「子どもの預かり」をママ友2人から頼まれた! 妻は不在、オレ1人だとやっぱ大変

 12月は仕事をしてるパパママは連日忘年会ですね。学童保育クラブの知り合いのママ友から、「自分もダンナも仕事と飲み会で子どもを預かってくれそうな人がいなくて、預かってほしいんだけど大丈夫?」という連絡が2名からありました。共働きだと、こういう問題がたまにあります。ほとんどの人はシッターさんを使うみたいですが、うちは頼んだことがありません。シッターが子どもを虐待したり、殺害した事件がいくつもあるじゃないですか。見ず知らずの他人に預けるわけだから、リスクはかなりある。まあ、中には信頼できるシッターさんもいると思うけど。万が一が想定されることは、やらない!

 で、オレに子どもを預かってほしいと頼んできたママ2名も、シッターを使ったことはない。滅多にないけど、オレも妻くらたまも仕事でココの面倒を見ることがどうにもならない時はこの先絶対あるので、子どもの預かりは、オレにその日の予定がなければやりますよ! お互い助け合いだからね。でも、ママ1の子どもは男子なんだよ……。ココとは幼稚園時代からクラスもずっと一緒だったけど、小学2年にもなると、友達付き合いは男子は男子、女子は女子になるじゃないですか。しかも、うちには男子が遊べるようなおもちゃもないし、どうしたものか……。まあ、オレが一緒にトランプでもやって遊べば大丈夫か! と、ママ1にLINEで「了解!」と返信しておいた。が、迎えに来るのが午後11時過ぎになるというじゃないですか! しかもタイミング悪く、その日は妻くらたまが出張でいない! ということは、オレ1人で2人の面倒を見なければらないわけです。午後11時迎えか……。ココは毎日午後8時に風呂、9時に寝てるんですよ。

 預かりの日のスケジュールを調整してみると、まず夕方4時にココを学童まで迎えに行きバレエに連れてく。その間に、オレは家に戻って3人分のご飯の準備。5時30分にバレエ終了で、ココと一緒に学童へママ1の息子を迎えに行き、3人で歩いて家まで帰る。家でご飯。8時にココとオレで風呂、終わって息子くんと風呂。9時に2人をベッドに連れて行く。で、寝かしつけ。11時過ぎにママ1が息子くんを迎えに来たら、ココが起きないように息子くんを起こして終了。

 ママ1はママチャリを持ってないので、うちから歩いて帰るんだけど、寝ぼけてる子どもと一緒だと徒歩20分くらいかかると思う。寒いし、かわいそうだなあ……。だったら、そのまま息子くんを泊まらせた方がいいのか……。とか、いろいろシュミレーションしてみた。ココにも聞いてみたんだよね。息子くんと一緒に風呂入って、同じベッドで寝る事になるけどいい? って。そしたら、「あり得ない! キモい! 風呂は絶対イヤだし、一緒に寝るのもヤダ! なんでうちに来るの? 遊びたくない!」だって。まあ、そうだよな……。でも、まだ息子くん1人では、風呂も寝ることもできないみたいなので、オレが一緒じゃなければダメか。問題はベッドだな。11時迎えだけど、一度寝た子どもを起こすのはかわいそう。しかも翌日は学校だし。これが土日だったら、まだいいけど。どうしたもんか……。

 悩んでいたら、ママ1から前日にLINEで「明日大丈夫?」と確認が。「ココが相当イヤがってるんだよ。だから、なるべく早く迎えに来れない? せめて10時とか」と返信。「なるほど。ココちゃんも男子と家で遊ぶのイヤになる年頃かもね……。ちょっとほかに預かってくれる人いないか探ってみる!」「助かる!」と、やり取りしてると「ダンナの知り合いに男の子がいる家族がいて、そこで預かってもらえることになったよ」とLINEが来た。よかった! 8時までとか、早い時間までの預かりだったら男子でも大丈夫だけど、風呂と寝るのは厳しいよ、やっぱり。

 その翌週、ママ2から「ダンナも私もどうしても外せない用事があって、申し訳ないけど、明日9時まで子ども2人預かってもらえないかな?」と、妻くらたまにLINEが。小学1年の女子と5歳の男子。妻からオレに「2人預かるけどいい? この日は夜から仕事なんで、あんたがココと2人の子どもの面倒見てよ!」とLINEが。また、妻がいないのか! この日は帰るのが午後6時過ぎなので、子どもたちの風呂とご飯は頼む! と返信した。翌朝、ママ2がうちに子どもの着替えやらゲームを持ってきた。「うちの子2人とも、部屋に入ったら、まずパジャマに着替えるんですよ。なのでパジャマと、あと息子はオセロにハマってるので、オセロで遊ばせてください」と。部屋に入ったらまずパジャマに着替えるのか! ココは風呂入るまで着替えないけどな。それぞれ家庭によって、しきたりがあるんだな。

 で、オレが帰宅するともう3人ともパジャマに着替えて何やら遊んでる。妻くらたまはオレと入れ替えで仕事に行ってしまった。ココと小学1年の女の子は一緒に遊んでるが、5歳の男子はヒマしてるので、オレがオセロで遊んであげることに。本気でやると完全にオレが勝つわけで、わざと負けてあげるんだけど、それもマジで大変なんだよ。一度オレが負けたらうれしかったのか、「もう1回やろう!」と言い出し、結局10回はオセロをやった……。それでも、まだ8時過ぎ。子どもたちは飽きてしまい「ママまだ? もう眠い!」と騒ぎだす! 5歳の男子は「もう寝ていい?」とグズりだすし……。「もうすぐママ来るから!」と、ぬりえやらテレビのディズニーチャンネル見せて、なんとか9時の迎えまで遊ばせたよ。

しかし、子どもが3人いると大変だわ……。賑やかで面白いけど、ずっと遊び相手になるのはキツい! ま、年に数回ならよその子を預かるのもいいかな。うちもココを預かってもらう時があるかも知れないからさ。ご近所付き合いは、持ちつ持たれつだな!

小学1年から大成長! 娘の8歳誕生日会、「人生ゲーム」「すみっコぐらし」三昧です

kuratama-171225

 11月はココの誕生日です。今年で8歳になりました。そして、このコラムもココが産まれた時からスタートしたので9年目に入りました。よくもまあ、毎週のように子育てネタが続くもんだよ! と、我ながらマジで感心する!

