綾瀬はるか『奥様は、取り扱い注意』“伏線回収”失敗か? モヤモヤ最終回に賛否

 主演の綾瀬はるかの魅力が爆発しているアクションホームコメディ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)。6日放送の第10話(最終回・10分拡大)の平均視聴率は、前回から0.5ポイントアップの14.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。前回の煽り方が激しかったため、15%超えは必至と予想していましたが、自己2番目の高視聴率で終了しました。

 そういえば、主人公の夫役を好演中の西島秀俊が、家族スリーショットを初めてキャッチされた模様。発売中の「週刊女性」(主婦と生活社)には、2時間サスペンスの犯人のような微妙なファッションに身を包む西島の姿が掲載されております(これの2枚目)。

 さて、そんな西島演じる勇輝の正体やいかに? 最終回のあらすじを振り返ります。

※過去のレビューはこちら
http://www.cyzo.com/tag/奥様は、取り扱い注意

■全てが明らかに!

 ハッカーの小雪(西尾まり)から、夫・勇輝の正体が公安の人間だと知らされた元特殊工作員の菜美(綾瀬)。勇輝が帰る前に、自宅に仕掛けられた監視カメラを全て撤去。帰宅した勇輝が、食卓に置かれた監視カメラを見た次の瞬間、キッチンでキャベツを切っていた菜美は勇輝の顔に向かって包丁をヒューン! 勇輝はとっさに持っていたバッグでガード。おもむろに靴下を脱ぎ捨てた2人は、「あなたのこと信じてたのに」「騙してたのは君も同じだ」とリビングで激しいバトルを繰り広げます。

 すると、勇輝のパンチが菜美にヒット。これでエンジンがかかった菜美は、再び包丁を持ち出しますが、壁に追い詰められた拍子に夫婦写真が落下し、フレームがパリーン。試合終了です。

 2人は食卓につき、勇輝は全てを打ち明けることに。勇輝は、菜美が以前の戸籍を捨てる半年前から監視していたものの、普通のOLになった菜美の行動が理解できず、近づくために出会い系パーティーに潜入。しかし、一目惚れした勇輝は「見慣れてるはずの君と面と向かって目と目が合っただけで、俺はあっという間にイカれちまったんだ」と言います。任務を忘れ、イカれちまったそうです。

 また、菜美への監視は結婚後1年の予定だったものの、(第8話で)与党幹事長代理の三浦(冨家規政)を破滅させたために、公安にとって菜美はテロリストに準じる存在に。そこで、菜美がこれ以上、国内で怪しい動きをしないよう、勇輝は上司に掛け合ってドイツ行きを提案したんだとか。これに菜美は、「ありったけの力で喧嘩をして、仲直りがしたかった。それなのに、あなたは私の首に首輪をはめたいっていうの?」と不満げです。

 一方、売春斡旋組織のリーダー・横溝(玉山鉄二)にはめられた優里(広末涼子)は、売春を拒否。すると、見せしめとして横溝の手下にボコられ、入院してしまいます。

 優里から事情を聞いた菜美は、横溝の事務所から優里のセックス映像など全てのデータを奪いますが、この行動に勇輝は「どうして言うことを聞かないんだ」と困惑。菜美は「自分の妻が冷たい人間でもいいの?」「あなたのために、かっこいい私でいたいだけ」と言い放ちます。

■救うのはあくまでも“町内”!

 翌日、京子(本田翼)を誘拐し、菜美に「データを持って、倉庫へ来い」と告げる横溝。菜美が映画『理由なき反抗』のジェームズ・ディーンのような動きやすい服に着替え、家を出ようとすると、勇輝が現れ「君が家に帰ってきたとき俺の姿がなかったら、もう二度と会えないもんだと思ってくれ」と別れを示唆します。

 倉庫に着くやいなや、横溝の手下たちを相手していく菜美。2本の警棒をブンブン振り回したり、金的にかかと落としをくらわしたりと大暴れ。そして、10人倒した菜美は、笑顔で「うああああああ!! ぎもぢいい!」と絶叫。もう、全く普通の主婦じゃないです。

 横溝を追い詰めた菜美は、「私たちの町から手を引け」と凄み、交換条件で横溝を見逃すことに。菜美の何がすごいって、毎度、日本を平和にしているわけではなく、あくまでもこの町内を平和にしているところ。ドイツに移住するかもしれないってときに、この激しい“町内愛”はどこから湧き上がってくるのでしょうか。

 そんなこんなで、横溝の組織はこの町から手を引き、優里の家族愛も復活。渉(中尾明慶)も浮気相手と別れて京子の元へ戻り、平和が訪れます。

 ラストは、自宅の玄関で待ち構えていた勇輝が、菜美に「動くな」と銃口を突きつけ、菜美がニヤリ。「なんというスリル。やっぱりこの人を、愛してる」という菜美の心の声が流れた後、黒い画面に「パーン!」と発砲音が響き、終了です。

■伏線回収失敗か

 小栗旬主演『BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係』(テレビ朝日系)や『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(フジテレビ系)と同様に、“モヤモヤエンディング”を突きつけてきた原作・脚本の金城一紀氏ですが、筆者としては今作の終わり方は大満足。いい意味で嘘っぽい世界観がウリの同作においては、むしろ主要キャストが最後、暗転するまでみんなピンピンしているこの結末のほうが、血生臭さがなくキレイな終わり方だったと思います。それに、続編もありそうだし。

