長澤まさみ、新月9『コンフィデンスマンJP』は新垣結衣の“幻影”との戦い?

 芳根京子主演の月9ドラマ『海月姫』(フジテレビ系)が大爆死中だ。視聴率はすでに3話、5話、6話で5%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。西内まりや主演『突然ですが、明日結婚します』の全話平均6.6%を下回り、月9歴代ワーストになるのが確実だろう。

 その芳根からバトンを受けるのが、4月スタートの『コンフィデンスマンJP』で主演する長澤まさみだ。その特報映像が公開されたのだが、ネット掲示板では不安視する声で埋め尽くされたという。

「長澤は詐欺師を演じ、くノ一、極道の女、マリリン・モンローなど、さまざまな扮装姿を見せています。しかし、セクシーというより『安っぽい』『コント?』『黒歴史になりそう』といったコメントが連打されており、評判はイマイチなようです」(芸能ライター)

 そんな長澤のお色気コスとともに、フジが番組の売りにしたいのが、『リーガルハイ』(フジテレビ系)の脚本を務めた古沢良太氏だ。

「特報でも古沢氏の名前を前面にアピールしていましたね。『リーガルハイ』は2012年のシーズン1は平均視聴率12.5%、13年のシーズン2は18.4%と、大人気ドラマとなりました。フジも本音ではシーズン3をやりたいのしょうが、主要キャラの元KAT-TUNの田口淳之介がジャニーズを退所したことで、実現できなくなってしまったようです」(テレビ関係者)

 とはいえ、番宣で“古沢推し”をすればするほど、視聴者の多くが『リーガルハイ』でヒロインを務めた新垣結衣を思い浮かべることだろう。

「『リーガルハイ』が男女問わず支持されて高視聴率を記録したのも、新垣の明るさ、華やかさ、清潔さがあったからこそ。舞台『キャバレー』では、長澤の露出過多なガーターベルト姿がハマり、話題になりましたが、ドラマではこうしたセクシーな姿は下品に見えてしまう可能性もある。自慢のFカップバストが揺れれば男性視聴者は喜ぶでしょうが、女性には敬遠されてしまう可能性もありそうです」(同)

 火中の栗を拾った長澤、視聴者から「やっぱりガッキーが見たかった」と言われなければいいが……。

長澤まさみ、新月9『コンフィデンスマンJP』は新垣結衣の“幻影”との戦い?

 芳根京子主演の月9ドラマ『海月姫』(フジテレビ系)が大爆死中だ。視聴率はすでに3話、5話、6話で5%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。西内まりや主演『突然ですが、明日結婚します』の全話平均6.6%を下回り、月9歴代ワーストになるのが確実だろう。

 その芳根からバトンを受けるのが、4月スタートの『コンフィデンスマンJP』で主演する長澤まさみだ。その特報映像が公開されたのだが、ネット掲示板では不安視する声で埋め尽くされたという。

「長澤は詐欺師を演じ、くノ一、極道の女、マリリン・モンローなど、さまざまな扮装姿を見せています。しかし、セクシーというより『安っぽい』『コント?』『黒歴史になりそう』といったコメントが連打されており、評判はイマイチなようです」(芸能ライター)

 そんな長澤のお色気コスとともに、フジが番組の売りにしたいのが、『リーガルハイ』(フジテレビ系)の脚本を務めた古沢良太氏だ。

「特報でも古沢氏の名前を前面にアピールしていましたね。『リーガルハイ』は2012年のシーズン1は平均視聴率12.5%、13年のシーズン2は18.4%と、大人気ドラマとなりました。フジも本音ではシーズン3をやりたいのしょうが、主要キャラの元KAT-TUNの田口淳之介がジャニーズを退所したことで、実現できなくなってしまったようです」(テレビ関係者)