 今年のココの誕生日は、2回やることに。1回目は誕生日当日。この日は、バレエ教室に行き、そのまま近所のイオンのおもちゃ売り場に行って好きなもの買ってあげることに。最近のココは、「すみっコぐらし」にハマってて、ぬいぐるみやら消しゴムなど文房具も全てすみっコで揃えてるほど。部屋中がすみっコグッズになりつつある。というか、誕生日に関係なく、すみっコグッズを買ってあげてるんですよ。いまだに親バカ。

 この日も、すみっコのぬいぐるみを「これ買って!」と言ってくる。「それ持ってんじゃん! 同じの見たことある!」と言っても、「これだけ持ってないの! これで全種類コンプリートだから買って!」と言う。いつの間にコンプリートなんて単語を覚えたんだ? まあ、誕生日だからいっかと、買うことに。あとは工作が好きなので、粘土のようなものでうどんやカレーを作る、ままごとセットも一緒に買う。ちなみに、妻くらたまはちょっと前にすみっコグッズをココへ買ってあげてたので、今回はオレが買ってあげた。

ちょうどおもちゃ売り場はセールをやってたので、妻くらたまに「人生ゲーム」を買ってもらう。そろそろ友達と家で遊ぶじゃないですか。そういう時にこれがあれば、役に立つでしょ。オレも小学生時代に友達と家で人生ゲームをよくやった記憶あるし。その後、イオンにある和食レストランで夕食食べて、家に帰ってケーキを食べるというシンプルな誕生日をやった。ココは買ってもらったおもちゃで寝るまで遊んで、誕生日当日は終了!

 で、2回目の誕生日会は、ココと仲良しの友達Sちゃん、2人を一緒にお祝いする合同誕生日会。幼稚園時代から仲良しの友達2人も呼んで、4人になった。オレの家でやったんだけど、事前に、SちゃんママとLINEで「ケーキどうしよっか?」「遊ぶものどうする?」などと軽くやり取りして、ケーキはSちゃんママがネットで買ってくれて、あとはお菓子とジュースを用意。週末の金曜日は学校が5時間授業なので、皆が家にランドセル置いて、オレの家に来れるのがだいたい午後4時前後。終わりは6時なので滞在は2時間しかないことに。

 去年は家にココの友達を6人呼んで、4時間くらい滞在した。事前に景品付きくじ引きや工作キットを用意して、子どもたちが退屈しないように準備しだけど、子ども7人と遊ぶのはマジで大変で、終わってからどっと疲れた記憶がある。それを踏まえると、今回の「4人で2時間」というのはオレも妻くらたま的にもラク! しかも今回はSちゃんママも一緒にいてくれるので、かなり助かる! 

 そして当日。Sちゃんとママが早めに家に来てくれて、ケーキの準備などしてるとほかの2人の友達もそれぞれのママが連れて来た。4人集まると早速ワイワイと遊びだして、ココの持ってるすみっコやらおもちゃの宝石を見たりしてる。2年生になると、もう友達と一緒であれば親が間に入る隙もないね! 勝手にみんなで遊んでるからマジでラク。だから、オレと妻くらたまはSちゃんママと3人で、学校のことやら習い事について雑談。途中、ケーキを出す時に「はい! みんなケーキ食べるよ! 2人にハッピーバースデー歌ってあげて! はい! あと、みんなからプレゼントあげて!」と一度だけ仕切ったきり、あとは、お菓子やらフライドポテトを勝手に食べてプレゼントを開けて、それで遊んだり、人生ゲームやら工作キットで何か作って遊んでる。

 誕生日会というより、友達と家で遊べることが、ココも友達も楽しいみたいだな。で、あっという間に2時間がたち、ママたちが迎えに来た。4人はまだ遊びたい! と騒いでたけど、それぞれ家でごはんを食べないとね! Sちゃんママとは、「また来年の誕生日会もやろう」という話をして、無事に終了。

 親が関与しなくても、家で勝手に友達と遊べるようになったので、また機会があれば、うちに友達呼ぶのもいいかも!

パパママ飲み会は楽しい! 学童クラブ&小学校、37年ぶり同窓会で飲み会ラッシュです

 毎週のように、ココの小学校と学童保育クラブの保護者飲み会が続いてる。10月のとある週末は、学童のOBでもあるMご家族が住んでる、家賃30万円以上しそうな高級マンションの1Fにある、巨大なゲストルームで学童メンバーたちの飲み会。年に数回、貸切で行われていて、各自で飲み物&食べ物を持ち込む形式。オレもすでに3~4回参加してて、毎回子どもたちを入れて30名前後が来ている。この日は40名以上集まった。オレはシングルママと再婚問題の話で盛り上がったな。男との出会いがまったくないらしい。出会い系サイトもイマイチだし職場にもいない。仮に出会ったとしても、このママには小4の娘がいるわけで、相手の男性と合うのかどうか……。いろいろ男に対して注文があるみたいで、だったら再婚じゃなくて彼氏でいいじゃん! と言っても、「結婚したい」と言い切る! 彼氏! 結婚! の言い合いになり、結局オレも折れて「じゃ、がんばってみてよ!」としか言えません!

 そして夜の9時には、子どもたちを寝かせつけなければならないから、お開き。その後2次会があるというので、妻くらたまが「私行くから、あんたたちは先に帰ってココの風呂と寝かせるの頼むよ!」とオレとココを置いて行ってしまった! 夜中の3時まで飲んでたと! オレも妻くらたまも、学童のこの飲み会メンバーとは気が合うから定期的にやってほしいね。

 そして某平日の夜、小学校でオヤジの会の定例会議。夏にやった「巨大流しそうめん」の反省会です。参加した親御さんたちには好評だったのですが、子どもたちは食べたら飽きてしまい、校庭の遊具で遊んだり走り回ってるだけなので、今後は流しそうめん+子どもたちが飽きない仕掛けを考えるということになった。流しそうめんと花火大会の間が開きすぎて、子どもたちが時間を持て余してヒマしてたという意見もあった。なかなか参考になる。

