ファン大ブーイング! EXILE ・ATSUSHI、不自然すぎるツアー不参加の裏側

atsushisolo.jpg
『EXILE ATSUSHI PREMIUM LIVE ~命をうたう~』/rhythm zone

 EXILEメンバーのソロプロジェクト、派生ユニット、弟分ユニットの総称である「EXILE TRIBE」の今秋開催のツアーに、EXILEのボーカル・ATSUSHIが参加しないと発表されたことから、ファンの間でどよめきが起こっている。EXILEとその姉妹兄弟グループが一堂に出演するツアーで、スケジュールは後日発表されるが、メインボーカル不参加というあり得ない事態に、関係者の間では「ATSUSHI脱退の前触れでは?」とささやかれているという。

 この「ATSUSHI不参加」は、EXILEのオフィシャルサイトで発表されたもので、ATSUSHIは「これまで以上にEXILEを輝かせ、EXILE TRIBE全体を進化させていくために、一度、EXILE、EXILE TRIBEを客観的に見てみたいという想いがわきました」として、不参加という結論に至った経緯を説明。またリーダーのHIROは、このATSUSHIの提案を「ATSUSHIは出演しなくても、ATSUSHI自身が得るものも大きいはずですし、(中略)EXILE TRIBEの将来を見すえた前向きの提案でした」としている。

くるり、また脱退! 岸田繁のワンマンぶり、莫大な制作費にレコード会社も苦笑

quruli.jpg
「everybody feels the same」/ビクターエン
タテインメント

 ロックバンド・くるりの吉田省念が、活動期間約2年をもって脱退することが発表された。メンバーチェンジが多いことで知られるくるりだけに、今回もネット上は「メンバーがコロコロ替わりすぎじゃない?」といった声であふれ返っている。

 長年活動を続けるバンドに、メンバーチェンジや解散はつきもの。しかしくるりは、2002年にオリジナルメンバーの森信行が脱退後、今回の吉田を含めた5人が新規加入と脱退を繰り返している。

くるり、また脱退! 岸田繁のワンマンぶり、莫大な制作費にレコード会社も苦笑

quruli.jpg
「everybody feels the same」/ビクターエン
タテインメント

 ロックバンド・くるりの吉田省念が、活動期間約2年をもって脱退することが発表された。メンバーチェンジが多いことで知られるくるりだけに、今回もネット上は「メンバーがコロコロ替わりすぎじゃない?」といった声であふれ返っている。

 長年活動を続けるバンドに、メンバーチェンジや解散はつきもの。しかしくるりは、2002年にオリジナルメンバーの森信行が脱退後、今回の吉田を含めた5人が新規加入と脱退を繰り返している。

くるり、また脱退! 岸田繁のワンマンぶり、莫大な制作費にレコード会社も苦笑

quruli.jpg
「everybody feels the same」/ビクターエン
タテインメント

 ロックバンド・くるりの吉田省念が、活動期間約2年をもって脱退することが発表された。メンバーチェンジが多いことで知られるくるりだけに、今回もネット上は「メンバーがコロコロ替わりすぎじゃない?」といった声であふれ返っている。

 長年活動を続けるバンドに、メンバーチェンジや解散はつきもの。しかしくるりは、2002年にオリジナルメンバーの森信行が脱退後、今回の吉田を含めた5人が新規加入と脱退を繰り返している。

くるり、また脱退! 岸田繁のワンマンぶり、莫大な制作費にレコード会社も苦笑

quruli.jpg
「everybody feels the same」/ビクターエン
タテインメント

 ロックバンド・くるりの吉田省念が、活動期間約2年をもって脱退することが発表された。メンバーチェンジが多いことで知られるくるりだけに、今回もネット上は「メンバーがコロコロ替わりすぎじゃない?」といった声であふれ返っている。

 長年活動を続けるバンドに、メンバーチェンジや解散はつきもの。しかしくるりは、2002年にオリジナルメンバーの森信行が脱退後、今回の吉田を含めた5人が新規加入と脱退を繰り返している。

