『ねほりんぱほりん』並み? Misono、坂口杏里、脇坂英理子……芸能人“ホストクラブ狂い”武勇伝

 お堅いはずのNHKが、「プロ彼女」や「腐女子」、「元不良」など、現代社会の隙間に存在する人々に焦点を当て、赤裸々トークを繰り広げるバラエティ番組『ねほりんぱほりん』(NHK Eテレ)。2月7日・14日は「ホストに貢ぐ女」特集を放送し、「10代でホストクラブにハマり、毎日通っている」「お気に入りのホストをNO.1 にするため風俗の掛け持ち」など、驚くべき実態が明るみになり、放送直後から話題になっていた。一般人の女性でさえ、“数百万貢ぐ”というホストクラブだが、芸能界にも同じように“貢ぐ女”がたくさんいる。

 昨年7月にロックバンドHighsidEのドラム・Nosukeと結婚式を挙げたmisono。彼女は今でこそ落ち着いたが、かつてはネット上にホストクラブでの目撃情報が頻繁に上がっていた。

「misonoは歌舞伎町の有名ホストクラブの常連でした。毎日のように通い、その甲斐あってか、ホストクラブが主催する文化祭のような年1回のイベントに毎年ゲスト出演し、うれしそうな顔を見せていたのを覚えています。彼女の場合、趣味が仕事につながったので、ホスト遊びしてよかったのかもしれませんね(笑)」(ホストクラブ常連客)

 また、女優の故・坂口良子の娘で、タレントからAV女優に転身した坂口杏里もホスト好きで有名だった。別のホストクラブ常連客はホストに貢いでいた頃の坂口について、こう語る。

「よく他の客とホストを取り合って貢ぎまくっていると聞いたことがあります。それで負けそうになると、“違うホストに乗り換えて、また貢ぐ”を繰り返していたそうです」

 坂口はホスト数人と交際まで発展したこともあったようだが、次第に金欠になり、元交際相手のホストを脅迫して逮捕(後に不起訴処分)。その後、芸能界引退し、キャバクラ嬢となって公の場から消えてしまった。

 また、坂口と同様ホストに貢ぎ、転落した人物が。美人女医として一時期バラエティ番組に引っ張りだこだった脇坂英理子である。彼女はホスト好きを売りにしており、ホストクラブで遊ぶ姿にバラエティー番組が密着したことがあるほど。実際、私生活でホストクラブを訪れたときも、放送された姿と同じだったそう。

「脇坂はある有名ホストクラブのNO.1に相当貢ぎ、太客と呼ばれていました。そのホストクラブの系列各店のNO.1ホストだけを集め、“1日の売り上げNO.1を決める”というイベントが開催された際、彼女はお気に入りのホストを勝たせようと、そのときだけで5~600万円ぐらい使っていました。でも、お気に入りのホストは優勝できずに終了。そうしたら、お気に入りのホストが突然激怒して、イベント会場から出て行ってしまった。彼女は勝たせてあげられなかったという罪悪感から、席で『ごめんなさい、ごめんなさい』と号泣していました」(ホストクラブ元関係者)

 結局、彼女も派手な生活を送りたいがために、診療報酬の不正請求事件で詐欺罪に問われ逮捕。懲役3年執行猶予4年の判決を受け、芸能界から姿を消した。

 misonoのようにホスト通いが仕事になるのであればいいが、これは極めて稀なケース。一般人、芸能人にかかわらず、たいていの女性はホストに貢ぐと人生下り坂になってしまうようだ……。

 

『ねほりんぱほりん』並み? Misono、坂口杏里、脇坂英理子……芸能人“ホストクラブ狂い”武勇伝

 お堅いはずのNHKが、「プロ彼女」や「腐女子」、「元不良」など、現代社会の隙間に存在する人々に焦点を当て、赤裸々トークを繰り広げるバラエティ番組『ねほりんぱほりん』(NHK Eテレ)。2月7日・14日は「ホストに貢ぐ女」特集を放送し、「10代でホストクラブにハマり、毎日通っている」「お気に入りのホストをNO.1 にするため風俗の掛け持ち」など、驚くべき実態が明るみになり、放送直後から話題になっていた。一般人の女性でさえ、“数百万貢ぐ”というホストクラブだが、芸能界にも同じように“貢ぐ女”がたくさんいる。

 昨年7月にロックバンドHighsidEのドラム・Nosukeと結婚式を挙げたmisono。彼女は今でこそ落ち着いたが、かつてはネット上にホストクラブでの目撃情報が頻繁に上がっていた。

「misonoは歌舞伎町の有名ホストクラブの常連でした。毎日のように通い、その甲斐あってか、ホストクラブが主催する文化祭のような年1回のイベントに毎年ゲスト出演し、うれしそうな顔を見せていたのを覚えています。彼女の場合、趣味が仕事につながったので、ホスト遊びしてよかったのかもしれませんね(笑)」(ホストクラブ常連客)

 また、女優の故・坂口良子の娘で、タレントからAV女優に転身した坂口杏里もホスト好きで有名だった。別のホストクラブ常連客はホストに貢いでいた頃の坂口について、こう語る。

