紅白出演「元Dream5」が続々グラビアに進出! 健全イメージを捨て去るエイベックスの冷徹手腕

 12月4日発売の「週刊プレイボーイ」(集英社)にて、元アイドルグループ・Dream5の日比美思(ひび・みこと/19)が初グラビアに挑戦、さらには表紙も飾っている。

 B85・W65・H85の素晴らしいボディを惜しげもなくあらわにし、表紙では白い水着からこぼれる美しい胸の谷間を見せつけた日比。NHK Eテレの子供番組『天才テレビくんMAX』のオーディションに合格し、Dream5のボーカルメンバーとしてメジャーデビューを果たした彼女は、人気アニメ『妖怪ウォッチ』(テレビ東京系)の「ようかい体操第一」を紅白歌合戦で披露するなど、どちらかといえば子ども向けで健全な活動が多かったが、「プレイボーイ」では、そんなグループ時代からは想像できない、大胆なセクシーショットを披露している。

 元Dream5のメンバーでいうと、大原優乃(18)も今年6月に「週刊プレイボーイ」でグラビアデビューし、こちらもFカップバストを武器にグラビア界を席巻している。アイドル事情に詳しい週刊誌記者は、こう話す。

「大原も日比も、『スタイルがいい』とファンの間で噂になっていました。しかし、Dream5の活動の中でセクシーさを売りにすることは一切なかったので、まさか2人してグラビアで活躍することになるとは思っていませんでした」

 Dream5はエイベックス・マネジメントに所属。2016年いっぱいで活動終了となり、リーダーを努めていた重本ことり(21)はエイベックス・マネジメントとの契約も終了し、移籍している。一方、日比、大原、そして男性メンバーの高野洸(20)はエイベックスに残留し、ソロ活動を継続している。

「グループ活動終了後、それまでの健全なイメージをすぐさま捨て去り、セクシーなグラビア方面に一気にシフトしていくのは、さすがエイベックスといったところ。そもそも、アイドルビジネスにあまり興味がないというか、アイドルそのものを高く評価していない事務所なので、より早く売れるための戦略に打って出たということでしょう。『お前らは脱がないと売れないんだ』と冷徹に突きつけているようにも見えますが、実際、大原はグラビアを始めた途端、グループ時代とは比べものにならないくらいメディア出演が増えているわけで、エイベックスのエロシフト戦略は大正解だったと思います」(同)

 一方、エイベックスを辞めた重本は、グループ時代の裏側を暴露した『黒い小鳥』(鉄人社)という本を出版した。

「重本もまたグラマラスなボディで、一部のファンからは水着グラビアを熱望されていました。ただ、もしかしたら本人としては、水着になりたくなかったから、エイベックスを辞めたのかも……なんていう想像もしてしまいます。仮に水着グラビアが嫌だったとしても、Dream5時代のファンが求めていたのは、暴露本ではないとは思うんですけどね」(同)

 いずれにしろ現段階で、人気を獲得しつつあるのは大原と日比だろう。世に名前を知らしめるという意味では、グループ活動や暴露本よりも、水着グラビアのほうがよっぽど効果があることは間違いない。

紅白出演「元Dream5」が続々グラビアに進出! 健全イメージを捨て去るエイベックスの冷徹手腕

 12月4日発売の「週刊プレイボーイ」(集英社)にて、元アイドルグループ・Dream5の日比美思(ひび・みこと/19)が初グラビアに挑戦、さらには表紙も飾っている。

 B85・W65・H85の素晴らしいボディを惜しげもなくあらわにし、表紙では白い水着からこぼれる美しい胸の谷間を見せつけた日比。NHK Eテレの子供番組『天才テレビくんMAX』のオーディションに合格し、Dream5のボーカルメンバーとしてメジャーデビューを果たした彼女は、人気アニメ『妖怪ウォッチ』(テレビ東京系)の「ようかい体操第一」を紅白歌合戦で披露するなど、どちらかといえば子ども向けで健全な活動が多かったが、「プレイボーイ」では、そんなグループ時代からは想像できない、大胆なセクシーショットを披露している。

