紅蘭と浜ちゃんの息子、柳原可奈子と市川由衣……芸能界の意外な“同級生”たち

 1月21日放送の『ウチくる!?』(フジテレビ系)にタレントの紅蘭が出演。その際、紅蘭に縁のあるゲストとして、子どもの頃から同じ学校だったという渡辺徹の長男・渡辺裕太と野村将希の次男・野村祐希が登場した。渡辺は少女時代の紅蘭について、「1個下でキャラも立ってた」「毛皮のコート着て、ミニスカ履いてランドセルみたいな。そんな感じの印象なんですよ、僕は」と、当時からぶっ飛んだキャラだったことを説明し、笑いをとっていた。

 実は紅蘭は二世タレントの知人が多く、ダウンタウン・浜田雅功の長男であるハマ・オカモトとも友人関係にある。2017年2月24日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演した際も、浜田が、紅蘭と息子が同じ小学校だったことを明かしていた。紅蘭の父・草刈正雄と共に同じ学校の保護者として小学校の運動会の父母競技に参加していたことなどを語り、共演していたダウンタウン・松本人志や坂上忍を驚かせている。また紅蘭も「私、けっこう浜田さん変な感じがするんですよね。友だちのお父さんって感じなんで……。逆に、なんか緊張感がある」と告白している。

 紅蘭とハマ・オカモトには深い縁があり、実は15年に事故で亡くなった紅蘭の弟は、ハマ・オカモトの同級生。ハマ・オカモトと『ズットズレテルズ』というロックバンドを組む仲でもあったのだ。

 このように、実は芸能界にはタレント同士が同級生だったという関係が多い。新垣結衣と多部未華子は、芸能人が多く在籍する高校として有名な日出高校の同級生。高1から高3までの3年間、一緒に弁当を食べるほどの仲だったという。

「新垣さんは『堂本剛の正直しんどい』(テレビ朝日系)にゲスト出演した際、『多部未華子が友だちなんですけど』とはっきり明言してます。多部さんは新垣さんを“ゆいぼう”と呼んでいたそうで、卒業旅行に一緒に鎌倉に行った話はファンの間では知られた話です」(週刊誌記者)

 また、意外なところでは芸人の柳原可奈子と市川由衣も中学時代の同級生。市川は09年にドラマ『オトメン(乙男)〜秋〜』(フジテレビ系)で柳原と共演した際、自身のブログにて「夢が叶って本当にうれしかった!!」とその喜びを綴っている。市川はデビューの時からいつかドラマで共演したいと話していたことや、中学の時に一緒にお笑いを見に行ったことも明かしており、柳原について「かなちゃんは昔からそばにいる人をHAPPYな気持ちにさせるパワーがあるんだよなぁ。。あいかわらず素敵な女の子でした」(原文ママ)と絶賛している。

 友人として、また仕事仲間として刺激し合える貴重な関係の同級生。今後も大事にしてほしいものだ。 

 

紅蘭と浜ちゃんの息子、柳原可奈子と市川由衣……芸能界の意外な“同級生”たち

 1月21日放送の『ウチくる!?』(フジテレビ系)にタレントの紅蘭が出演。その際、紅蘭に縁のあるゲストとして、子どもの頃から同じ学校だったという渡辺徹の長男・渡辺裕太と野村将希の次男・野村祐希が登場した。渡辺は少女時代の紅蘭について、「1個下でキャラも立ってた」「毛皮のコート着て、ミニスカ履いてランドセルみたいな。そんな感じの印象なんですよ、僕は」と、当時からぶっ飛んだキャラだったことを説明し、笑いをとっていた。

 実は紅蘭は二世タレントの知人が多く、ダウンタウン・浜田雅功の長男であるハマ・オカモトとも友人関係にある。2017年2月24日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演した際も、浜田が、紅蘭と息子が同じ小学校だったことを明かしていた。紅蘭の父・草刈正雄と共に同じ学校の保護者として小学校の運動会の父母競技に参加していたことなどを語り、共演していたダウンタウン・松本人志や坂上忍を驚かせている。また紅蘭も「私、けっこう浜田さん変な感じがするんですよね。友だちのお父さんって感じなんで……。逆に、なんか緊張感がある」と告白している。

 紅蘭とハマ・オカモトには深い縁があり、実は15年に事故で亡くなった紅蘭の弟は、ハマ・オカモトの同級生。ハマ・オカモトと『ズットズレテルズ』というロックバンドを組む仲でもあったのだ。

 このように、実は芸能界にはタレント同士が同級生だったという関係が多い。新垣結衣と多部未華子は、芸能人が多く在籍する高校として有名な日出高校の同級生。高1から高3までの3年間、一緒に弁当を食べるほどの仲だったという。

「新垣さんは『堂本剛の正直しんどい』(テレビ朝日系)にゲスト出演した際、『多部未華子が友だちなんですけど』とはっきり明言してます。多部さんは新垣さんを“ゆいぼう”と呼んでいたそうで、卒業旅行に一緒に鎌倉に行った話はファンの間では知られた話です」(週刊誌記者)