「よく他の客とホストを取り合って貢ぎまくっていると聞いたことがあります。それで負けそうになると、“違うホストに乗り換えて、また貢ぐ”を繰り返していたそうです」

 坂口はホスト数人と交際まで発展したこともあったようだが、次第に金欠になり、元交際相手のホストを脅迫して逮捕(後に不起訴処分)。その後、芸能界引退し、キャバクラ嬢となって公の場から消えてしまった。

 また、坂口と同様ホストに貢ぎ、転落した人物が。美人女医として一時期バラエティ番組に引っ張りだこだった脇坂英理子である。彼女はホスト好きを売りにしており、ホストクラブで遊ぶ姿にバラエティー番組が密着したことがあるほど。実際、私生活でホストクラブを訪れたときも、放送された姿と同じだったそう。

「脇坂はある有名ホストクラブのNO.1に相当貢ぎ、太客と呼ばれていました。そのホストクラブの系列各店のNO.1ホストだけを集め、“1日の売り上げNO.1を決める”というイベントが開催された際、彼女はお気に入りのホストを勝たせようと、そのときだけで5~600万円ぐらい使っていました。でも、お気に入りのホストは優勝できずに終了。そうしたら、お気に入りのホストが突然激怒して、イベント会場から出て行ってしまった。彼女は勝たせてあげられなかったという罪悪感から、席で『ごめんなさい、ごめんなさい』と号泣していました」(ホストクラブ元関係者)

 結局、彼女も派手な生活を送りたいがために、診療報酬の不正請求事件で詐欺罪に問われ逮捕。懲役3年執行猶予4年の判決を受け、芸能界から姿を消した。

 misonoのようにホスト通いが仕事になるのであればいいが、これは極めて稀なケース。一般人、芸能人にかかわらず、たいていの女性はホストに貢ぐと人生下り坂になってしまうようだ……。

 

長瀬智也がインスタ削除、あゆが女豹で悩殺、坂口杏里に飛田疑惑、TOMORO容疑者の交友芸能人……週末芸能ニュース雑話

■TOKIO・長瀬智也のインスタグラムが消滅

デスクT 浜崎あゆみがインスタグラムで“女豹のポーズ”しながら「はけ口係はごめんだわ」って投稿してるよ! 一体、どうしちゃったの!?

記者H どうやら、2015年にリリースしたアルバムの収録曲「WARNING」の歌詞のようですね。ここだけ抜粋されると、ギョッとしますね……。

デスクT ああ、一座がウネウネ動いてるMVの曲か……。

記者H あゆは7日にも、インスタグラムに下乳を露わにしたセクシーショットを投稿。18年もセクシーアピールが止まりません!

デスクT 6日には「選択肢はふたつのみ。立ち止まるか、突き進むか」って投稿してるし、歌手デビュー20周年イヤーの今年もこのまま進むっきゃナイ!

記者H あゆといえば、元彼のTOKIO・長瀬智也のものとおぼしきインスタグラムアカウントが、12日までに削除されてしまったようです。

デスクT どういうこと? そもそもジャニタレってSNS禁止じゃなかったっけ?

記者H 長瀬のものとおぼしき個人アカウント「@t0m11o7」は、ファンの間では有名だった模様。しかし、11日に一部ネットニュースがこれを報じた直後、アカウントが消滅。長瀬の姿がばっちり映っていたほか、全公開だったために、てっきりジャニーズ事務所も黙認しているものだと思っていたのですが……。

デスクT ログ見ると、趣味のバイクとバンド関連の写真ばかりだね。これは男臭くて好感度上がるわ~。

記者H 長瀬は以前から“作ってはバレては消す”というイタチごっこを繰り返しているようですから、すでに新しいアカウントを作っているかもしれません。

デスクT 昨年の主演ドラマ『ごめん、愛してる』(TBS系)の番組公式インスタグラムは主演俳優がまったく出てこないヘンテコぶりだったのに、「プライベートではやってたんかい!」って感じよね。

記者H ただ、今年はジャニーズ事務所の“ネット解禁イヤー”になるのではないかとのウワサも。SNS解禁はともかく、ジャニタレ写真が「Yahoo!ニュース」に掲載される日も近いのでは?

デスクT サイゾーはずっと載せてるけどね。ってことは、ジャニタレ主演作の制作発表で、「ジャニタレあり」と「ジャニタレなし」の2バージョン撮影させられるときの、あの会見場に漂う珍妙な空気がなくなるってこと? 共演のベテラン俳優が迷惑そうな顔してるの、好きだったのに……。

■TOMORO容疑者のSNSに芸能人多数

記者H 「ウルトラ平成バブル男」の触れ込みで『サンデー・ジャポン』(TBS系)など数々のメディアに出演していたヒルズ族でタレントのTOMOROこと向井朋郎容疑者ら6人が9日、恐喝未遂と強要の疑いで逮捕されました。昨年7月、飲食店経営者の知人男性に因縁をつけ、現金1,200万円を脅し取ろうとした疑い。警視庁は向井容疑者を主犯とみて調べを進めています。