 また、かねてより類似点が指摘されてきた映画『Mr.&Mrs. スミス』ですが、やっぱり最後も『Mr.&Mrs. スミス』のオマージュ感は色濃かったですね。映画も早々に夫婦でドンパチやった後、お互いの正体が判明したことで、さらに愛が燃え上がっていましたし。

 決定的な違いといえば、家が無傷だったことでしょうか。『Mr.&Mrs. スミス』は夫婦喧嘩の末、半壊していましたが、勇輝は「全部気に入ってるんだよ!」と調度品に傷をつけることを嫌がりましたから。やはり、綾瀬と西島がイメージキャラクターを務めるパナソニックの高級家電だらけの家に配慮したのでしょうか?

 一点、ミソをつけるとすれば、第5話で優里が乳がんでなかったことがわかった際、「思えば、このときが私たちの友情のピークだったかもしれない。この少し後に起こるある事件が、私たちの友情を激しく揺さぶることになる」という菜美の心の声が、回収できていないことでしょうか? この3人、最初から最後まで超仲良しだったんですけど……。

 また、「なんで出てきたの?」とツッコミたくなるほど意味不明だった、その優里が乳がん展開ですが、最終回で優里の夫・啓輔(石黒賢)が、「再検査で、悪い結果が出たとかじゃないだろうな」と、突然ぶっこんできたのには笑ってしまいました。

 というわけで、途中、“中だるみ回”はあったものの、娯楽レベルの高いハイセンスなものを見せていただいた『奥様は、取り扱い注意』。ぜひ、続編をお願いします!
(文=どらまっ子TAMOちゃん)

日テレ・綾瀬はるか『奥様は、取り扱い注意』、最終回は映画『Mr.&Mrs. スミス』まんまか

 綾瀬はるか主演のアクションホームコメディ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)。29日放送の第9話の平均視聴率は、前回から1.2ポイントアップの13.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。第5話の14.5%に次ぐ高視聴率となりました。

 前回、展開のとっぴさに全くついていけなかった筆者ですが(前回のレビュー)、体の柔軟性を生かした綾瀬のアクションシーンには大満足。今回は、どんなあっと驚く展開で次回の最終回につなげてくれるのでしょうか? あらすじを振り返ります。

※過去のレビューはこちら
http://www.cyzo.com/tag/奥様は、取り扱い注意

■初回ぶりのワクワク!

 結婚生活の息苦しさから、啓輔(石黒賢)と結婚したことを後悔する優里(広末涼子)。そのせいで、合コンで知り合った青年・安西(小関裕太)とデートを繰り返してしまいます。

 そんな中、近所の主婦・浦辺(中村映里子)が自宅で自殺。どうやら、優里に安西をあてがった謎の男・横溝(玉山鉄二)の組織にはめられ、娼婦をやらされていたっぽいです。

 一方、主婦の菜美(綾瀬)は、夫の勇輝(西島秀俊)から海外に赴任することを告げられ、「一緒にドイツに行かないか?」と誘われます。

 翌日、特殊工作員時代の仕事仲間でハッカーの小雪(西尾まり)に、勇輝の身辺調査を依頼する菜美。後日、小雪は電話で「怪しいところは見つからなかった」と伝えるも、その隣にはなぜか小雪に睨みを利かせる勇輝の姿が。さらに、勇輝は会社のパソコンから、菜美の動きを監視しており、怪しさ満点です。

 また、京子(本田翼)は、「今日も残業」のはずの夫・渉(中尾明慶)が、浮気相手とラブホテルに入っていく様子を目撃。夫婦関係をやり直すため、後日、渉に「もう残業はやめて」と詰め寄るも、逃げようとする渉。しかし、義母の良枝(銀粉蝶)が「家をおろそかにする男は、この家から出て行く。この家のしきたりなの」とピシャリ。渉は家を出て行き、京子は「帰ってこなかったらどうしよう」と不安を募らせます。

 その頃、安西に別れを告げることを決意した優里は、安西が指定したレストランへ。しかし、安西から「好きです」と迫られ、そのまま白昼堂々、テーブルの上でチョメチョメ。この店、店員いないのかしら……。

 翌日、優里が安西に改めて別れを切り出そうとすると、そこへ横溝が登場。昨日の情事を隠しカメラで撮影していたことを告げ、家庭を壊したくなければ体を売れと迫ります。

 ラストは、菜美が小雪をスーパーの女子トイレに呼び出し、「本当のことを教えて」と勇輝の本性を聞き出そうとして、第9話は終了です。

■映画『Mr.&Mrs. スミス』のパロディー?

 先の見えない展開が続き、アクションシーンもゼロ。最終回への橋渡し的な回でしたが、そこには初回で味わったワクワク感が! この煽りを見せられて「最終回だけ見ない」というトンマはそうそういないでしょうから、ずばり、次回の視聴率爆上げは間違いないでしょう!