EXILE・HIROが遂行中!? 「ATSUSHI脱退計画」に吉本が「待った!」のワケ

exile_cd.jpg
「EXILE PRIDE ~こんな世界を愛するため~」
/rhythm zone

 年内でパフォーマー活動を終了し、今後は裏方に専念すると発表したEXILEのHIRO。今までも、パフォーマーと並行して所属事務所・LDHの代表取締役社長を務め、2009年に弟分の二代目J Soul Brothersの7人をEXILEに加入させるなど、経営者としてファンを飽きさせない戦略を打ち出し続けてきた。しかし、そんなHIROが、某メンバーをめぐってある悩みを抱えているという。

「ボーカルのATSUSHIは、00年に行われたオーディション番組『ASAYAN』(テレビ東京)主催の男子ヴォーカリストオーディションで最終選考まで残り、HIROの目に留まりました。その後、EXILEの前身であるJ Soul Brothersに加入。そして、EXILEのメンバーとしてデビューしたわけですが、『ASAYAN』の段階で制作に関わっていた吉本興業が、いまだにATSUSHIのマネジメント権を一部押さえているんです。所属はほかのメンバーと同じLDHですが、ATSUSHIのギャラの一部を吉本に上納するという形です」(レコード会社関係者)

山下智久がNEWSのツアーDVDを見て語った、増田貴久への思い

yamashita-10.jpg
山Pよ、あのツアーに何を思う?

 初のレギュラー司会を務めるバラエティ番組『ジェネレーション天国』(フジテレビ系)が、1月28日にスタートした山下智久。

 2011年10月にNEWSを脱退、昨年は「愛、テキサス」「LOVE CHASE」、さらにはセカンドアルバム『エロ』を発表、またドラマ『MONSTERS』(TBS系)でSMAP・香取慎吾との共演を果たすなど、精力的に活動してきた。しかしながら、CDの売り上げ不振やドラマの低視聴率で叩かれるなど、辛酸を舐めた1年だったといってもいいだろう。そんな中、年が明け、バラエティ番組の司会という新たな挑戦に乗り出した山下が、ラジオ番組『Cross Space』(東京FM)で、1月30日に発売された『NEWS LIVE TOUR2012~美しい恋にするよ』のDVDについて触れたのだ。

 NEWSは、昨年7月に発売されたシングル「チャンカパーナ」で、初週24万4,710枚という、前シングルから10万枚以上もの差をつける売り上げ枚数を記録。同月に発売された山下の「LOVE CHASE」11万8,981枚を大幅に上回ったことも、センセーショナルに報じられた。そして、昨年8月開催された、錦戸亮、山下脱退後初となる『NEWS LIVE TOUR2012~美しい恋にするよ』は、全国7カ所10万2,000人を動員し、大成功を収めた。

2年前の小野恵令奈スキャンダルで、AKB48が「新潮」を提訴の謎

onoerena.jpg
『小野恵令奈写真集「ツンエレ! ~帰
ってきたえれぴょん(18)~」』/幻冬舎

 AKB48のスキャンダル報道をめぐる裁判沙汰といえば、篠田麻里子や一部のメンバーがAKB48所属事務所社長の愛人であると報じた「週刊文春」(文藝春秋)とのバトルが有名だが、現段階で最も係争を多く抱えているのは「文春」ではなく「週刊新潮」(新潮社)だという。

「『文春』は、篠田の社長愛人報道裁判で口火を切ったように、その後『秋元才加、演出家とお泊まり』『高橋みなみ、母親が淫行で逮捕』『指原莉乃、元交際相手が暴露』など、AKB48のスキャンダルを連発。しかし同じく『新潮』も、AKB48に完全降伏状態の他社とは違って『ネガティブネタでも報道する』スタンスを貫いていた。昨年『新潮』に複数回掲載された『秋元康研究』では、秋元氏が1億1,000万円の損害賠償と謝罪文掲載を求める提訴を行っています」(出版関係者)