斎藤工『MASKMEN』で考える、山田孝之らイケメン俳優が抱える“痛さ”の使い方

 斎藤工は現在、2本のドラマに出演している。1本はテレビ朝日系で木曜午後9時から放送されている『BG~身辺警護人~』。

 本作は木村拓哉が演じるボディーガード・島崎章が主人公のドラマ。毎回、重要人物を警護する姿が描かれる1話完結の職業ドラマだ。斎藤が演じるのは、元自衛隊員で突出した身体能力を持つボディガードの高梨雅也。第3話では、島崎章と対立しながらもコンビを組み、芸能人社長の身辺警護を担当した。

 木村と斎藤のコンビは新旧イケメン俳優の夢の共演という感じで、見応え抜群だ。木村演じる島崎への対抗意識から、突っかかっては空回りする高梨を演じる斎藤の姿には、かわいげと色気がにじみ出ている。

 もう1本は金曜の深夜に放送されている『MASKMEN』。テレビ東京が得意とするドキュメンタリードラマで、斎藤が野性爆弾・くっきーのプロデュースのもと、覆面芸人の「人印(ピットイン)」としてデビューするという異色作だ。

 マスクで自分の顔を隠して、宇宙人のようなコスプレをした芸人としてデビューするシチュエーションは面白い。また、顔ではなく才能で勝負する芸人に対し、斎藤が嫉妬とあこがれを抱いているという構図の設定は、いいところを突いている。

 斎藤が主演級の俳優として人気を確立したのは、上戸彩が演じる人妻と不倫関係になる教師を演じたドラマ『昼顔~平日午後3時の女たち~』(フジテレビ系)だ。しかし、それ以降、セクシーさが売りの“壁ドン俳優”として消費されてしまうことに危機感があると、斎藤は事あるごとに話している。

 イケメン俳優がハマる落とし穴

 イケメン俳優が人気を確立し30代が近づくと、わざと変な役を演じたり、ミュージシャン、カメラマン、小説家、映画監督などといった他ジャンルに進出することが多い。

 斎藤も映画監督としての顔を持ち、高橋一生が主演を務めた初の長編映画『blank13』(公開中) で各方面から高い評価を得ている。これらの活動は、本人たちにとっては純粋な表現欲求かもしれないが、意地悪な見方をすると「俺はただのイケメンじゃない」という血の叫びに見える。

 もちろん、全てのイケメン俳優が脱イケメンのためにクリエイターを目指しているとまでは言わないが、外から見ると遅れてきた反抗期のようで、迷走しているなぁと思ってしまう。

 代表例は、映画『シュアリー・サムデイ』で監督を務めた小栗旬だろう。しかし、今の彼は気持ちの整理がついたのか、世の中が求めるイケメン俳優としての役割を誠実に果たしている。

 逆に山田孝之は髭を生やして強面になり、ほとんど別人のようになってしまった。それだけならイケメン俳優から大人の“性格俳優”への脱皮なのだが、彼が本人役で出演する『山田孝之のカンヌ映画祭』(テレビ東京系)を見ていると、そういう安易な物語に回収されること自体を必死で避けようとしているようで痛々しかった。しかし今や、その痛々しさ自体が山田特有の魅力となり、目が離せない。

 対して、斎藤の本作での振る舞いは、山田ほど痛々しいものにはなっていない。

 芸人としてダメ出しをくらう姿や、笑いが取れずに真剣に悩んでいる姿は面白いものの、当初期待していたイケメン俳優・斎藤が抱えているジレンマは、今のところ見えてこない。

 だからイマイチ盛り上がらない。

 もともと、斎藤はキャリアの長い俳優で、イケメン俳優として注目されたのも30代に入ってからと遅咲きだった。だから、イケメンとしての自分を過度に否定することの痛々しさもわかっているのだろう。マスコミでの彼の振る舞いはとてもスマートで、大人の余裕を感じる。そういったスタンスは人間としては圧倒的に正しい。

 しかし、その「正しさ」のせいで、本来ならいくらでも面白くなるはずのドラマにブレーキをかけているように見える。年々、不気味さが増している山田と比べるのは酷かもしれないが、このドラマ自体が「ただのイケメン俳優ではないとアピールするために文化人を気取ってしまう自分自身の痛さについて、僕は自覚的ですよ」というポーズに見えてしまうのだ。

