小室哲哉は“やっぱり天才”!? 引退会見で世間の評判を「一発逆転」した目論みとは

 音楽プロデューサー小室哲哉(59)が今月19日に都内で会見を開き、衝撃の「芸能活動引退」を表明した。会見で小室は発売された「週刊文春」(文藝春秋)で報じられた不倫疑惑について釈明しつつ「騒動のけじめとして、引退を決意しました」とした。

 同誌の報道では、小室が通院していたクリニックで親しくなったシングルマザーの看護師を自宅などに招くなど密会、同部屋で宿泊したなどとされている。引退表明を受け、ネットなどでは「文春砲が小室を引退に追い込んだ」「やりすぎ」「残念だ」などと報道に批判的な意見が相次いだ。お笑い芸人のエハラマサヒロは「税金で生活してるんじゃないし一生モノ作りしてくれた方がみんな有り難いのに。もう不倫報道ええやろ。誰にも迷惑かけてない事は放っておきなさいよ!雑誌がまた一人の天才を殺しました」と猛批判。ロックバンドDragon Ashのドラマー桜井誠は「くだらないニュースは必要ない。俺の大事な音楽を返せ」と発した。

 その一方で、不倫疑惑という失態を犯しながら、同情を得る世論作りに成功したのは、小室の目論み通りとの意見も、関係者からは出ている。

「もともと表明する予定だった引退を、このタイミングで発表することで一発逆転、うまく大衆を味方に付けることができました。さすが時代を作った名プロデューサーだけあって、どうすれば世間が同情してくれるか把握していたのでしょう。現状、小室さんが行っている大きな音楽活動は数えるほどで、開店休業状態と言われることもあった。このタイミングで引退しても、それほど痛手はないですよ。それに、いま行っている仕事は、これまでと同じように進め、目をかけている音楽グループは支援していくようですから……。音楽プロデューサー業というのは、何をもって引退なのか判然としない部分も多いです」(芸能関係者)

 唯一の大仕事ともいえるのが、テレビ朝日系で放送されている『ラストアイドル season2』で誕生したユニット「ラストアイドル」のプロデュース。これについては継続する方針で、他の現状決まっている仕事も予定通りこなしていくという。

 不倫に批判的だった大衆の声を、一瞬のうちに手の平返しで味方につけるという荒技を見せた小室。土壇場のピンチをあっという間に切り抜けるあたり、さすが「世界のTK」といわざるをえない。

GEM解散でiDOL Street再編? エイベックスの「アイドルを下に見る」伝統が最悪の結果をもたらす

 エイベックスの女性アイドルプロジェクト「iDOL Street」所属のアイドルグループ「GEM」が今春に解散することを発表。エイベックスのアイドル部門の店じまいが近づいているのではないかと業界内ではささやかれている。

 昨年、メンバーの村上来渚と伊山摩穂が仕事を休んで、男性と焼肉を食べていたのではないかとネット上でウワサに。その後、GEMとしてのイベント出演が中止になり、さらに村上と伊山の2人は「専属契約違反となる行為」を理由に無期限活動休止となっていた。

「メンバーの不祥事が発覚したとしても、そのメンバーをクビにして終わるのが普通。2人同時の不祥事は確かに痛いですが、それで解散してしまうというのは、運営が解散のタイミングをうかがっていたとしか考えられません」(音楽業界関係者)

 iDOL Streetには、GEMのほかにSUPER☆GiRLS、Cheeky Parade、わーすたの3グループが所属。GEMの解散を機に、その3グループについてメンバー交代を含めた再編成を検討しているとの報道もあった。

「現実問題として、iDOL Streetはビジネスとしては成り立っていません。SUPER☆GiRLSも、メンバーの浅川梨奈や渡邉幸愛はグラビアなどで活躍していますがグループとしての活動は停滞気味。Cheeky Paradeも最大9人いたメンバーのうち2人が辞めて、2人が留学中で、今は5人でほそぼそ活動中という状態。わーすたは、まだ若いグループなので勢いはありますが、iDOL Streetを支えるほどではない。このまま先細りになるくらいなら、リストラを含むグループの再編成をして、最後の勝負に出るということも十分にありうるでしょう」(同)

