V6・井ノ原快彦『あさイチ』降板 後任は関ジャニ∞・横山裕? それとも丸山隆平?

 V6の井ノ原快彦が、今年の3月をもってNHKの朝の情報番組『あさイチ』のMCを降板することが発表された。相方であるNHKの有働由美子アナも同時に降板することが決定しており、番組は装いを新たにすることになる。

「4月以降は事実上の新番組のような形になるわけですが、情報番組という基本的なフォーマットは引き継ぐようです。MCも、男女1人ずつのコンビになるのではないかという見方が多いですね。一部報道にもありましたが、同局の近江友里恵アナの起用が内定しているようです」(制作会社関係者)

 そうなれば、やはり気になるのは井ノ原の後任である。

「一定の視聴者が見込め、話題性もあるということで、NHKとしては、やはり井ノ原と同様ジャニーズ事務所のタレントを起用したいという気持ちでしょう」(同)

 井ノ原の後は、誰が継ぐのか。ある放送作家はこんな予想をしている。

「ひとつ問題があるのは、裏番組の『ビビット』(TBS系)でTOKIOの国分太一がMCをしていること。ジャニーズタレントの“裏かぶり”は完全NGではないとしても、ない方が好ましいですからね。井ノ原と国分は、ほぼ同期くらいの関係だったので、どうにか裏かぶりも成立しましたが、少なくとも、国分より後輩のジャニーズタレントを『ビビット』の裏にぶつけることはできないと思います」

 国分と同期か先輩のジャニーズタレントとなると、TOKIOやV6のメンバーくらいしかいない。

「国分の裏にTOKIOメンバーを持ってくることは考えにくいので、V6の坂本昌行や長野博あたりは候補ですが、井ノ原の後に同じV6のメンバーを持ってくることもあり得ない。つまり、TOKIOやV6のメンバーは難しいと思います」(同)

 しかし、実は『ビビット』に関しても3月で終了するとの話が出ている。

「『ビビット』が終わったら、裏かぶりの問題もないので、NHKがオファーできるジャニーズタレントの幅が一気に広がりますね。そうなったら、関ジャニ∞のメンバーあたりは現実味がありそう。NHKとしては、ポスト中居正広と呼ばれる村上信五を狙いたいところですが、朝の帯番組をやるには忙しすぎる。そう考えると情報番組に対応できる関ジャニ∞ということでは、横山裕、丸山隆平あたりであれば、可能性はあると思います」(同)

 TBSの動き次第で大きく変わることとなりそうな井ノ原の後任。果たして、ジャニーズの連投はあるのか?

V6・井ノ原快彦『あさイチ』降板 後任は関ジャニ∞・横山裕? それとも丸山隆平?

 V6の井ノ原快彦が、今年の3月をもってNHKの朝の情報番組『あさイチ』のMCを降板することが発表された。相方であるNHKの有働由美子アナも同時に降板することが決定しており、番組は装いを新たにすることになる。

「4月以降は事実上の新番組のような形になるわけですが、情報番組という基本的なフォーマットは引き継ぐようです。MCも、男女1人ずつのコンビになるのではないかという見方が多いですね。一部報道にもありましたが、同局の近江友里恵アナの起用が内定しているようです」(制作会社関係者)

 そうなれば、やはり気になるのは井ノ原の後任である。

「一定の視聴者が見込め、話題性もあるということで、NHKとしては、やはり井ノ原と同様ジャニーズ事務所のタレントを起用したいという気持ちでしょう」(同)

 井ノ原の後は、誰が継ぐのか。ある放送作家はこんな予想をしている。

「ひとつ問題があるのは、裏番組の『ビビット』(TBS系)でTOKIOの国分太一がMCをしていること。ジャニーズタレントの“裏かぶり”は完全NGではないとしても、ない方が好ましいですからね。井ノ原と国分は、ほぼ同期くらいの関係だったので、どうにか裏かぶりも成立しましたが、少なくとも、国分より後輩のジャニーズタレントを『ビビット』の裏にぶつけることはできないと思います」

 国分と同期か先輩のジャニーズタレントとなると、TOKIOやV6のメンバーくらいしかいない。

「国分の裏にTOKIOメンバーを持ってくることは考えにくいので、V6の坂本昌行や長野博あたりは候補ですが、井ノ原の後に同じV6のメンバーを持ってくることもあり得ない。つまり、TOKIOやV6のメンバーは難しいと思います」(同)

