キムタク&静香がV2! ノブコブ吉村の洗濯バサミプレイ、ユニクロが“森且行事件”のリベンジか……週末芸能ニュース雑話

■ノブコブ・吉村の洗濯バサミプレイ

記者H 発売中の「アサヒ芸能」(徳間書店)が、「平成ノブシコブシの吉村崇と共演グラドルが『変態SEX』で警察出動!」との記事を掲載しています。

デスクT マジ!? よく「SMでケガさせる奴はアマチュア」って聞くけど。吉村は、雑誌「新生ニャン2倶楽部」(マイウェイ出版)とか、ブログ「夏岡彰の羞恥日記」を読み込んで勉強したほうがいいよ!

記者H いや、それが記事を読んでみると、吉村の変態プレイと警察沙汰は直接関係がなく……。吉村のセフレだったグラドルが彼氏と口論になり、包丁を振り回したため、彼氏が警察に通報したという話のようです。

デスクT あ、そうなの? タイトルから早とちりしちゃったよ~。

記者H 記事によれば、吉村とグラドルはネット番組で共演し、セフレ関係に。吉村の寝室には“電マ”をはじめ大量の大人のオモチャがあるほか、プレイ中は常に女性の乳首を洗濯バサミで挟んでいたとか。また、挿入時には鏡で結合部を見ながらプレイするそうです。

デスクT 洗濯バサミは変態だね!

記者H ちなみに吉村は現在、AbemaTVのお色気番組『ピーチちゃんねる』でMCを務めており、「シリタガールズ」という水着のグラドルたちと共演しています。

デスクT へ~。そんなことより、高島礼子の元夫・高知東生が歌手デビューするんだって? ヒュー!

キムタク&静香がV2! ノブコブ吉村の洗濯バサミプレイ、ユニクロが森且行事件のリベンジか……週末芸能ニュース雑話の画像2

記者H 昨年9月に覚醒剤取締法違反(所持、使用)などの罪で懲役2年、執行猶予4年の判決を受けた高知ですが、19日付の東京スポーツによれば、高知の後見人だという俳優の岡崎二朗が、高知の歌手転向の経緯を証言。高知を「歌い手としても一流」とした上で、来年、岡崎のプロデュースで新曲を発売する予定だそうです。

デスクT 岡崎って、あのミライ所属か~。ミライって、ハロプロのタレントとか、有名人を起用した映画をよく作ってるイメージだけど、その映画って一般的にほとんど知られてないよね。不思議~☆

記者H その辺の事情はアレがアレなので、触れないでおきましょう。

デスクT はーい。それより、高知って「エスクラ」っていうエステ店、経営してなかったっけ? 開店したとき、浜崎あゆみや高橋克典が祝い花贈ってたやつ。

記者H 東スポによれば、今月いっぱいで閉店するそうです。

デスクT あら残念。シャブで有罪判決受けても、復帰した芸能人なんてたくさんいるんだから、高知も大丈夫! 頑張れ~。

■森且行ユニクロ事件のリベンジか

記者H 『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)の生中継中に、見知らぬ男が乱入するアクシデントがありました。

デスクT 見た見たー! 怖かったよー!

記者H 21日の放送では、サバンナの高橋茂雄とタレントの小島瑠璃子が、千葉県市川市のコッペパン専門店から生中継。すると、ブツブツとつぶやきながら男がフレームイン。「どうも、どうも」と言いながら高橋に抱きついたため、小島はスタッフに移動するよう促され、「ウソでしょ? ウソでしょ!? いやー、怖い、怖い」と走り去っていきました。

デスクT その後も男は小島を追いかけてきて、スタッフに制止されてたよ。いや~、何もなくてよかったね~。ほっこりニュースつながりだと、元SMAP退所組のファンクラブサイト「新しい地図」が、卓上カレンダーの在庫に悲鳴を上げてるよ~。

記者H 「新しい地図」のトップページに「たすけてー」との文字が。現在、「新しい地図」初のオフィシャルグッズとして“15万部限定”で「新しい地図・オリジナル2018 CHIZU CALENDAR」を販売中ですが、「どちゃくそ余ってるっず」「みんなに行き渡るようにと気を遣って買わないでくれてるNAKAMA様も結構いるらしくて泣けるっず!」(原文ママ)と在庫の山の写真を掲載しています。

デスクT “NAKAMA”こと有料ファンクラブ会員って、14万人超えてるんでしょ? 年会費は払うけど、カレンダーはイラネって人が多いのかな?

