ベッキーはヤケクソなのか……BS“お色気ドラマ”主演で「地上波完全復帰」はさらに遠のく!?

 思えば、あの“不倫会見”から早2年が経とうとしている。今年4月にスタートするドラマ『くノ一忍法帖 蛍火』(BSジャパン/火曜20時~)に、ベッキーが主演することがわかった。

 このドラマの原作は、作家・山田風太郎の小説『忍法双頭の鷲』(角川文庫)。徳川家五代目将軍・綱吉の時代を舞台に、幕府を脅かす悪人に対して3人のくノ一が立ち上がるといったストーリーだ。ベッキーは、キリシタンの母を持ち、生真面目で正義感が強い忍者・お螢を演じる。不倫騒動以来初の主演ドラマということで、ベッキーも「最高の作品が撮れるよう、がんばります!」と意気込みを寄せていた。しかし、このドラマ主演には、「ベッキーがヤケクソになっている!」などと、ネット上がざわついている。

 というもの、同ドラマの原作シリーズは時代劇小説で何度も映像化されているのだが、1964年に公開された映画版や90年代に発売されたVシネマ版には、“お色気要素”が強く取り入れられており、“エロ忍法”が炸裂するのだ。そのため、今回のドラマ化でも「お色気要素があるのでは!?」と勘繰られているのだ。

「毎回“型破りの特殊忍法”を見せるというのが同作の売りですからね。『ベッキーが、どんな特殊忍法を繰り出すのだろうか?』と、みんな期待しているみたいですよ。ただ、BS放送とはいえど、露骨なエロネタは放送できないので、ベッキーが必ず脱ぐというわけではないでしょうが……」(芸能ライター)

 不倫騒動での謝罪会見後、LINEでの「ありがとう! センテンススプリング!」と開き直ったやり取りがバレて、世間を敵に回してしまったベッキー。そんな彼女が主演ということで、どんな“開き直った演技”をみせてくれるのか楽しみである。また、彼女が同ドラマ主演を受けたのには、どうやらある心境の変化があったようだ。

「ベッキーは謹慎が明けて以来、インタビュー取材などで自分から不倫騒動に触れては、ブラックジョークにしています。彼女自身、サバサバした性格なため、“ぶっちゃけキャラ”で再起をかけていったほうがいいと感じているのでしょう。事務所側も、マスコミが取材であの騒動について触れても、何も言ってこないですから。それに、今回のドラマは主演ということもあって、“捨て身の覚悟”で体当たり演技を見せてくれるかもしれませんね」(同)

 BS放送ということで視聴率は期待できないかもしれないが、ベッキーがサービスショットを振りまくようなら、大きな話題になることは必至。まだ、地上波に完全復帰できていないベッキー。今回の決断は、吉と出るか凶と出るか……?

ベッキーが女優転身で、ついにケツ断!? “生尻写真集”プランが浮上中

 タレントのベッキーが12月1日、BSスカパー!の音楽特番『スカパー!音楽祭2018』(来年3月14日放送予定)の会見に出席。久々に公の場での登場となった。

 今年は7月に映画出演、11月には14年ぶりの本格的な舞台にも挑戦。そして間髪入れず次の映画出演も決まっているようで、本人もインスタグラムで「年末までオフが1日もない」と明かすなど、復調傾向にあるようだ。

 しかし、ゲスの極み乙女。・川谷絵音との不倫発覚以前の主戦場となっていた地上波のバラエティには、いまだ本格復帰とはいかず、女優業へのシフトを余儀なくされているようにも映る。

「事務所の扱いも、かつてとは変わってきているようです。これまでは日本一忙しいタレントだったため、飛行機が止まろうが大雪が降ろうがどこにでも行けるよう四駆の専用車が用意されていました。しかし、騒動以降は仕事がまばらになったことで、電車移動になっているといいます」(芸能関係者)

