『ミヤネ屋』が暴露! 今年、結婚確実な大物芸能人は“あの2組”だ!!

 今年中に結婚する確率は100%!? 1月9日に放送された情報番組『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)で、スポーツ紙記者が2018年に結婚する芸能人をイニシャルで発表し、ネット上では“予想祭り”となっている。

 まずは人気俳優MとモデルAの名前が挙がると、MCの宮根誠司も「これは、もうみなさんおわかりですよね?」と得意気に割って入り、Aの文字を指さして「初場所、始まるやん! お父さんすごい人やん!」と口を滑らせた。

「相撲という大ヒントが出たことで、モデルAは故・九重親方(元横綱・千代の富士)の娘である秋元梢、そして人気俳優Mは、交際がウワサされている松田翔太で決まりでしょう。2人は、すでに家族公認の仲で、九重親方の一周忌が過ぎた7月以降に結婚するのでは? と目されています」(芸能記者)

 さらに番組では「人気女優Mと若手人気俳優K、年内結婚も」と紹介された。記者によると、「人気俳優のほうが、だいぶ盛り上がっているそうなので」ということだが、女優Mが関西出身とのヒントから、昨年12月に「フライデー」(講談社)で熱愛報道が出た窪田正孝と水川あさみの可能性が高そうだ。

「2人は昨年7月期に放送されたドラマ『僕たちがやりました』(フジテレビ系)で共演し、秋頃から交際。すでに同棲しており、愛車も1台をシェアするという進展の速さです。また『フライデー』に掲載された写真は、まるで映画の1シーンのようなスタイリッシュなショット。車の正面から、それも、ある程度高い位置から撮られており、窪田がカメラマンをはっきりと意識しているのは明らかです。そのため、本当はかなりヤバイ写真を抑えられていて、事務所サイドが撮り直しを求めたのではないかと言われています。逆に言えば、撮影されるような場所で公然とイチャつくほど燃え上がっている証拠でもあり、結婚の確率はかなり高そうですね」(週刊誌記者)

 ネット上では互いのファンから「まだ結婚しないで!」と悲鳴にも似たコメントが連打されているが、予想が的中するのか見物だ。

田村淳、矢口真里の「一番の支え」発言のウラで狙う“矢口再生プロジェクト”の皮算用

atsusi.jpg
矢口が「田村さん」と言うたび金が発生する商法?

 タレントの矢口真里が23日、『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)で1年5カ月ぶりに姿を見せ、芸能活動を再開させた。活動休止中の日々を語った矢口は、そのときに協力してもらった人物の1人として、ロンドンブーツ1号2号の田村淳の名を挙げた。明石家さんまが復帰をプッシュしていたという報道は活発に流れていたが、一方で田村も矢口と交流も持ち続けていたようだ。しかし、その交流の裏には、田村が自身の“仕事増”を狙っているフシがあると関係者は指摘する。

 番組で矢口は休業中に「陶芸教室とかたまに行ってました。人と触れ合わないと、社会復帰できないなと思った」と告白。そのきっかけを作ってくれたのが淳と妻で元モデルの香那さんだったと明かした。

矢口真里、『ミヤネ屋』出演はバーニング主導!? 「モー娘。印税も奪われる」ハイリスク復帰か

yaguchimari01.jpg
あのいっちょかみ女がついに帰ってくる!

 今月にも復帰すると一部で伝えられていた矢口真里だが、16日付の「スポーツニッポン」「サンケイスポーツ」が、来週にも『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ系)に出演すると報じた。かねてから復帰を後押ししてきた明石家さんまやナインティナイン・岡村隆史の番組で復帰と言われていたが、フタを開けてみれば「完全なバーニング案件でしたね」(週刊誌記者)という。

「サンスポの情報元は、矢口所属の『アップフロント』かもしれませんが、スポニチとバーニングプロダクションの蜜月関係はあまりにも有名。そしてバーニング社長である“芸能界のドン”こと周防郁雄氏から寵愛を受ける宮根誠司の看板番組での復帰ということで、結局矢口は芸能界の“力学“に取り込まれてしまった流れです」(同)

「月刊EXILE」表紙に宮根誠司起用は“大人の事情”!? EXILE、テレビ界制覇に王手か

2014hiro.jpg
HIRO公式プロフィールより

 宮根誠司が雑誌「月刊EXILE」(LDH)表紙を飾ることが、14日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ系)で発表された。VTRで出演したHIROは「(ファンは)逆に楽しみにしてくれる」としていたが、ネット上では即座に「こんな企画誰も望んでない」「まさに誰得」といった意見が殺到している。

 宮根は5月放送の番組内で「細マッチョ計画」を立ち上げ、HIROのアドバイスのもと肉体改造を宣言。さらに月刊誌「GOETHE(ゲーテ)」(幻冬舎)でも同様の特集が組まれ、これまで双方の媒体で進捗が報告されていた。そしてこの日の放送では、宮根が「GOETHE」付録の表紙、さらに「月刊EXILE」12月号でも“肉体派”メンバーの白濱亜嵐、関口メンディーとともに表紙を飾ると発表された。

開始早々1%台の『アゲるテレビ』に、「日テレの大英断に比べて甘い」の声

agerutv.jpg
『アゲるテレビ』(フジテレビ系)
公式サイトより

 視聴率不振で打ち切りとなった『知りたがり!』(フジテレビ系)の後続番組としてスタートした『アゲるテレビ』。元日本テレビで現在はフリーの西尾由佳理アナ、フジの中村光宏アナという新タッグに注目されていたが、初回から2.1%、第二回こそ3.6%と上向きになったかと思われたが、その後は早くも1%台の低視聴率を記録してしまった。

 フジは同枠スタート時に「打倒『ミヤネ屋』(日本テレビ系)」という目標を掲げていたが、同時間帯は相変わらず、『ミヤネ屋』とテレビ朝日の『相棒』再放送の独壇場で、『アゲるテレビ』は『午後のロードショー』を放送するテレビ東京とどっこいどっこいの低視聴率争いを繰り広げている。