中国・慈善団体の募金詐欺行為が発覚! 疑惑の発端となった“凡ミス”とは?

 日本でも繁華街の路上などで募金詐欺が跋扈しているが、中国ではさらに大掛かりな事件が多発しており、社会問題となっている。今回、中国で募金活動を行っていた組織が、あまりにもいい加減な運営を行っていたため、募金詐欺だったのではないかと疑いが出ている。

 政府系メディア「人民日報」(12月26日付)によると、深セン市に事務所を置く「愛佑未来慈善基金」という慈善団体がインターネット上で行っていた募金活動に、詐欺疑惑が浮上しているという。

 この団体は、閲覧者が自分の誕生日を入力すると、同じ誕生日に生まれた経済的支援が必要な児童の写真が表示され、1元(約16円)から募金ができるというサイトを運営していることで知られていた。しかし、市民から寄せられた通報により、その化けの皮がはがれることとなってしまった。

 その通報によると、このサイト上で異なる誕生日を複数入力した場合でも、同じ児童の写真が別の氏名とともに表示されるというのだ。当然ながら、誕生日は一人ひとつなわけで、こんなことはあり得ないが、同サイトでは少なくとも6人の児童が、複数の名前と誕生日を持つことになっていたという。さらに中には、世の中に存在しない「2009年2月29日生まれ」の児童の写真も確認できたという。

 人の善意につけ込んだ詐欺行為自体もさることながら、そのずさんな手口にも開いた口がふさがらない。

 メディアで今回の件が報じられると、中国民政部(日本の総務省に相当)はこの団体への業務停止を直ちに命じ、詐欺の疑いで捜査を行うことを発表した。

 この団体はこうした手口でこれまで255万元(約4,400万円)を集めていたとされ、今後、募金で手にした金の流れなどの解明が進められるという。中国では数年前に中国赤(紅)十字会の幹部を自称していた女性が、高級車を購入する様子や人気リゾート地で豪遊する様子をネットにアップし、寄付金を横領していたのではないかと中国赤十字会に非難が集まる事件が発生している。

 中国赤十字会は即座にこの女性の存在そのものを否定したがその後、中国赤十字会にはほとんど寄付金が寄せられることはなくなり、こうした慈善団体への信用が日に日に失墜している顕著な例となっている。

 寄付文化が日本よりも浸透しているという中国だが、その分、人の善意につけ込むこうした犯罪も多いのかもしれない。
(文=青山大樹)

 

 

中国・慈善団体の募金詐欺行為が発覚! 疑惑の発端となった“凡ミス”とは?

 日本でも繁華街の路上などで募金詐欺が跋扈しているが、中国ではさらに大掛かりな事件が多発しており、社会問題となっている。今回、中国で募金活動を行っていた組織が、あまりにもいい加減な運営を行っていたため、募金詐欺だったのではないかと疑いが出ている。

 政府系メディア「人民日報」(12月26日付)によると、深セン市に事務所を置く「愛佑未来慈善基金」という慈善団体がインターネット上で行っていた募金活動に、詐欺疑惑が浮上しているという。

 この団体は、閲覧者が自分の誕生日を入力すると、同じ誕生日に生まれた経済的支援が必要な児童の写真が表示され、1元(約16円)から募金ができるというサイトを運営していることで知られていた。しかし、市民から寄せられた通報により、その化けの皮がはがれることとなってしまった。

 その通報によると、このサイト上で異なる誕生日を複数入力した場合でも、同じ児童の写真が別の氏名とともに表示されるというのだ。当然ながら、誕生日は一人ひとつなわけで、こんなことはあり得ないが、同サイトでは少なくとも6人の児童が、複数の名前と誕生日を持つことになっていたという。さらに中には、世の中に存在しない「2009年2月29日生まれ」の児童の写真も確認できたという。

 人の善意につけ込んだ詐欺行為自体もさることながら、そのずさんな手口にも開いた口がふさがらない。

 メディアで今回の件が報じられると、中国民政部(日本の総務省に相当)はこの団体への業務停止を直ちに命じ、詐欺の疑いで捜査を行うことを発表した。

 この団体はこうした手口でこれまで255万元(約4,400万円)を集めていたとされ、今後、募金で手にした金の流れなどの解明が進められるという。中国では数年前に中国赤(紅)十字会の幹部を自称していた女性が、高級車を購入する様子や人気リゾート地で豪遊する様子をネットにアップし、寄付金を横領していたのではないかと中国赤十字会に非難が集まる事件が発生している。