 そんなベッキーにヌード写真集の出版情報が飛び交っている。出版関係者が明かす。

「版元は、かつてベッキーが書籍を発売したこともある大手出版社だといわれています。ベッキーといえば、昨年に日本経済新聞朝刊に掲載された『宝島社』の30段カラー見開き広告で、髪をショートにした上半身マッパの大胆な背中ヌードを披露して話題を呼びました。現在、版元サイドとどこまで露出するか話し合いが持たれているといい、手ブラで乳首を隠したり、お尻の割れ目までは見せるところまでは折り合いがついているという話も聞こえてきます。しかし、話題にはなるでしょうが、セミヌード程度の露出でお金を払って買う男性ファンがどれだけいるのか、採算が取れるかは正直ビミョーでしょうね」

 ともあれ、かつてならヌード写真集の話など歯牙にも掛けなかったはず。こうした話に前向きになっているのも、今後は「女優」として生きていく彼女なりの決意と覚悟の表れかもしれない。

バッシングから無関心へ……テレビから姿を消したベッキーの“未来”が、それでも明るいワケ

 一連の不倫騒動により、すっかり姿を見る機会が減ったベッキー。 世間もいい加減にバッシングに飽きたのか、“次のステージ”に移ってしまったようだ。

 一連の“不倫報道ブーム”のきっかけになった、ベッキーの騒動。「 週刊文春」(文藝春秋)によって、ロックバンド「 ゲスの極み乙女。」の川谷絵音との不倫をすっぱ抜かれ、「 ゲス不倫」「センテンススプリング」「文春砲」など、 数々のキーワードが流行語大賞にノミネートされるなど、 別の意味で“時の人”になったベッキーだったが、 激しいバッシングの後に待っていたのは無関心だったようだ。 週刊誌記者が語る。

「ベッキーは、すでに仕事復帰していますが、 番組出演が話題になったのも最初だけ。 当初は番組に出演するだけで複数のネットニュースに取り上げられ るなど注目が集まっていましたが、 今では話題にすら上らなくなってしまいました。先日、 ベッキーはBS日テレ屈指の人気番組『おぎやはぎの愛車遍歴』 に出演しました。同番組は、芸能人がこれまで乗ってきた車を、 エピソードとともに振り返る番組で、 芸能人側から逆オファーするタレントもいるほどの人気番組です。 番組内では、 おぎやはぎが恋愛について突っ込むシーンもあったのですが、 まったく話題になりませんでしたね。 ネットでも完全にスルーされたのには驚きました」

 恋愛について「嫌われるよりも無関心の方がつらい」 とはよく言われるが、 まさにバッシングを通り越して無関心というゾーンに入れられてし まったベッキー。今後の活動は大丈夫なのか? 芸能関係者が意外な見立てを語る。

「本人が仕事を選ばなければ、いくらでも稼げますよ。 なにせ知名度は老若男女まで抜群ですから、 どんな年齢が対象のイベントでもゲストとして呼べますし、 営業でも、かなりの集客力はあるでしょう。また、 最近増えつつあるネットTVは、 ある程度名の知れた出演者を探していますから、 こちらに出るという手もあります。極端に言えば、 芸能人がテレビに出るのは『顔と名前を忘れられないため』です。 営業でガッツリ稼いで、時々テレビに出る。 不倫エピソードを小出しにしていけば、 いくらでもニーズはありますよ」

 本人のメンタル次第だが、 そこまでゲスに徹してぶっちゃけトークをすることができるだろう か?

