おっぱいクッキリのビービー、ビヨンセは子連れで大スリット、ココはノーパン!? 第60回グラミー賞授賞式

 1月28日、ニューヨークで第60回グラミー賞授賞式が開催された。今年はブルーノ・マーズが最優秀アルバム賞など主要3部門を独占。最多の6冠に輝き、圧倒的な強さを見せた。

 オープニングパフォーマンスを飾ったケンドリック・ラマーなど、今年は黒人男性が活躍した年になった。女性アーティストの受賞は少なく、主要部門では「受賞したら低迷する呪いがかかる」とうわさされている最優秀新人賞を獲得したアレッシア・カーラのみ。グラミー賞も、ゴールデン・グローブ賞に引き続き「性暴力、性差別、人種差別をなくそう」と呼びかける「Time’s Up」運動が行われたため、世間からは「それなのに女性の受賞者が少ない」「これこそ差別」と批判される、若干後味の悪いものになってしまった。

 とはいえ、みんな黒のドレスを着ていたゴールデン・グローブ賞とは異なり、女性セレブたちが美しいドレスを身にまとい、式典自体は華やかなものとなった。出席者たちはレッドカーペットで白いバラを持つことで、「Time’s Up」への支援を表明。皆あまりにも美しいので、「白いバラより目立つ」と話題になった。

 今回はそんなグラミー賞に出席したセレブたちがインスタグラムに投稿した写真を、ご紹介しよう。

おっぱいクッキリのビービー、ビヨンセは子連れで大スリット、ココはノーパン!? 第60回グラミー賞授賞式

 1月28日、ニューヨークで第60回グラミー賞授賞式が開催された。今年はブルーノ・マーズが最優秀アルバム賞など主要3部門を独占。最多の6冠に輝き、圧倒的な強さを見せた。

 オープニングパフォーマンスを飾ったケンドリック・ラマーなど、今年は黒人男性が活躍した年になった。女性アーティストの受賞は少なく、主要部門では「受賞したら低迷する呪いがかかる」とうわさされている最優秀新人賞を獲得したアレッシア・カーラのみ。グラミー賞も、ゴールデン・グローブ賞に引き続き「性暴力、性差別、人種差別をなくそう」と呼びかける「Time’s Up」運動が行われたため、世間からは「それなのに女性の受賞者が少ない」「これこそ差別」と批判される、若干後味の悪いものになってしまった。

 とはいえ、みんな黒のドレスを着ていたゴールデン・グローブ賞とは異なり、女性セレブたちが美しいドレスを身にまとい、式典自体は華やかなものとなった。出席者たちはレッドカーペットで白いバラを持つことで、「Time’s Up」への支援を表明。皆あまりにも美しいので、「白いバラより目立つ」と話題になった。

 今回はそんなグラミー賞に出席したセレブたちがインスタグラムに投稿した写真を、ご紹介しよう。

ジェイZ&ビヨンセ夫妻と家族ぐるみで仲良しなのは誰だ!? 意外な仲良しセレブたち

 先月、イギリスのトーク番組に出演したジェイミー・フォックスが、「エド・シーランがブレークする前に俺の家のソファーに泊まった」と告白。一見接点がなさそうな2人の意外な親交が大きな話題となった。

 エドとジェイミーのように、誰もが知っている世界的セレブ同士がプライベートで深く親交しているケースは案外多い。今回はそんな、とても意外な「プライベートで仲良しなセレブ」をご紹介しよう。

■キャリー・フィッシャー&コートニー・ラブ
『スター・ウォーズ』のレイア姫役で知られるキャリー・フィッシャーが昨年末に急死した際、多くのセレブがSNSに追悼コメントを投稿した。その中でもロックミュージシャン兼女優で、お騒がせセレブとしても有名なコートニー・ラブの哀悼の言葉は「とてつもなく心がこもっている」と話題を集めた。

 2006年にコートニーが出版した自叙伝『Dirty Blonde: The Diaries of Courtney Love』で序文を執筆したキャリーは、コートニーと友人になった経緯を「お互いに1992年に産んだ同じ年齢の娘がいて、隣に住んでいて。庭の境界線を共有して。そんなことから私たちの友情は始まった」と説明。「私の娘ビリーと、彼女の娘フランシスが友達になってね。娘たちを連れて、一緒にタイやオレンジカウンティ・フェア(オレンジカウンティ郡で毎年開催される夏祭り。移動式遊園地などがやってくる)に行って。めちゃくちゃ楽しんだわ」と記し、ご近所のママ友として友情をスタートさせたことを明かした。

 同い年の一人娘を育てるシングルマザー同士というだけでなく、キャリーはポール・サイモンと結婚・離婚、コートニーはカート・コバーンと結婚・死別しており、ミュージシャンに惹かれてしまうところや、薬物依存症やキャリアの低迷に苦しんだ過去など、共通点が多い。それゆえ、すぐにママ友の枠を超えた深い友情で結ばれるようになった。娘や親との関係にも悩むコートニーは8歳年上のキャリーを心から信頼し、ほかの人には話しにくいような悩みも打ち明けるようになっていった。

 コートニーは、02年に米Oxygen局で放送されたキャリーのトーク番組『Conversations from the Edge with Carrie Fisher』に出演。これまであまり語りたがらなかった実母の話をしたり、過去の男性関係を赤裸々に語り話題になったが、心を許しているキャリーが相手だったから話せたことだったのだ。

「キャリーは私にとってメンター」と明かすコートニーは、06年に放送された自身のドキュメンタリー番組『The Return of Courtney Love』で、大きなベッドに寝そべりながらキャリーといろいろな話をする姿を「日常」として撮影させている。その番組でキャリーがコートニーに伝えた「私も本当にたくさんの悪い選択をしたわ。でもそれを選んだのは私。だから私は被害者じゃないの。あなたも同じよ」という言葉は、とても重みがあると多くの視聴者を感動させた。

 コートニーがインスタグラムに投稿し、大きな反響を呼んだキャリーへの追悼メッセージに添えられたツーショット写真は、15年のクリスマスに撮影したもの。2人はクリスマスを一緒に祝う、本物の家族のように親しい仲だったのだ。そのキャリーの予期せぬ死は、コートニーを精神的に打ちのめした。葬儀には、娘フランシス・ビーン・コバーンと参列。泣きはらしたすっぴんのコートニーの手をフランシスがしっかりと繋ぎ支えている姿がパパラッチされ、「コートニーが娘と仲良くしてる姿を見て、キャリーはきっと喜んでいるだろう」と話題になった。

 16年のアデルのコンサートを親友のエマ・ストーンたちと鑑賞したり、インタビューでアデルの大ファンであることをオープンに語っているジェニファーは昨年、米誌「TIME」の「最も影響力のある100人特集号」で「自分に多大なる影響を与えてくれた、かけがえのない親友アデル」について執筆。

「アデルに初めて会ったのは2013年のアカデミー授賞式」と明かし、「『Skyfall』をパフォーマンスする彼女を少しでも間近で見たくて、バックステージに忍び込んだ。ロープやケーブルに引っかからないようにイブニングドレスの裾を持ち上げてステージの近くまで寄ったの」「『Chasing Pavaments』(08)以来のファン」「彼女の歌を聴くと、自分のことを理解してくれる人がいる、力づけてくれる人がいるって思う。鏡の前でヘアブラシを持って歌うなんて、デスティニーズ・チャイルド以来だわ」とうれしそうにつづり、アデルの歌が「自分の人生を良い方向に変えてくれた」と大絶賛した。

 そんな「憧れの歌手」とジェニファーが友情を深めるきっかけとなったのは、ずばりお酒。2人とも酒豪で楽しくお酒を飲めることから、意気投合したのだという。15年にはニューヨークで、アデル、ジェニファー、エマ・ストーンの3人でレストランで食事をし、その後、同じ車に乗って大盛り上がりする姿がパパラッチされ、「テイラー・スウィフト軍団より、こっちのほうが楽しそう!」と話題を集めたものだった。

 ジェニファーは「TIME」のエッセーで、プライベートなアデルの顔も紹介している。「友達としても最高だし、母親としても交際相手としても最高な完璧な女性なの。子どものハロウィーンの衣装を手作りしちゃうのよ」と明かし、「世界の宝物のような歌手だけど、スィートでおもしろくて、頭もよい美人さんなの。ビッチよねぇ」と茶目っ気たっぷりに締めくくった。

 昨年の感謝祭は、ジェニファーがイギリス人のアデルに「アメリカの伝統的な感謝祭がどんなものか体験してほしい!」と、自宅の感謝祭の夕食会に招待したと報道されている。「家族で過ごす感謝祭に招くなんて、どれだけ仲良しなんだ!?」と全米を驚かせた。

■スヌープ・ドッグ&デビッド・ベッカム

 07年から09年まで放送された「スヌープ・ドッグが父親として奮闘する姿を追う」リアリティ番組『Snoop Dogg’s Father Hood』で、スヌープは友人であるベッカムを登場させて世間を驚かせた。ベッカムが設立したサッカー・アカデミーに子どもたちを連れて行き、直々にトレーニングをしてもらうエピソードで、やる気がないテンションの低い子どもたちとは対照的に、スヌープが笑顔で張り切りまくる展開にファンは大喜びした。