 元Dream5のメンバーでいうと、大原優乃(18)も今年6月に「週刊プレイボーイ」でグラビアデビューし、こちらもFカップバストを武器にグラビア界を席巻している。アイドル事情に詳しい週刊誌記者は、こう話す。

「大原も日比も、『スタイルがいい』とファンの間で噂になっていました。しかし、Dream5の活動の中でセクシーさを売りにすることは一切なかったので、まさか2人してグラビアで活躍することになるとは思っていませんでした」

 Dream5はエイベックス・マネジメントに所属。2016年いっぱいで活動終了となり、リーダーを努めていた重本ことり(21)はエイベックス・マネジメントとの契約も終了し、移籍している。一方、日比、大原、そして男性メンバーの高野洸(20)はエイベックスに残留し、ソロ活動を継続している。

「グループ活動終了後、それまでの健全なイメージをすぐさま捨て去り、セクシーなグラビア方面に一気にシフトしていくのは、さすがエイベックスといったところ。そもそも、アイドルビジネスにあまり興味がないというか、アイドルそのものを高く評価していない事務所なので、より早く売れるための戦略に打って出たということでしょう。『お前らは脱がないと売れないんだ』と冷徹に突きつけているようにも見えますが、実際、大原はグラビアを始めた途端、グループ時代とは比べものにならないくらいメディア出演が増えているわけで、エイベックスのエロシフト戦略は大正解だったと思います」(同)

 一方、エイベックスを辞めた重本は、グループ時代の裏側を暴露した『黒い小鳥』(鉄人社)という本を出版した。

「重本もまたグラマラスなボディで、一部のファンからは水着グラビアを熱望されていました。ただ、もしかしたら本人としては、水着になりたくなかったから、エイベックスを辞めたのかも……なんていう想像もしてしまいます。仮に水着グラビアが嫌だったとしても、Dream5時代のファンが求めていたのは、暴露本ではないとは思うんですけどね」(同)

 いずれにしろ現段階で、人気を獲得しつつあるのは大原と日比だろう。世に名前を知らしめるという意味では、グループ活動や暴露本よりも、水着グラビアのほうがよっぽど効果があることは間違いない。

GEMの年内公演が中止に! “失策”繰り返すエイベックスアイドル部門「iDOL Street」が、いよいよ正念場

 エイベックスのアイドルプロジェクト「iDOL Street」に所属するアイドルグループ・GEMが11月26日、2017年内に予定されていた全てのイベントを中止することを発表した。理由は「グループの諸般の事情」としか発表されておらず、詳細については明かされていない。アイドル事情に詳しい芸能記者はこう話す。

「公演中止が発表されるちょっと前に、メンバーの村上来渚と伊山摩穂が男性と焼肉デートをしていた疑惑が浮上。それだけならまだしも、村上はネット配信の仕事をすっぽかす形でその焼肉に行っていた可能性があるようです。さらに、村上と伊山それぞれに熱愛疑惑もあり、それらが今回の公演中止に影響していることは間違いないと思われます」

 熱愛疑惑が浮上したからといって、複数のイベントを中止とするのはなかなか珍しいケースだ。

「疑惑のメンバー2人の脱退は十分に有り得る話だし、最悪の場合、グループの解散という選択もあると思います。運営サイドとしてみれば、チケットの払い戻しをしてまでイベントを中止にするというのは、相当な決断ですからね。ここ最近iDOL Streetの活動規模もどんどん縮小していますし、そろそろ店じまいもあるのでは、という雰囲気です」(同)

 10年にエイベックスグループとしては初の本格的アイドルプロジェクトとして始まった「iDOL Street」。SUPER☆GiRLS、Cheeky Parade、GEM、わーすた、という4グループが所属している。

「メジャーレコード会社のプロジェクトだけあって、当初からしっかり投資していましたが、思うように結果が出ないまま、ずるずるとここまで来ているという印象です。何度か路線変更もあり、とにかく迷走し続けている印象です」(アイドルに詳しいフリーライター)