 とはいえ、番宣で“古沢推し”をすればするほど、視聴者の多くが『リーガルハイ』でヒロインを務めた新垣結衣を思い浮かべることだろう。

「『リーガルハイ』が男女問わず支持されて高視聴率を記録したのも、新垣の明るさ、華やかさ、清潔さがあったからこそ。舞台『キャバレー』では、長澤の露出過多なガーターベルト姿がハマり、話題になりましたが、ドラマではこうしたセクシーな姿は下品に見えてしまう可能性もある。自慢のFカップバストが揺れれば男性視聴者は喜ぶでしょうが、女性には敬遠されてしまう可能性もありそうです」(同)

 火中の栗を拾った長澤、視聴者から「やっぱりガッキーが見たかった」と言われなければいいが……。

紅蘭と浜ちゃんの息子、柳原可奈子と市川由衣……芸能界の意外な“同級生”たち

 1月21日放送の『ウチくる!?』(フジテレビ系)にタレントの紅蘭が出演。その際、紅蘭に縁のあるゲストとして、子どもの頃から同じ学校だったという渡辺徹の長男・渡辺裕太と野村将希の次男・野村祐希が登場した。渡辺は少女時代の紅蘭について、「1個下でキャラも立ってた」「毛皮のコート着て、ミニスカ履いてランドセルみたいな。そんな感じの印象なんですよ、僕は」と、当時からぶっ飛んだキャラだったことを説明し、笑いをとっていた。

 実は紅蘭は二世タレントの知人が多く、ダウンタウン・浜田雅功の長男であるハマ・オカモトとも友人関係にある。2017年2月24日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演した際も、浜田が、紅蘭と息子が同じ小学校だったことを明かしていた。紅蘭の父・草刈正雄と共に同じ学校の保護者として小学校の運動会の父母競技に参加していたことなどを語り、共演していたダウンタウン・松本人志や坂上忍を驚かせている。また紅蘭も「私、けっこう浜田さん変な感じがするんですよね。友だちのお父さんって感じなんで……。逆に、なんか緊張感がある」と告白している。

 紅蘭とハマ・オカモトには深い縁があり、実は15年に事故で亡くなった紅蘭の弟は、ハマ・オカモトの同級生。ハマ・オカモトと『ズットズレテルズ』というロックバンドを組む仲でもあったのだ。

 このように、実は芸能界にはタレント同士が同級生だったという関係が多い。新垣結衣と多部未華子は、芸能人が多く在籍する高校として有名な日出高校の同級生。高1から高3までの3年間、一緒に弁当を食べるほどの仲だったという。

「新垣さんは『堂本剛の正直しんどい』(テレビ朝日系)にゲスト出演した際、『多部未華子が友だちなんですけど』とはっきり明言してます。多部さんは新垣さんを“ゆいぼう”と呼んでいたそうで、卒業旅行に一緒に鎌倉に行った話はファンの間では知られた話です」(週刊誌記者)

 また、意外なところでは芸人の柳原可奈子と市川由衣も中学時代の同級生。市川は09年にドラマ『オトメン(乙男)〜秋〜』(フジテレビ系)で柳原と共演した際、自身のブログにて「夢が叶って本当にうれしかった!!」とその喜びを綴っている。市川はデビューの時からいつかドラマで共演したいと話していたことや、中学の時に一緒にお笑いを見に行ったことも明かしており、柳原について「かなちゃんは昔からそばにいる人をHAPPYな気持ちにさせるパワーがあるんだよなぁ。。あいかわらず素敵な女の子でした」(原文ママ)と絶賛している。

 友人として、また仕事仲間として刺激し合える貴重な関係の同級生。今後も大事にしてほしいものだ。 

 

紅蘭と浜ちゃんの息子、柳原可奈子と市川由衣……芸能界の意外な“同級生”たち

 1月21日放送の『ウチくる!?』(フジテレビ系)にタレントの紅蘭が出演。その際、紅蘭に縁のあるゲストとして、子どもの頃から同じ学校だったという渡辺徹の長男・渡辺裕太と野村将希の次男・野村祐希が登場した。渡辺は少女時代の紅蘭について、「1個下でキャラも立ってた」「毛皮のコート着て、ミニスカ履いてランドセルみたいな。そんな感じの印象なんですよ、僕は」と、当時からぶっ飛んだキャラだったことを説明し、笑いをとっていた。

