羽生結弦「平昌五輪」メダルは絶望的!? 全治1カ月のケガで“ぶっつけ本番”濃厚に……

 日本フィギュアスケート界の至宝・羽生結弦が足を負傷。開催まで3カ月に迫った平昌五輪に暗雲が垂れ込めてきた。

 羽生のケガは、GPシリーズ第4戦のNHK杯の公式練習の時に起きたものだ。今季から挑戦している4回転ルッツの練習ジャンプをした羽生は、着氷に失敗して靭帯を損傷。「10日間の絶対安静」「全治1カ月」など、悲観的にならざるを得ない情報が飛び交っている。平昌五輪にはディフェンディング・チャンピオンとして臨む羽生だが、なかなか厳しい状況が予想されそうだ。スポーツライターが語る。

「羽生は、NHK杯の欠場で、GPファイナルへの道は絶たれました。目標は12月21日から始まる全日本選手権でしょう。同大会は五輪代表最終選考会を兼ねています。五輪代表の枠は3つありますが、1つ目は全日本選手権の優勝者、2つ目は『全日本選手権の2、3位、GPファイナル出場の上位2人』、3つ目は『2人目の選考から漏れた選手』『世界ランク上位3人』とされており、決して一発勝負ではありません。羽生が全日本選手権に出場しなくても、『過去の実績』という伝家の宝刀によって選ばれるのは間違いないでしょう。フィギュアスケートは、冬季五輪の中でも圧倒的に注目度が高いコンテンツ。そもそも冬季五輪自体、手を挙げる都市が減り、存在意義さえ問われる状況になっている中、2026年に札幌が冬季五輪開催地に立候補する意向を表明しています。まだ先の話ですが、フィギュアスケート界にかかる期待は大きいんです。そんな中男子にはもう1人、宇野昌磨というメダル候補がいますが、世界的にみて羽生との知名度は雲泥の差。羽生という大スターを選考で落とすことはありえません」

 となると、とりあえず羽生の五輪代表落選の心配はなさそうだが、そう簡単にメダルが取れるほど甘くはなさそうだ。再びスポーツライターの話。

「羽生が飛ぶ6種類のジャンプは、すべて右足で着氷するものです。しかし今回ケガしたのは右足。右足への負担は計り知れません。羽生はソチ五輪で金メダルを取りましたが、フリーで転倒しており、海外では採点をめぐって、かなり辛口な声が寄せられました。今回あえて難度の高い4回転ルッツに挑戦したのは、そういった批判を踏まえ、“文句なしの金”が欲しいという決意の表れでしょう。しかし、今回のケガにより、本番まで3カ月という時期に、氷に乗れない時期ができてしまいます。全日本に出ればケガの回復が遠のきますし、全日本を回避すれば、試合感が鈍るとともにプレッシャーもキツくなる。どちらにせよ平昌は“ぶっつけ本番”ということになりそうです」

 ケガを乗り越えて、“氷上の王子”が再び表彰台の最上段に登る姿が見られるのだろうか。

“羽生結弦バブル”に群がる出版界、ほぼ無許可で粗製乱造される特集雑誌がバカ売れ!

 ルックスやキャラクターも相まって、圧倒的な人気を博している羽生だが、そうなるとその人気にあやかろうとする者も出てくる。事実、彼の関連書籍やDVD、“オフィシャル”で特集した雑誌の売り上げは軒並み好調で、雑誌、新聞関係者が手を出したくなるのも仕方がない。しかし、人気者だけに取材のハードルは高い。

「フィギュアの選手に取材する方法はいろいろあります。関係者にコネがあるとか、大会の運営にも関わる日本スケート連盟に申請するとかね。しかし、彼らはアスリートですから、広報活動よりトレーニングを優先します。そうなると取材できるのは、選手や連盟と信頼関係があるスポーツ誌や老舗の雑誌などになります。それなのに、堂々と羽生を表紙にしている雑誌は多いですよね。あれは、報道という名目のもと選手や連盟にも許可をとらず、ろくな取材もせず、勝手に出しているんです」

