福山雅治、“空席祭り”のコンサートからマスコミ締め出し!? “人気凋落”隠しに決死の策

 2014年から、年に一度の恒例行事となっている、福山雅治よる男性限定のコンサート。昨年も12月23日、神奈川・パシフィコ横浜で開催されたが、近年ささやかれている“人気凋落”の影響からか、制作サイドによる“マスコミ締め出し”の動きがあったという。

 かつては男女ともに絶大な人気を誇り、“抱かれたい男性タレント”の代名詞だった福山。しかし、加齢とともに新規ファンがつきづらい状況が続き、さらには15年に吹石一恵と結婚したことで、ファン離れが加速していた。

「1月5日放送の『「天海祐希・石田ゆり子のスナックあけぼの橋」×福山雅治「ウタフクヤマ」合体新年会SP』(フジテレビ系)では、自ら『僕がイケメンだったのは90年代ですが、その時代はイケメンという言葉はなかったんです。(当時は)抱かれたい男です』などと語り、ネット上では『武勇伝ですか?』『自分で言っちゃうところが痛い』などと嘲笑を買っていました」(芸能ライター)

 しかし、ファン離れをただ黙って見ているわけにはいかないと、事務所は考えたのだろう。ここ数年は、新規かつ同性のファンを囲うべく、あえて男性限定のコンサートに力を入れているのだとか。

「ただ、大問題なのはチケットがさばききれていないんです。一昨年まで、コンサート当日の模様は、テレビや新聞で大々的に報じられていたのですがが、会場はどうしても空席が目立っていました。しかし、福山サイドは空席については総スルーで、あくまで『満員御礼』『大盛況』という体でいる。マスコミは、この実情を報じることは一切できません」(情報番組ディレクター)

 とはいえ、空席が目立つのは事実。取材に訪れたマスコミ関係者から、この情報が別のメディアへ伝わってしまうこともあるようだ。

「そしてWebニュースや週刊誌で、毎回『空席祭り!』などと書き立てられるように。福山サイドは、その対策として、昨年ついにマスコミ取材を会場に入れなかったようなんです。制作サイドは、なんとか招待チケットを配って、少しでも空席を埋めようとしたそうですが、『悪意を持ってネタを流さなそうな人間』を精査していたとか」(同)

 こうして、ネガティブな空気が流れないよう配慮しつつ、例年開催されているという男性限定コンサート。「いっそのこと、大手メディアが『空席祭り!』と大々的に報じた方が、物珍しさでチケットを買う人が増えるのでは」(同)という声もあるが、この意見は福山本人に届くのだろうか。

福山雅治、“空席祭り”のコンサートからマスコミ締め出し!? “人気凋落”隠しに決死の策

 2014年から、年に一度の恒例行事となっている、福山雅治よる男性限定のコンサート。昨年も12月23日、神奈川・パシフィコ横浜で開催されたが、近年ささやかれている“人気凋落”の影響からか、制作サイドによる“マスコミ締め出し”の動きがあったという。

 かつては男女ともに絶大な人気を誇り、“抱かれたい男性タレント”の代名詞だった福山。しかし、加齢とともに新規ファンがつきづらい状況が続き、さらには15年に吹石一恵と結婚したことで、ファン離れが加速していた。

「1月5日放送の『「天海祐希・石田ゆり子のスナックあけぼの橋」×福山雅治「ウタフクヤマ」合体新年会SP』(フジテレビ系)では、自ら『僕がイケメンだったのは90年代ですが、その時代はイケメンという言葉はなかったんです。(当時は)抱かれたい男です』などと語り、ネット上では『武勇伝ですか?』『自分で言っちゃうところが痛い』などと嘲笑を買っていました」(芸能ライター)

 しかし、ファン離れをただ黙って見ているわけにはいかないと、事務所は考えたのだろう。ここ数年は、新規かつ同性のファンを囲うべく、あえて男性限定のコンサートに力を入れているのだとか。

「ただ、大問題なのはチケットがさばききれていないんです。一昨年まで、コンサート当日の模様は、テレビや新聞で大々的に報じられていたのですがが、会場はどうしても空席が目立っていました。しかし、福山サイドは空席については総スルーで、あくまで『満員御礼』『大盛況』という体でいる。マスコミは、この実情を報じることは一切できません」(情報番組ディレクター)

