フジ月9から逃げ出した竹野内豊 NHKドラマ『この声をきみに』で大苦戦!

フジ月9から逃げ出した竹野内豊 NHKドラマ『この声をきみに』で大苦戦!の画像1
 竹野内豊が現在放送中のNHKドラマ10『この声をきみに』(金曜午後10時~)で主演を務めているが、視聴率面で苦戦が続いている。  同ドラマは9月8日にスタートしたが、同日午後10時過ぎに秋田県下で地震が発生。同10時24分より、急きょ緊急報道番組に差し替わったため、途中で打ち切りになる不運に見舞われた。15日から仕切り直しとなったが、その視聴率は初回が5.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)。その後、第2話は4.3%で早くも“5%割れ”すると、第3話4.0%、第4話3.8%と下降線をたどり、低迷が続いている。  竹野内が演じているのは、偏屈でさえない数学者。大学の准教授である穂波孝役は話すことが苦手で授業がつまらないため、学生からの人気がない。愛想を尽かした妻・奈緒(ミムラ)は、子どもを連れて家を出て、離婚を突きつける。そんな折、人生を変えるために訪れた朗読教室で、講師の江崎京子(麻生久美子)と出会い、成長していく姿を描いた作品。  脚本はNHK連続ドラマ小説『あさが来た』を大ヒットに導いた大森美香氏が担当。そのほかのキャストは、柴田恭兵、杉本哲太、堀内敬子、松岡充、大原櫻子、永瀬匡、趣里、戸塚祥太、平泉成、仁科亜季子、片桐はいりらで、なかなかの豪華メンバーだ。  竹野内といえば、今年1月期のフジテレビ月9ドラマの主演に内定していながら、ドタキャンしたといわれている。その結果、急ごしらえで制作された『突然ですが、明日結婚します』(西内まりや主演)は平均6.8%の大爆死で、同枠史上最低視聴率を記録する事態となった。  NHKドラマ10自体、数字をもっていないが、それでも、前作『ブランケット・キャッツ』(西島秀俊主演)は平均5.5%をマークした。だが、『この声をきみに』は、このままいけば、かなりの低視聴率で終わりそうな気配。民放ドラマではないため、さしてバッシングは受けていないが、それでも竹野内の今後の仕事に影響が出るのは避けられそうにない。この先、後半で巻き返しを図ってほしいものだが……。 (文=田中七男)

竹野内豊と倉科カナに飛び交う“破局説”「竹野内はゲイだと信じている」業界人も……

竹野内豊と倉科カナに飛び交う破局説「竹野内はゲイだと信じている」業界人も……の画像1
 一部で「結婚秒読み」とまで伝えられていた俳優・竹野内豊(46)と女優・倉科カナ(29)が、「破局したのではないか?」とささやかれている。ある芸能記者は「長く2人の動向を探ってきたが、すでに別れているという話を複数から聞いた」という。  2人は2014年10月の写真誌「FRIDAY」(講談社)で、竹野内が倉科の自宅に通う様子を報じられ、双方の所属事務所が交際を認めていた。  17歳差カップルは、その後も一緒に買い物をする姿などが伝えられ、昨年12月23日の倉科の誕生日前にも、芸能リポーターが「女性の誕生日に入籍しそうなカップルがいる」と、結婚をにおわせていた。  結局、入籍はなかったが、その直後に井上公造氏も2人の結婚を「100%」と断言。ただ、3月になると井上氏はネット番組で「なかなか結婚しない芸能人カップル」のひとつとして挙げるなど変節していた。ついに最近は、芸能記者の間でも「破局説」が飛び交うようになってしまったのだ。 「当初は結婚を見据えて取材をしていたんですが、2人が同時期に近い場所にいることが極端に減っていることがわかって、経験上、これは破局かなと」と前出記者。 「もし交際が続いていたとしても、2人が過ごせる時間はかなり少ないはずで、そうなると長くはなさそう。関係者など周辺に探りを入れてみても、明るい話はひとつもなく『もう付き合っていないと聞いている』と話す人もいました。中には、いまだ竹野内はゲイだと信じている業界人もいて、『そもそも倉科との交際自体がカムフラージュだった』とか言っているんですけどね(苦笑)」(同)  竹野内は過去、美女との交際報道が何度もありながら、ゲイ疑惑が絶えず、倉科との熱愛報道時もネット上で「あれ、ゲイじゃなかったっけ?」なんて声まであったほど。その真偽はわからないが、別のベテラン芸能記者はこう話す。 「竹野内さんはその昔、あるゲイ俳優・Mさんとのデートが目撃されたことがあって、写真誌のカメラマンが大急ぎで向かったのですが、間に合わなかったんです。現場を撮れていないので事実かどうかわからないままですが、そういう話がチラホラ聞かれるのも確か」  一方、週刊誌記者は「交際継続」としている。 「倉科さんと親しい友人女性が『別れたという話は、一度も聞いてない』と言っていましたから、密かに交際は続いているのでは? 根拠としては弱いですけど、破局したらしたで、双方がその情報を喜んで出しそうなものじゃないですか」  こうした話に翻弄されているのが、竹野内の女性ファン。倉科との熱愛報道には「精神的にボロボロ」「何もやる気が出なくなった」と“ロス症状”が叫ばれていたが、破局説に「このままフェードアウトしてくれたら最高」といった声が増えている。  そこに決着をつけるべく記者も奔走するが、現時点ではまだ確定情報にはたどり着いていない。 (文=片岡亮/NEWSIDER Tokyo)

