乃木坂46・松村沙友理の新写真集表紙が「まるでホラー!?」“女性目線”が大不評で大コケ必至!

 乃木坂46・松村沙友理の初写真集『意外っていうか、前から可愛いと思ってた』(小学館)が12月12日に発売された。

 撮影はハワイで行われ、松村が専属モデルを務める女性ファッション誌「CanCam」(同)がプロデュース。ウエディングドレスや水着姿に加え、ランジェリーカットにも挑戦。本人も「事務所NGだった私のお尻がこの写真集限定で解禁されます。ハワイでみせるちょっと大人な姿も楽しんでもらえると嬉しいです!」とコメントしている。

 近年は、22.9万部を売り上げた白石麻衣の『パスポート』(講談社)をはじめ、写真集ランキングの上位を乃木坂メンバーが独占しているだけに、松村もその流れに乗っていきたいところ。しかし、ファンの反応はどうにもビミョーだ。

「通常、楽天、セブンネット用と、いずれも表紙がイマイチだと不評なんです。女性ファッション誌のセンスなんでしょうが、化粧が濃く、目を大きく見開いてカメラを覗き込む表情は、どこかホラーチック。本人は気に入っているようですが、彼女の魅力は口半開きではなく、口角の上がったナチュラルな笑顔です。白石の写真集が女性層を取り込み大ヒットしたため、それを意識したのかもしれませんが、購買層の主力はあくまで男性ファン。これまで発売された乃木坂メンバーの写真集はナチュラルメークだったことで、ファンも素直に食いつきましたが、今回は“女性目線”が裏目に出てしまうかもしれませんね」(出版関係者)

 ファンが集うネット掲示板では、「顔が怖すぎる」「素材がいいんだから、それを生かしてほしかった」「普通のメークのほうが明らかにかわいい」「表紙悲惨でワロタ」といったブーイングが飛び交っている。

「松村といえば、2014年に不倫スキャンダルが報じられ、愛称の『さゆりんご』をもじり『ふりんご』と揶揄されたことも。12月26日には与田祐希、来年2月20日には伊藤万理華と今後も乃木坂メンバーの写真集発売が続くが、松村の写真集だけが売り上げ不調となれば、『不倫イメージのせい』と言われかねない。最低でも、他メンバー並みの売り上げは必須でしょう」(同)

 今月5日には欅坂46の渡辺梨加が、19日には同グループの長濱ねるも初写真集を出版する。いずれも初版10万超えと話題を呼んでいる。松村は“乃木坂ブランド”を維持できるだろうか?

乃木坂46・松村沙友理 写真集で“お尻解禁”の裏事情「貧乳だから仕方がない」!?

 乃木坂46の松村沙友理が来月、初ソロ写真集を発売。「事務所NG」とされてきたヒップを解禁するが、これには笑えない裏事情があるという。

 乃木坂1期生として、グループ結成より主要メンバーとして活躍してきた「さゆりんご」こと松村。今回めでたくヒップ解禁となったわけだが、ファンやメンバーの間では、確かに彼女のお尻は以前から話題になっていたそうだ。アイドルに詳しい芸能誌ライターは語る。

「松村のお尻は、昔からメンバーにネタにされてきました。乃木坂の冠番組『NOGIBINGO!』(日本テレビ系)では、メンバーから『移動車で寝ていてスカートがめくれた時に、パンツからお尻がはみ出てる』『下着が見えないようにはく“黒パン”をはいてもお尻が見えちゃう』などと、“巨尻”を暴露され、本人も『普通の女の子用のパンツをはくとTバックみたいになっちゃう』と告白。8日付の日刊スポーツの記事で、『おしりの魅力No.1』と書かれていたのは笑いました」

 お尻が大きな女性を好む男性は少なからず存在するので、そういったファンにとっては「魅力No.1」だろうが、必要以上にお尻アピールをするのは、もうひとつ理由があるという。前出のライターがこう明かす。