 実は紅蘭は二世タレントの知人が多く、ダウンタウン・浜田雅功の長男であるハマ・オカモトとも友人関係にある。2017年2月24日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演した際も、浜田が、紅蘭と息子が同じ小学校だったことを明かしていた。紅蘭の父・草刈正雄と共に同じ学校の保護者として小学校の運動会の父母競技に参加していたことなどを語り、共演していたダウンタウン・松本人志や坂上忍を驚かせている。また紅蘭も「私、けっこう浜田さん変な感じがするんですよね。友だちのお父さんって感じなんで……。逆に、なんか緊張感がある」と告白している。

 紅蘭とハマ・オカモトには深い縁があり、実は15年に事故で亡くなった紅蘭の弟は、ハマ・オカモトの同級生。ハマ・オカモトと『ズットズレテルズ』というロックバンドを組む仲でもあったのだ。

 このように、実は芸能界にはタレント同士が同級生だったという関係が多い。新垣結衣と多部未華子は、芸能人が多く在籍する高校として有名な日出高校の同級生。高1から高3までの3年間、一緒に弁当を食べるほどの仲だったという。

「新垣さんは『堂本剛の正直しんどい』(テレビ朝日系)にゲスト出演した際、『多部未華子が友だちなんですけど』とはっきり明言してます。多部さんは新垣さんを“ゆいぼう”と呼んでいたそうで、卒業旅行に一緒に鎌倉に行った話はファンの間では知られた話です」(週刊誌記者)

 また、意外なところでは芸人の柳原可奈子と市川由衣も中学時代の同級生。市川は09年にドラマ『オトメン(乙男)〜秋〜』(フジテレビ系)で柳原と共演した際、自身のブログにて「夢が叶って本当にうれしかった!!」とその喜びを綴っている。市川はデビューの時からいつかドラマで共演したいと話していたことや、中学の時に一緒にお笑いを見に行ったことも明かしており、柳原について「かなちゃんは昔からそばにいる人をHAPPYな気持ちにさせるパワーがあるんだよなぁ。。あいかわらず素敵な女の子でした」(原文ママ)と絶賛している。

 友人として、また仕事仲間として刺激し合える貴重な関係の同級生。今後も大事にしてほしいものだ。 

 

吉岡里帆、椎木里佳……ガッキーに似ていることで“反感”を買ってしまった女たち

 一昨年のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)から人気が再燃し、今や“好感度No.1女優”の座につく、ガッキーこと新垣結衣。最近では彼女にそっくりだという中国の美人女子大生 “栗子”こと竜梦柔(ロン・モンロウ)が話題沸騰。すでに日本でも多数のファンがついており、ちょっとしたフィーバー状態だ。似てるというだけで、こんなにも話題になるのだから、いかにガッキー人気が凄まじいのかよくわかる。

 しかし、“ポストガッキー”と呼ばれたり、似たルックスであることで、逆に反感を買ってしまった者たちもいる。

 その1人が人気急上昇中の女優・吉岡里帆。色白美肌と大きな瞳、ナチュラルな美貌から、デビュー当時は“ポスト新垣結衣”と呼ばれていた。昨年1月期のドラマ『カルテット』(TBS系)での演技が高い評価を受けるなど、今や若手実力派女優としてのポジションを築いている。

 そんな彼女は現在、主に女性からの反感を買ってしまっているという。その理由は、彼女が星野源と共に出演したCM「どん兵衛」にあるというのだ。芸能事務所勤務のAさんはこう語る。

