セカオワ・Saori著『ふたご』直木賞落選もドラマ化の動き「NHKかフジテレビで……」

 日本文学振興会が、第158回芥川賞・直木賞の選考会を16日に東京・築地の料亭「新喜楽」で開き、直木賞に門井慶喜さんの『銀河鉄道の父』(講談社)を選出した。候補にノミネートされていた人気ポピュラーバンド・SEKAI NO OWARIのメンバーSaoriこと藤崎彩織さん(31)のデビュー作『ふたご』(文藝春秋)は、受賞を逃す結果となった。

 それでも、選考委員を務めた作家の伊集院静氏は藤崎について「最初に書かれた作品としては才能がある。感性もいい。過去の素晴らしい小説と出会うと、とんでもない作家になると思う」とベタ褒めして、太鼓判を押した。

 そんな藤崎のデビュー作『ふたご』をめぐって、大きな企画が進展しているという。

「NHKかフジテレビで、ドラマ化しようという話が持ち上がっているようです。藤崎が所属する芸能事務所『TOKYO FANTASY』は、大手芸能事務所『アミューズ』の子会社なんです。親会社が映像化しようと動いているようで、そうなれば、NHKかフジテレビだろうと言われています。もともと『アミューズ』の上層部が両局に食い込んでいて昵懇の仲であるのは、業界では有名な話ですから」(芸能関係者)

 最近ではアミューズ所属の桑田佳祐が、NHK朝の連続ドラマ小説『ひよっこ』で主題歌を担当。同じくアミューズの福山雅治は、年末に故郷・長崎を旅するドキュメンタリー番組『残響の街・長崎~福山雅治故郷を撮る~』に出演したほか、過去には大河ドラマ『龍馬伝』で主役を好演、大型番組『NHKスペシャル ホットスポット 最後の楽園』にも出演するなど、NHKとのパイプを強めている。

 また、フジテレビの方はといえば、桑田が報道番組『ユアタイム』の主題歌や、アニメ『ちびまる子ちゃん』のエンディングを担当。福山もフジテレビではドラマ『ガリレオ』に主演するなど、両局とアミューズは縁深いものがある。

 前出の芸能関係者は「すでに『ふたご』は昨年10月に発売されてから、10万部を超える売り上げを誇っています。作中にはSEKAI NO OWARIのボーカル・Fukaseがモデルとされる人物も登場。話題性は抜群で、ドラマが放送されれば高視聴率は間違いないでしょう。どのように映像化されるか、見ものですね」と話す。

 昨年末に第1子を出産したばかりの藤崎だが、小説のドラマ化となれば、ますます多忙になりそうだ。

セカオワ・Saori著『ふたご』直木賞落選もドラマ化の動き「NHKかフジテレビで……」

 日本文学振興会が、第158回芥川賞・直木賞の選考会を16日に東京・築地の料亭「新喜楽」で開き、直木賞に門井慶喜さんの『銀河鉄道の父』(講談社)を選出した。候補にノミネートされていた人気ポピュラーバンド・SEKAI NO OWARIのメンバーSaoriこと藤崎彩織さん(31)のデビュー作『ふたご』(文藝春秋)は、受賞を逃す結果となった。

 それでも、選考委員を務めた作家の伊集院静氏は藤崎について「最初に書かれた作品としては才能がある。感性もいい。過去の素晴らしい小説と出会うと、とんでもない作家になると思う」とベタ褒めして、太鼓判を押した。

 そんな藤崎のデビュー作『ふたご』をめぐって、大きな企画が進展しているという。

「NHKかフジテレビで、ドラマ化しようという話が持ち上がっているようです。藤崎が所属する芸能事務所『TOKYO FANTASY』は、大手芸能事務所『アミューズ』の子会社なんです。親会社が映像化しようと動いているようで、そうなれば、NHKかフジテレビだろうと言われています。もともと『アミューズ』の上層部が両局に食い込んでいて昵懇の仲であるのは、業界では有名な話ですから」(芸能関係者)

 最近ではアミューズ所属の桑田佳祐が、NHK朝の連続ドラマ小説『ひよっこ』で主題歌を担当。同じくアミューズの福山雅治は、年末に故郷・長崎を旅するドキュメンタリー番組『残響の街・長崎~福山雅治故郷を撮る~』に出演したほか、過去には大河ドラマ『龍馬伝』で主役を好演、大型番組『NHKスペシャル ホットスポット 最後の楽園』にも出演するなど、NHKとのパイプを強めている。