 トレーニングの後、スヌープはアメリカに移り住んで間もないベッカムを、「オレ様のソウルフード」であるフライドチキンを振る舞うため、お気にいりのジャンクフード店に連れて行く。しかし店には妻が待ち構えており、「また不健康な食事をして!」と怒られてスヌープはしょんぼり。ベッカムにかばわれたあげく慰めてもらい、「幼馴染みみたいな雰囲気でびっくり!」と大きな話題となった。
  
 スヌープはその後、出演してくれたお礼にスリッパをプレゼントした。喜んだベッカムはそれを履いた写真を送り、スヌープも「クールじゃん!」と大喜び。すぐに電話し「オレがラップやめて、お前がサッカーやめたら、スリッパ作ろうぜ!」と盛り上がったと、うれしそうに明かした。

 共通点が全くなさそうな2人だが、実はものすごく仲が良い。スヌープは11年にBBCラジオ1の番組に出演した時、自分が名付けた「Dベック」というニックネームで彼のことを呼びながら、「アルバムを完成させたら真っ先に聞いてもらう、心から信頼している友人だ。レーベルよりも先に聞いてもらう」「父親として、夫として、そして友人として素晴らしい男だ。奴との友情はかけがえのないものなんだ」と告白。「ある夜、たまたま出会ってね。それからずっとマブダチなんだよ」と、親友であることを明かした。

 一方のベッカムも、Yahoo!オンラインチャットで「スヌープとはLAに引っ越してから友達になったんだ。俺たちが友達だなんて、変に感じるかもしれないけどね」「彼はすごい才能がある素晴らしい男なんだよ。サッカーとか、スポーツが大好きな人でね。マンチェスター・ユナイテッドのファンでもあるんだ。ブラジルにもよく行くそうで、ブラジル・チームのファンだとも言ってたな」と語っている。

 なお、妻のヴィクトリア・ベッカムは、最初はスヌープに悪い印象を持っていたとのこと。スヌープは英「Daily Mirror」のインタビューで、「05年のLive 8コンサートでヴィクトリアに会ったんだけど、オレのバッドボーイな人格を嫌ってたね」「『スヌープ・ドッグは悪人だから、夫と関わってほしくないわ。悪影響を受けちゃう』って感じだった」とぼやきつつ、リアリティ番組を見てファミリーマンとして信用してもらったと思うと告白。

 スヌープは今年4月にも、「デビッドとサイモン・コーウェルとオレとで、週末にベガス・パーティーを主催したいなって思ってるんだよ」「10年前だったら、ヴィクトリアは絶対にダメって言っただろうけど、今は彼女とも友達だしね」と発言。ネット上では「Dベックとスヌープの友情が、今も変わることなく続いているのにびっくり」という声が上がると共に、「いやいや、ポルノ業界で活躍したこともあるスヌープと夫がラスベガスでパーティーなんて、ヴィクトリアが許可するわけないでしょ」とスヌープの願いは実現しないだろうと話題になった。

■レオナルド・ディカプリオ&トビー・マグワイア
 
 トビーの家族と交流している姿が、しょっちゅうパパラッチされているディカプリオ。子どもたちの面倒をよくみており「父親体験のつもりか」などと叩かれることもあるが、実は彼はトビーの長女ルビーのゴッドファーザーだ。トビーとは、四半世紀以上にわたる大親友である。

 2人が最初に出会ったのは、『バックマン家の人々』(89)のスピンオフテレビドラマのオーディション会場だった。ディカプリオは主要キャストとして採用されトビーは落ちたのだが、出会った瞬間から大の仲良しになったとのこと。年齢が半年しか違わないこともあり、同じ役のオーディションを受けることが多いライバルだったのだが、嫉妬やいがみ合いもなく、一緒に遊びまくるようになった。

 ディカプリオは91年に、人気ドラマ『愉快なシーバー家』のセミレギュラーとして出演しているが、共演者だったジョアンナ・カーンズは、「親友のトビーがよく現場に遊びに来て、2人で悪さばかりしてた」とうんざりした口調で回想している。

 親友の2人のうち、先にブレークしたのは『タイタニック』(97)が世界的大ヒットとなったディカプリオのほうだった。「ハリウッドの次世代イケメン俳優」ともてはやされ、調子に乗った彼はニューヨークのパーティーを荒らしまくるプレイボーイ軍団「プッシー・ポッセ」を結成。この悪名高き軍団にトビーは主要メンバーとして参加し、一緒に遊びまくる姿がパパラッチされるようになった。

 パーティーで遊びすぎたためか、ドラッグ&アルコール依存症に悩まされたこともあったトビーだが、19歳の時に強い精神力で克服。「レオの取り巻き」扱いされていた時期もあったが、『スパイダーマン』(02)でブレイクし、ようやく俳優として高く評価されるようになる。『華麗なるギャツビー』(13)で、主人公のギャツビー(ディカプリオ)と、彼と不思議な友情を築くニック(トビー)として共演した際には、ディカプリオは「トビーは自分の長年の大親友。オレたちは、ずっと嘘のない正直な付き合いをしていた。この嘘偽りない友情があったからこそ、今回、最高の作品を撮ることができた」と発言している。

 一方のトビーも米芸能誌「Poeple」の取材で、「(レオナルドとは)ごく普通の親友だよ。たくさん笑うし話もするし」「同じ趣味を持ってるとか、共通点が多いんだよ。たとえばバスケが大好きで、一緒にバスケするし」と告白。「レオには親愛の情を持ってるよ。大親友だからね」と嬉しそうに明かしていた。

 トビーは昨年ジェニファーと離婚することを発表したが、その時もネット上では「でも、レオナルドとは絶対に離婚しないから大丈夫!」という声が上がったほど「大親友」として知られているトビーとレオナルド。この2人ほど強い絆で結ばれた子役出身スターはいない、と言っても過言ではないだろう。

 ヒップホップ・R&B界のロイヤルファミリーと呼ばれるビヨンセとジェイ・Z。近年はアルバムで「ジェイに浮気された、けど許す」「浮気してビヨンセの妹にボコられた、反省してる」と激白しあって話題を集めているが、少し前までは私生活を語らないことで有名だった。交際についてもオープンに語ることなく、08年の挙式も極秘中の極秘だったのだが、この結婚式にはグウィネス・パルトローとコールドプレイのクリス・マーティンが出席していた。実はこの4人、とても仲良しなのだ。

 14年に離婚するまで夫婦だったグウィネスとクリスは、06年に開催されたとある慈善パーティーでビヨンセとジェイと出会い意気投合。ごくごく自然に交流を始めた。同年9月27日、ビヨンセも参加したロンドンでのジェイのコンサートに、クリスはゲストパフォーマーとして招待されている。歌手ではないグウィネスまでステージに登場し、歌声を披露して話題騒然。後にグウィネスは、「ジェイから『君の誕生日なんだから歌いなよ!』と勧められて、思い切ってステージに上がった。最高の経験をさせてもらった」と明かしている。

 07年のアカデミー授賞式では顔を寄せ合い、ひそひそ話をして大笑いするビヨンセとグウィネスの姿が撮影され、「えっ、この2人仲良いの!?」と世間はびっくり。その後、4人はますます親睦を深め、08年4月に行われたビヨンセとジェイの極秘結婚式にグウィネスとクリスが招待されたのだった。
 
 グウィネスのインタビューでの発言をまとめると、この4人は、ジェイが大好きで兄のように慕う彼女を中心とした関係になっているようだ。グウィネスは10年に自身のライフスタイル提案サイト「Goop」でジェイにインタビューし、彼の経歴を大絶賛。12年に出演したトーク番組では、「この世で最も尊敬している人間の一人」と告白。13年に受けた雑誌のインタビューでも「ジェイは私にとってお兄さん的存在なの」「子どもたちも、ジェイおじさん、Bおばさんって呼んでいるのよ」と明かし、ビヨンセが娘のブルー・アイビーを出産した時は「子育てのアドバイスをしてあげた」とも語った。グウィネスがブルー・アイビーのために1000ドル(約11万円)する高級ストローラー(ベビーカーの一種)をプレゼントしたとも報じられ、アンチから「ストローラーに1000ドルもかけるなんて嫌味」だと叩かれたものだった。

 また、婦人誌「ハーパーズ」のインタビューでグウィネスは「息子はヒップホップ大好きなの。ジェイおじさんがぶら下げてるようなチェーンを欲しがるのよ」と嬉しそうに語っている。12年にジェイとカニエ・ウェストのコンサートを観た時には興奮のあまり、曲名にちなんで「ニガーがパリに!」とツイートしてしまい、「白人女優がニガーという差別用語を使った」と大炎上した。

 グウィネスばかりが語っているようだが、ビヨンセも13年のHBOドキュメンタリー番組のプレミアでグウィネスのことを「本当に素晴らしい友人」とコメント。彼女の名前を口にした瞬間、心がこもった表情になっていたことから、「セレブママ友達として、より一層友情が深まったに違いない」と話題になった。

 昨年、ビヨンセとコールドプレイが「スーパーボウル」のハーフタイムショーでパフォーマンスした時も、グウィネスはジェイと一緒に観戦。うろちょろするブルー・アイビーの世話をしている姿もパパラッチされ話題となった。その後のインタビューでグウィネスは「しょっちゅうベビーシッターしているわ」と明かし、これも美談として感心された。