 とはいえ、空席が目立つのは事実。取材に訪れたマスコミ関係者から、この情報が別のメディアへ伝わってしまうこともあるようだ。

「そしてWebニュースや週刊誌で、毎回『空席祭り!』などと書き立てられるように。福山サイドは、その対策として、昨年ついにマスコミ取材を会場に入れなかったようなんです。制作サイドは、なんとか招待チケットを配って、少しでも空席を埋めようとしたそうですが、『悪意を持ってネタを流さなそうな人間』を精査していたとか」(同)

 こうして、ネガティブな空気が流れないよう配慮しつつ、例年開催されているという男性限定コンサート。「いっそのこと、大手メディアが『空席祭り!』と大々的に報じた方が、物珍しさでチケットを買う人が増えるのでは」(同)という声もあるが、この意見は福山本人に届くのだろうか。

X JAPAN・YOSHIKI、ピコ太郎とのコラボ動画アップで「楽しそうで何より」と反響

 X JAPANのYOSHIKI(51)が9月4日、自身のインスタグラムとTwitterを更新。「PPAP」で世界を席巻したピコ太郎(44)とのコラボ動画が大きな反響を呼んでいる。

 YOSHIKIが投稿した動画は、3日に放送されたニコニコ生放送内の番組『YOSHIKI CHANNEL』にて公開されたもの。YOSHIKIが演奏するX JAPANの代表曲「Forever Love」のメロディに合わせて、ピコ太郎が「PPAP」を歌った「Forever PPAP」を2人で披露した。

 この投稿に対し、「貴重なコラボ楽しませてもらいました」「これは超贅沢」「意外なコラボで驚きましたが、笑いが止まりません」「息ピッタリですね!」「アドリブなのにすごい」「おふたりとも天才です」など、異色のコラボを絶賛するコメントが多数寄せられている。

 特にYOSHIKIのファンからは、「YOSHIKIさん楽しそうで何より」「YOSHIKIさんも笑ってますね」「笑顔のよっちゃんを見られてうれしい」など、普段のクールなイメージからはかけ離れた笑顔を見せるYOSHIKIの姿に歓喜する声も見られた。

 また、2人とも海外にその名を広く知られていることから、この投稿にはさまざまな国のファンからもコメントが届いている。このコラボが再び「PPAP」のような旋風を巻き起こせるのか注目したい。

福山雅治、『黒革の手帳』武井咲とツーショット公開も「おばちゃん」化……?

 福山雅治(48)が自身の公式インスタグラムに、武井咲(23)との美しすぎるツーショットを公開した。

 福山は武井が主演するドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)の主題歌を書き下ろしており、この2人の貴重なツーショット写真にファンからは「美男美女だぁ。今夜見ます‼︎」「カルネに福山雅治役で出て欲しいです」「ゲストに出るの?」と、福山にドラマ出演を期待するファンまでも。

 しかし一方で、気になるのは福山の外観。どこかおばちゃんのように見え、以前とは別人のようと悲しみの声も多く寄せられた。セクシーな俳優や、結婚したい俳優でナンバー1を総ナメにしてきた面影が薄れた現在の姿。ここから持ち直すことができるのか、注目したい。

ONE OK ROCK・Takaが投稿した動画に悲鳴殺到! 「嫉妬で死んでしまいそう」

 ロックバンドONE OK ROCKのボーカル担当のTaka(29)が、自身のインスタグラムに投稿した“飲み会動画”がファンの間で騒がれている。そこには、海外の女性ポップシンガー・Mali-Koa Hood(26)と仲睦まじく頬を寄せ合う様子が映されている。

 その様子にファンからは「近い近い」「隣の子が羨ましい」「なんかやめて」「やめてーー!しっとで死んでしまいそうです」「ごめん、待ってるのはこういうのじゃない。正直こういうのはもうお腹いっぱいかな、、、」など、悲鳴にも近い嫉妬の声が多く寄せられた。