 タイトルの『MASKMEN』とは、覆面芸人という意味だけでなく、仮面をかぶっているような斎藤の態度も含まれるのだろう。だとすれば、物語はそんな斎藤の仮面を剥いで、本当の内面を暴き出す方向へと向かうのだろうが、そもそも斎藤の中に暴いて面白い内面があるように見えないのだ。おそらく、斎藤に必要なことは自嘲的になることではなく、イケメンという仮面を徹底的に磨きあげることではないだろうか。

 実際『BG』に出ている斎藤は、大人の俳優として枯れたがっている木村の隣にいることもあってか、かつて木村が持っていた色気がにじみ出ており、このドラマ自体が木村から斎藤へのイケメン俳優の王位継承の儀式に見える。

 せっかく目の前に椅子が差し出されているのだから、まずはちゃんと座ってほしい。おそらくポスト木村に一番近いのは斎藤工なのだから、変な言い訳はしないでいいのだ。
(成馬零一)

『わろてんか』成田凌演じる社長の息子がやらかすも、「血は争えなかった」と納得の声!?

ニッポンのお茶の間をわかし続ける国民的番組“朝ドラ”――そのあらすじと視聴者からの反響を、サイゾーウーマンが週1回(金曜日)お届けします!

『わろてんか』(NHK総合/月~土、午前8時) 京都の老舗薬種問屋「藤岡屋」の長女・てん(葵わかな)が笑いをこよなく愛する青年・藤吉(松坂桃李)と出会い、2人で「風鳥亭」をはじめ多数の寄席を抱える「北村笑店」を経営、日本中を笑わせるために奮闘する姿を描いた物語。「吉本興業」の創始者・吉本せいをモデルに描いている。

【サイ女の朝ドラ通信バックナンバー】
<103話~108話>『わろてんか』漫才師になった広瀬アリスの相方が「こじらせすぎてめんどくさい」と不評
<97話~102話>『わろてんか』広瀬アリス演じる女流漫才師を売り出す女性たちに期待「強くてかっこいい」
<91話~96話>『わろてんか』松坂桃李の死期を匂わせすぎ!? 「感動的なシーンに集中できない」

■2月10日(土)/109話~2月16日(金)/114話
 109話では、てんがプロデュースしたリリコ(広瀬アリス)と四郎(松尾諭)の“しゃべらん漫才”が受け、2人は売れっ子コンビに成長。110話ではてんの息子・隼也(成田凌)がアメリカのショーを日本に輸入したいと専務の風太(濱田岳)に進言するが、まったく相手にされない。悩んだ隼也は、北村商店の役員でもあり、映画や百貨店など先進的な仕事を手がける栞(高橋一生)の会社で働きたいと、てんに訴えるのだった。一方、風太は漫才人気を確実なものにしようと、大人気のキース(大野拓朗)とアサリ(前野朋哉)をコンビ別れさせる奇策を思いつく。

 111話では、藤吉が大切に育てたキース・アサリコンビを別れさせることに反対するてんだったが、キースや栞、リリコの意見を聞き、コンビ別れという奇策を受け入れる。さらにキース、風太、てんの思いを感じたアサリも、コンビ別れを了承。

 キースとアサリが解散して1カ月後の112話では、隼也が栞の会社で働いていた。ある日、隼也は「マーチン・ショウ」というアメリカの有名なミュージカルの代理人を名乗る男から電話を受け、栞の許可なく会いに行ってしまう。これには視聴者から、「隼也の暴走加減が藤吉と一緒で不安になる……」「そのアメリカ人、絶対に怪しいぞ!! 藤吉は同じようなパターンで騙されてるぞ、気をつけろ!!」「あ~~ これは隼也大損のパターンですわ」といった声が続出。113話では、てんや栞に「マーチン・ショウ」の興行権獲得を納得させられなかった隼也が、藤吉が隼也のために残していたお金を勝手に使ってショーの仮契約金を払ってしまう。

 隼也が会った「マーチン・ショウ」の代理人が偽物だと発覚した114話では、相談もせずに勝手に物事を進めた隼也にてんが激怒。同時にてん、風太、栞の3人が「隼也を甘やかしすぎた」と互いに頭を下げ合うのだった。そんな中、北村笑店の仲間たちは藤吉の昔の失敗を語りつつ、隼也を慰める。この様子に視聴者は、「やっぱり血は争えなかったか~~」「北村笑店は、藤吉の時代から失敗続きだったってことを思い出した」「隼也の失敗はもはや様式美だから仕方ない」と納得したよう。

