“窃盗未遂”トップリード・新妻が太田プロ解雇! 元よしもと実刑芸人・北見寛明との決定的違い

 住居侵入と窃盗未遂の疑いで現行犯逮捕され、6日に不起訴処分となったお笑いコンビ・トップリードの新妻悠太が同日夜、自身のブログで「考えの甘さと、幼稚さが招いたこと」と綴り、謝罪した。

 この日、約17年にわたり所属していた太田プロダクションから契約解除の処分を下された新妻は、「社長を含め、事務所のたくさんの方々が僕らのこれからのこと考え、思って下さり出された決断」と綴り、「芸人という道からは足をあらい、自分と向き合い、反省し、色々とこれからのこと考えてみたい」と引退を報告。

 また、事件について「逮捕当初は、自らの弱さからすべて認めることが出来ませんでした」「すべては私の責任であります。改めて自らの行いを深く反省するとともに、2度とこのようなことを起こさないことを誓います」と自責の念を綴っている。

 新妻は先月22日の早朝、東京・新宿区のマンションの一室に侵入。物色中に部屋で寝ていた男性に気付かれ、逃走したが、マンションから150メートルほど離れた路上で住人に取り押さえられ、110番通報された。

「被害者と示談が成立し、起訴猶予になったものとみられる新妻ですが、芸人仲間は『あんないい人が、なぜ……』『何かの間違いに違いない』と口を揃えていただけに、あっさりとした幕引きに、暗いムードが漂っています」(芸能関係者)

 新妻といえば、昨年3月に一般人の妻との間に女児が誕生したばかり。SNSを見る限り、その子煩悩ぶりが窺える。

「埼玉県・新座市に一軒家を購入して間もないことをラジオのトークネタにしていた新妻ですが、住宅ローンも相当残っているよう。トップリードは『キングオブコント』決勝に2年連続で進出するなど、中途半端に顔が知れ渡っていますから、周囲のサポートでもなければ再就職はなかなか厳しいのでは?」(同)

 似たようなケースでは、無免許運転で2度目の逮捕をされたベイビーギャングの北見寛明が、2016年によしもとクリエイティブ・エージェンシーを解雇されている。

「懲役4カ月の実刑判決を受けた北見ですが、昨年11月にフリーの芸人として活動を再開。いまだ目立った活動はないものの、今月5日にはSNSで何かしらのオーディションに合格したことを報告している。もともとイケメンのチャラ男キャラで売っていた北見はワーキャーの女性ファンも多く、今も一定の人気がある模様。真面目にコントを作り続けてきた職人気質の新妻とは、全くタイプが異なりますね」(同)

 最後に更新されたブログでは、「相方は太田プロに残り、芸人を続けます。とても不器用で短気で、でもお笑いに対する熱は誰にも負けない男です。どうかどうか皆様、助けてあげてください」と相方の和賀勇介を気遣った新妻。幼子と住宅ローンを抱え、これからどんな人生を歩むのだろうか?

元AKB48・小野恵令奈、「AVデビュー説」「妊娠説」も浮上!? 芸能界引退も険しい今後

erepyoncd.jpg
『ERENA(初回限定盤A)』/ワーナーミュージック・ジャパン

 元AKB48のアイドル・小野恵令奈の芸能界引退を、所属事務所のレプロエンタテインメントが発表した。小野はオフィシャルブログで、「新たな夢や目標が出来て今回の様な決断をさせて頂きました。」と、今後は芸能界とは別の道を歩むと語っているが、ネット上では厳しい意見が飛び交っているようだ。

 小野は、2006年に「第二期AKB48追加メンバーオーディション」に合格して芸能界デビュー。その後、09年にAKB48が発表した「涙サプライズ!」のカップリングにソロ曲が収録されるなど、人気メンバーに成長した。しかし、その翌年、AKB48を卒業。大ブレークのまっただ中にグループを辞めたことは、当時ファンに衝撃を与えた。

ジブリ・宮崎駿監督の引退会見で、マスコミの視線を集めた某キャスター

kazetatinu01_01.jpg
『フィルムコミック 風立ちぬ(上)』(徳間書店)

 先日、長編映画作品からの引退を発表したスタジオジブリの宮崎駿監督。6日、東京・吉祥寺のホテルで行われた会見には600名超のマスコミが殺到。巨匠の一挙手一投足に注目が集まった。日本のアニメーション映画界における巨匠の去り際の「ドタバタ舞台裏」をお届けしよう。

 午後1時、テレビカメラを中心にホテルの受付は大混雑していた。ホテル周辺に警察が警備に立つほどだった。

タモリ『いいとも!』降板の次は、芸能界引退説も!?