 迷走の代表例がiDOL Streetの「オープン化」だ。

「14年に、レーベルの“オープン化”を打ち出し、外部のアイドルグループに門戸を開きました。つまり、エイベックス所属ではないアイドルグループが、iDOL Streetのイベントに参加したり、iDOL Streetから作品をリリースしたりできるようになったのですが、実際に外部からiDOL Streetプロジェクトに参加した例はありません。今となってはオープン化の話はうやむやになっています。さらに、15年にはアイドルだけでなく、女性クリエイターや女優などのセクションを作りましたが、こちらも大きな動きはありません」(同)

 そして、16年にはスタッフの大幅入れ替えも行われたという。

「立ち上げの時から統括プロデューサーを務めていた樋口竜雄氏が16年にプロジェクトから離れ、そのほかの多くのスタッフも異動となりました。このころから、iDOL Streetの縮小傾向が強くなっていて、今年8月にはデビュー候補生である“ストリート生”の制度が廃止。もはや、新メンバーを入れる気もなくなってしまったのかもしれないですね」

 こういった状況の中で、メンバーの熱愛疑惑が浮上し、公演中止となったGEM。もはや、グループの解散だけにとどまらず、iDOL Street全体の終了さえも視野に入ってきそうだ。

「現状でiDOL Streetは利益も出せていないだろうし、今後大きく跳ねる可能性も高いとは言い難い。だからといって、スキャンダルをきっかけに幕を下ろしてしまうのは、あまりにも残念過ぎる。どうにか、この難局を乗り越えてほしいです」

 これまで失策を繰り返してきたことは否めないiDOL Street。存続のためにも、今回こそは正しい選択をしなくてはならない。

GEMの年内公演が中止に! “失策”繰り返すエイベックスアイドル部門「iDOL Street」が、いよいよ正念場

 エイベックスのアイドルプロジェクト「iDOL Street」に所属するアイドルグループ・GEMが11月26日、2017年内に予定されていた全てのイベントを中止することを発表した。理由は「グループの諸般の事情」としか発表されておらず、詳細については明かされていない。アイドル事情に詳しい芸能記者はこう話す。

「公演中止が発表されるちょっと前に、メンバーの村上来渚と伊山摩穂が男性と焼肉デートをしていた疑惑が浮上。それだけならまだしも、村上はネット配信の仕事をすっぽかす形でその焼肉に行っていた可能性があるようです。さらに、村上と伊山それぞれに熱愛疑惑もあり、それらが今回の公演中止に影響していることは間違いないと思われます」

 熱愛疑惑が浮上したからといって、複数のイベントを中止とするのはなかなか珍しいケースだ。

「疑惑のメンバー2人の脱退は十分に有り得る話だし、最悪の場合、グループの解散という選択もあると思います。運営サイドとしてみれば、チケットの払い戻しをしてまでイベントを中止にするというのは、相当な決断ですからね。ここ最近iDOL Streetの活動規模もどんどん縮小していますし、そろそろ店じまいもあるのでは、という雰囲気です」(同)

 10年にエイベックスグループとしては初の本格的アイドルプロジェクトとして始まった「iDOL Street」。SUPER☆GiRLS、Cheeky Parade、GEM、わーすた、という4グループが所属している。

「メジャーレコード会社のプロジェクトだけあって、当初からしっかり投資していましたが、思うように結果が出ないまま、ずるずるとここまで来ているという印象です。何度か路線変更もあり、とにかく迷走し続けている印象です」(アイドルに詳しいフリーライター)

 迷走の代表例がiDOL Streetの「オープン化」だ。

「14年に、レーベルの“オープン化”を打ち出し、外部のアイドルグループに門戸を開きました。つまり、エイベックス所属ではないアイドルグループが、iDOL Streetのイベントに参加したり、iDOL Streetから作品をリリースしたりできるようになったのですが、実際に外部からiDOL Streetプロジェクトに参加した例はありません。今となってはオープン化の話はうやむやになっています。さらに、15年にはアイドルだけでなく、女性クリエイターや女優などのセクションを作りましたが、こちらも大きな動きはありません」(同)

 そして、16年にはスタッフの大幅入れ替えも行われたという。

「立ち上げの時から統括プロデューサーを務めていた樋口竜雄氏が16年にプロジェクトから離れ、そのほかの多くのスタッフも異動となりました。このころから、iDOL Streetの縮小傾向が強くなっていて、今年8月にはデビュー候補生である“ストリート生”の制度が廃止。もはや、新メンバーを入れる気もなくなってしまったのかもしれないですね」