「あのCMは星野源さんが眼鏡をかけていたり、女性が苦手な風だったりと、設定が『逃げ恥』を彷彿とさせる作り。そんな中、新垣さんにとって変わってヒロインを演じたのが吉岡さんでした。“どんぎつね”というキツネの化身として、耳や尻尾、ふわふわの服といった萌え要素満載の格好で星野さんを見つめる吉岡さんのあざとすぎるかわいさは凄まじいものがあった。星野さんのファンのみならず、多くの女性の心をイラッとさせたのも無理はありません」

 さらにCMだけでなく、吉岡のある行動が星野ファンの逆鱗に触れることになったと続ける。

「昨年の『NHK紅白歌合戦』で星野さんの出番の時、審査員だった吉岡さんが小さく手を振っているのが映っており、それを見たファンたちが『色目を使っている!』と激怒していました。吉岡さんは星野さんだけでなく『カルテット』で共演した松たか子さんにも手を振るなど、ただフレンドリーなだけだったんですけどね……」

 そしてもう1人、ガッキーと似ていることが結果的にアンチを刺激してしまったのが、若手起業家の椎木里佳(20)だ。椎木は中学生の時に株式会社AMFを設立、“美人女子高校生社長”として瞬く間に有名になった人物。現在は慶應義塾大学に在学中で、父親もアニメ『秘密結社 鷹の爪』をヒットさせた会社の社長であったりと、裕福な家庭に育ち、知名度も学歴も兼ね備えている才媛。顔立ちもガッキーに似た雰囲気があり、SNSでは“ガッキー似の美女”と言われることも多い。

 そんな“何でも持っている”ところが勘に触るのか、ネット民の嫉妬の対象にされており、アンチが多いことでも知られている。

 そんな彼女がある時、Twitterにて、フォロワーに「これガッキーって言われてるんですけど椎木様ですよね?」と椎木の写真をつけて話しかけられることがあった。椎木はフォロワーに対し、「自分ですね」と返信。そんな普通のやり取りだけで、アンチにイジられてしまう憂き目に遭っているのだ。

「椎木さんは質問に答えただけなのですが、アンチはこのやり取りで椎木さんが新垣さんを意識しているのではと面白がっていました。今でも『自分ですね』の言葉をからかった投稿をネット掲示板などに書き込む始末です」(雑誌編集者)

 自分で「ガッキーに似てる」と言ったわけではないのに、誰かが似てると言いだしただけで反感を買うというのは、あまりにも理不尽。そう思うと、“唯一無二の存在”と崇められているガッキーは、つくづく罪な女なのかもしれない!?

新垣結衣が妙にハイテンション!? その裏に「三浦春馬との復縁」説が浮上中! 所属レプロとの軋轢も……

 新垣結衣と星野源が主演し、2016年の大ヒットドラマとして人気を博した『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)。この年末年始にかけて、全話一挙放送が決定し、多くの『逃げ恥』ファンから喜びの声が上がっている。

 一方、その裏側で、新垣と俳優・三浦春馬の“復縁”がささやかれており、注目されているという。

「夏頃から、三浦との復縁のウワサが流れている。新垣は“視聴率女王”ともいわれ、今が旬の女優。これが事実であれば、所属事務所のレプロエンタテインメントは反対することが予想される。復縁は、事務所との板挟みになるのではないかと危惧されているんです」(ドラマ関係者)

 新垣と三浦は2007年に公開された映画『恋空』で共演。その後、新垣はドラマで共演したジャニーズ事務所の関ジャニ∞・錦戸亮とウワサになったが、ジャニーズの横やりで破局している。そのうちに三浦との交際が始まったが、錦戸の時のように事務所関係者から干渉されたくなかったため、極秘で交際を続けていたという。

 しかし、昨年の9月に三浦の熱愛が発覚。相手は、世界で活躍するダンサーの菅原小春で、アプローチは三浦自身からだったとか。新垣は『逃げ恥』のスタート直前に知ることとなったが、菅原との熱愛のショックは計り知れないほどであったという。

