「ミスマガジン」復活で、乃木坂46人気メンの“黒歴史”が明らかに?

 講談社が行っていたグラビアコンテストの「ミスマガジン」が、7年ぶりに復活することになった。これが、乃木坂46の人気メンバーに微妙な影響を及ぼしそうだ。

「ミスマガジン」は、もともと「週刊少年マガジン」(講談社)内の企画としてスタートし、その後、「週刊ヤングマガジン」(同)も連動する形のコンテストに発展。斉藤由貴、細川ふみえ、安田美沙子、中川翔子、北乃きい、倉科カナ、桜庭ななみ、新川優愛など、そうそうたるメンバーを輩出したが、2011年を最後に休止し、講談社は新たに「ミスiD」という女性アイドルオーディションを立ち上げた。出版関係者が語る。

「すでに6年続いている『ミスiD』ですが、このコンテスト経由で売れた子はほぼ皆無です。エントリーしている子の中には、AV女優やユーチューバー、シングルマザーなども含まれており、今年度の『ぼっちが、世界を変える。』というキャッチフレーズや審査員の顔ぶれを見ても、いかにもサブカル臭が強すぎます。関係者の間では、『講談社がミスマガジンをやめて、これ(ミスiD)をやる意味がわからない』と、よく言われていました」

 しかし講談社は先日、「ミスマガジン」を7年ぶりに復活させることを発表した。これによって過去の“黒歴史”が表に出てきそうなのが、乃木坂46の衛藤美彩だ。アイドル情報に詳しい週刊誌記者が語る。

「あまり知られていませんが、ミスマガジンの最後のグランプリは、現・乃木坂の衛藤美彩です。衛藤はグランプリ獲得直後に乃木坂に合格し、グループに加入しました。乃木坂といえば、長らくグラビアには消極的で、最近になってようやく水着が解禁になってきましたが、衛藤はミスマガジン時代にバンバン水着を披露しており、中にはかなり露出度の高いものもあります。今回ミスマガジンが復活すれば、“歴代グランプリ受賞者”として注目が集まり、以前のエグいグラビアが掘り返される可能性はあるでしょう」

 一般的に、売れっ子になった女性タレントは、過去のグラビア歴を隠したがるものだが、衛藤もこの類いなのか?

「衛藤がミスマガジンだったことはNG案件ではなく、本人もたびたびそのことについて話しています。乃木坂では、『ミスマガジン』という冠がありながら、なかなか選抜メンバーに選ばれませんでしたが、握手会の対応の良さでジワジワとポジションを上げ、今やグループ内でもトップクラスの人気を誇っています。昨年出した写真集も10万部以上売り上げていますので、過去のグラビアも、今や勲章なんじゃないですか?」(同)

 今年のレコード大賞は確定的ともいわれる乃木坂。飛ぶ鳥を落とす勢いの彼女たちだが、中には苦労人もいるようだ。

「ミスマガジン」復活で、乃木坂46人気メンの“黒歴史”が明らかに?

 講談社が行っていたグラビアコンテストの「ミスマガジン」が、7年ぶりに復活することになった。これが、乃木坂46の人気メンバーに微妙な影響を及ぼしそうだ。

「ミスマガジン」は、もともと「週刊少年マガジン」(講談社)内の企画としてスタートし、その後、「週刊ヤングマガジン」(同)も連動する形のコンテストに発展。斉藤由貴、細川ふみえ、安田美沙子、中川翔子、北乃きい、倉科カナ、桜庭ななみ、新川優愛など、そうそうたるメンバーを輩出したが、2011年を最後に休止し、講談社は新たに「ミスiD」という女性アイドルオーディションを立ち上げた。出版関係者が語る。

