田村淳、矢口真里の「一番の支え」発言のウラで狙う“矢口再生プロジェクト”の皮算用

atsusi.jpg
矢口が「田村さん」と言うたび金が発生する商法?

 タレントの矢口真里が23日、『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)で1年5カ月ぶりに姿を見せ、芸能活動を再開させた。活動休止中の日々を語った矢口は、そのときに協力してもらった人物の1人として、ロンドンブーツ1号2号の田村淳の名を挙げた。明石家さんまが復帰をプッシュしていたという報道は活発に流れていたが、一方で田村も矢口と交流も持ち続けていたようだ。しかし、その交流の裏には、田村が自身の“仕事増”を狙っているフシがあると関係者は指摘する。

 番組で矢口は休業中に「陶芸教室とかたまに行ってました。人と触れ合わないと、社会復帰できないなと思った」と告白。そのきっかけを作ってくれたのが淳と妻で元モデルの香那さんだったと明かした。

狩野英孝、離婚は「当然の結果」!? 『ロンハー』に乗せられただけの偽りの結婚生活

kanoeikoo.jpg
『ようこそ!イケメン☆パラダイス』/Amuse Soft Entertainment, Inc.(AMS)(M)

 結婚生活わずか2年7カ月で、お笑いタレント・狩野英孝(32)が離婚した。自身のブログに「この度、私ども夫婦は話し合いの末、離婚する事になり9月30日に離婚届けを提出致しました。今回、私の未熟故に軽率な行動や言動が妻に大変苦労かけさせてしまいました。(中略)今後は別々な人生を歩んで行きますが、妻から『一緒にいた時間は無駄では無かったよ。お互い頑張ろう』と、前向きな言葉を頂きました。妻の言葉を胸に感謝の気持ちを忘れず、今の仕事に力を入れると共に、今年の夏に授かった神職の資格も活かし、日々精進していきます」と、つづった。

 狩野は5年間交際していた3歳年上の一般女性・アツコさんに、自身が開いた千葉・幕張メッセでの単独ライブで「君のために強く生きていく」と、5,000人のファンの前で公開プロポーズ。売れていない時代から支えてくれたアツコさんとは、プロポーズ前の数カ月、些細なことでの喧嘩が絶えなかったそうだが、彼女はプロポーズを快諾した。この模様は、2011年10月、バラエティ番組『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で放送され、その4カ月後に2人は結婚する。

お笑い業界人が危惧する、ロンブー・淳、結婚の“落とし穴”とは?

atushibook.jpg
『ロンブー淳の2人ごはん 恋する77皿』/角川マーケティング

 とうとう年貢を納めた、稀代のモテ男・ロンドンブーツ1号2号の田村淳。これまで最も結婚から縁遠いと思われていた淳だったが、お笑い業界関係者の間では、すでに心配の声が上がっているという。

 周囲に気づかれることなく、自身の冠番組『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)の生放送で結婚発表した淳。

「制作スタッフを局員のごく一部に絞り、徹底的に情報漏えいを防いでいたようです。ロケについては『淳のロンハー流旅番組を撮影してくる』といって、カモフラージュしていたとか。制作総指揮に任命された出川哲朗も、よくここまでネタを漏らさなかったなと、正直驚きました。結婚発表を『ロンハー』で行ったのは、今まで自分を支えてくれたスタッフや仲間、後輩たちへの恩返しという意味合いもあったようです」(ベテランバラエティ番組スタッフ)

「うらやましい」? 「怖い」? ロンブー・淳結婚で、ネットユーザーが大論争

atsusi.jpg
浮気する前提で選んだ嫁って感じ

 ロンドンブーツ1号2号の田村淳(39)が、司会を務める『ロンドンハーツ超必見 今夜はなんと生放送!!芸能人ウラでこんなことしてました3時間SP』(テレビ朝日系)の中で、電撃結婚を発表した。最初「ドッキリ?」と思ったが、話が進むにつれて、「あれ、本当に結婚するんだ!」と驚いた視聴者は、私以外にもいたのではないだろうか。

 お相手は、5年前に出会い「岩盤浴デート」が報じられた元モデルの西村香那さん(29)だ。淳より10歳若く、身長は淳より約7センチ高いという。「芸能界のモテ男」と言われ、藤崎奈々子(35)、坂下千里子(37)、若槻千夏(29)、中越典子(33)などとうわさになった後、交際に至ったのが香那さんだったようだ。しかし、付き合って数カ月後に別れがやってくる。香那さんの優しさに対して、「自分が腑抜けになる」と感じた淳が破局を決めたという。お互いのことを思っての破局だったそうだ。

『踊る!さんま御殿!!』は赤字必至の格安ギャラ!? それでも芸能プロに愛される訳

goten.jpg
『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)公式サイトより

 出演者の間で「戦場」といわれる、明石家さんま司会のトークバラエティー『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)。先日はサッカー元日本代表の本田泰人が2度目の離婚を発表するなど、ニュースになる機会も多い同番組。出演するタレントを擁する芸能プロダクション関係者に、ギャラ事情や業界内でのポジションを聞いた。