デスクT TOMOROって、ネットに有名人と写ってるプライベート写真あげまくってたから、一緒に写っちゃった有名人たちは今ごろどんよりしてるだろうね。

記者H “六本木のカリスマ”を自称していたTOMOROは、ブログやSNSで有名人との交友関係を自慢していました。元巨人軍監督の原辰徳氏やサッカーの本田圭佑をはじめ、avexの松浦勝人社長、内田裕也、w-inds.の橘慶太、竹内力、塩谷瞬、山田親太朗、マーク・パンサー、ピーター、アントニオ猪木……と、枚挙に暇がありません。

デスクT 後半の有名人のラインナップが香ばしいね。最近は、たびたびアートディレクターの秋山具義氏と食事に行ったことを報告してるけど、秋山氏って昨年、元所属事務所と激揉め中の元NMB48の渡辺美優紀と元モーニング娘。の加護亜依を引き合わせてた人物だよね(関連記事 http://www.cyzo.com/2017/08/post_34057.html)。納得~。

記者H TOMOROは今年公開予定の映画『再恋』に出演しており、公開が危ぶまれています。なお、同作には劇団EXILEの秋山真太郎や、カラテカの矢部太郎などが出演しています。

デスクT 14年には、ラッパーとしてMay J.とのコラボ曲「PARTY OUT feat. May J.」を発表してるんだね。有名人を大勢、巻き込んでんなあ……。

記者H TOMOROは容疑を否認しているようですから、とりあえず捜査の進展を見守りましょう。

■坂口杏里が飛田の嬢に!?

デスクT 坂口杏里ちゃんが、もう1カ月以上もSNSを更新してないよ~。心配だよう。

記者H 昨年9月に芸能界引退を発表し、「キャバ嬢として頑張ってやっていきたいです。そのうち素敵な人があらわれて、結婚もしたいと思ってます」と綴っていた坂口ですが、頻繁に出勤時間を報告していたインスタグラムが1カ月以上前にストップ。一方、Twitterでは、先月30日から今月1日にかけて複数のアカウントに対し「杏里です!」「坂口杏里です」といった不可解なリプを送りまくっていました。

デスクT 昨年8月に渋谷駅前のキャバクラ店で働くって報告してたけど、辞めちゃったのかなあ?

記者H 前に在籍していた六本木のクラブも店とトラブルを起こし辞めていますし、先月8日のインスタでの出勤報告が不自然に消されていますから、また何かあったのかもしれません。ちなみに、大阪の花街・飛田新地の嬢とおぼしき女性のTwitterには「年末に飛田で坂口杏里が座ってたけどめちゃ愛想なかった」とのタレコミが。もしこれが本当なら、関西方面に移住した可能性が。

デスクT そうなると、AV復帰も近いかもね! デビュー作『芸能人ANRI What a day‼︎』(MUTEKI)は予約だけで3万枚突破したって話だし、なんだかんだ言って世間はみんな杏里ちゃんの話題が大好きじゃないか!

記者H そうですね。再びメディアで見られる日を心待ちにしましょう。

長瀬智也がインスタ削除、あゆが女豹で悩殺、坂口杏里に飛田疑惑、TOMORO容疑者の交友芸能人……週末芸能ニュース雑話

■TOKIO・長瀬智也のインスタグラムが消滅

デスクT 浜崎あゆみがインスタグラムで“女豹のポーズ”しながら「はけ口係はごめんだわ」って投稿してるよ! 一体、どうしちゃったの!?

記者H どうやら、2015年にリリースしたアルバムの収録曲「WARNING」の歌詞のようですね。ここだけ抜粋されると、ギョッとしますね……。

デスクT ああ、一座がウネウネ動いてるMVの曲か……。

記者H あゆは7日にも、インスタグラムに下乳を露わにしたセクシーショットを投稿。18年もセクシーアピールが止まりません!

デスクT 6日には「選択肢はふたつのみ。立ち止まるか、突き進むか」って投稿してるし、歌手デビュー20周年イヤーの今年もこのまま進むっきゃナイ!

記者H あゆといえば、元彼のTOKIO・長瀬智也のものとおぼしきインスタグラムアカウントが、12日までに削除されてしまったようです。

デスクT どういうこと? そもそもジャニタレってSNS禁止じゃなかったっけ?

記者H 長瀬のものとおぼしき個人アカウント「@t0m11o7」は、ファンの間では有名だった模様。しかし、11日に一部ネットニュースがこれを報じた直後、アカウントが消滅。長瀬の姿がばっちり映っていたほか、全公開だったために、てっきりジャニーズ事務所も黙認しているものだと思っていたのですが……。

デスクT ログ見ると、趣味のバイクとバンド関連の写真ばかりだね。これは男臭くて好感度上がるわ~。

記者H 長瀬は以前から“作ってはバレては消す”というイタチごっこを繰り返しているようですから、すでに新しいアカウントを作っているかもしれません。

デスクT 昨年の主演ドラマ『ごめん、愛してる』(TBS系)の番組公式インスタグラムは主演俳優がまったく出てこないヘンテコぶりだったのに、「プライベートではやってたんかい!」って感じよね。

記者H ただ、今年はジャニーズ事務所の“ネット解禁イヤー”になるのではないかとのウワサも。SNS解禁はともかく、ジャニタレ写真が「Yahoo!ニュース」に掲載される日も近いのでは?

