ロンブー田村淳、河相我聞……相次ぐ芸能人の大学受験、裏に潜むのは「大学の生存戦略」か

 これは、大学の新たな生存戦略上の“広告”なのか。ロンドンブーツ1号2号の田村淳の大学受験が話題を集めている。昨年9月から、青山学院大学に合格することを目指すと宣言し受験勉強に励んできた田村は、1月13日と14日に行われたセンター試験の自己採点結果をTwitterにも投稿した。

「詳しい結果じゃないけど…現国と日本史は6割そこそこに7割行きたかったな…英語は5割切り…」

 受験情報サイトによれば、青学大のセンター利用入試の必要な正答率は8割以上。既に合格圏外であることは確定している。ただ、田村は、この後に実施される一般入試を目標としているようで、合格への意欲を燃やしている。

「少子化によって、大学の経営危機は避けられません。従来通り、高校を卒業した若者だけを相手にしていては、定員割れは必至です。あらゆる世代に門戸を広げていかなくては、あと10年もせずに立ちゆかなくなる」(ある私大教員)

 現在約120万人の18歳人口は、2040年には88万人にまで減少すると試算されている。仮に大学を義務教育にしても、早慶上智やそれに準じるレベルの私大ですら経営危機が避けられない。そこで各大学が注目しているのが、高卒で社会人になった人々、あるいは、もう一度大学で学び直したいと考えている中高年なのだ。

「日本では、中高年の大学入学は、まだ一般的ではない。けれども、何かを起爆剤にブームになる可能性は十分にある。今は、さまざまな大学が<中高年に向けた広告塔になる芸能人はいないか>と探している状況ですよ」(同)

 中年期に差し掛かってから、初めて、あるいは再び大学で学ぶことを志向する潜在的な志望者は、かなりの数に上るという。ただ、そこには「学生に戻って、青春をやり直したい」という意思も見え隠れするのだ。

「勉強もしたかったが、半分くらいはそれだった」と話すのは、50代になり再び大学に入学した男性。入学当初は「学ぶ意志があれば年齢なんて」と思っていたが、今は後悔の日々だという。

「サークル活動にも興味があったのですが、オッサンなんかが見学にいっても浮くだけです。おまけに、ついつい人生の先輩風を吹かしたもので学内でも浮き気味です」(同)

 さらに、別の中年学生からは、こんな証言も。

「勉強には年齢は関係ないと思うんですが、ゼミの集まりで食事会などがあると、どうしても多く支払わざるを得ないプレッシャーがあります。それに、自分の経験してきた業界を志望している学生からは就職のコネがないか相談されたり……」

 冒頭で述べた田村は、青学合格を目指して意気揚々。一方、大学受験を志し昨年10月に高卒認定試験に合格した俳優の河相我聞は「42歳が何となく大学に行くのはマズそうだ」と、現実と向き合い悩んでいる心の内をブログに綴っている。

 先の私大教員は語る。

「自分で安くはない学費を負担しているからでしょうか。授業はもちろん、飲み会にも全出席している社会人学生もいますよ。もちろん、若い学生たちは<このオッサンは、暇なのか>と白い目です」

 芸能人を広告塔として利用し、その成果として、ごく当たり前のことのように、大学が年齢を問わず入学できる場になっても、青春をもう一度楽しめるというワケではないのか。
(文=是枝了以)

ロンブー田村淳、河相我聞……相次ぐ芸能人の大学受験、裏に潜むのは「大学の生存戦略」か

 これは、大学の新たな生存戦略上の“広告”なのか。ロンドンブーツ1号2号の田村淳の大学受験が話題を集めている。昨年9月から、青山学院大学に合格することを目指すと宣言し受験勉強に励んできた田村は、1月13日と14日に行われたセンター試験の自己採点結果をTwitterにも投稿した。

「詳しい結果じゃないけど…現国と日本史は6割そこそこに7割行きたかったな…英語は5割切り…」

 受験情報サイトによれば、青学大のセンター利用入試の必要な正答率は8割以上。既に合格圏外であることは確定している。ただ、田村は、この後に実施される一般入試を目標としているようで、合格への意欲を燃やしている。

「少子化によって、大学の経営危機は避けられません。従来通り、高校を卒業した若者だけを相手にしていては、定員割れは必至です。あらゆる世代に門戸を広げていかなくては、あと10年もせずに立ちゆかなくなる」(ある私大教員)

