羽生結弦「平昌五輪」メダルは絶望的!? 全治1カ月のケガで“ぶっつけ本番”濃厚に……

 日本フィギュアスケート界の至宝・羽生結弦が足を負傷。開催まで3カ月に迫った平昌五輪に暗雲が垂れ込めてきた。

 羽生のケガは、GPシリーズ第4戦のNHK杯の公式練習の時に起きたものだ。今季から挑戦している4回転ルッツの練習ジャンプをした羽生は、着氷に失敗して靭帯を損傷。「10日間の絶対安静」「全治1カ月」など、悲観的にならざるを得ない情報が飛び交っている。平昌五輪にはディフェンディング・チャンピオンとして臨む羽生だが、なかなか厳しい状況が予想されそうだ。スポーツライターが語る。

「羽生は、NHK杯の欠場で、GPファイナルへの道は絶たれました。目標は12月21日から始まる全日本選手権でしょう。同大会は五輪代表最終選考会を兼ねています。五輪代表の枠は3つありますが、1つ目は全日本選手権の優勝者、2つ目は『全日本選手権の2、3位、GPファイナル出場の上位2人』、3つ目は『2人目の選考から漏れた選手』『世界ランク上位3人』とされており、決して一発勝負ではありません。羽生が全日本選手権に出場しなくても、『過去の実績』という伝家の宝刀によって選ばれるのは間違いないでしょう。フィギュアスケートは、冬季五輪の中でも圧倒的に注目度が高いコンテンツ。そもそも冬季五輪自体、手を挙げる都市が減り、存在意義さえ問われる状況になっている中、2026年に札幌が冬季五輪開催地に立候補する意向を表明しています。まだ先の話ですが、フィギュアスケート界にかかる期待は大きいんです。そんな中男子にはもう1人、宇野昌磨というメダル候補がいますが、世界的にみて羽生との知名度は雲泥の差。羽生という大スターを選考で落とすことはありえません」

 となると、とりあえず羽生の五輪代表落選の心配はなさそうだが、そう簡単にメダルが取れるほど甘くはなさそうだ。再びスポーツライターの話。

「羽生が飛ぶ6種類のジャンプは、すべて右足で着氷するものです。しかし今回ケガしたのは右足。右足への負担は計り知れません。羽生はソチ五輪で金メダルを取りましたが、フリーで転倒しており、海外では採点をめぐって、かなり辛口な声が寄せられました。今回あえて難度の高い4回転ルッツに挑戦したのは、そういった批判を踏まえ、“文句なしの金”が欲しいという決意の表れでしょう。しかし、今回のケガにより、本番まで3カ月という時期に、氷に乗れない時期ができてしまいます。全日本に出ればケガの回復が遠のきますし、全日本を回避すれば、試合感が鈍るとともにプレッシャーもキツくなる。どちらにせよ平昌は“ぶっつけ本番”ということになりそうです」

 ケガを乗り越えて、“氷上の王子”が再び表彰台の最上段に登る姿が見られるのだろうか。

浅田舞、テレビ露出激増のワケ――制作側が明かす「妹・真央の暴露話に期待」の下心

2015asadamai.jpg
浅田舞オフィシャルウェブサイトより

 元フィギュアスケート選手でスポーツキャスターの浅田舞が、このところテレビ露出を増やしている。昨年11月放送の『徳井と後藤と麗しのSHELLYが今夜くらべてみました』(日本テレビ系)出演時には、「浅田真央の姉」という肩書以外は皆無という状態だったが、13日の同番組は「浅田舞が人気者になって帰ってきたSP」と銘打たれていたほどだ。

 浅田は11月の放送で、真央との“確執”をぶちまけた。最近でこそ番組やイベントの共演もある仲良し姉妹だが、自身が20歳の頃には妹の才能に嫉妬し、毎晩クラブで遊ぶなど生活も荒れていたという。また「口論になってゲームセンターの中で引っかき合いになった」「真央は恋愛経験がまったくないのに、40代、50代のお姉さんみたいなアドバイスをくれる」などと暴露したのだ。