ベッキー、インスタでファッション披露も「派手に破れた人生」と揶揄の声

 タレントのベッキー(33)が、7月31日に自身のインスタグラムに投稿した写真が思わぬ反響を呼んでいる。

 今回、夏バテで食欲が出ないとしつつ、「体の声に耳をかたむけよう」と自身を労わるコメントを添え、ダメージデニムを穿いた自身の足の写真を投稿した。その写真に対し、「無理しないようにね」「ポカリなどで、水分を摂取しましょう。」「ベッキー頑張れ」など、体を労わるコメントが寄せられている中、それ以上に多いのが、ファッションに対する評価だ。

 あの一件で長かった髪をバッサリ切り、ショートヘアに合うボーイッシュなスタイルを披露する機会が増えたベッキーだが、今回も太ももを大胆に露出したデニムスタイルとなっている。

 もちろん、「欲しい このパンツ」「おしゃれにしかみえません!」といった肯定的な意見も見えるが、大半が「もはや履き物ではないような」「縫いましょうか?」「破れすぎ(笑)そこだけやったらウケる」「派手に破れた人生や〜(笑)」など、否定的なコメントだ。

 一度不祥事を起こしてしまうと、細かいところにまで痛いツッコミが入ってしまうのが芸能界。言われるうちが華とはいえ、この逆風を乗り越え、いつか以前のように復帰出来る日はくるのだろうか。

ゲス・川谷絵音、Twitterで「悪意を向けてくる人が多すぎ」発言に「何様だ」「馬鹿か」の声

 ゲスの極み乙女。とindigo la Endのボーカル、川谷絵音(28)が自身のTwitterを更新。そこでつづられたコメントに驚きの声が上がっているが、その内容は、「音楽をろくに聴きもせず適当な悪意を向けてくる人が多すぎるよ。文春の記者の人の方が熱心に曲聴いてたぞ。」というもの。

 2016年1月に「週刊文春」(文藝春秋)が報じた、川谷とベッキー(33)の不倫報道。「ゲス不倫」や「センテンススプリング」などの流行語ができるほど、世間に大きな影響を与えた。ベッキーとの交際に終止符を打った川谷だったが、16年9月には、未成年のほのかりん(20)との飲酒が発覚し活動自粛。その半年後、17年3月31日に活動を再開した。

 復帰してから数カ月足らずで、自ら「文春」の話題に触れ、Twitter上で自分の音楽を否定する人たちへメッセージを投稿した川谷に対し、ファンからは「音楽も聞かずに否定する人多すぎる。聞いてみたらみんな好きになると思う」「君たちは何にそんなにむかついているの? ってよく思います。批判をするにも根拠がないと駄目ですよねー」「たくさんの人が絵音くんの作る曲に共感してるよ きっとそれが答えなんだと思うなぁ」など、いまだに根強い人気があることをうかがえるコメントがたくさん寄せられた。

 一方では、この投稿に対し「お前が不倫するからいけないんだろ。罪を犯しておいて『音楽はまともだから敵意は向けるな』とは何様だ。まともな評価が世の中から返ってくるわけないだろ」「音楽じゃなくて人間性に対して悪意ぶつけてるんだろ、馬鹿か」「少なくとも不倫して音楽業界に僅かであろうとダメージを与えたあなたが言えることではないですね」など冷静な意見も。

 彼の新たなスキャンダルを耳にする日は、そう遠くないかもしれない。

ゲス川谷が約半年で復帰! ベッキーに比べ謹慎が軽い理由を弁護士に聞いた

「ドラマのこのシーンってありえるの?」「バラエティーのあのやり方ってコンプライアンス的にどうなの?」……テレビを見ていて感じた疑問を弁護士に聞いてみる、テレビ好きのための法律相談所。

<今回の番組>
『ワイドナショー』(フジテレビ系/5月7日午前10時〜)

<今回の疑問>
ベッキーよりゲス極み乙女。川谷のほうが自粛期間が短いのはなぜ?