 そう教えてくれたのは、フリー編集者のN氏。N氏によれば、羽生が14年のソチオリンピックで金メダルを取った時から、出版界の“羽生フィーバー”は始まったという。

「当時、『羽生に取材したいけどコネはないか?』といくつかの版元(出版社)から連絡がありましたが、私は芸能の方が専門なのでお断りしました。でも、昔お世話になったニュース系雑誌の編集長に頼まれて、伝手を頼ってスポーツ雑誌の編集者に聞いてみたところ、どの雑誌も独占取材は順番待ちの状態だったようです。それなら仕方がないと、急きょフィギュア専門のライターさんに執筆をお願いし、通信社の写真を使って大会の模様を10ページほど掲載しました。報道としてね。それでも普段より10%ほど実売が伸びたそうです。しかし、そこでいくつかの出版社が、通信社の写真をメインに使って、ほとんど文字がない、ほぼ羽生の写真だけの雑誌を出したから、同業者たちは『どうやって許可をとったんだ!?』と驚いていましたよ」

 その後、大会ごとに2号目、3号目が発売され、N氏が印刷会社から聞いたところでは、ある雑誌は1号目で2万部ほどだった発行部数が、号を重ねるごとに3万、4万と増えていったという。

「出版不況の影響で、定期発行誌でも2万部以下の媒体が多い中、この部数は異常でした。また、2号目、3号目と出せるということは、実売は少なくとも5割か6割を超えていたはず。重版(増刷)した号もあったそうなので、実際はもっと売れていたでしょうね」(元編プロ社員)

 そうしたお祭り状態の中で羽生関連の雑誌は増えていったが、その中で、如実に差が現れ始めた。

「普通の神経を持った編集者なら、特集ならともかく、いくら売れるといっても同じ人間を表紙にし続けることはありません。芸能誌でいえば、いくら売れるといってもジャニタレばかりを表紙にしないようにね。それに、予算をケチって専門のライターではなく、にわかファンやネットで情報を集めただけの人間に記事を書かせるから間違いも多いし、内容の厚みにも差が出ます。実際、フィギュア専門のライターからも、この手の雑誌は見放されていましたね」(出版社社員)

 正規で羽生の特集を作っている編集者たちの苦労や努力を知っただけに、N氏はそうした“非正規”の雑誌を見るたびに、苦々しい気持ちになるという。では、それらを正規の本と、どのように見分ければいいのだろうか?

「主な見分け方は2つ。ひとつ目は写真のクレジットです。海外での大会ならともかく、スポーツ関連の出版社なら、国内の大会では必ずリンクで自分たちの写真を撮ります。アフロなど通信社系の写真だけで誌面を構成している本は、クレジットに通信社名が入っています。自分たちではリンクでの取材に許可をもらえない、あるいは許可を取る気がないということです。もうひとつは、関係者の取材記事がまるでないこと。羽生本人の取材は難しいにしても、彼の後輩である宇野昌磨のように、一緒にフィギュア人気を支える選手や、裏方で活躍している人はたくさんいます。そうした人たちに取材もせず、申し訳程度に『注目選手』とかいうタイトルで、取材コメントのないペラペラの記事を書き、羽生の写真ばかり載せている本は、彼の人気にあやかり金もうけをしようとしているだけです。ネットでは羽生の悪口を面白おかしく書き、雑誌では彼をほめたたえている出版社なんかもその手合いでしょうね。その出版社は、日本スケート連盟から警告を受けていたというウワサですよ」(N氏)

 スポーツ誌、老舗雑誌が正規の手段で取材した羽生の特集雑誌を出版し始めた時期、無許可で羽生の特集雑誌を作っていた出版社、編プロの中には「真似しやがって」とあきれるようなことを言う編集者もいたという。

 羽生を応援している人々にとっては、雑誌を通じて彼の活躍を見ることができるのはうれしいだろう。しかし、彼の人気や活躍に便乗して不誠実な本が出版されていることを知り、見極める目も養ってほしい。

“羽生結弦バブル”に群がる出版界、ほぼ無許可で粗製乱造される特集雑誌がバカ売れ!

