坂上忍がフジ上層部の“2つの口癖”に不快感!? 『みなおか』後番組も短命に……

 4月からTBSの日曜午後8時と、フジテレビの木曜午後9時で、それぞれスタートする2本の新番組が加わり、レギュラー番組が計7本になる坂上忍。よわい50にして、今や芸能界で1、2を争う超売れっ子となった。

「とりわけフジの新番組は、30年の歴史に幕を下ろした『とんねるずのみなさんのおかげでした』の後番組ですから、注目度は高い。大御所芸人の後ということもあり、芸人たちは番組出演に二の足を踏んでいた。そんな状況で超多忙の坂上が男気を見せて引き受けたことは、フジにとっては最高の結果といえるでしょうね」(テレビ関係者)

 これで坂上は『バイキング』『ダウンタウンなう』と合わせて、毎週12時間もフジに出演することとなり、局幹部もさぞかし頭が上がらないだろう……と思いきや、坂上に不快感を抱かせる一幕があったようだ。フジテレビ関係者が明かす。

「きっかけは『週刊文春』(文藝春秋)で報じられた登坂淳一アナのセクハラ疑惑でした。キャスターとして出演が決まっていた新報道番組を降板することになり、フジは計り知れないダメージを受けた。そのせいで、もっぱらフジの上層部が口にするのは『コンプライアンスは大丈夫か?』『ギャラはいくらなんだ?』の2つだけ。実際、坂上は独身で、女性問題は未知数。ギャラも決して安くはありません。上層部が坂上の新番組に懸念を抱いていることを伝え聞いた坂上は、ブンむくれだったとか。彼にしてみれば、新番組は仲間である『バイキング』のスタッフが集結するということで引き受けたのであって、わざわざ無理をしてまでレギュラー番組を増やす必要はまったくないわけですからね。それが下半身問題やカネの話をされたのだから、不快感を抱くのも無理はありませんよ」(同)

 坂上のテンションが下がったとなれば、新番組は短命に終わるかもしれない。

とんねるずのズレた感覚のせいで芸人たちが……一部のマスコミしか報じていない『みなおか』“ケガ人続出”回があった!

  『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が3月いっぱいで終了するにあたり、とんねるずの“失業危機”が報じられていたが、4月から石橋貴明が司会の新番組がフジでスタートすることがわかった。

 だが、早くも「つまらなそう」「爆死決定」といった厳しい意見がネットに溢れる展開となっている。

「ミッツ・マングローブをパートナーにした、大人のノスタルジーを刺激するトーク番組との触れ込みですが、バブル期を懐かしむなら、平野ノラとバブリーダンスで、もうお腹いっぱい。今さら石橋のトークに期待するものはないというのが、多くの視聴者の感覚では」(テレビ雑誌記者)

 昨年は『みなおか』にて、かつての人気キャラ“保毛尾田保毛男”を復活させたところ、スベッた上に、LGBT問題への意識の低さが批判され大炎上したが、時代ととんねるずの感覚のズレは、もはや埋めようがないところまで広がっているのか。

 近年放送された『みなおか』では、とんねるずの落日を認めざるを得ない、こんなことがあったという。ある若手芸人が明かしてくれた。

「マスコミではほとんど報じられていませんが、収録後に若手芸人数人が、病院に担ぎ込まれることがありましたよ」

 事件はこの数年、『みなおか』の名物企画となっている「お笑いイミグレーションNEXT!」の収録中に起こったという。若手芸人がショートネタを披露し、とんねるずの2人を笑わせることができれば、芸能界での成功が約束された、とんねるずアイランドへの入国を許されるというコーナーだ。

「その日の出演芸人の中に、格闘技経験者が複数いることがわかると、とんねるずは彼らにスパーリングを命じたんです。マットも何もないスタジオのフロアで、アマレスか総合格闘技かという戦いが始まったんです。芸人たちは少しでも爪痕を残そうと必死で、その戦いは限りなくガチ。ネタの披露そっちのけで、とんねるずに言われるがまま、多くの芸人が戦いに加わることとなりました。収録が終わるころには、硬いフロアで投げられたり強くカラダを押さえつけられたり、関節技をかけられた芸人たちのカラダは打ち身や打撲だらけ。収録後の楽屋は、まるで野戦病院のようで、実際、病院に直行した芸人が何人もいましたよ。一部の芸能プロからは抗議があったとも聞きました」

 その日の出演者の一人に、女性芸人もいたというが、彼女こそ最大の被害者だったという。

「披露したネタは受けて、とんねるずの2人も大笑いだったそうですが、そのスパーリングの流れで、ある芸人から顔面を思い切りビンタされてしまったんです。それでも、なんとか笑いに転換し、その場を収めましたが、そのビンタがあまりにもハードヒットだったことから、オンエアでは彼女が披露したネタごとオールカットになっており、ほぼ“いないこと”にされていましたね」

これを面白いと思ってヤラせたなら、確かに、とんねるずの感覚のズレは深刻。新番組には多くを期待できそうもないが、果たして――。

とんねるずのズレた感覚のせいで芸人たちが……一部のマスコミしか報じていない『みなおか』“ケガ人続出”回があった!

