“モラハラ疑惑”太川陽介の「僕のスタッフでやってあげる」発言に戦慄! 「もはや隷属!?」

 昨年末に不倫報道があった女優の藤吉久美子の夫で俳優の太川陽介が3日、自身の出演舞台の初日公演後に記者会見を行った。

 太川は、正月に家族3人で京都の太川の実家に帰省したことを明かし、「彼女(藤吉)は『本当に守ってくれる人がいると初めて気づいた。とても安らいでいる』って(言っていた)」「昨年はいろいろありましたが、心新たに、楽しく」と円満を強調。昨年12月の藤吉の会見後には家族3人でホテルで過ごしたといい、「息子と2人で『大丈夫だよ』と話しました。男2人で守っている感じでした」と満面の笑みで語った。

 さらに、不倫相手として報じられた男性がスタッフを務めていた藤吉のライブ活動については、「本当に彼女は歌が好き。歌わせてあげたい」と語り、「次にライブをやるときは、僕がオーディションして、通れば僕のスタッフでやってあげる」と後押しすることを示唆した。

 不倫報道後の会見では、開口一番、藤吉のことを「うちのバカもん」呼ばわりし、藤吉が熱中していた歌手活動には「お金を払って(客に)来てもらうような歌じゃないんだから」と否定的だった太川。しかし、今回は“印象が悪い”と思ったのか、発言を一転させていた。

 これに、ネット上では「年始早々に円満アピールする用意周到さが怖い」「あの会見から怖い」「狂気を感じる」と太川に怯える声が殺到。中には、「典型的な洗脳型夫婦」「もはや隷属」などと藤吉に同情する見方も……。

「太川は、自身に“妻に不倫された夫”というイメージが付くのが許せないのでしょう。テレビのワイドショーやスポーツ紙は、やたらと“漢気会見”“神対応の良き夫”などと持ち上げていますが、言葉の端々に“夫主導主義”が見え隠れし、どうしても目の奥が笑っているように見えない。『僕のスタッフでやってあげる』発言も、『俺の監視下でなら』という条件を突きつけているようで恐怖を感じます」(女性の芸能記者)

 不倫報道後の会見では、ハイテンションで「ルイルイ」ポーズをして見せた太川と、号泣しながら男女関係を否定した藤吉の対比が話題に。『スッキリ』(日本テレビ系)では、MCの極楽とんぼ・加藤浩次が「許すって言ってる旦那さんの記者会見見た後に、あの涙はダメよ」と藤吉に苦言を呈したほか、『とくダネ!』(フジテレビ系)では、小倉智昭キャスターが太川を「立派だ」と絶賛した。

 一方、女性の印象は異なる模様。随筆家でタレントの室井佑月は連載コラムの中で、太川が藤吉のライブ活動を「小バカにしている」と綴り、藤吉を「あの子」と呼ぶ点についても「引っかかる」と指摘。情報番組に出演した女優の遠野なぎこは、太川の会見を「心底ゾッとしましたね。不気味」「おかしい」「ちょっとモラハラ臭が……」と述べ、西川史子も別の番組で「太川さんの会見がすごく怖い」「妻を守るというよりも、自分の体裁を守るための会見」と語っていた。

「ネット上の声を見ても、男性と女性で太川への印象はかなり異なることがわかる。藤吉は以前、バラエティ番組で『夫へのタメ口厳禁』『食事の主導権は夫』『妻の就寝時間まで夫が指示』など、太川の亭主関白ぶりを暴露。そのため、藤吉の号泣会見も“太川に怯えている”と捉えればしっくりくる。今後、太川がハイテンションで“良き夫”を演じれば演じるほど、世の女性を怖がらせる結果となりそう」(同)

 いまだ“モラハラ疑惑”がくすぶっている太川。わざとらしい円満アピールが今後、命取りとなりそうだ。

“モラハラ疑惑”太川陽介の「僕のスタッフでやってあげる」発言に戦慄! 「もはや隷属!?」

 昨年末に不倫報道があった女優の藤吉久美子の夫で俳優の太川陽介が3日、自身の出演舞台の初日公演後に記者会見を行った。

 太川は、正月に家族3人で京都の太川の実家に帰省したことを明かし、「彼女(藤吉)は『本当に守ってくれる人がいると初めて気づいた。とても安らいでいる』って(言っていた)」「昨年はいろいろありましたが、心新たに、楽しく」と円満を強調。昨年12月の藤吉の会見後には家族3人でホテルで過ごしたといい、「息子と2人で『大丈夫だよ』と話しました。男2人で守っている感じでした」と満面の笑みで語った。