 とどのつまり、アイドルの売り出しに失敗してしまったエイベックス。その背景には、無謀な“アーティスト路線”もあるという。レコード会社関係者が語る。

「エイベックスのアイドルグループは、何かと“パフォーマンス重視”だということをアピールし、さらには“海外に進出したい”と言い出すことが多い。ただ、パフォーマンスのレベルが本当に高いかと言われれば、決してそうでもなく、世界的に人気があるかといわれれば、まったくそうではない。つまり、大きな風呂敷を広げている割に、まったく内容が伴っていないんです。ファンはもちろん応援してくれますが、あまりに無謀な夢ばかり語られていたら、さすがに“何を言ってんだよ”と萎えてしまう。エイベックスの運営サイドは、ファンの需要をまったく把握できてないんでしょうね」

 そもそもエイベックス社内には“アイドルを下に見る”という文化が伝統的にあるといわれている。

「“アイドル=ダサい”、“アーティスト=カッコイイ”という、90年代的な価値観がいまだにエイベックスには残っているというイメージですね。Cheeky ParadeやGEMなんかは、まさにアイドルからアーティストへのシフトを図っていたし、iDOL Street所属ではありませんが、同じくエイベックスの東京女子流は一時期“アーティスト宣言”なるものをして、アイドルイベントへの出演をやめていたくらい。アイドルファンを相手に商売をしているのに、アイドルを否定するような戦略を取るのだから、それは成功できませんよ」(前出・レコード会社関係者)

 GEMの解散後、iDOL Streetがどう変わっていくのか。夢を持って活動しているメンバーたちのためにも、店じまいとならないことを祈りたい。

TRF、鈴木亜美、AAA……“引退”の小室哲哉にコメント続々

 発売中の「週刊文春」(文藝春秋)で不倫疑惑を報じられ、19日に都内で会見を開いて引退を表明した音楽プロデューサーの小室哲哉に、音楽界からも続々とコメントが寄せられている。

 1992年に小室が立ち上げ、スマッシュヒットを連発して一世を風靡したTRFは、メンバー一同の名義で、

 * * *

25年前、私達は“TK RAVE FACTORY”として
小室さんのプロデュースのもとデビューさせて頂きました。
小室さんがいなければ、今の私達はいません。
とても寂しい想いがございますが、私達は小室さんから戴いた沢山の素晴らしい楽曲を、これからも大切にしていくことに変わりはありません。
いつかまた一緒に奏でられる日がくれば…と願っています。

* * *

 と、コメント。

 また、同じく小室のプロデュースで98年にデビューした鈴木亜美は、

* * *

小室さんの記者会見を拝見しました。
引退を決意されたことと、小室さんのお話に涙が止まりません。
父の様な存在の小室さんが、何年か前から現場でお会いする度、体調が悪そうなのに周りを気遣い、頑張って音楽制作をしている姿を心配ながら見ていました。
小室さんのことを理解しているスタッフさんや、小室さんが大好きなみんなは小室さんを信じ、これからも尊重していきます。
小室さんがご自身で決意したことなら、心からお疲れ様と、ありがとうをお伝えします。
小室プロデュースで私はデビューし今年で20年。
小室さんがいなければ今の私はありません。小室さんの沢山の楽曲が世界に溢れ愛され、
この先も残っていくことには変わりはありません。
どうかどうか涙は見せないで、いつまでも音楽を愛する小室さんでいてください。

* * *

 と、感謝を述べるとともにその引退を惜しんでいる。

 さらに、小室が楽曲を提供しているダンスボーカルグループ・AAAも、

* * *

AAAにとって、
小室さんに作っていただいた楽曲があったからこそ、
立てたステージがあり、出会えた人たちがたくさんいます。

そして、今までも、これからも、
多くのファンのみなさんに愛され、
AAAの活動を支えてくれるとても大事な作品たちです。

心から感謝しています。

青春時代も共に過ごした、
小室さんのすべての音楽をこれからも大切にしていきたいです。

AAAメンバー一同

* * *

 とのコメントを発表している。

 日本の音楽業界に大きな足跡を残した小室哲哉。そのあっけない“引退劇”の余波は、まだまだ収まりそうもない。

TRF、鈴木亜美、AAA……“引退”の小室哲哉にコメント続々

 発売中の「週刊文春」(文藝春秋)で不倫疑惑を報じられ、19日に都内で会見を開いて引退を表明した音楽プロデューサーの小室哲哉に、音楽界からも続々とコメントが寄せられている。