 ルックスやキャラクターも相まって、圧倒的な人気を博している羽生だが、そうなるとその人気にあやかろうとする者も出てくる。事実、彼の関連書籍やDVD、“オフィシャル”で特集した雑誌の売り上げは軒並み好調で、雑誌、新聞関係者が手を出したくなるのも仕方がない。しかし、人気者だけに取材のハードルは高い。

「フィギュアの選手に取材する方法はいろいろあります。関係者にコネがあるとか、大会の運営にも関わる日本スケート連盟に申請するとかね。しかし、彼らはアスリートですから、広報活動よりトレーニングを優先します。そうなると取材できるのは、選手や連盟と信頼関係があるスポーツ誌や老舗の雑誌などになります。それなのに、堂々と羽生を表紙にしている雑誌は多いですよね。あれは、報道という名目のもと選手や連盟にも許可をとらず、ろくな取材もせず、勝手に出しているんです」

 そう教えてくれたのは、フリー編集者のN氏。N氏によれば、羽生が14年のソチオリンピックで金メダルを取った時から、出版界の“羽生フィーバー”は始まったという。

「当時、『羽生に取材したいけどコネはないか?』といくつかの版元(出版社)から連絡がありましたが、私は芸能の方が専門なのでお断りしました。でも、昔お世話になったニュース系雑誌の編集長に頼まれて、伝手を頼ってスポーツ雑誌の編集者に聞いてみたところ、どの雑誌も独占取材は順番待ちの状態だったようです。それなら仕方がないと、急きょフィギュア専門のライターさんに執筆をお願いし、通信社の写真を使って大会の模様を10ページほど掲載しました。報道としてね。それでも普段より10%ほど実売が伸びたそうです。しかし、そこでいくつかの出版社が、通信社の写真をメインに使って、ほとんど文字がない、ほぼ羽生の写真だけの雑誌を出したから、同業者たちは『どうやって許可をとったんだ!?』と驚いていましたよ」

 その後、大会ごとに2号目、3号目が発売され、N氏が印刷会社から聞いたところでは、ある雑誌は1号目で2万部ほどだった発行部数が、号を重ねるごとに3万、4万と増えていったという。

「出版不況の影響で、定期発行誌でも2万部以下の媒体が多い中、この部数は異常でした。また、2号目、3号目と出せるということは、実売は少なくとも5割か6割を超えていたはず。重版(増刷)した号もあったそうなので、実際はもっと売れていたでしょうね」(元編プロ社員)

 そうしたお祭り状態の中で羽生関連の雑誌は増えていったが、その中で、如実に差が現れ始めた。

「普通の神経を持った編集者なら、特集ならともかく、いくら売れるといっても同じ人間を表紙にし続けることはありません。芸能誌でいえば、いくら売れるといってもジャニタレばかりを表紙にしないようにね。それに、予算をケチって専門のライターではなく、にわかファンやネットで情報を集めただけの人間に記事を書かせるから間違いも多いし、内容の厚みにも差が出ます。実際、フィギュア専門のライターからも、この手の雑誌は見放されていましたね」(出版社社員)

 正規で羽生の特集を作っている編集者たちの苦労や努力を知っただけに、N氏はそうした“非正規”の雑誌を見るたびに、苦々しい気持ちになるという。では、それらを正規の本と、どのように見分ければいいのだろうか?

「主な見分け方は2つ。ひとつ目は写真のクレジットです。海外での大会ならともかく、スポーツ関連の出版社なら、国内の大会では必ずリンクで自分たちの写真を撮ります。アフロなど通信社系の写真だけで誌面を構成している本は、クレジットに通信社名が入っています。自分たちではリンクでの取材に許可をもらえない、あるいは許可を取る気がないということです。もうひとつは、関係者の取材記事がまるでないこと。羽生本人の取材は難しいにしても、彼の後輩である宇野昌磨のように、一緒にフィギュア人気を支える選手や、裏方で活躍している人はたくさんいます。そうした人たちに取材もせず、申し訳程度に『注目選手』とかいうタイトルで、取材コメントのないペラペラの記事を書き、羽生の写真ばかり載せている本は、彼の人気にあやかり金もうけをしようとしているだけです。ネットでは羽生の悪口を面白おかしく書き、雑誌では彼をほめたたえている出版社なんかもその手合いでしょうね。その出版社は、日本スケート連盟から警告を受けていたというウワサですよ」(N氏)

 スポーツ誌、老舗雑誌が正規の手段で取材した羽生の特集雑誌を出版し始めた時期、無許可で羽生の特集雑誌を作っていた出版社、編プロの中には「真似しやがって」とあきれるようなことを言う編集者もいたという。

