安室奈美恵が所属レコード会社にも“コネチケ”を配らないワケ「エイベックスとトラブルか?」

 昨年大みそかの『NHK紅白歌合戦』のステージも記憶に新しい、安室奈美恵。2月からは、いよいよ最後の国内ドームツアーがスタートする。追加公演含む計17公演で、約75万人を動員。アジアツアー5公演では約5万人を動員予定で、トータルは前人未到の80万人に達する。

 これは歌手・小田和正の動員数記録74万人を抜いて、ソロアーティスト史上ツアー最多動員数の記録を更新することになる。

「今後の追加公演は行わないそうだが、中国の上海、広州、韓国、シンガポール、台湾・高雄など、各国からも熱烈オファーが届いています。ファンを大事にする安室さんだけに、今後の対応に注目が集まります」とは音楽関係者だ。

 当然のことながら、チケットはすでにプラチナ化。一部ネットオークションでは正規料金の10倍以上の値がついているものもある。

 知人や業界関係者の“コネチケ”も入手困難。どこぞの“歌姫”のようにバラまきは行っていないため「安室サイドに頼んでも、断られることが多い」(事情通)という。

 こんな異様な出来事もあった。

「なんと、所属レコード会社のエイベックスにも、コネチケは配らない方針のようです。彼女の“後見人”であるプロモーター男性が、『エイベックスにはチケットは絶対渡さない!!』と声を張り上げていたとか」(同)

 そういえば、紅白に安室が出演するかどうかもエイベックス社員はまったく聞かされておらず、本番でも同社社員は蚊帳の外だった。同社と安室との間に、なんらかのトラブルが生じている模様だ。

安室奈美恵以外に“大物感”対応の歌手って!? 『紅白歌合戦』低視聴率の一因は、台本読みすぎ?

 引退前最後の『第68回NHK紅白歌合戦』で瞬間最高視聴率を叩き出すなど、何かと話題を振りまいた安室奈美恵。

 NHKホールではなく同局内の別室から生中継だったりと特別扱いされていた安室だが、紅白歌合戦では、ほかにも松田聖子が“特別扱い”を受けていた様子が見られたという。

「松田のリハーサルの際、音響操作をするPA卓の一部に“SEIKO MATSUDA”のスタッフジャンパーを着たスタッフが入っていたんです。ほとんどの歌手の場合、そのPA卓にはNHK側のスタッフが入っていましたが、29日に、NHK側のスタッフが松田側のスタッフに『昨年と同じ通りなので大丈夫だと思いますけど』という話をしていたり、音合わせ中にハウリングが起こって再度音合わせする際には、その松田側のスタッフがPA卓から松田に駆け寄って話を聞き、微調整したりもしていました。なお、松田の出番が終わった後に、NHK側のスタッフが音響を再調整し直してもいたので、ただでさえ本番は生放送で時間がない中での作業することになるスタッフの苦労がしのばれる感じでしたね。そのように自前のスタッフを用意していた松田ですが、午後からのリハーサルにもかかわらず、午前中に早々と囲み取材には応じないと通達を出したりと、大物感も満載でした」(週刊誌記者)

 また、今回の紅白歌合戦では視聴率は歴代ワースト3ながら、総合司会の内村光良をはじめ嵐・二宮和也、有村架純の司会も光ったと言われているが……。

「3日間リハーサルを見ていて、リハーサルと本番で同じセリフが多く、台本を忠実にやっていて、つまらなく感じる箇所も多く見られましたね。たとえば、今年は映像でのグランドオープニングという形を取りましたが、NHKホールでの内村の第一声の『なんて贅沢なオープニングだったんでしょうか! ここに立っているのがウソだろうと思います』というセリフも、リハーサルの言葉とほとんどそのままでした。ほかにも、倉木麻衣の曲紹介のところで“自分の好きなアニメを紹介”するという部分でも、リハーサルで3人ともカンペをそのまま読んで作品を挙げていましたが、本番でも同じことを話しており、本当に好きそうな感じも伝わってこなかったですね。これでは、生放送でやる意味があるのかと思いたくなるような台本通りの進行も多かったので、安定感があるといえば聞こえはいいですが、感情が乗ってなかった感じが視聴者の心を掴めず、歴代視聴率ワースト3につながった一因になったのかもしれません」(同)