 活動休止中だったロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音が、5月7日に『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演、約半年振りに復帰して話題となっている。10日にはバンドの新アルバムを発売し、同日に復活ライブを行う。ベッキーとの不倫騒動などで昨年10月から活動自粛していた川谷だが、約半年での復活に「早すぎる」「本当に反省しているのか」と、厳しい声も上がっている。

 一般的に独身者と不貞行為を行った場合、独身者側よりも既婚者側のほうが多くの責任を問われるといわれている。しかし、CMを10本以上降板したベッキーに比べ、妻帯者であった川谷の処分が活動自粛半年と軽いのは、なぜだろうか? アディーレ法律事務所の鳴海裕子弁護士に聞いた。

「不倫(不貞行為)は、一方配偶者の権利を侵害する行為であり、不貞配偶者と不貞相手の共同不法行為です。しかし裁判例では、『合意による貞操侵害の類型においては、自己の地位や相手方の弱点を利用するなど悪質な手段を用いて相手方の意思決定を拘束したような場合でない限り、不貞あるいは婚姻破綻についての主たる責任は不貞を働いた配偶者にあり、不貞の相手方の責任は副次的なものとみるべきである』(東京高裁昭和60年11月20日判決)とされています。この裁判例に従えば、本件の事案では、独身であるベッキー氏よりも、当時既婚者であった川谷氏の方が責任は重いということができます」

 では、なぜ、責任が重いほうの川谷が約半年で復帰できて、ベッキーは損害金5億円超といわれるまでの自粛をしなければならなかったのだろうか?

「芸能人ともなると、それまでにメディア等で築き上げてきた信用や露出度が大きければ大きいほど、事件のマイナスイメージの影響は大きくなるものと思われます。今回の件でいえば、川谷氏は音楽・芸能の分野で成功をおさめ、かかる分野では信用や露出が多くあったものと思われます。一方、ベッキー氏はお茶の間全般への知名度も高く、あらゆる方面・業界からの信用が高かっただけに、今回の事件のマイナスイメージの影響も大きかったのではないでしょうか」

 復帰後の「ゲス極」は、音楽番組のトークなどの場面でもドラムの「ほな・いこか」に積極的に話させ、ソロ活動も行っていく方針だという。ほな・いこかの名前をメインに押し出し、文字通りの“ゲス”のイメージを払拭しようとしているようだが、世間から川谷へのバッシングは、当分続きそうである。

アディーレ法律事務所

“ベッキー&矢口真里”の今を比較! 業界関係者は「ベッキーの快進撃はもう打ち止め」

 ベッキーが復活の兆しを見せている。昨年末12月28日に放送された『帰れま10史上最大の挑戦!朝・昼・夜 3軒連続帰れまトライアスロン!』(テレビ朝日系)にサプライズゲストとして登場し、1月11日の『モシモノふたり』(フジテレビ系)では妹のジェシカさんと共演、休業中の私生活を告白し、番組最高の10.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録した。

 1月15日からは、北海道ローカルで毎週日曜昼に生放送される情報番組の司会にも挑戦(北海道文化放送『北海道からはじ○TV』)。さらには夏公開予定の映画『JKニンジャガールズ』にも出演する。

 そんな日々話題を集めるベッキーに対し、同じく男性スキャンダルで世間を騒がせた矢口真里の話は聞こえてこない。レギュラー出演はTOKYO MXの深夜番組『教えて!アプリ先生』のみ。ほかの出演番組も深夜枠が中心で、ベッキーのようにゴールデン帯とはいかないようだ。 

「活動状況の差は、ベッキーが独身で、その相手が既婚者だったケースに対し、矢口は既婚者だったという点が不利に働いたと思われます。また、ベッキーの場合はLINEで交わされた『ありがとう文春!』『センテンススプリング!』などのコメントが白日の下にさらされたことで、バッシングは受けたものの、“優等生ベッキー”の素顔が暴かれ、世間が留飲を下げたと考えられます」(放送作家)

 一方、矢口は騒動から1年半後の2014年10月に『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)に生出演して謝罪したものの、核心部分には、「元夫との約束で口外しないと決めている」との理由で触れずじまいだった。