  『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が3月いっぱいで終了するにあたり、とんねるずの“失業危機”が報じられていたが、4月から石橋貴明が司会の新番組がフジでスタートすることがわかった。

 だが、早くも「つまらなそう」「爆死決定」といった厳しい意見がネットに溢れる展開となっている。

「ミッツ・マングローブをパートナーにした、大人のノスタルジーを刺激するトーク番組との触れ込みですが、バブル期を懐かしむなら、平野ノラとバブリーダンスで、もうお腹いっぱい。今さら石橋のトークに期待するものはないというのが、多くの視聴者の感覚では」(テレビ雑誌記者)

 昨年は『みなおか』にて、かつての人気キャラ“保毛尾田保毛男”を復活させたところ、スベッた上に、LGBT問題への意識の低さが批判され大炎上したが、時代ととんねるずの感覚のズレは、もはや埋めようがないところまで広がっているのか。

 近年放送された『みなおか』では、とんねるずの落日を認めざるを得ない、こんなことがあったという。ある若手芸人が明かしてくれた。

「マスコミではほとんど報じられていませんが、収録後に若手芸人数人が、病院に担ぎ込まれることがありましたよ」

 事件はこの数年、『みなおか』の名物企画となっている「お笑いイミグレーションNEXT!」の収録中に起こったという。若手芸人がショートネタを披露し、とんねるずの2人を笑わせることができれば、芸能界での成功が約束された、とんねるずアイランドへの入国を許されるというコーナーだ。

「その日の出演芸人の中に、格闘技経験者が複数いることがわかると、とんねるずは彼らにスパーリングを命じたんです。マットも何もないスタジオのフロアで、アマレスか総合格闘技かという戦いが始まったんです。芸人たちは少しでも爪痕を残そうと必死で、その戦いは限りなくガチ。ネタの披露そっちのけで、とんねるずに言われるがまま、多くの芸人が戦いに加わることとなりました。収録が終わるころには、硬いフロアで投げられたり強くカラダを押さえつけられたり、関節技をかけられた芸人たちのカラダは打ち身や打撲だらけ。収録後の楽屋は、まるで野戦病院のようで、実際、病院に直行した芸人が何人もいましたよ。一部の芸能プロからは抗議があったとも聞きました」

 その日の出演者の一人に、女性芸人もいたというが、彼女こそ最大の被害者だったという。

「披露したネタは受けて、とんねるずの2人も大笑いだったそうですが、そのスパーリングの流れで、ある芸人から顔面を思い切りビンタされてしまったんです。それでも、なんとか笑いに転換し、その場を収めましたが、そのビンタがあまりにもハードヒットだったことから、オンエアでは彼女が披露したネタごとオールカットになっており、ほぼ“いないこと”にされていましたね」

これを面白いと思ってヤラせたなら、確かに、とんねるずの感覚のズレは深刻。新番組には多くを期待できそうもないが、果たして――。

おぎやはぎが指摘した“つまらないベテラン”は誰のこと? とんねるず、ナイナイの未来がそこに……

 おぎやはぎの小木博明が、ベテラン芸人に対して「どんどんつまんなくなる」との本音をバラエティ番組で語り、ネットで大きな話題となっている。この“つまらないベテラン”とは、いったい誰のことなのか?

 問題の発言は、3日放送の深夜番組『ゴッドタン』(テレビ東京系)で飛び出したものだ。インパルスの板倉俊之が、「大御所のギャグに、世代的にそのギャグを知らないはずのグラドルが爆笑すること」を話題にすると、おぎやはぎの2人は「確かにベテランはスベらない」「ウケると思っちゃうから、ベテランはどんどんつまらなくなる」と、これに同意。周囲が気を使って笑う状況があることを告白した。芸能誌記者が語る。

「近頃のお笑い界は、生きのいい新人が次々と出てきているような印象がありますが、タモリ、ビートたけし、明石家さんま、所ジョージはすでに還暦越えですし、その下の世代であるダウンタウン、とんねるず、ウッチャンナンチャン、ナイナイも芸歴は30年前後。実際には新陳代謝がまったく進んでいません。たけしの『コマネチ!』あたりは、今の若い子は間違いなく知らないでしょう」