 さらに、不倫相手として報じられた男性がスタッフを務めていた藤吉のライブ活動については、「本当に彼女は歌が好き。歌わせてあげたい」と語り、「次にライブをやるときは、僕がオーディションして、通れば僕のスタッフでやってあげる」と後押しすることを示唆した。

 不倫報道後の会見では、開口一番、藤吉のことを「うちのバカもん」呼ばわりし、藤吉が熱中していた歌手活動には「お金を払って(客に)来てもらうような歌じゃないんだから」と否定的だった太川。しかし、今回は“印象が悪い”と思ったのか、発言を一転させていた。

 これに、ネット上では「年始早々に円満アピールする用意周到さが怖い」「あの会見から怖い」「狂気を感じる」と太川に怯える声が殺到。中には、「典型的な洗脳型夫婦」「もはや隷属」などと藤吉に同情する見方も……。

「太川は、自身に“妻に不倫された夫”というイメージが付くのが許せないのでしょう。テレビのワイドショーやスポーツ紙は、やたらと“漢気会見”“神対応の良き夫”などと持ち上げていますが、言葉の端々に“夫主導主義”が見え隠れし、どうしても目の奥が笑っているように見えない。『僕のスタッフでやってあげる』発言も、『俺の監視下でなら』という条件を突きつけているようで恐怖を感じます」(女性の芸能記者)

 不倫報道後の会見では、ハイテンションで「ルイルイ」ポーズをして見せた太川と、号泣しながら男女関係を否定した藤吉の対比が話題に。『スッキリ』(日本テレビ系)では、MCの極楽とんぼ・加藤浩次が「許すって言ってる旦那さんの記者会見見た後に、あの涙はダメよ」と藤吉に苦言を呈したほか、『とくダネ!』(フジテレビ系)では、小倉智昭キャスターが太川を「立派だ」と絶賛した。

 一方、女性の印象は異なる模様。随筆家でタレントの室井佑月は連載コラムの中で、太川が藤吉のライブ活動を「小バカにしている」と綴り、藤吉を「あの子」と呼ぶ点についても「引っかかる」と指摘。情報番組に出演した女優の遠野なぎこは、太川の会見を「心底ゾッとしましたね。不気味」「おかしい」「ちょっとモラハラ臭が……」と述べ、西川史子も別の番組で「太川さんの会見がすごく怖い」「妻を守るというよりも、自分の体裁を守るための会見」と語っていた。

「ネット上の声を見ても、男性と女性で太川への印象はかなり異なることがわかる。藤吉は以前、バラエティ番組で『夫へのタメ口厳禁』『食事の主導権は夫』『妻の就寝時間まで夫が指示』など、太川の亭主関白ぶりを暴露。そのため、藤吉の号泣会見も“太川に怯えている”と捉えればしっくりくる。今後、太川がハイテンションで“良き夫”を演じれば演じるほど、世の女性を怖がらせる結果となりそう」(同)

 いまだ“モラハラ疑惑”がくすぶっている太川。わざとらしい円満アピールが今後、命取りとなりそうだ。

“路線バス不倫”で、すべての計画が消し飛んだ! 藤吉久美子が見せた涙の「もうひとつの意味」とは……

 すべての計画が頓挫した……。

「週刊文春」(文藝春秋)で大阪・ABC朝日放送の50代既婚プロデューサーとの不倫疑惑が報じられた女優の藤吉久美子が、ショックのあまり当面の間、活動を見合わせることがわかった。

 藤吉は、旅番組などで活躍する俳優・太川陽介の妻。文春では夫が仕事で不在の間に、男性と逢瀬を繰り返していたと報じられた。

 これを受け、太川は14日、妻より先に所属事務所で記者会見を開催。「うちのバカモンがお騒がせして申し訳ありません」と頭を下げるも、その後は夫婦の絆を強調。男性との肉体関係を否定した藤吉について「彼女のことを信じます。妻ですから。私が守ります!」とキッパリ言い切った。

 対照的に、その数時間後に行われた藤吉の会見は、涙、涙で言葉にならず。男性との“関係”を清算し、夫と高校生の息子と3人で再びやり直すことを誓ったが……。

「彼女の涙は、家族に対して申し訳ない気持ちのほかに、いままで積み重ねてきたモノがすべて消し飛んだ無念の涙でもあります」

 そう語るのは、藤吉を知る人物。藤吉は女優業のほかに、ここ数年は歌手活動を行ってきた。会見で太川が「正直、うまくもなんともないんだけど、やりたいならやれという感じ。僕はそのこと(歌手活動)にはノータッチ」と話した通り、藤吉はくだんの男性のサポートを受け、コンサートなども行ってきた。

