緊急手術のYOSHIKIだけじゃない!? ヘルニア、背骨骨折……芸能人を襲う“職業病”の恐怖

緊急手術のYOSHIKIだけじゃない!? ヘルニア、背骨骨折……芸能人を襲う職業病の恐怖の画像1
YOSHIKI公式サイトより
 X JAPANのYOSHIKIが、アメリカで頸椎椎間孔狭窄症の緊急手術を行った。ドラマーとして首を酷使するため、手や腕にしびれが現れ、このままではアーティスト生命の危機も憂慮されたためだというが、これは職業病というべきものだろう。  YOSHIKIに限らず、芸能界には職業病を抱えた人間が多い。喉の酷使による声帯ポリープなどはよく知られているが、その中でも最もハードなのが“体を張る”お笑い芸人だ。 「浅草キッドの水道橋博士は、若手時代に雪上を『人間サイコロ』で転がる企画に挑戦したところ、腰を強打。椎間板ヘルニアとなり、以降、体を張る仕事がこなせなくなりました。福岡地区で絶大な人気を誇っていたおたこぷーは、持ちギャグの『お久しブリッジ』を披露したところ背骨を骨折し、以降このネタは封印されています」(業界関係者)  彼らばかりではない。ビビる大木は、コンビ時代にスキー場ロケで背骨骨折の大ケガを負っている。相方の大内登も脳挫傷で、一時は命の危険もあった。空手ネタでおなじみのずんのやすも、スキー場ロケで腰の骨を折っている。こうした激しいダメージだけでなく、地味に“痛い”職業病もある。 「人気ものまね芸人の原口あきまさは、明石家さんまのものまねで、出っ歯の付け替えを頻繁にしていたところ、歯茎が化膿してしまったそうです。芸人にとって口の炎症は、場合によっては致命傷となりかねません」(同)  ジャンルは問わずとも、表舞台に立つ人間にとって常に「体を張る」覚悟は求められるのかもしれない。 (文=平田宏利)

緊急手術のYOSHIKIだけじゃない!? ヘルニア、背骨骨折……芸能人を襲う“職業病”の恐怖

緊急手術のYOSHIKIだけじゃない!? ヘルニア、背骨骨折……芸能人を襲う職業病の恐怖の画像1
YOSHIKI公式サイトより
 X JAPANのYOSHIKIが、アメリカで頸椎椎間孔狭窄症の緊急手術を行った。ドラマーとして首を酷使するため、手や腕にしびれが現れ、このままではアーティスト生命の危機も憂慮されたためだというが、これは職業病というべきものだろう。  YOSHIKIに限らず、芸能界には職業病を抱えた人間が多い。喉の酷使による声帯ポリープなどはよく知られているが、その中でも最もハードなのが“体を張る”お笑い芸人だ。 「浅草キッドの水道橋博士は、若手時代に雪上を『人間サイコロ』で転がる企画に挑戦したところ、腰を強打。椎間板ヘルニアとなり、以降、体を張る仕事がこなせなくなりました。福岡地区で絶大な人気を誇っていたおたこぷーは、持ちギャグの『お久しブリッジ』を披露したところ背骨を骨折し、以降このネタは封印されています」(業界関係者)  彼らばかりではない。ビビる大木は、コンビ時代にスキー場ロケで背骨骨折の大ケガを負っている。相方の大内登も脳挫傷で、一時は命の危険もあった。空手ネタでおなじみのずんのやすも、スキー場ロケで腰の骨を折っている。こうした激しいダメージだけでなく、地味に“痛い”職業病もある。 「人気ものまね芸人の原口あきまさは、明石家さんまのものまねで、出っ歯の付け替えを頻繁にしていたところ、歯茎が化膿してしまったそうです。芸人にとって口の炎症は、場合によっては致命傷となりかねません」(同)  ジャンルは問わずとも、表舞台に立つ人間にとって常に「体を張る」覚悟は求められるのかもしれない。 (文=平田宏利)