 113話ラストでは、「マーチン・ショウ」の交渉の時に雇われ通訳として同席したつばき(水上京香)が北村笑店を訪れる。自分も隼也の後押しをしてしまったと謝罪するつばきが、物語にどう関わってくるのかにも注目したい。

『わろてんか』成田凌演じる社長の息子がやらかすも、「血は争えなかった」と納得の声!?

ニッポンのお茶の間をわかし続ける国民的番組“朝ドラ”――そのあらすじと視聴者からの反響を、サイゾーウーマンが週1回(金曜日)お届けします!

『わろてんか』(NHK総合/月~土、午前8時) 京都の老舗薬種問屋「藤岡屋」の長女・てん(葵わかな)が笑いをこよなく愛する青年・藤吉(松坂桃李)と出会い、2人で「風鳥亭」をはじめ多数の寄席を抱える「北村笑店」を経営、日本中を笑わせるために奮闘する姿を描いた物語。「吉本興業」の創始者・吉本せいをモデルに描いている。

【サイ女の朝ドラ通信バックナンバー】
<103話~108話>『わろてんか』漫才師になった広瀬アリスの相方が「こじらせすぎてめんどくさい」と不評
<97話~102話>『わろてんか』広瀬アリス演じる女流漫才師を売り出す女性たちに期待「強くてかっこいい」
<91話~96話>『わろてんか』松坂桃李の死期を匂わせすぎ!? 「感動的なシーンに集中できない」

■2月10日(土)/109話~2月16日(金)/114話
 109話では、てんがプロデュースしたリリコ(広瀬アリス)と四郎(松尾諭)の“しゃべらん漫才”が受け、2人は売れっ子コンビに成長。110話ではてんの息子・隼也(成田凌)がアメリカのショーを日本に輸入したいと専務の風太(濱田岳)に進言するが、まったく相手にされない。悩んだ隼也は、北村商店の役員でもあり、映画や百貨店など先進的な仕事を手がける栞(高橋一生)の会社で働きたいと、てんに訴えるのだった。一方、風太は漫才人気を確実なものにしようと、大人気のキース(大野拓朗)とアサリ(前野朋哉)をコンビ別れさせる奇策を思いつく。

 111話では、藤吉が大切に育てたキース・アサリコンビを別れさせることに反対するてんだったが、キースや栞、リリコの意見を聞き、コンビ別れという奇策を受け入れる。さらにキース、風太、てんの思いを感じたアサリも、コンビ別れを了承。

 キースとアサリが解散して1カ月後の112話では、隼也が栞の会社で働いていた。ある日、隼也は「マーチン・ショウ」というアメリカの有名なミュージカルの代理人を名乗る男から電話を受け、栞の許可なく会いに行ってしまう。これには視聴者から、「隼也の暴走加減が藤吉と一緒で不安になる……」「そのアメリカ人、絶対に怪しいぞ!! 藤吉は同じようなパターンで騙されてるぞ、気をつけろ!!」「あ~~ これは隼也大損のパターンですわ」といった声が続出。113話では、てんや栞に「マーチン・ショウ」の興行権獲得を納得させられなかった隼也が、藤吉が隼也のために残していたお金を勝手に使ってショーの仮契約金を払ってしまう。

 隼也が会った「マーチン・ショウ」の代理人が偽物だと発覚した114話では、相談もせずに勝手に物事を進めた隼也にてんが激怒。同時にてん、風太、栞の3人が「隼也を甘やかしすぎた」と互いに頭を下げ合うのだった。そんな中、北村笑店の仲間たちは藤吉の昔の失敗を語りつつ、隼也を慰める。この様子に視聴者は、「やっぱり血は争えなかったか~~」「北村笑店は、藤吉の時代から失敗続きだったってことを思い出した」「隼也の失敗はもはや様式美だから仕方ない」と納得したよう。

 113話ラストでは、「マーチン・ショウ」の交渉の時に雇われ通訳として同席したつばき(水上京香)が北村笑店を訪れる。自分も隼也の後押しをしてしまったと謝罪するつばきが、物語にどう関わってくるのかにも注目したい。

『わろてんか』漫才師になった広瀬アリスの相方が「こじらせすぎてめんどくさい」と不評

ニッポンのお茶の間をわかし続ける国民的番組“朝ドラ”――そのあらすじと視聴者からの反響を、サイゾーウーマンが週1回(金曜日)お届けします!