『シン・ゴジラ』損益分岐の80億円突破も近く……それでも続編制作に高いハードル

godzila0913
『シン・ゴジラ』公式サイトより
 庵野秀明氏が脚本、総監督を務め、7月29日に公開された映画『シン・ゴジラ』が、9月6日までの40日間で観客動員420万人を突破し、1984年公開『ゴジラ』以降の“平成ゴジラシリーズ”において、最高の観客動員数を記録した。 「公開40日時点で興行収入は61億円を超えるなど文句はないのですが、実は東宝の設定している損益分岐点は80億円だそうです。製作費に20億円以上かかっているみたいで、黒字になるには80億円が最低ラインだとか。ただ、この調子でいけば、そこも突破しそうですけどね」(映画関係者)  内容については賛否両論分かれるものの、リピーターも多いことから製作側もおおむね前向きに捉えているという。 「続編、つまり『シン・ゴジラ2』をやるのかどうか気になるところですが、こういった場合、往々にして『2』はヒットしないんですよね。また、庵野監督が“遅筆”ということもあって、完成がギリギリになったということも、次を考える上での障害になりそうです。東宝の担当者は、完成するまで何度も胃に穴が開きそうになったと聞いています。本当はマスコミ試写も大々的にやりたかったようですが、完成が遅れたためにできませんでしたからね。まあ、今回はそれが功を奏して、観客の飢餓感を煽ることができたので、結果的によかったのかもしれませんが」(芸能事務所関係者)  果たして、続編はあるのか――。

『シン・ゴジラ』上映中に虫が……! TOHOシネマズ渋谷“神対応”の裏側を本社に聞いてみた

godila0802
『シン・ゴジラ』公式サイトより
 先月29日の公開後、絶賛の声が止まない『シン・ゴジラ』。人気アニメ『エヴァンゲリオン』シリーズでカルト的な人気の庵野秀明監督が、自身のエヴァンゲリオンの劇場版新作の制作をストップさせてまで挑んだ意欲作だ。  その『シン・ゴジラ』の上映で、不測の事態に際したTOHOシネマズ渋谷の対応が話題になっている。  物語も中盤に差し掛かったところ、スクリーンに小さな黒い点が。言われないと気がつかないほどの小ささだったが、どうやらそれはカナブンが張り付いていたことが判明。上映終了後、パリッとしたスーツを着た支配人と思われる男性が現れるや「多数のお客様から、スクリーンに虫が張り付いているとのご指摘がありましたが、交通機関の時間もありそのまま上映させていただきました。お詫びとして特別御入場券をお持ち帰りください」と“神対応”を披露。  配布されたのは、TOHOシネマズ渋谷でのみ使える「TCチケット 特別御入場券」。任意の映画を無償で一本鑑賞できるというものだ。  ネットでは、その“神対応”に「TOHOシネマズ渋谷はすげぇ」「ファーストデイで1100円だったからゴジラ観てさらに700円もらったも同然」などの称賛の声が多く見られ、ピンチをうまく利用して、来場者の心を掴んだようだ。  TOHOシネマズ本社に問い合わせたところ、担当者は「さまざまな原因で“不完全な状態の鑑賞”が認められた場合、今回のような対応をさせていただいております」とのこと。映写機の不良、音響設備、今回の虫にいたるまで同社では細かくルールと対応が決められているという。過去には、劇場に鳥が突入してきたこともあるとか。流行りのライブビューイングも、同社の苦労が。ライブビューイングは、天候に左右されやすく中継がうまくいかないこともあり、当然こちらも“不完全状態の鑑賞”となる。  2015年には、お盆休みと同社が毎月14日に設けている1,100円で鑑賞できるTOHOシネマズデイが重なり、発券管理システムがダウン。急遽手書きの入場券を作成して対応したほか、トム・クルーズがシリーズ史上一番危険なスタントに挑戦した『ミンション:インポッシブル/ローグ・ネイション』のチケット表記が、なぜか“ミッション:インポ”となり話題になったが、すぐに“ミッション:イン”に修正するなど、神対応っぷりに磨きがかかっている模様。  業界では、こういったトラブルはよくある話なのだそう。普段親しみやすい映画館にも、スタッフの徹底した気配りが行き届いているのだ。