 また、フジテレビの方はといえば、桑田が報道番組『ユアタイム』の主題歌や、アニメ『ちびまる子ちゃん』のエンディングを担当。福山もフジテレビではドラマ『ガリレオ』に主演するなど、両局とアミューズは縁深いものがある。

 前出の芸能関係者は「すでに『ふたご』は昨年10月に発売されてから、10万部を超える売り上げを誇っています。作中にはSEKAI NO OWARIのボーカル・Fukaseがモデルとされる人物も登場。話題性は抜群で、ドラマが放送されれば高視聴率は間違いないでしょう。どのように映像化されるか、見ものですね」と話す。

 昨年末に第1子を出産したばかりの藤崎だが、小説のドラマ化となれば、ますます多忙になりそうだ。

直木賞候補のセカオワ・Saoriだけじゃない! “芸能美女”たちの知られざる文芸作品

 人気バンド・SEKAI NO OWARIの紅一点であるSaoriこと藤崎彩織が10月に出版した『ふたご』(文藝春秋)が、2017年下半期の直木賞最終候補作品にノミネートされた。

「『ふたご』は構想に5年かけたという彼女の初の小説。バンドのメンバーであるFukaseらとの関係を彷彿とさせる私小説的内容で、セカオワファンにとっては、まるでバンドの内側を覗き見しているような気持ちにさせられます。もともと彼女は雑誌『文學界』(同)でエッセイを連載する文学少女ですから、筆力はそれなりには備わっている。しかし、ネット上では『直木賞の権威がなくなる』『水嶋ヒロと同じ匂いがする』『芸能人を受賞させるのやめてほしい』と、反発の声が目立ちますね」(芸能ライター)

 Saoriに限らず、芸能界の美女たちが小説やエッセイを発表するケースは多く、目を見張るような「秀作」や、逆に首を傾げたくなる「迷作」も混在する。出版関係者が言う。

「驚きの才能を見せたのは、お笑い芸人の鳥居みゆきです。15年に出版された短篇集『余った傘はありません』(幻冬舎)には、老婆や教師など、さまざまな主人公が登場。そのほとんどがシュールな内容なのですが、各篇が最後につながるという構成には非凡なものを感じさせられました」

 AKB48・峯岸みなみのフォト&エッセイ『私は私』(竹書房)は、お泊まり愛が発覚し、丸坊主になった当時を振り返った自叙伝だ。

「つらい思いを忘れないように書き留めていたものを発表。しかし、自分を悲劇のヒロインとして扱っている感じが、ファンを複雑な心境にさせました」(アイドル誌ライター)

 アイドル界で気を吐いているのが乃木坂46・高山一実だ。

「ウェブで発表した短篇小説『キャリーオーバー』は、人格を持つ宝くじという斬新な設定。総合文芸誌『ダ・ヴィンチ』(KADOKAWA)連載の長編小説『トラペジウム』は、格段にレベルが上がっていると評判です」(同)

 群雄割拠なのが官能小説。杉原杏璃『……and LOVE』(双葉社)、祥子『祥子 愛河 いとしきけものたち』(同)、今野杏南『撮られたい』(TOブックス)などは、自らの体験を元にしたと思わせるような(?)濃密な描写を披露している。

「いずれも迫真のセックスシーンが盛り込まれています。杉原の作品は主人公『アンリ』が人気グラドルの地位を確立するまでに通った男との日々を綴った“半自叙伝”とも。今野は、なんと全文をiPhoneで打ったというから驚きです。祥子にいたっては、AVを鑑賞しながら妄想を広げていったんだそうです」(前出・出版関係者)

 Saoriに続けとばかりに、今後も文芸作品に挑戦する美女たちが増えそうだ。

直木賞候補のセカオワ・Saoriだけじゃない! “芸能美女”たちの知られざる文芸作品

 人気バンド・SEKAI NO OWARIの紅一点であるSaoriこと藤崎彩織が10月に出版した『ふたご』(文藝春秋)が、2017年下半期の直木賞最終候補作品にノミネートされた。

「『ふたご』は構想に5年かけたという彼女の初の小説。バンドのメンバーであるFukaseらとの関係を彷彿とさせる私小説的内容で、セカオワファンにとっては、まるでバンドの内側を覗き見しているような気持ちにさせられます。もともと彼女は雑誌『文學界』(同)でエッセイを連載する文学少女ですから、筆力はそれなりには備わっている。しかし、ネット上では『直木賞の権威がなくなる』『水嶋ヒロと同じ匂いがする』『芸能人を受賞させるのやめてほしい』と、反発の声が目立ちますね」(芸能ライター)