 会議の後は飲み会だったので、オレも1年ぶりに参加してみる。今回は1年生のパパたちも何人かいるので、あらためて自己紹介やりましょう! と提案。「では1人づつ、出身地、年齢、職業をお願いします!」ということで、言い出しっぺのオレから。ざっくりと自己紹介すると、何人かのパパたちから「コラム読んでる」と! ついにオヤジの会メンバーにもバレてしまったのか……。ますます書けることが限られてくるな。1年生パパの1人が元映画業界の人で、オレと共通の知人友人もいるということもあり、かなり盛り上がった。自己紹介で職業聞いてよかった! 職業聞かないと同業者かどうかもわからないからね。それにPTA会長の、ここでは書けない衝撃話に驚愕したよ。

 この翌日は、地元・目黒の中学時代の友人たちと同窓会。同窓会と言っても数年に1回くらい会ってるいつものメンバーなのだが、今回はハワイ在住で10年ほど前に『Life天国で君に逢えたら』という東宝配給の邦画のモデルになった元クラスメイト・Fが一時帰国したので、急遽10名くらい集まったというわけ。彼女が映画の主人公のモデルになったというのは風の便りで聞いていたが、ぶっちゃけ、どんな子だったか顔が思い出せなかった。今回、中学卒業以来、35年ぶりに会ってみてなんとなく思い出した、かも……。いや! 話してみても全然思い出せない! ハワイにずっと住み続けているので、普通の50歳よりめちゃめちゃ若く見えた。4人の子持ちとは思えないほどだったね。

 で、この席に中学2年の時に付き合った子も来ていて、「あんたに『こっち来るな!』ってツバを吐きかけられた! 今でも覚えてるから!」と言われた。え? オレまったく記憶ないんですが……。ホントだったらトンデモない男だな! ごめんとしか言えないよな……。ほかにも25年ほど仕事で付き合いのあるデザイナーが、オレの中学時代の友人と同じ高校で、今でも友達同士ということが発覚したりと、なかなか世間は狭いです。

 翌週の土曜日には、オレの小学校の同窓会もあった。37年ぶりに、当時毎日一緒に遊んでた友人と再会。小学5年の時に友人10名くらいで中目黒から高尾山まで自転車で行った話はすごかったね。オレはうろ覚えなんだけど、帰りがホントキツくて、泣きながら自転車こいでた記憶はある! ちなみに保護者いないからね。子どもだけで朝5時から出て、夜10時くらいに帰ったらしい。今だったら事件になりかねないね。あと小学1年の時、なぜか長島茂雄が小学校で講演をやったという話。これもなんとなく覚えてるんだけど、ハッキリしない! が、たまたま隣にいた女性が「その当時の写真持ってるよ!」ということで、後日みんなのLINEに送ってくれることに。小学校の友人とは同窓会以外で付き合う人はいないけど、何人かFacebookでつながったので、近況はそれで知れるし、これで十分だよな! また10年後に同窓会をやるみたいなので、その時にまた再会しよう!

 学童パパママの飲み会は50人以上!

 さらに翌日は区内の学童保育クラブ対抗の運動会があり、その夜に学童パパママと子どもたちで打ち上げ飲み会があった。ココの2年生の運動会実行委員のママから、飲み会の案内と参加人数の確認メールが届いたので、オレはすぐに「参加します!」と返信したものの、ほかは1名から不参加の返信があっただけで返答なし……。1週間後、また実行委員から人数の最終確認メールが届いても、誰からも返信がない。なので、オレは実行委員ママに「返信ない人は不参加でいいと思う」とメールしたよ。飲み会に来られないなら「行かない」と一言メールを出してほしいもんだな。まあ、行けないと言いにくいのかもしれないけど、そのままスルーはやめましょう! 

 結局、打ち上げは1~3年までのパパママ&子どもたちの50名以上が参加して、かなり盛り上がった! 某司法関係の仕事をしてるパパがいたから、事件モノや犯罪にめちゃ興味のあるオレは質問しまくり。相当面白い話が聞けたよ。この後、オレを入れたパパだけ6名で2次会。話題は夫婦喧嘩について。ここでは書けない内容だが、皆さんなかなか激しいですな……。他人の夫婦事情は面白すぎる! こういう話は飲みの席でしか聞けないから、皆さんもパパママ飲み会やった方が楽しいですよ!

小学校のPTA役員に推薦されたが……「校長からNG指定の危険人物」のウワサに怒り心頭!

 ココの通ってる公立小学校では、毎年10月に来年度のPTA役員の推薦投票が行われる。1~6年生の保護者に推薦候補者を書き込むプリントが配布され、そこに推薦する人の名前と理由を書き込んで学校に提出するわけだ。オレにもこの用紙が配られてきたが、ぶっちゃけ誰がふさわしいのかわからないし、また当然ながら、推薦する理由もわからん!なので白紙で提出した。このやり方ってどうなの? ほとんどの保護者と話したこともないし、知ってるパパママいるけど、人となりを知ってるわけでもなく。本人の立候補が一番しっくりくるんだけどなあ。まあ、そんな奇特な人がいるわけでもなく、推薦のやり方しかないんだろうな。

 しばらくしてPTA役員から、「来年度のPTA役員の推薦で、叶井さんに多数の投票がありました。引き受けてくれたらありがたいのですが、いかがでしょうか?」と驚愕のメールが突然届いた! 確かにオレは現状、クラス委員もやってるし、おやじの会の活動もマメにやってる。学校行事に熱心なパパに見えるのかもしれない。でも、さすがにPTAの役員となると、大変そうだ……。このメールをしてきた役員さんには、「やるとしたらどんな役割になりますか? それを聞いた上で検討したいです」と返信しておきました。正直言って、やる気ないんですが。

 そしてすぐに、ココのクラスで仲がいいママ友に、「PTAの役員、オレが投票多数でやってくれとメールがきた!」とメールしたら「え? 叶井さんは、校長からNGが出てる要注意人物扱いって聞いてるけど? 正式なオファーなの?」と、これまた驚愕な返信が! そうなのか! オレは学校内で要注意人物になってたのか! 知らなかったよ……。なので、メールをくれたPTA役員に「ほかのママから聞いたんですが、僕は校長からNG人物になっているので役員はできないみたいですよ? 一度、校長先生に確認してもらった方がよろしいかと」と返信。

 すると、「え? そんな話はPTA役員内で聞いたこともないし、校長が周りに個人を中傷するようなことは言わないと思うのですが……。個人的には叶井さんがいずれPTAの会長をやったら面白いと思いますよ。でも会長は学校の顔。他の学校、地域との交流で参加や挨拶ごとが多いみたいです。だから日々スーツとネクタイが必要になると聞きました。叶井さんはスーツ持ってないわ……。と、個人的に思いました」と、これまた爆笑な返信が。スーツの1着や2着は持ってますって! いつもラフな服装だから、スーツを持ってないと決め付けられたのも面白いね。

 とにかく! オレは学校からNG案件になってるという話が面白すぎて、妻くらたまに話してみた。そしたら「それって人権問題なんじゃない? 過去に犯罪犯したわけでもないのに、なんで要注意人物になってるの? ひどくない?」。なるほど……言われてみれば確かに! オレは今まで学校行事もいろいろ積極的にやってきてるのに!

