アジアン・隅田美保“ブスイジリ克服”テレビ復帰の裏で奔走した「アノ」大物芸人って……?

 女性お笑いコンビ・アジアンの隅田美保(42)が、テレビ出演復帰に向けて意欲を見せている。

 隅田といえば、「ブスだとイジられることによって彼氏ができない」という理由で、2015年からテレビ出演を休止。仕事は劇場などの漫才のみに抑えて、カフェでアルバイトするなど結婚に向けて突き進んできた。

 ところが、今月に入り自身のブログで「正直、彼氏ができんへん事をお笑いのせいやと思ってたんですがどうやら全く関係ありませんでした。テレビを休んでも、彼氏ができませんでした。やっと、気づきました!! 3年弱かかりました」と、思い込みから解けたことを明かし、今後、本格的な活動を再開させることをアピールしていた。

 そんな隅田の決断に、ある大物芸人が関わっていたという。

「吉本の先輩であるの今田耕司さんが、テレビ活動を休止していた2年8カ月の間、隅田さんのことを、ずっと気にかけていたようなんです。相方の馬場園梓さんに、隅田さんの近況を聞いたり、直接本人と連絡を取って相談に乗ったりグチを聞いたりと、温かく見守っていたみたいですね」(芸能関係者)

 16年7月9日には、関西ローカルのバラエティ番組『特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル』(読売テレビ)で、今田の発案で、隅田をテーマにトークを展開。隅田のことを視聴者や世間に忘れられないように配慮することもあった。

「これから隅田さんとしては、まず関西圏でのテレビ出演から徐々に再開していって、以前のように東京でも活動を広げていきたいようですね。その足掛かりとして現在、今田さんがMCを務める番組に隅田さんを呼ぶ企画が進行しているそうです。そんなことまでしてもらって、隅田さんは今田さんに頭が上がらないはずですよ」(同)

 コンビとしては、11日に日本テレビで放送された賞レース『女芸人No.1決定戦 THE W』で、さっそく3位という成績を収め、その実力がまだまだ落ちていないことを証明してみせた。18年はコンビでの仕事が増えるとみられるだけに、今後の活躍が楽しみだ。

2年8カ月ぶりテレビ復帰のアジアン隅田美保 最大の障壁は、相方・馬場園の“こだわり”だった!?

 2年8カ月ぶりテレビ復帰のアジアン隅田美保 最大の障壁は相方・馬場園の“こだわり”だった!?

 漫才コンビ・アジアンのツッコミ担当・隅田美保が12月18日にブログを更新。2年8カ月ほど休んでいたテレビ出演の仕事に復帰したい意向を明らかにした。

 婚活に専念するために、漫才以外の芸能の仕事を休んでいた隅田。しかし「テレビを休んでも、彼氏ができませんでした」と、お笑いの仕事が原因で彼氏ができないわけではないことに気づいたのだと告白した。

 そして、「またテレビに出たい」と相方である馬場園梓に告げたところ、「そんな簡単に戻してもらえるような甘い世界じゃない」と言われ、「やる気があるという所を見てもらおう!」ということで、女性芸人No.1を決める『女芸人No.1決定戦 THE W』(日本テレビ系)に出場したとのことだ。

 そして隅田は、12月11日に放送された『女芸人No.1決定戦 THE W』決勝戦に出場。2年8カ月ぶりにテレビ出演を果たした。

 今後、テレビでの活動を希望している隅田だが、業界内はどう反応しているのだろうか? テレビ局関係者が語る。

「バラエティーの世界では人気女性芸人がたくさんいるので、まずそこに割って入るのが、かなり難しい。とはいえ、久々のテレビ復帰ということで、少なからずオファーがあるのは間違いないと思います。復帰直後の特需を終えて、また番組から呼ばれるかどうかは実力次第といったところですけどね」

 婚活に失敗してテレビに戻ってくる隅田にとっては、バラエティーの世界はそう簡単なものではない。

「少なくとも、婚活に失敗したことについてイジられまくることは確実。ブスだの、性格に問題があるだの、かなりひどいことを言われてしまうと思います。隅田さんは繊細な人なので、耐えられるかどうかが心配ですよね。もしも、そういうイジリがNGだというのであれば、おそらく出演オファーは少ないでしょう」(同)

 さらに、隅田の障壁となり得るのが、相方の馬場園だという。

「隅田さんと馬場園さんの関係はものすごく良好なんですが、馬場園さんの笑いに対するこだわりが強すぎる傾向にあるんですよ。隅田さんの発言なんかに、強めのアドバイスをすることも多いし、番組内での隅田さんの扱いについて馬場園さんが意見を出してくることは十分にあり得ると思います。番組スタッフには、馬場園さんのこだわりが理解できないという人がいるので、結果的に“面倒くさいコンビ”と思われ、敬遠されてしまう可能性もあるでしょう」(放送作家)

 長期ブランク後のテレビ復帰は、なかなか大変そうだ。

消えた女芸人・アジアン隅田美保は今――「吉本も動向わからず」でテレビ復帰は絶望的!?

