iPhone Xの「Face ID」が、中国で誤認証連発! アジア人の顔を判別できず「アップルはレイシストなのか?」

 iPhone Xでは新たなID認識システムとして、Face IDが採用されたことが大きな話題となった。端末がユーザーの顔を判別してロック解除などを行うものだが、アジア人の顔認証には不向きなのでは? との疑惑が浮上している。

 というのも、中国で他人の顔でFace IDの認証が突破されるという事象が相次いでいるのだ。

 新浪新聞(12月16日付)によると、江蘇省南京市に住む女性が購入した2台のiPhone XでFace IDの認識実験を実施。ID登録した自分のiPhone Xを会社の同僚の女性に渡し、解除を試みたところ、なんと成功してしまったというのだ。

 その後、もう1台のiPhone Xで同様の検証をしたところ、2台目も同様に解除に成功してしまい、セキュリティーの安全性に関して大きな波紋を呼び起こしている。

 女性がアップルストアに説明を求めたところ、「カメラの不具合」「ソフトウェアの不具合」といった説明を受けたが、根本的な解決には至らなかったという。

 また、英紙「デイリーメール」によると、上海市に住む女性のiPhone XのFace IDは、彼女の息子の顔でロック解除されたという。

 なお、中国のネット上では、ほかにも同様の認証エラーを報告する書き込みが寄せられている。

 顔認証システムそのものをめぐっては、黒人男性がゴリラと認識されたり、褐色の肌をした有色人種の顔が認識不能とされたことがかつて話題となった。

 こうした負の歴史を踏まえ、アップル社では10億に上る顔のサンプルをデータとして使い、有色人種の人々にも高精度な顔認識システムが提供できるようになったとし、誤認識の確率は100万分の1と発表していた。

 そんな最新技術を駆使しても顔認証が解除できてしまったことについて、中国のネットでは「白人のみの顔で認識システムを構築したのではないか」「有色人種だけからこうした問題が出てくるのはおかしい」「アップルはレイシストなのではないか」など、人種差別を疑う声までもが多く寄せられている。

 かつて中国で絶大な人気を誇ったiPhoneシリーズだが、中国スマホ市場では、国内メーカーの猛追を受けている。このまま人種差別疑惑を放置すれば、アップル社にとって致命傷となるかもしれない。
(文=青山大樹)

iPhone Xの「Face ID」が、中国で誤認証連発! アジア人の顔を判別できず「アップルはレイシストなのか?」

 iPhone Xでは新たなID認識システムとして、Face IDが採用されたことが大きな話題となった。端末がユーザーの顔を判別してロック解除などを行うものだが、アジア人の顔認証には不向きなのでは? との疑惑が浮上している。

 というのも、中国で他人の顔でFace IDの認証が突破されるという事象が相次いでいるのだ。

 新浪新聞(12月16日付)によると、江蘇省南京市に住む女性が購入した2台のiPhone XでFace IDの認識実験を実施。ID登録した自分のiPhone Xを会社の同僚の女性に渡し、解除を試みたところ、なんと成功してしまったというのだ。

 その後、もう1台のiPhone Xで同様の検証をしたところ、2台目も同様に解除に成功してしまい、セキュリティーの安全性に関して大きな波紋を呼び起こしている。

 女性がアップルストアに説明を求めたところ、「カメラの不具合」「ソフトウェアの不具合」といった説明を受けたが、根本的な解決には至らなかったという。

 また、英紙「デイリーメール」によると、上海市に住む女性のiPhone XのFace IDは、彼女の息子の顔でロック解除されたという。

 なお、中国のネット上では、ほかにも同様の認証エラーを報告する書き込みが寄せられている。

 顔認証システムそのものをめぐっては、黒人男性がゴリラと認識されたり、褐色の肌をした有色人種の顔が認識不能とされたことがかつて話題となった。

 こうした負の歴史を踏まえ、アップル社では10億に上る顔のサンプルをデータとして使い、有色人種の人々にも高精度な顔認識システムが提供できるようになったとし、誤認識の確率は100万分の1と発表していた。