 なんだか、全て否定されてる気がしてきた。しかもよく考えれば、PTAの役員会議にも出席してるわけで、もし校長がPTA役員全員に「叶井は要注意人物」ということを触れ回っているならば、役員のママたちは、それを知っててオレに隠していたのか……。いや、メールをしてきた役員ママは、オレがNG人物ということを知らなかったよな……などと、いろいろ考えると腑に落ちない! というか気分悪くなってきた! 

 なので、妻くらたまに、「よく考えてみたら、校長にNG人物と言われる筋合いはない! 直接、校長に聞いてみる! 弁護士にも相談したい! で、もし校長がそんなこと言った覚えがない、とわかったら、誰がオレのことをNG人物だと言ってるのか探し出す!」と言ったら、「いや! ちょっと待ちなよ! 校長に確認するとか、あんたが騒ぎ始めて犯人探ししたところでどうすんの? まず、あんたが学校からモンスターペアレンツと認定されて、ココも学校に行きにくくなるじゃん! ココの友達たちも、親からココとは遊ぶな、と言われかねないし! ココはあと4年間も学校に行くんだから、そこよく考えな!」と。な、なるほど……。

 しかし、NG人物と聞いて初めはウケていたけど、よく考えると納得がいかない! この怒りの矛先はどうやって収めりゃいいんだ! 妻くらたまには「だいたい、ネットであんたのこと検索すれば、いろいろ出てくるわけで、一般の人間からしたら犯罪者と変わらないイメージなんだよ。バツ3とか自己破産とかさ。メディア関係やエンタメ系の人が見たら面白いとなるけど。そんな人はホント少数だし、学校のPTA役員やるような人は、ものすごく保守的な人ばかりでしょ!」と言いくるめられた! NG人物の件で妻と夫婦ゲンカにになりそうだったよ。

 で、冷静になって考えてみた。どう考えても校長はオレ個人を誹謗中傷しないだろうよ。すると、やっぱりあれだな。オレに対してよくわからない巨大な妬みとひがみを持ってるママが、かなりいるというわけだな。デマを垂れ流すことが楽しいんだろう。そういう悪意の塊のママが存在してるってことが、わかっただけでもよかったよ。まさにママ友界の闇が見えた! ホント怖いわ……。

オレん家をDr.コパさんが鑑定! 「不倫してる」「めちゃくちゃ汚い」ってマジ最悪です!

 朝の情報番組『白熱ライブ ビビット』(TBS系)の特集で、風水診断で有名なDr.コパさんがオレの自宅に来て部屋診断をやるという。妻くらたまに「は? 聞いてないし! なんでそんなことを! オレは診断されたくない!」と言ったら、「仕方ないでしょ! レギュラー番組の仕事で断れないんだから!」と返された。断れないのか……仕方ないので、部屋中掃除しましたよ! 今の家に住み始めて8~9年たってるから、毎年年末に大掃除しても汚れが落ちない箇所もあるわけだよ。風呂場のタイルの間のちょっとした黒カビとかさ。

 コパさんが部屋診断で見るのは水回りらしいので、撮影前日までに強力カビキラーやら東急ハンズで買った業務用洗剤で流しのシンクの中、トイレ、風呂場を重点的に洗った。ここまで掃除したのって、住み始めて初めてかも。それでも風呂場は100%キレイにはならない! 翌日も朝から撮影ギリギリまで風呂場の掃除をしたけど、黒カビの汚れは落ちない! リビングにあるココのおもちゃも、ある程度は片付けたものの、大量のおもちゃはマジで片付かない……。もうあきらめるしかないな、とオレは撮影が始まる前に会社に出勤。出演するのは妻くらたまだけだからな。しかし、オレん家が全国ネットで流れるのか……。

 そして夜に帰宅。「コパさんどうだった?」と、聞くと「朝9時から昼2時くらいまで撮影! で、コパさんが今まで1,000軒以上いろいろな部屋を見てきた中で、この部屋はトップ10に入るほどの汚さ! って言われた」「そこまで? マジかよ……そこまで汚いか? モノは多いけどそんなに汚いって?」「めちゃくちゃ汚いと言われた! しかもトイレと風呂場にカメラ入って、ずっと撮影してるし!」。

 いやー、トイレと風呂場にカメラかよ! 一番他人に見られたくない場所じゃん! そんなのが全国ネットで流れるって……。まあ、オレは映らないからいいけどさ、なんて思ったら、「あ! そういえば番組から、あんたの顔写真をくれって言われたから渡しておいたから!」「は? なんでオレの顔?」「くれと言われたから仕方ないじゃん!」。マジかよ……ココの小学校や学童のママたちが見てたらわかるよな……トイレと風呂場が汚いってバレるのは、マジで最悪だよ。オンエアは絶対見ない! って決めたよ。

 それで先日、ついに番組がオンエアされた。オレはその日を完全に忘れてたけど、友人・知人から「いま『ビビット』でお宅の部屋見てるよ!」とか「顔写真出てんじゃん! 爆笑」などとLINEとFacebookに連絡があった。しかも、テレビでコパさんが「風呂場が汚い人は不倫してる可能性高い!」などと、まったく根拠のない話をしたらしく、ココの学童のママパパからも「叶井さん! 不倫バレてますよ!」という、話がねじ曲がったLINEが次々に送られてきた。さらに、学童ママの1人が録画してたらしく、見てないパパママが「見せて!」と言い出してるし! まあいいけどさ。オレは自分の家を酷評されてるのは見たくない!