【ハピズムより】

waratteiitomo.jpg
笑っていいとも!公式HP

 いつの間にかデビュー当時の「恐怖の密室芸人」という肩書きが消え去り、いつの間にか眼帯を外し、そしていつの間にかお昼の顔になっていたタモリ。

 タモさんの愛称で親しまれている彼が、7月1日放送の『笑っていいとも!』(フジテレビ)から翌2日にかけて本番中に姿を消すようになってからというもの、今や芸能ニュースサイトではタモリ引退説が持ち切りだ。これまでは「笑っていいとも!」の終了がウワサされることはあっても、タモリの引退が囁かれることはほとんどなかった。

続きを読む

メンタリストDaiGoは「メンヘラリスト」!? 引退宣言も、翌日撤回の茶番の真相

mentalist.jpg
画像は、公式ブログ「メンタリズム・ラボ」より

 メンタリストとしてバラエティー番組などにひっぱりだこだったDaiGoが16日夜、自身のブログで「今までお世話になった皆様、メンタリストDaiGoを応援していただいた皆様、本当にありがとうございました」「今後はメンタリストとしてではなく、一人の人間として、生きていきます。またいつか、皆さんにお会いできる日まで」と、引退を宣言。Yahoo!ニュースでも取り上げられ、話題になった。

 しかし、翌日の17日夜、「まだ、メンタリストをやめるつもりはないです」とブログで宣言を撤回。

続きを読む

メンタリストDaiGoは「メンヘラリスト」!? 引退宣言も、翌日撤回の茶番の真相

mentalist.jpg
画像は、公式ブログ「メンタリズム・ラボ」より

 メンタリストとしてバラエティー番組などにひっぱりだこだったDaiGoが16日夜、自身のブログで「今までお世話になった皆様、メンタリストDaiGoを応援していただいた皆様、本当にありがとうございました」「今後はメンタリストとしてではなく、一人の人間として、生きていきます。またいつか、皆さんにお会いできる日まで」と、引退を宣言。Yahoo!ニュースでも取り上げられ、話題になった。

 しかし、翌日の17日夜、「まだ、メンタリストをやめるつもりはないです」とブログで宣言を撤回。

続きを読む

嶋大輔の引退&政界転身会見で一番おいしかった!? 名司会者・徳光和夫の魂胆

tokumitsu_intro.jpg
『徳光和夫のイントロ・オン!!』/Sony Music Direct

 4月24日、突然芸能界引退と政界転身を表明、翌日記者会見で正式表明した歌手で俳優の嶋大輔。芸歴32年をかなぐり捨ててまでの新たな門出――その記念すべき会見を仕切ったのは、意外にもタレントの「結婚式」でお馴染み、フリーアナウンサーの徳光和夫だった。

 一見、嶋とは何の関係もないと思われる徳光が司会を務めるということで、記者の中には驚いた者も少なくなかったという。

浅尾美和引退会見、チグハグな言動に見た“ビーチの妖精”の凋落

asaomiwa.jpg
『浅尾美和ファーストDVD「asao miwa」』
/ポニーキャニオン

 ビーチバレー女子・浅尾美和が、12日、都内で引退会見を行った。その愛らしいルックスで、特に男性からの人気を集め、“ビーチの妖精”とまでいわれた人気選手の引退……会見は、さぞかし盛り上がりを見せるかと思われたが、実際には、「予想以上に、世間の浅尾への注目度の低さを感じさせるような、しらけた会見だった」(スポーツ紙記者)という。自ら“引退”という大きな話題を振りながらも、それをうまく生かせなかった浅尾の引き際。その舞台裏とは……。

 会見場は、東京・お台場の高級ホテル。「夕方のニュースに入れ込みやすい時間を意識して開始時間が設定された」という会見は、午後5時にスタート。ところが、集まったマスコミ陣は、およそ30~40名程度だった。

「ビーチに浅尾を狙ったカメラ小僧が増殖した時代を考えると、やはり“過去の人”になったという印象が否めませんでした」(現場記者)

中西モナ、神田うのとPJ・野口美佳に接近で、表舞台復帰も近い?

nakanishimona.jpg
『モナ 本当の私』/日経BP社

 2010年8月、結婚宣言と共に芸能界引退をほのめかしていた中西モナ(旧姓・山本)だが、現在はママタレ、また文化人として細々と活動を行っているようだ。引退宣言から約1カ月であっさり公の場に登場したりと、この“掟破り”な行動に冷ややかな視線が送られているが、本人はどこ吹く風のようだ。

 モナの第一印象といえば、やはり2度も繰り返した“不倫騒動”が思い浮かぶことだろう。06年に衆議院議員・細野豪志氏との“路上チュー”が報じられ番組を降板、謹慎後の初レギュラー番組の初日には、プロ野球選手・二岡智宏との“五反田ラブホデート”がスクープされた。