記者H ちなみに、このカレンダーでメンバーが着ている衣装にはユニクロの商品が何点も見つかっており、来年のユニクロのイメージキャラクターを務めるのではないかとの臆測も。

デスクT そういえば、ユニクロって2002年にジャニーズ事務所を退所して間もない森且行をCMに起用して、謎の圧力で急きょ放映中止になった事件、あったよね!

記者H ユニクロが退所組の3人を起用するとなると、森のときのリベンジということになりそうですね。

デスクT 圧力に負けないで~。

■木村拓哉&工藤静香夫婦がV2!

キムタク&静香がV2! ノブコブ吉村の洗濯バサミプレイ、ユニクロが森且行事件のリベンジか……週末芸能ニュース雑話の画像3

デスクT ねえねえ! 「週刊女性」(主婦と生活社)で、氷川きよしが「やっぱり、自分の子どもは見たいですね。犬と、子どもと、あったかい家庭で、素朴な食事をする。そんなあったかい時間が欲しいですね」って語ってるよ!

記者H はあ……。

デスクT でねでね、「縁も出会いもない」って言うから、インタビュアーがお見合いを勧めてるんだけど、「お見合いをする時間がないんですよね」だって。そんなに頑なに拒否しなくてもいいのにね!

記者H どうでもいいですよ! それより発売中の「週刊文春」(文藝春秋)が毎年恒例の「好きな・嫌いな夫婦ランキング」を発表しています。「嫌いな夫婦」では、2位の片岡愛之助&藤原紀香にポイントで約3倍の大差を付け、木村拓哉&工藤静香が首位に。昨年も1位でしたから、2連覇です。

デスクT すっげー嫌われてんじゃん! “SMAPの裏切り者”のイメージって、いつになったら拭えるわけ? 3位の石田純一&東尾理子も根強いね! 昨年は2位だったよ。

記者H ビジネス臭がして鼻につくんですかねえ? そういえば、離婚寸前とウワサの才賀紀左衛門&あびる優が入っていませんね。離婚しそうな夫婦はこれに当てはまらないということでしょうか?

デスクT 才賀&あびるといえば、それぞれのインスタに愛娘の通うスクールのクリスマス会の様子が投稿されてるのに、夫婦の写真どころか、互いの伴侶が写った写真も1枚もないね。怖い……。

記者H この日に限らず、夫婦のショットはずっと載せていませんね。2歳半の娘の存在が、かろうじて夫婦関係をつなげているという感じでしょうか?

デスクT どうせ離婚するっしょ。才賀の不倫相手とされるモデルの寿るいは、騒動以降、インスタグラムもTwitterも更新が止まってるね。あびると仲良しの和田アキ子にボコられたのかしら~。

キムタク&静香がV2! ノブコブ吉村の洗濯バサミプレイ、ユニクロが“森且行事件”のリベンジか……週末芸能ニュース雑話

■ノブコブ・吉村の洗濯バサミプレイ

記者H 発売中の「アサヒ芸能」(徳間書店)が、「平成ノブシコブシの吉村崇と共演グラドルが『変態SEX』で警察出動!」との記事を掲載しています。

デスクT マジ!? よく「SMでケガさせる奴はアマチュア」って聞くけど。吉村は、雑誌「新生ニャン2倶楽部」(マイウェイ出版)とか、ブログ「夏岡彰の羞恥日記」を読み込んで勉強したほうがいいよ!

記者H いや、それが記事を読んでみると、吉村の変態プレイと警察沙汰は直接関係がなく……。吉村のセフレだったグラドルが彼氏と口論になり、包丁を振り回したため、彼氏が警察に通報したという話のようです。

デスクT あ、そうなの? タイトルから早とちりしちゃったよ~。

記者H 記事によれば、吉村とグラドルはネット番組で共演し、セフレ関係に。吉村の寝室には“電マ”をはじめ大量の大人のオモチャがあるほか、プレイ中は常に女性の乳首を洗濯バサミで挟んでいたとか。また、挿入時には鏡で結合部を見ながらプレイするそうです。

デスクT 洗濯バサミは変態だね!

記者H ちなみに吉村は現在、AbemaTVのお色気番組『ピーチちゃんねる』でMCを務めており、「シリタガールズ」という水着のグラドルたちと共演しています。

デスクT へ~。そんなことより、高島礼子の元夫・高知東生が歌手デビューするんだって? ヒュー!