 三浦の熱愛発覚前、新垣と同じくレプロに所属していた人気女優の能年玲奈(のん)が事務所との関係悪化による独立トラブルで、昨年6月に契約が終了となった。これにより、事務所の看板女優として、新垣の負担が大きくなり、彼女には相当なプレッシャーがのしかかった。

 ドラマへの影響も心配されたが、『逃げ恥』はエンディングの“恋ダンス”もブームとなり、テレビ朝日系の人気ドラマシリーズ『ドクターX~外科医・大門未知子~』と肩を並べるほどの視聴率と話題性を獲得した。『逃げ恥』は16年を代表するドラマと評価され、放送から1年たってもブームは収まることがなく、年末年始の全話一挙放送が実現するほどの人気作品となった。

 その後も、新垣はフジテレビの人気“月9ドラマ”『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』に出演し、高視聴率に貢献するなど、女優として絶好調であった。主演映画の『ミックス。』も公開となり、10月23日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)に宣伝を兼ねてゲスト出演。下品な話題が出ても、嫌な顔一つせず「下ネタ、どんどん、やってください」と発言するほどの上機嫌だったという。

 関係者によると、新垣のハイテンションぶりはその番組の前より続いており、三浦と復縁したのではないかとウワサされていた。

 というのも、熱愛報道がなされていた三浦と菅原は、ネット上での炎上が原因で破局したといわれていたからだ。今年4月に、菅原が自身のインスタグラムで、サラリーマンをバカにするような投稿をし、炎上。これによって批判が菅原だけでなく、三浦にまで及び、「別れろ」という書き込みがなされるようになった。結果、喧嘩が絶えず、関係が悪化してしまったのだという。

 そんなことを知ってか知らずか、新垣が久しぶりに三浦にメールしたことがきっかけで、2人は夏に再会し、そして復縁がウワサされることになったようだ。

 新垣は、ほかのバラエティ番組では、結婚について「29歳になったので、いつかはしたい」と願望を語っているだけに、三浦との交際の行方が注目されるが、新垣はレプロの看板女優であるため、事務所側の反対が予想される。

 売れっ子女優の恋愛と利益を追及する事務所との軋轢は、避けられないだろう。果たして、新垣がどうクリアするか……?
(文=本多圭)

新垣結衣『逃げ恥』最高16.1%! キスハグシーン“おあずけ”で、「欲求不満」と視聴者暴走!!

 11月29日、新垣結衣主演のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の第8話が放送され、自己最高を更新する16.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)という高視聴率だったことがわかった。しかし、ネット上では「今週は物足りなかった」という不満の声も多く上がっているようだ。

 同ドラマは、院卒で内定なしの主人公・森山みくり(新垣)が、独身会社員の津崎平匡(星野源)と“契約結婚”するというラブコメディー。第8話では、初の離婚危機を迎えた2人が、それを乗り切ろうと奮闘する……という内容だった。

「これまでは、奥手な平匡とみくりとの絶妙な距離感が描かれ、視聴者を“ムズキュン”させるドラマとして人気を博してきました。しかし今回は離婚寸前という状況のため、みくりが両親のもとに帰っており、ラブコメ要素が控えめに。平匡とみくりのやりとりが好評を博していることもあり、『もっと胸キュンする展開が見たかった』『胸キュン展開のピークは過ぎちゃったかも』『もっと2人にくっついてほしいのに! 欲求不満!!』という暴走気味の声が上がっています」(芸能ライター)

 今話ではラブコメ展開が控えめだった分、家事や育児といった家庭の問題が前面に描かれていた。みくりの実家では、ケガをした母親の代わりに父親が家事を行っているという描写があり、「男性の家事」について焦点が当たられたほか、討論番組『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)のパロディパートが挿入され、みくりが「働く女性の育児問題」をテーマに持論を展開する場面もあった。

「しかし、視聴者が望んでいるのは、平匡とみくりのハグやキスシーンだったようで、物足りないと感じる人も少なくなかった。とはいえ、初めての離婚危機という展開に注目が集まったのか、視聴率は16.1%を記録。前話の13.6%から一気に視聴率が上昇し、自己最高視聴率を更新しました」(同)

