Hey! Say! JUMP・八乙女光で確定!? ぐるナイ『ゴチ』国分太一“クビ”で空いたジャニーズ枠に……

 後釜はいったい誰になるのか、ネット上では大予想祭りが繰り広げられている。

 12月21日に放送された『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の人気企画「ゴチになります!」で、TOKIO・国分太一とナインティナイン・矢部浩之の“クビ”が決定した。矢部は、すでに4回クビになっているが、コーナー開始以来、19年間一度もクビになったことがない国分の脱落には、衝撃を受けた視聴者も多かったようだ。

「ジャニーズ所属の国分の不敗記録には“ヤラセ疑惑”も浮上していましたが、ようやく世代交代ということでしょう。ナイナイ岡村(隆史)は、同日放送のラジオ番組『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、『ジャニーズの中でも一番仲良くさせてもらった』『国分がいてくれると、すごい助かるんですよ』と、しきりに感謝していました」(芸能ライター)

 国分を惜しむ声もある一方、“ジャニーズ枠”が空いたことで、ジャニーズファンは大喜び。次のレギュラーを誰が務めるのか、という話題で持ち切りだ。スポーツ紙デスクが語る。

「同世代なら、すでに『ザ!鉄腕!DASH!!』で農家としての顔も板についてきたTOKIOの城島茂や、食通で知られるV6の長野博あたりが候補となるでしょう。しかし、今回はやはり若手、それもジャニーズがいま最も売り出しに躍起になっているHey! Say! JUMPのメンバーが最有力ではないでしょうか。個人的には日テレの『ヒルナンデス!』と関わりの深い、八乙女光か有岡大貴ではないかと予想しています」

 別のテレビ誌編集者も、同様の予想だ。

「八乙女は『ぐるナイ』の深海魚釣り企画に参加したことがあり、先日放送された岡村の同ラジオ番組に、なぜか一人だけゲスト出演していた。ちょっと不自然な登場でしたから、もしかすると『ゴチ』の新メンバーとしての相性を岡村が確認したくて呼んだのかもしれません」

 国分卒業回は15.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と高視聴率を記録しているだけに、新年早々にも発表される2018年の新メンバーたちが、視聴者に支持されるか注目だ。

器用貧乏なHey!Say!Jump・八乙女光に見えた、“卑怯でピュアなおとぼけ”な新しい姿

yaotome-1.jpg
そろそろ覚醒して!

 今回ツッコませていただくのは、10月5日放送『DASHでイッテQ!行列のできるしゃべくり日テレ系人気番組No.1決定戦2014秋』(日本テレビ系)で見られた、Hey!Say!Jump・八乙女光の新たな可能性。

 この日、八乙女はいつになく積極的に前に出ていた。NEWS・手越祐也との意外な関係性が明らかになったのは、「お祭りバトル 自転車で橋を渡れ!!!」のコーナー。実は手越と同期で、「イッテQを見てフツフツと燃えていた」とライバル心を燃やす八乙女は「ジャニーズに入った頃はあんなキャラではなかった」と暴露。それに対する手越の返しも、「グループに色々あるとキャラも変わるんですよ」と、さすがのバラエティ慣れした対応である。

ジャニーズ主演ドラマは1%台、ココリコ・田中直樹が好調! 深夜ドラマ視聴率に波瀾

isyaryobengoshi.jpg
『慰謝料弁護士~あなたの涙、お金に変えましょう~』公式サイト

 芦田愛菜主演『明日、ママがいない』(日本テレビ系)が社会問題に発展するなど話題作もある一方、視聴率ではヒット作が出ていない今期のドラマ。今回は午後11時以降の深夜枠として放送されているドラマの視聴率がどれだけ稼いでいるのか、検証してみたい。

 今回取り上げるドラマの中でもっとも高い数字を獲っていたのは、剛力彩芽主演ドラマ『私の嫌いな探偵』(テレビ朝日系)の初回10.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)。前期に放送されていた『都市伝説の女』(主演:長澤まさみ)の8.4%を上回る好スタートだったが、2話目以降は一桁後半に下降。ミステリーマニアの女子大生を演じる剛力と、探偵役の玉木宏との掛け合いが見どころのコメディーだが、ネット上では剛力について「演技過剰でウザい」という批判もあり、2人のコンビに賛否両論の意見があるようだ。

新婚・市井紗耶香の見事なラブラブぶりを許さない、西川史子のツッコミ

nishikawa_magaha.jpg
『女盛りは、賞味期限が切れてから』/マガジンハウス

 6月26日放送の『1番ソングSHOW』(日本テレビ系)。この日は、<この曲を聴いて幸せをかみしめています 結婚してラブラブな女性歌手大集合 プライベート映像 初公開SP>と、題して(長い)、テーマ通りの女性歌手をゲストに迎え、プライベートVTRでそのラブラブぶりを紹介、さらに、幸せを感じる一曲を聞いていく。

 今回「結婚して幸せな女性歌手」として出演したのは、AKINA、市井紗耶香、青田典子、元AKBの大堀恵、植村花菜、MAXのMINA、そして南野陽子。そのほかに土田晃之、フットボールアワー、西川史子、それからHey!Say!JUMPの八乙女光と知念侑李という顔ぶれだ。

八乙女光の抱き枕がない!? オードリー・春日、Kis-My-Ft2・北山へ心変わり?