 Saoriに限らず、芸能界の美女たちが小説やエッセイを発表するケースは多く、目を見張るような「秀作」や、逆に首を傾げたくなる「迷作」も混在する。出版関係者が言う。

「驚きの才能を見せたのは、お笑い芸人の鳥居みゆきです。15年に出版された短篇集『余った傘はありません』(幻冬舎)には、老婆や教師など、さまざまな主人公が登場。そのほとんどがシュールな内容なのですが、各篇が最後につながるという構成には非凡なものを感じさせられました」

 AKB48・峯岸みなみのフォト&エッセイ『私は私』(竹書房)は、お泊まり愛が発覚し、丸坊主になった当時を振り返った自叙伝だ。

「つらい思いを忘れないように書き留めていたものを発表。しかし、自分を悲劇のヒロインとして扱っている感じが、ファンを複雑な心境にさせました」(アイドル誌ライター)

 アイドル界で気を吐いているのが乃木坂46・高山一実だ。

「ウェブで発表した短篇小説『キャリーオーバー』は、人格を持つ宝くじという斬新な設定。総合文芸誌『ダ・ヴィンチ』(KADOKAWA)連載の長編小説『トラペジウム』は、格段にレベルが上がっていると評判です」(同)

 群雄割拠なのが官能小説。杉原杏璃『……and LOVE』(双葉社)、祥子『祥子 愛河 いとしきけものたち』(同)、今野杏南『撮られたい』(TOブックス)などは、自らの体験を元にしたと思わせるような(?)濃密な描写を披露している。

「いずれも迫真のセックスシーンが盛り込まれています。杉原の作品は主人公『アンリ』が人気グラドルの地位を確立するまでに通った男との日々を綴った“半自叙伝”とも。今野は、なんと全文をiPhoneで打ったというから驚きです。祥子にいたっては、AVを鑑賞しながら妄想を広げていったんだそうです」(前出・出版関係者)

 Saoriに続けとばかりに、今後も文芸作品に挑戦する美女たちが増えそうだ。

セカオワ・Saori、手書き文字からわかるFukaseへの依存度【THE 筆跡鑑定ファイル】

 『NHK紅白歌合戦』にも出場した人気バンドSEKAI NO OWARI(セカイノオワリ、以下セカオワ)。音楽性だけでなく、メンバー4人が「セカオワハウス」と呼ばれる都内の一戸建て住宅で共同生活を送るライフスタイルも注目を集めている。そのメンバーの紅一点、Saori(藤崎彩織)が10月28日に小説家デビューを予定しており、それに先立って手書き原稿の一部が公開された。筆跡鑑定人で、筆跡心理学に基づいた書籍『自分のイヤなところは直る!』(東邦出版)の著者、牧野秀美氏に筆跡から、その人物像を読み解いてもらった。

■繊細で内向的、自分の世界を大切にする

――9月5日に、特設サイトで序盤の手書き原稿が公開されました。特徴的な文字だと思いますが、この筆跡から何が読み取れますか?

牧野秀美氏(以下牧野) Saoriさんの人となりを文字から読み解いてみたいと思います。まず、行が緩やかにうねっています。これは情緒性が豊かな証拠で芸術家、音楽家タイプに多い特徴です。小説を書くことも、いつかは通る道だったのでしょう。

――小さく可愛らしい字ですよね。

牧野 「小字型」(文字が小さい)の人は、内向的で自分の世界を大切にします。自分のよく知っている場所や人たちの中では、安心して自分らしさを出せます。セカオワワールドでは大胆な演出に身をゆだねますが、自分ひとりでどんどん知らないところに出かけていくようなタイプではありません。デリケートで繊細です。

 また、縦線の突出(横画から上に飛び出す縦画の長さ)は控えめですので、自己主張は少なく、まさに補佐型、秘書役です。内向的ですので、他者を通して自分の存在をアピールする方法を取るでしょう。へんとつくりの空間が広いのは、自分と違う考え方や人など、さまざまなものやことがらを受け入れられることを表しています。

saori_futago1

――「へんとつくりの間が広い」は稲田朋美さんの回でもありましたが、特に女性にとっては「モテ字」なのでしょうね。一方、夫を衰弱させている松居一代さんの字はへんとつくりの間は狭めでした。