 羽生を応援している人々にとっては、雑誌を通じて彼の活躍を見ることができるのはうれしいだろう。しかし、彼の人気や活躍に便乗して不誠実な本が出版されていることを知り、見極める目も養ってほしい。

“ゲス不倫”宮崎元議員、お相手グラドルの過去! 「寝取られた」女性記者が赤裸々告発

<p> “ゲス不倫”の宮崎謙介元議員が、不倫相手の宮沢磨由に送っていた1日400回ものLINEのやりとりや内容を暴露され話題に。しかし今週の「女性自身」には、逆に宮沢氏のある“過去”が! 続きはランキングをどうぞ。</p>

羽生結弦、2016年もスケートは絶好調! 母親から“禁止令”の恋愛はどうなる?

hanyuyuzuru200_2.jpg
恋愛では甘えん坊!
――芸能界という、普通とは異なる世界に身を置く人々は人には話せない悩みが多いという。そんな芸能人のお悩みを様々な鑑定方法で勝手に占い、解決に導いて差し上げます。デスティニーが占う今回の芸能人は、このお方。

今回のターゲット:羽生結弦
1994年12月7日生まれ
「羽生結弦選手の勝負運と恋愛運」

 11月のNHK杯で、世界初の300点超えとなる合計322.40点を叩き出し、ぶっちぎりで優勝。さらに2週間後のグランプリファイナルで、自らが持つ世界歴代最高得点を上回る330.43点を叩き出し、見事3連覇を達成したフィギュアスケートの羽生結弦選手。今シーズンは4回転ジャンプを5回跳ぶ難易度の高いプログラムに挑戦するなど、フィギュアスケート界で今最も注目を集める選手であることは間違いありません。

 実力やルックスのよさはもちろんですが、さわやかさや強い意志を併せ持つことも幅広い人気を集めている理由のようです。ネットでは女子選手と熱愛という噂も飛び交っていますが、今シーズンはお母さんから “絶対に恋愛は禁止”と厳しく言われたという報道もあり、恋愛とは縁遠いようです。そんな羽生選手は今後も順調に好成績を収め、人気も継続していくのでしょうか? また、恋愛運はどんな感じでしょうか?

――初めまして! 今回鑑定させて頂きますデスティニーのマリアンナと申します。どうぞよろしくお願いいたします!

【羽生さんの勝負運】

 2016年はまさに飛躍の年です。2015年までのサイクルが幕を閉じるかのように新たな1歩を踏み出す年となるでしょう。ここ数年は何かに惹きつけられるかのように、また彼にしか歩めなかったであろう道のりが、来年からの大きな変化に備えとなることは間違いないようです。

 2016年は自ら持つパワーに気づいていき、フィギュアスケートの世界をさらに探求する衝動に駆られることでしょう。この深い探求心が2017年を踏ん張ることに繋がり、本当の意味で、スケートが心から楽しめるものになりそうです。

 羽生さんを今支えているもの、それは家族、生まれ故郷、そこで暮らす人々です。故郷のために戦い、世界へ羽ばたく、まさに“変革者”という言葉がピッタリな彼。そう! 戦う人なのですね。本来は自分のために何かをするというのではなく、誰かのため、何かのために意味を見出しながら戦います。人々に夢を与えながら、誰かを守るために戦う、それが本質。

 今、彼を超える人がいないと言われ、彼自身が自分の敵であるという報道がなされています。彼の原動力は故郷です、故郷がある限り、今後もますます自分超えをされていくものと思われます。一体どこへ向かって走っているの? 次はどんなことにチャレンジしていくの? と見る者をハラハラさせたり感動させてしまう。きっと人と同じ道を辿ることはないでしょう。

 また2017年は踏ん張りどころ、更なる力を蓄え、技を磨き上げることでしょう。気になる今後の成績は絶好調そのものです。彼の人生において価値基準となるものがスケートである限り、目を見張る活躍をされていくことは間違いないと思われます。

 まだ少し先となりますが、2022年頃からは人材の育成に力を注ぐことになると思います。自分が歩んで培ってきた独自の哲学は、これからを担う次世代の若者に大きな影響力を与えることでしょう。