 今年5月に13歳になった長女アップルの誕生日パーティーには、ブルー・アイビーとジェイ、双子を妊娠中のビヨンセも出席したと報道。ビヨンセは双子を早産したため祝福コメントはまだ控えているが、すでに双子には会いに行ったものとみられている。

ジェイZ&ビヨンセ夫妻と家族ぐるみで仲良しなのは誰だ!? 意外な仲良しセレブたち

 先月、イギリスのトーク番組に出演したジェイミー・フォックスが、「エド・シーランがブレークする前に俺の家のソファーに泊まった」と告白。一見接点がなさそうな2人の意外な親交が大きな話題となった。

 エドとジェイミーのように、誰もが知っている世界的セレブ同士がプライベートで深く親交しているケースは案外多い。今回はそんな、とても意外な「プライベートで仲良しなセレブ」をご紹介しよう。

■キャリー・フィッシャー&コートニー・ラブ
『スター・ウォーズ』のレイア姫役で知られるキャリー・フィッシャーが昨年末に急死した際、多くのセレブがSNSに追悼コメントを投稿した。その中でもロックミュージシャン兼女優で、お騒がせセレブとしても有名なコートニー・ラブの哀悼の言葉は「とてつもなく心がこもっている」と話題を集めた。

 2006年にコートニーが出版した自叙伝『Dirty Blonde: The Diaries of Courtney Love』で序文を執筆したキャリーは、コートニーと友人になった経緯を「お互いに1992年に産んだ同じ年齢の娘がいて、隣に住んでいて。庭の境界線を共有して。そんなことから私たちの友情は始まった」と説明。「私の娘ビリーと、彼女の娘フランシスが友達になってね。娘たちを連れて、一緒にタイやオレンジカウンティ・フェア(オレンジカウンティ郡で毎年開催される夏祭り。移動式遊園地などがやってくる)に行って。めちゃくちゃ楽しんだわ」と記し、ご近所のママ友として友情をスタートさせたことを明かした。

 同い年の一人娘を育てるシングルマザー同士というだけでなく、キャリーはポール・サイモンと結婚・離婚、コートニーはカート・コバーンと結婚・死別しており、ミュージシャンに惹かれてしまうところや、薬物依存症やキャリアの低迷に苦しんだ過去など、共通点が多い。それゆえ、すぐにママ友の枠を超えた深い友情で結ばれるようになった。娘や親との関係にも悩むコートニーは8歳年上のキャリーを心から信頼し、ほかの人には話しにくいような悩みも打ち明けるようになっていった。

 コートニーは、02年に米Oxygen局で放送されたキャリーのトーク番組『Conversations from the Edge with Carrie Fisher』に出演。これまであまり語りたがらなかった実母の話をしたり、過去の男性関係を赤裸々に語り話題になったが、心を許しているキャリーが相手だったから話せたことだったのだ。

「キャリーは私にとってメンター」と明かすコートニーは、06年に放送された自身のドキュメンタリー番組『The Return of Courtney Love』で、大きなベッドに寝そべりながらキャリーといろいろな話をする姿を「日常」として撮影させている。その番組でキャリーがコートニーに伝えた「私も本当にたくさんの悪い選択をしたわ。でもそれを選んだのは私。だから私は被害者じゃないの。あなたも同じよ」という言葉は、とても重みがあると多くの視聴者を感動させた。

 コートニーがインスタグラムに投稿し、大きな反響を呼んだキャリーへの追悼メッセージに添えられたツーショット写真は、15年のクリスマスに撮影したもの。2人はクリスマスを一緒に祝う、本物の家族のように親しい仲だったのだ。そのキャリーの予期せぬ死は、コートニーを精神的に打ちのめした。葬儀には、娘フランシス・ビーン・コバーンと参列。泣きはらしたすっぴんのコートニーの手をフランシスがしっかりと繋ぎ支えている姿がパパラッチされ、「コートニーが娘と仲良くしてる姿を見て、キャリーはきっと喜んでいるだろう」と話題になった。

 16年のアデルのコンサートを親友のエマ・ストーンたちと鑑賞したり、インタビューでアデルの大ファンであることをオープンに語っているジェニファーは昨年、米誌「TIME」の「最も影響力のある100人特集号」で「自分に多大なる影響を与えてくれた、かけがえのない親友アデル」について執筆。

「アデルに初めて会ったのは2013年のアカデミー授賞式」と明かし、「『Skyfall』をパフォーマンスする彼女を少しでも間近で見たくて、バックステージに忍び込んだ。ロープやケーブルに引っかからないようにイブニングドレスの裾を持ち上げてステージの近くまで寄ったの」「『Chasing Pavaments』(08)以来のファン」「彼女の歌を聴くと、自分のことを理解してくれる人がいる、力づけてくれる人がいるって思う。鏡の前でヘアブラシを持って歌うなんて、デスティニーズ・チャイルド以来だわ」とうれしそうにつづり、アデルの歌が「自分の人生を良い方向に変えてくれた」と大絶賛した。

 そんな「憧れの歌手」とジェニファーが友情を深めるきっかけとなったのは、ずばりお酒。2人とも酒豪で楽しくお酒を飲めることから、意気投合したのだという。15年にはニューヨークで、アデル、ジェニファー、エマ・ストーンの3人でレストランで食事をし、その後、同じ車に乗って大盛り上がりする姿がパパラッチされ、「テイラー・スウィフト軍団より、こっちのほうが楽しそう!」と話題を集めたものだった。

 ジェニファーは「TIME」のエッセーで、プライベートなアデルの顔も紹介している。「友達としても最高だし、母親としても交際相手としても最高な完璧な女性なの。子どものハロウィーンの衣装を手作りしちゃうのよ」と明かし、「世界の宝物のような歌手だけど、スィートでおもしろくて、頭もよい美人さんなの。ビッチよねぇ」と茶目っ気たっぷりに締めくくった。

 昨年の感謝祭は、ジェニファーがイギリス人のアデルに「アメリカの伝統的な感謝祭がどんなものか体験してほしい!」と、自宅の感謝祭の夕食会に招待したと報道されている。「家族で過ごす感謝祭に招くなんて、どれだけ仲良しなんだ!?」と全米を驚かせた。

■スヌープ・ドッグ&デビッド・ベッカム

 07年から09年まで放送された「スヌープ・ドッグが父親として奮闘する姿を追う」リアリティ番組『Snoop Dogg’s Father Hood』で、スヌープは友人であるベッカムを登場させて世間を驚かせた。ベッカムが設立したサッカー・アカデミーに子どもたちを連れて行き、直々にトレーニングをしてもらうエピソードで、やる気がないテンションの低い子どもたちとは対照的に、スヌープが笑顔で張り切りまくる展開にファンは大喜びした。

 トレーニングの後、スヌープはアメリカに移り住んで間もないベッカムを、「オレ様のソウルフード」であるフライドチキンを振る舞うため、お気にいりのジャンクフード店に連れて行く。しかし店には妻が待ち構えており、「また不健康な食事をして!」と怒られてスヌープはしょんぼり。ベッカムにかばわれたあげく慰めてもらい、「幼馴染みみたいな雰囲気でびっくり!」と大きな話題となった。
  
 スヌープはその後、出演してくれたお礼にスリッパをプレゼントした。喜んだベッカムはそれを履いた写真を送り、スヌープも「クールじゃん!」と大喜び。すぐに電話し「オレがラップやめて、お前がサッカーやめたら、スリッパ作ろうぜ!」と盛り上がったと、うれしそうに明かした。

 共通点が全くなさそうな2人だが、実はものすごく仲が良い。スヌープは11年にBBCラジオ1の番組に出演した時、自分が名付けた「Dベック」というニックネームで彼のことを呼びながら、「アルバムを完成させたら真っ先に聞いてもらう、心から信頼している友人だ。レーベルよりも先に聞いてもらう」「父親として、夫として、そして友人として素晴らしい男だ。奴との友情はかけがえのないものなんだ」と告白。「ある夜、たまたま出会ってね。それからずっとマブダチなんだよ」と、親友であることを明かした。

 一方のベッカムも、Yahoo!オンラインチャットで「スヌープとはLAに引っ越してから友達になったんだ。俺たちが友達だなんて、変に感じるかもしれないけどね」「彼はすごい才能がある素晴らしい男なんだよ。サッカーとか、スポーツが大好きな人でね。マンチェスター・ユナイテッドのファンでもあるんだ。ブラジルにもよく行くそうで、ブラジル・チームのファンだとも言ってたな」と語っている。

 なお、妻のヴィクトリア・ベッカムは、最初はスヌープに悪い印象を持っていたとのこと。スヌープは英「Daily Mirror」のインタビューで、「05年のLive 8コンサートでヴィクトリアに会ったんだけど、オレのバッドボーイな人格を嫌ってたね」「『スヌープ・ドッグは悪人だから、夫と関わってほしくないわ。悪影響を受けちゃう』って感じだった」とぼやきつつ、リアリティ番組を見てファミリーマンとして信用してもらったと思うと告白。

