女子フィギュア・本田真凜の平昌五輪落選にテレビ界ガックリ「NHK密着ドキュメントも水の泡……」

 12月21日から24日にかけて、全日本フィギュアスケート選手権大会が行われ、来年2月に開催される平昌冬季五輪の代表選手が決定。しかし、出場が期待された本田真凜が出場を逃し、テレビ関係者が落胆している。

 今回の全日本選手権は、平昌五輪の代表選考を兼ねた大会だった。男子は優勝した宇野昌磨と2位の田中刑事に加え、今大会はケガで欠場したソチ五輪の金メダリスト・羽生結弦が代表に決定。一方の女子は、優勝した宮原知子は文句なしだったが、残り1枠を全日本2位の坂本花織と、今季のGP(グランプリファイナル)で実績のある樋口新葉が争い、坂本が代表の座を掴んだ。

 宮原は全日本を4連覇しており、今シーズンもGPファイナルの表彰台を経験。一方の坂本は17歳の伸び盛りで、バンクーバー五輪(2010年)の浅田真央(銀)以来の女子シングルでのメダルが期待できるメンバーだが、テレビ局の関係者は今回の選考会の結果に落胆の色を隠さない。民放のテレビ番組制作スタッフが語る。

「冬季オリンピックの開催時期はプロ野球もJリーグもなく、スポーツニュースは野球のキャンプ情報しか報じることがない時期。それだけにオリンピックには、どの局もかなりの時間と金と人員を割きますが、冬季五輪は夏季五輪とは違い、日本人が出ている競技しか盛り上がりません。そんな中、頼みの綱がフィギュアスケートですが、国民的な人気と実力を兼ね備えた浅田真央がいなくなった今、期待されていたのが本田真凜でした。本田はもともと、今回のオリンピック出場は厳しいと言われていましたが、9月のシニアデビュー戦でいきなり優勝し、一躍、五輪候補に名乗り出ました。妹がタレントの本田望結という話題性がある本田は、すでに数社のCMに出演しており、知名度は抜群。テレビ的に一番“美味しい”のは本田です。全日本選手権の前には、NHKも密着ドキュメントを放送していましたから、NHK的にも『できればテレビ映えする彼女に』という思いはあったのでしょう。彼女がもし代表になれば、浅田真央が五輪に出た時に姉の浅田舞がテレビに呼ばれたように、本田望結を呼べば番組が成立します。しかしそんな目論見は、もろくも崩れました」

 日本のエース・羽生はケガで選考会を欠場し、ぶっつけ本番での五輪挑戦には不安が残る。ルックス抜群の本田真凜も不出場となれば、冬季五輪はお寒いことになるかも?

羽生結弦「平昌五輪」メダルは絶望的!? 全治1カ月のケガで“ぶっつけ本番”濃厚に……

 日本フィギュアスケート界の至宝・羽生結弦が足を負傷。開催まで3カ月に迫った平昌五輪に暗雲が垂れ込めてきた。

 羽生のケガは、GPシリーズ第4戦のNHK杯の公式練習の時に起きたものだ。今季から挑戦している4回転ルッツの練習ジャンプをした羽生は、着氷に失敗して靭帯を損傷。「10日間の絶対安静」「全治1カ月」など、悲観的にならざるを得ない情報が飛び交っている。平昌五輪にはディフェンディング・チャンピオンとして臨む羽生だが、なかなか厳しい状況が予想されそうだ。スポーツライターが語る。

「羽生は、NHK杯の欠場で、GPファイナルへの道は絶たれました。目標は12月21日から始まる全日本選手権でしょう。同大会は五輪代表最終選考会を兼ねています。五輪代表の枠は3つありますが、1つ目は全日本選手権の優勝者、2つ目は『全日本選手権の2、3位、GPファイナル出場の上位2人』、3つ目は『2人目の選考から漏れた選手』『世界ランク上位3人』とされており、決して一発勝負ではありません。羽生が全日本選手権に出場しなくても、『過去の実績』という伝家の宝刀によって選ばれるのは間違いないでしょう。フィギュアスケートは、冬季五輪の中でも圧倒的に注目度が高いコンテンツ。そもそも冬季五輪自体、手を挙げる都市が減り、存在意義さえ問われる状況になっている中、2026年に札幌が冬季五輪開催地に立候補する意向を表明しています。まだ先の話ですが、フィギュアスケート界にかかる期待は大きいんです。そんな中男子にはもう1人、宇野昌磨というメダル候補がいますが、世界的にみて羽生との知名度は雲泥の差。羽生という大スターを選考で落とすことはありえません」