「社会的反響もベッキーの方が大きく、芸能活動も急激に落ち込みました。しかし、そうなると、復帰の際に、表情や容姿、発言に至るまで、どう変わったのか見てみたいという欲求が生じる。『モシモノふたり』の高視聴率は、そうした視聴者の『怖いもの見たさ』の結果でしょう。対して矢口は、良くも悪くも、もともと奔放なイメージであったことから、“裏の顔”といえるほどのギャップが生まれず、そのため視聴者も復帰後の変貌ぶりには期待していなかったと思われます」(同)

 さて、復帰後も順調に活動を増やしているベッキーだが、実は越えなければならない壁があるという。それはかつて3本のレギュラー番組を持ち、最も蜜月関係にあったテレビ局との復縁である。

「彼女を『世界の果てまでイッテQ!』『天才!志村どうぶつ園』『真実解明バラエティー!トリックハンター』(いずれも日本テレビ系)のレギュラータレントとして起用していた日テレは、現在、“民放のNHK”と呼ばれるほどコンプライアンスに厳しい局。つまりそれはスポンサーへの顔色を最もうかがっていると言い換えてもいいでしょう。スキャンダルで足元をすくわれることを、とにかく一番恐れていますからね。そのため、ベッキーに対する世間の風向きが完全に変わらない限り、復帰にゴーサインは出さないはず。ついでに言うと、日テレの看板番組である『イッテQ!』に復帰しない限り、同局の他番組関係者も打診を躊躇するはず」(業界関係者)

 つまり、日テレに呼ばれたときがベッキーの本格復帰となるようだ。しかし、それも当分厳しい状況だけに「復帰の快進撃はここで打ち止め」(同)といえる。いつの日か、ベッキーと矢口が恋愛トークを繰り広げる番組を見てみたいものである。
(後藤港)

“ベッキー&矢口真里”の今を比較! 業界関係者は「ベッキーの快進撃はもう打ち止め」

 ベッキーが復活の兆しを見せている。昨年末12月28日に放送された『帰れま10史上最大の挑戦!朝・昼・夜 3軒連続帰れまトライアスロン!』(テレビ朝日系)にサプライズゲストとして登場し、1月11日の『モシモノふたり』(フジテレビ系)では妹のジェシカさんと共演、休業中の私生活を告白し、番組最高の10.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録した。

 1月15日からは、北海道ローカルで毎週日曜昼に生放送される情報番組の司会にも挑戦(北海道文化放送『北海道からはじ○TV』)。さらには夏公開予定の映画『JKニンジャガールズ』にも出演する。

 そんな日々話題を集めるベッキーに対し、同じく男性スキャンダルで世間を騒がせた矢口真里の話は聞こえてこない。レギュラー出演はTOKYO MXの深夜番組『教えて!アプリ先生』のみ。ほかの出演番組も深夜枠が中心で、ベッキーのようにゴールデン帯とはいかないようだ。 

「活動状況の差は、ベッキーが独身で、その相手が既婚者だったケースに対し、矢口は既婚者だったという点が不利に働いたと思われます。また、ベッキーの場合はLINEで交わされた『ありがとう文春!』『センテンススプリング!』などのコメントが白日の下にさらされたことで、バッシングは受けたものの、“優等生ベッキー”の素顔が暴かれ、世間が留飲を下げたと考えられます」(放送作家)

 一方、矢口は騒動から1年半後の2014年10月に『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)に生出演して謝罪したものの、核心部分には、「元夫との約束で口外しないと決めている」との理由で触れずじまいだった。

「社会的反響もベッキーの方が大きく、芸能活動も急激に落ち込みました。しかし、そうなると、復帰の際に、表情や容姿、発言に至るまで、どう変わったのか見てみたいという欲求が生じる。『モシモノふたり』の高視聴率は、そうした視聴者の『怖いもの見たさ』の結果でしょう。対して矢口は、良くも悪くも、もともと奔放なイメージであったことから、“裏の顔”といえるほどのギャップが生まれず、そのため視聴者も復帰後の変貌ぶりには期待していなかったと思われます」(同)