嵐・松本潤『99.9』と竹野内豊『グッドパートナー』は“犬猿の仲”岸部一徳 vs 國村隼の代理戦争!?

999050208
TBS系『99.9-刑事専門弁護士-』
 嵐の松本潤が主演するTBS系ドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』が絶好調だ。今クール最高の平均視聴率15.5%(関東地区、ビデオリサーチ調べ/以下同)でスタートを切り、第2話では大幅アップの19.1%を記録した。 「主演の松本さん以外にも、香川照之さんや岸部一徳さんなど、ベテラン陣の好演が目立ちますね。中でも物語の鍵になりそうな岸部さんの存在感はさすがだと、局内でも評判になってますよ」(TBS関係者)  さまざまなドラマや映画に引っ張りだこの名バイプレーヤー・岸部だが、実は犬猿の仲の俳優がいるという。 「それが、國村隼さんです。岸部さんと國村さんは何度も共演してますが、2013年に共演した映画『少年H』以降、共演はありません。なんでも、エンドロールの順番でモメたそうですよ。年齢的には岸部さんが年上なので『あいつは年下のくせに生意気だ』と周囲に言ってたようです。それが國村さんの耳にも入って『もう共演は絶対ない』とまで言ってるそうです。名優2人の共演がないのは、日本映画としても非常に残念なんですけどね」(映画関係者)  國村も、今クールの竹野内豊主演ドラマ『グッドパートナー 無敵の弁護士』(テレビ朝日系)に出演している。 「こちらも視聴率12.9%と『99.9-刑事専門弁護士-』に次ぐ高視聴率でスタートしました。岸部さんも國村さんも、かなり視聴率を意識しているようなので、嵐の松本さんと竹野内さんは“代理戦争”をしている感じですね」(テレビ局関係者)  果たして、軍配はどちらに上がるのか――。