 1992年に小室が立ち上げ、スマッシュヒットを連発して一世を風靡したTRFは、メンバー一同の名義で、

 * * *

25年前、私達は“TK RAVE FACTORY”として
小室さんのプロデュースのもとデビューさせて頂きました。
小室さんがいなければ、今の私達はいません。
とても寂しい想いがございますが、私達は小室さんから戴いた沢山の素晴らしい楽曲を、これからも大切にしていくことに変わりはありません。
いつかまた一緒に奏でられる日がくれば…と願っています。

* * *

 と、コメント。

 また、同じく小室のプロデュースで98年にデビューした鈴木亜美は、

* * *

小室さんの記者会見を拝見しました。
引退を決意されたことと、小室さんのお話に涙が止まりません。
父の様な存在の小室さんが、何年か前から現場でお会いする度、体調が悪そうなのに周りを気遣い、頑張って音楽制作をしている姿を心配ながら見ていました。
小室さんのことを理解しているスタッフさんや、小室さんが大好きなみんなは小室さんを信じ、これからも尊重していきます。
小室さんがご自身で決意したことなら、心からお疲れ様と、ありがとうをお伝えします。
小室プロデュースで私はデビューし今年で20年。
小室さんがいなければ今の私はありません。小室さんの沢山の楽曲が世界に溢れ愛され、
この先も残っていくことには変わりはありません。
どうかどうか涙は見せないで、いつまでも音楽を愛する小室さんでいてください。

* * *

 と、感謝を述べるとともにその引退を惜しんでいる。

 さらに、小室が楽曲を提供しているダンスボーカルグループ・AAAも、

* * *

AAAにとって、
小室さんに作っていただいた楽曲があったからこそ、
立てたステージがあり、出会えた人たちがたくさんいます。

そして、今までも、これからも、
多くのファンのみなさんに愛され、
AAAの活動を支えてくれるとても大事な作品たちです。

心から感謝しています。

青春時代も共に過ごした、
小室さんのすべての音楽をこれからも大切にしていきたいです。

AAAメンバー一同

* * *

 とのコメントを発表している。

 日本の音楽業界に大きな足跡を残した小室哲哉。そのあっけない“引退劇”の余波は、まだまだ収まりそうもない。

不倫疑惑・小室哲哉の“女”はみんな不幸に!? 華原朋美は薬物中毒、ASAMIはデキ婚の末に不倫略奪……

 リハビリ中の妻・KEIKOを献身的に支えているはずの音楽プロデューサー・小室哲哉に、不倫疑惑が報じられた。

「小室は不倫を否定。近日中に記者会見を開くとアナウンスしていますが、もしヘタに週刊誌の内容を否定すれば、ベッキーや斉藤由貴のように、第2、第3の証拠が出される可能性もあります」(芸能記者)

 18日発売の「週刊文春」(文藝春秋)は、柴咲コウ似のシングルマザー・A子さんと腕を組み、ホテルから出てくる小室の写真を掲載。記事によれば、A子さんは小室の自宅から5分ほどの距離にあるマンションに住んでおり、KEIKOの不在時には、大半の時間を2人で過ごしているという。

 同誌の記者に対し、小室は「病人と看護師さんの関係」と不倫関係を否定。A子さんと手をつないだり腕を組んだことは「ない」としながらも、A子さんがKEIKOの不在時に小室の自宅を訪れた際、一緒に寝ていることは認めている。

