コインチェック「NEM」流出でCM出演の出川哲朗に“トバッチリ”! 道義的責任は……

 仮想通貨取引所の運営大手・コインチェックが、約580億円相当の仮想通貨「NEM」を不正流出させる事件が発生し、多くの被害を生んでいる。

「NEM」の外部流出問題は芸能界にも波紋を広げており、中でもお笑いタレント界隈では、ダウンタウン・松本人志や藤崎マーケット・トキをはじめ、約50人以上が利用していたことが明らかになった。多くの芸人に仮想通貨を勧めたという、たむらけんじのもとには、クレームが殺到しているという。

 そして、人気お笑いタレントの出川哲朗にもコインチェックの広告塔としてCMに出演していたことで注目が集まっており、道義的責任を問う厳しい声も上がっているという。

 これまでも芸能界では、リスクの伴う金融や投資関係との関与について問題が取り沙汰されてきた。

 記憶に新しいところでは、2007年に起こった、健康食品会社「エル・アンド・ジー」の疑似通貨による巨額詐欺事件(通称“円天事件”)だろう。この会社では、演歌歌手の細川たかし、八代亜紀、藤あや子や香西かおりなど、多くの芸能人が広告塔として同社のイベントに出演していた。中でも細川は、詐欺容疑で逮捕された創業者の波和二受刑者と昵懇の関係とウワサされ、事件への関与の深さから、同年『NHK紅白歌合戦』を辞退し、その後の活動にも影響した。

 さらに、12年には“ペニーオークション詐欺事件”で、自らのブログにてステマ投稿していた、ほしのあきや小森純らが芸能界から干され、最近では、輸入ワイン投資の詐欺事件で、広告塔としてパーティーに出演した元・フォーリーブスの江木俊夫や演歌歌手の小林幸子が社会的批判を浴びた。

 流出事件を起こしたコインチェック社は、約26万人の利用者に対し、自己資金で約460億円を返金すると発表しているが、具体的な時期や方法は明らかにしておらず、実際に返済のめどは立っていない。いつお金が戻るかわからない不安から、一部の利用者の中には、出川にまで責任追及の矛先を向ける者もいるという。

 今回、コインチェック社は被害者だが、その管理システムのお粗末さが引き起こした事件だけに、広告塔を務めた出川は巻き添えを食った形になってしまった。

 出川は、かつて女性雑誌の“抱かれたくない男ランキング”で殿堂入りするほどの“嫌われキャラ”であったが、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)への出演がきっかけで若い女性や子どもたちに大ウケ。テレビ東京系では、昨年の4月から初の冠番組『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』を持ち、今では他局からも出演オファーやCM依頼が殺到するほどの人気ぶりである。老若男女から“愛される出川”として、苦節30年の遅咲きで大ブレーク中だ。

 その“出川効果”のおかげで、CM放送後、コインチェックの口座開設者が約1カ月で10倍にまで増えたという。「NEM」の流出により、出川も風評被害を受けた側ではあるが、その影響力の大きさから、道義的責任を負わざるを得ないかもしれない。コインチェック社から利用者への返済のめどが立つまでは、テレビ出演の自粛が求められてもおかしくないだろう。今回の騒動で、出川の遅咲きの大ブレークにミソをつけたのは間違いない。
(文=本多圭)

「いい加減にしろ!」コインチェック社“流出被害”の藤崎マーケット・トキに、なぜか大ブーイング!

 仮想通貨取引所「コインチェック」で仮想通貨「NEM(ネム)」が大量流出した問題。芸能界でも被害者が相次いでいるが、中でも悲惨なのは、お笑いコンビ・藤崎マーケットのトキだ。

 ほぼすべての財産をNEMにつぎ込んでいたといい、現在の財産は預金残高の6万円と、関西で発行されているICカード「PiTaPa(ピタパ)」に入金されている6,000円のみ。トキが仮想通貨の取引を始めたきっかけは先輩芸人のたむらけんじに勧められたからで「全部あの人のせいじゃないかなと。(今度会ったら)蹴っちゃったりするかも」とグチるしかない。

 他方で、出演オファーが殺到しているのも事実。現在、トキはTwitterで「コインチェックにてNEM盗られ日記」を“連載中”。「朝、久しぶりにテレビの星座占いを見る。今日の射手座のラッキーアイテムは『テーブル』だそうな。テーブルごときでどうこうできる問題ではない。投資は自己責任」や「今日は夕方から仕事の為、午前中は家でただただ座っている。どこかに行くにも金がない。自分が出ていたテレビの録画を観てみる。やけにテンションが高い。この時はまだ盗られていないんだった。そりゃ高いわけだ。CC破産という噂を耳にした。頼む!嘘であれ」など、自虐的につづっている。

 最初のうちはトキへの同情と、なんとも言えない開き直り感が好評を博していたが、このところは「売名行為だ!」とクレームも……。すべての取引が停止されているコインチェックで、唯一稼動しているチャットコーナーでは、トキのつぶやきについて「ふざけすぎ。いい加減やめろ」「こっちはトキの10倍の被害額なんだぞ」「面白くも何ともない」など、厳しいコメントが後を絶たない。

「トキは被害には遭ったものの、芸人としてはオイシイことこの上ない。今回の騒動で注目を集めていることは明らかで、仮想通貨ネタでひと稼ぎできる。片や一般の被害者は、そうはいかない。不快に思うのも無理はありませんよ」(社会部記者)

 トキよりもシャレにならない被害者は、大勢いるようだ。

「いい加減にしろ!」コインチェック社“流出被害”の藤崎マーケット・トキに、なぜか大ブーイング!

