「ゲス不倫唯一の生存者」アンタッチャブル・柴田英嗣の業界評がダダ下がりしている舞台裏

 ベッキーに始まり今年猛威をふるった“ゲス不倫”で、唯一ボロ儲けしたのが、お笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣だ。

 今年6月、「週刊女性」(主婦と生活社)で、柴田の元妻と、元ファンキーモンキーベイビーズ・ファンキー加藤のダブル不倫が報じられた。その際、当事者としてマスコミに出まくっていたのが柴田だった。元妻と加藤の間に産まれた子どもも育てるなど、男前な一面をのぞかせる一方、ネット上では「そもそもこのネタをリークしたのは柴田なのでは?」ともいわれていた。

 12月15日放送の日本テレビ系『ダウンタウンDX』で、芸能リポーター・井上公造氏から「今年の起きた騒動の中で、一番儲かった男性」とお墨付きを受けた柴田は、「(騒動の影響だけではなく)実力もあるよ! 絶対実力もある!」と必死に便乗商法を否定した。テレビ関係者は「柴田の現在のレギュラー番組は11本。今年の“ゲス不倫”で唯一の生存者といっていいでしょう」と語る。

 そんな柴田だが、相方・山崎弘也との“関係”については歯切れが悪い。今までは、「いずれ活動再開する」と豪語してきたものの、同番組では「幻想でハードルだけ上がっているから、いざやってあんまり面白くなかった時に、面白くないってなっちゃう」とトーンダウン。しきりに山崎とは「連絡は取っている」とアピールしているが、MCのダウンタウン・松本人志からは「いつも柴田が言ってるだけ。ウソだと思っている」と突っ込まれていた。

 この一幕について、芸能プロ関係者は「松本さんは鋭い(笑)。柴田と山崎の関係は終わっています。2010年に柴田が女性スキャンダルを起こしましたが、2人に亀裂が入ったのはもっと前。柴田の遅刻グセやスタッフへの横柄な態度、さらには表沙汰になっていない数々の女性問題に、山崎は嫌気が差していたそうです」と話す。

 柴田は、加藤との関係も良好と主張しているが、スポーツ紙記者によると「加藤さんも、不倫ネタを売ったのは柴田さんだと思っているそう。断りなく子どもの話をマスコミにしゃべられるのも嫌なようです。2人の関係は決して良いとは言えない」という。好調な柴田だが、強烈なシッペ返しを食らわなければいいが……。

アンタッチャブル・柴田英嗣、ファンキー加藤のW不倫をネタにする“切実な事情”

anta-sibata.jpg
こんな時代もありました

 ベッキーとゲスの極み乙女。川谷絵音の不倫を超える“ゲス不倫”で世間を騒がせた、ファンキー加藤とアンタッチャブル・柴田英嗣の元妻によるW不倫。「週刊女性」(主婦と生活社)のスクープで明らかになった騒動だが、報道後間もなく収録したとされる『さんまのお笑い向上委員会』(7月9日放送、フジテレビ系)で、柴田が騒動の真相について赤裸々に語るシーンがあった。

「番組スタッフがダメ元で騒動について語ってほしいとお願いしたところ、意外とあっさりOKが出たと聞いています」(放送作家)

ファンキー加藤主演『サブイボマスク』、公開前からレビュー大荒れ! 「クソ映画」と超低評価!?

2016sabuibo.jpg
『サブイボマスク』公式サイトより

 不倫報道で炎上中のファンキー加藤の主演映画『サブイボマスク』が、公開前から酷評される非常事態に陥っている。公開前日となる10日時点で、「Yahoo!映画」のユーザーレビューが5点満点中1.7点台と、まれに見る低評価となってしまった。もはや作品の出来云々の話ではなくなっているようだが、不倫による影響は、今後も拡大していきそうだ。

 加藤は7日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)のスクープによって、アンタッチャブル・柴田英嗣の妻と関係を持ち、さらに妊娠させてしまったことが判明。即座に行われた会見では、W不倫の事実を認めて、謝罪に徹した。

ファンキー加藤の「W不倫謝罪会見」、現場のマスコミから「あり得ない!」の声上がったワケ

1606funkykato2.jpg
「ブラザー」/ドリーミュージック

 ファンキー加藤が7日、「週刊女性」(主婦と生活社)に報じられたW不倫に関して、マスコミ各社に向けて会見を開いた。同誌では、加藤がアンタッチャブル・柴田英嗣の元妻とW不倫の関係となった挙げ句、妊娠させてしまったことまで赤裸々に報じられていた。

 会見が開かれたのは7日午前11時、都内・世田谷区のレコーディングスタジオだったという。

ファンキー加藤、W不倫で孕ませた!? お相手女性「アンタ・柴田の嫁」のキナ臭いウワサ

1606funkykato.jpg
「ブラザー」/ドリーミュージック

 元ファンキーモンキーベイビーズのファンキー加藤のW不倫を、7日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)がスクープしている。2013年に元マネジャー女性と結婚し、現在は一児の父である加藤だが、1年半ほど前よりアンタッチャブル・柴田英嗣の妻・A子さんと関係を持っていたという事実が判明。その後、柴田とA子さんは離婚したものの、一時期“W不倫”状態だったという。