 そういえば、部屋の話で思い出したのが、8月の学童キャンプの飲み会で、とあるパパが言っていた「自分の家はアメリカ風に土足なんです」という話。その場では、みんな意味がよくわからなかったので、それ以上の話にはならず、オレも一瞬「ん? 土足? どういう意味?」くらいで、その場は「へー!」で終わった。でも、後から次々に疑問が沸いてくる。日本で部屋が土足ってどういうことなんだろう? 靴はどこで脱ぐんだ? 風呂から出てまた靴履くのかな? 寝る時は? 聞いておけばよかった! 日本で部屋を土足にするって聞いたことないな。

 でも、子どもが友達の家に遊びに行った時、いきなり土足で入りそうだから、この辺の教育は大変だ。だって、子どもから「うちは土足なのに、なんで人のうちでは靴脱がないとダメなの?」と聞かれたら、どう答えるんだ? 「うちはうち! 人は人!」とか?気になる! 今度会った時に聞いてみよう!

担任から「まだ学校に来てない」と緊急電話! 妻くらたまはパニック、娘はどこに消えた?

 先日、朝の8時40分頃に突然、ココの小学校の担任の先生から電話があった。

「あの、ココちゃんがまだ学校に来てないんです! 何時に自宅を出ました?」「ええ? 7時50分に1年生の子と一緒に登校しました。学校にまだ来てない?」「学校側も警察に行こうかどうしようかと」

 オレはパニックというより、頭の中で「どういうことだ? 家を出て1時間近い……なぜ学校に来てない?」と冷静に考えてたけど、隣で聞いてた妻くらたまは「なんで? なんで? 学校に来てないの? どうしよう! どうしよう!」 と泣きまくっていたので、「落ち着け! とにかく学校に向いながらココを探す! ココと一緒だったKちゃん家に電話してみて!」と言って、オレはチャリで急いで学校に向かった。

 昨年1年間、毎朝ココと一緒に登校してたので、 ココが寄り道しそうな場所はいくつか知ってる。公園か、近道するとしても通学路とは別の住宅街を抜けていく道だ。そこを通ってみたけど、ココはいない……。まさか誘拐? でも1年の女の子も一緒だし、2人まとめて誘拐というのはどうだろう? あり得るのか? 2人で歩いてて隣にワゴン車止められてガバッと捕まえられたってこともあるかも……。とにかく! 無事でいてくれ!  誘拐されたとしたら、どうやって探す? 

 最悪の事態を考えながらも、どうしたらいいのかわからないまま学校に到着。が、どこに行ったらよいのか……。玄関のあたりをウロウロしてると、担任の先生が走ってオレのとこに ! 

「いま来ました!」「ええ? なにしてたんですか?」「途中で友達に会って、1年生の子と3人で水たまりで遊んでいたと……」「あ、遊んでたんですか?」

 その瞬間、マジでマンガのようにへなへな~と力が抜けましたね……。先生も心配してくれてて、「もう泣きそうでした……」と。「うちでも怒るけど、先生からも怒っておいてください!」と言って家に帰ると、妻くらたまも学校から電話があったみたいで、「今までの人生で一番パニックになった」と言ってましたね。とんでもないよ! ココは! 朝から1時間近くも遊んでるとは! 自宅から学校までチャリで探してる10分くらいの時間が、今までの人生で最悪だったな。

 夕方、 帰宅してからココに怒ろうと思ったけど、オレの顔を見ると怒る前から泣いてしまった……。まあ反省してるみたいだから、「寄り道は絶対しないこと! あと近道もしちゃだめ! ちゃんと通学路を通る! 約束できる?」と言うと、「うん……ごめんなさい……」と泣きながら返事。「怒ってるのは、めちゃめちゃ心配したから! 先生も泣いてたし!  もう絶対にやめて!」「はい……はい……」「もうわかったから、ごはん食べな」と言って終了! 妻くらたまとは、「仮に誘拐されたとして、うちらには探す術がないじゃん。今後はGPS付きの携帯持たせる?」という話しになり、「うーん、 周りの子どもたちは、どうしてるか聞いてみよう。でも、まだ早いような気がするなあ。ま、検討するか」 ということになった。

 で、翌日、学童に迎えに行った時に、ココと同じクラスの男の子のママが携帯を子どもに持たせてたので、「ココにも携帯もたせようか悩んでるんだよな」と言うと、「子どもに携帯持たせるなら、先に校長先生と面談しないといけないよ。うちも面談したから。持たせる理由がないとダメみたい」とのこと。へー! そうなんだ! 知らなかった! 確かにGPS付きの携帯だったら万が一の時は役に立つ。でも、今のところGPSしか使い道ないんだよね。それに、ココが親の目から離れるのは、登校時と下校時の学童まで行く時だけ。しかも、どちらも友達と一緒に行動してる。なので、 ココが1人きりになるタイミングがないんだよね。だから、結論的には携帯はまだ持たせる必要がない、ということになった。3~4年生になって、習い事を1人で行くようになった時に持たせようかと。

 しかし、学校から「まだ来てない」 という連絡ほど恐ろしいものはない。しかも、オレは直前に『帰りたくない―少女沖縄連れ去り事件』(新潮社)『子どもは「この場所」で襲われる』(小学館)という本を読んだばかりのタイミングだった。最悪でしょ。どちらの本にも共通してるのは、「子どもの誘拐やいたずらは登下校時に一番起きやすい」ということだ。怪しい人は、夜に暗闇などの怪しい場所にはわざわざ行かないで、あえて人通りがある場所で子どもに声をかけると。その方が子どもも心を許すケースが多いというじゃないですか! 今年になってから毎朝1年生の子と一緒に登校してるから安心してしまったのかもしれない。これを教訓にして、どこに行ってもココから目を離さない! と決めたよ。

 

担任から「まだ学校に来てない」と緊急電話! 妻くらたまはパニック、娘はどこに消えた?