 しかし、実は『ビビット』に関しても3月で終了するとの話が出ている。

「『ビビット』が終わったら、裏かぶりの問題もないので、NHKがオファーできるジャニーズタレントの幅が一気に広がりますね。そうなったら、関ジャニ∞のメンバーあたりは現実味がありそう。NHKとしては、ポスト中居正広と呼ばれる村上信五を狙いたいところですが、朝の帯番組をやるには忙しすぎる。そう考えると情報番組に対応できる関ジャニ∞ということでは、横山裕、丸山隆平あたりであれば、可能性はあると思います」(同)

 TBSの動き次第で大きく変わることとなりそうな井ノ原の後任。果たして、ジャニーズの連投はあるのか?

関ジャニ∞・丸山隆平、“餃子”で共演女優との交際疑惑勃発! 「連絡先すら知らない」と双方反論

 関ジャニ∞の丸山隆平に、共演女優との交際疑惑が浮上している。相手のインスタグラムなどから、2人の関係についてファンが検証していたところ、その動きを察知した丸山本人がジャニーズ公式携帯サイト・Johnny’s webの連載で怒りを露わにした。

 丸山と親密関係が疑われているのは、昨年11月に公開された映画『泥棒役者』で共演した女優・石橋杏奈。同作は丸山の単独初主演作映画で、当初、出演予定だった清水富美加(現・千眼美子)が宗教団体「幸福の科学」に出家したため、急きょ代役を務めたのが石橋だった。そんな2人が騒ぎになったきっかけは、1月16日に丸山が更新した公式携帯サイト・Johnny’s webの連載「丸の大切な日」。丸山は朝食に餃子を食べたと綴ったが、アップされた写真に10個近くの餃子が写っていたことや、餃子が手作り風だったことから、一部のファンが女性の影を連想したようだ。

「独身男性が朝から10個近い餃子を焼いて食べるのかどうか、と疑問に感じたファンが彼女の存在を疑ったのでしょう。ジャニーズファンの間では“彼女探し”の際に共演者のSNSをチェックすることが定番になっており、そこでヒットしたのが石橋だったわけです。1月15日更新のインスタグラムのコメント欄で、『得意料理は何か』と質問され、『餃子です』と答えていたり、12月31日には人差し指や中指でハートを作る“指ハート”の写真を載せています。このハートは、大みそかに行われた『ジャニーズカウントダウン 2017-2018』で偶然にも丸山も披露し、フジテレビ系での中継にもその場面が映っています。餃子と指ハートが被ったため、丸山ファンは“石橋が怪しい”と、マークを始めました」(ジャニーズに詳しい記者)

 これにより、石橋のインスタグラムのコメント欄に「関ジャニ∞の丸山くんと付き合ってるってウワサ出てますけど、どうなんですか?」「丸山くんとお付き合いされてるんですか? 餃子、ハートマーク……匂わせしないでください」「匂わせやめなよ。ジャニーズタレントとの仕事来なくなるよ」と“突撃”するファンも。ついに1月16日アップのインスタグラム内で、石橋自ら、丸山との関係性を尋ねるファンに「連絡先すら存じ上げません」と返信していた。

 一方、丸山はエゴサーチ(ネット上で自分の名前を検索すること)が好きだと公言しているだけに、「石橋杏奈と付き合ってるの? #丸山隆平エゴサ用」というツイートも出るなど、一部ファンの行動が過激化した。

 しかし、こうした疑り深いファンとは対照的に、「あれを匂わせとか言ってたらキリない。餃子とかみんな作って食べるし、あのハートぐらいやるでしょ」「あんなポーズ誰でもするし、餃子なんて誰でも作れる」「男の人なら餃子10個くらい普通に食べるだろうし、朝から餃子→手作り? 女いる? ってなる思考がおかしい」といった呆れた声も続出。

「丸山もエゴサーチによって事態を把握したのか、18日更新の『丸の大切な日』で、この問題に言及しています。まずは『考え中です』と切り出し、『みんなは火のないところに煙立てられたことある?』と意味深につづった上で、“勝手な結び付け”をする人々に不快感を示していました。丸山はファンのことを『妻』と表現しながら、『僕と妻の関係を邪魔しないで欲しい』と、警告。餃子の写真から妙な勘違いに発展したことが許せなかったのか、『写真載せるのやめようかなぁ』と、残念そうに書いています。ファン思いで心優しい丸山は、石橋にも迷惑がかかると考え、一刻も早く自分の言葉で反論したかったのでしょう」(同)