 昨年は日本テレビの“笑ってはいけない”シリーズや、テレビ東京の演歌番組なども大健闘して視聴率を伸ばした大みそか。今年の紅白歌合戦では、少しでも巻き返しをみせることができるのだろうか。

花道飾る安室奈美恵、引き際を見誤った浜崎あゆみ「私生活公開」も空振りで……

 歌手の安室奈美恵が『第68回NHK紅白歌合戦』へ特別出演を果たした。

 番組では、安室25年の軌跡をVTRで紹介。その後、2016年のリオデジャネイロオリンピック・パラリンピックのNHKテーマソングとなった「Hero」を熱唱した。

 この演出で、1990年代に思いをはせた視聴者も多いだろう。今年9月の完全引退へ向けて有終の美を飾りつつある安室に対し、完全に引き際を見誤ってしまった歌手がいる。それが浜崎あゆみだ。

「浜崎あゆみは98年に歌手デビュー。99年の『第50回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たしています。その後、2013年の『第64回』まで15年連続出場を果たしていますが、翌年、出場歌手の発表直前に、自ら卒業宣言を出しました。実際のところはCDの売り上げ減少など、歌手としての凋落を受けての落選と見る向きが妥当でしょう。落選する前に、先手を打って卒業を宣言したのでしょう」(業界関係者)

 その後もCDの売り上げや、コンサートの動員数は落ち込み続けている。苦しい立場を反映するように、2017年7月にはバラエティ番組『今夜くらべてみましたSP』(日本テレビ系)に出演し、私生活を公開した。

「番組では壁一面に並ぶ靴やサングラスのコレクションが公開されたほか、毎年30人程度のスタッフを引き連れて海外へバカンスに出かける様子が報告されました。さらにスタジオにも“25人の取り巻き”が同席。番組では“AYU様”と呼ばれ、ちやほやされていましたが、実情は変人扱いでしょう。自ら“笑われる”立場を選んだにもかかわらず、それほど話題とはならなかったのも残念ですね」(同)

 今さら引退宣言を出しても、安室の二番煎じになってしまうのは必至。もはや『紅白』にすら呼ばれなくなってしまった浜崎あゆみの行く末は、どうなってしまうのだろうか?
(文=平田宏利)

安室奈美恵のファイナルツアーに“熱烈ファン”沢尻エリカの「ゲスト出演」プラン浮上!

 来年9月で引退する歌手・安室奈美恵が2月から予定する国内5大ドーム公演などのファイナルツアーに、熱烈な安室ファンで知られる女優・沢尻エリカの「ゲスト出演」プランが関係者の間でささやかれているという。

 ツアーは、追加公演や各会場の増席をしてもチケット入手が困難なほどの記録的イベントとなりそうで、芸能人の間でも「席を確保してほしい」という要望が飛び交っている。そんな中、沢尻が客としてではなく、特別ゲストとして安室に花束を渡すなどの“共演”話が浮上しているのだ。

「沢尻さんは、この引退ツアーには何がなんでも足を運ぶと、早くからスケジュール調整をしていたそうですが、客としてではなく、ゲストとしての来場案が持ち上がっているんです。あくまでイベント関係者の間で出ている話でしかないんですが、もし実現すれば、沢尻さんとしては、たとえノーギャラでも引き受けたい仕事でしょうね」(芸能関係者)

 沢尻は、小学生の頃から安室に憧れていたといい、熱狂的ファンだったことを本人が語っている。芸能界入りしたのも「安室に会える」という思いがあったとするほど。12年前、初主演したドラマ『1リットルの涙』(フジテレビ系)に出演が決まったときのインタビューで、彼女は筆者にこんな話をしていた。