『わろてんか』(NHK総合/月~土、午前8時) 京都の老舗薬種問屋「藤岡屋」の長女・てん(葵わかな)が笑いをこよなく愛する青年・藤吉(松坂桃李)と出会い、2人で「風鳥亭」をはじめ多数の寄席を抱える「北村笑店」を経営、日本中を笑わせるために奮闘する姿を描いた物語。「吉本興業」の創始者・吉本せいをモデルに描いている。

■2月3日(土)/103話~2月9日(金)/108話
 103話では、亡くなった藤吉がてんの前に現れ、「怒るのも興行師の仕事だ」とアドバイスを残す。藤吉の言葉を参考に、「流行歌万歳」にチャレンジする新しい漫才コンビのリリコ(広瀬アリス)と四郎(松尾諭)の背を押したてんだったが、2人は漫才大会で入賞さえできず、ほろ苦いデビューとなるのだった。

 帰国したてんの息子・隼也(成田凌)が、風鳥亭で働きはじめた104話。リリコと四郎の漫才が不発に終わったことで、てんはこのまま「流行歌万歳」のプロジェクトを続けるべきか悩んでいた。105話では、役員である栞(高橋一生)の後押しもあり、リリコたちの漫才プロジェクトに再び挑み始めたてんたち。一方、隼也は下働きばかりで勉強してきた、ショウビジネスの知識を生かせず、イライラを募らせていく。しかし、てんがこれまで積み重ねてきたことを振り返るような隼也の仕事の数々は、視聴者から「隼也を通じて、今のてんちゃんがどんな道を通ってきたのかを感じ取れるのいいね!」「てんちゃんと隼也、2人の成長が感じられて、すごいワクワクする」と好評のよう。

 漫才は上達しているが、客には受けないリリコと四郎のコンビに悩むてんの姿が描かれた106話。先輩芸人であるキース(大野拓朗)やアサリ(前野朋哉)は、緊張が観客に伝わっているため笑えないのだとアドバイスを送る。そんなある日、てんは漫才作家・万丈目(藤井隆)と歌子(枝元萌)の夫婦げんかを見て、リリコと四郎にぴったりの新しい漫才をひらめく。

 107話で「しゃべらない漫才」を提案したてんだが、四郎から「それでは自分のいる意味がない」と猛反対を受ける。さらに、やってみてはどうかと言うリリコに、四郎は解散だと言い放つ。この四郎の姿に視聴者は、「四郎、こじらせすぎてめんどくさい」「確かに、これまでの努力が無駄になるのはつらいけど、ウケてないからなぁ」「もっといい案があるのに古いことに固執する感じにイラっとする」と不満を感じているよう。しかし一方で、「芸人じゃない人が芸人やるとリアルにこうなりそう」「元は全くの素人に、そこまでわかれってのも酷だよなぁ」と四郎を弁護する声も上がっていた。

 解散したいと言う四郎に悩むてんの姿が描かれた108話では、栞のアドバイスを受けたてんが「しゃべらない漫才」の面白さをきちんと伝えようとする。「楽器でしゃべる」のだというてんの言葉と、漫才作家・楓(岡本玲)の書いた台本を見た2人は、芸人として再出発を決意する。

 次回はいよいよ四郎とリリコの新しい「しゃべらない漫才」が披露される。いったいどんな漫才なのか、放送を楽しみにしていよう。

『わろてんか』『不能犯』松坂桃李、生真面目青年からダークヒーロー魅せる幅

 真面目すぎて融通がきかず、空回りしているがどこか憎めない。そんな男を演じさせたら松坂桃李の右に出るものはいないだろう。先日まで出演していた連続テレビ小説(以下、朝ドラ)『わろてんか』(NHK)で演じていた北村藤吉もそんな男だった。