「会場も本格的なコンサートホールで、趣味の領域を超えている。藤吉さんは大真面目に、女優から歌手に転身しようとしていた」(同)という。

 また不倫疑惑と同時に発覚したのが、独立問題。藤吉が所属する「劇団青年座」を退社し、男性と個人事務所立ち上げの準備を進めていると報じられた。

 しかし、それらは一連の報道でご破算に……。スポーツ紙記者は「結局、来年以降も、彼女は『青年座』に所属することになったそうです。歌手活動も男性との不倫疑惑が判明した以上、以前のようにはいかないでしょう。これまでノータッチだった太川さんも介入してくる。藤吉さんの思い描いていた、男性と独立、歌手転身という夢は、見事に打ち砕かれてしまった」と話す。

 そればかりか、今回の騒動を経て、亭主関白で知られる太川の要求は増すばかり。女優業は継続する見込みだが、それ以外は、子どもの世話や家事に忙殺される日々を送ることになりそうだ。

“路線バス不倫”で、すべての計画が消し飛んだ! 藤吉久美子が見せた涙の「もうひとつの意味」とは……

 すべての計画が頓挫した……。

「週刊文春」(文藝春秋)で大阪・ABC朝日放送の50代既婚プロデューサーとの不倫疑惑が報じられた女優の藤吉久美子が、ショックのあまり当面の間、活動を見合わせることがわかった。

 藤吉は、旅番組などで活躍する俳優・太川陽介の妻。文春では夫が仕事で不在の間に、男性と逢瀬を繰り返していたと報じられた。

 これを受け、太川は14日、妻より先に所属事務所で記者会見を開催。「うちのバカモンがお騒がせして申し訳ありません」と頭を下げるも、その後は夫婦の絆を強調。男性との肉体関係を否定した藤吉について「彼女のことを信じます。妻ですから。私が守ります!」とキッパリ言い切った。

 対照的に、その数時間後に行われた藤吉の会見は、涙、涙で言葉にならず。男性との“関係”を清算し、夫と高校生の息子と3人で再びやり直すことを誓ったが……。

「彼女の涙は、家族に対して申し訳ない気持ちのほかに、いままで積み重ねてきたモノがすべて消し飛んだ無念の涙でもあります」

 そう語るのは、藤吉を知る人物。藤吉は女優業のほかに、ここ数年は歌手活動を行ってきた。会見で太川が「正直、うまくもなんともないんだけど、やりたいならやれという感じ。僕はそのこと(歌手活動)にはノータッチ」と話した通り、藤吉はくだんの男性のサポートを受け、コンサートなども行ってきた。

「会場も本格的なコンサートホールで、趣味の領域を超えている。藤吉さんは大真面目に、女優から歌手に転身しようとしていた」(同)という。

 また不倫疑惑と同時に発覚したのが、独立問題。藤吉が所属する「劇団青年座」を退社し、男性と個人事務所立ち上げの準備を進めていると報じられた。

 しかし、それらは一連の報道でご破算に……。スポーツ紙記者は「結局、来年以降も、彼女は『青年座』に所属することになったそうです。歌手活動も男性との不倫疑惑が判明した以上、以前のようにはいかないでしょう。これまでノータッチだった太川さんも介入してくる。藤吉さんの思い描いていた、男性と独立、歌手転身という夢は、見事に打ち砕かれてしまった」と話す。

 そればかりか、今回の騒動を経て、亭主関白で知られる太川の要求は増すばかり。女優業は継続する見込みだが、それ以外は、子どもの世話や家事に忙殺される日々を送ることになりそうだ。

藤吉久美子が語った太川陽介との“なれそめ”が恐怖すぎる!「ほとんどセクハラ……」

 女優の藤吉久美子の不倫疑惑報道を受けて、夫で俳優の太川陽介が会見。「(藤吉を)信じる」「離婚はしない。僕が守る」と男気を見せたことに一部では称賛の声も上がったが、タレントの西川史子の見方は真逆だったようだ。

「過去の番組で太川は『(妻が)俺のことを呼び捨てにしたらビンタ』『敬語で話すように』といった独特な夫婦の掟を語るなど、亭主関白であることを隠していませんでした。17日の『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、西川はそんな太川について『世の中に“寝取られ男”だと思われることはみっともないし、すごく怒り狂ってるはず。その気持ちを抑えて寛容な夫を完璧に演じたというのは、妻を守るというよりも、自分の体裁を守るための会見だったのかな』と指摘しています」(芸能ライター)