「自分の部屋の机の引き出しを『アムロちゃんコーナー』にしたんです。切り抜きとかグッズとかで埋め尽くして。電撃結婚とか出産とか、思うままに生きている姿がかっこよくて、好きで好きでたまらなかったです」

 沢尻は、レストランを営んでいたフランス人の母親から「自分の好きなように生きなさい」と言われて育ったこともあり、その手本に見えたのが安室だったようだ。安室を追って向かったのが芸能プロのオーディションで、合格後は雑誌モデルやグラビアなどの仕事に加え、当初はバラエティ番組を中心に起用されていたが、演技力を買われて抜てきされた初主演映画『パッチギ!』で韓国語や関西弁を難なくこなし、大ブレークした。

 ただ、安室の生き方への憧れは変わらず、行動は超マイペース。カラオケボックスに8時間こもって歌ったり、新橋駅前の居酒屋でサラリーマンに交じってアンキモを食べながら飲んだりと、タレントらしからぬ“ひとり行動”が多かったといわれる。

「映画のロケ地となる場所の周辺をひとりで散策するなど、勉強熱心なんですが、それを周囲に伝えないでやるので、マネジャーが『居場所がつかめない』と困っていたこともよくあった」(ドラマ関係者)

 一方では、舞台挨拶で撮影エピソードなどを聞かれても「別に……」と答えた不機嫌な振る舞いや、涙の謝罪インタビューを後で「ウソ泣き」と言うなど、その言動は常に批判の的となった。08年にクリエイターの高城剛氏と電撃結婚するも、早々に距離を置くようになり、11年に離婚。奔放なキャラは、まさにカリスマ・安室の影響を受けたものだったようだ。

 14年、主演ドラマ『ファーストクラス』(フジテレビ系)では、ついに安室の新曲「BRIGHTER DAY」が主題歌となる初コラボも実現したが、その頃の安室は育ての親であるライジングプロの平哲夫社長に「奴隷契約だ。事務所を辞めたい」という不満をぶつけ独立。一時は、事務所側が「安室奈美恵」の名前の使用を差し止める動きを取るという話もあったほど不穏になり、露出が激減。引退発表を機に大フィーバーとはなったが、少し前までプロモーター男性との不倫ゴシップが流れるなどイメージダウンがあった。

 安室と沢尻は、互いにネガティブな時期を経験したが、現在はともにスターの座にいる。もし沢尻が安室の引退ツアーに出演できたら、最初で最後の“共演”となり、ついに夢がかなうことになる。しかし、音楽関係者に聞いたところでは「安室さんのコンサートはMCナシとか、彼女の頑固なプロ意識が徹底していて、あくまでライブパフォーマンスがメインなので、関係者のプッシュぐらいでは決まらないのでは」と、見通しは明るくはなさそう。

 ダメならエリカ様もファン同様、チケット入手に走らなければならないが。
(文=片岡亮/NEWSIDER)

安室奈美恵『紅白』出場をめぐる“銭ゲバ”騒動の一部始終「テレビ局も従うしかない……」

 NHKが大みそか『紅白歌合戦』に安室奈美恵を起用するために、異例ずくめの“超VIP待遇”を用意したといわれる。一部スポーツ紙によると、安室は専用スタジオからの中継で、通常3分程度の持ち時間を20分も与えられるのだという。芸能関係者によると「こうした条件は、安室側からの強い要求で、NHK側が譲歩せざるを得ない状況があった」というが、実はこの“特別待遇”はNHK以外の局にも強いられてきた。

「ニュース番組やワイドショーなどで安室さんの紅白出場を伝える際、指定されたミュージックビデオを流すことが義務付けられ、それも『2曲以上』となっています。使用できる映像は指定の5曲のほかには、25周年の沖縄ライブのものだけと決められていて、かなり強気な姿勢です。正直、その条件をのめずに、安室ネタの扱いを諦めた番組もあるほど」

 こう話したのはフジテレビ系列の番組ディレクターだが、引退発表以降、多くのメディアが安室の取り扱いに、こうした条件を課されてきたという。

「彼女の戦略は巧みで、NHKが安室の『紅白』への起用プランを漏らしていないうちから、スポーツ紙で一斉に“交渉中”と報じられて、交渉せざるを得ない状況が作られていた」(同)