キムタク&静香がV2! ノブコブ吉村の洗濯バサミプレイ、ユニクロが森且行事件のリベンジか……週末芸能ニュース雑話の画像2

記者H 昨年9月に覚醒剤取締法違反(所持、使用)などの罪で懲役2年、執行猶予4年の判決を受けた高知ですが、19日付の東京スポーツによれば、高知の後見人だという俳優の岡崎二朗が、高知の歌手転向の経緯を証言。高知を「歌い手としても一流」とした上で、来年、岡崎のプロデュースで新曲を発売する予定だそうです。

デスクT 岡崎って、あのミライ所属か~。ミライって、ハロプロのタレントとか、有名人を起用した映画をよく作ってるイメージだけど、その映画って一般的にほとんど知られてないよね。不思議~☆

記者H その辺の事情はアレがアレなので、触れないでおきましょう。

デスクT はーい。それより、高知って「エスクラ」っていうエステ店、経営してなかったっけ? 開店したとき、浜崎あゆみや高橋克典が祝い花贈ってたやつ。

記者H 東スポによれば、今月いっぱいで閉店するそうです。

デスクT あら残念。シャブで有罪判決受けても、復帰した芸能人なんてたくさんいるんだから、高知も大丈夫! 頑張れ~。

■森且行ユニクロ事件のリベンジか

記者H 『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)の生中継中に、見知らぬ男が乱入するアクシデントがありました。

デスクT 見た見たー! 怖かったよー!

記者H 21日の放送では、サバンナの高橋茂雄とタレントの小島瑠璃子が、千葉県市川市のコッペパン専門店から生中継。すると、ブツブツとつぶやきながら男がフレームイン。「どうも、どうも」と言いながら高橋に抱きついたため、小島はスタッフに移動するよう促され、「ウソでしょ? ウソでしょ!? いやー、怖い、怖い」と走り去っていきました。

デスクT その後も男は小島を追いかけてきて、スタッフに制止されてたよ。いや~、何もなくてよかったね~。ほっこりニュースつながりだと、元SMAP退所組のファンクラブサイト「新しい地図」が、卓上カレンダーの在庫に悲鳴を上げてるよ~。

記者H 「新しい地図」のトップページに「たすけてー」との文字が。現在、「新しい地図」初のオフィシャルグッズとして“15万部限定”で「新しい地図・オリジナル2018 CHIZU CALENDAR」を販売中ですが、「どちゃくそ余ってるっず」「みんなに行き渡るようにと気を遣って買わないでくれてるNAKAMA様も結構いるらしくて泣けるっず!」(原文ママ)と在庫の山の写真を掲載しています。

デスクT “NAKAMA”こと有料ファンクラブ会員って、14万人超えてるんでしょ? 年会費は払うけど、カレンダーはイラネって人が多いのかな?

記者H ちなみに、このカレンダーでメンバーが着ている衣装にはユニクロの商品が何点も見つかっており、来年のユニクロのイメージキャラクターを務めるのではないかとの臆測も。

デスクT そういえば、ユニクロって2002年にジャニーズ事務所を退所して間もない森且行をCMに起用して、謎の圧力で急きょ放映中止になった事件、あったよね!

記者H ユニクロが退所組の3人を起用するとなると、森のときのリベンジということになりそうですね。

デスクT 圧力に負けないで~。

■木村拓哉&工藤静香夫婦がV2!

キムタク&静香がV2! ノブコブ吉村の洗濯バサミプレイ、ユニクロが森且行事件のリベンジか……週末芸能ニュース雑話の画像3

デスクT ねえねえ! 「週刊女性」(主婦と生活社)で、氷川きよしが「やっぱり、自分の子どもは見たいですね。犬と、子どもと、あったかい家庭で、素朴な食事をする。そんなあったかい時間が欲しいですね」って語ってるよ!

記者H はあ……。

デスクT でねでね、「縁も出会いもない」って言うから、インタビュアーがお見合いを勧めてるんだけど、「お見合いをする時間がないんですよね」だって。そんなに頑なに拒否しなくてもいいのにね!

記者H どうでもいいですよ! それより発売中の「週刊文春」(文藝春秋)が毎年恒例の「好きな・嫌いな夫婦ランキング」を発表しています。「嫌いな夫婦」では、2位の片岡愛之助&藤原紀香にポイントで約3倍の大差を付け、木村拓哉&工藤静香が首位に。昨年も1位でしたから、2連覇です。

デスクT すっげー嫌われてんじゃん! “SMAPの裏切り者”のイメージって、いつになったら拭えるわけ? 3位の石田純一&東尾理子も根強いね! 昨年は2位だったよ。

記者H ビジネス臭がして鼻につくんですかねえ? そういえば、離婚寸前とウワサの才賀紀左衛門&あびる優が入っていませんね。離婚しそうな夫婦はこれに当てはまらないということでしょうか?