 現在約120万人の18歳人口は、2040年には88万人にまで減少すると試算されている。仮に大学を義務教育にしても、早慶上智やそれに準じるレベルの私大ですら経営危機が避けられない。そこで各大学が注目しているのが、高卒で社会人になった人々、あるいは、もう一度大学で学び直したいと考えている中高年なのだ。

「日本では、中高年の大学入学は、まだ一般的ではない。けれども、何かを起爆剤にブームになる可能性は十分にある。今は、さまざまな大学が<中高年に向けた広告塔になる芸能人はいないか>と探している状況ですよ」(同)

 中年期に差し掛かってから、初めて、あるいは再び大学で学ぶことを志向する潜在的な志望者は、かなりの数に上るという。ただ、そこには「学生に戻って、青春をやり直したい」という意思も見え隠れするのだ。

「勉強もしたかったが、半分くらいはそれだった」と話すのは、50代になり再び大学に入学した男性。入学当初は「学ぶ意志があれば年齢なんて」と思っていたが、今は後悔の日々だという。

「サークル活動にも興味があったのですが、オッサンなんかが見学にいっても浮くだけです。おまけに、ついつい人生の先輩風を吹かしたもので学内でも浮き気味です」(同)

 さらに、別の中年学生からは、こんな証言も。

「勉強には年齢は関係ないと思うんですが、ゼミの集まりで食事会などがあると、どうしても多く支払わざるを得ないプレッシャーがあります。それに、自分の経験してきた業界を志望している学生からは就職のコネがないか相談されたり……」

 冒頭で述べた田村は、青学合格を目指して意気揚々。一方、大学受験を志し昨年10月に高卒認定試験に合格した俳優の河相我聞は「42歳が何となく大学に行くのはマズそうだ」と、現実と向き合い悩んでいる心の内をブログに綴っている。

 先の私大教員は語る。

「自分で安くはない学費を負担しているからでしょうか。授業はもちろん、飲み会にも全出席している社会人学生もいますよ。もちろん、若い学生たちは<このオッサンは、暇なのか>と白い目です」

 芸能人を広告塔として利用し、その成果として、ごく当たり前のことのように、大学が年齢を問わず入学できる場になっても、青春をもう一度楽しめるというワケではないのか。
(文=是枝了以)

松本人志、ロンブー淳、ガリガリガリクソン……「もうネタ作りはバカバカしい!?」仮想通貨にハマる芸人たち

 一般人以上におカネに敏感な芸能人たちが“知らないはずないだろ~”。

 1月21日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、仮想通貨・ビットコイン急落に関するニュースが伝えられた。

 そんな中、MCのダウンタウン・松本人志が、仮想通貨を保有していることを明かし「僕が買ったときから、めちゃくちゃ上がりましたよ!」と告白したことが話題を呼んでいる。

「松本に仮想通貨をレクチャーしたのは、芸人のたむらけんじです。自身が経営する焼肉店でもいち早く仮想通貨決済を導入しているほどで、松本や今田耕司らに熱心に“布教活動”をしていました。そのおかげか、松本は購入時期が早かったようで、暴落があってもしっかり利益を得ているようです。たむらにしても、影響力のある大物タレントがやっていることが世間に広まれば、仮想通貨へさらに多くの資金が流入し、自分が保有している銘柄の値上がりが期待できるという思惑があるのでしょう」(芸能記者)

 松本以外にも、今や芸人たちの間では仮想通貨が大流行しているという。

「有名なところで、平成ノブシコブシ・吉村崇は、まだビットコインが1ビット5万円の時に100万円分を購入したとラジオで告白。もし暴騰時に売り抜けていれば、約4,000万円も利益を得た計算になります。また、ロンドンブーツ1号2号の田村淳も番組で数百万円分のビットコインを保有していることを明かし、昨年、キングオブコントで優勝した、かまいたち・山内健司やM-1優勝のとろサーモン・久保田かずのぶは、優勝賞金の使い道として『仮想通貨を買う』と答えています。昨年5月に飲酒運転で逮捕され謹慎中のガリガリガリクソンにいたっては、『リップル』という仮想通貨でしこたま稼ぎまくり、『謹慎になってラッキー』と語っているとか」(芸能ライター)

 仮想通貨で荒稼ぎしている芸人たちは、すでに時間と頭を使ってネタを作るのがバカバカしいと思い始めているのかもしれない。

ロンブー淳 センター爆死で青山学院の“安堵”「イメージダウン避けられる?」

 大学受験に挑戦することを発表していたロンドンブーツ1号2号の田村淳が、センター試験の自己採点結果についてTwitterで言及。淳は青山学院大学を目指すことを明らかにしているが、その結果に、青学関係者は胸をなでおろしているのでは……!?

