『ミヤネ屋』スタッフが激白! 宮根誠司“フジテレビ移籍報道”の裏側と「ギャラ高騰」の悲惨すぎる余波

 お昼の情報番組『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)の司会を務めるフリーアナウンサーの宮根誠司に対し、一部の番組関係者から“恨み節”がささやかれている。スタッフの間では、近年「報酬ダウン」の傾向があり、その原因が宮根にあるというのだ。

 ある関係者は「『週刊文春』(文藝春秋)が掲載したフジ移籍の“誤報”にも関係する話」と話している。

 宮根は10月、文春に「来年3月にミヤネ屋を降板し、フジテレビの新番組に移籍する」という話を書かれた。『ミヤネ屋』を制作する読売テレビ関係者らの話として、視聴率低下を恐れた宮根が「追い込まれるまでに辞めて、キャスターとしての商品価値をキープしたい」と考えてフジに接触、来年4月から、フジ夕方の報道番組に起用されることとなったというものだった。

 しかし、宮根と読テレ、フジがいずれも即座にこれを否定。宮根に至っては「私、4月以降もやらせていただきます」と番組内で続投を断言したほどだった。現時点で移籍の動きは見られず、このままなら文春の誤報ということになる。

 この話にはライバル誌、「週刊新潮」(新潮社)が11月、宮根サイドが番組終了を恐れ、文春を利用して延命を図ったという記事を掲載している。それも、文春が宮根側に「貸し」を作るためというニュアンスだった。しかし、文春はその後に宮根の「タブー」ともいえる隠し子の記事を掲載しており、密約があるような間柄には見えない。

 いったい何が真実なのか? この流れについて、当の『ミヤネ屋』制作スタッフから、こんな話が聞けた。

「移籍記事は、番組サイドではただの誤報だろうとビックリしましたが、それはフジ移籍がまずありえない話だからでした。宮根さんは毎年のように読テレにギャラアップを要求しているといわれていて、かつてないレベルに高騰していると聞いています。だからフジが引き抜くなら、身の保証も含め、それをはるかに上回る額を出さなきゃいけないんですが、赤字転落で予算の厳しいフジで、それは不可能なはず」

 宮根のギャラが年々アップしているのが事実かどうかはわからないが、同スタッフはこんな証言をしている。

「実は、ゲスト出演者やフリー契約のスタッフなど、外部の人件費は定期的に下げられているんです。そんなこと普通ありえませんが、“上”からは『宮根さんのギャラアップの分、ほかを下げないといけないから』という説明があったんです。だから、スタッフの中には、宮根さんを逆恨みする人もいるぐらいです。ゲスト出演者でも、以前は5万円ぐらいで出ていた方に3万円ほどの引き下げをお願いしたこともあります。そのときも『億単位でもらってる人をもっと稼がせるために、割を食うのか』と文句を言われたんです」

 スタッフはさらに、移籍に関する、もうひとつの否定材料を打ち明けた。

「3月で番組が終わるなら、日テレが自社で新たに情報番組を作らないといけなくなると思うんですが、そんな動きはまったくないですよ。週5日の報道番組を新たに作るなら、大掛かりな人員の動きがあるはずなのに、です」

 確かに、他局では過去、新たに情報番組が始まる前に大掛かりなスタッフの雇用や異動が前兆としてあったから、週刊誌の記事より説得力のある話に聞こえる。しかし、文春が誤報で、新潮も的外れとなれば、なぜフジ移籍報道などという「ない話」が表になったのだろうか?

「それはわかりませんが、フジの番組編成を握る人物が、そういう案を持っていたらしいって話は耳にしましたよ。もしかすると宮根さんの妻子が4月から東京で生活する準備をしているのをキャッチして、勘繰ったのかもしれませんが、どっちにしても、移籍を実行するのは容易じゃない話。もし実現するなら、フジが前代未聞の高額ギャラを保証したことになります」(同)

 以前の『ミヤネ屋』なら、同時間帯の視聴率トップを記録していたから、その価値があったかもしれないが、近年は他局の『ゴゴスマ~GOGO!Smile!~』(TBS系)、『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)に押され気味で1位を逆転されたことすらあり、その人気には陰りが見られるため、現実味は乏しい。

「結局、この状況で得をしているのは宮根さんだけです」(同)

 同じ番組に携わっているのにギャラダウンを経験したスタッフは、恨めしそうにそう言った。真相は部外者にはわからないことだが、ゴシップや誤報にまみれても、宮根の“独り勝ち”という状況自体は変わらないようだ。
(文=片岡亮/NEWSIDER Tokyo)

『ミヤネ屋』宮根誠司“隠し子騒動”テレビ完全NGの舞台裏 フジも「本来ならトップでやりたいが……」

 日本テレビ系の報道番組『情報ライブ ミヤネ屋』で司会を務めるアナウンサーの宮根誠司が、過去の騒動を蒸し返されてピンチのようだ。

 彼の“隠し子”を産んだ女性のインタビューが、先月30日発売の「週刊文春」(文藝春秋)に掲載された。宮根は別の女性と結婚していることを隠してその女性と交際し、彼女から妊娠が伝えられた4日後に「実は結婚している」と打ち明けたというが、これが事実なら、あまりに不誠実。ニュースキャスターにふさわしくない振る舞いだ。