デスクT 才賀&あびるといえば、それぞれのインスタに愛娘の通うスクールのクリスマス会の様子が投稿されてるのに、夫婦の写真どころか、互いの伴侶が写った写真も1枚もないね。怖い……。

記者H この日に限らず、夫婦のショットはずっと載せていませんね。2歳半の娘の存在が、かろうじて夫婦関係をつなげているという感じでしょうか?

デスクT どうせ離婚するっしょ。才賀の不倫相手とされるモデルの寿るいは、騒動以降、インスタグラムもTwitterも更新が止まってるね。あびると仲良しの和田アキ子にボコられたのかしら~。

高知東生が覚せい剤と一緒に大麻をやっていた理由 医療にも使われる植物の効果と危険性

yabetakeshi1.jpg
矢部武氏

 覚せい剤4gと大麻1.3gの所持と使用容疑で逮捕された高知東生被告の初公判が8月31日、東京地裁にて開かれる。所持量の多さと、同時に2種類を持っていたことにより、常習性が疑われている。なお、大麻については、7月の参議院選挙で新党改革から出馬した高樹沙耶氏が医療大麻解禁を公約に掲げていた。大麻とは覚せい剤同様に人を惑わす危険なものなのか、人を救う可能性を秘めた神様からの贈り物なのか。『大麻解禁の真実』(宝島社)の著者・矢部武氏に、大麻と覚せい剤の違い、また医療面での可能性を聞いた。

■覚せい剤と大麻の違い

――そもそも覚せい剤と大麻は、何が違うのでしょうか?

矢部武氏(以下、矢部) まず、覚せい剤はメタンフェタミンを主成分にした薬物であり、中枢神経を刺激し、神経伝達系のドーパミンの分泌を高めます。一言でいうと、元気になって24時間働き続けることができるんですね。ヘロイン、コカインと同様に耐性があり、常用すると効果が薄れてくるため、いつの間にか使用量が増え、過剰摂取で死に至る危険性もあります。1893年に日本人の薬学者・長井長義が合成に成功しており、長年、日本に蔓延しています。依存性が非常に高く、一度逮捕されても再犯率の高いことも特徴です。自分の力だけでは依存症から脱出するのは難しいのですが、日本には治療施設が少ないことも問題となっています。

 一方、大麻は植物です。葉と花の部分を乾燥させたマリファナ、葉や茎から採取した樹脂を固めたハシシの2種類があり、パイプなどで吸引します。気分がリラックスしてハイになり、多幸感があるのが特徴です。依存性は低く、カフェインと同程度。大量に摂取しても、死に至ることはありません。

――高知東生被告は、覚せい剤と大麻を所持・使用していました。興奮系の覚せい剤と、抑制する大麻を同時に使う理由とは、なんでしょうか?

矢部 高知被告がどれだけ理解していたかは疑問ですが、カリフォルニア大学バークレー校のアマンダ・レイマン博士は、大麻が覚せい剤依存症者の治療に役立つのではないかという研究を行っています。依存症者は薬が切れると「早くクスリを使え」という幻聴が現れるなど、脳の指令によって体が薬物を渇望するのですが、大麻を吸うと症状が落ち着き、幻聴がなくなるそうです。

 現在、研究は進行中なのですが、ハードドラッグ常習者が薬物を断ち切るために、一時的に依存性の低い大麻を使用することで回復できるのではないかと期待されています。高知容疑者がそれを知っていたかはわかりませんが、所持量から推察するに常習していたでしょうから、大麻の効果を体で知っていて、使い分けをしていたのかもしれません。

■暴走する危険ドラッグ

――相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた殺傷事件では、容疑者が大麻を所持していたという報道がありました。大麻と事件は関係があると思いますか?

矢部 一部には大麻使用と殺傷事件を関連づけた報道もありましたが、それは考えにくいですね。大麻を摂取すると暴力的な衝動は鈍くなり、ハイになって気持ちよく笑っている感じだと思います。もし犯行に関係があるとすれば、危険ドラッグなのではないでしょうか? 容疑者は、危険ドラッグも常用していたと報じられていました。危険ドラッグに含まれる合成カンナビノイドは大麻と似た成分ですが、ほかにさまざまな有害成分が混ざっているため、本物の大麻よりはるかに有害で危険です。意識障害、呼吸困難、痙攣などに襲われ、錯乱状態に陥り、多臓器不全で死に至るケースもあります。2014年の池袋暴走事件を起こした男も、これを使用していました。

■医療大麻は危険なのか?