 おバカに見えるタレントたちが空気を読み、大御所のサムいギャグで大笑いしている光景は我々もよく目にするが、テレビ関係者は、その“忖度”が最もひどい例として、超大物芸人の名前を挙げる。

「おぎやはぎの話を聞いて、真っ先に思い浮かんだのは志村けんです。というのも、志村けんはここ数年、フジテレビの25時台で、『志村劇場』『志村だヨ!』『志村座』『志村の時間』など、番組名をコロコロ変えながら、ずっと冠番組を持っていますが、深夜とはいえ視聴率が1%に届くか否かなんです。そもそも深夜の場合、0.2%程度は“テレビの消し忘れ”というのが定説ですから、ほとんど誰も見ていないということです。志村けんといえば、今も年数回のペースで『志村けんのバカ殿様』をやっていますが、あれも視聴率は2ケタには届きません。今や志村けんの番組のコアターゲットは、1970年代にドリフターズの番組を見ていた40代半ば以上です。そんな志村けんが深夜に番組をやっていること自体、完全に数字を捨てていますよね。一度、そのことを局員に話したら、『深夜ですし、志村さんですから』と言われましたが……」

『めちゃイケ』や『みなおか』は今春で打ち切りとなるが、現在の志村の姿は、ナイナイやとんねるずに待ち受ける未来なのかもしれない。

『めちゃイケ』『みなおか』後枠“安易”な梅沢富美男、坂上忍の起用は「フジテレビバラエティの死」を招く?

 2018年3月末で終了する『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)の後番組が梅沢富美男が司会を務める『梅沢富美男のズバッと聞きます!』となることがわかった。同番組はこれまで特番として放送されており、レギュラー昇格となる。この結果にコアなお笑いファンからは落胆の声が聞こえる。

「何しろ土曜の夜8時は過去にはビートたけしや明石家さんまが出演した『オレたちひょうきん族』や『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば』など、多くの人気番組を放送してきた時間帯です。いわばバラエティのフジテレビを象徴する枠ですから、そこを梅沢富美男の番組で埋めてしまうのは、ある種の戦意喪失と取られても仕方ありません」(放送作家)

 さらに同時期に終了する『とんねるずのみなさんのおかげでした』の後番組では、坂上忍による新番組が始まる。

「もともとフジテレビのバラエティ番組の伝統としては『笑う犬』『はねるのトびら』『ピカルの定理』などに象徴されるように、深夜帯から番組の人気を徐々に高めていって、晴れてゴールデンへ進出といった流れがありました。しかし、現在はそうした人気番組は皆無。予算も人材もない惨状です。さらに、新たに番組を立ち上げようにも、出演者にかかるプレッシャーは重大です。実際に『SMAP×SMAP』の後番組として始まったフットボールアワーらが司会を務めた『ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?』は、わずか1年で打ち切りとなりました。しかし、時間をかけてコンテンツを育てていかないことには先細りは必至でしょう」(同)

 無難に視聴率が取れるといった理由だけで、流行りモノの坂上忍と梅沢富美男に飛びついているようでは、フジテレビの将来は限りなく暗いと言わざるを得ないだろう。
(文=平田宏利)

『めちゃイケ』『みなおか』後枠“安易”な梅沢富美男、坂上忍の起用は「フジテレビバラエティの死」を招く?

 2018年3月末で終了する『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)の後番組が梅沢富美男が司会を務める『梅沢富美男のズバッと聞きます!』となることがわかった。同番組はこれまで特番として放送されており、レギュラー昇格となる。この結果にコアなお笑いファンからは落胆の声が聞こえる。

「何しろ土曜の夜8時は過去にはビートたけしや明石家さんまが出演した『オレたちひょうきん族』や『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば』など、多くの人気番組を放送してきた時間帯です。いわばバラエティのフジテレビを象徴する枠ですから、そこを梅沢富美男の番組で埋めてしまうのは、ある種の戦意喪失と取られても仕方ありません」(放送作家)

 さらに同時期に終了する『とんねるずのみなさんのおかげでした』の後番組では、坂上忍による新番組が始まる。

「もともとフジテレビのバラエティ番組の伝統としては『笑う犬』『はねるのトびら』『ピカルの定理』などに象徴されるように、深夜帯から番組の人気を徐々に高めていって、晴れてゴールデンへ進出といった流れがありました。しかし、現在はそうした人気番組は皆無。予算も人材もない惨状です。さらに、新たに番組を立ち上げようにも、出演者にかかるプレッシャーは重大です。実際に『SMAP×SMAP』の後番組として始まったフットボールアワーらが司会を務めた『ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?』は、わずか1年で打ち切りとなりました。しかし、時間をかけてコンテンツを育てていかないことには先細りは必至でしょう」(同)