 スヌープは今年4月にも、「デビッドとサイモン・コーウェルとオレとで、週末にベガス・パーティーを主催したいなって思ってるんだよ」「10年前だったら、ヴィクトリアは絶対にダメって言っただろうけど、今は彼女とも友達だしね」と発言。ネット上では「Dベックとスヌープの友情が、今も変わることなく続いているのにびっくり」という声が上がると共に、「いやいや、ポルノ業界で活躍したこともあるスヌープと夫がラスベガスでパーティーなんて、ヴィクトリアが許可するわけないでしょ」とスヌープの願いは実現しないだろうと話題になった。

■レオナルド・ディカプリオ&トビー・マグワイア
 
 トビーの家族と交流している姿が、しょっちゅうパパラッチされているディカプリオ。子どもたちの面倒をよくみており「父親体験のつもりか」などと叩かれることもあるが、実は彼はトビーの長女ルビーのゴッドファーザーだ。トビーとは、四半世紀以上にわたる大親友である。

 2人が最初に出会ったのは、『バックマン家の人々』(89)のスピンオフテレビドラマのオーディション会場だった。ディカプリオは主要キャストとして採用されトビーは落ちたのだが、出会った瞬間から大の仲良しになったとのこと。年齢が半年しか違わないこともあり、同じ役のオーディションを受けることが多いライバルだったのだが、嫉妬やいがみ合いもなく、一緒に遊びまくるようになった。

 ディカプリオは91年に、人気ドラマ『愉快なシーバー家』のセミレギュラーとして出演しているが、共演者だったジョアンナ・カーンズは、「親友のトビーがよく現場に遊びに来て、2人で悪さばかりしてた」とうんざりした口調で回想している。

 親友の2人のうち、先にブレークしたのは『タイタニック』(97)が世界的大ヒットとなったディカプリオのほうだった。「ハリウッドの次世代イケメン俳優」ともてはやされ、調子に乗った彼はニューヨークのパーティーを荒らしまくるプレイボーイ軍団「プッシー・ポッセ」を結成。この悪名高き軍団にトビーは主要メンバーとして参加し、一緒に遊びまくる姿がパパラッチされるようになった。

 パーティーで遊びすぎたためか、ドラッグ&アルコール依存症に悩まされたこともあったトビーだが、19歳の時に強い精神力で克服。「レオの取り巻き」扱いされていた時期もあったが、『スパイダーマン』(02)でブレイクし、ようやく俳優として高く評価されるようになる。『華麗なるギャツビー』(13)で、主人公のギャツビー(ディカプリオ)と、彼と不思議な友情を築くニック(トビー)として共演した際には、ディカプリオは「トビーは自分の長年の大親友。オレたちは、ずっと嘘のない正直な付き合いをしていた。この嘘偽りない友情があったからこそ、今回、最高の作品を撮ることができた」と発言している。

 一方のトビーも米芸能誌「Poeple」の取材で、「(レオナルドとは)ごく普通の親友だよ。たくさん笑うし話もするし」「同じ趣味を持ってるとか、共通点が多いんだよ。たとえばバスケが大好きで、一緒にバスケするし」と告白。「レオには親愛の情を持ってるよ。大親友だからね」と嬉しそうに明かしていた。

 トビーは昨年ジェニファーと離婚することを発表したが、その時もネット上では「でも、レオナルドとは絶対に離婚しないから大丈夫!」という声が上がったほど「大親友」として知られているトビーとレオナルド。この2人ほど強い絆で結ばれた子役出身スターはいない、と言っても過言ではないだろう。

 ヒップホップ・R&B界のロイヤルファミリーと呼ばれるビヨンセとジェイ・Z。近年はアルバムで「ジェイに浮気された、けど許す」「浮気してビヨンセの妹にボコられた、反省してる」と激白しあって話題を集めているが、少し前までは私生活を語らないことで有名だった。交際についてもオープンに語ることなく、08年の挙式も極秘中の極秘だったのだが、この結婚式にはグウィネス・パルトローとコールドプレイのクリス・マーティンが出席していた。実はこの4人、とても仲良しなのだ。

 14年に離婚するまで夫婦だったグウィネスとクリスは、06年に開催されたとある慈善パーティーでビヨンセとジェイと出会い意気投合。ごくごく自然に交流を始めた。同年9月27日、ビヨンセも参加したロンドンでのジェイのコンサートに、クリスはゲストパフォーマーとして招待されている。歌手ではないグウィネスまでステージに登場し、歌声を披露して話題騒然。後にグウィネスは、「ジェイから『君の誕生日なんだから歌いなよ!』と勧められて、思い切ってステージに上がった。最高の経験をさせてもらった」と明かしている。

 07年のアカデミー授賞式では顔を寄せ合い、ひそひそ話をして大笑いするビヨンセとグウィネスの姿が撮影され、「えっ、この2人仲良いの!?」と世間はびっくり。その後、4人はますます親睦を深め、08年4月に行われたビヨンセとジェイの極秘結婚式にグウィネスとクリスが招待されたのだった。
 
 グウィネスのインタビューでの発言をまとめると、この4人は、ジェイが大好きで兄のように慕う彼女を中心とした関係になっているようだ。グウィネスは10年に自身のライフスタイル提案サイト「Goop」でジェイにインタビューし、彼の経歴を大絶賛。12年に出演したトーク番組では、「この世で最も尊敬している人間の一人」と告白。13年に受けた雑誌のインタビューでも「ジェイは私にとってお兄さん的存在なの」「子どもたちも、ジェイおじさん、Bおばさんって呼んでいるのよ」と明かし、ビヨンセが娘のブルー・アイビーを出産した時は「子育てのアドバイスをしてあげた」とも語った。グウィネスがブルー・アイビーのために1000ドル(約11万円)する高級ストローラー(ベビーカーの一種)をプレゼントしたとも報じられ、アンチから「ストローラーに1000ドルもかけるなんて嫌味」だと叩かれたものだった。

 また、婦人誌「ハーパーズ」のインタビューでグウィネスは「息子はヒップホップ大好きなの。ジェイおじさんがぶら下げてるようなチェーンを欲しがるのよ」と嬉しそうに語っている。12年にジェイとカニエ・ウェストのコンサートを観た時には興奮のあまり、曲名にちなんで「ニガーがパリに!」とツイートしてしまい、「白人女優がニガーという差別用語を使った」と大炎上した。

 グウィネスばかりが語っているようだが、ビヨンセも13年のHBOドキュメンタリー番組のプレミアでグウィネスのことを「本当に素晴らしい友人」とコメント。彼女の名前を口にした瞬間、心がこもった表情になっていたことから、「セレブママ友達として、より一層友情が深まったに違いない」と話題になった。

 昨年、ビヨンセとコールドプレイが「スーパーボウル」のハーフタイムショーでパフォーマンスした時も、グウィネスはジェイと一緒に観戦。うろちょろするブルー・アイビーの世話をしている姿もパパラッチされ話題となった。その後のインタビューでグウィネスは「しょっちゅうベビーシッターしているわ」と明かし、これも美談として感心された。

 今年5月に13歳になった長女アップルの誕生日パーティーには、ブルー・アイビーとジェイ、双子を妊娠中のビヨンセも出席したと報道。ビヨンセは双子を早産したため祝福コメントはまだ控えているが、すでに双子には会いに行ったものとみられている。

双子を出産したビヨンセの体重変動が注目の的! 「プレッシャーかけるな」と心配の声も

 6月12日に男女の双子を出産したビヨンセ(35)が、産後1カ月半で妊娠中に増えた体重をほぼ落としたと一部メディアで報じられている。第一子を出産した時「88キロまで増えた」と告白。今回はそれ以上に増えているかも、と噂されていただけに「安易に痩せた・戻ったと報じるのはプレッシャーを与えることになり、よくないのでは?」という声も上がっている。

 

Beyoncéさん(@beyonce)がシェアした投稿

 今年2月2日、たくさんの花に包まれて下着姿でヴェールをまとい、愛おしそうに大きいおなかに手を当てた写真をインスタグラムに投稿し、双子の妊娠を発表したビヨンセ。同月12日に開催されたグラミー賞のパフォーマンスでは、観音さまのような神秘的な妊婦ダンスを披露した。ヘッドライナーに決定していた4月のコーチェラ・フェスティバルへの出演は「ドクターストップがかかった」として来年に延期されたが、代打にレディー・ガガが出演することになりファンも納得。ビヨンセは安心して妊娠生活を満喫し、産前祝いのベビーシャワーもつつがなく行われ、6月12日に無事男女の双子を出産した。

 双子だったため、多くのメディアが推測していたように早産で、黄疸を発症して通常より長く入院していたものの、適切な治療を受けて退院。カリフォルニア州マリブにある家賃月40万ドル(約4474万円)の超豪邸で、新生活をスタートしたと報じられている。

 長男の名前は、夫ジェイ・Z(47)の本名にちなんでサー・カーター、次女の名前はルミと命名。長女のブルー・アイビーに続いて今回もキラキラ・ネームだと失笑する声もあったが、7月14日には妊娠発表時と似たような構図で双子を抱く写真をインスタグラムで公開し、全米が祝福ムードに。13日の夜にはラッパーのヴィック・メンサのパーティーに夫婦で出席する姿がパパラッチされ、「体形が戻ってる!」「本当に妊娠してたのか?」と話題になった。

