱ抜かれるとは思っていなかったようで、記事が出ると知って大慌てだったようです。芸能関係者の中には、2016年に交際が報じられた石原さとみと続いているといまだに思っている人間も多いだけに、二股といった“あらぬ誤解”を招いてしまいますからね」(週刊誌記者)

 記事には、山下がNikiとのハワイ旅行から帰国した数日後、石原の住むマンションを訪れる描写もあり、複雑な交際状況にあるようだ。

「それに加えて、山下が私生活で、バーニング系の事務所のお世話になっていたことも、不要な禍根を生む危険性が。ジャニーズとバーニングは、芸能界でも双璧をなす巨大事務所ですが、友好的な関係とはいえず、ずっと適度な距離を保っている。にもかかわらず、山下が個人的にバーニングに借りを作っているとなると、当然ジャニーズ側もいい気はしないでしょう」(同)

 この一件だけならまだしも、山下は、過去に何度も“宿主”を鞍替えしており、ジャニーズ内での立場も危ぶまれているという。

「元々は、藤島ジュリー景子副社長がマネジメントをしているグループ・NEWSでデビューした山下ですが、11年の脱退後はソロとなり、一転して飯島三智氏の派閥に。しかし、飯島氏が失脚すると見るや、メリー喜多川副社長と蜜月の関係であるジャニーズ・エンタテイメントの小杉理宇造社長に泣きつき、現在はジュリー側へ“出戻り”状態になっている。このコバンザメぶりの裏で、バーニングにまで尻尾を振っているとあって、経営陣は失望していることでしょう」(芸能プロ関係者)

 節操のなさすぎる山下の交流関係は、異性だけでなく、ジャニーズ事務所内の政治事情に関しても同様だったようだ。