 そんな最新技術を駆使しても顔認証が解除できてしまったことについて、中国のネットでは「白人のみの顔で認識システムを構築したのではないか」「有色人種だけからこうした問題が出てくるのはおかしい」「アップルはレイシストなのではないか」など、人種差別を疑う声までもが多く寄せられている。

 かつて中国で絶大な人気を誇ったiPhoneシリーズだが、中国スマホ市場では、国内メーカーの猛追を受けている。このまま人種差別疑惑を放置すれば、アップル社にとって致命傷となるかもしれない。
(文=青山大樹)

インターン学生に「1日11時間」の強制労働! 12人が自殺した『iPhone X』工場の“超絶ブラック”体質

 初代iPhoneの発売から10周年の記念モデルとして満を持して発売されたiPhone Xは、世界中で品薄状態が続いている。アップルは供給不足の解消に取り組んでおり、年末までに2,000万台出荷するとしているが、これでもまだまだ足りず、当面、品薄状態が続きそうだ。

 急ピッチでiPhone Xの製造が進む中、また製造工場における不適切な労働環境が明らかになった。英紙「フィナンシャル・タイムズ」(11月21日付)によれば、アップルのアジアにおける主要サプライヤーで大手EMS(受託生産)のフォックスコン(鴻海科技集団)中国・鄭州工場で「違法労働」が発覚したというのだ。

 告発したのは、地元の鄭州城軌交通中等専業学校(高校に相当)に通う6人の男女学生たち。フォックスコンのiPhone X製造工場では、同校から派遣された17~19歳の約3,000人の学生がインターンとして働かされているという。学校側は「工場で3カ月働かなければ卒業できない」としており、学生に拒否する権利はなかったという。

 学生たちは1日11時間労働を強いられ、ある学生は1日最大で1,200台のiPhone X用のカメラを組み立てたという。フォックスコンの社員は前掲紙の取材に対し「毎年8月~12月の繁忙期に学生をインターンとして雇用している」と語った。雇用調整で、10万人の工員数を最大で30万人に増やすことができ、1日2万台のiPhone Xの製造が可能になることもあるという。

 今回の報道を受け、フォックスコンとアップルは、どちらも是正すると約束したが、強制労働については否定。またアップルは11時間労働について「学生たちが自発的に勤務した」と、米メディアの取材に対して回答し、あまりに“他人事”な態度に批判の声が上がり始めた。

 

「2010年にフォックスコンの工場で働く工員たちの自殺が相次ぎ、その数は12人にも上りました。当時、iPhoneが世界的に人気となる中、アップルの無理な要求に応えるべく、工員に超ブラックな労働環境を強いていたからです。その後、世界中から非難を浴びた結果、労働環境はずいぶん改善されました。しかし今、中国では人件費も上がり、工員のなり手も不足している。そこで、インターン学生を大量に集めて働かせるという新たな手法を生み出したのでしょう。大学側は今回の件で『強制はない』と否定していますが、まとまった数の工員を送り込む現地のブローカーと学校関係者が結託して、このような行為が常態化していたとみられます」(深セン在住の日系工場オーナー)

 フォックスコンといえば、親会社はシャープを買収した鴻海精密工業だ。買収後、シャープの業績は改善したといわれるが、違法行為をものともしない経営姿勢がある限り、日本人は受け入れることはできないだろう。
(取材・文/棟方笙子)

インターン学生に「1日11時間」の強制労働! 12人が自殺した『iPhone X』工場の“超絶ブラック”体質

 初代iPhoneの発売から10周年の記念モデルとして満を持して発売されたiPhone Xは、世界中で品薄状態が続いている。アップルは供給不足の解消に取り組んでおり、年末までに2,000万台出荷するとしているが、これでもまだまだ足りず、当面、品薄状態が続きそうだ。

 急ピッチでiPhone Xの製造が進む中、また製造工場における不適切な労働環境が明らかになった。英紙「フィナンシャル・タイムズ」(11月21日付)によれば、アップルのアジアにおける主要サプライヤーで大手EMS(受託生産)のフォックスコン(鴻海科技集団)中国・鄭州工場で「違法労働」が発覚したというのだ。

 告発したのは、地元の鄭州城軌交通中等専業学校(高校に相当)に通う6人の男女学生たち。フォックスコンのiPhone X製造工場では、同校から派遣された17~19歳の約3,000人の学生がインターンとして働かされているという。学校側は「工場で3カ月働かなければ卒業できない」としており、学生に拒否する権利はなかったという。