竹野内豊・倉科カナは「12月結婚」で確定? マスコミに吹聴して回る謎人物の存在

takenouchi1019.jpg
 謎の女性映画ライターが「竹野内豊の12月結婚」を触れ回っている。 「極秘情報です。12月下旬に、竹野内豊が倉科カナと結婚しますよ。早く記事にしたほうがいい」  面識のない記者たちに話しかけては、なぜかこの話を次々にしているため、業界内でちょっとした話題になっているのだ。 「映画の試写会で突然、名刺を渡されて話しかけられたんですが、自己紹介もせずにその話を始めたんです。『そうなんですか』と適当に応対していたら『今度、食事しませんか?』と誘われて、ちょっと気味が悪かった」(スポーツ紙記者) 「いきなりなれなれしく『ご活躍を聞いていますよ』なんて話しかけてきて名刺を渡され、竹野内の結婚ネタを話してきたので、『何か確かな情報をつかんでいるんですか?』と聞いたら『極秘情報ですから』と言って、はぐらかしていました。何が目的だったんでしょうね」(実話誌ライター)  確認できただけでも十数名のマスコミ関係者が、この女性ライターから個別に竹野内と倉科の結婚話をされている。ただ、竹野内と倉科は昨年10月、竹野内が倉科宅に出入りする模様を写真誌がスクープしており、両者とも所属事務所を通して「温かく見守っていただけるとありがたいです」と交際を認めている状況。今年3月には、2人で秋葉原の電器店で冷蔵庫や洗濯機を見て回る姿も目撃されており、今さら言われなくても結婚秒読みに見えるカップルではある。  やたらこのネタを触れ回る女性ライターが奇妙なのは、誰もその素性をよく知らないことだった。映画試写会に頻繁に顔を出し「映画ライター」の肩書を書いた名刺は渡すが、どこの媒体で記事を書いているのか、業界内では誰も知らない。年齢は50歳前後に見え、本人は「元週刊誌の芸能記者」と言っているというが、多くの芸能記者が彼女のことを「知らない」と話している。  ただ、その名刺の名前をネット検索すると、同じネットニュースサイトでの映画論評記事が3つだけ見つかった。いずれも今年1月掲載のものだったが、同編集部にこの女性ライターのことを聞いてみたところ「仕事内容がよくないので、執筆をやめてもらった」という。 「紙媒体に連載を持っている記者だといって売り込まれたんですが、いざ記事を書いてもらったら文章は小学生レベル。掲載の記事は、編集サイドでかなり手直ししたものです。しかも、公開時のレビューで映画のあらすじを書いてしまうという、映画ライターなら絶対に避けるべき基本すらできていなかった。本当に連載を持っているのかと聞いたら連絡が途絶え、それっきり」(同)  ここまでの話なら、芸能事情を知ったかぶりしている仕事のできない自称ライターというだけの話だが、この編集者によると「実は、竹野内の住所や携帯番号まで知っている、熱狂的な竹野内ファンらしい」という。 「聞いたところでは、彼女がそもそも試写会に出入りするようになったのは、前に事務職を務めていた週刊誌で試写会招待の窓口になっていたからだそうですが、竹野内のことに関してだけは記者よりも詳しかったので記事に協力してもらったこともあったとか。その後、事務職はリストラされ、現在は一般の会社で電話営業をしているそうです」(同)  どうやら映画記者としての活動実態はほとんどないに等しく、映画ライターの肩書もおそらくは試写会に出入りを続ける口実と思われるが、その女性ライターが竹野内の情報だけは過去に的中させていたというから、12月結婚という話は、彼女が得た貴重な“成果”という可能性はある。  一方で、この女性ライターは記者たちに「自分が住んでいるマンションの部屋をルームシェアしよう」とか「その部屋に、たびたび宇宙人がやってくる」「『進撃の巨人』は面白くなかったから、監督を許しちゃいけない」など、おかしな言動をしていたといい、今回の竹野内ネタもスルーされている様子だ。いずれにせよ、12月結婚という彼女の話が当たっているかどうかは、じきに判明する。 (文=ハイセーヤスダ)

竹野内豊の交際宣言に“ゲイの聖地”新宿二丁目が激震! 代わって1位に躍り出たのは……

takenouchi100s20.jpg
「Screen+プラス vol.43」近代映画社
 かねてから“ゲイ”のウワサも聞かれた竹野内豊が、17日発売の「フライデー」(講談社)で報じられた女優・倉科カナとの交際を認めた。  同日、双方の所属事務所がコメントを発表。竹野内は「このたびは私事でお騒がせして申し訳ありません。倉科さんとは親しくさせていただいております。温かく見守っていただけるとありがたいです」。倉科の事務所も「本人より“親しくさせていただいている”と聞いております。温かく見守っていただけたら幸いです」としている。  「フライデー」によると、竹野内が昨年初秋ごろから、都内にある倉科のマンションへ頻繁に通っているという。これに驚いているのが、マスコミ関係者だ。 「竹野内さんは大の週刊誌嫌いで有名で、1人で外出する際にも何度も周囲を見回すほど。そんな彼が、交際を認める発言をしたこと自体驚き。逆を言えば、倉科さんとの結婚を本気で考えている証拠でしょう」(週刊誌デスク)  そんなおめでたい話を聞いて失意のドン底にいるのが“ゲイの聖地”新宿二丁目の住人だ。40代のゲイ男性が泣きながら語る。 「彼だけはこっちだと信じていた。実際、両方イケるとウワサの某香港俳優に竹野内が会いに行ったという話も聞いていたのに……。悲しみが止まらない」  先日、結婚してもなおゲイ疑惑根強い俳優・織田裕二が、ついにパパになることが判明。これについても前出ゲイ男性は「きっと竹野内も織田に触発されたんだと思う」と話す。  思えば、今年はゲイ界においてはバッドニュースが続いている。 「こないだサッカー日本代表のGK川島永嗣が結婚し、男子ハンマー投げの室伏広治にも熱愛報道があった。そこに織田と竹野内のニュースでしょ。みんな私たちから離れていっているみたい。あとは西島秀俊に期待するしかない」(別のゲイ男性)  西島にも半同棲する一般女性の存在がすでに報じられているが、そんなことお構いなし。二丁目では竹野内が“卒業”し、自動的に西島がトップに躍り出たというが、果たしてどうなるか……。