 淳が大学受験に挑戦することを発表したのは、昨年9月のことだ。インターネットTVの「AbemaTV」に出演した淳は、青山学院大学を目指すこと、それにあたって受験勉強を始めることを発表。理由については、「学歴コンプレックスがあった」と述べた。

 淳は、1月13日と14日に行われたセンター試験終了後、Twitterで「現国と日本史は6割そこそこに7割行きたかったな…英語は5割切り」と報告したが、この数字は青山学院の合格圏内なのか? 受験情報誌のライターが語る。

「『6割そこそこ』『5割切り』が具体的に何点なのかわからないので、判断は難しいところですが、青山学院の合格ラインに乗るためには、センター試験では最低でも7割以上を取る力が必要です。しかも青山学院は、“英語の青山”と言われるように、入学試験で英語を非常に重視します。センターの英語で5割が取れないようでは、合格の芽はなさそうです」

 9月から勉強してこの数字は立派だが、淳が「憧れのキャンパス」と語る青山学院に手が届く可能性は極めて低そう。ただし大学の中には、芸能人を入学させることで、大学名をアピールする戦略を取る大学もある。淳がそういった網にかかる可能性はないのか? 大学経営に詳しいマネー誌の記者はいう。

「かつての亜細亜や帝京、最近では明治や慶応のSFC(湘南藤沢キャンパス)もやっていますが、AO入試などで芸能人を合格させるのが好きな大学は少なくありません。ただし青山学院は、チャラチャラしたイメージを持つ方も多いと思いますが、AO入試で芸能人を積極的に入れるような経営戦略は取っていません。そういった背景には、青山学院が置かれた状況があります。青山学院の学生やOBには、偏差値が高いわりに、企業の評価があまり高くないという共通認識があります。受験業界ではMARCH(明治、青山、立教、中央、法政)という括りに入る青山学院ですが、就職試験の際、国立大や早慶出身の経営陣にどうしても“軽く”見られがちなのが青山学院。青山にキャンパスがあり、オシャレな子が多いのが青山学院の人気の理由ですが、就職の際には『学生時代は遊んでいた』と判断されがちで、言ってみればデメリットになっています。学校側がそういったイメージの払拭に努めるなか、淳が合格すれば、そのことが大きなニュースとなるのは必至。淳の頑張りは高評価を集めると思いますが、“ちょっと勉強すれば合格する”印象が広まるのは、歓迎したくないでしょう」

 淳のもとに「サクラサク」の便りが届くことはあるのだろうか。

稲垣吾郎のTwitter“位置情報誤投稿”に見る、元SMAPのIT弱者ぶり「ロンブー亮の二の舞いに?」

 元SMAPメンバーの稲垣吾郎が、ちょっとしたネットトラブルに見舞われた。11日、位置情報をオンにしたままTwitter投稿を行ってしまい、居場所が特定されてしまったのだ。ファンからの助言により、当該ツイートはすぐに削除された。

 先日、稲垣、香取慎吾、草なぎ剛の3人は『72時間ホンネテレビ』(AbemaTV)放送に伴って、Twitter、アメーバブログ、インスタグラムなどのアカウントを取得し“SNS解禁”を果たした。その後は定期的なポストを繰り返しているが、稲垣の“凡ミス”は地味ながらイタいといえるだろう。

「Twitterの位置情報は『東京都○○区』までが表示されるもの。元SMAPメンバーが23区内のどこかにいたとしてもおかしくはありませんが、自宅の場所やプライベートがさらされてしまいますので、危険はあるでしょう。図らずも、稲垣のIT弱者ぶりが露呈する形となりました」(業界関係者)