 また、最後の「愛する人との対決のときが、近づいてきていた」というナレーションから、最終回は映画『Mr.&Mrs. スミス』的な“家庭内ドンパチ”が繰り広げられる!? 確か『Mr.&Mrs. スミス』は、お互いが別組織の暗殺者であることを知った夫婦が殺し合いを繰り広げた後、結局、2人は結託。愛が復活し、結婚生活を再開するんでしたよね。

 まあ、第3話では、菜美が「お仕置きするわよ!」と『Mr.&Mrs. スミス』のアンジェリーナ・ジョリーのキメゼリフをまんま言ったりもしてましたし。同作について、「綾瀬と西島に豪邸でドンパチさせたい!」という制作サイドの一心だけで作られたドラマだったと考えれば、中盤のダルダルな中だるみが納得できる気がしてきました。第5話、第6話あたりなんて、ほんと雑だったもの……。

 というわけで、次回はいよいよ最終回。綾瀬と西島がイメージキャラクターを務めるパナソニックの高級家電たちは、壮大な夫婦ゲンカに耐えられるでしょうか? 次回が待ち遠しいですね!
(文=どらまっ子TAMOちゃん)

日テレ・綾瀬はるか『奥様は、取り扱い注意』、最終回は映画『Mr.&Mrs. スミス』まんまか

 綾瀬はるか主演のアクションホームコメディ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)。29日放送の第9話の平均視聴率は、前回から1.2ポイントアップの13.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。第5話の14.5%に次ぐ高視聴率となりました。

 前回、展開のとっぴさに全くついていけなかった筆者ですが(前回のレビュー)、体の柔軟性を生かした綾瀬のアクションシーンには大満足。今回は、どんなあっと驚く展開で次回の最終回につなげてくれるのでしょうか? あらすじを振り返ります。

※過去のレビューはこちら
http://www.cyzo.com/tag/奥様は、取り扱い注意

■初回ぶりのワクワク!

 結婚生活の息苦しさから、啓輔(石黒賢)と結婚したことを後悔する優里(広末涼子)。そのせいで、合コンで知り合った青年・安西(小関裕太)とデートを繰り返してしまいます。

 そんな中、近所の主婦・浦辺(中村映里子)が自宅で自殺。どうやら、優里に安西をあてがった謎の男・横溝(玉山鉄二)の組織にはめられ、娼婦をやらされていたっぽいです。

 一方、主婦の菜美(綾瀬)は、夫の勇輝(西島秀俊)から海外に赴任することを告げられ、「一緒にドイツに行かないか?」と誘われます。

 翌日、特殊工作員時代の仕事仲間でハッカーの小雪(西尾まり)に、勇輝の身辺調査を依頼する菜美。後日、小雪は電話で「怪しいところは見つからなかった」と伝えるも、その隣にはなぜか小雪に睨みを利かせる勇輝の姿が。さらに、勇輝は会社のパソコンから、菜美の動きを監視しており、怪しさ満点です。

 また、京子(本田翼)は、「今日も残業」のはずの夫・渉(中尾明慶)が、浮気相手とラブホテルに入っていく様子を目撃。夫婦関係をやり直すため、後日、渉に「もう残業はやめて」と詰め寄るも、逃げようとする渉。しかし、義母の良枝(銀粉蝶)が「家をおろそかにする男は、この家から出て行く。この家のしきたりなの」とピシャリ。渉は家を出て行き、京子は「帰ってこなかったらどうしよう」と不安を募らせます。

 その頃、安西に別れを告げることを決意した優里は、安西が指定したレストランへ。しかし、安西から「好きです」と迫られ、そのまま白昼堂々、テーブルの上でチョメチョメ。この店、店員いないのかしら……。

 翌日、優里が安西に改めて別れを切り出そうとすると、そこへ横溝が登場。昨日の情事を隠しカメラで撮影していたことを告げ、家庭を壊したくなければ体を売れと迫ります。

 ラストは、菜美が小雪をスーパーの女子トイレに呼び出し、「本当のことを教えて」と勇輝の本性を聞き出そうとして、第9話は終了です。

■映画『Mr.&Mrs. スミス』のパロディー?

 先の見えない展開が続き、アクションシーンもゼロ。最終回への橋渡し的な回でしたが、そこには初回で味わったワクワク感が! この煽りを見せられて「最終回だけ見ない」というトンマはそうそういないでしょうから、ずばり、次回の視聴率爆上げは間違いないでしょう!

 また、最後の「愛する人との対決のときが、近づいてきていた」というナレーションから、最終回は映画『Mr.&Mrs. スミス』的な“家庭内ドンパチ”が繰り広げられる!? 確か『Mr.&Mrs. スミス』は、お互いが別組織の暗殺者であることを知った夫婦が殺し合いを繰り広げた後、結局、2人は結託。愛が復活し、結婚生活を再開するんでしたよね。

 まあ、第3話では、菜美が「お仕置きするわよ!」と『Mr.&Mrs. スミス』のアンジェリーナ・ジョリーのキメゼリフをまんま言ったりもしてましたし。同作について、「綾瀬と西島に豪邸でドンパチさせたい!」という制作サイドの一心だけで作られたドラマだったと考えれば、中盤のダルダルな中だるみが納得できる気がしてきました。第5話、第6話あたりなんて、ほんと雑だったもの……。

 というわけで、次回はいよいよ最終回。綾瀬と西島がイメージキャラクターを務めるパナソニックの高級家電たちは、壮大な夫婦ゲンカに耐えられるでしょうか? 次回が待ち遠しいですね!
(文=どらまっ子TAMOちゃん)