 さて、復帰後も順調に活動を増やしているベッキーだが、実は越えなければならない壁があるという。それはかつて3本のレギュラー番組を持ち、最も蜜月関係にあったテレビ局との復縁である。

「彼女を『世界の果てまでイッテQ!』『天才!志村どうぶつ園』『真実解明バラエティー!トリックハンター』(いずれも日本テレビ系)のレギュラータレントとして起用していた日テレは、現在、“民放のNHK”と呼ばれるほどコンプライアンスに厳しい局。つまりそれはスポンサーへの顔色を最もうかがっていると言い換えてもいいでしょう。スキャンダルで足元をすくわれることを、とにかく一番恐れていますからね。そのため、ベッキーに対する世間の風向きが完全に変わらない限り、復帰にゴーサインは出さないはず。ついでに言うと、日テレの看板番組である『イッテQ!』に復帰しない限り、同局の他番組関係者も打診を躊躇するはず」(業界関係者)

 つまり、日テレに呼ばれたときがベッキーの本格復帰となるようだ。しかし、それも当分厳しい状況だけに「復帰の快進撃はここで打ち止め」(同)といえる。いつの日か、ベッキーと矢口が恋愛トークを繰り広げる番組を見てみたいものである。
(後藤港)

土屋太鳳、菅田将暉、ベッキー……「ド修羅場会見」をマスコミ関係者が暴露!!

 2016年も、毎日のように各所でタレントの記者会見が開催されていたが、中には、芸能記者から大ブーイングが巻き起こり、修羅場と化した現場が存在するという。

 まずは10月、土屋太鳳が出演した「第2回『クリスマスジュエリー』プリンセス賞」表彰式での1コマ。土屋は囲み会見で、親交のある吉高由里子と関ジャニ∞・大倉忠義の交際についての質問を受け、「(交際については)知らなかった。私も(大倉と吉高が旅行した)南国に行きたいな~」とコメントしたものの、ジャニーズが“遠隔操作”で各マスコミに報道NG指定を出し、圧力を掛けてきたという。

「土屋に質問をしたのは、某テレビ局のレポーター。会見終了直後、別の局関係者がジャニーズに『大倉の質問が出ていた』とチクりを入れたんです。大倉と吉高の交際を世に広めたくないジャニーズは当然大激怒で、そのレポーターを割り出した挙げ句、局に猛クレームを入れる事態に発展。該当レポーターは、会見を取材した全マスコミに直接『吉高について質問した部分は記事にしないでほしい』と、報道自粛を依頼していました。ジャニーズの言いがかりともいえる力技に、報道陣は迷惑を被る形となり、皆不快感を露わにしていましたね」(スポーツ紙記者)

 続いては12月、松坂桃李と菅田将暉が揃って登場した、映画『キセキ ーあの日のソビトー』の完成披露舞台挨拶。2人の事務所・トップコートの先輩である成宮寛貴が、「フライデー」(講談社)に違法薬物疑惑を報じられた直後とあって、マスコミから注目されていた。

「『2人の退場時に、何か声かけできれば……』と、淡く期待するマスコミ関係者もいたようですが、トップコートの警戒ぶりは半端ではなかった。関係者が記者席に座って行動を監視、松坂と菅田の退場時には爆音BGMをかけて、記者の声かけを完全にシャットアウト。観客も驚くほどの大音量だったため、『そこまでしなくても』と現場はピリつきましたね」(テレビ局関係者)

 その後、成宮が芸能界を引退するという急展開となったが、この舞台挨拶時、トップコート内は修羅場だったと思われる。

 そして、今年最も“修羅場”という言葉がふさわしかったのが、ゲスの極み乙女。川谷絵音との不倫が「週刊文春」(文藝春秋)によって明らかになったベッキーの会見だという。今年登場した公の場は、ほぼ全て修羅場と化したようだ。