 先日、朝の8時40分頃に突然、ココの小学校の担任の先生から電話があった。

「あの、ココちゃんがまだ学校に来てないんです! 何時に自宅を出ました?」「ええ? 7時50分に1年生の子と一緒に登校しました。学校にまだ来てない?」「学校側も警察に行こうかどうしようかと」

 オレはパニックというより、頭の中で「どういうことだ? 家を出て1時間近い……なぜ学校に来てない?」と冷静に考えてたけど、隣で聞いてた妻くらたまは「なんで? なんで? 学校に来てないの? どうしよう! どうしよう!」 と泣きまくっていたので、「落ち着け! とにかく学校に向いながらココを探す! ココと一緒だったKちゃん家に電話してみて!」と言って、オレはチャリで急いで学校に向かった。

 昨年1年間、毎朝ココと一緒に登校してたので、 ココが寄り道しそうな場所はいくつか知ってる。公園か、近道するとしても通学路とは別の住宅街を抜けていく道だ。そこを通ってみたけど、ココはいない……。まさか誘拐? でも1年の女の子も一緒だし、2人まとめて誘拐というのはどうだろう? あり得るのか? 2人で歩いてて隣にワゴン車止められてガバッと捕まえられたってこともあるかも……。とにかく! 無事でいてくれ!  誘拐されたとしたら、どうやって探す? 

 最悪の事態を考えながらも、どうしたらいいのかわからないまま学校に到着。が、どこに行ったらよいのか……。玄関のあたりをウロウロしてると、担任の先生が走ってオレのとこに ! 

「いま来ました!」「ええ? なにしてたんですか?」「途中で友達に会って、1年生の子と3人で水たまりで遊んでいたと……」「あ、遊んでたんですか?」

 その瞬間、マジでマンガのようにへなへな~と力が抜けましたね……。先生も心配してくれてて、「もう泣きそうでした……」と。「うちでも怒るけど、先生からも怒っておいてください!」と言って家に帰ると、妻くらたまも学校から電話があったみたいで、「今までの人生で一番パニックになった」と言ってましたね。とんでもないよ! ココは! 朝から1時間近くも遊んでるとは! 自宅から学校までチャリで探してる10分くらいの時間が、今までの人生で最悪だったな。

 夕方、 帰宅してからココに怒ろうと思ったけど、オレの顔を見ると怒る前から泣いてしまった……。まあ反省してるみたいだから、「寄り道は絶対しないこと! あと近道もしちゃだめ! ちゃんと通学路を通る! 約束できる?」と言うと、「うん……ごめんなさい……」と泣きながら返事。「怒ってるのは、めちゃめちゃ心配したから! 先生も泣いてたし!  もう絶対にやめて!」「はい……はい……」「もうわかったから、ごはん食べな」と言って終了! 妻くらたまとは、「仮に誘拐されたとして、うちらには探す術がないじゃん。今後はGPS付きの携帯持たせる?」という話しになり、「うーん、 周りの子どもたちは、どうしてるか聞いてみよう。でも、まだ早いような気がするなあ。ま、検討するか」 ということになった。

 で、翌日、学童に迎えに行った時に、ココと同じクラスの男の子のママが携帯を子どもに持たせてたので、「ココにも携帯もたせようか悩んでるんだよな」と言うと、「子どもに携帯持たせるなら、先に校長先生と面談しないといけないよ。うちも面談したから。持たせる理由がないとダメみたい」とのこと。へー! そうなんだ! 知らなかった! 確かにGPS付きの携帯だったら万が一の時は役に立つ。でも、今のところGPSしか使い道ないんだよね。それに、ココが親の目から離れるのは、登校時と下校時の学童まで行く時だけ。しかも、どちらも友達と一緒に行動してる。なので、 ココが1人きりになるタイミングがないんだよね。だから、結論的には携帯はまだ持たせる必要がない、ということになった。3~4年生になって、習い事を1人で行くようになった時に持たせようかと。

 しかし、学校から「まだ来てない」 という連絡ほど恐ろしいものはない。しかも、オレは直前に『帰りたくない―少女沖縄連れ去り事件』(新潮社)『子どもは「この場所」で襲われる』(小学館)という本を読んだばかりのタイミングだった。最悪でしょ。どちらの本にも共通してるのは、「子どもの誘拐やいたずらは登下校時に一番起きやすい」ということだ。怪しい人は、夜に暗闇などの怪しい場所にはわざわざ行かないで、あえて人通りがある場所で子どもに声をかけると。その方が子どもも心を許すケースが多いというじゃないですか! 今年になってから毎朝1年生の子と一緒に登校してるから安心してしまったのかもしれない。これを教訓にして、どこに行ってもココから目を離さない! と決めたよ。

 

大ショック!! 娘の常連服ブランドが終了……ZARAとH&Mのキッズ服ってどうですか?

 50歳になった今でも、オレはブランドものが好き。というか、身に着けるもの全てがブランドものじゃないと落ち着かないし、仕事もモチベーションが上がらない。ブランド好きになったきっかけは中学時代で、確か、雑誌「ポパイ」(マガジンハウス)か「ホットドック・プレス」(講談社)を読んで、「これはかっこいい!」と思い「JUN」と「DOMON」の服と靴を買った。服はTシャツで1万円くらい、靴はシルバーのスニーカーで3万円ほどだったかな。父親がバブリーだったから金はあって、買ってもらった。

 高校時代は世の中がDCブランド全盛期! オレは肩パットがバーン! と入った、DCの中でも派手すぎて人気がなかった「アーストンボラージュ」「リネアフレスカ」「トキオ・クマガイ」の服を買いまくったな。どれもジャケットで10万円前後したけど、居酒屋のバイトで月に20万はもらってたし、親からも小遣いを5万円単位でマメにもらってたから金はあったんだろう。高校時代は放課後、毎日家に帰ってから肩パット入りの「マグマ大使」のようなジャケットを着て、顔を黒く塗って白い口紅つけて渋谷の居酒屋へバイトに行き、仕事の後は夜の10時過ぎから渋谷と六本木のディスコに行きまくり。専門学校時代は「タケオキクチ」にハマり、会社員でもないのにスーツを着てた。ネクタイをしてみたかったんだよね。

 その後、ハワイに3年住んだ時だけブランドから離れたけど、帰国して映画の仕事を始めた頃から海外の高級ブランドを知って、「プラダ」「ジル・サンダー」「ドルチェ&ガッバーナ」「ディースクエアード」で、今に至る! オレは一部だけブランドというのが気分的にイヤで、全身同じブランドじゃないと落ち着かない。なぜそこまでブランドものが好きなのか……? しいて言えば、全身同じブランド! って人をあまり見かけないから、他人と被らないのは良い。別に、他人からブランド好きと思われたいわけでもない。逆に、他人から服のことは聞かれたくないな。「これ高いんじゃない?」「どこで買った?」とかさ。ま、ある意味コレクターだな! とにかく自分がよければ、それでいいというわけだ。