綾瀬はるかは“腹見せNG”女優!? 『奥様は、取り扱い注意』好調も、突飛な展開に唖然……

 綾瀬はるか主演のアクションホームコメディ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)。22日放送の第8話の平均視聴率は、前回から0.3ポイントダウンの12.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。相変わらずの安定感です。

 そういえば先日、東京スポーツが、映画版『奥様は、取り扱い注意 天国と地獄編』の製作が決定したと報じました。もし本当だとしたら、最終回が「続きは劇場で!」的なモヤッとした終わり方になる可能性も? 原作・脚本の金城一紀氏は、『BORDER』(テレビ朝日系)や『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(フジテレビ系)でも、最終回で視聴者を「え、ちょっと……どういうこと?」と唖然とさせましたから……。

 というわけで、今回もあらすじを振り返りましょう。

※前回のレビューはこちら
http://www.cyzo.com/2017/11/post_142983.html

■序盤の展開にワクワク……

 菜美(綾瀬)は、主婦友の優里(広末涼子)と京子(本田翼)と共に、近所に住む三浦(冨家規政)とその妻・妙子(相築あきこ)主催のホームパーティーへ。与党の幹事長代理を務める三浦は以前、福祉施設の許認可で贈収賄疑惑が浮上したことが。当時、内部告発した女性職員が謎の自殺を遂げたため、マスコミが大きく騒ぎたてたとか。

 菜美たちは、そんな曰く付き人物のパーティーに居心地の悪さを感じ、そそくさと退散。すると、なぜか2階に続く階段から下りてくる藍子(笛木優子)に遭遇。藍子は「お手洗いの場所がわからなくて……」と説明しますが、どこか嘘っぽいです。

 このホームパーティー後、菜美の家の近所で空き巣被害が頻発。これを受け、菜美と勇輝(西島秀俊)は休日に防犯グッズを買いに行くことに。しかし、途中で財布を忘れたことに気付いた勇輝が自宅へ引き返すと、寝室で空き巣と鉢合わせに。犯人の攻撃を俊敏にかわすも、結局、顔を殴られ、犯人に逃げられてしまいます。

 犯人が金品目的ではないことから、被害者の共通点を探そうとする菜美たち。すると京子が、三浦夫妻のホームパーティーの参加者ばかりが狙われていることに気付きます。

■綾瀬は“腹見せ”NG?

 菜美は「私の愛の巣に土足で入り込み、愛する人を傷つけたらどうなるか、犯人は身をもって思い知るだろう」(心の声)と反撃を決意。藍子がこの事件に関係していると踏んだ菜美は、藍子の元へ。そこで藍子は、「盗聴器を仕掛けたの」「ほかの夫婦がベッドルームでどんなことを話してるのか聞きたくて」と、三浦夫妻の家に盗聴器を仕掛けたことを認めます。

 さらに藍子は、盗聴5日目に、三浦が以前の贈収賄事件を認めるような発言をしていたと告白。どうやら、盗聴器を仕掛けられていることに気付いた三浦が、裏稼業の男を雇って受信機のある家を探させ、贈収賄事件の証拠を揉み消そうとしていたようです。

 って、ものすごく突飛な展開! 藍子は盗聴器を仕掛けた理由を「ストレス発散したくて……」と説明していましたが、何者だよ、藍子! リビングじゃなくて、わざわざ夫婦のベッドルームを盗聴するなんて、悪趣味すぎる!

 それにこの時、「殺されちゃうのかな」と三浦を恐れる藍子に対し、菜美が「大丈夫、私がそんなことさせないから。私に任せて」と笑顔をかましていましたが、正直、どんな感情になったらいいのかわかりませんよ……。そういえば、第6話のラストも、こんな強引な感じだったな……(関連記事)。

 真相を知った菜美は、三浦の妻・妙子の元へ。わざと藍子が盗聴器を仕掛けたことを匂わせ、後日、藍子の家に侵入した窃盗犯を待ち伏せします。

 窃盗犯とのバトルシーンでは、体の柔軟性を活かしたアクロバティックな蹴りあり、跳ね起きありで、見どころ十分でした。やはり、敵が強そうな男だと、アクションも映えますね。ただ、ナイフで衣類を切られた際、綾瀬の肌がチラ見えしなかったのはちょっと残念……。綾瀬は、ニットの服やマラソンシーンでおっぱいを強調するのはOKのようですが、腹見せはNGなのでしょうか?

 ラストは、菜美が勇輝にベッドでもたれかかりながら、「三浦に雇われたあの男は、間違いなく一流のプロだった。そんな男を相手にして、ほとんど無傷だった」と、夫の別の顔に気付きつつ、第8話は終了です。

■突飛な展開にズコーッ

「三浦のせいで死んだ女性職員が、藍子の妹とか!?」「三浦と藍子が不倫してるとか!?」などとワクワクしながら見ていたものの、真相が強引すぎて全く付いていけなかった今回ですが、もっと雑だった第5話と第6話に比べれば……。いや、やっぱり、事件の核心が、素性もほとんど描かれていないイカれた主婦による盗聴って……。しかも、藍子が音声データを保管していたことで、三浦の贈収賄疑惑が再び騒がれるようになり、「藍子、お手柄♪」みたいな空気まで漂ってるし……。