「すでに6年続いている『ミスiD』ですが、このコンテスト経由で売れた子はほぼ皆無です。エントリーしている子の中には、AV女優やユーチューバー、シングルマザーなども含まれており、今年度の『ぼっちが、世界を変える。』というキャッチフレーズや審査員の顔ぶれを見ても、いかにもサブカル臭が強すぎます。関係者の間では、『講談社がミスマガジンをやめて、これ(ミスiD)をやる意味がわからない』と、よく言われていました」

 しかし講談社は先日、「ミスマガジン」を7年ぶりに復活させることを発表した。これによって過去の“黒歴史”が表に出てきそうなのが、乃木坂46の衛藤美彩だ。アイドル情報に詳しい週刊誌記者が語る。

「あまり知られていませんが、ミスマガジンの最後のグランプリは、現・乃木坂の衛藤美彩です。衛藤はグランプリ獲得直後に乃木坂に合格し、グループに加入しました。乃木坂といえば、長らくグラビアには消極的で、最近になってようやく水着が解禁になってきましたが、衛藤はミスマガジン時代にバンバン水着を披露しており、中にはかなり露出度の高いものもあります。今回ミスマガジンが復活すれば、“歴代グランプリ受賞者”として注目が集まり、以前のエグいグラビアが掘り返される可能性はあるでしょう」

 一般的に、売れっ子になった女性タレントは、過去のグラビア歴を隠したがるものだが、衛藤もこの類いなのか?

「衛藤がミスマガジンだったことはNG案件ではなく、本人もたびたびそのことについて話しています。乃木坂では、『ミスマガジン』という冠がありながら、なかなか選抜メンバーに選ばれませんでしたが、握手会の対応の良さでジワジワとポジションを上げ、今やグループ内でもトップクラスの人気を誇っています。昨年出した写真集も10万部以上売り上げていますので、過去のグラビアも、今や勲章なんじゃないですか?」(同)

 今年のレコード大賞は確定的ともいわれる乃木坂。飛ぶ鳥を落とす勢いの彼女たちだが、中には苦労人もいるようだ。

村上春樹、鼻息荒く100万部発行も、新刊『多崎つくる』は在庫の山だった!?

murakamiharuki_book.jpg
『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』/文藝春秋

 前作より4年ぶりの書き下ろし長編として、今年4月に発行された村上春樹著『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(文藝春秋)。オリコン調べでは、2013年上半期でNo.1の売り上げと発表されているが、版元関係者からはため息しか聞こえてこないという。

 村上氏といえば、毎回新作長編が異例の売り上げを記録するで有名だ。前作の『1Q84』(新潮社)は全3冊の総売上が400万部以上、1987年の大ベストセラー『ノルウェイの森』(講談社)は2010年の映画公開時点で、1,000万部を超えたと伝えられている。

柏木由紀も撮られた! 「文春」がAKB48スキャンダルを連発できる理由

kashiwagiyuki_mini.jpg
次の獲物は誰だ!?(撮影:後藤秀二)

 峯岸みなみのお泊まり報道に続き、6日発売号の「週刊文春」(文藝春秋)は、2週に続けてAKB48関連のスキャンダルを報じた。最新号では、メンバーの柏木由紀が、ルールで禁止されているはずの合コンに参加していたという。男性陣はセレッソ大阪の扇原貴宏らJリーガー、女性は柏木のほかに峯岸、さらにAV女優の明日花キララが参加していたという。

「『文春』は今週、何としてもAKB48のネタを出したかったはずです。峯岸はお泊まり騒動の責任を取る形で自ら丸坊主になったわけですが、これに対して火付け役である『文春』がまったく触れないわけにはいかない。しかし何のネタもなく記事にするのも苦しいため、峯岸のお泊まりの1週間前に行われた合コンネタを持ってきて、さらにAKB48批判の姿勢を示したというところでしょう」(週刊誌記者)