 Aさんは、加藤の後輩を通じて本人と親交を持つようになり、まだ柴田と婚姻関係にある中で、加藤との交際をスタート。柴田とA子さんは、昨年5月に離婚が成立したが、その約4カ月後に、Aさんは加藤の子どもを妊娠したと同誌は伝えている。

テレビ関係者に聞いた! アンタッチャブル・柴田、復帰しても「番組で起用されない理由」

<p> 9日、『ダウンタウンなうSP』(フジテレビ)でお笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣が、2010年から1年間芸能活動を自粛していた理由について言及した。事前の番組告知の通り、「逮捕されていたため」と話を切り出し、MCのダウンタウン、そして今回のコーナー「本音でハシゴ酒」進行役の坂上忍を驚かせていた。</p>

柴田英嗣、疑惑の休養理由は「逮捕されてた」! 「本物のアンタッチャブル」とネット激震

1510_shibata.jpg
『お笑いTYPHOON ! DVD アンタッチャブル~できませんはいいません~』/エンターブレイン

 お笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣が、今月9日に放送される『ダウンタウンなうSP』(フジテレビ系)に出演することがわかった。同放送で柴田は、2010年に約1年間、芸能活動を休止した理由について「実は冤罪で逮捕されていた」と発言すると報じられ、ネット上に激震が走っている。

 柴田は10年2月、体調不良を理由に長期休養に入り、11年1月までの1年間、芸能活動を休止。一部では女性問題が原因と報じられていた。放送では休止理由の1つは女性問題だったと認めた上で、「実は逮捕されていた」と、これまで明かしていなかった事実を告白。「冤罪だったんで無実ですよ」と犯罪自体は否定したが、ネット上には「逮捕されてたって本当なの?」「冤罪で無実なら休止しなくてもよかったんじゃ」「本物のアンタッチャブルになってしまった」など、驚きと困惑の声が上がっている。

女芸人には埋められない、『ロンドンハーツ』から消えた常連女タレントの“仕事”

ronha0505.jpg
『ロンドンハーツ5』(よしもとアール・アンド・シー)

 今回ツッコませていただくのは、6月18日放送分『ロンドンハーツ2時間スペシャル』(テレビ朝日系)で気になった「空席」。

 「空席」と言っても、出演予定だった人の分の席が空いたままだったとか、そういうことではない。前半の企画「日帰り温泉5人旅」では、ロンドンブーツ1号2号のほか、カンニング・竹山隆範、アンタッチャブル・山崎弘也、有吉弘行というおなじみの顔ぶれが登場。後半の「パンサー尾形ドッキリ追試企画」では、ドッキリ企画でミュージカルの主役を演じたパンサー・尾形貴弘が、共演者・水崎綾女にちょっかいを出していたことから、さらに新たなドッキリを企画……というものだった。

山崎弘也、ファンに「アンタッチャブル」とサイン、コンビでの活動再開は間近!?

untouchables.jpg
『お笑いTYPHOON ! DVD アンタッ
チャブル ~できませんはいいま
せん~』/エンターブレイン

 2004年の『M‐1グランプリ』で優勝するなど、実力派お笑いコンビとして人気の高いアンタッチャブル。現在、山崎弘也と柴田英嗣は別々で活動しているが、最近山崎が“コンビ復帰”に向けてシグナルを出し始めた。

 11日、都内のキャバレーで、宣伝部長を務めるムック本『東宝昭和の爆笑喜劇DVDマガジン』(講談社)シリーズのイベントに出席した山崎。マスコミに、柴田と連絡を取り合っていることや、コンビでの活動再開に「もちろん、頑張りますよ」と意欲をみせるコメントを残した。

 そもそも、M‐1チャンピオンであるアンタッチャブルが、なぜバラバラで活動をすることになってしまったのか。話は、3年前までさかのぼる。

視聴率6~8%のKinKi Kidsと1~3%のV6、深夜バラエティの決め手は安定感?

 1995年デビューのV6と、97年デビューのKinKi Kids。ともにジャニーズ事務所では中堅のポジションに入り、現在はテレビのレギュラー番組を1本ずつ持っている。前後の番組や裏番組の兼ね合いなど、さまざまな要素が反映される視聴率だが、ジャニーズ事務所所属の各グループのバラエティ番組は、どこまで人気=数字を持っているのだろうか。“ジャニーズ”と“視聴率”の2つのキーワードから、テレビにおける各グループの立ち位置に迫る。

comingcentury.jpg
トニセンの姿が見えるのは正直者だけ!

■4年間で4つの番組を持つも、視聴率は1~3%のV6

 95年11月に『バレーボールワールドカップ』のイメージソング「MUSIC FOR THE PEOPLE」でデビューしたV6。彼らは現在、グループのレギュラーとしては毎週火曜深夜24時20分~『ガチャガチャV6』(TBS系)に出演中。同局のV6の番組は、ゴールデンタイムに放送されていた教育バラエティー『学校へ行こう!』(97年10月~05年3月)、『学校へ行こう!MAX』(05年4月~08年9月)があり、終了した後は、深夜枠に移行している。

 『新知識階級 クマグス』(08年10月~10年9月)、『ミッションV6』(10年10月~11年9月)、『男のヘンサーチ!!』(11年10月~12年9月)を経て、この秋から30分番組の『ガチャガチャV6』がスタートした。