 それにしても、第5話で優里が乳がんでなかったことがわかった際の、「思えば、このときが私たちの友情のピークだったかもしれない。この少し後に起こるある事件が、私たちの友情を激しく揺さぶることになる」という菜美の心の声がずっと気になってるんですが、「少し後」っていつのことなんですかねえ? 同作はあと2回で終わっちゃいますが、このまま3人の友情が揺さぶられなかったらどうしよう……。

 そんなわけで、回によって面白みにばらつきはあるにせよ、数字的には成功している『奥様は、取り扱い注意』。勇輝の正体を予想しつつ、次回を待ちたいと思います。
(文=どらまっ子TAMOちゃん)

綾瀬はるか『奥様は、取り扱い注意』の最終回は“闇堕ち”!? パナソニックの高級家電は無事か

 綾瀬はるか主演のアクションホームコメディ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)。15日放送の第7話の平均視聴率は、前回から0.2ポイントダウンの12.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)。初回以降、安定の2ケタを保っています。

 とはいえ、面白味のほうが安定せず……。第5話以降、雑な“フェミ要素”や強引な展開が目立ち、失速している感が否めません。

 今回こそは、開始当初のワクワク感が得られるでしょうか? あらすじを振り返ります。

※前回のレビューはこちら
http://www.cyzo.com/2017/11/post_142274.html

■漫画のような男尊女卑っぷり

 元特殊工作員の菜美(綾瀬)は、主婦友の優里(広末涼子)と京子(本田翼)と共に、近所の超セレブ主婦・友恵(霧島れいか)が開くお茶会に参加。友恵はセレブらしく、優雅にチェロを弾いて聴かせます。

 そんな友恵は、菜美たち3人に「大学時代の恋人を探してほしい」と人探しを依頼。何やら、3人が「小遣い稼ぎで探偵のような仕事をしているらしい」という根も葉もないウワサを聞きつけたと言います。

 菜美たちは否定しますが、結局、この依頼を受ける流れに。友恵は、病気で余命半年を宣告されており、死ぬ前に元彼の幸平(渋川清彦)に一目会いたいといいます。

 ちなみに、ちゃんとした興信所に頼まず3人に頼んだ理由を、友恵は「知らない人に頼みたくなかった」と話していましたが、その気持ちがさっぱりわかりませんでした、はい。

 菜美は名前や生年月日といった少ない情報を手に、かつて仕事仲間だったハッカーの小雪(西尾まり)のもとへ。小雪がパソコンで役所の戸籍を探して回ると、幸平の住所を発見。さらに、前科持ちな上に、友恵と別れてから、何かから逃げ回るように13回も住所を変更していることも突き止めます。

 菜美は早速、幸平が住むアパートへ。幸平に友恵の余命が半年であることを伝え、2日後に友恵と再会する約束を取り付けます。

 その後、菜美が友恵に報告しに行くと、友恵は「私ね、クラシックよりロックが好きなの。本当はチェロより、エレキギターが弾けるようになりたかった」と告白。どうやら、財閥の出である夫の趣味に合わせるため、長年、自分を偽って生きてきたようです。

 そういえば、このドラマに出てくる夫って、男尊女卑丸出しの高圧的な男ばかりですよね。お金持ちって、平成の時代でもこんな感じなのでしょうか? そういえば、先月離婚したいしだ壱成でさえ、「朝起きたら目の前にミネラルウォーターと白湯を用意」「食卓には7本のドレッシングを用意」「帰宅時は45度に保ったお風呂を用意」などのルールを妻に課していたといいますしね……。

■今回の綾瀬の武器は傘!

 約束の日、菜美が幸平のアパートへ向かうと、先客の借金取りらしき男たちが。「今日だけその人を貸してくれない?」と啖呵を切った菜美は、男たちを傘を用いた攻撃でけっちょんけっちょんに。予定通り、友恵が待つカフェへ幸平を連れて行きます。

 20年ぶりに再会した友恵は、幸平に「私は全然、幸せなんかじゃない」と結婚生活の不満をぶちまけ、「あなたとは全然趣味が合わなかったけど、ケンカをして、仲直りするのが本当に楽しかった」と本音を吐露。

「私に迷惑をかけて」「私をハラハラドキドキさせて」「生きてることを実感させて」と復縁を迫る友恵に、幸平は眼を輝かせながら「海水を真水に変えるプランクトンの話、聞きてえか?」と怪しい商売話を開始。その後、友恵は離婚し、幸平と暮らすことになり、第7話は終了です。

■最終回は“闇堕ち”か

 友恵の姿に感化された菜美が、夫・勇輝(西島秀俊)のことを深く知ろうとしたり、それが発端で勇輝の“嘘っぽさ”に気付いたりと、終盤に向かって主人公周りが動き出した今回。勇輝は菜美に「福岡出張」と偽って、なぜか東京・芝浦のレインボーブリッジが見えるホテルに泊まっていたりと、ついに視聴者に対して怪しさを隠さなくなってきました。

 こうなると、どうしても結末を予想したくなりますよねえ。なお、原作・脚本の金城一紀氏が手掛ける連ドラは、最後に謎を残しつつも容赦なく主要キャストを“闇堕ち”させると評判。刑事ドラマ『BORDER』(テレビ朝日系)では、小栗旬演じる主人公が刑事として許されない域にまでつっ走っちゃうし、4月期の『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(フジテレビ系)では、特捜班がテロリスト集団と化しちゃうし……。

 個人的には、『奥様は、取り扱い注意』の最後は映画『Mr.&Mrs. スミス』のように綾瀬と西島がドンパチやって、自宅(綾瀬と西島がイメージキャラクターを務めるパナソニックの家電含む)をめちゃくちゃにすることを期待しちゃいますが、もしかしたら主人公はあっさり離婚して、裏社会に戻ってしまうかも?