 ジャニーズ事務所は、所属タレントのSNSアカウント所持を許可していないため、これまでネットに触れる機会があまりなかったのだろう。そうした例は芸能界では珍しいことではない。

「今年の1月には、ロンドンブーツ1号2号の田村亮が、淫行疑惑を受けての狩野英孝の謝罪会見のネット中継に『記者もジャニーズやバーニングにもコレくらい聞けたら、認めるけど、弱小事務所の時はコレやもんなぁ~』『狩野英孝は悪ないと思う』と匿名でコメントするも、Twitterとの連動設定をオフにしていなかったために、自身のアカウントにツイートがそのまま表示されてしまいました。当然のごとく炎上し、本人が謝罪する騒ぎに追い込まれています」(同)

『72時間ホンネテレビ』では、ホリエモンこと堀江貴文から「一度炎上を経験してみては?」と勧められた元SMAPメンバーたち。現状のネットリテラシーでは、炎上は案外早く起こるかもしれない。
(文=平田宏利)

『ロンハー』、深夜で高視聴率も……業界でウワサされる「役目終わり」「打ち切り」の足音

 3月16日、『深夜でロンドンハーツ』(テレビ朝日系、午後11時15分~)が視聴率10.5%、占拠率29.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。この意外な好結果が、今後の番組編成に大きな影響を与えるのではないかと、もっぱらのウワサだという。

「火曜夜9時に放送されてきた『ロンドンハーツ』が昨年4月、金曜夜9時に移り、『金曜☆ロンドンハーツ』として再スタートを切ったのですが、視聴率は8%前後と、移動前よりさらに低迷。というのも、『動けるおデブ女王決定戦』や『女性芸能人スポーツテスト』など、毒にも薬にもならない“ゆるい”企画を連発したことで、かつてのファンが離れてしまったのです」(制作会社スタッフ)

 そんな中、『深夜でロンドンハーツ』は“攻めの企画”で通し、視聴者からも大反響だったようで、この結果を受けて業界的にも、「今後、同番組をどこかへ移動するならば、夜11時台から放送した方が企画の幅が広がると考えられているようです」(民放関係者)という。

 今回の企画は2本立て。女性芸能人30名の中から、20代男子学生が選ぶ『抱きたい女‐1GP団体戦』と、一般人が指摘するカンニング竹山のダメな点上位10項目を当てる『芸人ダメサーチ』という新企画だった。『抱きたい女』では、ベテラングラドル・磯山さやか(2位)が、旬のグラドル中村静香(3位)より上だったことに涙を流して喜んだことが話題となり、Twitterでも「ロンハー、深夜になった途端おもろすぎる」「ゴールデンのロンハーは見る気がしないけど深夜は面白かったわ」といった好印象な意見が占めた。

 だが、今後の『ロンハー』に対する展望は、こうした楽観論ばかりではないようだ。あるテレビマンは、こう語る。

「今回、深夜に放送した理由は、番組にどれだけのポテンシャルが残っているのかという、マーケティングのためでもありました。また、これがオンエアされたのは木曜深夜。つまり翌日、正確にはその日の『金曜ロンハー』への数字の跳ね返りを期待しての決断でもあった。しかし、翌17日金曜の視聴率は7.9%と結局振るいませんでした。深夜に移って続くならまだしも、『もうこの番組の役目は終わった』と判断されて、今後、打ち切りへ大きく舵を切るという可能性も大いに考えられる」

 これまでもテレ朝は、『もしものシミュレーションバラエティー お試しかっ!』『いきなり!黄金伝説。』『ナニコレ珍百景』『大改造!!ビフォーアフターSEASON II』『お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺』といった人気レギュラー番組を容赦なく切り捨ててきただけに、この『ロンハー』も、いつ打ち切りが宣告されるかわからない。

「そもそも火曜から金曜に移ってきた理由は、『マツコの知らない世界』(TBS系)や『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京)といった裏番組との激戦を回避するための延命策でした。逆に、移動して失敗したら『後がない』という、最後通告へのカウントダウンも始まっているわけです。ですから今年結果を残さなかったら、テレ朝も黙っていないでしょう。制作側はもしかしたら、謹慎中の狩野英孝の復活ドキュメントで弾みをつけたいと考えているのかもしれませんが、もはや彼にどこまで需要があるか読めない中、そこに踏み込んで、番組もろとも心中してしまったら元も子もない」(同)

 深夜放送が成功だったと、手放しで喜べるほど事態は甘くないということだろう。人気番組『ロンハー』は行方やいかに。
(後藤港)

「ジャニーズはいいなぁ」ロンブー・田村亮、9年前の「山崎パン」疑惑告白の住谷杏奈!