 真面目すぎて融通がきかず、空回りしているがどこか憎めない。そんな男を演じさせたら松坂桃李の右に出るものはいないだろう。先日まで出演していた連続テレビ小説(以下、朝ドラ)『わろてんか』(NHK)で演じていた北村藤吉もそんな男だった。

 『わろてんか』は吉本興業の創設者である吉本せいをモデルにした北村てん(葵わかな)を主人公にしたドラマだ。松坂が演じたのは、てんの夫・籐吉。物語は明治末から始まり、てんは籐吉と結婚、やがて女興行師として成長していく。思い込んだら周りが見えなくなる藤吉を笑顔で支えるが、子どもが生まれても家庭を顧みずに「家族のため」と言い訳をしながら、寄席小屋の数を増やし、優秀な芸人を呼ぼうと接待に熱を入れる藤吉へ次第に腹を立てるようになっていく。

 籐吉のモデルとなった吉本吉兵衛は放蕩息子で、遊んでばかりのダメ男だ。芸能興業を自分でやろうとして借金を作り、家業を廃業に追い込んだという。『わろてんか』では、同じ状況をかなりマイルドに描いていた。亡き父が作った実家の米問屋の借金を返すため、仲間から紹介された仕事をするものの騙されて借金を作り、藤吉は家業を倒産に追い込んでしまう。

 朝ドラということもあって、浮気だとか博打に狂っていたと言うような欠点は籐吉には盛り込めなかったのだが、そのかわり「真面目で頑張ってるけど、周りが見えずに失敗して周りに迷惑をかけてしまう」という、愛すべきダメ人間ぶりが籐吉にはあった。このダメさは、松坂桃季が今まで演じてきた役柄とどこか重なる。

 松坂の俳優デビュー作は、特撮ヒーロードラマ『侍戦隊シンケンジャー』(テレビ朝日系)で演じたシンケンレッドだ。この作品が戦隊ヒーローモノとしてユニークだったのは、普通ならば平等な関係のはずの戦隊ヒーローなのに、レッドだけが「殿様」という絶対的な立場を持っていたことだ。そのことによって横の仲間同士のつながりとは違う主従関係が生まれ、それがドラマの面白さを盛り立てていた。

 松坂はこのシンケンレッドを好演。後に松坂は、大河ドラマ『軍師官兵衛』(NHK)で黒田長政という大名を演じることになったが、今考えると正義感が強くて真面目な「殿様」という立ち位置は、その後の俳優・松坂桃李の魅力を的確に言い現していたと思う。

 その後、松坂は朝ドラ『梅ちゃん先生』(NHK)に出演して、ヒロインの幼馴染で後に夫となる男・ノブや、『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』(フジテレビ系)菜々緒が演じる猟奇殺人鬼を追う生真面目な刑事を演じたなどに出演しキャリアを積み重ねていく。

 もちろん『シンケンジャー』以降もヒーロー役を演じていて、70年代にヒットしたアニメを実写映画としてリブートした『ガッチャマン』や、未来が見える目を持った男を演じた連続ドラマ『視覚探偵 日暮旅人』(日本テレビ系)等に出演。その一方で、映画『MOZU』では残虐な殺し屋を演じており、現在公開中の映画『不能犯』でも、不気味な殺人犯を演じている。

 『不能犯』で松坂が演じる宇相吹正は、「思い込み」や「マインドコントロール」を駆使して次々と人を殺していく。神出鬼没で、目が赤く光ることからモンスターのような存在だが、一方で「殺してほしい」という依頼人の願いをかなえるダークヒーローとしての側面もあるという得体のしれない存在だ。宇相吹は、自分の快楽や私利私欲のためではなく、人間の本質に迫りたいという哲学的な動機で殺人を重ねていく。今まで松坂が演じていたヒーローとしての特性を、そのまま悪役にひっくり返したような存在で、正義の味方を演じた時と同様に、真面目で使命感が強く融通がきかない姿には、愛嬌のようなものすら感じる。

 そんな、生真面目さの中にある愛嬌を見事に引き出していたのが、宮藤官九郎が脚本を担当していた『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)だろう。本作で松坂は小学校の教師・山路一豊を演じた。生徒たちから人気がある優秀な教師だが山路は童貞で、教育実習に来た女子大生や生徒の母親にいつも翻弄される。その一方で仲間たちの相談相手となって冷静に物事に対応する頼りがいのある大人としての魅力もあり、ただ生真面目なだけではない、人間味のある男となっていた。本作で共演した岡田将生や柳楽優弥とは、今でも3人で旅行に行く仲らしく、松坂にとっても一つの転機となった作品と言えるだろう。

