GEM解散でiDOL Street再編? エイベックスの「アイドルを下に見る」伝統が最悪の結果をもたらす

 エイベックスの女性アイドルプロジェクト「iDOL Street」所属のアイドルグループ「GEM」が今春に解散することを発表。エイベックスのアイドル部門の店じまいが近づいているのではないかと業界内ではささやかれている。

 昨年、メンバーの村上来渚と伊山摩穂が仕事を休んで、男性と焼肉を食べていたのではないかとネット上でウワサに。その後、GEMとしてのイベント出演が中止になり、さらに村上と伊山の2人は「専属契約違反となる行為」を理由に無期限活動休止となっていた。

「メンバーの不祥事が発覚したとしても、そのメンバーをクビにして終わるのが普通。2人同時の不祥事は確かに痛いですが、それで解散してしまうというのは、運営が解散のタイミングをうかがっていたとしか考えられません」(音楽業界関係者)

 iDOL Streetには、GEMのほかにSUPER☆GiRLS、Cheeky Parade、わーすたの3グループが所属。GEMの解散を機に、その3グループについてメンバー交代を含めた再編成を検討しているとの報道もあった。

「現実問題として、iDOL Streetはビジネスとしては成り立っていません。SUPER☆GiRLSも、メンバーの浅川梨奈や渡邉幸愛はグラビアなどで活躍していますがグループとしての活動は停滞気味。Cheeky Paradeも最大9人いたメンバーのうち2人が辞めて、2人が留学中で、今は5人でほそぼそ活動中という状態。わーすたは、まだ若いグループなので勢いはありますが、iDOL Streetを支えるほどではない。このまま先細りになるくらいなら、リストラを含むグループの再編成をして、最後の勝負に出るということも十分にありうるでしょう」(同)

 とどのつまり、アイドルの売り出しに失敗してしまったエイベックス。その背景には、無謀な“アーティスト路線”もあるという。レコード会社関係者が語る。

「エイベックスのアイドルグループは、何かと“パフォーマンス重視”だということをアピールし、さらには“海外に進出したい”と言い出すことが多い。ただ、パフォーマンスのレベルが本当に高いかと言われれば、決してそうでもなく、世界的に人気があるかといわれれば、まったくそうではない。つまり、大きな風呂敷を広げている割に、まったく内容が伴っていないんです。ファンはもちろん応援してくれますが、あまりに無謀な夢ばかり語られていたら、さすがに“何を言ってんだよ”と萎えてしまう。エイベックスの運営サイドは、ファンの需要をまったく把握できてないんでしょうね」

 そもそもエイベックス社内には“アイドルを下に見る”という文化が伝統的にあるといわれている。

「“アイドル=ダサい”、“アーティスト=カッコイイ”という、90年代的な価値観がいまだにエイベックスには残っているというイメージですね。Cheeky ParadeやGEMなんかは、まさにアイドルからアーティストへのシフトを図っていたし、iDOL Street所属ではありませんが、同じくエイベックスの東京女子流は一時期“アーティスト宣言”なるものをして、アイドルイベントへの出演をやめていたくらい。アイドルファンを相手に商売をしているのに、アイドルを否定するような戦略を取るのだから、それは成功できませんよ」(前出・レコード会社関係者)

 GEMの解散後、iDOL Streetがどう変わっていくのか。夢を持って活動しているメンバーたちのためにも、店じまいとならないことを祈りたい。

GEMの年内公演が中止に! “失策”繰り返すエイベックスアイドル部門「iDOL Street」が、いよいよ正念場

 エイベックスのアイドルプロジェクト「iDOL Street」に所属するアイドルグループ・GEMが11月26日、2017年内に予定されていた全てのイベントを中止することを発表した。理由は「グループの諸般の事情」としか発表されておらず、詳細については明かされていない。アイドル事情に詳しい芸能記者はこう話す。

「公演中止が発表されるちょっと前に、メンバーの村上来渚と伊山摩穂が男性と焼肉デートをしていた疑惑が浮上。それだけならまだしも、村上はネット配信の仕事をすっぽかす形でその焼肉に行っていた可能性があるようです。さらに、村上と伊山それぞれに熱愛疑惑もあり、それらが今回の公演中止に影響していることは間違いないと思われます」

 熱愛疑惑が浮上したからといって、複数のイベントを中止とするのはなかなか珍しいケースだ。

「疑惑のメンバー2人の脱退は十分に有り得る話だし、最悪の場合、グループの解散という選択もあると思います。運営サイドとしてみれば、チケットの払い戻しをしてまでイベントを中止にするというのは、相当な決断ですからね。ここ最近iDOL Streetの活動規模もどんどん縮小していますし、そろそろ店じまいもあるのでは、という雰囲気です」(同)

 10年にエイベックスグループとしては初の本格的アイドルプロジェクトとして始まった「iDOL Street」。SUPER☆GiRLS、Cheeky Parade、GEM、わーすた、という4グループが所属している。

「メジャーレコード会社のプロジェクトだけあって、当初からしっかり投資していましたが、思うように結果が出ないまま、ずるずるとここまで来ているという印象です。何度か路線変更もあり、とにかく迷走し続けている印象です」(アイドルに詳しいフリーライター)