路チュー松村に文春激オコ、小倉智昭がJK体臭に興奮、竹野内豊の新恋人「暴れる乳」……欲望渦巻く芸能界

matsumura1017_2.jpg  ベテランデスクTと新米記者Hが、今週の芸能ニュースを振り返ります。 デスクT 一度でいいから、フォアグラをおなかいっぱい食べられますように。死ぬときは無痛でありますように。友人の結婚式で、うまく余興ができますように……。 記者H 小学生みたいな願い事を急に紙に書き出して、一体どうしたんですか? デスクT 乃木坂46の松村沙友理と路チューした元「ヤングジャンプ」編集部・S氏が、焼き鳥屋で松村に「やりたいことを具体的に100個書くんだ」って、夢の叶え方を説いてたっていうから、俺も実践してみようと思って。クロールで息継ぎが上手にできますように……。 記者H (無視して)S氏といえば、すでにまとめサイトなどに、実名や素顔が晒されてしまっているようですね。また、15日には「週刊文春デジタル」(文藝春秋/有料)上に“抱擁動画”と“会話メモ”が公開され、「生々しすぎる」と話題に。松村がラジオで「書かれていることは、事実じゃないことも多くて……」などと、記事の信ぴょう性を否定したため、「文春」の逆鱗に触れたともっぱらです。 デスクT あわわわ! 記者H 案の定、発売中の「文春」には、松村の路チュー写真のみならず、同グループ・大和里菜の未成年飲酒疑惑を掲載。さらに、畠中清羅とイケメン美容師・玉木亮氏のお泊まりデートまで、写真付きで報じられています。 デスクT 文春を怒らせると、こうなるってことだね。乃木坂46は、所属事務所のタレント管理がユルいらしいから、今後もポロポロ出てきそうだね。それより、竹野内豊と倉科カナが、熱愛をあっさり認めたね。 記者H 17日発売の「フライデー」(講談社)によれば、2人が付き合い始めたのは昨秋頃。以降、竹野内が倉科の家を訪れる姿が頻繁に目撃されているそうです。この記事を受け、両者ともに交際を認め、竹野内は「この度は私ごとでお騒がせして申し訳ありません。倉科さんとは親しくさせていただいております。温かく見守っていただけるとありがたいです」とコメントしています。 デスクT 倉科が、よゐこ・濱口優と3年半にわたって交際していたことについては、所属事務所は頑なに交際を否定していたのに、竹野内はあっさり認めるんだね。
sakaguchi1017.JPG
誰?(坂口杏里オフィシャルブログより)
記者H 事務所的に「濱口は認めないけど、竹野内は歓迎」ってことでしょうね。また竹野内といえば、今年7月に一部週刊誌が「和久井映見とゴールイン間近」などと報じていましたが、ガセだった可能性が高そうですね。 デスクT 倉科といえば、なんといっても、あの“暴れん坊おっぱい”が魅力だよね! 出演中の『ファーストクラス』(フジテレビ系)でも、セーターの下でデンデン太鼓のように暴れてたよ! 記者H 本人は巨乳がコンプレックスで、さらしを巻いて隠していたこともあるそうですよ。しかし、これまでは「獲ったどーの元カノ」として認知されていた倉科も、これからは「竹野内の女」としてイメージアップが期待できますから、注目度も上がりそうですね。 デスクT やっぱ、濱口の“アゲチン説”は本当だったんだな~。熱愛ネタといえば、タレントの坂口杏里が引っ張ってるバイきんぐ・小垰との熱愛疑惑ネタって、近年の「ベスト・オブ・どうでもいいニュース」だよね。どうでもよすぎて、逆に見過ごせなくなってる自分がいるよ(不思議)。 記者H まあ、そう言わずに。先週号の「フライデー」で手つなぎ水族館デートがスクープされた2人ですが、16日に登壇したDVDのPRイベントで坂口は、「(小垰と)週1で会ってる」としながらも、「お付き合いはしていない。考え中です」と交際を否定。さらに「付き合おうと言われたら付き合います」「このくそはげ、早く(付き合おうと)言ってきてください。待ってます」とリップサービスを連発し、挙げ句の果てに「もし将来(小垰と)結婚して、生まれる子どもが(髪が)薄かったらどうしよう。子どもは私に似てほしい」と、話は結婚・出産にまでエスカレートしました。 デスクT 過剰な記者サービスは、芹那の再来か? 記者H 熱愛ネタで思わせぶりな言動を繰り返すと、商品PRイベントの仕事がゴロゴロと舞い込むというのが、今の芸能界のパターンですからね。 デスクT 予定調和な取材は、マスコミも仕事がラクで助かるから、記者が集まりやすいんだよね。でもネット民の反応を見ると、熱愛ネタよりも、坂口の“変化する顔”のほうが盛り上がってるみたいだよ。 記者H 坂口の顔は安定しませんからね。「もはや、どの写真が坂口杏里なのか分からない」「ブログ見るたび、『誰?』って思う」などと言われっぱなしです。また、止まらぬ激ヤセぶりに、拒食症疑惑までささやかれています。
tokudane0626.JPG
フジテレビ『とくダネ!』番組サイトより
デスクT それは心配だね(棒)。それはそうと、小倉智昭が17日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)で、また菊川怜にカメムシを見るような目で見られてたんだって? 記者H 番組では、女子高生と個室などで会話できる「JKコミュ」の経営者が逮捕されたニュースを取り上げ、スタジオで木下康太郎アナが「JKコミュ」のサービス内容を説明。すると小倉は、「会話だけで4000円っ!?」と、かつてない食いつきを見せ、さらに画面上にオプションメニューの一覧が映し出されると、「髪の毛クンクン!」「ビンタ1回、1000円!」「20分クンクン、4000円!」と、「ジャパネットたかた」ばりに叫びだし、「興奮してきた」とまさかの発言。菊川は「ホント……?」と苦笑いしていました。 デスクT 小倉さんはそんなことばっか言ってると、また生放送中に菊川にヅラネタかまされるよ! 気を付けて!