 もちろん、服装やヘアスタイル、メイクで体形や体重をごまかすことは、いくらでも可能。「産後1カ月で元通りはない」「コルセットか何かでごまかしてるんでしょ」という反応が大半だった。

 そんな中、ビヨンセが「双子妊娠中に増えた体重を、ほぼ落とした」と報じられたのだ。

 米の芸能ニュースサイト「HollywoodLife.com」は、ビヨンセに近い情報筋の話として「ビヨンセは本当にすごい。ろくに眠れていないのにエネルギーにあふれ、生き生きとしている」とコメントを掲載。

「初めての双子育児をする母親のほとんどが、この時期、てんてこ舞いで頭が回らない状態だというのに、ビヨンセはものすごく活発で華やかなんだ。もちろんビヨンセとジェイ・Zには、ナニーやスタッフが大勢いるから助かっている部分もあるけれど、彼女は人任せにはしないタイプだからね。そもそも母乳で育てているから、きちんと睡眠をとることはできない」「まぁ、ビヨンセは短時間睡眠でも、いつもベストな状態を保ってきた人だからね。睡眠不足でも、常にシャキッと頭がさえているんだよ!」と絶賛する言葉を紹介した。
 
 この情報筋は続けて、「ビヨンセを見たら、数週間前に双子を産んだなんて信じられないと思うよ」「妊娠中に増えた体重はほとんど落ちているんだ。彼女の体は産後急速に元の状態に戻ったんだよ…… 見事なもんだよ!」と告白。

「ビヨンセは、助けてくれるスタッフ全員に感謝をしているんだ。そして、自分だけで双子を育てている全ての女性に畏敬の念を抱いている」という、決して驕ることのない彼女のエピソードを紹介。「ビヨンセとジェイは、“これからどんどん楽になるはずだから”と自分たちに言い聞かせているんだ。と同時に、このクレイジーな状態をありのままに受け入れ、互いに寄り添って支えあえることを神に感謝している」とも明かした。

 同サイトでは6月末に、産婦人科医師の「多くの女性は妊娠中に体重が9~18キロほど増加する。双子を妊娠している場合には、18〜22キロほどの体重増加が見込まれる」というコメントを伝え、「双子を出産後には、おなかの筋肉が伸びてしまっている状態なので、できるだけ早くエクササイズを始めるのがよいだろう」「もちろん帝王切開の場合は、回復を待たなければならない」「母乳育児をすると、体重が早く減る」とのアドバイスを掲載していた。

 確かに双子妊娠は体に負担がかかり、体重が増えることが多いとされている。6年前に双子を出産したマライア・キャリー(47)は、妊娠中に体重が31キロ増加したと告白。有名なダイエットプログラム「ジェニー・クレイグ」と契約を結び、痩せた体をCMで披露して大きな話題になった。マライアはロージー・オドネル司会のトーク番組で「産後1週間で18キロ減ったわ。これはむくみで増えた体重が減っただけなんだけど」「で、プログラムを始めて、絶対に減らさなくちゃいけなかった13キロを落としたってわけよ」とタイトなミニドレスを着て、スリムになった脚を見せびらかしながら笑顔で明かし、世間を驚かせたものだった。

 確かにマライアは妊娠中、日を追うごとに体が大きくなり、出産直前はとても苦しそうだった。夫だったニック・キャノンを従えてド迫力のマタニティヌード撮影までしていたが、妊娠性糖尿病を患ってむくみに苦しみ、妊娠後期には医師から安静を言い渡されるなど、つらい妊婦生活を送っていたのだ。

 一方ビヨンセは、今回の妊娠中に、いくつかの写真を公式サイトやインスタグラムで公開。どれもおなかだけが大きくなっており、「双子を妊娠しているのに小顔で手足の太さも変わらず、さすが!」と話題になった。だが同時に、外出時には、パパラッチたちに全身や顔を撮られないようにカバー。それでも撮られてしまった背中や顔の写真からは、相当な肉がついていることが確認でき、ネット上では「公開している写真は画像修正している」「やっぱり、かなり体重が増えている」「マライアと同じか、それ以上じゃないか?」「ただただデカい」という声が上がった。「前の妊娠でもめちゃくちゃ体重が増えたんだし、今回はさらにすごいことになりそうだ」と心配する者も少なくなかった。

 長女ブルー・アイビーを産んだのは、12年1月7日。同年5月にはライブを行い、出産前と変わらぬ姿でステージに復帰し「奇跡」だと騒がれた。13年1月にはオバマ大統領の2度目の就任式で国歌斉唱したものの、のちに「口パク」だと発覚。「出産して声が出なくなったのでは」と陰口を叩かれたが、2月のスーパーボウルのハーフタイムショーで激しいダンスを踊りながら生歌を披露。圧巻のパフォーマンスに、全米が度肝を抜かれた。

 この年の12月、ビヨンセはビジュアル・アルバム『BEYONCE』を電撃リリース。その後、公開したアルバム撮影秘話ドキュメンタリーで、妊娠中に体重が88キロまで増え、このアルバムに収録された「Partition」MVのために死に物狂いで29キロ減量したことを告白。そのプロ根性に世間が脱帽した。

 前回は自然分娩したビヨンセだが、今回は帝王切開で出産したと伝えられている。もしかしたら、出産と同時に、腹部のたるんだ皮膚や脂肪を除去するタミー・タックと呼ばれる整形手術を受けた可能性もなくはない。米美容整形まとめサイトのQ&Aにも、美容整形外科医の「最後の妊娠ならば、帝王切開時にタミー・タックすることは可能」というコメントが掲載されている。とはいえ、ほとんどの医師が「体が回復する産後6カ月は待たないと危険」と警告。先日パパラッチされた時は、コルセットでおなかを締めていた可能性のほうが高そうだ。

 今月21日には妹のソランジュと共に「FYF Fest 2017」へ繰り出し、ヘッドライナーを務めたミッシー・エリオットを応援。ミッシーがその時に記念撮影した写真をツイッターに投稿したのだが、ビヨンセは体形をカバーするようなトップスを着ており「やっぱり体形を気にしている」「こう見ると全体的にむちっとしている」と囁かれた。

 今年2月に「双子のママとして、ビヨンセにアドバイスを!」と求められたマライアは、「双子って本当に大変よ。オー・マイ・ゴッド!」「個人的には、双子を妊娠、出産する中で変化していく体が、本当につらかった」としみじみと語っていた。直後に「でも双子って最高よ。2人にしか通じない言葉で話をしたりするの。爆笑ものよ」と笑顔を見せていたが、マライアの言う通り、ビヨンセも双子妊娠・出産による体の変化には、大変な思いをしていることだろう。プレッシャーをかけないためにも、体重に関する報道は、当分控えたほうがよいのではないかと思わずにはいられない。

 果たしてビヨンセは、今回も「死に物狂い」の減量に励み、完全に妊娠前の体形に戻すのだろうか? ブルー・アイビーの相手をし、双子に母乳を与える合間を縫っての減量は相当きついだろう。しばらくは外野も温かい目で見守っていてほしいものだ。

ネット上が騒然! 「イケてる妊婦写真」と「実際のビヨンセ」がもはや別人レベル

 2月1日にインスタグラムで「大きなおなかを大事そうに抱える写真」をお披露目し、第二子・第三子にあたる双子を妊娠していることを発表したビヨンセ。

 予定日は発表していないが、ファンの間では「5月〜7月中に出産するのでは」とささやかれている。ビヨンセは、昨年10月初頭に左手薬指に3つの点のタトゥーを入れた写真をインスタグラムで公開しており、多くのファンが「点は子どもの数」「双子を妊娠したことを知り、タトゥーを入れたんだろう」と推測。というのも、彼女はジェイ・Zと結婚するにあたり、左手薬指におそろいで「IV」のタトゥーを入れた。それを踏まえて、ファンは「左手薬指はただ単に結婚指輪をする指というだけではなく、ジェイとの愛を刻む指。だから点はジェイとの間にもうけた子を表すもの」と考えたのだ。

 米国の朝の人気ニュースバラエティ番組『Good Morning America』でも、妊娠写真を見た医師の「(2月時点で)20週くらいに見える」というコメントを紹介し、「予定は6月半ばから7月半ばではないか」と推測。双子の出産は早まることがあるため、6月中には出産するだろうと見られている。

 ビヨンセは妊娠発表後、間もなくして開催された第59回グラミー賞でパフォーマンス。ぽっこりしたおなかに大事そうに手をあて、神々しいステージで大きな話題を集めた。その後は、公式サイト「beyonce.com」やインスタグラムで、ゆったりとしたドレスを着ている写真、ミニスカートで高いヒールを履いてポーズを決めているカッコいい写真など、「イケてる妊婦」写真を公開している。

 しかし、先週パパラッチに撮影されたビヨンセの顔はむちっむちのまん丸だったのだ。

 大手ゴシップ芸能サイト「TMZ」は19日、ロサンゼルスのおしゃれなレストラン「Beauty & Essex」から出てきたビヨンセを映した動画や写真を掲載。何人もの大男たちにガードされたビヨンセは、下を向き、足早に車に乗り込むため、顔は見えない。しかし車に乗り込む後ろ姿はしっかりとカメラに映っており、広く開いたドレスからのぞいた背中は、かなり肉付きがよくなっているのがわかる。その後、パパラッチたちは車に乗り込んだビヨンセを前に回って撮影するが、ビヨンセの顔はまん丸。横を向いている顔もむっちりしており、インスタグラムで公開している写真の顔とはまるで別人のようだった。