――7月25日に亡くなった末期がん患者の山本正光さんは、治療のための大麻使用で逮捕され、公判で医療大麻の使用を認めるよう求めていました。また、今夏の参院選に新党改革から出馬した高樹沙耶氏は、医療大麻の解禁を公約に掲げていました。海外では医療大麻の使用を認める動きもあるようですが、医療大麻は、いわゆる嗜好品としての大麻とは、どのように違うのでしょうか?

矢部 本質的には同じものですが、用途が異なります。アメリカでは1996年にカリフォルニア州で医療大麻が合法化されました。現在25州、アメリカ全土の約半数が医療大麻を合法化しています。大麻には抗炎症・鎮痛作用があり、緑内障、リウマチ、多発性硬化症、てんかんの治療に用いられています。また現行の医薬品よりも副作用が少ないと判明しています。大麻を吸引することに抵抗がある高齢の方などは、クッキーやドリンクにして摂取しているようです。

――医療大麻が、それ以外の用途のために流出するという危険性はないのでしょうか?

矢部 全くないとは言い切れませんが、アメリカでは栽培者、販売者、使用者を登録制にして管理しています。さらに娯楽用大麻も4州が合法化、18州が非犯罪化しています。非犯罪化というのは、1オンス(約28g)以下の個人的な所持は交通違反程度の罰則で、逮捕・収監されることはありません。

――医療大麻に、副作用や毒性はないのでしょうか?

矢部 前述した通り、覚せい剤と比較すると、依存性、中毒性が軽微です。さらに、タバコのニコチンよりも、依存性がずっと低いんですね。注意すべきは、大麻を摂取すると軽い運動程度の心拍の上昇があるため、心臓に問題のある方は避けたほうがいいでしょう。またこれも研究段階ですが、未成年の脳には影響を与える可能性があるため、娯楽用を解禁しているアメリカのコロラド州でも21歳未満は使用を禁止しています。また動作が鈍くなるため、車の運転も避けたほうがいいでしょう。未成年禁止、服用時の運転も禁止というのは、アルコールに似ていますよね。娯楽用を解禁している州では、一定のルール内で使用すれば問題はないと考えられています。

■大麻は高齢化社会の希望?

――アメリカ以外で、医療用大麻を推進している国はありますか?

矢部 イスラエル政府が、医療用大麻の研究を支援しています。1960年代にヘブライ大学のラファエル・メコーラム教授(医療化学博士)が大麻から精神活性作用のあるTHC(テトラヒドロカンナビノール)を抽出し、同大学のルース・ガリリー名誉教授(免疫学博士)がCBD(カンナビジオール)に抗炎症性や抗不安作用があることを発見しました。

 現在は、THCの含有率が低くCBDが多い、医療向けの品種の改良が進んでいます。また、高齢者特有の関節炎、不眠、食欲不振、痙攣などに、現行の医療では何種類もの薬を大量に飲む必要がありますが、イスラエルの老人ホームで医療大麻を導入したところ、処方薬がほとんど必要なくなったそうです。超高齢化社会を迎える日本において、高齢者のQOL(生活の質)や医療コスト削減の面でも、参考になるケースです。

――アメリカでは今後、すべての州で医療大麻が導入される流れになるのでしょうか?

矢部 その方向で進んでいます。オバマ大統領も、この問題に対して前向きに取り組んでいます。医療大麻は連邦法では禁止されていますが、このまま合法化する州が増えていけば、連邦レベルの合法化もあり得ると思います。また、11月の選挙ではカリフォルニア州で娯楽用大麻の合法化案が住民投票にかけられますが、それが可決されると、医療用・娯楽用を含め、大麻解禁の流れが一気に進むでしょうね。

 日本においては、1996年にカリフォルニア州で医療大麻が合法化された直後に厚生労働省の担当者に取材した際は、連邦法が改正されたら日本でも検討することになるかもしれないとコメントしていたのですが、最近ではその可能性が出てきたためか、逆に慎重な姿勢を見せています。日本でも戦前は、大麻の使用は認められていたわけですし、まずは議論を深めていくことが、医療大麻導入の第一段階になるでしょう。
(松田美保)