 中国赤十字会は即座にこの女性の存在そのものを否定したがその後、中国赤十字会にはほとんど寄付金が寄せられることはなくなり、こうした慈善団体への信用が日に日に失墜している顕著な例となっている。

 寄付文化が日本よりも浸透しているという中国だが、その分、人の善意につけ込むこうした犯罪も多いのかもしれない。
(文=青山大樹)

 

 

世界的な禁煙ブームの中、子どもたちがタバコを吸いまくる奇祭があった!

 禁煙の動きが世界的に波及する中、そんなことをものともしない祭りがポルトガルの片田舎に存在する。

 首都・リスボンから約450キロ離れた同国北部に位置するバーレ・デ・サルゲイロ村では、毎年1月6日から7日にわたり、東方の三博士のベツレヘム来訪を祝う公現祭が開かれる。クリスマスシーズンの終わりを意味するこの祭りでは、ミサで祈りがささげられるほか、鼓笛隊が音楽を奏で、村人が薪の周りで踊ったりと、さながら日本の盆踊りのような風情だ。ただ、子どもたちがこぞって喫煙するという点を除いては……。

 この祭りでは、親が子どもにタバコを与え、喫煙をさせる習慣があるのだ。

 動画サイトにアップされているこの祭りの様子を撮影した映像には、あどけない顔の小学生くらいの男女が歩きタバコをしながら、白い煙をくゆらせている様子が見て取れる。

 ポルトガル紙「コレイオ・ダ・マーニャ」によると、5歳の子どもも喫煙するというこの祭りには数世紀にわたる歴史があるというが、その習慣がいつ始まったのか、またどういった意味があるのかについては、まったく不明だという。

 伝統とはいえ、子どもへのタバコの害が気になるところだが、地元民は「ふかしているだけだから害はない」「もちろんそれは祭りの2日間だけで、子どもはほかの日にはタバコをねだったりしない」と、いたってのん気だ。

 ちなみにポルトガルの法律では、タバコを購入できるのは18歳からとなっているが、親が子どもにタバコを与えることを取り締まる法律はないという。

 日本でもひと昔前には、祭りの日に限っては未成年の飲酒が黙認されていたことを考えると、似たようなものかもしれないが……。

 

「異常で、いきすぎたセックス」の末の悲劇……タイ人女性の“全裸転落死”で、英国人男性を逮捕

 1月6日早朝、タイのリゾート地・パタヤで、ホテル5階のバルコニーから女性が転落、後に死亡するという事件が起きた。

 大きな衝撃音を聞いたホテルの警備員が外に出ると、全裸の女性が地面に倒れており、その周囲は血の海と化していたという。発見時、彼女にはまだ息があったが、搬送先の病院で死亡が確認された。転落により、頭部を含む全身を強打したことが死因とみられる。

 警察の調べにより、女性の身元はワニパ・ジャンファソーンさん(26)と判明。彼女が性的サービスを提供するバーの従業員として働いていたこともわかった。

 また、倒れていた彼女の傍らからは、主成分がバイアグラと共通する勃起薬の包みが半分ほど残った状態で発見された。さらに、彼女が倒れていた場所に面した建物の5階の部屋からは、使用済みのコンドームや、脱ぎ捨てられた彼女の衣服も見つかった。こうした状況から、転落の直前、彼女と共にホテルの部屋にいた人物がなんらかの事情を知っているものとみて、警察は捜査を開始。勤務先のバーから彼女を連れ出していた英・バーミンガム出身の男、リース・ベラ容疑者を割り出した。

 翌日、警察はパタヤ市内にいたべラ容疑者の身柄を過失致死の容疑で拘束。その後の取り調べで、ワニパさんの転落前後の状況が明らかになった。

 警察が公表した情報によると、ベラ容疑者は彼女をバーから連れ出し、問題の部屋にチェックイン。ちなみにこの時、1,500バーツ(約5,200円)という条件で「商談成立」していたという。

 そして部屋のバルコニーで「異常で、いきすぎたセックス」に及んだ結果、彼女が転落。取り乱したベラ容疑者は、自身がオーバーステイ状態だったこともあって、現場から逃走。途中、バイクを盗むなどして、宿泊していた別のホテルに戻っていた。べラ容疑者は近く、起訴される見通しだという。