「A子さんは現役の看護師とのことですが、小室の運転手つきベンツに乗り込むA子さんの手には、超高級バッグとして知られるエルメスのバーキンが。小室といえば、2008年に5億円詐欺容疑で逮捕された際、110万円のバーキンを持っていたことで話題に。A子さんのバーキンも、小室がプレゼントしたものではないかと勘ぐってしまいます……」(同)

 小室は、TM NETWORKがブレークした翌年の1998年にアイドルデュオ・キララとウララの大谷香奈子と結婚するも、約4年で離婚。2001年には、小室がプロデュースしたdosの元メンバーだったASAMIとデキ婚したが、わずか10カ月でスピード離婚。さらに、このわずか9カ月後にKEIKOと再々婚。しかし、08年に小室が詐欺容疑で逮捕され、KEIKOは事件から3年後にくも膜下出血で倒れてしまった。

「小室ファミリー全盛期に交際していた華原朋美は、小室から一方的に捨てられ、自殺未遂騒動を起こしたほか、薬物中毒に。また、ASAMIは離婚後、小室とKEIKOの結婚は“不倫略奪婚”であると暴露。そんなKEIKOも、小室が犯罪に手を染めたことで心労が祟って倒れたと言われている。どうしても、小室に関わった女性はみんな不幸になっているように見えてしまいます」(同)

 ホテルでの密会について「点滴スタンドとか(を立てて治療を受けた)」と説明するなど、昨年世間を騒がせた斉藤由貴と主治医の不倫報道を連想させる部分も多い小室。会見では、一体何を話すつもりだろうか?

安室奈美恵が所属レコード会社にも“コネチケ”を配らないワケ「エイベックスとトラブルか?」

 昨年大みそかの『NHK紅白歌合戦』のステージも記憶に新しい、安室奈美恵。2月からは、いよいよ最後の国内ドームツアーがスタートする。追加公演含む計17公演で、約75万人を動員。アジアツアー5公演では約5万人を動員予定で、トータルは前人未到の80万人に達する。

 これは歌手・小田和正の動員数記録74万人を抜いて、ソロアーティスト史上ツアー最多動員数の記録を更新することになる。

「今後の追加公演は行わないそうだが、中国の上海、広州、韓国、シンガポール、台湾・高雄など、各国からも熱烈オファーが届いています。ファンを大事にする安室さんだけに、今後の対応に注目が集まります」とは音楽関係者だ。

 当然のことながら、チケットはすでにプラチナ化。一部ネットオークションでは正規料金の10倍以上の値がついているものもある。

 知人や業界関係者の“コネチケ”も入手困難。どこぞの“歌姫”のようにバラまきは行っていないため「安室サイドに頼んでも、断られることが多い」(事情通)という。

 こんな異様な出来事もあった。

「なんと、所属レコード会社のエイベックスにも、コネチケは配らない方針のようです。彼女の“後見人”であるプロモーター男性が、『エイベックスにはチケットは絶対渡さない!!』と声を張り上げていたとか」(同)

 そういえば、紅白に安室が出演するかどうかもエイベックス社員はまったく聞かされておらず、本番でも同社社員は蚊帳の外だった。同社と安室との間に、なんらかのトラブルが生じている模様だ。

紅白出演「元Dream5」が続々グラビアに進出! 健全イメージを捨て去るエイベックスの冷徹手腕

 12月4日発売の「週刊プレイボーイ」(集英社)にて、元アイドルグループ・Dream5の日比美思(ひび・みこと/19)が初グラビアに挑戦、さらには表紙も飾っている。

 B85・W65・H85の素晴らしいボディを惜しげもなくあらわにし、表紙では白い水着からこぼれる美しい胸の谷間を見せつけた日比。NHK Eテレの子供番組『天才テレビくんMAX』のオーディションに合格し、Dream5のボーカルメンバーとしてメジャーデビューを果たした彼女は、人気アニメ『妖怪ウォッチ』(テレビ東京系)の「ようかい体操第一」を紅白歌合戦で披露するなど、どちらかといえば子ども向けで健全な活動が多かったが、「プレイボーイ」では、そんなグループ時代からは想像できない、大胆なセクシーショットを披露している。