なぜか出演本数が少ない、竹野内豊の意外な弱点「セリフ覚えが悪すぎて……」

『竹野内豊フォトブックカレンダー
2013 ONE DAY TOKYO』
 人気脚本家の宮藤官九郎、俳優の阿部サダヲ、水田伸生監督が3年ぶりにチームを組んだオリジナルコメディ映画『謝罪の王様』が、現在撮影中だという。ヒロインは井上真央で、ほかに岡田将生、尾野真千子、高橋克実、松雪泰子ら豪華俳優陣が出演する。その中に、2年振りに映画出演を果たす竹野内豊の名前もあった。 「昨年はブルーリボン賞の主演男優賞を受賞するなど、俳優としてまた一歩階段を上ったんじゃないでしょうか。NHKの『裸にしたい男』にも出演しましたしね」(テレビ局関係者)  ところがその一方で、「竹野内には意外な弱点がある」とも言われている。 「主演もこなすし、脇役もこなす。シリアスもコメディもラブロマンスもいける。彼の出演作だけ見れば万能の俳優なんですが、いかんせん、彼はセリフ覚えが悪いことで有名なんです。それは、スタッフだけでなく監督やプロデューサーも心配するほどだそうです」(映画関係者)  確かに言われてみれば、他の同年代の俳優たちと比べても竹野内の出演本数は驚くほど少ない。 「基本的に1年に1本ペースですね。キムタクもそれくらいのペースですが、彼は本業はSMAPですし、バラエティにも出てますよね。竹野内さんはバラエティも苦手なんです。あれは、バラエティの空気が苦手というよりも、台本の流れが覚えられないから、というのがもっぱらのウワサですよ」(バラエティスタッフ)  容姿に恵まれ演技力もあるだけに、まさに意外な弱点である。彼がこの弱点を克服して活動ペースをあげる日はやってくるのだろうか──。