デスクT サイゾーはずっと載せてるけどね。ってことは、ジャニタレ主演作の制作発表で、「ジャニタレあり」と「ジャニタレなし」の2バージョン撮影させられるときの、あの会見場に漂う珍妙な空気がなくなるってこと? 共演のベテラン俳優が迷惑そうな顔してるの、好きだったのに……。

■TOMORO容疑者のSNSに芸能人多数

記者H 「ウルトラ平成バブル男」の触れ込みで『サンデー・ジャポン』(TBS系)など数々のメディアに出演していたヒルズ族でタレントのTOMOROこと向井朋郎容疑者ら6人が9日、恐喝未遂と強要の疑いで逮捕されました。昨年7月、飲食店経営者の知人男性に因縁をつけ、現金1,200万円を脅し取ろうとした疑い。警視庁は向井容疑者を主犯とみて調べを進めています。

デスクT TOMOROって、ネットに有名人と写ってるプライベート写真あげまくってたから、一緒に写っちゃった有名人たちは今ごろどんよりしてるだろうね。

記者H “六本木のカリスマ”を自称していたTOMOROは、ブログやSNSで有名人との交友関係を自慢していました。元巨人軍監督の原辰徳氏やサッカーの本田圭佑をはじめ、avexの松浦勝人社長、内田裕也、w-inds.の橘慶太、竹内力、塩谷瞬、山田親太朗、マーク・パンサー、ピーター、アントニオ猪木……と、枚挙に暇がありません。

デスクT 後半の有名人のラインナップが香ばしいね。最近は、たびたびアートディレクターの秋山具義氏と食事に行ったことを報告してるけど、秋山氏って昨年、元所属事務所と激揉め中の元NMB48の渡辺美優紀と元モーニング娘。の加護亜依を引き合わせてた人物だよね(関連記事 http://www.cyzo.com/2017/08/post_34057.html)。納得~。

記者H TOMOROは今年公開予定の映画『再恋』に出演しており、公開が危ぶまれています。なお、同作には劇団EXILEの秋山真太郎や、カラテカの矢部太郎などが出演しています。

デスクT 14年には、ラッパーとしてMay J.とのコラボ曲「PARTY OUT feat. May J.」を発表してるんだね。有名人を大勢、巻き込んでんなあ……。

記者H TOMOROは容疑を否認しているようですから、とりあえず捜査の進展を見守りましょう。

■坂口杏里が飛田の嬢に!?

デスクT 坂口杏里ちゃんが、もう1カ月以上もSNSを更新してないよ~。心配だよう。

記者H 昨年9月に芸能界引退を発表し、「キャバ嬢として頑張ってやっていきたいです。そのうち素敵な人があらわれて、結婚もしたいと思ってます」と綴っていた坂口ですが、頻繁に出勤時間を報告していたインスタグラムが1カ月以上前にストップ。一方、Twitterでは、先月30日から今月1日にかけて複数のアカウントに対し「杏里です!」「坂口杏里です」といった不可解なリプを送りまくっていました。

デスクT 昨年8月に渋谷駅前のキャバクラ店で働くって報告してたけど、辞めちゃったのかなあ?

記者H 前に在籍していた六本木のクラブも店とトラブルを起こし辞めていますし、先月8日のインスタでの出勤報告が不自然に消されていますから、また何かあったのかもしれません。ちなみに、大阪の花街・飛田新地の嬢とおぼしき女性のTwitterには「年末に飛田で坂口杏里が座ってたけどめちゃ愛想なかった」とのタレコミが。もしこれが本当なら、関西方面に移住した可能性が。

デスクT そうなると、AV復帰も近いかもね! デビュー作『芸能人ANRI What a day‼︎』(MUTEKI)は予約だけで3万枚突破したって話だし、なんだかんだ言って世間はみんな杏里ちゃんの話題が大好きじゃないか!

記者H そうですね。再びメディアで見られる日を心待ちにしましょう。

坂口杏里とタレント医師・脇坂英理子が奪い合ったナンバーワンホストの魅力とは?

 ホストクラブに行ったことがない人間からすると、なぜ、身を滅ぼすほどにホストに金を使うのかがわからない。しばしばテレビや雑誌に登場する人気ホストたちが、そこまで入れあげるほど魅力的にも見えない。水商売や風俗嬢なら「同業者だからホストとは気が合う」と感じるのかもしれないが、坂口は大女優の娘、脇坂は医師。2人とも小学校から名門私立に通い、なに不自由なく育ったお嬢様たちだ。そういう彼女たちが奪い合った人気ホストXはどういう人物か。Xと接したことがあるというノンフィクションライターの杉浦由美子さんに話を伺った。

■華やかさと健康的で気さくな雰囲気を兼ね備える人

――Xは歌舞伎町のトップクラスの人気ホストで、テレビのバラエティにも出ていました。出演番組を見ましたが、チャラくて、容姿も個人的にはかっこよく見えなかったんですが……。

杉浦由美子さん(以下、杉浦) カメラを通して映える顔と、実際、近くで見て美しい顔は違います。芸能人は、カメラを通した時に魅力が発揮できる容姿や資質を持っていますが、ホストたちはカメラを通すと魅力はないけれど、実際に会うと本当にかっこいいんですよ。私は仕事柄、芸能人にも会いますが、実際に間近で見て最もかっこよかったのは、歌舞伎町のホストたちでした。彼らの魅力はテレビや雑誌を通してではなく、直に会って横に座ってもらわないと味わえない。そのためにはホストクラブに行って指名しないといけませんよね。

――このXも実際に会うとそんなに美形なんですか?