 にわかに太川の“裏の顔”に注目が集まっているが、藤吉が「週刊アサヒ芸能」(徳間書店)2016年12月29日号で、テリー伊藤の対談連載にゲスト出演した際に語った太川とのなれそめエピソードは、さらに2人の“闇”を増幅させる中身だと話題を呼んでいるという。出版関係者が解説する。

「2人の出会いはドラマの共演がきっかけとされていますが、撮影での絡みは1シーンしかなく、面識はないに等しかった。にもかかわらず、撮影後、たまたま2人ともマネジャーがいない状態で同じ新幹線で帰京することに。藤吉に夜の予定がないことを確認した太川は、やにわに『おいしいお店を予約したから、一緒に行こう』と言ってきた。そして続けざまに『今日も明日も明後日も、2人の時間の許す限り一緒にいようね』と熱烈なアプローチ。藤吉は困惑して『私は遊びで付き合う女じゃありませんから』と断ったものの、太川は『僕がそんな不真面目な男だと思うのか!』と藤吉を怒ったとか」

 時代が違うとはいえ、ひとつ間違えばセクハラとして訴えられてもおかしくないエピソード。さほど親しくない男性に理不尽なことで責められれば、女性側が“恐怖”を感じても不自然ではないシチュエーションに思える。結局、「高校生みたいなストレートな言葉」に藤吉がグッときて交際がスタートし、現在に至ったそうだが、西川も太川から漂う“キナ臭さ”を感じ取ったのかもしれない。

藤吉久美子と不倫疑惑のABCプロデューサーは「ただでは済まない」!? 夫・太川陽介の“復讐”とは……

 女優・藤吉久美子の不倫報道は、本人が苦しい釈明で一応の否定をし、夫でタレントの太川陽介が「妻を信じる」と笑顔でかばったことから一件落着の様相だが、不倫相手とされる大阪・朝日放送(ABC)の50代男性プロデューサーをめぐっては“穏やかではない”話が漏れ聞こえる。

「付き合いのある女性タレントとこんな問題を起こして、ただでは済まない。番組制作から遠ざけるため、異動は間違いないとみていい。局としても、黙って何もしないわけにはいかないだろう」

 こう話すのは、ABCのベテラン局員。問題のプロデューサーは同局制作のドラマを多数担当したF氏とされ、過去の仕事をチェックすると、確かに藤吉の出演が多数ある。2人の“共同作業”は3年ほど前から見受けられるため、不倫関係が数年にわたっていた可能性すらあるのだが、いずれにせよプロデューサーが女優と不倫したことについては「仕事上の立場を利用したもの」という局側の責任を問う見方もある。そのため“おとがめナシ”では済まされない空気なのだ。

 関係者によると、問題のF氏は「物腰が柔らかく、女優の愚痴を聞くのがうまいタイプ」だという。

「藤吉さんは、3番手、4番手で主役の脇を固める役どころが多い。そういうタイプは、主役のキャスティングによってはストレスがたまり、プロデューサーに、ほかでは言えない愚痴を聞いてもらうこともあるだろう。そういう意味では、Fさんはかなりの聞き上手。バレンタインデーには毎年、付き合いのある女優たちからチョコレートを大量にもらうという話もある」(同)

 藤吉といえば、夫の田川が“ドS”とウワサされるぐらい亭主関白な人で知られる。F氏がその真逆の優しいオジサマであるのなら、それが快感になったとしても不思議ではない。何しろ藤吉いわく、ホテルの密室でマッサージしてもらえる仲なのである。

「でも、そういうのをキッチリ線引きするのがプロの仕事のはず。Fさんはそこで一線を越えてしまったわけだから、厳しい処分も受けるべき」と前出局員。

 ただ、そんな厳しい空気を読んだのだろうか、ABC出身で同世代のフリーアナウンサー・宮根誠司は、キャスターを務める日本テレビ系『情報ライブ ミヤネ屋』で全面的に当事者の2人を擁護していた。明らかに苦しい弁明の藤吉について「天然で真正直だから、本当のことを言ってるんじゃないかな。ウソをつけるような人ではない」と言い、プロデューサーについても「59歳で、定年後にプロデュース業をしたくて藤吉さんと会ってたんじゃないかな」と、かなり世間とズレた同情的な解釈。

「宮根さんはABCで朝番組をやっていた時代、ずば抜けて要領がよくて、出世しそうな人を選んで付き合いを深めていた人だから、もしかすると畑違いのFさんとも、そういうつながりがあったかもしれないね」(前出局員)