 ただ、周知の通り、宮根はテレビ界に強い力を持つ芸能プロ「バーニングプロダクション」の系列である「テイクオフ」所属で、羽鳥慎一らとともに、かなり強く守られているタレントだ。各テレビ局には、遅くとも文春発売前日29日の昼頃までには「取り扱いNG」の通達が流れていたのである。

「こういう取り扱いを決めるのは各局の芸能デスクですが、ウチの番組では、29日の早い時点でNGがありました」

 こう話すのは、フジテレビの情報番組ディレクターだ。他局の恥となる話だけに「本来は取り扱いたかった」という。

「スタッフ間では『NGが出なかったら、トップでやりたいよね』と話していたところでしたからね。ちょうど日馬富士の暴行問題が、引退会見も終わって注目度が下がり気味なので、その代わりにやりたいネタだったんです。でも、『1秒も触れるな』ということでした」

 隠し子の存在自体は、「女性セブン」(小学館)が5年前に報じ、当時32歳の女性との間に、3歳の娘がいると明かされていた。これについて宮根は12年1月放送の『ミヤネ屋』冒頭で、「記事はすべて事実です」と認め、「みなさまの期待、信頼に少しでも応えられるようにイチから頑張っていきたいと思います」と頭を下げた。

 今回、「週刊文春」で女性がマスコミに話を打ち明けたのは「最近、ある事実を知って、彼のことをどうしても許せなくなった」からだという。それは、宮根の妻が女性の父親を呼び出し、問題が表になったことについて文句を言ったからのようだ。

 ただ、発売当日の『ミヤネ屋』は、この件について一切触れず、事務所サイドからテレビ局にNG通達があったのと足並みを揃えて「存在していない話」としてしまった。

 宮根といえば、10月に同誌が来年3月の『ミヤネ屋』降板と、フジテレビの報道番組への移籍を報道していたが、本人やフジはこれを否定。4月以降も『ミヤネ屋』の司会を続けることが明言されていた。ただ、いくら事務所が強く守ろうともイメージダウンは避けられず、前出のフジスタッフは「これを理由にして降板して、うちの局に移ってくれば、記事は“当たり”になりますね」と笑った。このスタッフからは、さらにこんな話も聞けた。

「実は、宮根さんに番組上で厳しく叩かれた“ある人物”が、徹底して宮根さんのゴシップ探しに動いていたってウワサがあったんです。宮根さんをも超える、かなりの財力がある人物なので、それが事実なら、今後もスキャンダルが出続けるかもしれませんよ。何しろ、宮根さんにイジメられたという元番組スタッフのところにまで『情報を買う』って連絡があったというウワサですから」

 宮根は傲慢とも思える言動により敵が多いと言われ、多くの視聴者から「嫌いな司会者」として名指しされることもあり、最近は視聴率も苦戦中だ。事務所がガッチリ守っていても、こういうゴシップを理由に、立場が危うくなることがあるかもしれない。
(文=藤堂香貴/NEWSIDER Tokyo)

宮根誠司、年収5億も「とんでもないケチ」! ギャラなし番宣を「めんどうくさい」と放言か

miyanebloog.jpg
宮根誠司オフィシャルブログより

 23日放送の『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)で、爆笑問題の太田光と田中裕二がフリーアナウンサーの宮根誠司について、「会うとカネの話ばかりする」と暴露した。2人によると、宮根に会うたびに「ナンボもらっとんの?」とギャラなどの懐事情を聞かれるそうだ。田中が「あの人、本当にカネの話ばっかだよ。俺らと会うと」「本当に(カネが)好きだよね」と漏らせば、太田も「関西の人はそういうの、好きなんだろうね」と呆れてみせた。

 これまでの報道によると、宮根のギャラは『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)が1本120万円、『Mr.サンデー』(フジテレビ系)が1本200万円。ほかの特番などの収入を含めれば、年収5億円は下らないと言われている。だが、これだけ稼いでも業界内では“とんでもないケチ”だともっぱらの評判だという。

『ミヤネ屋』ADにブチ切れ大暴走! 宮根誠司、最新“業界評”を関係者に調査

miyane_prf.jpg
『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ系)公式サイトより

 今や最も勢いのある男性フリーアナウンサーの1人として知られる、宮根誠司。現在、『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ系)、『Mr.サンデー』(フジテレビ系)のメインMCとして、週6日テレビに出演している。最近では、生放送中にスタッフを恫喝したことがネット上で批判の的になっているが、宮根の最新の現場評を聞いてみた。

 2008年3月末に『ミヤネ屋』が全国ネットに昇格して、はや6年半。「仕事へのこだわりは半端ない」(制作会社スタッフ)といわれている宮根。

矢口真里、『ミヤネ屋』出演はバーニング主導!? 「モー娘。印税も奪われる」ハイリスク復帰か

yaguchimari01.jpg
あのいっちょかみ女がついに帰ってくる!