kasugaodori.jpg
『オードリーのオールナイトニッポン』
/CCRE

 『いきなり!黄金伝説。』(テレビ朝日系)の人気企画「1ヶ月1万円節約生活」。4月25日からスタートした新たなバトルの挑戦者に選ばれた、過去3戦3勝、さらに残金額が過去最高だったというオードリー・春日俊彰と、初挑戦のKis-My-Ft2・北山宏光。

 チャンピオン的ポジションの春日は、テレビなどですっかりおなじみの、<築38年><風呂なし6畳><家賃3万9000円>という自宅アパートの部屋での挑戦。このアパートの隣の部屋に北山が入居し、隣同士での1カ月節約バトルがスタートした。ちなみに北山が入った部屋は、内装も綺麗で同じアパートの部屋と思えない。

 普段から「ドケチ」として知られる春日は、格安スーパーで、まずはうどんやインスタントラーメンなどを入手。ラーメンのスープを溶いたものを特製「春日汁」と命名し、調味料として使用するなど春日流のアイデアを展開。一方の北山は、料理経験がほとんどないということで、買い込んだ卵をひたすらゆで、食べる、「ゆで卵生活」。

行きすぎた真面目さで、藤岡弘、を生殺しにしてしまったHey!Say!JUMP

yaotome-1.jpg
『スク革』仕込みのお笑いセンス、
発揮して!

 今回ツッコませていただくのは、藤岡弘、が登場した、2月10日放送分『ヤンヤンJUMP』(テレビ東京系列局)。

 そもそもこの番組、スタート当初はHey!Say!JUMPのメンバー全員でハンドボールをやったり、クイズやゲームをやったりしていた。だが、途中から番組名に「JUMP」と冠しつつも、登場するのはJUMPメンバーのうち、薮宏太と八乙女光の2人だけになり、「学習と科学」というテーマで、どこに科学が絡んでいるのかわからない内容になっている。

 そして今回は、コーヒーを愛する男・藤岡弘、が「驚きのコーヒー道」なるものを披露してくれるという企画だったが……。

深夜1時でも視聴率約5%獲得のKis-My-Ft2、追い抜かれた先輩グループは?

 近年相次いでいるジャニーズグループのデビュー。現在民放でレギュラー番組を持っている若手グループは、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2。さらに、昨年末まではKAT-TUNも冠番組を持っていた。前後の番組や裏番組の兼ね合いなど、さまざまな要素が反映される視聴率だが、ジャニーズ事務所所属の各グループのレギュラー番組は、どこまで人気=数字を持っているのだろうか。“ジャニーズ”と“視聴率”の2つのキーワードから、テレビにおける各グループの立ち位置に迫る。

■短期間で冠番組終了、2~3%と中途半端なKAT-TUN

kat-tun5.jpg
次々と新記録を樹立した、あの勢いを取り戻して~!!

 2006年3月に「Real Face」でデビューしたKAT-TUNは、グループとして唯一のレギュラー番組が昨年末で終了してしまった。昨年の元日と4月に特番で放送され、好評だったという『KAT-TUNの世界一ダメな夜!』(TBS系)が、8月から金曜午前0時20分~の30分枠でレギュラー化されたのだが、12月28日の放送で最終回を迎えている。同番組は「世界一ダメな夜を通して、ダメから学ぶ」をコンセプトにしたもので、グループにとって初のTBSでのレギュラー番組だった。

Kis-My-Ft2・玉森裕太が、“笑っちゃうくらい派手な服”で教習所に通所中!?

tamamori.jpg
こういうの着てっから、オシャレの
感覚が狂うのよ

 4月期に放映された中居正広主演ドラマ『ATARU』(TBS系)に出演、さらに『いきなり!黄金伝説。』(テレビ朝日系)の「1ヶ月1万円生活」に挑み、玉ねぎだけで1ヶ月過ごすという生活の中で、持ち前の天然ぶりを炸裂させ、一般層にも知名度が広がったKis-My-Ft2玉森裕太。

 SMAPの育ての親であり、現在はKis-My-Ft2の売り出しに携わっている飯島三智マネージャーの大のお気に入りである玉森だけに、すでに9月からの舞台『DREAM BOYS 2012』(亀梨和也主演)では、重要キャラである“チャンプ”役を演じることが決定。来年1月期の連ドラでも主演、もしくは2番手での出演がすでに内定しているとのウワサもある。いずれにせよ、今後さらに露出の機会は増えそうだ。

夏ドラマの視聴率番長は錦戸亮! ジャニタレ出演作を総ざらい

nisikidoryo03.jpg
夜遊び解禁でニヤつきが止まらない
錦戸さん

 木村拓哉主演『南極大陸』(TBS系、日曜午後9時~)をはじめ、KAT-TUN・亀梨和也が名作アニメの実写化に挑戦する『妖怪人間ベム』(日本テレビ系、土曜午後9時~)、嵐・櫻井翔が毒舌執事役を演じる『謎解きはディナーのあとで』(フジテレビ系、火曜午後9時~)などジャニーズタレントメインの大型作品が目白押しとなる10月~12月クールの秋ドラマ。早くもさまざまなかたちでPR合戦が行われる中、盛り上がりも少ないままひっそり終了した感もあるのが7月~9月放映の夏ドラマだ。一般に、「夏の連ドラは視聴率が取れない」と言われるものの、果たして今年はどんな結果が出たのか。ジャニーズタレント出演作に注目して振り返ってみよう。