 元Dream5のメンバーでいうと、大原優乃(18)も今年6月に「週刊プレイボーイ」でグラビアデビューし、こちらもFカップバストを武器にグラビア界を席巻している。アイドル事情に詳しい週刊誌記者は、こう話す。

「大原も日比も、『スタイルがいい』とファンの間で噂になっていました。しかし、Dream5の活動の中でセクシーさを売りにすることは一切なかったので、まさか2人してグラビアで活躍することになるとは思っていませんでした」

 Dream5はエイベックス・マネジメントに所属。2016年いっぱいで活動終了となり、リーダーを努めていた重本ことり(21)はエイベックス・マネジメントとの契約も終了し、移籍している。一方、日比、大原、そして男性メンバーの高野洸(20)はエイベックスに残留し、ソロ活動を継続している。

「グループ活動終了後、それまでの健全なイメージをすぐさま捨て去り、セクシーなグラビア方面に一気にシフトしていくのは、さすがエイベックスといったところ。そもそも、アイドルビジネスにあまり興味がないというか、アイドルそのものを高く評価していない事務所なので、より早く売れるための戦略に打って出たということでしょう。『お前らは脱がないと売れないんだ』と冷徹に突きつけているようにも見えますが、実際、大原はグラビアを始めた途端、グループ時代とは比べものにならないくらいメディア出演が増えているわけで、エイベックスのエロシフト戦略は大正解だったと思います」(同)

 一方、エイベックスを辞めた重本は、グループ時代の裏側を暴露した『黒い小鳥』(鉄人社)という本を出版した。

「重本もまたグラマラスなボディで、一部のファンからは水着グラビアを熱望されていました。ただ、もしかしたら本人としては、水着になりたくなかったから、エイベックスを辞めたのかも……なんていう想像もしてしまいます。仮に水着グラビアが嫌だったとしても、Dream5時代のファンが求めていたのは、暴露本ではないとは思うんですけどね」(同)

 いずれにしろ現段階で、人気を獲得しつつあるのは大原と日比だろう。世に名前を知らしめるという意味では、グループ活動や暴露本よりも、水着グラビアのほうがよっぽど効果があることは間違いない。

紅白出演「元Dream5」が続々グラビアに進出! 健全イメージを捨て去るエイベックスの冷徹手腕

 12月4日発売の「週刊プレイボーイ」(集英社)にて、元アイドルグループ・Dream5の日比美思(ひび・みこと/19)が初グラビアに挑戦、さらには表紙も飾っている。

 B85・W65・H85の素晴らしいボディを惜しげもなくあらわにし、表紙では白い水着からこぼれる美しい胸の谷間を見せつけた日比。NHK Eテレの子供番組『天才テレビくんMAX』のオーディションに合格し、Dream5のボーカルメンバーとしてメジャーデビューを果たした彼女は、人気アニメ『妖怪ウォッチ』(テレビ東京系)の「ようかい体操第一」を紅白歌合戦で披露するなど、どちらかといえば子ども向けで健全な活動が多かったが、「プレイボーイ」では、そんなグループ時代からは想像できない、大胆なセクシーショットを披露している。

 元Dream5のメンバーでいうと、大原優乃(18)も今年6月に「週刊プレイボーイ」でグラビアデビューし、こちらもFカップバストを武器にグラビア界を席巻している。アイドル事情に詳しい週刊誌記者は、こう話す。

「大原も日比も、『スタイルがいい』とファンの間で噂になっていました。しかし、Dream5の活動の中でセクシーさを売りにすることは一切なかったので、まさか2人してグラビアで活躍することになるとは思っていませんでした」

 Dream5はエイベックス・マネジメントに所属。2016年いっぱいで活動終了となり、リーダーを努めていた重本ことり(21)はエイベックス・マネジメントとの契約も終了し、移籍している。一方、日比、大原、そして男性メンバーの高野洸(20)はエイベックスに残留し、ソロ活動を継続している。