 迷走の代表例がiDOL Streetの「オープン化」だ。

「14年に、レーベルの“オープン化”を打ち出し、外部のアイドルグループに門戸を開きました。つまり、エイベックス所属ではないアイドルグループが、iDOL Streetのイベントに参加したり、iDOL Streetから作品をリリースしたりできるようになったのですが、実際に外部からiDOL Streetプロジェクトに参加した例はありません。今となってはオープン化の話はうやむやになっています。さらに、15年にはアイドルだけでなく、女性クリエイターや女優などのセクションを作りましたが、こちらも大きな動きはありません」(同)

 そして、16年にはスタッフの大幅入れ替えも行われたという。

「立ち上げの時から統括プロデューサーを務めていた樋口竜雄氏が16年にプロジェクトから離れ、そのほかの多くのスタッフも異動となりました。このころから、iDOL Streetの縮小傾向が強くなっていて、今年8月にはデビュー候補生である“ストリート生”の制度が廃止。もはや、新メンバーを入れる気もなくなってしまったのかもしれないですね」

 こういった状況の中で、メンバーの熱愛疑惑が浮上し、公演中止となったGEM。もはや、グループの解散だけにとどまらず、iDOL Street全体の終了さえも視野に入ってきそうだ。

「現状でiDOL Streetは利益も出せていないだろうし、今後大きく跳ねる可能性も高いとは言い難い。だからといって、スキャンダルをきっかけに幕を下ろしてしまうのは、あまりにも残念過ぎる。どうにか、この難局を乗り越えてほしいです」

 これまで失策を繰り返してきたことは否めないiDOL Street。存続のためにも、今回こそは正しい選択をしなくてはならない。

GEMの年内公演が中止に! “失策”繰り返すエイベックスアイドル部門「iDOL Street」が、いよいよ正念場

 エイベックスのアイドルプロジェクト「iDOL Street」に所属するアイドルグループ・GEMが11月26日、2017年内に予定されていた全てのイベントを中止することを発表した。理由は「グループの諸般の事情」としか発表されておらず、詳細については明かされていない。アイドル事情に詳しい芸能記者はこう話す。

「公演中止が発表されるちょっと前に、メンバーの村上来渚と伊山摩穂が男性と焼肉デートをしていた疑惑が浮上。それだけならまだしも、村上はネット配信の仕事をすっぽかす形でその焼肉に行っていた可能性があるようです。さらに、村上と伊山それぞれに熱愛疑惑もあり、それらが今回の公演中止に影響していることは間違いないと思われます」

 熱愛疑惑が浮上したからといって、複数のイベントを中止とするのはなかなか珍しいケースだ。

「疑惑のメンバー2人の脱退は十分に有り得る話だし、最悪の場合、グループの解散という選択もあると思います。運営サイドとしてみれば、チケットの払い戻しをしてまでイベントを中止にするというのは、相当な決断ですからね。ここ最近iDOL Streetの活動規模もどんどん縮小していますし、そろそろ店じまいもあるのでは、という雰囲気です」(同)

 10年にエイベックスグループとしては初の本格的アイドルプロジェクトとして始まった「iDOL Street」。SUPER☆GiRLS、Cheeky Parade、GEM、わーすた、という4グループが所属している。

「メジャーレコード会社のプロジェクトだけあって、当初からしっかり投資していましたが、思うように結果が出ないまま、ずるずるとここまで来ているという印象です。何度か路線変更もあり、とにかく迷走し続けている印象です」(アイドルに詳しいフリーライター)

 迷走の代表例がiDOL Streetの「オープン化」だ。

「14年に、レーベルの“オープン化”を打ち出し、外部のアイドルグループに門戸を開きました。つまり、エイベックス所属ではないアイドルグループが、iDOL Streetのイベントに参加したり、iDOL Streetから作品をリリースしたりできるようになったのですが、実際に外部からiDOL Streetプロジェクトに参加した例はありません。今となってはオープン化の話はうやむやになっています。さらに、15年にはアイドルだけでなく、女性クリエイターや女優などのセクションを作りましたが、こちらも大きな動きはありません」(同)

 そして、16年にはスタッフの大幅入れ替えも行われたという。

「立ち上げの時から統括プロデューサーを務めていた樋口竜雄氏が16年にプロジェクトから離れ、そのほかの多くのスタッフも異動となりました。このころから、iDOL Streetの縮小傾向が強くなっていて、今年8月にはデビュー候補生である“ストリート生”の制度が廃止。もはや、新メンバーを入れる気もなくなってしまったのかもしれないですね」

 こういった状況の中で、メンバーの熱愛疑惑が浮上し、公演中止となったGEM。もはや、グループの解散だけにとどまらず、iDOL Street全体の終了さえも視野に入ってきそうだ。

「現状でiDOL Streetは利益も出せていないだろうし、今後大きく跳ねる可能性も高いとは言い難い。だからといって、スキャンダルをきっかけに幕を下ろしてしまうのは、あまりにも残念過ぎる。どうにか、この難局を乗り越えてほしいです」

 これまで失策を繰り返してきたことは否めないiDOL Street。存続のためにも、今回こそは正しい選択をしなくてはならない。