杉浦 純粋にルックスだけだと、Xさんは見劣りしました。ほかのホストが美形揃いすぎたんですけどね(笑)。でも、ジャニーズのスターをスタイルよくしたような男子が並んでいた中で、Xさんはフェロモンがすごかったので、強烈なインパクトがありました。

――フェロモン? オーラみたいなものですか?

杉浦 そうですね。同行した若い女性編集者さんは怖がって、Xさんに近づこうともしませんでしたね。確かに20代の女子だと同じ空気を吸っただけで妊娠しそうなフェロモンを放っていました。テレビでは軽薄でナヨッとして見えますが、実際はその真逆です。ロックスターのような華やかさと、健康的で気さくな雰囲気を兼ね備える人でした。

――「健康的」とホストは結びつかないイメージがありますが……。

杉浦 ホストの前職はモデルや美容師などが多いそうですが、Xさんの前職は木工大工です。ホストクラブの情報サイトで、新人ホストが「普通、ナンバーワンのホストは僕らを相手にもしてくれないのに、Xさんは面倒見がいい」とコメントしていましたが、大工さんは後輩の面倒を見ますよね。歌舞伎町にいても、職人気質を捨てなかったんじゃないでしょうか。彼の腕の筋肉もスポーツクラブで人工的に鍛えたものではなく、建築現場の仕事で作り上げていったナチュラルなマッスルでした。

 また、ホストをやっていることを親に隠している人もいますが、Xさんはご両親も息子がナンバーワンホストになったことを心から喜んでいたようです。特にお母さんは元クラブ歌手で、「私の遺伝子のおかげでお前はナンバーワンになれた」と言ったとか。つまり、両親も彼もホストクラブは“エンターテインメント業”と捉えていたんでしょうね。仕事にも前向きで、とにかく明るかったですね。

■都会育ちのお嬢様には見たことない生き物

――なるほど。しかし、坂口も脇坂も超がつくお嬢育ち。そういう女性たちがなぜ、あそこまで彼にハマったんでしょうか?

杉浦 見たことない生き物だったからじゃないですか。小学校から名門私立に通っていた箱入り娘からすると、Xさんみたいな男性は新鮮だったんでしょう。ロックスターみたいなオーラを出しながら、後輩の面倒もみる“気のいい大工さんのあんちゃん”要素もある。都会育ちのお嬢様が地方出身の苦学生に惹かれるってよくあるんですが、そういうパターンだったのかもしれません。

 それがこんな大きな騒動に発展したのは、やはり、彼女たちとXさんとの関係が“お金”の上に成り立っていたからでしょう。Xさんはとっくに一生遊んで暮らせる分を稼いでいるはずなのに、ホストをやり続けるのは、彼にとって歌舞伎町の店のナンバーワンでいることこそが自己実現だからでは。トップクラスのホストは本命の恋人をつくらないんですが、理由のひとつは、客を愛せなくなるからだとか。彼らは自分の自己実現を支えてくれる太い客を本気で愛さないとならないんですから。お金を出せば愛してくれる男性って日常的にまず存在しないでしょう。この世で数少ない“お金を使えば愛してくれる男”を好きになってしまったところに、今回の2人の悲劇はあったのだと思います。
(水野妖子)

坂口杏里だけじゃない! 実録・ホストが体験した脅迫トラブル

 知人ホストから現金3万円を脅し取ろうとして逮捕された、AV女優のANRIこと坂口杏里。彼女の「ベッド写真をバラまく」という脅し文句は普通、男性側が使いそうな言葉だが、歌舞伎町で長期間ナンバーワンを務めていた元ホストのT氏は、「客から受ける脅迫トラブルはよくある」と話す。実際に起こったトラブルをT氏に聞いた。

■肉体関係を迫る客がストーカー化

「吉原で働いていたお客さんに、色恋営業をかけて店に呼んでいたんです。色恋営業といっても、セックスなしの『ヤラず色恋』というやつです。その客は、店に来ると必ず『いつ抱いてくれるの?』とか『1回でいいからホテルに行こう』と誘ってきましたが、枕目的の客はネット掲示板で客に枕したとバラされるリスクが高いので、一度も抱くことはなかったです」

 その客を「ヤラず色恋」で1年ほど引っ張っていたT氏だが、ある日、妙な違和感を抱いたという。

「そのお客さんがベロベロに酔っ払った日があって、突然言われたんです。『Tくんの部屋って、カーテン青色だよね?』と。当時住んでいた部屋のカーテンは確かに青色。『なんで知ってるんだ?』と一瞬思いましたが、僕も酔ってたので適当に流したんです」