 無難に視聴率が取れるといった理由だけで、流行りモノの坂上忍と梅沢富美男に飛びついているようでは、フジテレビの将来は限りなく暗いと言わざるを得ないだろう。
(文=平田宏利)

絶望のフジテレビ……とんねるず新番組は「ほかの事務所に軒並み断られた結果」だった

 かつての功労者をバッサリ切り捨てることはできなかった……わけではなかったようだ。

 長寿番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が3月で終了すると発表された直後、今度は4月から月曜23時に、とんねるずの2人、もしくはどちらか1人がMCを務める新番組がスタートすると、一部スポーツ紙が報じた。

 この報道に、高額なギャラがネックといわれたとんねるずのクビをどうにか切ったというのに、なぜ再登板させるのかと首を傾げた人も多かったのではないだろうか。

「フジテレビでは、これまでもタモリがMCの『笑っていいとも!』後に『ヨルタモリ』を始めたり、小堺一機がMCの『ライオンのごきげんよう』の終了直後に『かたらふ~ぼくたちのスタア~』で起用するなど、長寿番組を打ち切った際には、そのMCに新番組を与えるという慣例がある。そのため、多くのメディアが功労者のとんねるずを完全に切ることができなかったという論調で報じています」(テレビ誌記者)

 しかし内情は、まったく違っていたようだ。フジテレビ側に「背に腹は代えられない事情があった」と語るのは、広告代理店関係者だ。

「“とんねるずが功労者だから”というのは、まったくのデタラメですよ。恩返しではなく、他のタレントをキャスティングできなかったというのが真相です。今や、ドラマでもバラエティでも、フジの番組はほとんど全てと言っていいほど爆死しており、出演すると黒歴史になってしまう。大手事務所に軒並み断られた結果、残っているのがとんねるずしかいなかったため、フジは泣く泣く出演を打診するハメとなった。23時台ということもあり、ギャラは『みなおか』の3分の1程度となったようですが、とんねるず側も億単位の収入がなくなるところでしたから、それでも御の字ですよ」

 先日、元フジテレビ社員で、現在はフリーアナウンサーの山中秀樹が、Twitterにて、フジテレビが社員から早期退職者を募集していることを暴露したが、末期症状ここに極まれりといった現状のようだ。

絶望のフジテレビ……とんねるず新番組は「ほかの事務所に軒並み断られた結果」だった

 かつての功労者をバッサリ切り捨てることはできなかった……わけではなかったようだ。

 長寿番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が3月で終了すると発表された直後、今度は4月から月曜23時に、とんねるずの2人、もしくはどちらか1人がMCを務める新番組がスタートすると、一部スポーツ紙が報じた。

 この報道に、高額なギャラがネックといわれたとんねるずのクビをどうにか切ったというのに、なぜ再登板させるのかと首を傾げた人も多かったのではないだろうか。

「フジテレビでは、これまでもタモリがMCの『笑っていいとも!』後に『ヨルタモリ』を始めたり、小堺一機がMCの『ライオンのごきげんよう』の終了直後に『かたらふ~ぼくたちのスタア~』で起用するなど、長寿番組を打ち切った際には、そのMCに新番組を与えるという慣例がある。そのため、多くのメディアが功労者のとんねるずを完全に切ることができなかったという論調で報じています」(テレビ誌記者)

 しかし内情は、まったく違っていたようだ。フジテレビ側に「背に腹は代えられない事情があった」と語るのは、広告代理店関係者だ。

「“とんねるずが功労者だから”というのは、まったくのデタラメですよ。恩返しではなく、他のタレントをキャスティングできなかったというのが真相です。今や、ドラマでもバラエティでも、フジの番組はほとんど全てと言っていいほど爆死しており、出演すると黒歴史になってしまう。大手事務所に軒並み断られた結果、残っているのがとんねるずしかいなかったため、フジは泣く泣く出演を打診するハメとなった。23時台ということもあり、ギャラは『みなおか』の3分の1程度となったようですが、とんねるず側も億単位の収入がなくなるところでしたから、それでも御の字ですよ」

 先日、元フジテレビ社員で、現在はフリーアナウンサーの山中秀樹が、Twitterにて、フジテレビが社員から早期退職者を募集していることを暴露したが、末期症状ここに極まれりといった現状のようだ。