 というわけで、夕食シーンでは、パナソニックの最高峰モデルのIHジャー炊飯器(Amazon価格は7万5,565円)で炊いたご飯が本当においしそうだった第7話。今後の驚きの展開に期待しつつ、また1週間を待ちたいと思います。
(文=どらまっ子TAMOちゃん)

綾瀬はるか『奥様は、取り扱い注意』、雑な“フェミ展開”と、強引な“殺人推理”にがっかり

 主演・綾瀬はるかのキレキレのアクションシーンと、夫役の西島秀俊とのイチャイチャシーンが見どころの『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)。8日放送の第6話の平均視聴率は、前回から1.6ポイントダウンの12.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)でした。

 スタート当初はワクワクが止まらなかったものの、前回は脚本の安っぽさとが目立ち、「あれれ……」状態だった同作。ネタ切れでないことを祈りつつ、今週もあらすじを振り返ります。

※前回のレビューはこちら
http://www.cyzo.com/2017/11/post_141701.html

■なんでそこまでわかるのか……

 隣人の京子(本田翼)に誘われ、フラワーアレンジメント教室に通い始めた菜美(綾瀬)。そこで出会った“町内会報”担当者の冴月(酒井美紀)から、会報に載せるためのインタビューに答えてほしいと頼まれます。

 翌日、菜美が約束の時間に冴月の家へ行くと、玄関前に、同じフラワーアレンジメント教室に通う靖子(芦名星)と千尋(原田佳奈)が。菜美のインタビューの後、3人でフラワーアレンジメントの勉強会を開こうと約束していたものの、なぜか冴月が自宅にいないといいます。

 そうこうしていると、靖子のケータイに冴月から連絡が。渋滞にはまっているから、家の中で待っていてほしいとのこと。合鍵の隠し場所を知っている靖子は、玄関の鍵を開け、中へ。すると、リビングには冴月の夫・達郎の死体が。胸にナイフが突き刺さっており、何者かに殺害された直後のようです。

 その後、マスコミが「夫婦間の痴情のもつれ」などと報じたため、すっかり犯人扱いされてしまう冴月。しかし、菜美が真相を尋ねると、冴月は「私はやってない」「(夫を)愛してたわ」と言い切ります。

 何かを察した菜美は、話を聞くために靖子と千尋を呼び出すも、殺害は強盗の仕業だと決め付け、いそいそと帰ってしまう2人。菜美は、持ち前の洞察力と推理力で、直接手をくだした犯人は靖子と千尋だと確信。さらに、千尋がフラワーバッグからハンマーを取り出して達郎を殴った後、靖子がナイフでトドメを刺したことまで見抜きます。

 ……ん? ……なんで? なんでそこまでわかるの? 2人が犯人だとしても、事件当日、靖子と千尋は同じようなフラワーバッグを持っていたし、靖子がハンマーで叩いた可能性も、千尋が普通のハンドバッグからハンマーを出した可能性もあるんじゃ? それとも私、重要なシーンを見逃しているのでしょうか? それとも、事件解決のプロセス度外視で、菜美の「とにかくすごい洞察力」で押し通すつもりでしょうか?

■盛り上がりどころなし

 早速、千尋の自宅に侵入し、フラワーバッグを盗み出す菜美。その後、冴月、靖子、千尋を自宅に呼び出し、菜美が「このフラワーバッグの内側には、ハンマーに付着した吉岡(冴月)さんの旦那さんの血痕とDNAが残ってるはず」とこれを見せつけると、3人は観念し、動機を告白。

 半年前にフラワーアレンジメント教室で出会った3人は、偶然にも同い年で、同じ短大に通っていたことが発覚し、意気投合。しかし、ある日、達郎に出会った靖子と千尋は愕然。学生時代に自分をレイプした男だったんだそうです。えええ!! 正直、これだけ大量の偶然を足早に説明されても、頭が付いていきません……。

 夫がレイプ犯であることを知った冴月は、「女の痛みを見過ごすことはできなかった……」と2人に加担。3人は3カ月前から達郎殺しを計画し、犯行当日、菜美をアリバイ作りのために利用しようとしたんだそうです。

 この話を聞き、「自首するかどうかは任せる。自首しないのであれば、この街から出て行って」と伝える菜美。結局、3人は自首せず、この街を去っていき、第6話は終了です。

 ……って、もしかして今回のアクションシーンって、菜美が千尋の家の屋根をトコトコ歩いたりしてたやつ!? いつもの面白イチャイチャシーンもないし……ううう。

■雑すぎ!

