マッチ、モー娘。……フジテレビ『2017FNS歌謡祭』に見たテレビの“老人向け”傾向

 年度末の恒例番組『2017FNS歌謡祭』(フジテレビ系)が12月6日と13日に放送され、平均視聴率が第1夜は13.6%(ビデオリサーチ調べ・関東地区/以下同)と善戦するも、第2夜は11.1%と大爆死の結果となった。

 第1夜では番組では“マッチ”こと近藤真彦が出演し、この日のために結成されたスペシャルバンドで「ミッドナイト・シャッフル」「ハイティーン・ブギ」などのヒット曲メドレーを披露。第2夜ではモーニング娘。の第1期オリジナルメンバーが集結し、インディーズデビュー曲「愛の種」を披露した。

 このメンバーに、ネット上では「なんだか出演者の平均年齢高いな」「いまどきマッチなんて誰得だよ」「モー娘。みんな“オバサン”化したな」といった声が聞こえる。

「このほか第1夜には、V6の最年長メンバーである坂本昌行が、“イノッチ”こと井ノ原快彦とともに1999年に発売された『You’ll Be in My Heart』を披露しました。いまの10代から20代の視聴者にとっては、曲もメンツもなじみがないものでしょう。それだけテレビの視聴者が高齢化している証しだともいえますね」(放送作家)

 さらに第2夜はAKB48や、きゃりーぱみゅぱみゅなどが出演し“アイドル推し”で若者受けを狙うも、過去最低クラスの11.1%にとどまったのは、フジテレビとしては痛い結果だろう。

「最近のテレビ番組が、かつては年に数回レベルで放送されるだけだった『あの人は今』『あの事件の真相』といったネタに埋め尽くされているように、中高年が飛びつくコンテンツをループで生産している状態だといえます。第1夜は“腐っても鯛”ではありませんが、高年齢ジャニーズタレントにも一定の需要があると証明されました。ただモー娘。をそろえても11%台だった第2夜は失敗と言わざるを得ないでしょう」(同)

 テレビが今後ますます老人向けメディアになるのは確かなようだ。
(文=平田宏利)

『FNS歌謡祭』ディーン・フジオカが“不安定な歌声”披露も、「音量ゼロで見ると、最高に幸せ」と歓喜

 国際派俳優でミュージシャンで映画監督のディーン・フジオカが、13日放送の生音楽番組『2017 FNS歌謡祭 第2夜』(フジテレビ系)に出演。多くの出演アーティストたちがコラボステージを披露する中、単独で2曲を歌唱した。

 ディーンは、メル・トーメによる定番クリスマスソング「The Christmas Song」のカバーのほか、今月20日にリリースされる自身の新曲「Let it snow!」を披露。体を大きく動かしながらノリノリで歌い上げた後には、音が消えるタイミングでガッツポーズのような姿勢を取り、キメ顔。拳に握った“何か”を息でフッと吹き消すような動作をして微笑み、カメラ目線でアルカイック・スマイルを浮かべた。

 ディーンのあまりのイケメンぶりに、ネット上では「兎にも角にも美しい顔が文句なし!」「顔がキレイすぎて、歌が入ってこない」「かっこいいから、歌はド下手でも許す!」「音量ゼロにして見ると、最高に幸せ~」といった声が相次いでいる。

「案の定、歌唱力を評価する声はなかなか見当たらず……。とはいえ、こんな素人のカラオケレベルの歌声でも、顔だけでこれだけ女性視聴者を魅了するのですから、まだまだ人気は衰え知らずと言えそう。終盤に大ヒット曲『HELLO』を披露したアミューズの先輩・福山雅治よりも、ある意味、盛り上がっていました」(芸能記者)

“音痴”とまでは呼べないものの、終始、微妙な歌声を披露したディーン。次に登場したシンガーソングライター・aikoの歌唱力の安定感と比較すると、残念ながら雲泥の差であった……。

「ディーンは、いつでも堂々と自信に満ち溢れた表情を浮かべており、歌唱中も“ドヤ顔”やカメラへのアピールを欠かさない。その謎の自信が『たまらなく好き』という女性ファンの声は多いようです。ただ、これだけ歌声が評価されないとなると、旬が過ぎた後のことが心配。アミューズは、結婚後に人気が急落した福山に続く“ポスト福山”としてディーンを売りたいようですが、起用さで言うとなかなか厳しそう。実際、ディーンのコンサートは中年女性ばかりで、彼の音楽そのものが好きな人は少なさそうな印象。また、武井咲とダブル主演を務める放送中のドラマ『今からあなたを脅迫します』(日本テレビ系)も視聴率不振に陥っており、『主演よりも脇役のほうが光る』との声も多い」(同)