 松坂の持つ生真面目なイメージは、現代の青年を演じるには立派すぎて、現実感が薄いのだろう。そのためどうしてもヒーローや殺人鬼といった、人間離れした存在を演じることが多くなってしまう。しかし、『ゆとりですがなにか』のようなアプローチならば現代に生きる普通の青年の役も演じられるだろう。正義の味方のような極端なキャラクターも悪くはないが、普通の人の中にある情けなさを演じても面白い俳優だと思う。
(成馬零一)

『わろてんか』広瀬アリス演じる女流漫才師を売り出す女性たちに期待「強くてかっこいい」

 ニッポンのお茶の間をわかし続ける国民的番組“朝ドラ”――そのあらすじと視聴者からの反響を、サイゾーウーマンが週1回(金曜日)お届けします!

『わろてんか』(NHK総合/月~土、午前8時) 京都の老舗薬種問屋「藤岡屋」の長女・てん(葵わかな)が笑いをこよなく愛する青年・藤吉(松坂桃李)と出会い、2人で「風鳥亭」をはじめ多数の寄席を抱える「北村笑店」を経営、日本中を笑わせるために奮闘する姿を描いた物語。「吉本興業」の創始者・吉本せいをモデルに描いている。

■1月27日(土)/97話~2月2日(金)/102話
 97話では、しゃべくり万歳(まんざい)の完成を見届けた藤吉が息を引き取る。藤吉の葬式は全国の席主が集まって、盛大に行われた。また98話では、てん、専務の風太(濱田岳)、役員の栞(高橋一生)、芸人のキース(大野拓朗)などが藤吉の死に直面する姿も描かれ、視聴者からは「ポンコツだったけど、愛される人だったな」「なんだかんだいないと寂しい」といった声が上がっていた。

 藤吉が亡くなって3年後の様子を描いた99話では、跡を継いだてんが北村笑店の社長に。役員として北村笑店の経営に携わっていた栞の「女興行師だからこそできることをしたらいい」というアドバイスを受けたてんは、女流漫才を作ることを思いつく。一方、昔ながらの考え方にとらわれている風太は、進歩的な考えの栞と常に対立していた。

 記念すべき100話では、てんの新たな挑戦がスタート。女優のリリコ(広瀬アリス)に白羽の矢を立てたてんは、経理のトキ(徳永えり)や元漫才師の歌子(枝元萌)を加え、新聞記者だった楓(岡本玲)を漫才作家として迎え入れ、女性だけの漫才プロジェクトを開始する。男社会に女性たちが挑んでいくという、ある意味、朝ドラ定番の展開に視聴者からも「生きる道を切り開いてく、強くてかっこいい女性たちにワクワクする!」「男社会の中で、女興行師・まだ仕事したい主婦・女優兼漫才師・女性漫才作家が集まって女漫才師の仕事を作り上げていく展開は先が楽しみ」「『女には無理』を笑い飛ばす、爽快な展開に期待してます!」といった声が続出。

 101話では、栞がリリコの相方として元活動写真の楽士・四郎(松尾諭)を推薦。リリコは冴えない容姿をした四郎と組むことを拒否するが、てんや席主代表の亀井(内場勝則)の強引な勧めで2人はコンビを結成する。

 リリコと四郎の新たな「流行歌万歳」への試みを本格的にスタートした102話では、アメリカから藤吉とてんの息子・隼也(成田凌)が帰ってくる。隼也のアイデアで「ミス・リリコ アン・ドシロー」と名付けられたリリコと四郎のコンビだが、考え方の違いなどからたびたび対立し中断。仏壇の前で藤吉との思い出の鈴を鳴らしながら思い悩むてんの前に、なんと藤吉が現れるのだった。これには「お帰り藤吉(笑)再登場早かったな~~!」「藤吉がものすごくカジュアルにサクッと登場したの笑う」といった声が上がっていた。

 新コンビに、藤吉とてんの息子・隼也も再登場で新たな展開をみせる同作。藤吉亡き後、女興行師として歩み始めたてんの活躍に期待しよう。

『わろてんか』松坂桃李の死期を匂わせすぎ!? 「感動的なシーンに集中できない」

 ニッポンのお茶の間をわかし続ける国民的番組“朝ドラ”――そのあらすじと視聴者からの反響を、サイゾーウーマンが週1回(金曜日)お届けします!