 もしや、綾瀬に「私を巻き込むべきじゃなかった」という終盤のキメゼリフを言わせたかっただけだったのでは……? 脚本が雑すぎて、頭がグワングワンしてしまいました。

 また終盤、冴月が「夫は、私を初めて抱いたとき、こう言ったの。『一生忘れられない経験にしてあげる』って。それは、私と夫だけの言葉だったはずなのに……」と、聞いてもないのに3人の前で初夜のことを語りだしたのも違和感ありすぎて……。

 前回の優里(広末涼子)の謎の乳がん展開や、今回のレイプ被害など、最近、フェミ展開をやたら入れてくる同作ですが、どうしても「これを入れれば、女性視聴者に共感されるだろう」という男性作者の思いが見え隠れしてしまうんですよね……。しかも、そこの描き方が荒すぎて……。第4話まではワクワクしただけに、残念でなりません。

 というわけで、見どころゼロな上に、強引すぎる推理にモヤモヤが残った第6話。綾瀬がずっとかわいいことだけが救いです!
(文=どらまっ子TAMOちゃん)

綾瀬はるかの脱ぎっぷり!『奥様は、取り扱い注意』14.5%自己最高も、西島秀俊のキャラ変に幻滅!?

 綾瀬はるかが元特殊工作員を演じる『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)。1日放送の第5話の平均視聴率は、自己最高の14.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)。日曜劇場『陸王』(TBS系)最新話の14.0%を超える好調ぶりです。

 綾瀬と西島秀俊の“パナソニック夫婦”によるイチャラブシーンも話題の同作ですが、発売中の「週刊女性」(主婦と生活社)によれば、当初は夫役に長谷川博巳がキャスティングされていたとか。しかし、なんかしらの理由で長谷川サイドが断ったんだそうです。へ~。

 なお、綾瀬の本格アクションシーンは、“和製ドラゴン”こと倉田保昭率いる倉田プロモーションが指導を担当。前回の階段の手すりを使ったアクロバティックな回し蹴りには、大興奮しちゃいました。

 というわけで、今回も見応えのあるアクションを期待しつつ、あらすじを振り返ります。

■ありがちな展開……

 仕事のない日曜日、靴下を床に脱ぎっぱなしにしたまま家でダラダラと過ごす夫の勇輝(西島)に、イライラが募る菜美(綾瀬)。一方、隣人の京子(本田翼)も、嫌味ったらしい義母から子どもができないことをいびられ、夫の渉(中尾明慶)をラブホテルに誘うも逃げられ、イライラ……。

 また、優里(広末涼子)も、高圧的な態度で自分を家に縛り付ける夫・啓輔(石黒賢)への不満が爆発。「家出するから付き合って。これ以上、家の中にいたら窒息する」と菜美と京子を誘い、3人で家出しちゃいます。

 妻の家出に気付いた夫たちは、玄関先でかち合い、とりあえず菜美の家に集合して帰りを待つことに。勇輝と渉は、「妻に甘えすぎていた」「もっと大切にしなきゃいけないと思った」と反省しますが、啓輔だけは「帰ってきたら、きつく叱る」と顔をしかめます。

 その頃、ラーメンを食べてはしゃいだ後、優里が昔通っていたというクラブへ繰り出す菜美たち。優里と京子が「イエーイ!」と踊っていると、若い男性グループ(落合モトキ、ほか)がやってきて、「あれ? 君たちすんごいイケてんじゃん。俺たちと一緒に、VIPで飲まない?」とナンパ。これに対し、優里は「あたしたち、人妻なの」と軽くあしらいます。

■おっぱいサービスは忘れない!

 その後、泥酔した京子を強引にVIPルームに連れ込む男たち。そこへ菜美が突入し、「友だちを返してもらうわ。でもその前に、あんたたちにちょっと、お仕置きをしておこうかしら」と、男たちをあっさり倒してしまいます。

 かなり一瞬のアクションシーンでしたが、菜美が上に着ていたセーターをガバッと脱ぎ、綾瀬のおっぱいが強調される場面が! しかも下半身は、アンナミラーズの制服的な状況になる、ハイウエストのパンツを着ておられる! 厚手の衣装が多いこの季節、サービスカットも忘れない番組サイドの気づかいが嬉しいですね。そして、“おっぱいバレー”こと綾瀬の潔さに、心が温まります。

 クラブを出た3人は、ビルの屋上で朝日を見ながら、それぞれ秘密を1つ打ち明けることに。菜美が「私、孤児なんです」と告白すると、優里は「あたし、乳がんかも」と涙目で告白。しかし数時間後、検査結果を聞きに3人で病院に行くと、乳がんじゃありませんでした。なにそれ。

 朝、菜美たちがそれぞれの家に戻ると、妻を見る目が優しくなる勇輝と渉。しかし啓輔は、「働きに出たい」と頼む優里に猛反対。妻が家出しても、何も変わっていませんでした。

 ラストシーンでは、優里をよからぬことに巻き込もうとする健(玉山鉄二)が初登場。怪しげな笑みを浮かべ、第5話が終了です。

■あれれ……?

 家で不満が溜まった主婦が家出し、夫が夫婦のあり方を見つめ直すというありがちストーリーで、正直、物足りない……。そして、クラブの展開が陳腐で、アクションも取ってつけたような印象。さらに、今回は登場人物のセリフが安っぽくて、ちょっと冷めてしまいました。なんか、今までとちょっと違う……?