 この「リアルなビヨンセ」に、ネット上は「すごいボリューム感」「クリスティーナ・アギレラが激太りしていたときみたい」と騒然。彼女がSNSで公開している写真は「おなか以外はスリムに見えるように画像修正している」と一部でバッシングする声が上がった。「これが本当の妊婦」とビヨンセをかばう声も多かったが、「だったら、ありのままの姿をSNSで公開すればいいんじゃない?」と指摘する人も。

 この写真がパパラッチされる少し前まで、ビヨンセはジェイと人気リゾート地・ボラボラ島でベビームーンを楽しんでいた。ベビームーンとは「赤ん坊が生まれる前に、夫婦水入らずで、優雅で静かな時間を過ごす旅行」のことで、日本では「マタ旅(マタニティ旅行)」と呼ばれている。「もしかしたら、ベビームーンでおいしい食事を食べすぎて体重が増加してしまったのかもしれない」と考えるファンもいた。

 が、しかし。23日、ビヨンセがインスタグラムに投稿した写真は顔がほっそり。太ももはムチッとしているが、サングラスをかけた顔はシュッとしており、「ムチムチなのか、ほっそりなのか、どっちなんだ!?」とネットを混乱させた。

 この写真だが、ビヨンセも所属していたガールズグループ「デスティニーズ・チャイルド」の一員、ケリー・ローランドの新書『Whoa Baby!』の発売記念イベントで撮影されたもの。イベントにはもう1人のメンバー、ミシェル・ウィリアムズも出席し、3人並んで座っている写真も1枚公開されたが、鼻から下に本のタイトルである『Whoa Baby!』というスタンプが押されているため、顔の輪郭がわからない。

 ビヨンセは、2013年に発売したアルバム『BEYONCE』の予告映像『Self-Titled』のパート4で、「(長女ブルー・アイビーを)出産したとき、体重は195ポンド(約88kg)だった。産後に65ポンド(約30kg)減量したの」と告白している。彼女は169cmと長身ではあるが、出産時88kgというのは相当な重さ。今回も前回同様、太りやすい傾向にあるとしたら、双子ということもあり、90kgを超えてしまう可能性も否めない。

 前回の出産後、「運動で体重を戻した」というビヨンセだが、そこまで努力したのはジェイとのセクシュアル・ファンタジーを描いた曲「Partition」のミュージックビデオ撮影のためだった。ビヨンセは「赤ん坊を産んでも元の体に戻れるって、みんなに伝えたかった」「出産した後も、セクシュアルな女性でいていいんだって伝えたかった」とも明かしている。

 常に女性の魅力や、女性の持つパワーを訴えてきたビヨンセ、だからこそ「イケてる妊婦」を演じなければいけなかったのかもしれない。

ビヨンセの代打でコーチェラのヘッドライナーを務めるガガ、実は5番目の候補だった!?

 カリフォルニア州の砂漠地帯で毎年2週末にわたって開催される、巨大野外音楽フェスティバル「コーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル」(以下、コーチェラ)。「一般3dayパス」は399ドル(約4万5,000円)、「VIP3dayパス」は899ドル(約10万円)以上と高額にもかかわらず、毎年発売後すぐにソールドアウトし、高額転売されることが多い。1月3日には、金曜日(4月14日&21日)はレディオヘッド、土曜日(4月15日&22日)はビヨンセ、日曜日(4月16日&23日)はケンドリック・ラマーと、各日のヘッドライナー(その日の目玉アーティスト)と出演アーティストが発表され、世間は大いに盛り上がった。

 しかし2月1日には、ビヨンセが、大きなおなかを抱える写真をインスタグラムに投稿し、双子を妊娠していることを発表。ハイリスクといわれる双子の妊娠だが、ビヨンセは同月12日に開催されたグラミー賞授賞式で予定通りパフォーマンスを披露した。いつものようにヒールで踊ることはせず、巨大なスクリーンを使ったホログラム映像や観音様のような豪華なコスチューム、神が降臨したような振付け――と、女神を意識したパフォーマンスで世間を仰天させた。

 さらにおなかが大きくなるであろう4月のコーチェラの出演が危ぶまれていたが、ビヨンセは「健康上、問題がなければ」と前置きしつつも「予定通りヘッドライナーを務める」と宣言。が、23日にはビヨンセ陣営とコーチェラのプロデュースを担当するゴールデンヴォイスは共同で、「医師の指示により、ビヨンセは2017年度のコーチェラでのパフォーマンス出演を見送ることにした」という声明を発表した。そこで「18年のコーチェラで、ヘッドライナーを務める」とも約束したものの、ファンは落胆。米音楽専門誌「ビルボード」電子版は、ビヨンセの声明を受け、4月14~16日分チケットの転売平均価格が978ドル(約11万円)から872ドル(約10万円)まで下落したと報道。21~23日の価格も856ドル(約9万7,000円)から834ドル(約9万5,000円)となり、今後も下落し続けるだろうと示唆した。

 ビルボードは「ビヨンセ目当てのファンを満足させられるディーヴァでなければ、代打は務まらないだろう」「リアーナ、ピンク、ケイティ・ペリー、ミッシー・エリオット、ニッキー・ミナージュ……」「いっそのこと、ダイアナ・ロスやティナ・ターナーという大御所に頼むのはどうだろうか」とも提案。ネット上は「誰がビヨンセの代打にふさわしいか」で盛り上がった。

 そして、ビヨンセの声明から5日後の28日。レディー・ガガが、ビヨンセに代わって4月15日と22日のヘッドライナーを務めることが発表されたのである。ガガは28日に、自分の名前がプリントされたコーチェラの新しいポスターをTwitterとインスタグラムに投稿。「砂漠でパーティーだよっ!」と上機嫌で呼びかけた。

 ガガは5日に開催された『スーパーボウル』のハーフタイムショーで圧巻のパフォーマンスを披露。もともと人気のあるアーティストだが、あらためて彼女のパフォーマンスに感動した人も多く、ハーフタイムショーの放送後、デジタル・アルバムと楽曲の売り上げが前日比で1,000%もアップしたと報じられた。また、ハーフタイムショーの直後に発表したワールドツアーのチケットは、世界中で完売続出。発売数分後にソールドアウトしたショーも多く、コーチェラの転売価格も再び上昇。

 複数のメディアは、主催者側の優先順位1位はアデルだったのだが、断られてしまったと報道。リアーナ、ジャスティン・ティンバーレイク、ロックバンドのナイン・インチ・ネイルズと声をかけたものの、全て断られてしまい、5番目の候補だったガガに引き受けてもらったのだと伝えている。

 この報道にネット上では、「アデルは素晴らしいアーティストだけど、フェス向きじゃないでしょ」「アデルはフェス嫌いで、不安障害の発作が起きるから出ないって言ってたし」「リアーナは最高だけど、昔ジェイ・Zとの浮気疑惑があったから、ビヨンセの代打は微妙」「ビヨンセは、コーチェラ史上2人目の女性ヘッドライナーを売りにしていたんだし、ジャスティンはないでしょ」「ナイン・インチ・ネイルズは、ビヨンセの音楽とかけ離れすぎててムリ」などの意見が飛び交い、「ガガに決まってよかった」「ガガはビヨンセを『Telephone』にフィーチャリングさせてるほど仲もいいし」と安堵の空気が流れている。

 コーチェラでも、ハーフタイムショーで視聴者の度肝を抜いた、ワイヤー吊りパフォーマンスをやってくれるのだろうか? サービス精神旺盛なガガのこと、きっと奇抜な演出でコーチェラを盛り上げてくれそうだ。

グラミー賞の黒人差別が叫ばれる中、ザ・ゲームが「アデルは最高だ、ブロウ!」と才能を絶賛

 現地時間の2月12日に開催された、米音楽界最大の祭典『第59回グラミー賞』で、ビヨンセが最高の栄誉である「最優秀アルバム賞」を逃したことが大きな波紋を呼んでいる。今年の「最優秀アルバム賞」に輝いたのはアデル。彼女も確かに素晴らしいアーティストだが、グラミーがビヨンセに最高賞を贈らないのは「黒人だからではないか」という声が高まっており、社会的問題へと発展しつつあるのだ。

 そんな緊張感が全米に漂う中、ギャングスタ・ラッパーのザ・ゲームがアデルのことを「最高賞にふさわしい」と賛美する発言をし、大きな話題を集めている。

 1959年に第1回グラミー賞が開催されてから現在に至るまで、59人のアーティスト/バンドに授与されてきた「最優秀アルバム賞」。音楽界では実に多くの黒人アーティストたちが活躍してきたのだが、この「最優秀アルバム賞」を獲得した黒人アーティストは、まだ10人しかいない。直近で受賞したのは、2005年に受賞したレイ・チャールズと08年のハービー・ハンコック。ハービーは、60年代からジャズの第一人者として活躍してきた超大御所アーティスト。レイは亡くなった翌年に受賞していることから、「黒人アーティストは、年寄りになるか死んだ後にしか最高賞はもらえないという新ルールになったようだ」と陰口を叩かれることに。