高知東生が覚せい剤と一緒に大麻をやっていた理由 医療にも使われる植物の効果と危険性

yabetakeshi1.jpg
矢部武氏

 覚せい剤4gと大麻1.3gの所持と使用容疑で逮捕された高知東生被告の初公判が8月31日、東京地裁にて開かれる。所持量の多さと、同時に2種類を持っていたことにより、常習性が疑われている。なお、大麻については、7月の参議院選挙で新党改革から出馬した高樹沙耶氏が医療大麻解禁を公約に掲げていた。大麻とは覚せい剤同様に人を惑わす危険なものなのか、人を救う可能性を秘めた神様からの贈り物なのか。『大麻解禁の真実』(宝島社)の著者・矢部武氏に、大麻と覚せい剤の違い、また医療面での可能性を聞いた。

■覚せい剤と大麻の違い

――そもそも覚せい剤と大麻は、何が違うのでしょうか?

矢部武氏(以下、矢部) まず、覚せい剤はメタンフェタミンを主成分にした薬物であり、中枢神経を刺激し、神経伝達系のドーパミンの分泌を高めます。一言でいうと、元気になって24時間働き続けることができるんですね。ヘロイン、コカインと同様に耐性があり、常用すると効果が薄れてくるため、いつの間にか使用量が増え、過剰摂取で死に至る危険性もあります。1893年に日本人の薬学者・長井長義が合成に成功しており、長年、日本に蔓延しています。依存性が非常に高く、一度逮捕されても再犯率の高いことも特徴です。自分の力だけでは依存症から脱出するのは難しいのですが、日本には治療施設が少ないことも問題となっています。

 一方、大麻は植物です。葉と花の部分を乾燥させたマリファナ、葉や茎から採取した樹脂を固めたハシシの2種類があり、パイプなどで吸引します。気分がリラックスしてハイになり、多幸感があるのが特徴です。依存性は低く、カフェインと同程度。大量に摂取しても、死に至ることはありません。

――高知東生被告は、覚せい剤と大麻を所持・使用していました。興奮系の覚せい剤と、抑制する大麻を同時に使う理由とは、なんでしょうか?

矢部 高知被告がどれだけ理解していたかは疑問ですが、カリフォルニア大学バークレー校のアマンダ・レイマン博士は、大麻が覚せい剤依存症者の治療に役立つのではないかという研究を行っています。依存症者は薬が切れると「早くクスリを使え」という幻聴が現れるなど、脳の指令によって体が薬物を渇望するのですが、大麻を吸うと症状が落ち着き、幻聴がなくなるそうです。

 現在、研究は進行中なのですが、ハードドラッグ常習者が薬物を断ち切るために、一時的に依存性の低い大麻を使用することで回復できるのではないかと期待されています。高知容疑者がそれを知っていたかはわかりませんが、所持量から推察するに常習していたでしょうから、大麻の効果を体で知っていて、使い分けをしていたのかもしれません。

■暴走する危険ドラッグ

――相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた殺傷事件では、容疑者が大麻を所持していたという報道がありました。大麻と事件は関係があると思いますか?

矢部 一部には大麻使用と殺傷事件を関連づけた報道もありましたが、それは考えにくいですね。大麻を摂取すると暴力的な衝動は鈍くなり、ハイになって気持ちよく笑っている感じだと思います。もし犯行に関係があるとすれば、危険ドラッグなのではないでしょうか? 容疑者は、危険ドラッグも常用していたと報じられていました。危険ドラッグに含まれる合成カンナビノイドは大麻と似た成分ですが、ほかにさまざまな有害成分が混ざっているため、本物の大麻よりはるかに有害で危険です。意識障害、呼吸困難、痙攣などに襲われ、錯乱状態に陥り、多臓器不全で死に至るケースもあります。2014年の池袋暴走事件を起こした男も、これを使用していました。

■医療大麻は危険なのか?

――7月25日に亡くなった末期がん患者の山本正光さんは、治療のための大麻使用で逮捕され、公判で医療大麻の使用を認めるよう求めていました。また、今夏の参院選に新党改革から出馬した高樹沙耶氏は、医療大麻の解禁を公約に掲げていました。海外では医療大麻の使用を認める動きもあるようですが、医療大麻は、いわゆる嗜好品としての大麻とは、どのように違うのでしょうか?

矢部 本質的には同じものですが、用途が異なります。アメリカでは1996年にカリフォルニア州で医療大麻が合法化されました。現在25州、アメリカ全土の約半数が医療大麻を合法化しています。大麻には抗炎症・鎮痛作用があり、緑内障、リウマチ、多発性硬化症、てんかんの治療に用いられています。また現行の医薬品よりも副作用が少ないと判明しています。大麻を吸引することに抵抗がある高齢の方などは、クッキーやドリンクにして摂取しているようです。

――医療大麻が、それ以外の用途のために流出するという危険性はないのでしょうか?