安藤美姫、“子どもの顔”写真が流出!? 父親疑惑の男性に「顔が似てる」と騒然

2014amikity.jpg
『MyWay~安藤美姫写真集』(集英社)

 昨年4月に女児を出産し、“未婚の母”となった安藤美姫。父親の名前を明かさなかったことから賛否両論を巻き起こしたが、先日、ネット上に安藤の長女とみられる子どもの写真が流出し、話題を呼んでいる。

 2013年12月に「今後は指導者を目指したい」として、現役引退を表明した安藤。今年4月に引退式が行われた後はタレント業にも精を出し、6月放送の織田裕二主演SPドラマ『奇跡の教室~その時、仏が舞い降りた!』(日本テレビ系)でドラマ初出演を果たした。バラエティー番組への出演も多いが、先日は『第2回 歌唱力日本一決定戦「歌唱王」』(同、12月8日放送)で、コメント中の“自分語り”が多い安藤に、MCのウッチャンナンチャン・内村光良が「全部自分、自分に置き換えるね」とツッコミを入れたことが注目を集めた。

安藤美姫、新恋人は“略奪愛”!? 南里康晴と南里父、スケーターからも総スカンの恋愛事情

2014amikity.jpg
『MyWay~安藤美姫写真集』(集英社)

 スペインのフィギュアスケート選手ハビエル・フェルナンデスとの熱愛“疑惑”が報じられていた安藤美姫だが、写真共有サイトInstagram上で行われた結婚宣言は、予想以上の騒動へと発展しつつあるようだ。2日発売の「女性自身」(光文社)では、安藤が昨年4月に出産した長女の“父親候補”だった南里康晴の父親が、安藤に対して怒りや不信感をあらわにしている。

 安藤は11月26日、Instagram上で「私達はお互い【愛】と【家族】を築きあげていきたいと思いました。まだお付き合いさせて頂いたばかりですがあたたかく見守っていただけると幸いです」と、ハビエルとのツーショット写真を掲載して、交際宣言。両者に関しては10月上旬の時点で、同誌がキス写真を掲載して交際説を報じていたが、この時点では安藤の母親が「あくまでも友人。(中略)記事の掲載は絶対にやめてください」と完全否定していたという。

羽生結弦、“チャクラ”整体師に批判殺到! 「完全に洗脳」「コーチの言葉聞かなくなる」の声

hanyuyuzuru200.jpg
結弦が心配すぎて震える、おかんファン続出

 8日、ソチ五輪金メダリストの羽生結弦が、フィギュアスケートグランプリ(GP)シリーズ第3戦、中国杯の練習中に他選手と激突しケガを負った。頭部から出血し、氷上が血に染まるというショッキングな出来事だったが、その後羽生は包帯姿でリンクに上がり、結果2位に滑りこむ演技を見せた。ファンからは心配と称賛の声が上がっているが、現在一部ネットユーザーの間で、羽生が懇意にしているという“整体師”が話題になっているという。

「羽生が子どもの頃から付き合いがあるという、接骨院院長の菊地晃氏です。菊地氏は、フィギュアスケート日本代表選手団のトレーナーとして名を連ねており、事故が起こった際もリンクサイドで羽生を支えていた人物ですが、実はこの菊地氏、科学的根拠のないスピリチュアルな治療をすることで有名なんです。“経気四門療法”という独自の治療法を考案し、地元では“チャクラの仙人”と呼ばれているとか。羽生がつけている、パワーストーンがあしらわれたひし形のペンダントも、この菊地氏が開発したものだそうです」(芸能ライター)

フィギュア・高橋大輔に橋本聖子が強制キス! スポーツ界は「セクハラモンスター」の温床か

2013takahashidaisuke.jpg
「フィギュアスケート 2012-2013 シーズンガイド 最新選手名鑑」(新書館)