「まずギャラに関しては、何よりも『安い』の一言に尽きる。番組制作費は決まっていて、毎回10人を超えるゲストがいるのだから、1人の取り分が少なくなるのは当然の話ですが……。特にグラドル勢は本当に雀の涙のようなギャラで、交通費と衣装・メイク代を引くと足が出てしまうようなことも。ほかにも、石田純一クラスがゲスト出演の場合、他番組ならギャラはおよそ40~50万円といわれていますが、『御殿』の場合はその半分程度のギャラです」(芸能マネジャー)

女芸人には埋められない、『ロンドンハーツ』から消えた常連女タレントの“仕事”

ronha0505.jpg
『ロンドンハーツ5』(よしもとアール・アンド・シー)

 今回ツッコませていただくのは、6月18日放送分『ロンドンハーツ2時間スペシャル』(テレビ朝日系)で気になった「空席」。

 「空席」と言っても、出演予定だった人の分の席が空いたままだったとか、そういうことではない。前半の企画「日帰り温泉5人旅」では、ロンドンブーツ1号2号のほか、カンニング・竹山隆範、アンタッチャブル・山崎弘也、有吉弘行というおなじみの顔ぶれが登場。後半の「パンサー尾形ドッキリ追試企画」では、ドッキリ企画でミュージカルの主役を演じたパンサー・尾形貴弘が、共演者・水崎綾女にちょっかいを出していたことから、さらに新たなドッキリを企画……というものだった。

手塚プロダクションの迷走を浮き彫りにした、「未発表原稿発見」商法

tedukapro.jpg
『手塚治虫とキャラクターの世界』/三栄書房

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎ズレた「コラボセンス」も……
 スクラッチくじと組んでみたり、くら寿司と組んでみたり。何かちょっと迷走の感のある手塚プロダクション。忘れた頃に、必ず「未発表原稿」が発見されるしな。ま、もう新しいモノが供給されることは永遠にないのだから、今ある貯金をいろんなことで小出しにしていくしかないのはわかるが。それにしても、「今、小出し真っ最中です」がダダ漏れってのはいかがなものか。そうやって、新しい市場を無理やり獲りにいくより、「未発表作品を親切に取り入れた全集作り」など、今いる手塚ファンを大切にした方が賢明だと思うのだが。手塚治虫のマンガ目当てでスクラッチくじ買う人も、くら寿司行く人も、手塚プロが考えてるほどにはいないと思う。あんまり。

「水原希子を絶賛すりゃ、女は落ちる」フルーツポンチ村上の“失笑”口説きテク

furuponmurakami.jpg
『しずる はんにゃ フルーツポンチ 「スクールデイズ」』/ ワニブックス

 これまで、バラエティ番組『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)などで、無類の女好きを世間に知らしめてしまった、フルーツポンチ・村上健志。しかし、いくら番組でいじられようと、自分自身を“モテキャラ”とするスタンスは崩さないようだ。女性にはかなりの警戒心を抱かれそうだが、村上には女心をくすぐる「必勝トークテーマ」があるという。

 既婚者ですでに一児の父親でもある相方・亘健太郎とNSCの10期生としてお笑いの世界を目指した村上。

「ヤラセマジック」番組で涙まで流した矢口真里が、ウソ=悪の価値観を覆す!

yaguchimari01.jpg
胡散臭さで仕事をもぎ取った矢口

 日頃は「えげつなさ」がウリに見える『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)。ところが、意外にも心温まる(?)企画だったのが、ドッキリだけで構成された特番『ドッキリハーツ』(5月7日放送分)だった。

 中でも印象的だったのは、「騙してゴメン ヤラセマジックドッキリ」。「芸能界から、いかにもヤラセをしそうな6人」として矢口真里、クワバタオハラ・小原正子、TKO、JOY、大島麻衣が選出されていたのだが……。

『ロンドンハーツ』、武井咲と浅尾美和で好対照だった記憶の引き出し方

coecoe.jpg
『COWCOW CONTE LIVE 2』(よしもと
アール・アンド・シー)

 今回ツッコませていただくのは、4月9日放送分『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)の「出て来いオレの名前~アノ人の何番目芸人~」。

 「女性ゲストに番組名をナイショにし、思いつくだけ男性芸人の個人名を挙げてもらう」という内容で、その回答をスタジオにいる芸人が見守り、名前が挙がるとクリアできるというものだ。ゲストは番宣の女優さんでOKという、手間もコストもかからない便利な企画だと思う。しかし、女性ゲストが名前を言えるかどうかだけの内容のため、はたして面白いのかどうか……。

 女性ゲストは2名で、一番手は武井咲。意外だったのは、真っ先に「ハライチ・澤部佑」を挙げたこと。理由は「三軒茶屋でバッタリ会った」から。2位以下には有吉弘行、フットボールアワー・後藤輝基、ネプチューン・堀内健、名倉潤が続き、次に出たのは「COWCOWさん」。スタジオで武井の回答を見守るCOWCOWに、笑みがこぼれる。