 その出来事をすっかり忘れ、後日、T氏は引っ越しすることになった。

「引っ越しの翌日、それまで歩いて帰っていた家から少し遠くになったので、タクシーで家に向かってました。すると、僕が乗っているタクシーの後を、別のタクシーがついてきたんです。偶然かなと思いましたが、次の日、店に来た例のお客さんに言われたんです。『昨日、どうしてタクシーで帰ったの?』って……。それを聞いた瞬間、『ヤバイ!』と思いました」

 身の危険を感じたT氏は、すぐにその客を出入り禁止(出禁)にすることを決めたという。

「出禁にしたんですが、店の前で待ち伏せ、さらに家の前でも待ち伏せされ、せっかく引っ越したのに家にも帰れなくなり、店の寮に寝泊まりするようになりました。彼女には『もう、これっきりにしてくれ』とメールで伝えましたが、話を聞いてくれず、『私を切るつもり?』『切る前に1回だけ抱いてほしい』『抱いてくれないなら、これからも付きまとう』と、ストーカー宣言されました。それだけは拒み続け、結局それから1年以上付きまとわれましたね。最終的には、彼女に別の彼氏(ホスト)ができて、離れてくれましたけど……」

 このように肉体関係を求められて脅迫されるケースは珍しいが、「売掛金(ツケ)によるトラブルは非常に多い」とT氏は語る。

「『ホストに無理やり、高額なボトルを入れさせられたと、警察や弁護士に相談する』と脅し、売掛金を飛ぼうとする(払わずに済まそうとする)客の話はよく聞きます。『相談する』という脅しだけなら、まだなだめられますが、もし本当に飛ばれたら、自腹で払わなければなりません。大手のグループだと、専属の弁護士が付いている店もあるのですが、それ以外の店では、自分で解決しなければいけません。なのでホストによっては、客の働いている店(風俗店など)のHPの写真を保存したり、水商売や風俗の専属スカウトマンから客の個人情報を聞き出したりと、トラブルに備えて客情報を徹底的に管理している人もいますね」

 坂口のように少額の脅迫ならば、ホスト自身で解決できそうな印象もあるが、なぜ、逮捕にまで至ったのだろうか?

「坂口は3日で釈放されたとのことです。臆測ですが、脅迫されたホストは大手グループのナンバーワンといううわさなので、弁護士を使って、被害届を取り下げる代わりに示談にしたのではないですかね」

 つまり、T氏の見解通りなら、脅迫されたホストは坂口の裏をかいて示談金をもらったということになる。とすれば、ホスト側が得したといえるのかもしれない。

 脅迫が刑法に触れることは、一般的に考えればわかるはずだが、その感覚を麻痺させてしまうのは、ホストにハマった女の狂気なのか、それとも歌舞伎町という街の魔力なのか……。
(カワノアユミ)

坂口杏里だけじゃない! 実録・ホストが体験した脅迫トラブル

 知人ホストから現金3万円を脅し取ろうとして逮捕された、AV女優のANRIこと坂口杏里。彼女の「ベッド写真をバラまく」という脅し文句は普通、男性側が使いそうな言葉だが、歌舞伎町で長期間ナンバーワンを務めていた元ホストのT氏は、「客から受ける脅迫トラブルはよくある」と話す。実際に起こったトラブルをT氏に聞いた。

■肉体関係を迫る客がストーカー化

「吉原で働いていたお客さんに、色恋営業をかけて店に呼んでいたんです。色恋営業といっても、セックスなしの『ヤラず色恋』というやつです。その客は、店に来ると必ず『いつ抱いてくれるの?』とか『1回でいいからホテルに行こう』と誘ってきましたが、枕目的の客はネット掲示板で客に枕したとバラされるリスクが高いので、一度も抱くことはなかったです」

 その客を「ヤラず色恋」で1年ほど引っ張っていたT氏だが、ある日、妙な違和感を抱いたという。

「そのお客さんがベロベロに酔っ払った日があって、突然言われたんです。『Tくんの部屋って、カーテン青色だよね?』と。当時住んでいた部屋のカーテンは確かに青色。『なんで知ってるんだ?』と一瞬思いましたが、僕も酔ってたので適当に流したんです」

 その出来事をすっかり忘れ、後日、T氏は引っ越しすることになった。

「引っ越しの翌日、それまで歩いて帰っていた家から少し遠くになったので、タクシーで家に向かってました。すると、僕が乗っているタクシーの後を、別のタクシーがついてきたんです。偶然かなと思いましたが、次の日、店に来た例のお客さんに言われたんです。『昨日、どうしてタクシーで帰ったの?』って……。それを聞いた瞬間、『ヤバイ!』と思いました」

 身の危険を感じたT氏は、すぐにその客を出入り禁止(出禁)にすることを決めたという。

「出禁にしたんですが、店の前で待ち伏せ、さらに家の前でも待ち伏せされ、せっかく引っ越したのに家にも帰れなくなり、店の寮に寝泊まりするようになりました。彼女には『もう、これっきりにしてくれ』とメールで伝えましたが、話を聞いてくれず、『私を切るつもり?』『切る前に1回だけ抱いてほしい』『抱いてくれないなら、これからも付きまとう』と、ストーカー宣言されました。それだけは拒み続け、結局それから1年以上付きまとわれましたね。最終的には、彼女に別の彼氏(ホスト)ができて、離れてくれましたけど……」