 そんな流れを変えてくれると期待されていたのが、ビヨンセだった。白人受けがよく、世界中で愛されるスーパースターのビヨンセは、これまで多くの賞を受賞し、10年・15年にも「最優秀アルバム賞」にノミネートされた。しかし彼女が受賞するのは“R&Bが”が付いた部門ばかり。今年も9部門に最多ノミネートされたが、受賞したのは「最優秀ミュージック・ビデオ賞」「最優秀アーバン・コンテポラリー・アルバム賞」の2部門だけだった。

 一方のアデルは今年、ノミネートされた5部門全てを獲得。「最優秀アルバム賞」「最優秀楽曲賞」「最優秀レコード賞」の主要3部門を受賞するのは2度目。そんな空気を読んでか、アデルは今回の受賞スピーチでビヨンセを持ち上げ、「あなたは毎日私の魂を揺さぶる。本当に大好き」「私たちアーティストは、あなたを崇拝している」と発言。ビヨンセも涙を流し、このスピーチに聞き入っていた。

 しかし、アメリカの世論は違う。ただでさえ人種差別に敏感になっているところに、ビヨンセががっかりな結果に終わってしまったため、SNSでは怒りの声が噴出しているのだ。そんな中、元麻薬売人で銃撃を受けて昏睡状態に陥るなど数多くの修羅場をくぐり抜けてきたギャングスタ・ラッパーのザ・ゲームが、アデルの受賞は妥当だという発言をした。

(動画はこちら)

 米大手ゴシップ芸能サイト「TMZ」から「アデルが最優秀アルバム賞を制しましたね」と突撃取材されたゲームは、「『アデルのことが気に入らねぇ』とか言わせたいんだろ? オレはオマエらのために『アデルはフ●ッキングだ』とか言わねぇよ」と強い口調で言い、「オレはさ、アデルのことフ●ッキングなくらいに好きなんだ」と激白。「アデルは(賞を)獲るべくして獲ったんだぜ」「だって、彼女は、『ハロー・フロム・ジ・アザー・サイド』って言ったんだぜ、ブロウ(ブラザーを略した俗語)!」「お前さん、アルバムを制作して『ハロー・フロム・ジ・アザー・サイド』って言ったことあるのかよ」とパパラッチに逆質問した。

 パパラッチが小さな声で「いいえ……」と答えると、ゲームはしてやったりという表情になり、「だろうよ、アデルがやったんだからよ」「エイリアンでもねぇのに『ハロー・フロム・ジ・アザー・サイド』って言うフ●ックがどこにいるんだよ」「彼女は(最優秀アルバム賞を)獲るに値するんだよ。彼女は次元が違うんだよ」と、ニコニコしながら持論を展開。悪い意味ではなく、最高という意味でフ●ックという言葉を使った。

 ちなみに「アザー・サイド」には「向こう側」のほかに、「未知の世界」「あの世」「死後の世界」という意味がある。アデルは世界的に大ヒットした曲「Hello」で、「(受話器の)向こう側から(あなたに)呼びかける」と叙情的な意味合いで使っている。

 パパラッチが「でもクイーンを負かしたんですよ?」と言うと、「クイーンって、クイーンB(ビヨンセ)のことかよ」と確認した上で、息を深く吸ってカメラに向かい、「おう、アデル! アデルの野郎よ!」と声を荒らげ、シャドウボクシングをする。が、すぐに笑顔になり、「っていうかよ。ビヨンセは何兆個もの賞を獲得している。アデルも何兆個もの賞を獲得している。アデルは、自分の競争相手は、世界の中でビヨンセただ1人だけだと確信しているはず。ビヨンセも、自分の競争相手はアデルしかいないと知ってるはずだ」とパパラッチを諭すように説明。どっちが勝ってもおかしくないんだから、野暮なこと言うなよというふうに首を振った。

 ゲームのアデル擁護発言を聞き、ネット上では今回の受賞に納得する人も。今回受賞したアデルのアルバム『25』(15年11月発売)は、音楽チャートにおける記録を次々と塗り替えた。173万枚と、16年にアメリカで最も売れたアルバムにも輝いた。ビヨンセの『Lemonade』(16年4月発売)も155万枚を売り上げたが、数字の上ではアデルに負けている。ゲームの言葉通り、どちらが勝ってもおかしくなかった。アデルの方がセールスや記録面で少し勝っていたのが考慮された可能性もある。ギャングスタ・ラッパーのスヌープ・ドッグと共に「黒人の命も大切だ(Black Lives Matter)」活動に積極的に参加しているゲームだからこそ、なんでもかんでも人種差別につなげるのは危険だと言いたかったのかもしれない。

アデルの「Fワードごめんなさい」やシーローの奇抜衣装も! 今年のグラミー賞ハイライト

 現地時間2月12日に開催された、米音楽界最大の祭典『第59回グラミー賞』授賞式。近年、授賞式の生中継を視聴する人が減っている中、グラミー賞は大健闘。2015年、16年に比べて視聴率は上昇し、平均2,605万人が視聴。Twitterでも当日の夕方5時から夜中12時までの間に投稿されたグラミー賞授賞式関連のツイートは1,730万だったと発表されており、アメリカ人の関心度の高さを証明する形となった。ちなみにTwitterで最も投稿が多かったのはビヨンセのパフォーマンスに関するもので、267万ツイートにも達したとのこと。話題が豊富だった今年のグラミー賞のハイライトを紹介しよう。

1)ビヨンセの女神パフォーマンス

 今月1日に妊娠を発表したビヨンセ。普段ならば、高いヒールを履いて激しいダンスを踊るのが定番だけに、大きな腹で一体どのようなパフォーマンスをするのかが注目されていた。

 最初に披露した「Love Drought」では、ステージの大型スクリーンにビヨンセのビデオモンタージュを代わる代わる登場させ、神秘的な世界観を演出。3分を過ぎた頃に実物のビヨンセがやっとステージに登場し、千手観音菩薩やヒンドゥー教の女神のような衣装をまとい、そそくさとイスに座って歌い始めた。イスは後方にゆっくり倒れ、一瞬ドキッとさせられる。が、もちろん演出ですぐに元の位置に戻り、ビヨンセは立ち上がり、ステージ中央に歩いていく。そして、ダンサーたちと海の中のワカメのようなゆらゆらとしたダンスを始める。

 2曲目の「Sandcastles」は、ダンサーたちがビヨンセを囲んでひざまずき、祈りを捧げるように手を伸ばすところからスタート。宗教的な空気が漂う中、観音様のビヨンセは再びイスに座り、おなかに右手を当てながら熱唱。そして最後はすっくと立ち、事前に録音した「今なら復縁は可能」「もし修復できるのなら」「光り輝くものにしましょう」という彼女の囁き声が流れる中、慈悲深い表情を浮かべて終了した。

 妊娠を発表したインスタグラムの画像は、あまりにも宗教色の強い写真だったために「自分のことを聖母マリアだと勘違いしているんじゃないか」と一部からはバッシングされたビヨンセ。しかし、妊娠をポジティブなパワーへと昇華したパフォーマンスは、ファンはもちろん、会場にいたアーティストにも絶賛されていた。

2)やり直しとなった、アデルのジョージ・マイケルトリビュート

 アデルは昨年末に亡くなった故ジョージ・マイケルのために、彼の「Fastlove」をオーケストラの生演奏をバックに歌い上げた。オリジナルは速いテンポの曲なのだが、アデルはあえてスローにアレンジされたものをしっとりと熱唱した。

 しかしパフォーマンスを始めたアデルに、機材トラブルが発生。ピッチが合わず、音楽に歌声をうまく合わせられないアデルは、歌い始めて1分ほど過ぎたところで「生中継してるって知ってるわ。ごめんなさい。いったん止めさせて。ファ●クしちゃったのよ。でも去年のように台無しになんてできないの」「汚い言葉を使ってごめんなさい。彼のためにも、きちんとやりたい。お願い、もう一度最初からやり直させてちょうだい」と泣きだしそうな顔で懇願。

 「去年のように」とは、昨年のグラミー賞でアデルが「All I Ask」をパフォーマンスした際、雑音が入ったり音が途切れたりといった機材トラブルが発生したことである。散々な目に遭ったアデルは、後にインタビューで「ぶち壊しになっちゃって」「次の日は泣き腫らしてすごした」と明かしている。去年のような思いはもうしたくない、今回はジョージに捧げる歌なのに! そう思ったアデルは、グラミー側に「やり直させてくれ」と求めたのだ。

 観客の拍手を浴びながら最初からまた歌いだしたアデルは、今度は見事に音を合わせ、最後まで魂を込めて歌い上げた。歌い終わり、感極まる表情を浮かべるアデルに、会場はスタンディングオベーションで称賛を贈った。観客席のリアーナは何度も胸に手を当て感動した表情を浮かべ、キース・アーバン、ジェニファー・ロペスも感極まった表情に。ハイディ・クルムも力強く拍手を送っていた。