 現在は、多くの女性週刊誌に特集を組まれるなど、飛ぶ鳥を落とす勢いのディーンだが、先は長くないかもしれない。

近藤真彦、35周年イヤーで露出増加も「悪夢が始まる」「カウコンの悲劇」とファン戦々恐々

kondoumasahiko02.jpg
年始早々にジャニオタビッグワード誕生

 2014年の大みそかから元旦にかけて行われた『ジャニーズカウントダウンコンサート2014‐2015』。今回は、フジテレビ恒例の生中継が廃止されたことで開催前から波紋を呼んでいたが、当日は「近藤真彦の35周年記念コンサート」ともいえる内容だったという。近藤は今年でソロ歌手デビュー35周年を迎えることもあり、「今年1年、後輩仕事の場にも登場するのでは」と、ジャニーズファンから悲痛な叫びが上がっている。

 田原俊彦、野村義男とともに「たのきんトリオ」として活躍した近藤は、1980年に「スニーカーぶる~す」でソロ歌手デビュー。昨年は『2014FNS歌謡祭』(フジテレビ系、12月3日放送)で、35周年特別企画としてSMAPや嵐らジャニーズの現役グループが大集結したスペシャルメドレーが行われ、歴史的な一夜となった。

『FNS歌謡祭』、口パク復活! “禁止令”きくち伸P異動のウラにバーニングとWaTの影

2014fnstop.jpg
『2014 FNS歌謡祭』(フジテレビ系)公式サイトより

 3日に放送された『2014 FNS歌謡祭』(フジテレビ系)について、出演者の“口パク疑惑”が物議を醸している。自らも出演したGLAYのTERUは番組終了直後、自身のTwitterで「ちょっとがっかり…」「ボーカリストが見ると分かるんです」と、口パクを連想させるツイートを投稿。また東野幸治も「あれ?毎年の楽しみのFNS歌謡祭が口パクになっている…」と、正面から疑問を呈していた。同番組については昨年3月、当時プロデューサーであったきくち伸氏が、担当番組に「口パク禁止令」を宣言したことが話題になっていたものだが……。

「かねてから伝えられているように、きくち氏は今年6月でCSの番組に異動となっています。そのため『口パク原則NG』だったはずのフジ音楽番組も、当然解禁となりました。きくち氏の異動に関しては、生歌を嫌がるアーティストの所属プロダクション、特に権力を持っているジャニーズ事務所による“圧力”ではないかという説も出ていました」(週刊誌記者)

作り手の「お付き合い」事情と「こだわり」が寒々しかった、『FNS歌謡祭』

fns-2013.jpg
『2013 FNS歌謡祭』(フジテレビ系)公式サイトより

 今回ツッコませていただくのは、12月4日放送『2013 FNS歌謡祭』(フジテレビ系)。「生歌」にこだわるフジテレビだが、その意気込みは良いとして、実際にはお客様が食べたいものではなく、作り手側のこだわりのみを押し付ける「シェフの気まぐれメニュー」みたいな自己満足番組に見えてならなかった。

 数々の「名(迷)珍場面」を挙げてみたい。

不安要素しか浮かばない『進撃の巨人』実写化で、唯一安心できる点

singekinokyojin.jpg
『進撃の巨人』(講談社)公式サイトより

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

『進撃の巨人』実写化! 日本芸能界が誇る“巨人役”の最終兵器とは?

◎ハリウッドなんて目じゃない
 実写化のニュースで盛り上がる『進撃の巨人』(講談社)。だが、あんな名前も外見もほとんど外国人の登場人物たちを、日本人がやって違和感は出ないのか。エレンとかクリスタとか呼び合って金髪のヅラつけるのか。それじゃディラン&キャサリンと大差ないのではないか。ハリウッド待ちした方がよかったんじゃないか。それより、巨人役の方が楽しみだ。こっちはストック豊富で、実写化にあたって何の心配もない。超大型巨人は嶋田久作かな、獣の巨人は時任三郎かな、幻の巨人は阿部寛かな、松嶋菜々子も捨てがたいな。小藪一豊もいるし、荒川良々もいるし、しずちゃんもサトエリもいる。最終兵器には大林素子も用意してある。本当に何の心配もない。ハリウッドでやるとしても、巨人は全部日本勢で。町山智浩には、脚本だけでなく、その辺のプロデュースの方こそ、ぜひお願いしたい。

視聴率6~8%のKinKi Kidsと1~3%のV6、深夜バラエティの決め手は安定感?