 もっとも『ミヤネ屋』の場合は昨年、太川夫妻を取り上げ、夫の亭主関白ぶりを特集にしていたこともあり、その兼ね合いで甘くせざるを得ないのかもしれない。番組では家庭内では藤吉が敬語を強いられ、食事の内容や寝る時間までも太川に決められていることや、一方で一切の家事や息子の教育を太川が行っているため、藤吉がデキすぎた夫に従うしかないという話だった。

「でも、あの太川さんが、本当に妻の浮気を全部許したとは思えない。怖いのはこれからでしょ。会見で上手に騒動をまとめてしまったわけだから、その“落とし前”は局の方に突き付けられるはず。ドSの太川さんの怒りの矛先がFさんに向かう前に、局としてはなんらかの厳しい処分をしておかないといけなくなるし、少なくともFさんは、ドラマのキャスティングなんてことは、もう絶対に任せてもらえないのでは?」(同)

 テレビマンの間では、藤吉とF氏が離婚覚悟で不倫しながら、太川の笑顔会見でそれを阻まれたのではないか、という無責任なウワサもささやかれるが、そうでなくとも太川のイメージアップだけが印象強く残っており、不倫相手F氏は針のムシロ状態だ。局員は「太川の穏やかな対応が、ある意味、F氏にとってはすごい復讐になっているのかも」と話している。
(文=片岡亮/NEWSIDER Tokyo)

藤吉久美子の親密交際は“枕営業”!? 号泣釈明会見に加藤浩次が苦言「あんな涙流しちゃダメ!」

 テレビ局員との不倫疑惑が報じられた女優・藤吉久美子(56)の“号泣釈明会見”に対し、違和感を訴える声が相次いでいる。

 1995年にタレントの太川陽介と入籍、2001年に長男をもうけた藤吉。おしどり夫婦として知られ、旅番組などでの夫婦共演も多い。そんな中、14日発売の「週刊文春」(文藝春秋)は、ABC朝日放送のゼネラルプロデューサー・A氏(50代後半)との親密交際をキャッチ。

 記事によれば、秋吉は都内に単身赴任中のA氏のマンションの合鍵を使い、逢瀬を繰り返していたという。また、イベント出演のため訪れた宮崎県にA氏も同行。滞在先のホテルで2夜にわたり、2人きりで過ごしていたとも伝えている。

「A氏はドラマ部門のトップで、藤吉は9月にも、A氏がプロデューサーを務めたドラマ『広域警察9』に出演。“枕営業”と揶揄する声も聞こえてきます。なお、太川は14日に急きょ会見を開き、終始、明るい表情で妻のことを『信じる』と擁護していました」(芸能記者)

 太川の会見から約7時間後、今度は藤吉が羽田空港で会見。終始、号泣しっぱなしであったが、主張としては不倫を完全否定。A氏については、「舞台の構成をお願いして、やっていただいていました。自主ライブなので、自分たちで何もかもしないといけないので」とあくまでもスタッフであると強調。合鍵については、A氏のマンションに「チラシをどうしても取りに行かないといけなくて」とし、ホテルで朝まで過ごしたことについては、「体をほぐしてもらった」と説明した。

「号泣している姿と、口から発せられる釈明の内容がちぐはぐで、『なぜ泣いているのか?』と違和感しかなかった。これなら、不倫相手との手つなぎを『あまり記憶がなくて』とあっけらかんと言ってのけた斉藤由貴の会見のほうが、辻褄としては合っていますよ」(同)

 会見の模様を伝えた15日の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)では、司会の極楽とんぼ・加藤浩次が「自分が白だという潔白の会見をするときに、あんな涙流しちゃダメ」「泣きたいのは太川さんですよ」「許すって言ってる旦那さんの記者会見見た後に、あの涙はダメよ」とばっさり。さらに、A氏と今後「一切、会わない」としている藤吉を「何もないんだったら、スタッフとこれからも仕事やっていいと思います」「切る必要はない。大事なスタッフだったら」と否定。全く納得していない様子だった。

「とはいえ、藤吉は以前、バラエティ番組で『夫へのタメ口厳禁』『食事の主導権は夫』『妻の就寝時間まで夫が指示』など、太川の亭主関白ぶりを暴露。以来、太川に“モラハラ夫”疑惑が付きまとっており、今回の報道との関連を疑う声も……」(同)

 会見の「体をほぐしてもらった」発言が、「一体、どこまでほぐしてもらったんだ?」と物議を醸している藤吉。おしどり夫婦として売っていただけに、仕事への影響も大きそうだ。