「グループ活動終了後、それまでの健全なイメージをすぐさま捨て去り、セクシーなグラビア方面に一気にシフトしていくのは、さすがエイベックスといったところ。そもそも、アイドルビジネスにあまり興味がないというか、アイドルそのものを高く評価していない事務所なので、より早く売れるための戦略に打って出たということでしょう。『お前らは脱がないと売れないんだ』と冷徹に突きつけているようにも見えますが、実際、大原はグラビアを始めた途端、グループ時代とは比べものにならないくらいメディア出演が増えているわけで、エイベックスのエロシフト戦略は大正解だったと思います」(同)

 一方、エイベックスを辞めた重本は、グループ時代の裏側を暴露した『黒い小鳥』(鉄人社)という本を出版した。

「重本もまたグラマラスなボディで、一部のファンからは水着グラビアを熱望されていました。ただ、もしかしたら本人としては、水着になりたくなかったから、エイベックスを辞めたのかも……なんていう想像もしてしまいます。仮に水着グラビアが嫌だったとしても、Dream5時代のファンが求めていたのは、暴露本ではないとは思うんですけどね」(同)

 いずれにしろ現段階で、人気を獲得しつつあるのは大原と日比だろう。世に名前を知らしめるという意味では、グループ活動や暴露本よりも、水着グラビアのほうがよっぽど効果があることは間違いない。

GEMの年内公演が中止に! “失策”繰り返すエイベックスアイドル部門「iDOL Street」が、いよいよ正念場

 エイベックスのアイドルプロジェクト「iDOL Street」に所属するアイドルグループ・GEMが11月26日、2017年内に予定されていた全てのイベントを中止することを発表した。理由は「グループの諸般の事情」としか発表されておらず、詳細については明かされていない。アイドル事情に詳しい芸能記者はこう話す。

「公演中止が発表されるちょっと前に、メンバーの村上来渚と伊山摩穂が男性と焼肉デートをしていた疑惑が浮上。それだけならまだしも、村上はネット配信の仕事をすっぽかす形でその焼肉に行っていた可能性があるようです。さらに、村上と伊山それぞれに熱愛疑惑もあり、それらが今回の公演中止に影響していることは間違いないと思われます」

 熱愛疑惑が浮上したからといって、複数のイベントを中止とするのはなかなか珍しいケースだ。

「疑惑のメンバー2人の脱退は十分に有り得る話だし、最悪の場合、グループの解散という選択もあると思います。運営サイドとしてみれば、チケットの払い戻しをしてまでイベントを中止にするというのは、相当な決断ですからね。ここ最近iDOL Streetの活動規模もどんどん縮小していますし、そろそろ店じまいもあるのでは、という雰囲気です」(同)

 10年にエイベックスグループとしては初の本格的アイドルプロジェクトとして始まった「iDOL Street」。SUPER☆GiRLS、Cheeky Parade、GEM、わーすた、という4グループが所属している。

「メジャーレコード会社のプロジェクトだけあって、当初からしっかり投資していましたが、思うように結果が出ないまま、ずるずるとここまで来ているという印象です。何度か路線変更もあり、とにかく迷走し続けている印象です」(アイドルに詳しいフリーライター)

 迷走の代表例がiDOL Streetの「オープン化」だ。

「14年に、レーベルの“オープン化”を打ち出し、外部のアイドルグループに門戸を開きました。つまり、エイベックス所属ではないアイドルグループが、iDOL Streetのイベントに参加したり、iDOL Streetから作品をリリースしたりできるようになったのですが、実際に外部からiDOL Streetプロジェクトに参加した例はありません。今となってはオープン化の話はうやむやになっています。さらに、15年にはアイドルだけでなく、女性クリエイターや女優などのセクションを作りましたが、こちらも大きな動きはありません」(同)

 そして、16年にはスタッフの大幅入れ替えも行われたという。

「立ち上げの時から統括プロデューサーを務めていた樋口竜雄氏が16年にプロジェクトから離れ、そのほかの多くのスタッフも異動となりました。このころから、iDOL Streetの縮小傾向が強くなっていて、今年8月にはデビュー候補生である“ストリート生”の制度が廃止。もはや、新メンバーを入れる気もなくなってしまったのかもしれないですね」