 1995年デビューのV6と、97年デビューのKinKi Kids。ともにジャニーズ事務所では中堅のポジションに入り、現在はテレビのレギュラー番組を1本ずつ持っている。前後の番組や裏番組の兼ね合いなど、さまざまな要素が反映される視聴率だが、ジャニーズ事務所所属の各グループのバラエティ番組は、どこまで人気=数字を持っているのだろうか。“ジャニーズ”と“視聴率”の2つのキーワードから、テレビにおける各グループの立ち位置に迫る。

comingcentury.jpg
トニセンの姿が見えるのは正直者だけ!

■4年間で4つの番組を持つも、視聴率は1~3%のV6

 95年11月に『バレーボールワールドカップ』のイメージソング「MUSIC FOR THE PEOPLE」でデビューしたV6。彼らは現在、グループのレギュラーとしては毎週火曜深夜24時20分~『ガチャガチャV6』(TBS系)に出演中。同局のV6の番組は、ゴールデンタイムに放送されていた教育バラエティー『学校へ行こう!』(97年10月~05年3月)、『学校へ行こう!MAX』(05年4月~08年9月)があり、終了した後は、深夜枠に移行している。

 『新知識階級 クマグス』(08年10月~10年9月)、『ミッションV6』(10年10月~11年9月)、『男のヘンサーチ!!』(11年10月~12年9月)を経て、この秋から30分番組の『ガチャガチャV6』がスタートした。

華原朋美、「代表質問限定」の復帰記者会見に潜む、不吉な予兆

kahara_2005.jpg
『Super Best Singles~10th Anniversary』
/ジェネオンエンタテインメント

 24日、東京・代々木第一体育館で行われた『MUSIC FOR ALL,ALL FOR ONE』で、7年半ぶりにライブ復帰した歌手の華原朋美。持ち前のキャラクターと抜群の歌唱力は健在のままでファンを安心させたが、関係者の間では早くも華原の“暴走”を不安視する声が挙がっているようだ。

「皆さん、こんばんは! ありがとうございます!」

 クリスマスをイメージした赤のドレス姿で登場し、何度も頭を下げて、自身の大ヒット曲「I’m proud」など3曲を熱唱した華原。

「1曲目の歌い出しは、久々のステージからか一瞬歌い遅れてしまい心配しましたが、その後は先日歌手復帰した『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)の時以上の声量で、ファンを魅了していましたよ」(音楽業界関係者)

山下智久、ドラマ惨敗、エロP迷走を乗り越え『FNS歌謡祭』で視聴率トップ!

yamashitatomohisa04.jpg
エロPが将来黒歴史にならねばいいが

 年末恒例の音楽特番『2012FNS歌謡祭』(フジテレビ系)が12月5日に放送され、平均視聴率18.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と高視聴率を記録した。今年は、同番組で約5年半ぶりにテレビ復帰する華原朋美の出演に注目が集まっていたが、瞬間最高視聴率を獲得したのは、意外にも、山下智久の歌唱シーンだった。SMAP・香取慎吾と共演中のドラマ『MONSTERS』(TBS系)の低視聴率が話題となったばかりで、今年は明るい話題も少なかった山下。今回の高視聴率は、ファンにとっても久しぶりの朗報だったのではないだろうか。

 4時間を超えて生放送された『FNS歌謡祭』。今年もSMAPの草なぎ剛と高島彩が司会を務め、豪華アーティストが多数出演、まためったに見られないコラボレーションも行われるなど、見どころ満載だった。そんな中、山下は香取とのユニット・The MONSTERSとして、ドラマの主題歌「MONSTERS」を披露。その後、番組後半でギタリスト・押尾コータローとコラボし、今年2月にリリースした「愛、テキサス」を歌ったのだが、その場面で、瞬間最高視聴率22.8%を獲得したのだ。