 また、意外なところでは芸人の柳原可奈子と市川由衣も中学時代の同級生。市川は09年にドラマ『オトメン(乙男)〜秋〜』(フジテレビ系)で柳原と共演した際、自身のブログにて「夢が叶って本当にうれしかった!!」とその喜びを綴っている。市川はデビューの時からいつかドラマで共演したいと話していたことや、中学の時に一緒にお笑いを見に行ったことも明かしており、柳原について「かなちゃんは昔からそばにいる人をHAPPYな気持ちにさせるパワーがあるんだよなぁ。。あいかわらず素敵な女の子でした」(原文ママ)と絶賛している。

 友人として、また仕事仲間として刺激し合える貴重な関係の同級生。今後も大事にしてほしいものだ。 

 

草刈正雄、囲み取材で関係者の声に記者たち戦々恐々!? 娘・紅蘭の質問はピリピリの“厳戒態勢”

 草刈正雄の長女・紅蘭(くらん)に同棲中の彼氏がいることが1日発売の「週刊新潮」(新潮社)で報じられ、芸能界を騒がせている。

 同誌によると、お相手は2歳年上のラッパーだといい、八王子の元暴走族で、覚せい剤での逮捕歴や服役経験がある“ワイルドな男性”とのことで、現在、更生プログラムに通いつつ紅蘭と同棲していることも明かされている。これにはネット上でも「このまま一緒にいたら、紅蘭までそういう目で見られてしまうよ」「紅蘭さん自身にも火の粉が降りかかりますよ」など心配する声が多数寄せられている。

 そんな紅蘭の父・草刈が6日、娘の交際発覚後初のイベントとなる『SANKYO フィーバー機動戦士Zガンダム』に登場。現場では、草刈側の関係者による過敏な対応に、ピリピリした雰囲気が漂っていたという。

「話が話だけに、囲み取材は中止になるかと思いましたが、草刈はちゃんと囲み取材に出ていましたよ。娘の交際といえば普通はおめでたいことなだけに、祝福ムードになりがちですが、今回はさすがにそんな感じではなく、囲み中に記者から紅蘭の交際のことを問われて『ノーコメントです』と応じ、それ以上は口をつぐんでしまっていました。草刈はそう言った後も、質問をした記者を見つめていて、複雑な心境が伝わってくるようでした」(ワイドショー関係者)

 また、草刈の周囲は、かなり気を揉んだ様子も見せていたという。

「紅蘭の質問の前に、やはりイベントとは関係のない、トランプ米大統領来日の感想を尋ねた記者がいたんです。しかし、この質問が出た際に、この囲み取材を見ていた草刈の関係者らしき人物が『どこですかあれ? あとで名前教えてください』と、にらみつけながら言ってましたよ。その後も、ちょっとでもおかしな方向に質問が向くと、そばにいたPRスタッフに声を上げさせたり、逐一チェックしていたりと“厳戒態勢”でしたね。囲み取材終了後には記者たちの間でも、この人物の話題で持ちきり。現場を震え上がらせる結果となっていました」(同)

 紅蘭を心配する声の中には「お父さんの仕事にも影響します」というものもあったが、さっそくその影響が形となって表れてしまったようだ。

草刈正雄、囲み取材で関係者の声に記者たち戦々恐々!? 娘・紅蘭の質問はピリピリの“厳戒態勢”

 草刈正雄の長女・紅蘭(くらん)に同棲中の彼氏がいることが1日発売の「週刊新潮」(新潮社)で報じられ、芸能界を騒がせている。

 同誌によると、お相手は2歳年上のラッパーだといい、八王子の元暴走族で、覚せい剤での逮捕歴や服役経験がある“ワイルドな男性”とのことで、現在、更生プログラムに通いつつ紅蘭と同棲していることも明かされている。これにはネット上でも「このまま一緒にいたら、紅蘭までそういう目で見られてしまうよ」「紅蘭さん自身にも火の粉が降りかかりますよ」など心配する声が多数寄せられている。

 そんな紅蘭の父・草刈が6日、娘の交際発覚後初のイベントとなる『SANKYO フィーバー機動戦士Zガンダム』に登場。現場では、草刈側の関係者による過敏な対応に、ピリピリした雰囲気が漂っていたという。

「話が話だけに、囲み取材は中止になるかと思いましたが、草刈はちゃんと囲み取材に出ていましたよ。娘の交際といえば普通はおめでたいことなだけに、祝福ムードになりがちですが、今回はさすがにそんな感じではなく、囲み中に記者から紅蘭の交際のことを問われて『ノーコメントです』と応じ、それ以上は口をつぐんでしまっていました。草刈はそう言った後も、質問をした記者を見つめていて、複雑な心境が伝わってくるようでした」(ワイドショー関係者)

 また、草刈の周囲は、かなり気を揉んだ様子も見せていたという。

「紅蘭の質問の前に、やはりイベントとは関係のない、トランプ米大統領来日の感想を尋ねた記者がいたんです。しかし、この質問が出た際に、この囲み取材を見ていた草刈の関係者らしき人物が『どこですかあれ? あとで名前教えてください』と、にらみつけながら言ってましたよ。その後も、ちょっとでもおかしな方向に質問が向くと、そばにいたPRスタッフに声を上げさせたり、逐一チェックしていたりと“厳戒態勢”でしたね。囲み取材終了後には記者たちの間でも、この人物の話題で持ちきり。現場を震え上がらせる結果となっていました」(同)

 紅蘭を心配する声の中には「お父さんの仕事にも影響します」というものもあったが、さっそくその影響が形となって表れてしまったようだ。