【羽生さんの恋愛運】

 スバリ! 羽生さんのお母様が言われる通り、恋愛は禁物の方。ただ、2016年から2年間は、恋愛運が好調な星周りであるがゆえ、お母様の期待を裏切ることになる可能性は高いでしょう。人生を共に生きる良きパートナーであり、良き友人であり、良き伴侶であり、人生を分かち合う人と意気投合します。

 一見爽やかで強固な意志を感じるように思いますが、実は恋愛面においては、とってもお茶目でロマンチスト。恋愛では甘えん坊で、好きな人のためには苦労も惜しまず、自らを犠牲にしてしまうのです。彼のフィギュア人生を根底から理解してくれる女性であれば、それは障害とはなりません。すべてのシーンにおいて完璧さを求める羽生さん、恋愛も中途半端なものは苦手です。だからこそ、今はお母様の言われる通り「恋愛禁止」環境がベストとは言えますね。

 さて、羽生さんはどんな女性に惹かれるのでしょうか? いつも彼を気にかけてくれる女性です。母親のような女性とも言えるでしょう。些細なことかもしれませんが、ヘアスタイルが変わった時にすぐ気づいてくれたり、涙したことがわかれば気持ちを察することに敏感な女性、「ご飯は食べたの?」とか、まるで我が子を心配して気配りをしてくれるような女性です。極端ではありますが、彼のフィギュア人生に物申すことのない人。いつも彼の味方になって、一緒に考えてくれる女性、そんな方のようですよ。

 2016年9月、10月、恋愛運がとても良いタロットカードでの暗示が出ています。友情が恋愛感情へ変化していくのか、友人を通じて出会うのか、そのようなところで恋がスタートするでしょう。

 彼の結婚は30歳~31歳と暗示されています。20歳~28歳の間に精神的、経済的自立が表されていますので、この時期を超えたところにご自分の家庭を築いていかれるのではないでしょうか。

 これからますます目が離せませんね。羽生さんのご活躍を心からお祈り申し上げます。

mariannasensei.jpg

■マリアンナ先生
「占いは幸せをつかむためのものであって欲しい」と語り、人柄もとても優しく話しやすい先生。タロットカードと数秘によるイマジネーションによって物事を見通していきます。特に未来予知が当たると評判です。

デスティニー

羽生結弦、母とスケート連盟が断絶!? メディア関係者は「安藤美姫母と同じく要注意人物」

hanyuyuzuru200.jpg
外野が元気すぎるのはスターの証……

 28日、中国・上海で行われた2015年世界フィギュアスケート選手権で、銀メダルを獲得した羽生結弦。1月末に右足首捻挫というトラブルの中での健闘は、お茶の間の視線を釘付けに。2月にビデオリサーチ社が発表した「テレビタレントイメージ調査」でも、アスリートながら初登場13位、またロッテ「キシリトールホワイト」を始め多数のCMにも出演中だが、人気者には付き物であるスキャンダルが、にわかに浮上しているようだ。

 かねてから話題や批判の対象となっていたのは、羽生と日本スケート連盟をめぐる確執だろう。31日発売の「女性自身」(光文社)では、羽生の母親が連盟サイドへの不信感を募らせ、連絡も途絶えがちの状態だと伝えられている。昨年11月、フィギュアスケートGPシリーズ第3戦の直前練習で、他選手との衝突から全治3週間のケガを負ったものの、見事準優勝を果たした羽生。その直後には尿膜管遺残症により、手術と入院が伝えられていた。

羽生結弦、“チャクラ”整体師に批判殺到! 「完全に洗脳」「コーチの言葉聞かなくなる」の声

hanyuyuzuru200.jpg
結弦が心配すぎて震える、おかんファン続出

 8日、ソチ五輪金メダリストの羽生結弦が、フィギュアスケートグランプリ(GP)シリーズ第3戦、中国杯の練習中に他選手と激突しケガを負った。頭部から出血し、氷上が血に染まるというショッキングな出来事だったが、その後羽生は包帯姿でリンクに上がり、結果2位に滑りこむ演技を見せた。ファンからは心配と称賛の声が上がっているが、現在一部ネットユーザーの間で、羽生が懇意にしているという“整体師”が話題になっているという。