 仮想通貨取引所「コインチェック」で仮想通貨「NEM(ネム)」が大量流出した問題。芸能界でも被害者が相次いでいるが、中でも悲惨なのは、お笑いコンビ・藤崎マーケットのトキだ。

 ほぼすべての財産をNEMにつぎ込んでいたといい、現在の財産は預金残高の6万円と、関西で発行されているICカード「PiTaPa(ピタパ)」に入金されている6,000円のみ。トキが仮想通貨の取引を始めたきっかけは先輩芸人のたむらけんじに勧められたからで「全部あの人のせいじゃないかなと。(今度会ったら)蹴っちゃったりするかも」とグチるしかない。

 他方で、出演オファーが殺到しているのも事実。現在、トキはTwitterで「コインチェックにてNEM盗られ日記」を“連載中”。「朝、久しぶりにテレビの星座占いを見る。今日の射手座のラッキーアイテムは『テーブル』だそうな。テーブルごときでどうこうできる問題ではない。投資は自己責任」や「今日は夕方から仕事の為、午前中は家でただただ座っている。どこかに行くにも金がない。自分が出ていたテレビの録画を観てみる。やけにテンションが高い。この時はまだ盗られていないんだった。そりゃ高いわけだ。CC破産という噂を耳にした。頼む!嘘であれ」など、自虐的につづっている。

 最初のうちはトキへの同情と、なんとも言えない開き直り感が好評を博していたが、このところは「売名行為だ!」とクレームも……。すべての取引が停止されているコインチェックで、唯一稼動しているチャットコーナーでは、トキのつぶやきについて「ふざけすぎ。いい加減やめろ」「こっちはトキの10倍の被害額なんだぞ」「面白くも何ともない」など、厳しいコメントが後を絶たない。

「トキは被害には遭ったものの、芸人としてはオイシイことこの上ない。今回の騒動で注目を集めていることは明らかで、仮想通貨ネタでひと稼ぎできる。片や一般の被害者は、そうはいかない。不快に思うのも無理はありませんよ」(社会部記者)

 トキよりもシャレにならない被害者は、大勢いるようだ。

芸人たちの“仮想通貨ブーム”終焉で、火付け役のたむらけんじが芸能界追放の危機!?

 コインチェック社の仮想通過「NEM」の流出事件で、「250万円の流出被害にあった」とTwitterで報告したお笑い芸人の藤崎マーケット・トキ。29日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)に意気消沈した様子でVTR出演し、仮想通貨の取引を始めたきっかけは、芸人の先輩・たむらけんじの一言だったと告白した。

 なんでも、トキはたむらから「(仮想通貨の投資を)してないの? すごく儲かるらしいよ」と言われ、始めたそう。最初は1万円を投資し、それがうまいこと2倍、3倍になり、調子に乗ってさらに投資してしまったとのこと。たむらの一言に踊らされてしまったようだ。

 たむらといえば、昨年末に自身の経営する焼肉屋「炭火焼肉たむら」の蒲生本店で、仮想通貨の決済を導入し、いち早く仮想通貨に目を付けていた人物。お笑い界でも、“仮想通貨通”として知られていた。

「トキのTwitterでの発言後、『ワイドナショー』(フジテレビ系)でダウンタウン・松本人志が、『仮想通貨に投資した』と告白していました。その裏では、たむらが芸人仲間に仮想通貨を薦めまくっていたようです」(週刊誌ライター)

 近年は平成ノブシコブシ・吉村祟らが仮想通貨への投資を告白。芸人の間で「仮想通貨ブームが到来か!?」と言われていたが、このブームを作り出したのは、どうやらたむらだったようだ。

 そして、そんなたむらに芸能界追放の危機が訪れる可能性が浮上している。

「今回のコインチェックの事件で、薦めた芸人からの袋叩きに遭うかもしれません。現にトキは『ノンストップ!』で、『次、会ったら、蹴っちゃったりするかもしれない』と言ってましたから。同じ思いを持った芸人はたくさんいるでしょう。また、批判の的になったあの『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)の“放送終了報告フライング事件”という余罪もある。今後、芸能界から距離を置かれる可能性もあるでしょう」(同)

 経営者としては成功しているかもしれないが、芸能界では地位が危うくなりそうな予感。NEM流出事件以上の痛手になってしまいそうだ。

木嶋佳苗ブログで気づいた、彼女が「デブス」と罵倒されるよりもつらいこと

kanae_houteisyougen.jpg
『木嶋佳苗 法廷証言』(宝島社)

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎佳苗が戻ってきた!
 予想を裏切らない内容の木嶋佳苗ブログ。何か彼女の脳内に構築されている自己イメージが、実にしゅんでる感じである。マンガ『WORST』(秋田書店)なんかにも言及したりして、「反響」も織り込み済みの鼻息の荒さ。「そのうち私が取り上げる本が話題になって、書店にコーナーができたり、作者からお礼が来たりしたらどうしよう(はぁと)」と本気で思ってるフシがある。

 「デブス」と自分を否定する者を「私の価値をわからない下等な人間」と見下すことで、精神の均衡を保ってきた彼女。否定されることは何らつらくない。一番つらいのは自己主張できないこと。それは彼女にとって、死刑になるよりつらいに違いない。執行までずっとブログを続けようとする彼女と、あの手この手で禁じようとする上とのせめぎ合いで、きっとまた訴訟とかになるんだろうな。灰になるまで生涯木嶋佳苗宣言!

 それはもうわかった。脳内イメージはわかったから、今知りたいのは、その脳が構築されたプロセスだ。何を積み重ね、何から目を背け、何にすがった結果その思考回路に至ったのか。そのプロセスを知りたい。全盛期の山岸凉子のマンガで。