オリコン対象外で緊急“水増し”!? SUPER JUNIOR D&E、ミュージックカードをCD変更

201502sjde.jpg
SUPER JUNIOR DONGHAE&EUNHYUK公式サイトより

 韓国の13人組アイドルグループ・SUPER JUNIORの派生ユニット・SUPER JUNIOR DONGHAE&EUNHYUKのコンサートチケットについて、ミュージックカード付きとして販売予定だったものを限定CD付きに変更することが公式サイトで発表された。ミュージックカードといえば、オリコン・リサーチが合算集計の終了を発表していただけに、ファンを中心に波紋を呼んでいる。

 ミュージックカードは、カードに記載のPINコードを入力することで楽曲がダウンロードできる商品形態のことで、EXILEが2012年に販売して以降に広まったもの。CDより安価な上にオリコンチャートに反映されることから、売り上げを“水増し”できるアイテムだったが、15年4月6日付のデイリーランキング以降は集計対象外として扱われることに。これまでEXILEやエイベックス所属のアーティストが中心に販売してきた商品のため、この一件はネット上でも大きな話題となった。

「EXILE終了」「握手券CDもやめろ」オリコン、ミュージックカード集計廃止で大論争勃発!

exilecard.jpg
「EXILE PRIDE~こんな世界を愛するため~」/rhythm zone

 オリコンチャートの売り上げに反映されていた「ミュージックカード」という商品形態について、オリコン・リサーチが28日、「合算集計を終了する」と発表した。2012年12月に発売されたEXILEのベスト盤『EXILE BEST HITS ‐LOVE SIDE/SOUL SIDE‐』から、日本で初めて「ミュージックカード」の販売が開始され、一部では「売り上げ数の水増しアイテム」と批判されていただけに、カウント終了はネット上でも波紋を呼んでいる。

「ミュージックカードは1枚数百円程度とCDより安く、また写真違いのものが何種類も発売される場合もあるため、コンプリートを目指すファンによる“まとめ買い”が乱発しています。また、中にはコンサート会場で全種類コンプリートすれば、アーティストと対面できたり、オリジナルグッズがプレゼントされる特典もあり、もはや“CD売り上げ”という尺度とはかけ離れたアイテムとなっています」(芸能ライター)