X JAPANニューアルバム発表は、また“出す出す詐欺”!? YOSHIKIの激しすぎる変節歴

xjapan0820
 X JAPANのYOSHIKIが8月19日の記者会見で、今年12月に約20年ぶりとなる日本ツアーを開催することを発表したが、それ以上のビッグニュースは、来年3月11日に、同じく20年ぶりとなるオリジナルアルバムを発売するというものだった。  YOSHIKIによると、ちょうど今「レコーディングの真っ最中」とのことだが「これでできなかったら、業界から抹殺される」とも話した。  というのも、YOSHIKIの「ニューアルバム出す」は毎年のように繰り返される発言で、記者間でも「またか」という声が上がる、おなじみのもの。結局、毎度リリースされないというのが恒例だ。  2008年、YOSHIKIは雑誌インタビューなどで新曲2曲を含むベストアルバムを出すと話していたが、実現せず。翌年「年内には出せる。新曲も5曲くらい入ります」とあらためてアピールしていたが、リリースはなかった。  10年4月、今度は具体的に「3月からレコーディングを開始していて、6月上旬に完成する」と発言したが、7月になっても「9割以上が出来上がっていて、秋に発売予定」と時期を微妙に先延ばし。雑誌インタビューでは「出なかったら腹を切る」とまで言っていたが、発売には至らなかった。  この1年後、記者会見で「99.5%仕上がっている」と行ったが、ファンから「1年間でたったそれだけか」という声も聞かれた。  この時も、本人は「ほとんど出来ている。あとはエンディングやSEの演出部分だけ」と完成間近を強調していたが、一方で「この時代に十数曲並ぶものを出してなんの意味があるのだろう」とアルバムではなく、シングル配信に変更するようなことを言いだし始め、12年も「アルバムは最終段階に入っている」としていたが、発売はナシ。13年になると「出せと言われれば、すぐ出せますけど。なんか、いまいちピンとこないんですよね」とごまかしており、別のインタビューではついに「アルバムがいつ出るよとか、もう言いたくないですよね。もう出ないと言ったほうがいいんじゃないかと思って」と、トーンを変えた。  しかし、昨年11月になると、YOSHIKIはまたもアルバム制作中を公言。「来年4月に完成。80%くらい完成してます」と言い始めた。3年前の完成度99.5%から大きく下がったことで、ファンの期待値は高まらず、「これはもう芸風だ」と茶化す声も聞かれた。  実際、今春になっても完成したという話はなく、「90%」と少し進歩しただけ。「ツアーまでには発売します」とも言っていたが、今回の発表では発売日が“ツアー後の来年3月”になっており、約1年も先延ばし。  YOSHIKIは今回の発言がウソではないという根拠を、発売翌日にイギリスでのライブ開催が決まっているとしたが、これまでの発言から考えれば、また来年になって変節してもおかしくはない。ファンからは「話題作りのためのCD出す出す詐欺」とまで言われてしまっている。  音楽ライターによると「YOSHIKIは非常に気まぐれな性格で、予定の変更はしょっちゅう。何か新しいプロジェクトをやり始めたと思ったら、すぐに飽きて凍結してしまう。そんな状態だから、ほかのメンバーもあまり彼の予定に合わせることもなく、レコーディング予定だと言っていたはずの日にToshIがバラエティ番組の収録に出ていたり、熱狂的な巨人ファンのPATAが球場に行ってしまったりと、バンドもまとまりがない」と語る。 「本当にアルバム発売があるとしても、曲はこの10年間で書いたり録ったりした長年の未発表音源集みたいなものでしょうが、何しろYOSHIKIは気が変わるのが早いし、完璧主義なので、作りかけても最終的にゴーサインを出さない。ダラダラしたミュージシャンの場合、外部のプロデューサーを入れて仕切らせるものなんですが、YOSHIKIは仕切り屋なのでそれもうまくいかない。来年3月の発売は音楽関係者の間でも15%ぐらいの確率だといわれていますよ」(同)  そもそも全盛期に在籍したHIDEやTAIJIが他界してしまったことで、現在のX JAPANはYOSHIKIのソロプロジェクトみたいなものだという声もあるが……。 (文=ハイセーヤスダ)