 そして、オレのブランド好きはココの服にも及んでる。2年程前からココの服は一式、ほとんど「SISTER JENNI」という女子小学生ブランドで買っていて、たまに「EARTHMAGIC」「RONI」。ココが女子小学生向けファッション雑誌「JSガール」(三栄書房)「ニコ☆プチ」(新潮社)を定期的に読むので、オレもついでに読んでるうちに、女子小学生に人気のブランドをいろいろ知ったわけだ。実際、この雑誌は面白い! オレが知らない、はやってるキャラクターやゲームなどかなり掲載されてるし、新たな発見もある! ま、小学生雑誌を真剣に読んでるオヤジはオレぐらいなんだろうけど……。

 「SISTER JENNI」は都内に池袋と新宿にあって、この2店でよく買うオレは店員さんとも顔見知りで常連。一度、ココと買いに行ったこともあるが、まだ服にそんなに興味ないから試着を嫌がるんだよね。なので、服を買う時はオレ1人。8月のセールに、池袋の店に行ったんだけど、スタッフの子とこんな話になった。

 「実はSISTER JENNIはこのセールで終わってしまうんですよ」「え! なんで?」「本社の方針だからよくわからないんですが、まあ売れてないってことでしょうね……。池袋、新宿の店ではSISTER JENNIの上の中学生向けブランドJENNI LOVEを展開します。SISTER JENNIは完全に失くすわけではなく、ショッピングモールにある子供服のセレクトショップで、規模はかなり小さくなりますが展開はしていきますので」「そうかーそしたらもうここには来られなくなるなあ」……。

 SISTER JENNIは売れてると思ってたのに! こういうとこにも少子化の影響が及んでるってことですかね? 残念すぎる! この秋冬からココの服はどうしたらいいのか? さらに女子小学生雑誌を読み込んでみても、新たなブランド服の情報はなし。そんな中、たまたま新宿を歩いてたらZARAとH&Mがあったので子ども服を見てきた。H&Mはイマイチだったけど、ZARAはシンプルで服の種類も豊富、値段もそんなに高くないからいいかもな。ただ、サイズ感がわからないので、一度ココを連れてって試着しないと。

 ココを買い物に連れて行くのが面倒だが、ココの服探しは面白いからオッケー! でも、娘の服ブランドについて話せるパパ友はいないし、そもそも興味を持ってるパパもオレの周りにはいないのが残念! でも、ココの服も自己満足ってことでオレ的にはオッケー!

40代ラストは学童キャンプ! 小学4年男子とベッドの中で「恋バナ」、マジ面白いです

 先日、誕生日を迎えまして。ついに50歳になってしまった! でもこの先、がんとか病気とか事故で死ななければ、あと30年くらいは生きるわけで、まだまだ人生長いね。ちなみに50代の目標とか聞かれても、何もないとしか言えない! ハッキリ言って、オレは10代の頃から興味のあるものは変わってない。歳を取るたびに、それなりに収入もアップするじゃないですか。だから年々、好きな本、マンガ、ファッションにかなり金をかけることになってきてる。10代のときは、20代や30代で趣味や興味の対象が変わるだろうと思ってきたけど、まったく変わらないね。10代から変わってないから、この先もオレは変わらないのだろう。自己満足が好きなんだろうな。

 そんなわけで、50歳の誕生日の前日から、ココの学童保育クラブの保護者と子どもたち、総勢80名で千葉の山奥へキャンプに行ってきた。妻くらたまは仕事のため不参加です。80名なのでバスを2台借りて、1泊2日。しかし、出発当日は台風で大雨……。朝の6時に集合だったのに、1名が6時過ぎても来ない! オレと同じキャンプ委員の人だから、まさか遅刻はしないだろうと思いつつ、何かしら事故に遭ったか、子どもが急病で病院に行ったとか、みんなで心配してたんだよ。LINEしても既読にならないし、携帯に電話してもつながらない……。出発時間は10分以上過ぎてるので、バスは先に行ってもらって、それから連絡が取れない人の自宅まで行き、チャイムを鳴らしたら、その人がパジャマ姿で「朝からどうしたんですか?」と眠そうに出てきた! 

 「今日からキャンプ!」「えー? あー!」と、マジでパニックになって子どもを起こし、「寝過ごしました! ホントすみません!」と、慌てて準備! キャンプ委員なのに寝坊はあり得ないだろうよ、と、その場にいたみんな爆笑です! で、オレも含めて4名は車で行くことに。1時間30分ほどで千葉のキャンプ施設に到着です。雨は相変わらず土砂降りなので、予定してた泥遊びは中止。が、ザリガニ釣りはできるというので、3年生男子5名ほどは土砂降りの中ザリガニ釣りへ! 4~5人のパパも付き添いで行くことになったけど、オレはパス! もともと雨の場合の予定も考えていたので、子どもたちは体育館でクライミング、工作作りと、それなりに盛り上がってやってたな。

 このキャンプの特徴は、グループごとに行動することなんです。子どもは親と同じグループに入らないので、親たちは別の子どもの面倒を見る。風呂も宿泊する部屋も、自分の子どもとは別々。ココとは廊下ですれ違ってちょっと話すくらいだったけど、オレのことは気にせず楽しそうだったな。オレの部屋で一緒になったのは、小学4年の男子。好きな女子がいるんだけど、向こうは自分のことを好きなのかわからない。あまり好きじゃない女子に、自分のことが好きだと、友達に言われ、好きでもないその女子のこと意識するのがイヤだ……とか、ベッドで小学男子の恋バナに付きあったりして、マジで面白かった。他人の子どもと一緒に過ごすってことは滅多にないわけで、こういう状況は子どもも親も新鮮だよ。

 子どもたちが寝た、夜の10時からは保護者の皆さんたちと飲み会です。大人だけ30名ほど集まったな。まずは一人ひとり、年齢と職業を入れての自己紹介。職業は幅広く、警察、弁護士、司法関係、マスコミ、デザインやらクリエイティブ系業界、IT業界、アパレルなど。普段、仕事をしてて絶対に関わることがない業界の人が多かった。年齢はオレより年上は1人だけで、あとは30代後半が多かったな。自己紹介だけで2時間以上かかったけど、それだけ盛り上がったってことだね! 出身地も聞ければ、何かしら共通の話題もできたかもしれない。そして、夜中の12時にお開き。オレの40代ラストは保護者飲み会で終了! 