『わろてんか』(NHK総合/月~土、午前8時) 京都の老舗薬種問屋「藤岡屋」の長女・てん(葵わかな)が笑いをこよなく愛する青年・藤吉(松坂桃李)と出会い、2人で「風鳥亭」をはじめ多数の寄席を抱える「北村笑店」を経営、日本中を笑わせるために奮闘する姿を描いた物語。「吉本興業」の創始者・吉本せいをモデルに描いている。

■1月20日(土)/91話~1月26日(金)/96話
 91話では、落語家・月の井団吾(波岡一喜)がラジオに出演し、落語「死神」を披露。情景まで浮かんでくるような見事な落語を聞いた人々は、翌日、団吾を生で見たいと寄席に押しかけるのだった。また団吾の落語をきっかけに、総支配人の風太(濱田岳)は会計庶務担当のトキ(徳永えり)に「好きだ」と伝え、結婚を申し込む。これまでトキと風太を見守っていた視聴者からは、「風太のプロポーズ、まじ最高だった……おめでとう!」「主人公夫婦より断然、感情移入できた」「底に愛情を感じさせる濱田さんの演技はすごい」といった声が続出。

 92話では藤吉が、脳卒中の後遺症を抱えつつ仕事に復帰。藤吉は東京の大衆演劇に衝撃を受け、新たな芸を生み出すべく、母のいるアメリカへ渡ろうと決意する。翌93話、たびたびめまいや頭痛のような体の不調を感じた藤吉は、てんに寄席興行のイロハを伝えようと仕事を教え始めるのだった。

 アメリカから藤吉の母・啄子(鈴木京香)が帰国した94話。久しぶりの家族団欒を満喫する一方、芸人のキース(大野拓朗)やアサリ(前野朋哉)は、万丈目(藤井隆)の書いた台本で万歳(まんざい)という「しゃべくり」だけの新しい笑いを生み出そうとしていた。

 95話では、脳卒中が原因で藤吉が再び意識不明になる。体の不自由は残ったものの、意識は戻った藤吉だが、てんは医者から、もしもの場合を覚悟してほしいと告げられる。

 万丈目が台本を書いた、キースとアサリの万歳が披露された96話。藤吉はスーツ姿で登場したキースとアサリのしゃべくり万歳に、思わず涙を流す。さらに万歳披露の場に集まっていた仲間に向かって、感謝や期待の言葉をかけていくのだった。しかし、このシーンに視聴者は、「いいシーンなんだし感動的なんだけど、藤吉が死ぬ気満々でなんかな……」「実際こんな状況になったら死を覚悟するだろうけど、それにしても藤吉の生き残りフラグが一個もないなんて」「感動的な名シーンより、藤吉の方が気になって仕方ない」と複雑な思いを抱えていたよう。

 次回放送のスタートが藤吉の葬式シーンではないことを祈りつつ、新たな笑いの形を生み出した北村笑店の行く末に注目していよう。

『陸王』『トドメの接吻』山崎賢人、“漫画原作モノイメージ”を払拭する2つの芝居

 昨年、素晴らしかったのは『陸王』(TBS系)で見せた山崎賢人の演技だ。この作品で山崎は、役所広司が演じる老舗足袋製造工場の社長の息子・宮沢大地を演じた。工場の経営が危ぶまれる中、就活と並行して父の仕事を手伝う大地は、とても健気で好感を持った。

 いままでの山崎なら、竹内涼真が演じた華のある新人マラソン選手の方を演じてもおかしくないのだが、今回の役は等身大の青臭い若者だ。池井戸潤原作のドラマを手がける製作チームは、大胆なキャスティングに定評があり、今回もイケメン俳優のイメージが強い山崎に、父親と衝突しながら成長していく若者を演じさせ、松岡修造には外資系スポーツメーカーの社長を演じさせ、見事な采配だった。役所広司世代のおじさんたちは「こんな息子がほしい」と、さぞかし思ったに違いない。山崎にとっても新しい扉が開かれたと思う。