 このように肉体関係を求められて脅迫されるケースは珍しいが、「売掛金(ツケ)によるトラブルは非常に多い」とT氏は語る。

「『ホストに無理やり、高額なボトルを入れさせられたと、警察や弁護士に相談する』と脅し、売掛金を飛ぼうとする(払わずに済まそうとする)客の話はよく聞きます。『相談する』という脅しだけなら、まだなだめられますが、もし本当に飛ばれたら、自腹で払わなければなりません。大手のグループだと、専属の弁護士が付いている店もあるのですが、それ以外の店では、自分で解決しなければいけません。なのでホストによっては、客の働いている店(風俗店など)のHPの写真を保存したり、水商売や風俗の専属スカウトマンから客の個人情報を聞き出したりと、トラブルに備えて客情報を徹底的に管理している人もいますね」

 坂口のように少額の脅迫ならば、ホスト自身で解決できそうな印象もあるが、なぜ、逮捕にまで至ったのだろうか?

「坂口は3日で釈放されたとのことです。臆測ですが、脅迫されたホストは大手グループのナンバーワンといううわさなので、弁護士を使って、被害届を取り下げる代わりに示談にしたのではないですかね」

 つまり、T氏の見解通りなら、脅迫されたホストは坂口の裏をかいて示談金をもらったということになる。とすれば、ホスト側が得したといえるのかもしれない。

 脅迫が刑法に触れることは、一般的に考えればわかるはずだが、その感覚を麻痺させてしまうのは、ホストにハマった女の狂気なのか、それとも歌舞伎町という街の魔力なのか……。
(カワノアユミ)

「アパ不倫」グラドルの活発な売名活動、坂口杏里は取材陣におかんむり! お騒がせな女たち

編集S ようやく清水富美加騒動は落ち着いた頃かしら。まあ、関係者は大変だと思うけど、視聴者から見ればもうどうでもいいと言えばどうでもいいかも。

しいちゃん 今週は、新型プッツン女優より、元祖プッツン女優に注目よ! 石原真理子が2月27日に公式ブログで「ご報告、名前を戻しました。24日から私は石原真理子です」と題した文章をアップし、2月24日に「真理絵」から「真理子」に戻したことを発表したの。石原は、1980年に「真理子」でデビューし、1993年に「真理絵」に改名、本名も「真理絵」にしたものの、その後2006年に「真理子」、2009年に「真理」に改名。

編集S どれが正しい表記かわからなくてライター泣かせなのよね……。

しいちゃん 今回、石原は「すでに24日には数時間、そして一昨日からは正式名です。今回はSmapSmap内で発表ではなく、此処に書きます。私が自分を生きている故。そして書き物やバラエティーなどの番組に関しては石原真理絵と致す為、BLOG名義は石原真理絵です。尚、英語名に関しましては全てMarie Ishiharaで統一となります。そこで呼び名としては今後も真理さんでも構いません。~そして真理子ちゃん~ の名前が変わったことで以前から寂しく思っていた方もいらっしゃることは知っていました。しかし、、、皆さんその名前を大事にしなかったよね??!!という私の思いがあるわけです。これからは大事に頼みますね」とのこと。

編集S 石原のブログは何か触れちゃいけないものがある。というか、1エントリーがすごく長いじゃん? どのぐらいの時間で書いているんだろう。あと、毎回文末に定型文+写真で、おそらく「私の文章をパクるな!」と言っているっぽいんだけど、毎回読んでもまったく頭に入ってこない文章なのがすごい。

しいちゃん 芸能記者サンも「触れちゃいけない」と言っているから、あんま触れないで……。ちなみに、清水の騒動については、2月22日に「清水なる者の親はブリっこだそうです。頭のおか*さはDNAですね。電波に乗せないで。--私は神のDNAを持っています」という文章をアップ。「この電波学芸会の中に出演していたそうな新しいアマが、今では『すん』だか『なん』だかへと改名をされたそうなのですが、あれも(最初バーニングではなかったのか?)清水と同じ事務所であったそうです」「清水の親がブリならば、子供もイクラ?に決まっています。子供はそれを感じるものです。ところで絶望させるようで悪いのですが、一度悪魔に売りつけた魂をいとも簡単に取り戻せるなどということはありませんよ。宗教でも無理ですよ。悪魔を甘くみないほうが良いのです」「本当の世界平和は世のため人のために浄化をすることです。そちらの宗教ではそんな根本的なことも教えないのですね。今度は宗教に利用されているのですね、そしてそこに疑問も持たないとはさすがのDNAです。どんなに告白をしようとも後出しでさらっと不倫を謝ろうとも清水の心には悪魔がいます。また同じことが起きるでしょう」

編集S 「すん」とか「なん」とかなかなかパンチきいてておもしろい。意外と痛烈なことを指摘してるし。ただ、時折挟まれる「小泉きょー個」だの「薬師○」だの80年代アイドルへの恨み節が怖いわ。