 そして翌日は台風が去って快晴! 朝6時起床でカレーとパン作りをして無事に帰宅。帰ってココに「そういえば誕生日プレゼントもらってないけど?」と聞くと「手紙あげる」と言われたまま、いまだにもらってない! ちなみに、妻くらたまからは高級寿司のディナーとケーキです。「たまには靴か服買ってくれ!」「その分家に金入れな!」、毎年このやりとりしてますな……。

小学校の「おやじの会」で“巨大流しそうめん”を開催! しかし、困ったことが……

kuratama-170918

 オレはココの小学校の「おやじの会」に入ってる。年に一度、夏休みの最終日に小学校内で何かしらイベントをやることがメインの活動なわけだ。それ以外は毎月飲み会! 去年は学校内でお化け屋敷と花火大会をやって、なかなか盛況だったな。今年の夏のイベントは何をやるか? という主旨で、年明けから月イチで小学校の校長室の会議室で打ち合わせをしてきた。水鉄砲祭りとか紙飛行機飛ばし大会など、いくつか案はあって、結果的に多数決で、巨大流しそうめんと花火大会で決定!

 オレの役割は花火大会の手伝いがメインで、あとは流しそうめん作りの雑用係。で、夏休み前、全校の保護者へ配布するプリントで「巨大流しそうめん大会を開催するので、ご家庭で余ったそうめんを寄付お願いします」とお願いした。4年前に巨大流しそうめんをやった時、400人くらい来場したみたいなので、今回も最低でも400人分のそうめんが必要になる。予算的に購入するのが難しいので、保護者の皆さんにご協力してもらうことになった、というわけだ。

 そして夏休みに入る直前に、全校の保護者の皆さんへ今度はメールでそうめん寄付のお願いをした。さらにダメ押しで、流しそうめんイベントの告知の詳細を、プリントにして保護者に配布。ここにも、そうめん寄付のお願いを書いて、計3回もしつこく寄付をお願いした! しばらくして、おやじの会のメールで「約500人分のそうめんの寄付がありました!」と連絡があって、しつこくマメにお願いしてよかったよ! 

 そして流しそうめん大会当日、おやじの会のおやじたちが昼過ぎに学校に集合。事前に工務店勤務のパパが流しそうめんのための資材(雨どい、木材など)を用意し、さらに図面まで作成してきてくれた。すごすぎる……。マジで本格的だ! 工務店パパの指示で、皆さんがテキパキと流しそうめんのための組み立て作業を開始! オレも電動のこぎりで木材切断したり、そうめんの袋開けをやったよ。そうして、午後1時から4時くらいまで設営準備。

 500人分のそうめんを茹でるとなると、寸胴ナベ3〜4個が必要で、学校の家庭科室にあったナベ2つと、残り2つはおやじの会のパパが自宅から持ってきてくれた。そうめんを茹でてる間にちょっと間があくので、その間には、うずらの卵やきゅうり、はんぺんなどを流すことに。設営が終わった後に実験したら、無事にそうめんが流れた! 成功!

 ちなみに、当日は大人も子どもも入場料1人100円でそうめんつゆ付きです。そうめんの設営が終わってから、オレは花火大会の準備もやる。浅草の花火問屋で購入した4万円分の打ち上げ花火を、板の上に両面テープを貼り一つひとつ載せて行く。かなり細かい作業……。火をつける導火線がわかるように設置しなければならない。しかも、オレが花火に点火することになって、夜の7時30分だから真っ暗で、何も見えないので懐中電灯を持って火をつけることに。そうこうしてるうちに子どもたちが続々来場して、流しそうめんが始まった。ココも友達と一緒に食べてたから見に行くと、「いまそうめん取るの忙しいからあっち行ってて!」と追い返された……。友達と一緒の方が楽しくなってきたってことか。こうやって親離れしていくわけだね……。ちょっと寂しいが、本人が楽しければ仕方ない! 

 最終的に約400人近くが来場して、そうめんを食べて皆さん楽しそうだったから、やってよかったな。花火大会も盛り上がったし無事に終了! 撤収は8時過ぎです。この日は昼過ぎからずっと立ちっぱなしだったからマジで疲れた……。それにしても、おやじの皆さんの働きぶりは素晴らしかった! その後、おやじの会の打ち上げ飲み会があったんだけど、俺はココと一緒に帰った。妻くらたまが、ママ友と飲みに行ってしまったのでね。

 しかし、驚愕したのは保護者の皆さんに何度も「そうめんの寄付」をお願いしたのにもかかわらず、なぜかざるそばが大量に寄付されてたこと! なぜざるそば? 何度もそうめんの寄付のお願いしたのに! ソバは茹で時間が違うし、子どもの中にはそばアレルギーの子もいるかもしれないじゃん。子どもたちも親たちもそうめんだから参加するのに、ざるそばが流れてきたらクレームものだよ! なので、ざるそばは流さないことになったが、困るよね、こういうのは。

 困ったといえば、学童保育クラブでオレはキャンプ委員をやっている。9月にキャンプに行くから当日に向けて打ち合わせを何度もやってるんだけど、一度もそれに参加してないママがLINEで「何でもやりますので!」と言ってきたから「行きのバスで司会進行お願いします!」と返信すると、「承知しました!」と元気のいい返事がきた。次回が最終打ち合わせなので「出席お願いします」と送ると、「その日は祖父の49日で行けません……」と! オレの経験上、親族の葬式とか49日で休むってのは99%ウソなんだよね……。いや、ホントかも知れないよ? あくまでオレの経験上の話だからわからんけど。休むなら「休みます!」だけでいいんだけどね。

 その後、参加自体もキャンセルになって、このギリギリのタイミングだと、バスの座席とか部屋割りとか全部やり直しなんですよ……。しかも、キャンセル理由の言い訳が……。休むのにわざわざ葬式とか言い訳すると、変に怪しまれるので、仕事を休むとか約束ごとをドタキャンする時は、言い訳しない方がいいって話なんですよ。いや、言い訳じゃなくてホントかも知れないですけどね!