矢部 全くないとは言い切れませんが、アメリカでは栽培者、販売者、使用者を登録制にして管理しています。さらに娯楽用大麻も4州が合法化、18州が非犯罪化しています。非犯罪化というのは、1オンス(約28g)以下の個人的な所持は交通違反程度の罰則で、逮捕・収監されることはありません。

――医療大麻に、副作用や毒性はないのでしょうか?

矢部 前述した通り、覚せい剤と比較すると、依存性、中毒性が軽微です。さらに、タバコのニコチンよりも、依存性がずっと低いんですね。注意すべきは、大麻を摂取すると軽い運動程度の心拍の上昇があるため、心臓に問題のある方は避けたほうがいいでしょう。またこれも研究段階ですが、未成年の脳には影響を与える可能性があるため、娯楽用を解禁しているアメリカのコロラド州でも21歳未満は使用を禁止しています。また動作が鈍くなるため、車の運転も避けたほうがいいでしょう。未成年禁止、服用時の運転も禁止というのは、アルコールに似ていますよね。娯楽用を解禁している州では、一定のルール内で使用すれば問題はないと考えられています。

■大麻は高齢化社会の希望?

――アメリカ以外で、医療用大麻を推進している国はありますか?

矢部 イスラエル政府が、医療用大麻の研究を支援しています。1960年代にヘブライ大学のラファエル・メコーラム教授(医療化学博士)が大麻から精神活性作用のあるTHC(テトラヒドロカンナビノール)を抽出し、同大学のルース・ガリリー名誉教授(免疫学博士)がCBD(カンナビジオール)に抗炎症性や抗不安作用があることを発見しました。

 現在は、THCの含有率が低くCBDが多い、医療向けの品種の改良が進んでいます。また、高齢者特有の関節炎、不眠、食欲不振、痙攣などに、現行の医療では何種類もの薬を大量に飲む必要がありますが、イスラエルの老人ホームで医療大麻を導入したところ、処方薬がほとんど必要なくなったそうです。超高齢化社会を迎える日本において、高齢者のQOL(生活の質)や医療コスト削減の面でも、参考になるケースです。

――アメリカでは今後、すべての州で医療大麻が導入される流れになるのでしょうか?

矢部 その方向で進んでいます。オバマ大統領も、この問題に対して前向きに取り組んでいます。医療大麻は連邦法では禁止されていますが、このまま合法化する州が増えていけば、連邦レベルの合法化もあり得ると思います。また、11月の選挙ではカリフォルニア州で娯楽用大麻の合法化案が住民投票にかけられますが、それが可決されると、医療用・娯楽用を含め、大麻解禁の流れが一気に進むでしょうね。

 日本においては、1996年にカリフォルニア州で医療大麻が合法化された直後に厚生労働省の担当者に取材した際は、連邦法が改正されたら日本でも検討することになるかもしれないとコメントしていたのですが、最近ではその可能性が出てきたためか、逆に慎重な姿勢を見せています。日本でも戦前は、大麻の使用は認められていたわけですし、まずは議論を深めていくことが、医療大麻導入の第一段階になるでしょう。
(松田美保)

“薬物疑惑”のアーティスト妻X! 「最近活動ナシ」「実は夫にも黒いウワサが……」

1608chusha.jpg
Photo by Luca Serazzi from Flickr

 覚せい剤事件を起こした高知東生が、高島礼子と離婚したことが発表された。今後裁判などにより、再び話題に上る日も近いだろうが、最近、ある芸能人夫婦の妻に、“薬物疑惑”が浮上しているという。

「覚せい剤など薬物中毒者は、性行為中に使用するケースが多いことから、配偶者がある場合は夫婦ともども疑惑の目が向けられることになります。高島も今回の件で事情聴取を受けているし、酒井法子も元夫とともに覚せい剤を使用していたことが明らかになっています」(スポーツ紙記者)

高島礼子と離婚した高知東生――薬物逮捕、愛人問題の果てに見せた“甘え”

高知東生インスタグラムより

 覚せい剤取締法違反(所持・使用)で逮捕起訴され、保釈金500万円を支払い保釈された元俳優・高知東生(51)。待っていたのは、妻で女優の高島礼子(52)との離婚だった。留置場から署名捺印した離婚届を6月中旬に高島に送りつけていたことも明らかになったが、これはあくまでもポーズだったのではないだろうか。高知被告には、離婚する意思はまったくないと感じられた。