 20日発売の「週刊文春」(文藝春秋)に、衝撃のキス写真が掲載されている。男性は、フィギュアスケート選手の高橋大輔で、お相手の女性は、日本スケート協会理事で参院議員の橋本聖子氏。2月のソチ五輪閉会式後、打ち上げの席での一コマというが、橋本氏は高橋に執拗にキスを迫ったり、首筋に唇を這わせていたのだという。

「キス写真は、2枚掲載されており、最初の1枚は橋本氏が左手で高橋の手をつかみ、右手は肩に回しながらコトに及んでいます。橋本氏は唇をとがらせ、半開きの目で高橋を見つめながら恍惚の表情を浮かべているという、まさに衝撃ショットです」(芸能ライター)

テレ朝とスケート界の癒着!? 安藤美姫、「子どもの父親の名」が表に出なかったワケ

andoumikitexi.jpg
『空に向かって 増補版』/扶桑社

 7月1日の『報道ステーション』(テレビ朝日系)の独占インタビューで、「4月に女児を出産した」という衝撃告白をしたフィギュアスケーター・安藤美姫。話題は、いまだ明かされない「子どもの父親捜し」に集中しているが、テレビ局関係者の間では、独占インタビューを取った同社への失笑が相次いでいるという。

「どこの週刊誌も『かつて恋人関係だった指導者のニコライ・モロゾフ氏と、5月に写真誌に同棲がキャッチされた南里康晴のどちらが父親か?』を追いかけている。マスコミがプライベートの話題にここまで執着するのは、安藤をスケーターではなく、美女アスリートとしてしか見ていないから。安藤はかつて、タレント扱いされることを相当嫌がっていましたが、世間も子どもの父親は誰か、知りたがっていると思います」(スポーツ紙フィギュア担当記者)

テレ朝とスケート界の癒着!? 安藤美姫、「子どもの父親の名」が表に出なかったワケ

andoumikitexi.jpg
『空に向かって 増補版』/扶桑社

 7月1日の『報道ステーション』(テレビ朝日系)の独占インタビューで、「4月に女児を出産した」という衝撃告白をしたフィギュアスケーター・安藤美姫。話題は、いまだ明かされない「子どもの父親捜し」に集中しているが、テレビ局関係者の間では、独占インタビューを取った同社への失笑が相次いでいるという。

「どこの週刊誌も『かつて恋人関係だった指導者のニコライ・モロゾフ氏と、5月に写真誌に同棲がキャッチされた南里康晴のどちらが父親か?』を追いかけている。マスコミがプライベートの話題にここまで執着するのは、安藤をスケーターではなく、美女アスリートとしてしか見ていないから。安藤はかつて、タレント扱いされることを相当嫌がっていましたが、世間も子どもの父親は誰か、知りたがっていると思います」(スポーツ紙フィギュア担当記者)

「イメージダウン」と「恋は盲目」の狭間で、尾野真千子が目指すべき●●女優

onomachi_seven.jpg
「女性セブン」12月20日号(小学館)

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

第155回(12/20~25発売号より)

 「週刊文春」(文藝春秋)オリエンタルラジオ・藤森慎吾の一夜妻&妊娠中絶スクープは面白かった。「フライデー」(講談社)の藤森・田中みな実熱愛スクープは、この中絶スキャンダルのバーターだった……というメディアの裏側が暴露されたからだ。最近は、週刊誌業界も元気がなくなり、それに比例して相互批判も少なくなっていた。でも、こうしたメディア同士のバトルや裏事情は、やっぱり面白い。

1位「不倫デート撮られた ほっしゃん。『離婚』に冷や汗 尾野真千子 あの後の温度差」 (「女性セブン」12月20日号)
2位「内村航平落とした肉食妻 五輪さなかの『元カノバトル』」(「女性セブン」12月20日号)
3位「お泊り発覚で ISSA彼女の母が告白『婚約破棄 お詫びはメールで』」(「女性セブン」12月20日号)