 あと、勇輝って、靴下を脱ぎっぱなしにしたり、休日は野球中継を見ながらゴロゴロしたり、妻の買い物中に退屈そうにしたり、こんな人間臭いキャラだったんですね……。これまで、理想的な夫の側面しか描かれていなかったので、ちょっとショックでした。

 また、優里の乳がんうんぬんのくだりですが、今後のストーリーに関わってくると信じたいのですが、なかったらどうしよう……。まあ、1話完結ドラマですから、こういう回もあるでしょう、ええ。このドラマは、きっとこんなもんじゃありませんから、気を取り直して次回に期待したいと思います!
(文=どらまっ子TAMOちゃん)

綾瀬はるかと西島秀俊の“パナソニック夫婦”が大人気! 『奥様は、取り扱い注意』2ケタキープ

 綾瀬はるかと西島秀俊のイチャイチャシーンも好評の『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)。そういえば2人って、どちらもパナソニックのCMキャラクターを務めている“パナソニック夫婦”なんですね。こないだ、ヤマダ電機で同社の洗濯機を値切っているときに気付きました。

 初回から平均視聴率2ケタをキープしている同作ですが、25日放送の第4話も11.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好調。毎回、冒頭でちょっとずつ明かされる主人公の生い立ちも気になりますし、西島演じる夫の正体も気になる!

 ということで、第4話のあらすじを振り返ります。

■刑事的な嗅覚もすごい!

 最近、近所に住むセレブ主婦・美佐子(星野真里)が自宅で開いている「読書会」に、優里(広末涼子)や京子(本田翼)と共に参加している菜美(綾瀬はるか)。この日も「読書会」のために美佐子宅を訪れると、1人息子の悠斗くんが誘拐され、犯人から身代金1億円を要求されているとのこと。犯人がポストに投函したスマホには、「警察に通報したら息子を殺す。必ず殺す」とのメッセージが保存されているほか、リアルタイムで「ママー、助けてー」と泣き叫ぶ悠斗くんの動画まで送られてきます。

 そうこうしていると、美佐子の夫・光雄が仕事先から慌てて帰宅。美佐子は「警察に頼みましょう」と持ちかけますが、光雄は「身代金を払えば、悠斗は帰ってくる」の一点張りです。

 なお、犯人は謎の男子大学生の3人組(柾木玲弥ほか)。イベントで作った借金を返済するため、悠斗くんを誘拐したようです。

 その後、悠斗くんの家庭教師を務める真純(佐野ひなこ)が、いつものように美佐子の家へ。すると、スマホに「今、入っていった家庭教師を身代金の運び役にする」とのメッセージが。犯人に監視されていることに怯える美佐子たちですが、菜美はすでに何かに気付いたようで、この晩は美佐子の家にお泊まり。光雄や真純の動きを窺います。

■見どころは回し蹴り?

 翌日、どうしても1億円が工面できなかった光雄は、犯人に「7,000万円で許してください」と交渉。すると、この直後に真純のケータイに電話が。「実家の母から」と席を外し、犯人に監視されているかもしれないのに、外で何者かと電話する真純。実は真純は、この誘拐事件を企てた張本人。さらに菜美は、光雄の表情から、真純が光雄の愛人であったことを見抜きます。

 何かを思い立ったように、美佐子の家を後にし、謎のクリーニング店へ入っていく菜美。店の店主(西尾まり)と共に奥の隠し部屋へ入ると、そこには複数台のパソコンが。美佐子は店主に、この街の防犯カメラのデータを入手するよう依頼。すぐに悠斗くんを誘拐した車のナンバーを割り出します。

 犯人の居場所を突き止めた菜美は、店主から借りたコミカルな帽子と丸いサングラスで変装し、窓から堂々と突入。犯人を掌底や回し蹴りであっという間にノックアウトし、縄で縛った後、地下室に監禁されている悠斗くんを残したまま公衆電話へ。警察に「不審な人間が出入りしている」と通報し、犯人の大学生と真純は御用となりました。

 なお、真純は、光雄との子どもをおろしたショックから犯行に及んだとか。さらに、全てを知った美佐子は光雄と離婚してしまいました。この辺、菜美のナレーションでサラッと説明されましたが、よく考えると、なかなかヘビーなお話だ……。

■キリッとした綾瀬にメロメロ

 これまでの夫のDVに悩む主婦や、ママ友同士のイジメ問題と違い、今回は明らかに事件であったため、綾瀬が終始、キリッとした表情をキープ。前回の“ユッサユッサジョギング”のようなお色気シーンはありませんでしたが、同作で“カッコいい綾瀬を見たい派”の筆者としては、大満足でした。

 また、今回のアクションシーンでは、階段の手すりを使ったアクロバティックな回し蹴りに興奮! 前回の敵は青木さやかでしたが、やっぱり敵は男性のほうがスカッとしますね。

 というわけで、「変装したところで、綾瀬も街の防犯カメラに映ってるんじゃ……、そして、警察に見られたらバレるんじゃ……、いや、その辺はぬかりなくやってるか……?」というモヤモヤを除けば、安定感抜群だった『奥様は、取り扱い注意』第4話。次回は菜美が勇輝を置いて家出しちゃうみたいなので、見るしかないですね。
(文=どらまっ子TAMOちゃん)