映画『進撃の巨人』が頓挫寸前!? 監督だけでなくキャストも降板

singekinokyozin_movie.JPG
映画『進撃の巨人』公式サイトより

 累計発行部数1,000万部突破、第35回講談社漫画賞など、さまざまな賞を獲得し、現在最も勢いがあるといわれる漫画『進撃の巨人』(講談社)。「別冊少年マガジン」の看板作で、実写映画化とアニメ化も決定していた。ところが映画化をめぐっては、想定の範囲外のトラブルが発生しているようだ。

 同作の映画化が正式発表されたのは、2011年の年末だった。当時は、内容やキャストなどに関しては明かされず、「公開は2013年を予定」「メガホンを取るのは中島哲也監督」「中島監督と原作者・諫山創が、1年ほど綿密に打ち合わせを続けている」といったことが伝えられた。また配給の東宝は、「日本映画界最大規模の制作費で、原作の世界観を忠実に再現する」というコメントを発表。すでに同時期からエキストラの募集が行われていたことから、すでにクランクインもしていたとみられている。

戸田恵梨香&綾野剛目撃談多数! 交際継続の理由は“格差逆転”?

todaerika01.jpg
お父さん、娘さんまだ付き合ってるみ
たいよ

 2010年に交際が発覚した戸田恵梨香と綾野剛の人気カップル。昨年には、破局説も浮上していたが、どうやら2人の交際は現在でも順調に続いているようだ。

 戸田は08年12月に関ジャニ∞・村上信五との交際が週刊誌の報道で発覚。アツアツぶりを目撃されていたが、10年7月には破局を迎えていたことが報じられ、同時に新恋人・綾野剛の存在が明らかとなった。

 綾野はモデル・バンド活動を経た後、03年に『仮面ライダー555』(テレビ朝日系)で俳優デビュー。戸田とは、綾野が出演した09年公開の映画『クローズZERO II』で共演した山田孝之の紹介で知り合ったといわれている。

TBS・田中みな実、目指す先は夏目三久? 表参道デートは独立への布石か

tanakaminami.jpg
田中みな実ブログより

 TBSアナウンサー・田中みな実とオリエンタルラジオ・藤森慎吾の表参道デートが、週刊誌「フライデー」(講談社)に掲載された。昨年11月、同誌のスクープで熱愛が発覚した2人。しかしその後、「週刊文春」(文藝春秋)で「藤森がモデルの女性を妊娠させ、中絶費用を払った事実をもみ消すために田中との熱愛をバーターで撮らせた」という報道が出ると事態は一転。破局報道まで飛び出した。今回も交際を報じた「フライデー」でのデート報道とあり、ヤラセ説も飛び交っているが、実際のところ撮影は偶然だったようだ。

「張り込み班のデスクもモバイル版のコラムで書いていましたが、あのデート写真は同誌の張り込みグループが繁華街パトロールをしていた時に、偶然撮れたもののようです。交際順調をアピールするヤラセなら、ヤラセ説の出た雑誌に撮らすほど、2人もバカじゃないでしょう(笑)」(スポーツ紙記者)

トリンドル玲奈が巻き添え被害! 「ヤングマガジン」発売延期で波紋広がる

『コトリんどる。』(講談社)

 AKB48・河西智美の“手ブラヌード”問題で、講談社発行の「ヤングマガジン」が発売延期となる。今月12日に発売予定だった1月29日号の告知記事に、河西の手ブラ写真が掲載される予定だったのだが、批判の声が相次いで寄せられたことから、講談社は「社会通念上、読者に不愉快な感情を抱かせると判断した」として、発売延期を発表したのだ。

 河西初の写真集『とものこと、好き?』(同)は、JRAの競馬予想企画『AKBのガチ馬』優勝商品として出版が決定したもの。そして同写真集の表紙となった写真は、上半身裸の河西のバストトップを男児が手で隠すという内容だったが、宣伝記事が各メディアに掲載された10日の時点で、ネット上には「児童虐待にあたるのでは」といった批判が殺到。同写真を掲載した各メディアに対しても、クレームが寄せられていたという。