編集S 江角マキコの突然の引退発表にいろいろなウワサが流れているわね。このままだと長嶋一茂宅に書いた「バカ息子」が代表作になりそうだけど、その落書き騒動だけじゃなく今回もいろいろと疑惑が……。

しいちゃん 疑惑といえば、9年越しの疑惑にとうとう決着がついたわよ。レイザーラモンHGの妻で2児のママタレント・住谷杏奈が、1月21日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系)に出演。「ブログに手作りのバターロールをアップしたところ、世間から『買ってきたパンだろ?』と叩かれ、手作りだと9年間訴えてきましたが、実はヤマザキのバターロールだったことを反省しに参りました」と登場したの。住谷は2007年12月7日の公式ブログで「本日の朝ご飯。。。」と題し、「今日は、早くに目が覚めたので、バターロールを作りました!!!今回は、溶き卵もばっちり塗って・・・主人も、パンのいい香りでノソノソ起きてきました」とパンの写真を掲載。翌日にも「昨日焼いたバターロールを、卵ロール・ツナロールに変身させてみました」と再度パンの写真を掲載。これがたちまち「ヤマザキのバターロール」と特定されて大炎上。

編集S 今見ると、どう見てもヤマザキパンなのに、どうしてこれを詐称しようと思ったんだか……。

しいちゃん 住谷は「軽い気持ちだった」「弱みを握られたくなかった」と心境を明かした上、当時、ヤマザキの袋からパンを出していたところをHGに見られたことも告白。さらに、ほかの“嘘”として「『友達と今日ランチしました』とか載せるんですけど、実は全員友達じゃない。信じるものは家族しかいなくて、あとは敵だと思ってる。女性の友情って蹴落とし合いじゃないですけど、陰でなんか言われるんじゃないかとか……」と発言。

編集S 放送当日1月21日のブログに「今日は、熊田曜子ちゃんファミリーと遊んでいたら、タイミングよくhitomiさんから連絡をいただき、大人3人子ども7人で公園へ行ってきました」って、胡散臭さ満点のスリーショットを載せてるんだけど、勇気ある発言ね。そしてこの2人の人選、素晴らしいわ。

しいちゃん 番組では、「反省後の禊」として、厳しいパン屋さんでバターロール作りを修業。先生に叱られまくりで涙してた。視聴者からは「住谷杏奈の態度は確かに腹立つ」「厳しく言われても真面目にしようとせず、挙げ句の果てに本気で怒られて泣き出すとは……」と批判されている一方で、怒鳴りまくりの先生に「先生の態度もムッときた」という声も。1月22日の公式ブログでは、「これからは嘘をつかずに、、、いや、たまにはちょびっと嘘をついちゃうかもですが、、、、どうぞよろしくお願いします」と綴ってる。昨年の番組では化粧品や美容グッズのプロデュースで「最高で年商6億円」と語ってたけど、それも盛っている可能性があるわね。

編集S 自己承認欲求を金に換えないといけない生き方、つらいわね……。

しいちゃん 1月19日放送の『アウト×デラックス』(フジテレビ系)には、「紅白歌合戦は断ったが アウトは断らなかった大物演歌歌手」として細川たかしが出演。「やっと(『紅白』の)長い時間から解放された。ホッとしてますよ」「長いこと歌ってると、暮れは休みたいよね」「若いうちはいいけどね、65を過ぎたら辞めるべきだよね」とコメントしてた。また、昨年カツラ疑惑を否定したことについて、「うちの社長も、正月に賭けたらしいから」「プロダクションの社長が俺を疑っているんだから。社長はカツラの方に賭けたらしい」というカツラにまつわるエピソードを披露。生え際部分の白髪を剃り、そのほかの毛はスプレーでガチガチに固めているせいで、あの不思議なヘアスタイルになったようよ。

編集S 細川は、このカツラ疑惑ネタであとどれくらい食っていくつもりかしらね!