 紅白出場を交渉中という話が出れば出るほど、交渉に有利なのは安室側であり、局にとっては破格の「出演料200万円」などのほか、条件が続々と加えられたそうだ。

 安室は来年9月の引退を1年前に公表し、稼げるだけ稼ぐ“閉店セール”に持ち込んでいる。その目玉であるファイナルツアーのチケットを完売させるためには、14年ぶりの紅白出場も大きな宣伝となる話だが、それすらも条件を課して高く売っているというわけだ。

「この動きは、安室の個人事務所が主導していて、所属レコード会社のエイベックス側もほとんど聞かされていない様子でした。ただ、安室さんの特別扱いには、大御所の演歌歌手をはじめ、ほかに出演する人気アーティストが不快感を示しているようですよ。NHKサイドは『20分間というのは、急に決まるゲストのために、もともと空けてあった時間』と説明するなどして、なだめているらしいですが」(同)

 ただ、報道番組が、押し付けられた条件に黙って従って報じているのは、マスコミの姿勢としてどうなのか? 実際、ある番組プロデューサーは「ニュース番組に安室本人が出演してくれるのなら、そういう条件を課されても仕方ないと思いますが、紅白出場というニュースを伝えるだけなのに、条件を満たさなければ扱えないというのはおかしい」と言っている。

「でも、大きな声で文句を言えないのは、引退前までに自局の音楽番組に出演させたいテレビ局側の下心があって、従わざるを得ない状況もある」とプロデューサー。

 完全に「売り手市場」となってしまっている、安室の引退ビジネス。少し前までの人気凋落傾向がまるでウソのように盛り返しているのは、まさに彼女の狙い通りだろう。さすがカリスマである。
(文=片岡亮/NEWSIDER)

安室奈美恵、14年ぶりの『紅白』出場で払拭したい“黒歴史”って?

 来年9月に引退する歌手の安室奈美恵が、大みそかの『NHK紅白歌合戦』に14年ぶりに出場する。安室は女性歌手が所属する紅組ではなく、「特別出演歌手」として生出演。各スポーツ紙によると、紅白の会場である東京・渋谷のNHKホールではなく、局内もしくは局外のスタジオから生中継でのパフォーマンスを約20分にわたって披露することになるそうだ。

「引退前の『ラスト紅白』となる安室だけに、NHKはこれまでの、どのアーティストにもしていなかった超VIP待遇を約束して、ようやく出演を承諾させた。ギャラが安いことで知られる紅白だが、ほかの歌手たちとはケタ違いのギャラを提示したのでは? とささやかれている」(芸能デスク)

 とはいえ、長年、人気をキープしていた安室がなぜ、13年も出場していなかったのか? そのあたりの事情は、安室にとっての“黒歴史”となっているというのだ。

「出場していないのは04年の紅白からだが、同年、紅白の担当プロデューサーによる巨額の制作費の不正支出が発覚し、プロデューサーと当時の安室の所属事務所の創業者のただならぬ癒着ぶりが報じられた。この一件があって、同年の紅白は出場者選考の透明性が求められたため、紅白に出てほしい歌手のアンケート結果を久々に公表することになった。しかし、安室は世間の“逆風”を痛感していたようで、『多忙』を理由に早々と出場を辞退。以後、紅白からすっかり遠ざかってしまっていた。当時の所属事務所からはすでに独立していることもあり、ようやく出場する気になったのでは」(レコード会社関係者)

 1998年には、歌手別視聴率で64.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の“大記録”を達成した安室。今年は大記録の更新で、“黒歴史”をすっかり払拭したいはずだ。

嵐は安室奈美恵を前に敵前逃亡!? 『紅白』大トリが「ゆず」に決まった裏事情とは

 大みそかの『第68回NHK紅白歌合戦』に出場する46組の曲目・曲順が23日、同局から発表され、白組の人気デュオ「ゆず」が大トリに決まった。ゆずは8回目の出場。初めてのトリで、大トリを務めることになった。2004年のNHKアテネ五輪中継のテーマ曲「栄光の架橋」を歌う。