 こういった状況の中で、メンバーの熱愛疑惑が浮上し、公演中止となったGEM。もはや、グループの解散だけにとどまらず、iDOL Street全体の終了さえも視野に入ってきそうだ。

「現状でiDOL Streetは利益も出せていないだろうし、今後大きく跳ねる可能性も高いとは言い難い。だからといって、スキャンダルをきっかけに幕を下ろしてしまうのは、あまりにも残念過ぎる。どうにか、この難局を乗り越えてほしいです」

 これまで失策を繰り返してきたことは否めないiDOL Street。存続のためにも、今回こそは正しい選択をしなくてはならない。

“ゴリ押し”終了!? 7年連続『紅白』出場のAAA、まさかの落選は「三浦大知に押し出され……」

 16日に発表された『第68回NHK紅白歌合戦』の出場歌手だが、今年初の4大ドームツアーを成功させるなど、勢いに乗る男女6人組ユニット・AAAが落選した。

「AAAは、昨年まで『紅白』に7年連続で出場。特にヒット曲がない年でも出場していたが、もともとエイベックスの松浦勝人社長のゴリ押しでねじ込まれていた。さらには、メンバーに男女いて、紅組と白組のどちらでも出場できるので“使い勝手”が良かった。昨年まではそうした理由での出場だったが、今や人気絶頂だけに、今年の出場は確実視されていた」(レコード会社関係者)

 AAAがまさかの落選となった背景には、どうやら所属レコード会社の苦境が影響しているようだ。

「浜崎あゆみ、倖田來未、EXILEらがヒットを連発してる頃は、エイベックスからは毎年『紅白』に6~7組が出場していました。しかし、ヒット曲を出せる歌手がいなくなって、どんどん枠が減った。昨年でいえば、エイベックスの所属歌手は、紅組がE-girlsと絢香、白組がAAA、三代目J Soul Brothers、V6の5組が出場していましたが、V6は“ジャニーズ枠”なので、エイベックスは実質4枠でした」(音楽業界関係者)

 そして今年、紅組はE-girls、白組は三代目と初出場の三浦大知の2組で、計3枠だった。

「三浦は今年でデビュー20周年なので、なんとしても事務所が出場させたかったようです。そこで“政治力”を使ったところ、AAAが押し出されてしまいました。それでも、AAAは『日本レコード大賞』の大賞候補に入っており、一部では乃木坂46で決定のような報道がありましたが、紅白で涙をのんだAAAに花を持たせる可能性も残されているようです」(前)

 紅組でE-girlsの代わりにAAAを押し込む手もあったはずだが……。

「ANA臨時便出せ!」東方神起コンサート、札幌便欠航でファン詰めかけ&クレーム騒動

touhoushinki03.jpg
仙台の東方神起ファンは熱心だということで……

 2月14日に北海道・札幌ドームで行われた東方神起のコンサート『東方神起LIVE TOUR 2015 ~WITH~』に関し、一般人を巻き込む騒動が起きていたという。同日は暴風雪の影響によって札幌へ向かう飛行機が欠航となってしまい、仙台空港で多くの東方神起ファンが足止めを食らうことに。一部のファンが、なんとか会場に着くため、空港職員に「臨時便を出して」と詰め寄るなど、現場は大混乱だったようだ。

「東方神起ファンのTwitterが、14日午後1時頃、仙台空港で70名以上のファンが『号泣、罵倒、絶叫』しながらANAに臨時便を出してもらうよう『掛け合ってる』とツイート。ほかにも『泣きながらANAに懇願中』『みんな泣いてます』といった書き込みがTwitterを賑わせ、『ANAの方々と話し合ってます。本日参戦の方は集まって!』と招集を呼びかけるツイートもあります。さらには、東方神起の所属レコード会社・avex traxに、公演時間を『せめて6時半スタートにできないか』とお願いする内容も拡散されるなど、少しでも多くのファンが会場入りできるように、必死な様子がうかがえました」(芸能ライター)

