主演ドラマが爆死続きの沢村一樹 やっぱり『DOCTORS~最強の名医~』に頼るしかない!?

 沢村一樹が主演を務めるドラマ『DOCTORS~最強の名医~』(テレビ朝日系)の新春スペシャルが4日午後9時より放送され、12.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の高視聴率をマーク。改めて、その根強い人気を示した。

 同ドラマは2011年10月期に第1シリーズが放送され、平均14.8%と高い視聴率を記録。その後の第2シリーズ(13年7月期)は18.3%、第3シリーズ(15年1月期)は14.4%と高い数字をキープしてきた。スペシャル版も、13年6月1日放送分が14.7%、15年1月4日放送分が12.5%を記録。これまで、連ドラ、スペシャルを通じて、1ケタ台に転落したことが一度もなく、同局にとっては「確実に数字が取れるドラマ」なのである。

 ただ、今回のスペシャル版放送にあたって課題もあった。それは、ドラマの舞台となっている堂上総合病院院長・堂上たまき役の野際陽子さんが昨年6月に亡くなり、大きな“穴”があいてしまった点だった。

 今スペシャルでは、堂上院長がブータンに診療所を開業し日本を離れたとの設定で、新院長には、たまきの甥・森山卓(高嶋政伸)が就任。腕は確かだが、性格に問題がある森山院長は、同病院のスゴ腕外科医・相良浩介(沢村)と、ことごとく対立しながらも、少女の生体肝移植手術を協力して成功させる……という展開だった。

 3年ぶりの放送、メインキャストの野際さんがいなくなったことで、不安視もされたが、比嘉愛未、正名僕蔵、浅利陽介、伊藤蘭、小野武彦といったおなじみのメンバーは健在。終わってみれば、変わらぬ人気を示し、ファンからは第4シリーズの放送を熱望する声も多数上がっているようだ。

『DOCTORS』では本領を発揮した沢村だが、ここ数年、主演ドラマが相次いでコケており、厳しい状況が続いている。昨年10月期の『ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!』(テレビ東京系)は平均3.99%と、歴史的な大爆死。16年10月期『レンタル救世主』(日本テレビ系)も7.2%と大コケ。14年4月期『ブラック・プレジデント』(フジテレビ系)も7.5%に沈んでおり、『DOCTORS』を除けば、主演ドラマが3作連続でズタボロなのだ。

 当然業界内では、「沢村が主演では数字が取れない」との風潮になりつつあるのは避けられないところ。それを払拭するためには、やはり『DOCTORS』続編をやるのがいちばんといえそうだ。

「これだけ安定して高視聴率を挙げられるのですから、テレ朝としては続編をやりたいでしょう。3年のブランクがあったため、新春スペシャルで視聴者の反応を見たようですが、その人気は健在でした。こうなると、テレ朝も、がぜんヤル気になるのではないでしょうか。問題は、沢村がNHK大河ドラマ『西郷どん』に出演しており、スケジュール調整が難しい点。ただ、沢村の役どころは、島津家第28代当主・島津斉彬(渡辺謙)の家臣・赤山靱負役で、さほど重要なキャストではありません。従って、出演シーンも、そこまで多くはないと思われますので、調整は可能では?」(テレビ誌関係者)

 ただ、テレ朝の場合、シリーズモノの続編が多く、連ドラの枠に限りがあるのは確か。果たして、同局は『DOCTORS』第4シリーズ実現に向け、舵を切るのだろうか?
(文=田中七男)

主演ドラマが爆死続きの沢村一樹 やっぱり『DOCTORS~最強の名医~』に頼るしかない!?

 沢村一樹が主演を務めるドラマ『DOCTORS~最強の名医~』(テレビ朝日系)の新春スペシャルが4日午後9時より放送され、12.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の高視聴率をマーク。改めて、その根強い人気を示した。

 同ドラマは2011年10月期に第1シリーズが放送され、平均14.8%と高い視聴率を記録。その後の第2シリーズ(13年7月期)は18.3%、第3シリーズ(15年1月期)は14.4%と高い数字をキープしてきた。スペシャル版も、13年6月1日放送分が14.7%、15年1月4日放送分が12.5%を記録。これまで、連ドラ、スペシャルを通じて、1ケタ台に転落したことが一度もなく、同局にとっては「確実に数字が取れるドラマ」なのである。

 ただ、今回のスペシャル版放送にあたって課題もあった。それは、ドラマの舞台となっている堂上総合病院院長・堂上たまき役の野際陽子さんが昨年6月に亡くなり、大きな“穴”があいてしまった点だった。

 今スペシャルでは、堂上院長がブータンに診療所を開業し日本を離れたとの設定で、新院長には、たまきの甥・森山卓(高嶋政伸)が就任。腕は確かだが、性格に問題がある森山院長は、同病院のスゴ腕外科医・相良浩介(沢村)と、ことごとく対立しながらも、少女の生体肝移植手術を協力して成功させる……という展開だった。

 3年ぶりの放送、メインキャストの野際さんがいなくなったことで、不安視もされたが、比嘉愛未、正名僕蔵、浅利陽介、伊藤蘭、小野武彦といったおなじみのメンバーは健在。終わってみれば、変わらぬ人気を示し、ファンからは第4シリーズの放送を熱望する声も多数上がっているようだ。

『DOCTORS』では本領を発揮した沢村だが、ここ数年、主演ドラマが相次いでコケており、厳しい状況が続いている。昨年10月期の『ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!』(テレビ東京系)は平均3.99%と、歴史的な大爆死。16年10月期『レンタル救世主』(日本テレビ系)も7.2%と大コケ。14年4月期『ブラック・プレジデント』(フジテレビ系)も7.5%に沈んでおり、『DOCTORS』を除けば、主演ドラマが3作連続でズタボロなのだ。

 当然業界内では、「沢村が主演では数字が取れない」との風潮になりつつあるのは避けられないところ。それを払拭するためには、やはり『DOCTORS』続編をやるのがいちばんといえそうだ。

「これだけ安定して高視聴率を挙げられるのですから、テレ朝としては続編をやりたいでしょう。3年のブランクがあったため、新春スペシャルで視聴者の反応を見たようですが、その人気は健在でした。こうなると、テレ朝も、がぜんヤル気になるのではないでしょうか。問題は、沢村がNHK大河ドラマ『西郷どん』に出演しており、スケジュール調整が難しい点。ただ、沢村の役どころは、島津家第28代当主・島津斉彬(渡辺謙)の家臣・赤山靱負役で、さほど重要なキャストではありません。従って、出演シーンも、そこまで多くはないと思われますので、調整は可能では?」(テレビ誌関係者)

 ただ、テレ朝の場合、シリーズモノの続編が多く、連ドラの枠に限りがあるのは確か。果たして、同局は『DOCTORS』第4シリーズ実現に向け、舵を切るのだろうか?
(文=田中七男)