 紅白番組制作統括の矢島良氏は、起用理由について「デビュー20周年。トップアーティストとして第一線で活躍している。ベストアルバムもヒットした。世論調査でも上位。『栄光の架橋』はアテネ五輪のテーマ曲で、紅白のテーマ『夢を歌おう』に合致する。締めくくりにふさわしい」と説明したが……。

「押しやられて大トリに起用された感が強いですね」とは、音楽関係者。

 当初、大トリはジャニーズの嵐が有力視されていたが、安室奈美恵と桑田佳祐の出場が相次いで決まったことで「今年は“おいしくない”と判断して、遠慮した」(同)といわれる。

 今年の紅白は、一にも二にも安室。年明けに報じられる恒例の歌手別視聴率では、ぶっちぎりのトップが確実視されている。

「安室の出番は終盤でしょう。視聴率は安室の出番に向けて上昇し、終わったあとで急降下することが予想されます。たとえ『嵐』が大トリを飾っても、安室にはかなわない。ならば、今年はスルーするのが賢明と考えたのでは? ジャニーズは“顔”を大事にする事務所ですから」とはスポーツ紙記者。

 大トリ抜擢のゆずは「デビュー20周年イヤーを紅白歌合戦のステージで締めくくることができること、本当に光栄です。当日は僕たちの代表曲『栄光の架橋』を披露させていただきます。テレビの前の皆さんも、ぜひ一緒に歌ってください」とのコメントを発表している。

 ゆずには、安室を超えるパフォーマンスを期待したい。

嵐は安室奈美恵を前に敵前逃亡!? 『紅白』大トリが「ゆず」に決まった裏事情とは

 大みそかの『第68回NHK紅白歌合戦』に出場する46組の曲目・曲順が23日、同局から発表され、白組の人気デュオ「ゆず」が大トリに決まった。ゆずは8回目の出場。初めてのトリで、大トリを務めることになった。2004年のNHKアテネ五輪中継のテーマ曲「栄光の架橋」を歌う。

 紅白番組制作統括の矢島良氏は、起用理由について「デビュー20周年。トップアーティストとして第一線で活躍している。ベストアルバムもヒットした。世論調査でも上位。『栄光の架橋』はアテネ五輪のテーマ曲で、紅白のテーマ『夢を歌おう』に合致する。締めくくりにふさわしい」と説明したが……。

「押しやられて大トリに起用された感が強いですね」とは、音楽関係者。

 当初、大トリはジャニーズの嵐が有力視されていたが、安室奈美恵と桑田佳祐の出場が相次いで決まったことで「今年は“おいしくない”と判断して、遠慮した」(同)といわれる。

 今年の紅白は、一にも二にも安室。年明けに報じられる恒例の歌手別視聴率では、ぶっちぎりのトップが確実視されている。

「安室の出番は終盤でしょう。視聴率は安室の出番に向けて上昇し、終わったあとで急降下することが予想されます。たとえ『嵐』が大トリを飾っても、安室にはかなわない。ならば、今年はスルーするのが賢明と考えたのでは? ジャニーズは“顔”を大事にする事務所ですから」とはスポーツ紙記者。

 大トリ抜擢のゆずは「デビュー20周年イヤーを紅白歌合戦のステージで締めくくることができること、本当に光栄です。当日は僕たちの代表曲『栄光の架橋』を披露させていただきます。テレビの前の皆さんも、ぜひ一緒に歌ってください」とのコメントを発表している。

 ゆずには、安室を超えるパフォーマンスを期待したい。

安室奈美恵、電撃『紅白』出演の裏に“2つの密約”あった? NHKが「息子の芸能界デビュー」をバックアップか

 大みそかの『NHK紅白歌合戦』に、安室奈美恵が特別出演歌手として出演することが発表された。

「来年9月での引退が決まっている安室は、今回が最後の紅白となる。今年は例年以上に“目玉歌手”が不在でしたから、NHKサイドも胸を撫で下ろしたことでしょう。一部では彼女に20分という枠を与えるVIP待遇になるとも報じられています」(芸能記者)