オリコン対象外で緊急“水増し”!? SUPER JUNIOR D&E、ミュージックカードをCD変更

201502sjde.jpg
SUPER JUNIOR DONGHAE&EUNHYUK公式サイトより

 韓国の13人組アイドルグループ・SUPER JUNIORの派生ユニット・SUPER JUNIOR DONGHAE&EUNHYUKのコンサートチケットについて、ミュージックカード付きとして販売予定だったものを限定CD付きに変更することが公式サイトで発表された。ミュージックカードといえば、オリコン・リサーチが合算集計の終了を発表していただけに、ファンを中心に波紋を呼んでいる。

 ミュージックカードは、カードに記載のPINコードを入力することで楽曲がダウンロードできる商品形態のことで、EXILEが2012年に販売して以降に広まったもの。CDより安価な上にオリコンチャートに反映されることから、売り上げを“水増し”できるアイテムだったが、15年4月6日付のデイリーランキング以降は集計対象外として扱われることに。これまでEXILEやエイベックス所属のアーティストが中心に販売してきた商品のため、この一件はネット上でも大きな話題となった。

「EXILE終了」「握手券CDもやめろ」オリコン、ミュージックカード集計廃止で大論争勃発!

exilecard.jpg
「EXILE PRIDE~こんな世界を愛するため~」/rhythm zone

 オリコンチャートの売り上げに反映されていた「ミュージックカード」という商品形態について、オリコン・リサーチが28日、「合算集計を終了する」と発表した。2012年12月に発売されたEXILEのベスト盤『EXILE BEST HITS ‐LOVE SIDE/SOUL SIDE‐』から、日本で初めて「ミュージックカード」の販売が開始され、一部では「売り上げ数の水増しアイテム」と批判されていただけに、カウント終了はネット上でも波紋を呼んでいる。

「ミュージックカードは1枚数百円程度とCDより安く、また写真違いのものが何種類も発売される場合もあるため、コンプリートを目指すファンによる“まとめ買い”が乱発しています。また、中にはコンサート会場で全種類コンプリートすれば、アーティストと対面できたり、オリジナルグッズがプレゼントされる特典もあり、もはや“CD売り上げ”という尺度とはかけ離れたアイテムとなっています」(芸能ライター)

安室奈美恵、レーベル移籍も“奴隷契約”継続!? バーニングの呪縛と“洗脳”彼氏との今後

namieamuro_dvd.jpg
『namie amuro LIVE STYLE 2014』/Dimension Point

 昨年から関係者を賑わせていた安室奈美恵の独立騒動が、突如として収束を迎えた。エイベックスが公式サイト上で13日、2年前に新設された自社レーベル「ディメンション・ポイント」が安室のマネジメントを行うと発表したのだ。かねてから芸能界では「大手を辞めたら、バーニングに行くしかない」が定説となっているが、安室はまさにバーニング系列であるエイベックスの自社レーベルに移籍とあって、このルートを辿ることとなったようだ。

 安室の独立が取り沙汰されたのは、昨年8月。当時発売の「週刊文春」(文藝春秋)によって安室の独立画策が報じられ、育ての親である元所属事務所ライジング・プロの平哲夫社長との確執が明るみに。

「エイベックスも容認」JYJ、東方神起の楽曲“解禁”&マスコミ露出増加のウラ事情

jyj-itigoitie.jpg
JYJ2014日本ドームツアー公式サイトより

 現在、東京ドーム、京セラドーム大阪、福岡ヤフオク!ドームでのツアーを行っているJYJだが、国内メディアでの“取り扱い”について、微妙な変化が起こりつつあるという。2009年に東方神起から離脱したジュンス、ジェジュン、ユチョンの3人が結成した同ユニットは、ドーム公演が即座に完売してしまうほどの人気を持っているものの、日本芸能界では“黙殺”される状態が続いていた。

「東方神起の国内マネジメント事務所であるエイベックスは、謀反を起こしたJYJの日本活動に対して、逐一横槍を入れていました。特に象徴的だったのは、11年にJYJがコンサートを開催する際、エイベックスの意向を汲んだ横浜アリーナなどの大ホールが、会場の利用を許可しなかった一件。結局、コンサートは茨城・ひたちなか市で開催されましたが、ここまで露骨な圧力というのは、まさに前代未聞の事態でした」(スポーツ紙記者)