 となると、とりあえず羽生の五輪代表落選の心配はなさそうだが、そう簡単にメダルが取れるほど甘くはなさそうだ。再びスポーツライターの話。

「羽生が飛ぶ6種類のジャンプは、すべて右足で着氷するものです。しかし今回ケガしたのは右足。右足への負担は計り知れません。羽生はソチ五輪で金メダルを取りましたが、フリーで転倒しており、海外では採点をめぐって、かなり辛口な声が寄せられました。今回あえて難度の高い4回転ルッツに挑戦したのは、そういった批判を踏まえ、“文句なしの金”が欲しいという決意の表れでしょう。しかし、今回のケガにより、本番まで3カ月という時期に、氷に乗れない時期ができてしまいます。全日本に出ればケガの回復が遠のきますし、全日本を回避すれば、試合感が鈍るとともにプレッシャーもキツくなる。どちらにせよ平昌は“ぶっつけ本番”ということになりそうです」

 ケガを乗り越えて、“氷上の王子”が再び表彰台の最上段に登る姿が見られるのだろうか。

腰痛・左ヒザももう限界で……フィギュア元世界女王・浅田真央が年内にも引退へ

asadamao1219.jpg
 元世界女王・浅田真央がすでに現役引退を視野に入れており、このままだと2018年2月の平昌オリンピック前に、スケート靴を脱ぐことになりそうだという。苦悩する国民的アイドルは、世界選手権への選考会を兼ねる今月下旬の全日本選手権の内容によっては年内、大会後にも意志を表明する可能性がある。  浅田といえば、ソチ五輪でまさかの6位となり、現役続行か引退かで揺れていた。「ハーフハーフ」とコメントするなど世間をにぎわせたが、周囲の勧めもあって、しばらく休養。15年5月に会見を行い、結局、現役のトップスケーターとして闘うことを発表した。  ところが、復帰後は長年の疲労からくる慢性的な腰痛の影響もあり、なかなか思うようなスケートができていない。  フィギュア関係者は「腰痛だけでなく、左ヒザにも故障を抱えています。小さいころから高度なジャンプを跳び続けてきたため、それを支えてきた左ヒザが悲鳴を上げています。真央ちゃんは、いつも追い込んだ練習で状態を上げていくタイプにもかかわらず、練習も半分程度しかできていない。全盛期と比べると体つきも変わってしまった。体が大きくなり、前のような演技ができないことも、周囲は限界と受け止めているようです。真央ちゃんもそれに気付いているが、スポンサーやテレビ局などのことも気にかかって、なかなか言い出せないとか。とても限界だ、引退だと言えない空気こそが真央ちゃんを苦しめている、なんて言われています」と声をひそめる。  今季のグランプリ(GP)シリーズ・フランス杯では自己ワーストの9位に。浅田はとめどなく涙を流し、ショックの大きさが際立っていた。前出のフィギュア関係者は「真央ちゃんは平昌オリンピックを最終目標にしていますが、金メダルどころか出場すら怪しくなってきています。先の見えない不振で、本人の気持ちも切れかけているようです。テレビ局やスポンサーは慰留するでしょうが、それら関係先の理解が得られれば一気に現役引退へと向かうことになりますよ。いつ引退表明しても驚きはありません。平昌オリンピックはスケーターではなく、解説者として会場を訪れることになるだろうとささやかれています」と明かす。  さらに、浅田に憧れて滑り続けてきた妹分の村上佳菜子も、平昌オリンピックへの道のりは厳しく、引退することが既定路線だという。女子フィギュアスケート界は世代交代が一気に進む様相だ。