 それにしても、わずか5,000円あまりで春をひさぎ、命まで失ったワニパさんの無念を思うと言葉もない。

“うんこテロ”の恐怖!? シカゴ発・香港行き旅客機がアラスカに緊急着陸、FBIの発表は……

 去る12月、台北発バンコク行きの中華航空機内で、日本人乗客3人がトイレで喫煙するなどし、台北の桃園空港に引き返す事件が起きたばかりだが、今度は乗客の「うんこ」で旅客機が緊急着陸を行った。

 1月4日に緊急着陸したのは、乗客乗員合わせて245人が搭乗していた米シカゴ発・香港行きのユナイテッド航空895便。米紙「シカゴ・トリビューン」などが伝えたところによると、機内にある個室トイレのうち2室に人糞がまき散らされており、壁にも人糞が塗りたくられていた。さらに、うち1室の便器内にはシャツが詰まっていたという。

 この異常事態に対し、機長はアラスカのアンカレッジ空港への緊急着陸を決断。着陸後、現地の空港警察が客室の座席に上半身裸で座っていた男性を連行した。

 男性は22歳で、ベトナムのパスポートを持つ米国居住者だったが、十分な英語を話さなかったためベトナム語の通訳を介した取り調べが行われた。ただ、その通訳にも意味不明な内容を話しているといい、病院に身柄を移され、メンタルチェックが行われることになったという。

 男性は、暴力行為や、乗員への妨害行為などは行っていないことから、逮捕はされないとみられる。

 FBIによると、男性の行為は、テロ活動との関係はないと発表。また事件によるけが人も出ていないというが、一人の乗客のうんこで旅程変更を余儀なくされた乗客は、たまったものではないだろう。

ゾウに踏まれ、海で溺れ……タイで“ルール無視”の中国人観光客が死亡事故を起こしまくり!

 中国人観光客に今一番人気の行き先は、タイだといわれている。2016年には、およそ800万人の中国人がタイを訪れている。同年、日本に訪れた同国人が630万人ということからも、どれだけ多くの中国人がタイを訪れたかわかるだろう。

 ところが近年タイでは、そんな中国人観光客のマナー違反が原因で、多くのトラブルが発生しているという。

 新浪新聞(12月27日付)によると、先月21日、タイ東部チョンブリー県のゾウの観光施設で死亡事故が発生した。死亡したのは中国人旅行ガイドで、事故当時、中国人観光客たちをゾウの背中に乗せるため引率していた。

 ところが、一部の中国人ツアー参加者がゾウを取り囲み、棒でつついたり、尻尾を引っ張ったりとちょっかいを出し始めると、ゾウが暴れ出したという。

 結果、ゾウは近くにいたガイドの何永傑(ホー・ヨンジエ)さんの頭を何度も蹴り、何さんは病院に運ばれたが、死亡が確認されたのだった。そのほかに、2名の参加者が重傷を負ったという。

 事故発生当時、ゾウを取り囲む中国人観光客は複数人おり、施設側の関係者は、何度もゾウに近づかないよう観光客に注意を促していたが、それでもちょっかいを出し続けたのだ。

 今回、死亡事故を起こしてしまったゾウは17歳のオスで、おとなしい性格だったという。これまでトラブルもなく、この施設で観光客を乗せてきていたのだが、近々このゾウは木材運搬業者に売られてしまうようだ。また、施設側もゾウの管理不足や救助の遅れの責任を負い、賠償金として150万タイバーツ(約525万円)を、死亡した何さんの遺族や、ケガをした中国人観光客に支払うことが決まった。

 中国のネット上では「こんな常識がない奴らを、中国から出すなよ。ガイドもかわいそうだが、ゾウも被害者だ」「ゾウをいじめた人たちに、全責任を取らせるべきだ!」「こういうバカな観光客は中国に強制送還して、国内で厳しく裁かれてほしい」と、厳しいコメントが多く寄せられていた。

 今回はゾウに蹴られたことによる死亡事故だが、タイでは海で死亡する中国人観光客も急増しているという。2017年1月~6月までの半年間に、プーケットなどのリゾートビーチで、中国人観光客73名が水死しているという。その原因として最も多いのが、遊泳禁止区域での遊泳や飲酒しながらの遊泳だと報じられている(頭条新聞)。