 安室といえば、お金を払ってライブに来るファンを大事にしたいとの考えから、当初は紅白を辞退する構えを見せていた。それが急転直下、出場となった裏には、いったい何があったのか。音楽関係者は「安室とNHKとの間に“2つの密約”が交わされたようだ」と言って、こう続ける。

「安室には9月に引退した後、音楽プロデューサーとして後進を育てるプランがある。そしてもうひとつが、安室の息子の芸能界デビュー。この2つを、NHKがきちんとバックアップするというのが出場の条件になっているといいます。安室はコンサートでもMCをしないことで知られていますが、紅白でも、あらかじめ決められた質問にのみ答えるという演出上の約束ごとも入念に打ち合わせがなされたそうです」

 NHK幹部は「我々の思いが届いた」と大喜びだが、一方で安室の出場が高視聴率に直結するかは未知数だという。

「実際、11月23日にNHKで放送された『安室奈美恵 告白』の視聴率は9.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、2ケタに届かなかった。10月からHuluで独占配信された密着ドキュメンタリーも、思ったほどは話題になっていない。ラストツアーの売れ行きは好調ですが、もしかすると紅白も肩透かしに終わる可能性もありそうです」(前出・音楽関係者)

 さて、視聴率はどうなる?

安室奈美恵に持ち時間20分……“超VIP待遇”は、『紅白』崩壊の序章!

 今年9月に、2018年のツアーをもって引退すると発表した安室奈美恵が、大みそかの『NHK紅白歌合戦』に出場することが19日に判明。しかし、持ち時間が20分という“超VIP待遇”は、今後の紅白のあり方にも影響しそうだ。

 安室が引退を発表した直後から、彼女が紅白に出るかどうかは幾度も取り沙汰されてきた。11月16日に発表された出場歌手の中に安室の名前はなかったが、NHKは同23日に特別番組『安室奈美恵 告白』を放送。こういった努力のかいもあって、今月19日に安室の紅白出場がアナウンスされた。

 かつては「お化け番組」と呼ばれ、視聴率の50%超えが当たり前だった紅白だが、2000年代に入ると、その存在感はジリジリと低下。まだまだ数字的に紅白を脅かす存在は現れていないものの、紅白の復権を狙うNHKとしては、安室の出演は吉報だ。しかし芸能誌記者は、彼女を超VIP待遇にしたことについて、こう語る。

「安室が出場することは、想定の範囲内というか、出来レースだと思いますが、問題はその扱いです。NHKは彼女を“特別出演歌手”という扱いにし、持ち時間を20分与えるようですが、これは芸能界的には大変危険です。芸能界というのは、メンツや筋などをとにかく重んじる世界。だからスタッフは、エンディングロールの名前の順番、楽屋の広さ、出演時間、セリフの量などに気を配り、八方が丸く収まるよう細心の注意を払うわけです。紅白では、1人当たりの持ち時間が3分程度しかありません。複数回出演している歌手でも、それは同じです。かつて、長渕剛がベルリンから中継した際、17分30秒使ったのが最長記録ですが、今回の安室はそれを超えるもの。出場する歌手はみな、フルコーラス歌いたいのに、TVバージョンの歌を歌っている中、14年ぶりに出場する特別出演歌手の安室に20分も与えられるとなれば、“通常出演歌手”が面白かろうはずがありません。しかも、安室という前例を作ってしまったことで、今後『20分』がひとつの条件になってしまいます。例えば、これまで一度も出場していなかったり、引退が決まっている歌手、解散が決まっているバンドに出演交渉する際、間違いなく『20分くれるなら』という交渉材料にされてしまう。NHKが安室出演と引き換えに失ったものは大きいでしょう」

 しかし、それもこれも引退する安室には関係のないこと。紅白でのラストパフォーマンスに期待したい。