吹き荒れる賛否両論! フィギュアの“絶対王者”羽生結弦に、母の言い渡した「禁止令」がキビシすぎ

Yuzuru_Hanyu-Sochi_2014.jpg
羽生結弦(wikipedia)
 フィギュアスケート選手でソチ五輪金メダリスト・羽生結弦が「NHK杯」(27〜29日)を世界最高得点(合計322.40点)で優勝。どのメディアでも羽生の鬼神のごとき記録を大々的に報じ、世間は呆然とし、そして酔いしれる他なかった。  挑んだジャンプは全て成功、技術面でも文句の付けようがなく、他選手が精彩を欠く中でまさに「絶対王者」の実力を見せつけた。あらゆるスポーツで日本人が世界的な「絶対王者」になることは極めて少ないだけに、羽生の姿に感動と畏怖を感じた人は少なくなかっただろう。NHK杯の結果次第では3連覇のかかったGPファイナルの出場が危ぶまれた中でのこの演技に、「神の子」と呼ぶ声も上がるのは当然だ。  ただ、この羽生に関して一部大きな“議論”を呼んでいる事項がある。「神の親」、つまりは羽生の母親や、コーチが彼に通達した“恋愛禁止令”である。羽生は現在20歳、普通の学生なら青春真っ盛りの時期であるが……。 「中性的な顔立ちと雰囲気、モデル顔負けのスタイル、発言も知性を感じさせてフィギュアの“帝王”というまさに『完璧超人』の羽生は、今や日本を代表するスターの1人。今後も世界大会やオリンピックで頂点に君臨し続けるため、周囲はフィギュアだけに集中させたいということでしょう。しかし、ただでさえフィギュア漬けのストイックな日々を送る羽生が、恋愛すら禁止されてしまうとなると、スターの宿命とはいえかわいそうな気もします」(芸能記者)  過去に女子フィギュア選手との熱愛がウワサされた羽生だが、その真偽は不明。現状はフィギュア1本の過酷な日々なのは間違いなさそうである。  29日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)では、この恋愛禁止に関して、芸人のカンニング竹山やグラビアアイドルの佐野ひな子など出演者に「賛成・反対」のフリップを渡して検証。賛成の声も多く、「誰かのものになってほしくない」「今はフィギュアに徹して、もっと上を目指してほしい」とのことだったが……。  ネット上では「過保護」「マザコンイメージがつく」「プライベートまで干渉するな」など、この禁止令に反対の意見が過半数。アスリート生活と恋愛は別だという考えも非常に多い。 「恋人ができると、若い羽生が振り回されてしまい、スキャンダルとしてマスコミが騒ぐことも危惧してるのかもしれませんが、普通の20歳らしい生活を送らせて何が問題だという意見も納得はできます。芸能アイドルではないのだから、親や周囲が必要以上に干渉するのはストレスかもしれません。正直、羽生のしっかりした受け答えを見るに、変な女性と交際するイメージはありませんが……」(同)  日本中が注目する存在である羽生だからこその悩み。世界王者として活躍を続けてほしいのはもちろんだが、あまりストレスは溜めないで楽しく生活してほしいものだ。

フードファイター・小林尊との“ただならぬ関係”も!? 高橋大輔のあのウワサを再検証――

daisuketakahashi0814wb
高橋大輔公式インスタグラムより
「ますます怪しい……」  そんな声が各所で上がっている。昨年10月、スケート競技からの引退を表明した高橋大輔だ。  今年4月に語学留学のため米・ニューヨークへ出発。高橋はインスタグラムを始め、食事風景などのプライベート写真を次々アップしているが、ファンの間で騒然となったのは、6月にニューヨークで開催された世界最大のゲイの祭典「NY・ゲイ・プライド・パレード」に参加した時の写真だ。  着ているTシャツには「GAY O.K.」のロゴ。高橋の隣には、友人という“フードファイター”小林尊の姿も確認できる。ニューヨーク在住の男性は「小林さんは現地のゲイコミュニティーでもよく見かけます。高橋さんと一緒に寝ている姿を撮ったプライベート写真を見せてもらった人もいるみたいです。小林さんには奥さんもいるので、ソッチ系かどうか定かではありませんが……」と話す。  テレビインタビュー中に、うっかりオネエ言葉が出てしまったことから、みるみる広まった高橋のゲイ疑惑。ただし、“ゲイの聖地”といわれる新宿二丁目での目撃談は聞いたことがなく、一連の疑惑はゲイたちの願望込みで広がった可能性も否定できない。  フィギュア担当記者の1人は「彼は“関西専門”。マスコミの目もあり、二丁目には行かないようにしていて、ハメを外すときは決まって関西方面です」と語るが……。  現役引退してもなお、高橋の動向から目が離せない。

浅田真央の周辺がキナ臭すぎる! 暴行父の「ネタ買いませんか?」売り込みの不審男は誰だ!?