 現在、テレビ出演を休業中のアジアン・隅田美保。昨年夏に、テレビ出演を拒否していることが判明、その原因は「婚活に専念するため」とされており、結局隅田は1年以上、テレビ出演から遠ざかっている。

 隅田はテレビ出演を辞めて以降、カフェでアルバイトをして生計を立てていることが週刊誌報道により明らかに。そしてアジアンとしては、舞台出演こそ続けているが、テレビに出演しているのは馬場園のみという状態が続いている。

「昨年7月、『FLASH』(光文社)の直撃インタビューに対し、隅田は『普段から「ブス、ブス」と言われるのがホンマに嫌で、バラエティ番組でみんなにいじられてるせいで、婚期を逃している』と、婚活専念のためにテレビ出演を休止した背景を語りました。明石家さんまはその翌月、『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)で、隅田から直接『ブスイジりやめてください』と直訴されたことを明かし、『かわいそうなことをしたわ』と気遣っていました」(スポーツ紙記者)

 それ以来、完全にテレビから消えた隅田。12月には、沼津ラクーンよしもと劇場や大宮ラクーンよしもと劇場などでステージに登場する予定だというが、普段は何をしているのだろうか。

「日頃の隅田の動向に関しては、吉本興業でさえ、正確には把握できていないと思います。これといって仲のいい芸人もいなかったし、バイト先やシフトなんかについては、隅田は誰にも報告してないはず。生活もあるし、バイトはまだ続けているはずですが、テレビ出演を拒否するようでは、吉本としても、『強く復帰を働きかける』ということができないようです」(テレビ局関係者)

 当初は、休業を阻止すべく、周囲も説得を行っていたものの、本人の意志は固く、今後もテレビの仕事は絶望視されているようだ。

「実際にアジアンは、吉本内でも将来を期待されていたコンビでした。女芸人というだけでも貴重な存在、さらに彼女たちは実力も伴っていた。馬場園は天才タイプで、隅田も彼女をうまくコントロールできていましたから。普通にテレビ出演を続けていれば、メインMCや冠番組も次々に誕生していたことでしょう」(同)

 果たして今後、隅田がテレビの世界に戻ってくる日は訪れるのだろうか。

アジアン・隅田美保「ブスいじりで婚期逃した」発言でネット紛糾! 食い違う男と女の意見

babasono.jpg
吉本興業公式サイトより

 女性お笑いコンビ・アジアンに“解散報道”が飛び出した。その理由は、隅田美保の婚活専念によるもので、2008年からレギュラー出演していた情報バラエティ『なるほどプレゼンター!花咲かタイムズ』(CBCテレビ)を今年3月に降板して以来、まれに劇場で漫才を披露してはいるものの、テレビ出演は控えているという。

 14日発売の「FLASH」(光文社)では、隅田への直撃インタビューが行われ、「普段から『ブス、ブス』と言われるのがホンマに嫌で、バラエティ番組でみんなにいじられてるせいで、婚期を逃している」と説明。婚活については「友人から(男性を)紹介してもらっている」が、今のところ結果は出ていないという。

アジアン・馬場園梓に八つ当たりされる、「チャンカワイ似」の哀れな芸人

babasono.jpg
吉本興業公式サイトより

 今年の夏、Wエンジン・チャンカワイとの約3年間に及ぶ交際に終止符を打った、アジアン・馬場園梓。今はやりの「ぽっちゃり女子」の代表格でもある馬場園は、さぞやモテモテな日々を送っているのかと思いきや、裏では元カレに激似な某タレントに八つ当たりしまくり、関係者がドン引きしているという。

「元々は、2010年5月にチャンのことを気に入っていた馬場園から告白をし、交際がスタートしました。おかげで2人は、度々バラエティ番組に呼ばれるようになり、交際のきっかけからベッドでの様子まで事細かく披露。ひと稼ぎできました」(お笑い業界関係者)

『笑神様は突然に…』で気付かされた、瞬間的“面白さ”を伝える難しさ

小原正子公式サイトより

 今回ツッコませていただくのは、1月1日放送の『笑神様は突然に…』(日本テレビ系)。これは「芸人のプライベートに笑いの神が降りた瞬間ベスト10」として、昨夏に「サタデーバリューフィーバー」枠で放送された企画の第二弾だ。

 今回の出演者は「楽しい鉄道マニアの旅」(中川家・中川礼二、ななめ45°・岡安章介、宮川大輔など)、「チーム女芸人」(友近、クワバタオハラ・小原正子、ハリセンボン、アジアン・馬場園梓、森三中・大島美幸)、「チーム・タカ軍団」(オードリー・春日俊彰、アンガールズ・田中卓志、初恋タローなど)だった。普通のバラエティ番組だったら、それぞれをコーナーに分けて、時系列で追う流れが一般的なのに、この番組の斬新なところは、3つの班を全部ひとまとめにして、「瞬間」だけを切り取っているところ。

まさかのゴックン落ち! めちゃイケメンバーに絶賛されたのは……

okamuratakashi02.jpg
岡村さんも大絶賛ですよ

 今回ツッコませていただくのは、5月22日放送の『めちゃ×2 イケてるッ!』(フジテレビ系)。この日放送されたのは、"世界一ゆる~いどっきり企画"「スターどっきりマル"ゆ"報告」。いわゆる「寝起きどっきり」なのだが、この場合は事前にどっきりを仕掛けられた本人に予告したうえで、いかにボケるか、そのボケ方の面白さを競うというものだ。ナインティナインの2人とフジテレビアナウンサー高橋真麻がリポーター役。

 「道具もない、時間もない、追いつめられた状況の中、己のベストを尽くす、まさに地獄のプレッシャーバトル」(番組ナレーションより)である。岡村曰く、「数々の芸人さんの生き様、そして死に様をですね、皆さん目に焼き付けていただきたいと思います」とのこと。まさに、芸人魂が問われる中、油性マジックで小学生のイタズラみたいな落書きを顔に書いたトップバッターはんにゃ・金田哲から、続くアジアン・馬場園梓、ナイツ塙宣之と、それぞれなりの笑いをとった。