 こうした死亡事故の発端には、多くの場合、中国人観光客によるルール違反がある。今年は900万人の中国人がタイにやってくると予想されるため、同国政府観光局は「中国人観光客には特に、観光地での注意事項をしっかり伝え、事故防止を図っていく」というが、果たしてそれで状況が改善されるのだろうか……。
(文=青山大樹)

排水溝・下水道から食用油を抽出! 中国で流通する“下水油”の恐怖「悪臭を放つドロドロの液体が……」

 下水をくみ上げた汚水から抽出した油分で生成される違法食用油「下水油」(地溝油)については本サイトでもたびたび取り上げてきた。

 一時は年間200万~300万トンが市場に流通しているともいわれ、大きな社会問題となったことから、中国各地では地方政府主導の下水油撲滅作戦が展開され、下水油業者は撤退したかのように見えた。

 ところが、彼らは地下深くに潜っていただけだったようだ。

 ニュースサイト「南方網」(12月26日付)によると12月初旬、広東省東莞市にある村の住民から当局に通報が寄せられた。その内容は、村の近くに建設された工場から悪臭が発生しているため、調査を依頼する内容だったという。

 地元住民の話によると、この工場は昼間は稼働しておらず、毎晩8時頃になると、ドラム缶を積んだトラックが工場を出入りするなど動きが活発になるという。地元メディアがこの工場に潜入し、ドラム缶の中を覗き込むと、そこには黄色や黒味を帯びた悪臭を放つドロドロした液体が積まれていたという。

 そして12月21日、地元衛生局が立ち入り調査を行い、工場内にあった下水油や、抽出に使用したとみられる道具などを押収した。この工場では、飲食店などの下水道や排水溝にたまっていた液体を集め、油分のみを抽出し、再び安い料金で食用油として販売していた疑いがあるという。さらに、油分を抽出する中で出た汚物を付近の川に直接流していたのだ。当局は環境汚染の容疑でも、この工場の関係者から聴取する見込みだという。

 専門家によると、下水油の成分にはヒ素よりも毒性の強い成分や、農薬、発がん性物質などが大量に含まれているというが、中国の消費者は一体どうやって身を守ればいいのだろうか……。
(文=青山大樹)

全裸状態でラップにくるまれ……ロシアで“パパ活”中の美人女子大生が惨殺される

 シベリアの森の中で、女子大生の遺体が発見された。遺体は全裸の状態で、食品用のラップでくるまれた上、ファスナー付きのカバンに入れられ、雪が降り積もったノヴォシビルスク近くを流れる川のほとりに放置されていた。性的暴行を受けたのち、絞殺されたものとみられる。

 その後の警察の調べにより遺体の身元は、2日前から行方不明になっていたクリスティナ・プリホチコ(19歳)と断定された。彼女が大学から帰宅しないことを不審に思った父親により、捜索願が出されていたのだ。

 美人女子大生のクリスティナには、実は裏の顔があった。彼女は金銭を介した交際を求める男女をマッチングするサイトに登録する、いわゆる“パパ活”女子だったのだ。彼女は同サイトに、自身のセクシーなポートレートを多数アップしていた。

 さらに彼女は12月21日に、性的関係を求める男性からの投稿に返信をしていたことが判明。警察はこの投稿を行った、ともに28歳の2人の男らを彼女を殺害した容疑で逮捕した。

 彼らは、クリスティナの遺体が発見される直前、不審な行動を取ったとして身柄を拘束されていた。クリスティナの捜索に当たっていた警察が車両検問を行っていたところ、ふたりの男が乗った車が検問を振り切って走り去った。しかしその車は、再び検問に引っ掛かり、ひとりが拘束されていた。もうひとりは逃走していたものの、やはりすぐに身柄を拘束された。