 とはいえ、あらぬ疑いがかかった度にコメントをするわけにもいかず、ネット上では「日記で反応したら、火のないところに煙立てた人間の思う壺だ」という指摘も見受けられる。

 アイドルのファンが交際相手の存在に敏感になってしまうのは仕方ないが、もう少し冷静になり、丸山の誠実な人柄を信じるべきなのかもしれない。

関ジャニ∞・丸山隆平、“餃子”で共演女優との交際疑惑勃発! 「連絡先すら知らない」と双方反論

 関ジャニ∞の丸山隆平に、共演女優との交際疑惑が浮上している。相手のインスタグラムなどから、2人の関係についてファンが検証していたところ、その動きを察知した丸山本人がジャニーズ公式携帯サイト・Johnny’s webの連載で怒りを露わにした。

 丸山と親密関係が疑われているのは、昨年11月に公開された映画『泥棒役者』で共演した女優・石橋杏奈。同作は丸山の単独初主演作映画で、当初、出演予定だった清水富美加(現・千眼美子)が宗教団体「幸福の科学」に出家したため、急きょ代役を務めたのが石橋だった。そんな2人が騒ぎになったきっかけは、1月16日に丸山が更新した公式携帯サイト・Johnny’s webの連載「丸の大切な日」。丸山は朝食に餃子を食べたと綴ったが、アップされた写真に10個近くの餃子が写っていたことや、餃子が手作り風だったことから、一部のファンが女性の影を連想したようだ。

「独身男性が朝から10個近い餃子を焼いて食べるのかどうか、と疑問に感じたファンが彼女の存在を疑ったのでしょう。ジャニーズファンの間では“彼女探し”の際に共演者のSNSをチェックすることが定番になっており、そこでヒットしたのが石橋だったわけです。1月15日更新のインスタグラムのコメント欄で、『得意料理は何か』と質問され、『餃子です』と答えていたり、12月31日には人差し指や中指でハートを作る“指ハート”の写真を載せています。このハートは、大みそかに行われた『ジャニーズカウントダウン 2017-2018』で偶然にも丸山も披露し、フジテレビ系での中継にもその場面が映っています。餃子と指ハートが被ったため、丸山ファンは“石橋が怪しい”と、マークを始めました」(ジャニーズに詳しい記者)

 これにより、石橋のインスタグラムのコメント欄に「関ジャニ∞の丸山くんと付き合ってるってウワサ出てますけど、どうなんですか?」「丸山くんとお付き合いされてるんですか? 餃子、ハートマーク……匂わせしないでください」「匂わせやめなよ。ジャニーズタレントとの仕事来なくなるよ」と“突撃”するファンも。ついに1月16日アップのインスタグラム内で、石橋自ら、丸山との関係性を尋ねるファンに「連絡先すら存じ上げません」と返信していた。

 一方、丸山はエゴサーチ(ネット上で自分の名前を検索すること)が好きだと公言しているだけに、「石橋杏奈と付き合ってるの? #丸山隆平エゴサ用」というツイートも出るなど、一部ファンの行動が過激化した。

 しかし、こうした疑り深いファンとは対照的に、「あれを匂わせとか言ってたらキリない。餃子とかみんな作って食べるし、あのハートぐらいやるでしょ」「あんなポーズ誰でもするし、餃子なんて誰でも作れる」「男の人なら餃子10個くらい普通に食べるだろうし、朝から餃子→手作り? 女いる? ってなる思考がおかしい」といった呆れた声も続出。

「丸山もエゴサーチによって事態を把握したのか、18日更新の『丸の大切な日』で、この問題に言及しています。まずは『考え中です』と切り出し、『みんなは火のないところに煙立てられたことある?』と意味深につづった上で、“勝手な結び付け”をする人々に不快感を示していました。丸山はファンのことを『妻』と表現しながら、『僕と妻の関係を邪魔しないで欲しい』と、警告。餃子の写真から妙な勘違いに発展したことが許せなかったのか、『写真載せるのやめようかなぁ』と、残念そうに書いています。ファン思いで心優しい丸山は、石橋にも迷惑がかかると考え、一刻も早く自分の言葉で反論したかったのでしょう」(同)