牧野 文字の小ささと、縦線の突出が控えめなことを合わせて考えますと、相手の世界の中で生きていくほうが安心できて、自分らしさを感じるのでしょう。ほかに、彼女らしいと思う特徴が「接筆あいまい型」です。接筆(せっぴつ、「日」など四角い文字の左上の角)が閉じているのか開いているのかが、はっきりしない形です。この形の人は非常に優しいのですが、それが迷いやすさにつながります。Saoriさんは自分自身ではっきりした決断を下しながら進んでいくタイプではないのでしょう。自分の意見はあったとしても、Saoriさんの基準は相手によって変化していくようです。今回の小説のモデルといわれている深瀬さんとの関係性も、まさにその通りなのではないでしょうか。縦線突出が控えめな人は協調型といわれるのですが、出方によっては相手に依存しがちな面も見られます。

 自分と周りの境界線がはっきりしないのか、はっきりさせたくないのかはわかりませんが、そんなあいまいな世界の中にいることが好きなのでしょう。相手のすべてを受け入れ支える、それがSaoriさんの生き方のベースなのでしょう。批判などを受けても、セカオワハウスでメンバーと一緒にいればダメージも少なくて済む。セカオワは傷つきやすいSaoriさんにとって、なくてはならないアイテムなのかもしれません。

――セカオワは繊細な人はどう生きるのがいいのかの一つの可能性ですね。「僕たち」にすることで身を守る。もちろん「僕」が「僕たち」になることでの面倒くささや鬱陶しさもありますし、「世界」のサイズが自分たちの内側でどんどん狭まっていくという危険性もありますが……。

牧野 Saoriさんの書く小説は奇想天外な物語や、人間の心の奥底に潜む残虐さや醜さをテーマにすることはないでしょう。そうしたものと向き合うことは耐えられないからです。それよりも日常生活での細やかな心の動きをきれいに描写することが得意分野ですので、今後の作品もそのようなものが多くなると思われます。自身がファンタジーの世界から飛び出して、たくましくなっていく姿を描いた作品も楽しみにしています。
(石徹白未亜)

牧野秀美
筆跡鑑定人。筆跡アドバイザー・マスター。筆跡心理学をもとにした鑑定と診断を行う。著書に「名前を書くだけ 自分のイヤなところは直る」(東邦出版)
ほっかいどう筆跡鑑定研究所

セカオワ・Saori、手書き文字からわかるFukaseへの依存度【THE 筆跡鑑定ファイル】

 『NHK紅白歌合戦』にも出場した人気バンドSEKAI NO OWARI(セカイノオワリ、以下セカオワ)。音楽性だけでなく、メンバー4人が「セカオワハウス」と呼ばれる都内の一戸建て住宅で共同生活を送るライフスタイルも注目を集めている。そのメンバーの紅一点、Saori(藤崎彩織)が10月28日に小説家デビューを予定しており、それに先立って手書き原稿の一部が公開された。筆跡鑑定人で、筆跡心理学に基づいた書籍『自分のイヤなところは直る!』(東邦出版)の著者、牧野秀美氏に筆跡から、その人物像を読み解いてもらった。

■繊細で内向的、自分の世界を大切にする

――9月5日に、特設サイトで序盤の手書き原稿が公開されました。特徴的な文字だと思いますが、この筆跡から何が読み取れますか?

牧野秀美氏(以下牧野) Saoriさんの人となりを文字から読み解いてみたいと思います。まず、行が緩やかにうねっています。これは情緒性が豊かな証拠で芸術家、音楽家タイプに多い特徴です。小説を書くことも、いつかは通る道だったのでしょう。

――小さく可愛らしい字ですよね。

牧野 「小字型」(文字が小さい)の人は、内向的で自分の世界を大切にします。自分のよく知っている場所や人たちの中では、安心して自分らしさを出せます。セカオワワールドでは大胆な演出に身をゆだねますが、自分ひとりでどんどん知らないところに出かけていくようなタイプではありません。デリケートで繊細です。

 また、縦線の突出(横画から上に飛び出す縦画の長さ)は控えめですので、自己主張は少なく、まさに補佐型、秘書役です。内向的ですので、他者を通して自分の存在をアピールする方法を取るでしょう。へんとつくりの空間が広いのは、自分と違う考え方や人など、さまざまなものやことがらを受け入れられることを表しています。

saori_futago1

――「へんとつくりの間が広い」は稲田朋美さんの回でもありましたが、特に女性にとっては「モテ字」なのでしょうね。一方、夫を衰弱させている松居一代さんの字はへんとつくりの間は狭めでした。