しいちゃん ロンドンブーツ1号2号の田村亮は、1月21日に行われた狩野英孝の淫行疑惑謝罪会見について、公式Twitterで「ひどい記者」「記者もジャニーズやバーニングにもコレくらい聞けたら、認めるけど、弱小事務所の時はコレやもんなぁ~~」「記者が聞かないんだもの」「ジャニーズはいいなぁ~」「狩野英孝は悪ないと思う」「相手も分かってんねんから、言えないのは仕方ない」とツイートし騒動に。亮は、AbemaTVの生中継の動画に匿名でコメントを書き込んでいたらしいんだけど、そのアカウントがTwitterと連動。本人が気づかぬうちに、実名Twitterに投稿されていたというわけ。慌てて1月21日に全て削除し、「業界各社の方々、関係者の方々、記者の方々、大変申し訳ございませんでした。この仕事をしている者として、大変失礼で軽率なコメントを載せてしまい反省しております」とツイート。

編集S 極楽とんぼ・山本圭壱の復帰プッシュもすごいけど、お笑い芸人って世間の感覚とはちょっとズレてるのかも。

しいちゃん ネットでは、「亮さん素敵やん」「本音ダダ漏れても好感持てる」「よく言った応援するぞ」と、亮を称賛する声が多数。もちろん「匿名で芸人擁護かよ」「芸能人も2ちゃんねらーと同じことを言ってるのか」「吉本が言っても説得力ないし」という批判の声もある。ちなみに、狩野の所属は内海桂子やウッチャンナンチャン、出川哲朗らが所属するマセキ芸能社。

編集S 亮の一番の失敗は、大先輩が所属するマセキ芸能社を「弱小事務所」と言ってしまったことかもしれないわね。失礼すぎて笑えるわ。あと、マセキのスタッフの皆さんも意外と怖いから、そこ間違えないように!

ロンブー・田村亮、バーニング批判で好感度上昇! ジャニーズは“17歳妊娠騒動”揉み消しか

tamuraryou01223.jpg
 バーニングやジャニーズを批判する内容をTwitterに“誤爆”したロンドンブーツ1号2号の田村亮。ネット上では、「よく言った!」と好感度が上昇している。  田村は21日、AbemaTVで生中継された狩野英孝の淫行疑惑謝罪会見を視聴。この動画のコメント欄に、「狩野英孝は悪ないと思う」「相手も分かってんねんから、言えないのは仕方ない」「ひどい記者」「記者もジャニーズやバーニングにもコレくらい聞けたら、認めるけど、弱小事務所の時はコレやもんなぁ~~」「ジャニーズはいいなぁ~」などと匿名で書き込んでいたが、アカウントがTwitterと連動していることに気付かず、本名のTwitterにそのまま垂れ流されてしまった。  これに気付いた田村は、「業界各社の方々、関係者の方々、記者の方々、大変申し訳ございませんでした。 この仕事をしている者として、大変失礼で軽率なコメントを載せてしまい反省しております」と謝罪。該当のツイートを削除した。  なんともマヌケなミスだが、ネット上では「みんなそう思ってるから大丈夫だよ」「匿名だからって、暴言吐かないところが亮さんらしい」「仲間思い。義憤を覚えて黙っていられなかったんだろうな」「好感度上がった」といった擁護コメントが相次いでいる。  昨年の芸能界といえば、夏目三久と有吉弘行の結婚・妊娠報道が田辺エージェンシーの“芸能界のドン”によって揉み消されたほか、年末に報じられた嵐・松本潤の二股疑惑をテレビがスルー。現在は、マギーとHi-STANDARD・横山健の不倫疑惑を、マギーが所属するバーニング傘下の芸能プロが揉み消そうとしている。  さらに、昨年9月には、一部スポーツ紙が、“超人気アイドルグループ”の男性アイドル3人が、乱交の末に当時17歳だった少女を妊娠させたと報道。しかし、これを深追いするマスコミは見られなかった。 「この時は、疑惑のメンバーのCMが打ち切りになるなど、ファンの間では大騒ぎとなったものの、結局実名が報じられることはなかった。田村自身は、『狩野を助けたい』という一心だったのでしょうが、“誤爆”が騒ぎになったことで、スキャンダルの揉み消しを図る芸能事務所への批判が強まっている。また、今月頭に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、松本人志が『大きな事務所のニュースは扱えない』と嘆き、大きな話題に。これは、マギーのイメージ悪化を助長する結果となった。バーニングやジャニーズには、ボディブローのようにじわじわ効いていると言えそう」(芸能記者)  スキャンダルの揉み消しに批判が相次ぐ中で、芸人が立て続けに投下した“爆弾”。田村のマヌケな失態は、意外にも芸能界の悪習を変えるきっかけになるかもしれない。