 とはいえ、あらぬ疑いがかかった度にコメントをするわけにもいかず、ネット上では「日記で反応したら、火のないところに煙立てた人間の思う壺だ」という指摘も見受けられる。

 アイドルのファンが交際相手の存在に敏感になってしまうのは仕方ないが、もう少し冷静になり、丸山の誠実な人柄を信じるべきなのかもしれない。

関ジャニ∞丸山主演『泥棒役者』第4位の大コケ! 主題歌売り上げも伸びず苦戦中

 関ジャニ∞丸山隆平が主演を務める映画『泥棒役者』が11月18日に封切られた。丸山は意外にも、同作が初の単独映画主演作となる。

 丸山が演じているのは、かつて金庫破りとして泥棒稼業に足を踏み込んでいた男・大貫はじめ。ひょんなことから泣く泣く豪邸に忍び込み泥棒をすることになったはじめは、そこで「豪邸の主人」「絵本作家」「編集者」と次々に別人に間違えられる。しかし、泥棒だとバレてはならないため、はじめは必死に他人になりすまし、“役者”のように演技をするのだが……。密室で繰り広げられる、ドタバタな喜劇エンターテインメントに仕上がっている。

 映画レビューサイトなどを見てみると、「映画館を出て単純に『あー楽しかった!』ってなる。おもしろおかしさだけじゃなく、胸がぎゅっと締め付けられるところもありました」「少ないキャストで場面設定も小さめだが、1人1人のキャラの個性が強く、会話のテンポがとても良かったのでおもしろく飽きなかったです」「期待よりもずっとおもしろかったです。映画館であんなに笑ったのは初めてでした」と、おおむね好評の様子。

 しかし、20日に興行通信社が発表した18日~19日の「全国映画動員ランキング」によると、『泥棒役者』は第4位という結果に。しかも、第1位は公開3週目の『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』、第2位は公開2週目の『HiGH&LOW THE MOVIE 3/FINAL MISSION』となっており、初登場の勢いが感じられないランキングとなっている状態だ。

 主題歌には関ジャニ∞の最新シングル「応答セヨ」(15日発売)が使用されているが、こちらは初動の売り上げがわかる店頭入荷日の14日付オリコンデイリーランキングで第1位を獲得。しかし週間で見てみると、前作「奇跡の人」(9月6日発売)が25.4万枚売り上げていたのに対し、「応答セヨ」は21.9万枚にとどまっている。シングルの売り上げも、少なからず『泥棒役者』の話題性の乏しさが影響しているのかもしれない。

 今年公開されたジャニーズアイドル出演映画は、どれも良い結果とは言い難かった。例えば、4月29日に公開された木村拓哉主演の『無限の住人』は、初登場第6位という結果でファンに衝撃を与えた。さらに10月7日の嵐・松本潤主演の『ナラタージュ』も初登場第2位となり、同じく嵐・二宮和也が主演した『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』(11月3日公開)も初登場第3位に終わっている。嵐・大野智主演『忍びの国』(7月1日公開)や、KinKi Kids堂本剛出演『銀魂』(7月14日公開)など大ヒットした作品もあるが、全体的な数字だけを見ると、かなり苦戦を強いられていると言えるだろう。

 12月1日にはHey!Say!JUMP山田涼介主演『鋼の錬金術師』、23日にはSexy Zone中島健人とHey!Say!JUMP知念侑李が共演する『未成年だけどコドモじゃない』が公開予定。さらに来年も、木村と二宮が共演する『検察側の罪人』、嵐・櫻井翔が主演を務める『ラプラスの魔女』など話題作の公開を控えている。不調が続く“ジャニーズ出演映画”だが、救世主となるのは一体どの作品だろうか。

関ジャニ∞・丸山、『サタデープラス』が大低迷! リニューアル失敗で視聴率ダウン

 秋からレギュラー番組が増え、絶好調の関ジャニ∞。稼ぎ頭である村上信五による単独の新レギュラーも決まり、勢いはとどまりそうにない。

「村上が担当するのは音楽オーディション番組『今夜、誕生! 音楽チャンプ』(テレビ朝日系)。プロのほか、ロボットが音楽にまつわるあらゆるパフォーマンスを審査するのが特徴のようです。また、関ジャニ∞のレギュラーとして4本目となる新番組『ペコジャニ∞!』(TBS系)もスタート。多数決で1位になったメニューに投票した人だけが食べられるというグルメバラエティで、かつて『どっちの料理ショー』(日本テレビ系)をヒットさせた、業界では有名な制作会社が企画したものになるため、数字も期待されています」(業界関係者)