 彼らが最初の検問を振り切った際、警察は車内にファスナー付きの大型のカバンがあるのを目撃していたが、2回目の検問ではカバンはなかったという。

 警察は、そのカバンの中にクリスティナの遺体があり、男らが両検問の合間に遺棄したものと見ている。

 なお容疑者のうち一人は、強姦事件の容疑者となった過去があったというが、起訴は見送られていたようだ。

 容疑者らの取り調べにより、クリスティナは彼らの指示に従って同市郊外の家屋を訪れたのち、性的暴行を受け、殺害されたことが明らかになっている。

 金銭を対価に、女性が男性に疑似恋愛を提供するパパ活は日本でも密かに流行しており、同様の事件が起きないとも言い切れない。

中国で“老女レイプ被害”が続発中! 87歳の被害者が見た地獄「トイレに一緒に入ってきて……」

 儒教的思想が根強い中国では、高齢者を電車内で見かけたらすぐに席を譲るなど、老人は敬うべき存在である。そんな中国でショッキングな事件が起きている。

「網易」(12月20日付)などによると、遼寧省東港市でひとりの女性が強姦された。驚くのは、その被害女性の年齢。1930年生まれの87歳だという。

 14日、被害者の老女は娘の自宅にいた。そこへ娘の知人である範容疑者が訪ねてきたが、娘は不在。老女がそのことを告げたあと、そのまま屋外のトイレに向かった。すると、なぜか範容疑者がついてくる。そして老女が個室に入ると、なんと一緒に入ってきて、抵抗するも無理矢理犯されてしまったのだった。その後、範容疑者は妻を伴って故郷の吉林省白城市へと逃げたが、間もなく逮捕された。

 それにしても、なぜ妻がありながら90歳近い老女を強姦したのだろうか。よほどの熟女マニアだったのか。報道によると、範容疑者と妻との関係は良好だった。ただし、「正常な夫婦関係は、ずっとなかった」という。つまり、セックスレスだったのだ。

 

 そのうえ範容疑者には酒乱癖があり、女性に嫌がらせをするのが好きで、時にそれは親族にも及んだという。範容疑者は、事件当日も白酒(トウモロコシやキビなどを原料とする蒸留酒)とビールを飲んでいた。酔っていたとはいえ、老婆を犯そうとする感覚は理解できないが……。

 

 老女が被害者となったレイプ事件は、ほかにもある。「瀘州新聞網」(1月18日付)などによると、四川省瀘州市では、夫に先立たれ一人暮らしをしていた74歳の老女が被害に遭った。深夜1時過ぎに覆面をかぶった男が侵入。老女の寝込みを襲ったのだ。行為が終わると、20元(約340円)を置いていったという。行為の代金のつもりだろうか。金目当てではなく、完全に体目的で押し入ったようである。覆面男はまだ捕まっていない。

 年端もいかない女児が犠牲になる性犯罪が頻発する一方で、相次ぐ老女レイプ。これも男女の人口の極端な偏りが原因なのだろうか……。
(文=中山介石)

カネを返さなければ“さらし首”! 中国の裁判所が、返済滞納者の顔写真・個人情報を市民に大公開

 成長を続ける中国経済だが、ひとつの懸念事項となっているのが、巨額の不良債権問題だ。銀行業監督管理委員会によると、国内商業銀行が抱える不良債権総額は2017年9月末時点で1兆6,700億元(約28兆8,000億円)に達しており、債権全体の1.74%を占めているという。

 しかしこの数字には「見積もりが甘すぎる」という指摘があり、実際はその10倍に達すると見る向きもある。そんな中国で、借金の返済滞納者に対する強硬策が打ち出された。

 中国有数の大都市・西安の繁華街で、ビルの壁面に備えられた大型LEDスクリーンに、次々に映し出される顔写真。代わるがわる表示される顔写真の数は、計400人以上。彼らはみな、負債がありながら返済が滞っているか、返済自体を拒否している人々なのだ。

 地元ニュースサイト「西安新網」によると、彼らの“がん首”は、12月26日まで5日間にわたりさらされ続けた。スクリーンには顔写真だけでなく、姓名と身分証番号、住所などの個人情報も映し出されており、返済滞納者とはいえ、プライバシーの侵害甚だしい事態。しかもこれが、地元の地方裁判所の判断で行われた処置なのだから驚きだ。「金返さないようなヤツは、どんどんさらせばいい」と、市民らも好意的だという。

 同地裁は1月中に、返済滞納者らのさらなる情報を公開するとしたうえで、彼らが今後も滞納し続けるなら、拘留や罰金、移動の制限などの処分を科すと警告している。

 中国裁判所の借金取り立ては、闇金よりエゲツナイ!?