 今月にも復帰すると一部で伝えられていた矢口真里だが、16日付の「スポーツニッポン」「サンケイスポーツ」が、来週にも『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ系)に出演すると報じた。かねてから復帰を後押ししてきた明石家さんまやナインティナイン・岡村隆史の番組で復帰と言われていたが、フタを開けてみれば「完全なバーニング案件でしたね」(週刊誌記者)という。

「サンスポの情報元は、矢口所属の『アップフロント』かもしれませんが、スポニチとバーニングプロダクションの蜜月関係はあまりにも有名。そしてバーニング社長である“芸能界のドン”こと周防郁雄氏から寵愛を受ける宮根誠司の看板番組での復帰ということで、結局矢口は芸能界の“力学“に取り込まれてしまった流れです」(同)

「月刊EXILE」表紙に宮根誠司起用は“大人の事情”!? EXILE、テレビ界制覇に王手か

2014hiro.jpg
HIRO公式プロフィールより

 宮根誠司が雑誌「月刊EXILE」(LDH)表紙を飾ることが、14日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ系)で発表された。VTRで出演したHIROは「(ファンは)逆に楽しみにしてくれる」としていたが、ネット上では即座に「こんな企画誰も望んでない」「まさに誰得」といった意見が殺到している。

 宮根は5月放送の番組内で「細マッチョ計画」を立ち上げ、HIROのアドバイスのもと肉体改造を宣言。さらに月刊誌「GOETHE(ゲーテ)」(幻冬舎)でも同様の特集が組まれ、これまで双方の媒体で進捗が報告されていた。そしてこの日の放送では、宮根が「GOETHE」付録の表紙、さらに「月刊EXILE」12月号でも“肉体派”メンバーの白濱亜嵐、関口メンディーとともに表紙を飾ると発表された。

宮根誠司のブチ切れ事件はぬるい! 泉ピン子VSドクター中松、デヴィ夫人の“戦慄”放送事故

<p>A子 最近、『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)の宮根誠司が、番組内でよくキレてるらしいじゃん。 B美 そうそう。8月8日の放送で、ウェザーニューズ本社から台風の情報を伝えてたんだけど、中継先のカメラマンに「カメラちょっと固定してしっかり見せてもらっていいですか? ちょっと寄り過ぎだな」って、マジなトーンでダメ出ししてた。</p>

ローラ、「愛されキャラだから」ではない、実父国際手配にお咎めなしの裏事情

rola_cd.jpg
「Memories」/ユニバーサル インターナショナル

 実の父親が詐欺事件の主犯格として国際手配され、自身の芸能活動さえ危ぶまれていたローラ。最初の報道の時点では「芸能界引退の危機」とまで言われたものだが、実際には芸能界はローラへのエールであふれ返り、またこの件でCMやレギュラーを降板するといった事態にも発展しなかった。すべてはローラの愛されキャラクターのおかげ……ではなく、ブレーク中に築いた“バックの存在”が大きな原因だという。

「父親が国際手配という第一報が入った時には、関係者の間では『賠償金は10億を超えるのでは』とささやかれていました。13社もCM契約を行っていたローラだけに、全社降板ともなれば、異例の額の違約金が発生するものと見られていました」(広告代理店関係者)

中島知子会見で『ミヤネ屋』暴走! 自己中すぎる質問に場内失笑

miyane_hp.jpg
『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)
公式サイトより

 4日、元お笑いコンビ・オセロの中島知子が、8月開催のファッションイベント『第2回 東京ボーイズコレクション』の会見に、ファッションディレクターとして出席した。芸能界復帰後初の記者会見ということで、多くの報道陣が会場に駆け付けた中、『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)が大暴走する一幕があったという。

 会見冒頭、中島は「私事になるんですが、世の中をお騒がせしましたことをお詫びいたします」と、これまでの騒動を謝罪。パンツ一丁姿のイケメンモデルを見渡しながら、「小さい頃から、こういう服着たらいいのにと、服を人に押しつける傾向がありまして。今からウキウキして仕方ない!」と、ファッションディレクターへの意気込みを語った。さらに今後についても言及し、「女優業をメインにやっていきたいです。もちろんバラエティをやらせてもらえるなら、ぜひ」とコメントした。

開始早々1%台の『アゲるテレビ』に、「日テレの大英断に比べて甘い」の声

agerutv.jpg
『アゲるテレビ』(フジテレビ系)
公式サイトより

 視聴率不振で打ち切りとなった『知りたがり!』(フジテレビ系)の後続番組としてスタートした『アゲるテレビ』。元日本テレビで現在はフリーの西尾由佳理アナ、フジの中村光宏アナという新タッグに注目されていたが、初回から2.1%、第二回こそ3.6%と上向きになったかと思われたが、その後は早くも1%台の低視聴率を記録してしまった。

 フジは同枠スタート時に「打倒『ミヤネ屋』(日本テレビ系)」という目標を掲げていたが、同時間帯は相変わらず、『ミヤネ屋』とテレビ朝日の『相棒』再放送の独壇場で、『アゲるテレビ』は『午後のロードショー』を放送するテレビ東京とどっこいどっこいの低視聴率争いを繰り広げている。