しいちゃん 恨み節といえば、セクシー女優に転身したANRIこと坂口杏里が、公式Twitterで怒りを爆発させてる。坂口は2月に2作目AV『芸能人ANRI By KING』、3月に3作目『芸能人ANRI めちゃくちゃイッてるッ!』を発売するため、2月25日に東京・秋葉原で90人限定のハグイベントを開催。ところが、同日集まった取材陣の質問が気に入らなかったらしく、「何のために取材きたの?新たな借金問題ってなに?イベントの取材だったのに全然違う質問ばっかりだったし。もうこういった取材は受けません。人間だもん普通に25歳の女の子だもん。傷つくよ。ファンの方がみてどう思う?イベントの取材って聞いたからわかりましたって言ったのにとても気分が悪い」「イベントの事だけって言った会社に警戒心。イベントの事以外は聞かされないようにするって言ったのに大人って怖いね。ニコニコしてる子供をあんまりなめないでほしい。辛いよー!信頼関係て大事だね」(同26日)「いつもコメントしてくれるファンの方がしてくれなくなった。あぁどうしてくれるのかな。番組も見たけどイベントの話題ほぼ触れず。最初っからなに目的で来たかわかってたよでもあまりにもマネージャーさんに言われた約束と違う。自分の身は自分で守るって決めた。なにを信じれば良いの?」(27日)「嫌なことばっか。みんな自分を守るのにどんだけ必死なんだろ!」「お母さんお母さんてお母さんのこと書いた人、許しませんから。傷口に塩ぬらないでください」(28日)と連続ツイートし、なかなか怒りがおさまらない様子。

編集S ていうか、ハグイベントについて、前日24日午後6時の時点で「まだチケット17枚ほど残ってるみたい。病む」とツイートしてるね。そんな過疎ってるイベントに取材陣が来ただけでもさ……。イベントにマスコミ集めて、私生活を3cmぐらい話してイベントもろとも記事にさせるっていう「石田純一商法」で儲けたほうが賢いんじゃない?

しいちゃん ちなみに、デビュー作『芸能人ANRI What a day!!』も、2作目のタイトルも坂口の元交際相手でお笑いコンビ、バイきんぐの小峠英二にちなんだもの。さらに3作目のタイトルは、泥沼バトルを繰り広げた、元所属事務所の先輩・重盛さと美の出演番組を意識している。重盛はバラエティ番組で坂口の金遣いの荒さや借金額を暴露、坂口はTwitterで「腹黒い」と批判してた。

編集S 元カレもケンカ相手すらも利用するなんて、たくましいわ。そんな貴女にぴったりなのは、やっぱり石田純一商法!

しいちゃん 利用しまくっているといえば、1月12日発売の「週刊新潮」で、袴田吉彦との“アパ不倫”を暴露したグラビアモデル・青山真麻。2月26日放送の『なんでそんなこと言ったの?TV』(日本テレビ系)に出演し、「ヤクルトの一軍選手」や「有名外国人画家」と交際していたと告白。青山は、1月23日の『バイキング』(フジテレビ系)にもVTR出演し、「売名に結果なったと思うんですけど、私は本人にメッセージを伝えたかった」「これからも取材受けたりとかテレビ出たりとかチャンスがあればしっかりやっていきたい」「(出たい番組は日本テレビ系の)『しゃべくり007』」と語り、過去に有名な「俳優さんとか、ダンサーさんとか」「5、6人ぐらい」と交際したと告白していたよ。

編集S それは“交際”ではなく、いわゆる……。ま、本人はこのネタでしばらくあちこち出るつもりなんだろうね。古谷一行と不倫して、「有料」記者会見を開いた女なみに、欲望が表に出てていい感じ! アパ不倫以上のおもしろネタが出てくるのかどうか、楽しみだわね。

ホストにハマる女性の心理 なぜ借金をしてまで通ってしまうのか?

<p> 女優・坂口良子さんの長女でタレントの坂口杏里が、今秋に芸能人専用レーベル「MUTEKI」からAVデビューすると報じられた。坂口はホストクラブ通いで多額の借金を背負い、その返済のためといわれている。なぜ、借金をしてまでホストクラブにハマってしまうのか? 彼女たちは何を求めて通うのか? ホストにハマる女性の心理を探った。<br /> </p>

坂口杏里、マスコミに「謝罪文書け」と要求!? 未成年淫行の“恩人”をめぐって暴挙

2014sakaguchianri.jpg
坂口杏里オフィシャルブログより

 坂口杏里が、6日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系)で行った“赤裸々告白”がネット上で話題になっている。坂口は、昨年12月、事務所に無断で、六本木のクラブ「セタルモ」に2日間体験入店をしていたというのだ。

 放送された従業員の証言VTRによると、坂口は「あすか」という源氏名を使い、メイクやホクロの位置を変え、カラーコンタクトも装着して勤務していたそうだ。客前では、方言を使用して地方出身者を演じ、2日間でおよそ6万円のバイト代を稼いだという。バイトの理由は「人生経験」と言い、芸能界引退後はキャバクラで働きたいと考えているとも明かした。