 保釈されたときに、マスコミから「高島さんに一言」と声をかけられ、「早く会いたい」と答えた被告。私は思わず、自分の耳を疑った。離婚届を送っている妻に「会いたい」という意味がわからない。どの面を下げて会うつもりだったのか。離婚届を渡していても、高島は離婚しないという彼なりの甘えがあったのではないだろうか。

薬物疑惑の俳優A&女優Bが、秋ドラマで共演!? 前代未聞の事態に「関係者は戦々恐々」

1607chusha.jpg
Photo by Sarah from Flickr

 低視聴率を連発して“夏枯れ”といわれている夏の連続ドラマだが、業界では早くも10月クール作品の下馬評がささやかれだしている。しかし、注目株の1つといわれる作品に、なんと2人も“薬物中毒疑惑”の役者が出演するのだという。関係者の間でも「万一放送期間中に何かあったら……」と不安視されているというが――。

 “疑惑”を持たれているのは、それぞれ俳優Aと女優B。両者とも長年芸能活動を続けている一線級のタレントで、次期ドラマにも重要な役どころで出演するという。

薬物疑惑の『紅白』出場歌手Xとは? 「ホテルを極秘捜査」「別人のような容姿に」

1607kiyou.jpg
Photo by Bart Everson from Flickr

 覚せい剤取締法違反で逮捕された元俳優・高知東生は、芸能界を引退する昨年6月以前より麻薬取締官、通称“麻取”にマークされていたといわれる。警視庁の組織犯罪対策部と同様、厚生労働省に属する麻取も、日々薬物疑惑を持つタレントの動向に目を光らせているそうだ。そんな中、過去『NHK紅白歌合戦』にも出場経験がある超有名アーティスト・Xは、幾度となくこの捜査の網をかいくぐっているという。

 Xの活動歴は20年を超え、自身の楽曲だけでなく、さまざまなプロデュース作品で多数のヒットを飛ばしている。また、その独特なキャラクターや知名度から、音楽番組だけでなくバラエティで姿を見る機会も。そんな幅広い世代から支持を得ているXだが、不穏なウワサは数年ほど前からささやかれるようになった。

高知東生、清原和博、ASKA……“シャブセックス”に溺れた男性タレントの共通点

takachinoboruhat.jpg
高知東生インスタグラムより

 またまた芸能人が覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕された。元俳優の高知東生容疑者(51)が、元レースクイーンの五十川敦子容疑者(33)とラブホテルのベッドで、裸で寝ていたところを、捜査員に踏み込まれた。

 高知容疑者は、妻で女優・高島礼子(51)の父親の介護を理由に、芸能界を昨年6月に引退。美談として伝えられていたが、高知容疑者のTwitterを見ると、介護というよりもゴルフと旅行三昧の日々。愛人の存在と覚せい剤使用が発覚したとあって、高島は夫に、筆舌に尽くしがたい苦しみを味わわされたわけだ。

酒井法子、怒号飛び交う“ド修羅場会見”! 高知東生逮捕で「取材が強制終了」に!?

sakainoriko01.jpg
どうかしてるとしか思えない大抜てき

 2009年に覚せい剤取締法違反で有罪判決を受けた酒井法子が、化粧品メーカー「エックスワン」の新スキンケアシリーズ「ORIGAMI」のイメージキャラクターに就任し、6月28日に都内で行われた発表会に出席した。一時は介護を学ぶとしていた酒井だが、12年に芸能界に復帰。テレビ出演はいまだ厳しい状況ではあるものの、今回、復帰後初めての商品イメージキャラクターの仕事が舞い込んだ。

「芸能界の薬物汚染が話題の昨今、なぜわざわざ酒井をイメージキャラクターに? と疑問を持つ人は多いと思いますが、この新商品は日本で作られたプラセンタ原液などが通常の半額以下の価格で買えることがウリで、最初から中国を中心とした“爆買い”目的のアジア旅行客がターゲット。ネット通販のほかはLaoxなど、大型免税店でのみ販売される商品なんです。そのため、アジア圏での知名度が高い酒井が選ばれたようですね。また『エックスワン』は、ネット通販では『アムウェイ』に似たスタイルを取っており、マルチまがいの商法で知られる会社。ほかのタレントなら引き受けにくい仕事ですが、酒井なら……ということでしょうか」(芸能ライター)