「『事務所NG』『初解禁』などと、お尻を盛んに宣伝するのは、松村が貧乳だからですよ。松村は先日、『乃木坂工事中』(テレビ東京系)でタイを訪れ、キックボクシングを体験し、かなりピタッとした洋服を着ていたのですが、胸の膨らみがまるでなく、ファンから同情の声が上がりました。初期から活躍してきた松村は、間違いなくグループの重要メンバーでしたが、2014年の不倫騒動で人気がガタ落ちし、あの一件以降、シングルのフロントメンバーに選ばれていません。今回の写真集は、そんな松村にとって初のソロ写真集ですが、彼女もすでに25歳。清純派路線を貫いてきた乃木坂ですが、ある程度の露出がなければ売れません。お尻アピールは、苦肉の策といったところでしょう」

 11月7日と8日には東京ドームでライブを行い、アイドルグループの頂点に立った彼女たちだが、個々のメンバーに目を向ければ、いろいろと苦労は絶えないようだ。

乃木坂46、“飲酒疑惑”報道の謝罪前日にバー出没!! 「早くクビにしないから」とファン激怒

20141119yamato.jpg
乃木坂46オフィシャルサイトより

 松村沙友理の不倫騒動で揺れる乃木坂46に、またもスキャンダルが勃発した。先月「週刊文春」(文藝春秋)に未成年飲酒疑惑を報じられてブログで謝罪した大和里菜が、その謝罪前日に都内飲食店で再びの飲酒、さらに今月には、男性アイドルと路上で抱き合っていたと、19日発売の同誌に報道されたのだ。乃木坂のスキャンダルに関しては、運営サイドの意向で「お咎めなし」となっているそうだが、これでは各メンバーの私生活にまったく歯止めが掛けられなくなってしまいそうだ。

 同誌は、大和が飲酒報道についてブログで「皆さんに私の軽率な行動で沢山の迷惑と心配をかけてしまい、本当に本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した前日夜、六本木にあるバーのVIPルームで「アイドルやってまーす。写真はやめてね」などと発言、やはりその場でも飲酒していたと報じている。さらに今月12日には、大和の交際相手という若手アイドルNEVA GIVE UPの岡田鷹斗と深夜に密会し、路上で抱擁していたと、写真とともに掲載。

乃木坂46・松村沙友理、不倫謝罪で二次炎上! スポーツ紙の奇妙な“美談仕立て”報道の謎

nogizaka_matumura.jpg
松村沙友理オフィシャルブログより

 8日発売の「週刊文春」(文藝春秋)によるスクープで、30代の集英社社員の既婚男性との“路上キス”が明らかとなった乃木坂46・松村沙友理。同日夜にはラジオ番組『レコメン!』(文化放送)に生出演し、涙ながらに謝罪を行ったが、この内容をめぐってさらなる“二次炎上”が発生しつつあるようだ。

 松村は、「もうご存知の方もいらっしゃると思いますが、今週発売の週刊誌に私の記事が掲載されます。書かれていることは事実じゃないことも多く、私も記事を読んで驚いています」と切り出し、ファンや関係者に謝罪。そしてお相手の男性とはナンパで知り合ったとして、妻子持ちであることやお互いの身分や本名も知らなかったとした。さらにキス写真を撮られた際は「飲みなれていないお酒に酔ってしまった」そうで、お互いの関係は「趣味の話をするお友達」という。また一部報道では、声を掛けられたのは都内・新宿の紀伊國屋書店だったことも伝えられた。

乃木坂46・松村沙友理、集英社編集者と“不倫路チュー”報道! 「AKBと同社の絆もぶち壊し」

nogizaka_matumura.jpg
松村沙友理オフィシャルブログより

 AKB48のライバルグループ・乃木坂46のメンバーが、初のスキャンダル報道に見舞われた。8日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で、乃木坂46の選抜常連メンバー・松村沙友理と、集英社の編集者である30代男性との“週1深夜密会”、さらには路上キス写真までバッチリと掲載されている。AKB48と同じく「恋愛禁止」を謳い、さらには清純派路線から“女子校”とも称される乃木坂46だけに、ファンにとって衝撃のスクープとなった。

 今までのAKB48のスキャンダルでも、ジャニーズJr.や運営サイドの幹部といった“シャレにならない”人物がお相手というケースは多々あったが、今回の松村の相手である編集者・S氏は、妻子持ちであり、さらにAKB48グループとは長年の蜜月関係で知られる集英社社員。もともとは同社「ヤングジャンプ」編集部所属の編集者だったが、現在はコンテンツ配信の部署へ異動している人物だという。