 酔っぱらっているのか、それとも親しい関係なのか、Takaと異性の距離間に悲しむ声が多い一方、以前、海外ライブに来た日本人ファンに対し「シンドイ」と苦言を呈した際の影響か、中には「Taka が楽しいならうれしい」「Takaが楽しいと私も楽しい」など、なんとも素直に嫉妬しきれていない複雑なコメントも付いた。

 Takaにときめくファンにとって、明らかに良い気持ちはしない内容の投稿。嫉妬してほしいのか、嫉妬するファンをあきれさせ遠ざけたいのかは謎であるが、付いていくのも一筋縄ではいかないようだ。

ゲス乙女・川谷絵音、極秘裏に“レコーディング中”!? 「活動自粛って言えるの?」と疑問の声

 ベッキーとの不倫スキャンダル、当時未成年だったほのかりんとの飲酒騒動と、すっかりお騒がせタレントと化してしまったゲスの極み乙女。川谷絵音。10月には音楽活動休止が発表され、今月3日のコンサートをもって“謹慎”に突入しているが、人知れず、ゲス乙女のレコーディングを開始していることが、業界関係者の間で話題になっているという。2016年の流行語“ゲス不倫”の生みの親ともいえる川谷だが、その本心は?

 今月上旬、ほのかとのツーショット動画が、一瞬だけほのかのTwitter上にアップされたことが話題になった川谷。動画はすぐに削除されたものの、ベッキーの芸能活動再開が盛り上がりつつあった最中だったため、ネット上には「川谷とほのかは、ベッキーの足をムダに引っ張っている」など、不快感を示すコメントが多数飛び交った。

 こうした能天気な振る舞いに、ほのかの所属事務所も呆れ果てたのか、16日になって、未成年飲酒を理由に専属契約解除を発表した。

「一方で川谷に関しては、ほのかが出演予定だったCMを降板した際に発生した違約金を、全額肩代わりしたとの報道も。しかし、数億円といわれる違約金を抱えてしまったベッキーに対しては、その後なんのフォローもないことから、かえって反感を買ってしまっているようです」(芸能ライター)

 そんな川谷は、10月に「僕の軽率な行動によりファンの皆様を失望させてしまった」として、音楽活動の自粛を発表。しかし、来年1年間は活動を行わないのではという報道に対しては、即座にTwitter上で「2018年に復帰なんて言っていないし、MCの内容も前後を無視して捻じ曲げる。何でそうまでして嘘や憶測でニュースにするんだろうか」と、皮肉ツイートを投稿していた。

「こうした状況下で、12月後半から、ゲス乙女が極秘裏にレコーディングを行っているという情報が業界内を駆けめぐりました。発表のタイミングは不明ですが、来年前半には確実になんらかの動きがあるはず。川谷は、別に悪いことをしているとは思っていないのでしょうが、少なくとも業界内では、『自粛=レコーディングってことだったの?』『それって自粛っていうのか』『ゲスは死ななきゃ治らない』などといわれていますよ」(芸能プロ関係者)

 1月の不倫報道から、結局丸1年、芸能ニュースの中心にいた川谷。来年こそは本業の音楽で、世間を騒がせてほしいものだが……。

音楽業界関係者は我慢の限界? スタッフに嫌われている“歌姫”3人を大暴露!!

 

 優れた歌唱力や圧倒的なカリスマ性を持つ女性アーティストに与えられる“歌姫”の称号。ファンにとってはあこがれの存在だろうが、音楽業界関係者の間では鼻つまみ者として知れ渡っている歌姫もいるという。

「浜崎あゆみは、最近インスタグラムにイケメンとイチャつく写真を載せるなどして“痛い女”と化していますが、関係者に衝撃を与えたこんなエピソードがあります。ある時、レコーディングスタジオにやや年配の外部男性スタッフが訪れた際のこと。スタジオの雰囲気にそぐわない服装だったせいか、浜崎は急に不機嫌になり『レコーディングする気がなくなった』と言い出し、その男性に謝罪するよう、自分のスタッフに言いつけたそうです。あまりにも理不尽な理由ながら、男性は意味もわからず、浜崎に頭を下げたんだとか。スタッフは浜崎の横柄な態度に、ドン引きしていたと聞きます」(音楽誌編集者)