maoasada0810wb
つ、つらい……
「浅田真央の父親の話、買いませんか?」  8月3日の午後、ある週刊誌の編集部に、こんな電話をかけてきた人物がいた。声は30~40代と思われる男性で、名前は名乗らなかったという。 「『週刊新潮』(新潮社)に出ていた暴行事件にまつわることで、ほかでは表に出ていない話だと言っていました。ただ、『金を払ったら重要な書類を送る』の一点張りで、概要すらも明かしてもらえないので二の足を踏んでいたところ、向こうが『ほかを当たるから、もういいです』と電話を切りました」(編集者)  大半のメディアが沈黙しているが、女子フィギュアスケート・浅田真央の父親であるT氏は5月、名古屋市内の自宅で交際相手の女性を殴ったとして逮捕されていたという。これは新潮が「首をつかまれて突き飛ばされ、よろけたところを髪を引っ張られて頭を振り回され、顔や頭や腹を足で何度も蹴られ、再び髪を持って引きずり回された後、ソファの横に叩きつけられ、上から蹴られました」という壮絶な被害者証言とともに、7月下旬に報道。その後、女性は診断書を公開した。  ただ、その中身を見ると頭部打撲、頸部擦過傷、右胸部打撲、右季肋部打撲、腰背部打撲と、証言通りの全身への被害が見受けられるが、「全治1週間」とあって、そのダメージ自体は軽いすり傷にも思える程度。暴行自体は許されることではないが、暴行を受けて警察に通報したのが5月22日の午後23時ごろで、翌日には警察に逮捕されており、対応があまりに早い。  警察は何度かT氏に電話したが応答がなかったため緊急逮捕したというが、T氏はこのとき清掃スタッフとして働く病院で勤務中。電話に出られる状況ではなかった。こうした経緯からは「有名人の親族だから、被害者の周辺で“金になる”と踏んで事件化を進めた人間でもいたんじゃないのか」という見方をする者もいる。前出の編集者もそのひとりだ。 「被害者である交際女性は、以前から暴力に耐えてきたと話しているので、ひそかに警察に相談していて、次に被害に遭ったら事件化しようともくろんでいたのかもしれないですね。Tさんのほうは警察に『女性が凶暴な物言いになった』と言っているらしく、わざと怒らせるようなことをした可能性すらあります。その交際女性はTさんの奥さん、つまり浅田の母親が亡くなる前から付き合いがあったそうで、結婚するしないでモメていたというウワサもありますし……」(同)  その“ネタ”がいかなるものだったかはわからないが、編集者によると「よほどのスクープでもない限り、浅田のネガティブニュースはやれない」という。 「多くのメディアが沈黙しているのも当然の話で、浅田サイドににらまれたら、今シーズン復帰する浅田の取材はおろか、ヘタすればフィギュアスケート界自体から締め出されかねない。スケートは関連書籍もセールスがいいですし、週刊誌でも特集号は軒並み売れていますから」(同)  以前、ライバルのキム・ヨナを大々的に特集したフジテレビは、浅田サイドから取材拒否をチラつかせての猛抗議を受け、局の役員が謝罪しにいく事態があったほど。  もっとも、この暴行事件自体は浅田本人やスケートとはまったく無関係。報道する上での公益性という点では弱く、天秤にかければメディアが沈黙するのも納得だ。ネタ売り男の正体はわからないが、おそらくはほかを当たっても売れなかったのではないだろうか。 (文=ハイセーヤスダ)

安藤美姫“父親探し”が過熱! モロゾフも南里も完全否定で「第3の男出現も!?」

miki0705.JPG
『空に向かって 増補版』(扶桑社)
 1日放送の『報道ステーション』(テレビ朝日系)で、4月に女児を出産していたことを明かした安藤美姫。未婚の理由や、父親の名が明かされなかったことで、マスコミの報道合戦が過熱している。  4日発売の「週刊文春」(文藝春秋)と「週刊新潮」(新潮社)は、それぞれ異なる父親説を展開。文春は、2011年9月以降に、手つなぎデートや同棲が報じられた元フィギュアスケート選手の南里康晴が父親であると報じた。  一方、新潮は、もし父親が南里である場合、名前を公表しないのは合理的な説明がつかないとし、安藤の元コーチで、11年頃まで恋人関係にあったとされるニコライ・モロゾフ氏が父親であると伝えている。  さらに5日発売の「フライデー」(講談社)は、新潮と同様に南里父親説を否定。しかし、結婚に向け調整中とされる相手は、南里だとしている。  また同誌は、モロゾフ氏と南里を直撃。モロゾフ氏に安藤の出産を伝えると、しばらく絶句し、「知らなかった」「少なくとも僕の赤ちゃんではない」と完全否定。南里も、安藤との交際を否定した上で、本当の父親は“自分ではないフィギュア関係者”であると語ったようだ。 「情報が錯そうし、マスコミはまだ真実をつかめていません。せめて女児が“ハーフか日本人か?”ということだけでもすっぱ抜きたい週刊誌は、『赤ちゃんの顔を見た人はいないか?』と証言者探しに躍起になっています。もし、父親候補2人の主張が事実であれば、今後、第3の男の名前が浮上する可能性もあるでしょう」(芸能誌記者)  3日、報道各社に「この報告をもって区切りとし、静かに見守っていただけたらと思います」とファクスを流した安藤。だが、しばらくは雑音に悩まされる日々が続きそうだ。