ロンブー・田村亮、バーニング批判で好感度上昇! ジャニーズは“17歳妊娠騒動”揉み消しか

tamuraryou01223.jpg
 バーニングやジャニーズを批判する内容をTwitterに“誤爆”したロンドンブーツ1号2号の田村亮。ネット上では、「よく言った!」と好感度が上昇している。  田村は21日、AbemaTVで生中継された狩野英孝の淫行疑惑謝罪会見を視聴。この動画のコメント欄に、「狩野英孝は悪ないと思う」「相手も分かってんねんから、言えないのは仕方ない」「ひどい記者」「記者もジャニーズやバーニングにもコレくらい聞けたら、認めるけど、弱小事務所の時はコレやもんなぁ~~」「ジャニーズはいいなぁ~」などと匿名で書き込んでいたが、アカウントがTwitterと連動していることに気付かず、本名のTwitterにそのまま垂れ流されてしまった。  これに気付いた田村は、「業界各社の方々、関係者の方々、記者の方々、大変申し訳ございませんでした。 この仕事をしている者として、大変失礼で軽率なコメントを載せてしまい反省しております」と謝罪。該当のツイートを削除した。  なんともマヌケなミスだが、ネット上では「みんなそう思ってるから大丈夫だよ」「匿名だからって、暴言吐かないところが亮さんらしい」「仲間思い。義憤を覚えて黙っていられなかったんだろうな」「好感度上がった」といった擁護コメントが相次いでいる。  昨年の芸能界といえば、夏目三久と有吉弘行の結婚・妊娠報道が田辺エージェンシーの“芸能界のドン”によって揉み消されたほか、年末に報じられた嵐・松本潤の二股疑惑をテレビがスルー。現在は、マギーとHi-STANDARD・横山健の不倫疑惑を、マギーが所属するバーニング傘下の芸能プロが揉み消そうとしている。  さらに、昨年9月には、一部スポーツ紙が、“超人気アイドルグループ”の男性アイドル3人が、乱交の末に当時17歳だった少女を妊娠させたと報道。しかし、これを深追いするマスコミは見られなかった。 「この時は、疑惑のメンバーのCMが打ち切りになるなど、ファンの間では大騒ぎとなったものの、結局実名が報じられることはなかった。田村自身は、『狩野を助けたい』という一心だったのでしょうが、“誤爆”が騒ぎになったことで、スキャンダルの揉み消しを図る芸能事務所への批判が強まっている。また、今月頭に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、松本人志が『大きな事務所のニュースは扱えない』と嘆き、大きな話題に。これは、マギーのイメージ悪化を助長する結果となった。バーニングやジャニーズには、ボディブローのようにじわじわ効いていると言えそう」(芸能記者)  スキャンダルの揉み消しに批判が相次ぐ中で、芸人が立て続けに投下した“爆弾”。田村のマヌケな失態は、意外にも芸能界の悪習を変えるきっかけになるかもしれない。

田村淳、『ロンハー』密着が8%! 『スター名鑑』も低迷で「地上波から消える」の声

2014atsusi.jpg
この写真みてトガッてた頃思い出してよ

 ロンドンブーツ1号2号・田村淳に10月27日、待望の第1子が誕生。翌28日に放送された冠番組『金曜☆ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)では“緊急企画”としてパパとなるまでの姿に密着していた。娘が生まれたことをロケ先の沖縄で知った淳は、仕事を終えた足で都内の病院に向かい、感動の対面。その後、相方の田村亮に“しぶしぶ”報告しに行くも、亮はすでに赤ちゃんが生まれたことを知っていたばかりか、淳より先に第1子と会ってツーショット写真まで撮っていたという、ちょっとした「逆ドッキリ」が仕掛けられた内容だった。
 
 しかし、残念ながらこの放送は8.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と不発に終わった。