 そんな関ジャニ∞には、村上以外にも単独で番組MCを務めるメンバーがいる。

「丸山隆平です。彼がMCを務めているのは『サタデープラス』(TBS系)という情報番組。土曜朝8時という時間に、癒やしの笑顔を届けています」(芸能ライター)

 『サタプラ』が放送されている土曜朝8時は、いずれも長寿番組がひしめく視聴率激戦区。『ウェークアップ!ぶらす』(日本テレビ系)は前身の番組から数えて26年目、『朝だ!生です旅サラダ』(テレビ朝日系)も24年目、『にじいろジーン』(フジテレビ系)も9年目と、それぞれ固定の視聴者をがっちりとつかんでいる。

 その中で、同枠でかつて放送されていた『知っとこ!』を打ち切り、2015年から始まった『サタプラ』。スタート初年度には何回か同時間帯1位に立ったことがあったものの、3年目となる現在、どうも雲行きが怪しいというのだ。

「実はスタートして数ヶ月後からは正直、あまり良いとは言えないのが現状です。さらに、それに輪をかけて最近の改革が大不評なんです。もともとこの番組は、『視聴者にプラスの情報を届ける』というコンセプトのもと、動体視力が10歳若返る目の体操や、大腸がんになりにくい都道府県ランキング、タレントが勇気を持って認知症検診を受けるロケなど、特に健康をメインにしたコーナーが好評を博してきました」(同)

 それが、8月19日放送分から大幅なリニューアルが行われ、観光地の中継コーナーや、1週間の出来事を振り返るニュースコーナーが新設されることとなった。

「動物園から脱走したゾウガメのルートを検証したり、北朝鮮のミサイル問題を扱ったり、素人同然の女子高生が観光地でギャーギャー騒いでレポートしたり、何がしたいのかよくわからない番組になってしまいました」(同)

 SNS上の意見を拾っても、「『サタプラ』は健康とマネーじゃなかったのですか」「今日の企画つまらない。前に戻ってほしい」「丸ちゃんの体操とか見せてほしい」など、リニューアル前の企画を求める声が絶えない。

 ちなみに視聴率面を見ても、リニューアル前週の8月12日は5.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、リニューアル後の19日は5.5%、さらに26日が4.7%と確実に下落しており、視聴者が遠ざかりつつある現状がうかがい知れる。

 ちなみに、同枠で放送されていた番組『知っとこ!』は、放送12年間で平均視聴率は関東6.7%、最高視聴率は2007年11月3日の9.8%。『サタプラ』はまだ3年目とはいえ、『知っとこ!』の最高値越えは果たしていない。

関ジャニ∞から2人目のMC進出と期待されたが、ここにきて暗礁に乗り上げそうな丸山。 “MC王”村上は、その姿をどう見ているのだろうか。
(村上春虎)

関ジャニ∞・丸山隆平、ネットの“彼女騒動”に言及? 「どうぞお好きに」と意味深日記

 関ジャニ∞・丸山隆平が、公式携帯サイト・Johnny’s webの連載「丸の大切な日」で意味深な日記を投稿し、ファンの間に衝撃が走っている。先頃、丸山は、Twitterでの目撃談から「神戸の某温泉街」で女性とデートしていた疑惑が浮上したばかり。そのうわさに言及した日記なのか、丸山の謎めいた文章によって、騒ぎを知らなかったファンにも困惑が広がっている。

 7月から5大ドームツアー『関ジャニ’s エイターテインメント ジャム』を開催中の関ジャニ∞。丸山の“彼女”疑惑の発端は、7月23日の京セラドーム大阪公演終了後、神戸の温泉街に「丸山らしき人がいた」という目撃ツイートが上がったことだ。関ジャニ∞ファンとみられるこのTwitterユーザーの書き込みによると、“丸山らしき人”はマスクを着用し、後ろには距離をとるように歩く女性の姿があったとか。