「まず、不倫関係を否定した最初の謝罪会見。マスコミの質問は一切NG、ベッキーが一方的に釈明する会見で、その時点でマスコミのベッキーへの印象は最悪でした。その後、会見前に川谷と『ありがとう文春』などと浮かれたLINEを送りあっていたことが発覚し、おちょくられた格好のマスコミは、一気に“アンチベッキー”の姿勢を取るようになったのです」(週刊誌記者)

 その後、活動を休止したベッキーだったが、復帰会見を開く前に、『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)へ出演したことから、TBS以外のマスコミから再び総スカンを食らった。

「さらに6月、レギュラー復帰番組の収録前にマスコミ取材に応じたものの、その告知FAXが『ベッキーが収録への意気込みをお話します』というお気楽な内容だったため、『お話ってなんだよ』と記者から批判の声が噴出。当日の受け答えも、以前の良い子キャラのままで、記者は『結局、本心は話さないのか』『何のための取材だよ』などと大ブーイングでしたよ。ベッキーが表に出れば出るほど、ウラでは記者の反感が高まっていくという悪循環となりました」(同)

 そんなベッキーも、ようやくメディアに登場する機会も増えだし、次第に現場のピリピリムードも薄れつつあるとか。17年は、16年を上回る“修羅場会見”に期待したい。

ゲス乙女・川谷絵音、極秘裏に“レコーディング中”!? 「活動自粛って言えるの?」と疑問の声

 ベッキーとの不倫スキャンダル、当時未成年だったほのかりんとの飲酒騒動と、すっかりお騒がせタレントと化してしまったゲスの極み乙女。川谷絵音。10月には音楽活動休止が発表され、今月3日のコンサートをもって“謹慎”に突入しているが、人知れず、ゲス乙女のレコーディングを開始していることが、業界関係者の間で話題になっているという。2016年の流行語“ゲス不倫”の生みの親ともいえる川谷だが、その本心は?

 今月上旬、ほのかとのツーショット動画が、一瞬だけほのかのTwitter上にアップされたことが話題になった川谷。動画はすぐに削除されたものの、ベッキーの芸能活動再開が盛り上がりつつあった最中だったため、ネット上には「川谷とほのかは、ベッキーの足をムダに引っ張っている」など、不快感を示すコメントが多数飛び交った。

 こうした能天気な振る舞いに、ほのかの所属事務所も呆れ果てたのか、16日になって、未成年飲酒を理由に専属契約解除を発表した。

「一方で川谷に関しては、ほのかが出演予定だったCMを降板した際に発生した違約金を、全額肩代わりしたとの報道も。しかし、数億円といわれる違約金を抱えてしまったベッキーに対しては、その後なんのフォローもないことから、かえって反感を買ってしまっているようです」(芸能ライター)

 そんな川谷は、10月に「僕の軽率な行動によりファンの皆様を失望させてしまった」として、音楽活動の自粛を発表。しかし、来年1年間は活動を行わないのではという報道に対しては、即座にTwitter上で「2018年に復帰なんて言っていないし、MCの内容も前後を無視して捻じ曲げる。何でそうまでして嘘や憶測でニュースにするんだろうか」と、皮肉ツイートを投稿していた。

「こうした状況下で、12月後半から、ゲス乙女が極秘裏にレコーディングを行っているという情報が業界内を駆けめぐりました。発表のタイミングは不明ですが、来年前半には確実になんらかの動きがあるはず。川谷は、別に悪いことをしているとは思っていないのでしょうが、少なくとも業界内では、『自粛=レコーディングってことだったの?』『それって自粛っていうのか』『ゲスは死ななきゃ治らない』などといわれていますよ」(芸能プロ関係者)

 1月の不倫報道から、結局丸1年、芸能ニュースの中心にいた川谷。来年こそは本業の音楽で、世間を騒がせてほしいものだが……。