 また、あるレコード会社スタッフはaikoの名を挙げ、「周囲からは、“aiko姫”と呼ばれていますよ」と苦笑い。

「『この番組、出たくない』『この曲は歌いたくない』など、とにかくワガママで、スタッフも常に振り回されているみたいです。男女ともに人気が高く、実績や売り上げもあったaikoが2014年、長らく出場してきた『NHK紅白歌合戦』から突如姿を消した理由は、あの難儀な性格のせいだといわれている。リハーサルをサボったり、スタッフをあごで使ったりと、やりたい放題のようですが、そういう態度はNHKの『紅白』当落基準に大きく影響するんです」(同)

 14年の落選時、aikoはTwitterで「ちっきしょーーーーー!」と悔しさをにじませて話題になったが、やはり本人は“選ばれて当然”と思っていたのだろうか。さらに、前出の音楽誌編集者から、絢香の名前も挙がった。

「病気療養を経て、11年に活動を再開した絢香も嫌われています。夫の水嶋ヒロともども嫌っている音楽関係者は多いですよ。絢香は、水嶋のイエスマンというか、芸能活動の方針から言動まで、全て彼の意思に合わせているようで、スタッフよりも、夫の顔をうかがっているんです」

 12年、年明け早々情報番組『とくダネ!』(フジテレビ系)に出演し、小倉智昭のインタビューに応じた絢香。その際、水嶋との関係に触れられたことが不服だったのか、後からフジテレビに抗議のメールを送っていたと報じられた。

「絢香はニューアルバムのPRがメインのインタビューと聞いていたそう。まさかプライベートにまで話が及ぶとはと驚いたようですが、抗議メールを送るように指示したのも、水嶋だったとみられています。水嶋が原因で、絢香も疎まれている部分は大きいかもしれません」(同)

 たとえ業界内では支持されていなくとも、ファンの前では“歌姫”然とした態度を取ってもらいたいものだ。

「岩田剛典は重宝されてる」「客寄せパンダ」三代目JSB、テレビ業界人が明かす評判

ganchan-book.jpg
『AZZURRO』(幻冬舎)

 5大ドームツアー「METROPOLIZ」開催まであとわずかと迫った三代目J Soul Brothers。11月11日の名古屋ドームを皮切りに、12月25日札幌ドームでのファイナルまで約1カ月で13公演を駆け抜ける予定だ。

「メンバーのNAOTOは先日、自身のインスタグラムでリハーサルの様子について触れ、『過去最大にして最高のステージになりそうです!』とつづっています。昨年開催され、観客動員数 120万人という記録を打ち立てた初の単独ドームライブツアー『BLUE PLANET』を超える舞台になるのは間違いないでしょう」(芸能ライター)

「岩田剛典は重宝されてる」「客寄せパンダ」三代目JSB、テレビ業界人が明かす評判

ganchan-book.jpg
『AZZURRO』(幻冬舎)

 5大ドームツアー「METROPOLIZ」開催まであとわずかと迫った三代目J Soul Brothers。11月11日の名古屋ドームを皮切りに、12月25日札幌ドームでのファイナルまで約1カ月で13公演を駆け抜ける予定だ。

「メンバーのNAOTOは先日、自身のインスタグラムでリハーサルの様子について触れ、『過去最大にして最高のステージになりそうです!』とつづっています。昨年開催され、観客動員数 120万人という記録を打ち立てた初の単独ドームライブツアー『BLUE PLANET』を超える舞台になるのは間違いないでしょう」(芸能ライター)

「ロープで縛って現場連行」の過去も――華原朋美、“体調不良”が芸能界をざわつかせるワケ

1511_kaharatomomi_01.jpg
『ALL TIME SINGLES BEST』/Universal Music =music=


 華原朋美の活動休止が、世間の関心を集めている。表舞台から長期間姿を消していた過去がある華原だけに、メンタル面の不調説、薬物疑惑、果ては妊娠説まで飛び出しているという。

 先月頃より体調不良を訴え、現在自宅療養中という華原。少なくとも今月いっぱいは活動を中止し、今後についても一部では「半年ないし1年間の長期休養により、活動を休止する」と報じられている。