「目撃者はファンからの質問に答える形で、『小さめのショートボブの綺麗系』『20代後半』などと女性の特徴を具体的に挙げていました。目撃者いわく、自身が持っていた関ジャニ∞のコンサートバッグを見た瞬間に丸山が『逃げた』そうで、女性の方は『え? みたいな顔していたので明らかに知り合いだったのかな?』と、現場の様子を詳細につづっていました。当初、一連のツイートは誰でも閲覧可能でしたが、その後はフォロワーしか読めない“鍵アカ”に変更してしまったんです」(ジャニーズに詳しい記者)

 丸山が本当に女性と街を歩いていたのかをファンは確かめるため、「神戸の温泉」といったヒントから、相手の女性のSNSを突き止めようと、調査を開始。丸山の舞台を観劇した記述などから“怪しい女性”のインスタグラムを特定し、ネット上では「疑惑が黒に近くなってきた」として、丸山が書いた過去の連載と彼女のインスタグラムの内容検証が始まった。

「昨年8月、丸山がコンサートのMCで『財布をなくした』と話した時、問題視されている女性が公演よりも前に、『お友達に会いに大阪』『財布なくしたみたいでざまーみろな夜』とインスタグラムに書いていたと報告する声が上がりました。また、4月に桜の記述が重なっている点や、同じ飲食店に行っていた可能性など、証拠としていくつか並べられましたが、多くのファンは、ただの偶然にすぎないことや、双方の投稿時期に矛盾が生じていると指摘。『どう考えてもこじつけ』だと呆れる声が上がる一方で、丸山はネット上で自身の名前を検索する“エゴサーチ”をすると公言していただけに、『#丸山隆平エゴサ用』とハッシュタグをつけながら『目撃されたり匂わせとかやめてもらっていい?』とツイートする動きも見受けられました」(同)

 ネット上の騒動を察知したのか、丸山は31日更新の「丸の大切な日」で、「悪気の何なし」「どうぞお好きに。みんなは呆れて許せないけど、どうでもいいと諦めることある?」などと投稿。普段の明るい日記とは違うテンションだっただけに、「意味深」だと騒ぎになった。「丸ちゃんの日記読んだけど、怒ってるよね。ガセネタやめて」「情報がガセなら丸ちゃんは何も悪くないよね?」と、丸山に同情するコメントが続出したのだ。

 しかし、丸山の日記によって、それまで一連の騒動を把握していなかったファンにまで騒ぎが広まる展開に。そのため、「スルーを貫き通してほしかった」「なんでスルーもできないのか疑問」「マルちゃんの書き方がフワッとしてるから真意が解らなくて翻弄されるんだよ」「『関係ない!』とかハッキリ否定してくれればそれで済むのに」と、丸山の行動に疑問を抱くファンも。

温泉での目撃談は本当に丸山だったのか、一部ファンが注目した女性と丸山に接点があったのかは不明ながら、騒ぎを受けて女性のインスタグラムは閲覧できない状態になっているようだ。

 これまで女性関係のスキャンダルは少なく、クリーンなイメージが強い丸山。昨年11月の「フライデー」(講談社)に、かつてドラマ『ボーイズ・ オン・ザ・ラン』(テレビ朝日系)で共演した平愛梨と「西麻布の高級鰻屋で密会していた」と報じられたが、これは友人同士の食事会だったとみられている。

 丸山に限らず、最近ではNEWS・手越祐也、Hey!Say!JUMP・山田涼介がネット上で話題になった女性絡みのうわさに言及するケースが増えている。しかし、今回の丸山の場合は意味深なブログにより、多くのファンを混乱させてしまった。本人にとって全く寝耳に水の話なのであれば、否定の際は明確にその思いを記すべきなのかもしれない。

ジャニーズ、「TBS乗っ取り」裏事情! TOKIO・国分続投の“無法地帯”に社員も悲鳴

kokubuntaichi04.jpg
「男子ごはん」くらいがちょうどよかったんじゃ……

 今年4月より、関ジャニ∞・丸山隆平が初のメイン司会を務める情報生番組が、TBS系でスタートすることが報じられた。昨年はTOKIO・国分太一が同局で『いっぷく!』をスタートさせたばかりだが、このTBSへの“ジャニーズ侵食”現象の裏側とは――。