「羽生が子どもの頃から付き合いがあるという、接骨院院長の菊地晃氏です。菊地氏は、フィギュアスケート日本代表選手団のトレーナーとして名を連ねており、事故が起こった際もリンクサイドで羽生を支えていた人物ですが、実はこの菊地氏、科学的根拠のないスピリチュアルな治療をすることで有名なんです。“経気四門療法”という独自の治療法を考案し、地元では“チャクラの仙人”と呼ばれているとか。羽生がつけている、パワーストーンがあしらわれたひし形のペンダントも、この菊地氏が開発したものだそうです」(芸能ライター)

野球選手はもうブランドじゃない!? 羽生結弦選手に媚びる、三田友梨佳アナの本気度

yuzuhanyu.jpg
『Sports Graphic Number PLUS「日本フィギュア ソチ冬季五輪完全保存版」』(文藝春秋)

 2月末に終了したソチオリンピックで、日本に唯一の金メダルをもたらしたフィギュア男子・羽生結弦選手。八頭身からなるスラッとしたモデル体形に、中性的な美少年フェイス――そんな二次元から出てきた王子様のようなルックスの羽生に、幅広い年齢層の女性が魅了されたようだ。そして、その羽生人気は、芸能界にまで波及しているという。

過熱する“羽生”萌え――羽生結弦のBL・妄想小説が盛り上がるワケ 

hanyuyuzuru.jpg
昭和風情のキャラ物ですらメルヘンに昇華する羽生選手
 ソチオリンピックで、見事金メダルを獲得したフィギュアスケートの羽生結弦。その演技もさることながら、中性的な顔立ちと表情や仕草のかわいらしさから、日本のみならず中国でもBLファンから絶大な支持を集めている。また、『新世紀エヴァンゲリオン』(テレビ東京)の碇シンジに似ていると話題になり、プラグスーツを着せたコラージュ画像が作られたり、「二次元から出て来たみたい」といった声もあちこちで上がっている。そのあまりの人気ぶりに、中国の羽生ファンコミュニティでは純粋に応援したいファンが「BL的な内容は厳禁、カップリングも禁止」という禁止令を出すほど。それほどまでに女子を惹きつけるのはなぜなのだろうか。

 まず、最近話題になっているのは、羽生の高橋大輔と妄想小説。高橋が羽生に片思いしているという設定のものや高橋が酔った勢いで羽生を襲ってしまうもの、体調のすぐれない羽生を見舞いつつ……といったものまでさまざま。実際、テレビなどでも2人の仲良さそうなツーショットは多く、『ジャパンスーパーチャレンジ2013』では、チームブルーの勝利が決まった時に羽生が高橋に顔をすり寄せたりもしている。こういったスキンシップを普通にとれてしまう小悪魔的なところが、BLに登場するキャラクターたちと重なる部分があるようだ。「週刊朝日」(朝日新聞出版)にも、「美少年タイプの羽生選手とセクシーでワイルドな高橋大輔選手が仲良さそうにしているのを見ると、妄想がふくらんじゃいます」(BL歴10年の会社員)というコメントが載っており、タイプの違うイケメンが2人揃うとどうしても反応してしまうものだ。それに、単純に日本人同士で絡みも多いので、妄想しやすいというのもポイントなのかもしれない。

「目頭はどうやって丸くしたの?」ざわちん、羽生結弦のものまねメイクに加工疑惑

zawachin_hanyu.jpg
ざわちんオフィシャルブログより

 元AKB48・板野友美、桐谷美玲、ミランダ・カー、嵐らのものまねメイクで人気を博し、著書『ざわちん Make Magic』(宝島社)が発売1カ月で10万部を突破した、タレントのざわちん。最近では、ソチ冬季五輪で活躍した、フォギュアの浅田真央や羽生結弦のものまねメイクを披露して絶賛を浴びているが、その一方でネット上では、「画像修正しすぎ」と批判の声が高まっている。

「2011年、当時AKB48の板野が、握手会をさぼってショッピングモールで買い物をしているという目撃談が写真付きでTwitterに拡散されました。実はこの人物こそ、ざわちんだったのです。その後彼女は、ものまねタレントとしてデビュー。『東京国際映画祭』にサプライズで登場し、マスコミ陣を驚かしたこともありました。特徴的なのはやはり、マスクをしていることでしょうね。本人が、鼻から下は似ていないことを自覚しているそうですので、より本人に近い状態にするために、着用しているとか」(芸能ライター)