3)アデルの「Fワードごめんなさい」

 このパフォーマンスを見たネットユーザーらは、「ごまかすこともできたのに、アデルは妥協しない、素晴らしいアーティストだ!」「『仕切り直してもいいんだよ』と教えてくれた!」と大絶賛。しかし、彼女は生中継されているのを知りながら「Fucked up(台無しにしたという意味)」という放送禁止用語を発したことを後悔しており、最優秀楽曲賞を受賞した際の受賞スピーチでも「汚い言葉を使っちゃって、本当にごめんなさい」と改めて謝罪。そして、一緒にステージに連れてきたプロデューサーのグレッグ・カースティンに「忍耐強く私に付き合ってくれてありがとう。そして、一番のお気に入りの曲の制作を手伝ってくれてありがとう」とトロフィーを手渡し、マイクの前に彼をリードした。

 グレッグは「父さん、母さん、ありがとう」とスピーチを始めるのだが、グラミー側は「アデル以外に用はない」といわんばかりに、次へと進めるための音楽を流し、グレッグの言葉はかき消されてしまった。カメラも無情に2人からズームアウトしてしまい、グレッグの言葉を最後まで聞き取ることはできなかった。この事態にネット上では「大事なのは歌手だけなのか」「プロデューサーの話なんか、誰も聞きたくないということなのか」など、「あまりにも残酷」だという声が上がった。

4)ガガとメタリカのコラボパフォーマンス

 刑務所でミュージックビデオ撮影を行って囚人たちを大興奮させたり、南極ライブを成功させ全大陸を制覇したりと、世界最強のヘヴィメタバンドとして名高いメタリカ。そのメタリカと今回のグラミー賞のステージでパフォーマンス共演することになったレディー・ガガは大喜び。気合を入れるために共演曲「Moth Into Flame(炎に飛び込む蛾)」にちなんだ巨大なタトゥーを背中に彫った。

 注目のパフォーマンスだが、メタリカが演奏する横で踊り狂う女性たちの中からガガが飛び出し、ノリノリでダンスを始める。ここでメタリカのボーカル、ジェームズ・ヘットフィールドの野太くしゃがれた渋い歌声が聞こえる……かと思いきや、聞こえてくるのは演奏のみ。ジェームズはマイクに向かってシャウトしているのだが、歌声がまったく聞こえず。グラミーお得意の機材トラブルが、また発生してしまったのである。途中で入るガガの歌声はマイクが拾っているだけに、せっかくのコラボが台無し。

 1分20秒が過ぎた頃、自分のマイクに見切りをつけたジェームズは、ギターを弾きながら歩み寄り、ガガのマイクで一緒に歌いだす。その後、自分のマイクに戻ると、やっと音が入るようになっていた。ガガも安心したのかドラマーに抱きつき、ステージの至る所で燃え上がる炎をバックに蛾のように飛び跳ね、コケながらもくねり踊る。フィナーレでは、ガガはジェームズと顔を突き合わせシャウト、テンションの高いまま終了した。

 その後、よく見るとジェームズはマイクスタンドを蹴り、ステージ後方に向かって自分のギターを投げつけて、スタッフを威嚇するような仕草をしていた。音が入らないマイクをあてがわれた彼は明らかにイラついており、その怒りが最後に爆発した形となったのだ。メタルファンの間からは「またか」「こっちの方こそ、やり直しすべき」だと怒りの声が上がった。

5)誰より目立っていたシーロー・グリーン

 アルマーニ プリヴェのふわっとしたロングスカートで大人の美を見せつけたリアーナ、下乳見えまくりの極ミニジャケットで登場したレディー・ガガ、きらびやかなレインボーカラードレスを着こなしていたと好評だったパリス・ジャクソンら、今年も華やかな衣装が話題となったグラミー。

 その中で最も話題をさらったのは、国民的オーディション番組『ザ・ヴォイス』の審査員としておなじみの歌手シーロー・グリーンだった。なんと、顔を含めた全身ゴールドの姿で、アメコミのキャラクターのようなコスプレを披露。シーローは今回ノミネートされていなかったため、「勝つぞ!」という意思表示でないことは明らか。ネット上では、このシーローのあまりにも場違いかつ異様な姿を見てお祭り騒ぎとなり、セクシーなドレスを着ている女性シンガーたちそっちのけで大盛り上がりした。「頭がチョコレートのフェレロ・ロシェみたい」とまで言われたシーロー。彼が一体なにになりたかったのかは、いまだ謎のままである。

運営側も困惑! ビヨンセ妊娠でコーチェラ出演はどうなる?

 世界中にファンを持つ歌姫ビヨンセが1日、インスタグラムに「ふっくらしたおなかを大事そうに抱える」写真を投稿し、双子を妊娠していることを発表。わずか8時間で650万を超える「いいね!」を獲得し、インスタグラムの「いいね!」最多記録を樹立した。祝福コメントも40万件以上書き込まれており、トランプ大統領へのバッシング一色だったアメリカが一転して、お祭りムードとなった。

 しかし、このビヨンセの妊娠に渋い顔をしている人もいるという。4月にビヨンセがヘッドライナーとしてパフォーマンスを行うことになっている、コーチェラ・フェス運営組織の上層部たちだ。

 コーチェラ・フェスとは、世界最大級の野外フェスティバル「コーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル」のこと。運営組織は1月3日、今年のフェスは4月14日~16日と21日~23日に開催することや出演アーティストを発表。ビヨンセは、15日と22日のヘッドライナー(その日の主役アーティスト)を務める。

 コーチェラ・フェスの「一般3Dayパス」は399ドル(約4万5,000円)、「VIP3Dayパス」は899ドル(約10万円)と高額。おまけに開催地はカリフォルニア州インディオの砂漠地帯のため、宿泊施設や交通手段を確保することが必要だ。安上がりにキャンプしようと思っても専用パスを購入せねばならず、それらを合わせると1人10万円は軽く超える計算になる。それでもチケットは販売開始後すぐにソールドアウトになるほどの人気フェスなのだ。

 今年はビヨンセのパフォーマンスを楽しみにチケットを購入したファンも多かったはず。しかし、すでにおなかの大きいビヨンセが、2カ月後に激しいダンスを伴うパフォーマンスを行えるのだろうか? 米大手ゴシップ芸能サイト「TMZ」は2月1日、コーチェラ・フェスを運営する大手プロモーション企業「AEG Live」の関係者の話として、上層部はビヨンセの妊娠を知らされていなかったようだと報道。ビヨンセは現在妊娠4~5カ月に近く、4月にはいわゆる安定期に入っているだろう。しかし、双子なのでお腹が通常の妊婦より大きくなっている可能性が高い。AEG Live関係者は「予定通り行うよ。デイヴ・グロールの巨大なイスを借りればいいんだ」とキレ気味に語ったという。

 「デイヴ・グロールの巨大なイス」とは、2015年6月、ロックバンド「フー・ファイターズ」のコンサート中に、ステージから落下し足を骨折したボーカルのデイヴが、完治するまでステージで座っていた巨大なイスのこと。ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』にイスパイアされたという、何本ものギターネックを突き刺し、後方に多数のライトをあしらった特製のもの。昨年4月に足を骨折したロックバンド「ガンズ・アンド・ローゼズ」のアクセル・ローズは、完治するまでデイヴのイスを借り、コーチェラ・フェスでもこれに乗ってパフォーマンスした。そんなことから、主催者側としては「イスに乗ってでもパフォーマンスしろ!」と言いたい気分なのだろう。

 翌2日になると「TMZ」は続報として、「ビヨンセは今年のコーチェラ・フェスのヘッドライナーを務めると発表された時点で、AEG Liveには妊娠していることを伝えていなかった」と報道。AEG Live傘下のプロモーター「Goldenvoice」関係者は、ビヨンセが双子を妊娠していることを「TMZ」の報道を見て知ったとも伝えた。ビヨンセの消息筋の話としてさらに、「ビヨンセは予定通り4月のパフォーマンスを行うつもりでいる。もちろん妊娠が順調だというのが絶対条件だが」とい消息筋の話を紹介しているが、こればかりは予測がつかないだろう。

 しかし当のGoldenvoice側は、多くのアーティストとのパイプがあるため、ビヨンセの代打探しを楽観視しているとのこと。コーチェラ・フェスなら、どんな大物アーティストでも出たがるため、ピンチヒッターもさほど苦労せずに見つけられると思っているのだろう。とはいえ、AEG Live上層部としては「なんでこんな大事なことを隠していたんだ」「信用されていなかったようで恥をかいた」という気持ちを持っていることだろう。

 ビヨンセは13年に放送されたドキュメンタリー『Life is But a Dream』で、愛娘ブルー・アイビーを授かる数年前に流産していたと告白。「人生の中で最もつらい経験だった」「心音を聞いたときはすごくうれしかった。名前も決めていたし、どんな顔なのかなと想像したりした。でも、その後検診に行ったら、もう赤ちゃんの心臓は動いていなかった……」と心境を語ったことがある。そういった過去と、妊娠というデリケートな問題からビヨンセは、AEG Liveサイドに事前に報告できなかったのだろう。

 ビヨンセがこれからどんな妊婦生活を送るのか? どれだけ体重増加するのか? 出産時は前回同様130万ドル(約1億4,000万円)で病院のワンフロアーを貸し切るのか。今年はビヨンセの妊娠・出産の話題に持ち切りになりそうだ。