 同時間帯にV6・井ノ原快彦が司会の『あさイチ』(NHK)が放送されている中で、異例のスタートを切った『いっぷく!』。ところが期待とは裏腹に視聴率は低迷、平均2~3%程度と文字通り“惨敗”となってしまっている。この緊急事態にもかかわらず、4月以降は『いっぷく!』自体は終了するものの、国分MCの新番組のスタートがすでに決定しているという。

丸山隆平が“土曜朝の顔”で大丈夫!?「関ジャニ∞は視聴率が取れない」を払拭できるか

jigokusensei1022.JPG
日本テレビ『地獄先生ぬ~べ~』公式サイトより
 2003年から12年続いた土曜朝の情報番組『知っとこ!』(TBS系)が3月で終了し、4月から関ジャニ∞の丸山隆平が司会を務める生放送の情報番組が始まることが分かった。  連続ドラマ『地獄先生ぬ~べ~』(日本テレビ系)や『ボーイズ・オン・ザ・ラン』(テレビ朝日系)で主演を務めた丸山だが、司会はこれが初。小堺一機、小島瑠璃子と共に進行役を務め、“健康”や“お金”の情報を主に取り上げるという。  関ジャニ∞といえば、冠番組『関ジャニの仕分け∞』(同)が11年からゴールデン帯で続いているほか、個々にレギュラー番組も。昨年は『24時間テレビ「愛は地球を救う」』(日本テレビ系)のメインパーソナリティーを務めるなど、ジャニーズの中でも目覚ましい活躍を見せている。  しかし、一部では丸山の司会に不安の声が上がっている。 「グループでは勢いのある関ジャニ∞も、ソロでは『視聴率が取れない』ともっぱら。メイン司会が“番組の顔”となる情報番組において、丸山の起用は思い切った決断という印象です。また、TBSは国分太一がキャスターを務める『いっぷく!』が2~3%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と低迷しており、来月いっぱいでの打ち切り説も浮上しているだけに、丸山の新番組も今から心配です」(制作会社関係者)  確かに、昨年は、大倉忠義主演の連ドラ『Dr.DMAT』(TBS系)が全話1ケタで大コケ。錦戸亮主演『ごめんね青春!』(TBS系)も全話平均7.6%と低迷し、同時期に放送された『地獄先生ぬ~べ~』も1ケタまで落ち込むなど、苦戦を強いられた。  さらに、一時は好調だった『関ジャニの仕分け∞』も、看板企画の“歌ウマ”が飽きられ、最近は1ケタを連発。先月、『もしものシミュレーションバラエティー お試しかっ!』(テレビ朝日系)を終了させるなど、バラエティ番組の編成を見直しているテレ朝にとって、『関ジャニの仕分け∞』の落ち込みようは見逃せないだろう。 「“打ち切り圏内”といわれる『関ジャニの仕分け∞』に加え、もし丸山の新番組も振るわないとなれば、いよいよ“低視聴率グループ”のレッテルを貼られかねない。関ジャニ∞はそれなりにキャリアを積んでいるものの、お茶の間になかなか個人のキャラが浸透しない。“地方色の強いグループ名が、関西以外の視聴者を無意識に遠ざけている”ともいわれており、実際、『SMAPや嵐なら見るけど、関ジャニ∞だと、なんとなく見る気にならない』という視聴者の声は意外と多いようです」(芸能ライター)  丸山は、「関ジャニ∞は、数字が取れない」という下馬評に打ち勝つことができるだろうか?

関ジャニ∞・丸山隆平、情報番組MC決定にファン歓喜も「大惨敗・国分の二の舞いが不安」

maruchan01.jpg
パニクったら「パーン!」で切り抜けろ!!

 4月からスタートするTBS系の生放送情報番組のMCを、関ジャニ∞・丸山隆平が務めると12日付の「日刊スポーツ」が報じた。丸山の番組司会は初で、「僕が朝の番組MCをいただけるなんてっ! お話をいただいた時は、あまり実感がわかず、しばらくの間、喜びと驚きで放心状態でした」とコメントを発表したが、ファンの間では期待と不安の声が入り交じっているようだ。

 同紙によると、丸山の新番組は12年間にわたって放送され、松嶋尚美らがMCを務めている『知っとこ!』(MBS)の後枠での放送となる。レギュラーは丸山のほかに小堺一機、小島瑠璃子で、テーマは「健康」と「お金」。自身の健康問題について「まだ先のこと」と先送りにしがちな30代の代表として、丸山の司会が実現したという。