牧野 文字の小ささと、縦線の突出が控えめなことを合わせて考えますと、相手の世界の中で生きていくほうが安心できて、自分らしさを感じるのでしょう。ほかに、彼女らしいと思う特徴が「接筆あいまい型」です。接筆(せっぴつ、「日」など四角い文字の左上の角)が閉じているのか開いているのかが、はっきりしない形です。この形の人は非常に優しいのですが、それが迷いやすさにつながります。Saoriさんは自分自身ではっきりした決断を下しながら進んでいくタイプではないのでしょう。自分の意見はあったとしても、Saoriさんの基準は相手によって変化していくようです。今回の小説のモデルといわれている深瀬さんとの関係性も、まさにその通りなのではないでしょうか。縦線突出が控えめな人は協調型といわれるのですが、出方によっては相手に依存しがちな面も見られます。

 自分と周りの境界線がはっきりしないのか、はっきりさせたくないのかはわかりませんが、そんなあいまいな世界の中にいることが好きなのでしょう。相手のすべてを受け入れ支える、それがSaoriさんの生き方のベースなのでしょう。批判などを受けても、セカオワハウスでメンバーと一緒にいればダメージも少なくて済む。セカオワは傷つきやすいSaoriさんにとって、なくてはならないアイテムなのかもしれません。

――セカオワは繊細な人はどう生きるのがいいのかの一つの可能性ですね。「僕たち」にすることで身を守る。もちろん「僕」が「僕たち」になることでの面倒くささや鬱陶しさもありますし、「世界」のサイズが自分たちの内側でどんどん狭まっていくという危険性もありますが……。

牧野 Saoriさんの書く小説は奇想天外な物語や、人間の心の奥底に潜む残虐さや醜さをテーマにすることはないでしょう。そうしたものと向き合うことは耐えられないからです。それよりも日常生活での細やかな心の動きをきれいに描写することが得意分野ですので、今後の作品もそのようなものが多くなると思われます。自身がファンタジーの世界から飛び出して、たくましくなっていく姿を描いた作品も楽しみにしています。
(石徹白未亜)

牧野秀美
筆跡鑑定人。筆跡アドバイザー・マスター。筆跡心理学をもとにした鑑定と診断を行う。著書に「名前を書くだけ 自分のイヤなところは直る」(東邦出版)
ほっかいどう筆跡鑑定研究所

小栗旬、“騒音問題”で近隣住民から「出て行け」!? 意外に多い「芸能人ご近所トラブル」

2015oguriplof.jpg
小栗旬オフィシャルサイトより

 12日発売の「女性自身」(光文社)が、小栗旬の“ご近所トラブル”を報じている。小栗は2014年、妻でモデルの山田優や子どもと暮らす自宅マンションの近くに、稽古場としても使える豪邸を建てて注目を集めたが、当初から苦情が絶えなかったという。

 小栗が建てたのは地上3階、地下1階の広さを誇り、2億5,000万円の大豪邸として知れ渡っている。記事によれば、この広さのせいで空調にもパワーが必要だったため、新築当初はエアコンの室外機の排気音が凄まじかったとのこと。近隣住民からの苦情によって警官からも忠告があり、小栗家は小型の室外機に替えるなどして対応したと伝えている。

益若つばさ、Fukaseを利用して「SNS集客」!? 記者大ブーイングの会見での一言

201405masuwaka.jpg
益若つばさオフィシャルブログより

 SEKAI NO OWARI・Fukaseと交際中の益若つばさが11日、映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』トークイベントに登場し、昨年12月25日発売の「フライデー」(講談社)での交際発覚後初のマスコミ対応を行った。報道後は双方のTwitterで堂々と交際宣言しているだけに、同イベントでもプライベートのサービストークが繰り広げられるかと思いきや、益若のもったいぶった態度に、呆れ返る記者が続出したという。

「この日は50名近くの報道陣が会場に詰めかけ、近頃では“有事”の際にしか現場を訪れなくなった芸能レポーターも姿を見せるほどの盛況ぶりでした。そんな中で、『Fukaseと交際する決め手はなんだったのか?』という質問が出たところ、益若は『Twitterで言っていることと変わらないんで』と前置きした上で『男らしいところと、息子と仲良くしてくれているところ』と、本当にツイート内容そのままのコメント。さらに、その後も『Fukaseが益若の息子のことを何と呼んでいるのか?』という問いかけにも『Twitterで既出ですけどいいんですね?』と、すでにSNSで情報発信していることを何度も繰り返していました」(ワイドショースタッフ)