 学生たちは1日11時間労働を強いられ、ある学生は1日最大で1,200台のiPhone X用のカメラを組み立てたという。フォックスコンの社員は前掲紙の取材に対し「毎年8月~12月の繁忙期に学生をインターンとして雇用している」と語った。雇用調整で、10万人の工員数を最大で30万人に増やすことができ、1日2万台のiPhone Xの製造が可能になることもあるという。

 今回の報道を受け、フォックスコンとアップルは、どちらも是正すると約束したが、強制労働については否定。またアップルは11時間労働について「学生たちが自発的に勤務した」と、米メディアの取材に対して回答し、あまりに“他人事”な態度に批判の声が上がり始めた。

 

「2010年にフォックスコンの工場で働く工員たちの自殺が相次ぎ、その数は12人にも上りました。当時、iPhoneが世界的に人気となる中、アップルの無理な要求に応えるべく、工員に超ブラックな労働環境を強いていたからです。その後、世界中から非難を浴びた結果、労働環境はずいぶん改善されました。しかし今、中国では人件費も上がり、工員のなり手も不足している。そこで、インターン学生を大量に集めて働かせるという新たな手法を生み出したのでしょう。大学側は今回の件で『強制はない』と否定していますが、まとまった数の工員を送り込む現地のブローカーと学校関係者が結託して、このような行為が常態化していたとみられます」(深セン在住の日系工場オーナー)

 フォックスコンといえば、親会社はシャープを買収した鴻海精密工業だ。買収後、シャープの業績は改善したといわれるが、違法行為をものともしない経営姿勢がある限り、日本人は受け入れることはできないだろう。
(取材・文/棟方笙子)

ロシアの19歳美人女子大生、賞品の「iPhone X」目当てにバーでストリップをして退学処分に

 世界各国でアップル社のiPhone Xが発売され、さっそく落として画面を粉々にする人や、手に入れるために自らの肉体を捧げる女性が現れるなど(記事参照)、各地でさまざまな話題を振りまいている。

 ちなみにiPhoneの販売価格は国によって異なっており、SIMフリー版のiPhone X(64GB)の場合、本国アメリカでは999ドル(約11万3,500円)、日本では12万1,824円(税込)のところ、ロシアでは1,390ドル(約15万7,900円)と、特に高額に設定されている。

 そのロシアで、事件は起こった。19歳の女子大生が、バーで開かれたiPhone Xが賞品となっているコンテストでストリップを披露。だが、iPhone Xをゲットできなかっただけではなく、それを知った大学側から退学処分を受けていたと、イギリスのタブロイド紙「メトロ」が伝えている。

 場所はロシア中南部、カザフスタンとの国境にあるチェリャビンスク州のトロイツクという街。そこにあるナイトクラブで、iPhone Xが賞品となったコンテストが開かれた。

 どのような内容のコンテストだったのかは報道されていないが、そこに19歳の女子大生・エフゲニアさんが参加し、舞台の上で上半身裸の姿になった。

 司会者がはやし立てると、エフゲニアさんはパンティまで脱ぎ始めた。慌てた司会者が彼女の正面に回り込み、全裸姿が客に見られないよう立ちはだかったものの、完全には隠しきれなかったものみられる。

 結局、エフゲニアさんは優勝を逃したためiPhone Xをゲットできず、代わりに安いスマホを賞品として受け取ったという。だがそのスマホも、同夜のうちに誰かに盗まれてしまったらしい。

 エフゲニアさんにとっては踏んだり蹴ったりの夜だったが、その後に、さらなる悪夢が待っていた。この時の模様がほかの客によって動画撮影されており、ネットにアップされていたのだ。

 それにより、エフゲニアさんが通っていた大学の関係者の知るところとなり、問題視されたため、大学から退学処分を受ける結果となってしまった。

 その後、エフゲニアさんは、世間の目を嫌って雲隠れしているという。

 ナイトクラブでお酒が入った状態での「若気の至り」だけに、大学側も、もう少し寛大な処分にとどめることはできなかったものか……。