 こういった状況の中で、メンバーの熱愛疑惑が浮上し、公演中止となったGEM。もはや、グループの解散だけにとどまらず、iDOL Street全体の終了さえも視野に入ってきそうだ。

「現状でiDOL Streetは利益も出せていないだろうし、今後大きく跳ねる可能性も高いとは言い難い。だからといって、スキャンダルをきっかけに幕を下ろしてしまうのは、あまりにも残念過ぎる。どうにか、この難局を乗り越えてほしいです」

 これまで失策を繰り返してきたことは否めないiDOL Street。存続のためにも、今回こそは正しい選択をしなくてはならない。

GEMの年内公演が中止に! “失策”繰り返すエイベックスアイドル部門「iDOL Street」が、いよいよ正念場

 エイベックスのアイドルプロジェクト「iDOL Street」に所属するアイドルグループ・GEMが11月26日、2017年内に予定されていた全てのイベントを中止することを発表した。理由は「グループの諸般の事情」としか発表されておらず、詳細については明かされていない。アイドル事情に詳しい芸能記者はこう話す。

「公演中止が発表されるちょっと前に、メンバーの村上来渚と伊山摩穂が男性と焼肉デートをしていた疑惑が浮上。それだけならまだしも、村上はネット配信の仕事をすっぽかす形でその焼肉に行っていた可能性があるようです。さらに、村上と伊山それぞれに熱愛疑惑もあり、それらが今回の公演中止に影響していることは間違いないと思われます」

 熱愛疑惑が浮上したからといって、複数のイベントを中止とするのはなかなか珍しいケースだ。

「疑惑のメンバー2人の脱退は十分に有り得る話だし、最悪の場合、グループの解散という選択もあると思います。運営サイドとしてみれば、チケットの払い戻しをしてまでイベントを中止にするというのは、相当な決断ですからね。ここ最近iDOL Streetの活動規模もどんどん縮小していますし、そろそろ店じまいもあるのでは、という雰囲気です」(同)

 10年にエイベックスグループとしては初の本格的アイドルプロジェクトとして始まった「iDOL Street」。SUPER☆GiRLS、Cheeky Parade、GEM、わーすた、という4グループが所属している。

「メジャーレコード会社のプロジェクトだけあって、当初からしっかり投資していましたが、思うように結果が出ないまま、ずるずるとここまで来ているという印象です。何度か路線変更もあり、とにかく迷走し続けている印象です」(アイドルに詳しいフリーライター)

 迷走の代表例がiDOL Streetの「オープン化」だ。

「14年に、レーベルの“オープン化”を打ち出し、外部のアイドルグループに門戸を開きました。つまり、エイベックス所属ではないアイドルグループが、iDOL Streetのイベントに参加したり、iDOL Streetから作品をリリースしたりできるようになったのですが、実際に外部からiDOL Streetプロジェクトに参加した例はありません。今となってはオープン化の話はうやむやになっています。さらに、15年にはアイドルだけでなく、女性クリエイターや女優などのセクションを作りましたが、こちらも大きな動きはありません」(同)

 そして、16年にはスタッフの大幅入れ替えも行われたという。

「立ち上げの時から統括プロデューサーを務めていた樋口竜雄氏が16年にプロジェクトから離れ、そのほかの多くのスタッフも異動となりました。このころから、iDOL Streetの縮小傾向が強くなっていて、今年8月にはデビュー候補生である“ストリート生”の制度が廃止。もはや、新メンバーを入れる気もなくなってしまったのかもしれないですね」

 こういった状況の中で、メンバーの熱愛疑惑が浮上し、公演中止となったGEM。もはや、グループの解散だけにとどまらず、iDOL Street全体の終了さえも視野に入ってきそうだ。

「現状でiDOL Streetは利益も出せていないだろうし、今後大きく跳ねる可能性も高いとは言い難い。だからといって、スキャンダルをきっかけに幕を下ろしてしまうのは、あまりにも残念過ぎる。どうにか、この難局を乗り越えてほしいです」

 これまで失策を繰り返してきたことは否めないiDOL Street。存続のためにも、今回こそは正しい選択をしなくてはならない。