『みなおか』の後番組に坂上忍起用!? フジテレビの“歴史的大爆死”は必至か

 3月に終了する『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の後番組が、坂上忍司会の番組となると、スポーツ紙が報道。テレビ関係者からは「爆死間違いなし」と、失笑が漏れている。

 視聴率低迷が続き、足かけ30年以上にわたって放送されたとんねるずの番組を終わらせるという決断に出たフジテレビ。しかしその後番組の人選は、多くの人が首をひねらざるを得ないものだった。スポーツ紙で報じられた新番組の司会は、坂上忍。ライバル局の関係者はこう語る。

「坂上を起用すると聞いた瞬間には、非常に驚きました。あれだけの長寿番組を打ち切りにしたのですから、ガラッと変わったことをやるかと思いましたが、坂上が司会なら大した番組にはならない。他局としては安心ですよ。番組内容はまだ明らかになっていませんが、坂上を使うということは、彼の毒舌を生かしたトーク番組でしょう。しかし、あれだけの功労者の番組を終わらせた後に、始まる前から内容が想像できるような番組をわざわざ始める必要があるんでしょうか? 第一ゴールデンタイムは、マツコ・デラックスや有吉弘行などで、毒舌キャラはすでに飽和状態ですし」

 それどころかスポーツ紙では、もう一人の毒舌系売れっ子タレントである梅沢富美男司会の番組がフジで始まることも伝えられている。それでも坂上の起用に勝算はあるのだろうか? テレビ雑誌の編集者は非常に厳しい見方を示す。

「木曜の21時は、テレ朝が今期、木村拓哉主演の『BG〜身辺警護人〜』を放送しているドラマ枠、日テレが『秘密のケンミンSHOW』、TBSが『モニタリング』と、どれも10%超の数字を獲る大激戦区です。テレ東の『和風総本家』も手堅く数字を獲ります。『みなおか』も視聴率が悪い悪いと言われてきましたが、『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権』など、確実に数字が見込める企画もありました。しかしフタを開けてみれば、新番組のMCは坂上ですか。坂上は昼の『バイキング』(フジテレビ系)で散々目にしているので、新鮮味はゼロですし、ライバルは強敵ばかり。『みなおか』の視聴率はここ数年5%前後ですが、それ以下ということもあるでしょうね」

『みなおか』と『めちゃイケ』を終わらせたやる気は買いたいが、フジに光明が差してくるのはいつの日になるのだろうか?

木梨憲武が、水谷豊ルートで『相棒』にコネ出演を画策!?「もう友達に寄生するしかない……」

 芸能界で生き残れるか、今年は正念場となりそうだ。

 長寿番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が3月末で打ち切りとなったとんねるずが、苦境に立たされている。

「とんねるずは所属事務所の社長を石橋貴明が、副社長を木梨憲武が務めていますが、『みなおか』終了で、それぞれ年間4億円の収入が消える公算です。高額なギャラがネックで、新番組の企画会議で2人を起用しようという局もなく、石橋自らが、事務所の所属タレントで妻の、鈴木保奈美の売り込みをしている状況です」(業界関係者)

 スポーツ特番で存在感を見せる石橋はまだしも、深刻なのが木梨の立ち位置だ。テレビ関係者が言う。

「内輪ネタや的外れなコメントで、視聴者から『つまらない』『冷めた』という声が上がるほど、トークの切れ味がなくなっているのは明白。バラエティでは正直使いづらい。本人もそんな状況を自覚しているのか、4月公開の映画『いぬやしき』で16年ぶりの主演を務めるのを機に、俳優業に活路を見いだそうとしています。さらに、プライベートで親交の深い水谷豊を通じて、『相棒』(テレビ朝日系)にねじ込んでもらえるよう嘆願しているのだとか。水谷は人がいいので、頼まれたら断れない。なんとか便宜を図ろうとスタッフと掛け合い、『科捜研』や『交通鑑識』の役での調整が行われていると聞きます。今秋に始まる新シリーズ1回目のスペシャル、もしくは映画版で出演する可能性はありそうです」

 そして、木梨のもうひとつの財産が、競馬界のスーパースター・武豊との関係だ。2人は親友といえるほど仲が良いとされ、木梨は旅番組の企画で武宅を訪問したこともある。

「武は木梨とのつながりから、『食わず嫌い王決定戦』『男気じゃんけん』をはじめ、たびたび『みなおか』にも出演してきた。ジョッキーとしてではない、武の素顔を引き出せる存在として木梨は貴重です。これまで水谷との旅番組が3回放送されて好評を博していますが、武との番組が作れるのなら、木梨を厚遇するテレビ局はあるかもしれませんね」(同)

 芸能界で生き残るには、もう“W豊”に寄生するしかない?