 視聴者に“おあずけ”を食らわせた格好となった第8話だが、そんな展開の巧みさも『逃げ恥』の人気が沸騰している理由の1つかもしれない。

新垣結衣、“オワコン”認定の危機!? 10月期主演『逃げ恥』は「低視聴率連発の鬼門枠」!

yuiaragaki0728.jpg
「可愛い」という一本刀で芸能界を生き抜いて

 新垣結衣が10月期のTBS系連続ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(火曜午後10時~)で主演を務めることがわかり、ファンを歓喜させている。新垣の連ドラ主演は2015年10月期『掟上今日子の備忘録』(日本テレビ系)以来、1年ぶり。TBSでは、13年4月期『空飛ぶ広報室』以来、3年半ぶりとなる。
 
 新垣が演じるのは、彼氏なし、大学院卒だけど内定ゼロ、派遣社員になるも派遣切りにあい、求職中の森山みくり(25)。みくりは父親のはからいで独身の会社員・津崎平匡(36)の「家事代行」として働き始める。その仕事も、あるきっかけで失いそうになると、追い詰められたみくりは「就職という意味での結婚」を津崎に提案。事実婚としての「契約結婚」を津崎は受け入れ、「雇用主=夫」「従業員=妻」として結婚することになる。恋愛感情を持たないはずの2人が同じ屋根の下で暮らすうちに、お互いを意識しだすようになるという、契約結婚の行方を描いた社会派ラブコメディだという。
 

新垣結衣、“セクシー露出”解禁!? 『掟上今日子』ワースト更新で「可愛いだけ」も限界

1512_okitegami_01.jpg
『掟上今日子の備忘録』(日本テレビ系)公式サイトより

 先日最終回を迎えた、新垣結衣主演の連続ドラマ『掟上今日子の備忘録』(日本テレビ系)。最終回の平均視聴率は10.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、全10話の平均視聴率は9.69%だった。

 10月の日テレ「土曜ドラマ」枠で始まった『掟上今日子の備忘録』は、『<物語>シリーズ』(講談社)などで知られる人気作家・西尾維新氏の原作をもとにした推理ドラマ。寝ると記憶がリセットされてしまう白髪&メガネの“忘却探偵”掟上今日子を新垣が、幼い頃から何かと不運に見舞われる男・隠館厄介を岡田将生が演じたほか、及川光博やHey!Say!JUMP・有岡大貴などのレギュラー陣を中心に、各話ゲストを招き1話完結でストーリーが展開された。

新垣結衣、『掟上今日子の備忘録』7%台の危機! 「20代女優の近年ワースト」の可能性も?

151120okite.jpg
『掟上今日子の備忘録』(日本テレビ系)公式サイトより

 初回視聴率12.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録した、新垣結衣主演の連続ドラマ『掟上今日子の備忘録』(日本テレビ系)。4話目までは2ケタをキープしながらも、緩やかに数字が減少。新垣の主演作で過去ワーストを記録しそうなほど、厳しい状況になっている。

 今作では、寝ると記憶を失くしてしまう“忘却探偵”の掟上今日子を演じている新垣。小説家・西尾維新氏の原作で使用されているイラストと同じ「白髪メガネ姿」にイメージチェンジしたこともネット上で話題となった。岡田将生、及川光博、Hey!Say!JUMP・有岡大貴らが脇を固め、視聴者からは「緩く見れて最後はウルッとするのが良い」「ライトなミステリーで気軽に楽しめるし、ガッキーが毎週かわいい」という好意的な声もあるものの、視聴率は2話で10.3%にダウンし、10.9%(3話)、10.2%(4話)と3週連続で10%台に。5話ではついに8.8%と1ケタに落ちてしまい、さらに11月14日放送の6話は7.6%で、ついに最低記録を更新してしまった。