 山崎はスターダストプロモーションに所属する現在23歳の若手俳優だ。三木聡監督のテレビドラマ『熱海の捜査官』(テレビ朝日系)で俳優デビュー。その後も着々とキャリアを積み重ねていき、2015年の連続テレビ小説『まれ』(NHK)ではヒロインの夫役を演じてその知名度は全国的なものとなる。

 また、同時期に『ヒロイン失格』『orange‐オレンジ‐』といった映画に立て続けに出演し、「女子高生向けの少女漫画原作の恋愛映画といえば山崎賢人」というイメージがこの時期から急速に定着していった。しかし、武井咲、剛力彩芽といったオスカー系の女優もそうだが、映画やドラマに次から次へ出演していると、演技力は急激に上がっていく一方、ネットで「ゴリ押し」といわれて悪い印象を持たれがちだ。また、漫画原作の実写映像作品への出演はリスキーで、原作ファンからイメージと違うと思われると、印象が悪くなってしまう。

 筆者が山崎のことを意識したのはドラマ版『デスノート』(日本テレビ系)の天才探偵・Lを演じたあたりからで、原作のイメージはもとより、過去の映画版で松山ケンイチが演じた際のビジュアルが完璧だったため、どうにも二番煎じ感が強かった。

 その後、少女漫画原作・映画での連投は、見ていていたたまれなく、事務所はもう少し作品を選べばいいのにと思っていたが、昨年は「週刊少年ジャンプ」(集英社)の連載作品の映像化に挑戦し、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一部』『斉木楠雄のΨ難』で、今までとは違う魅力を獲得しつつある。特に後者はコメディだったこともあって、今までとは違うファン層の開拓に成功した。同時に、ドラマでは『陸王』という王道作品に出演したため、今後は今までとは違う山崎が見られるのではないか、と思っていた。しかし、そこで始まったのが、クズのホストを演じる『トドメの接吻』(日本テレビ系)とは予想外だった。

 日本テレビ系の日曜午後10時30分から放送されている本作は、金のためなら女を容赦なく騙すホストのエイト(山崎賢人)が、門脇麦演じる謎の女にキスをされ、突然命を落とすところから始まる。死んだと思ったエイトだが、意識を取り戻すと、時間はなぜか7日前に巻き戻っていた。エイトは謎の女から逃げようとするものの、何度も女に殺されて時間が巻き戻ってしまう……。いわゆる『時をかける少女』(新潮社)などを筆頭とするタイムリープ(時間逆行)ものだ。

 物語のテンポはよく、いわゆる夜のネオンが似合うオラオラ系ホストドラマの世界観とSF的世界観の融合がユニークで、90年代に同局の土曜ドラマで放送されていた『サイコメトラーEIJI』や『君といた未来のために~I’ll be back~』といったSFテイストの青春ドラマを思わせる。

喜怒哀楽が激しい芝居の持つ力
 エイトは、女を食い物にするホストで、目的のためなら、どんな女とも寝て恐喝も平気で行う最低の男だ。だが、実はそうやって貯めたお金は親が作った借金の返済に当てられており、弟が行方不明になった事件を引きずっていることも暗示され、根っからの悪人ではない。実は複雑な内面を抱えたキャラクターであり、しかしそれ以上に大変そうなのは、すぐに死んでは生き返る人間の気持ちを演じることだろう。

 こういう異常な状況に放り込まれた人間を演じるのは、普通の青年を演じることとは別の演技力が問われる。それは、世界観を視聴者に信じさせ、物語というジェットコースターに乗っける圧倒的なスピード感だ。その点で、今作で見せる山崎の喜怒哀楽が激しい芝居には、「時間が巻き戻る」という設定に違和感を持つより先に、続きをどんどん見たいと思わせる強引な推進力がある。

 『陸王』で演じた繊細な青年役のようには評価されないかもしれないが、作品世界に溶け込んで、物語のナビゲーターに徹している山崎の演技はもっと評価されてもいいだろう。荒唐無稽なドラマに視聴者をうまく乗せてしまう山崎の華のある演技は、見応え満載である。
(成馬零一)

『わろてんか』初代桂春団治の史実を元にしたエピソードが大好評!「見られてよかった」

 ニッポンのお茶の間をわかし続ける国民的番組“朝ドラ”――そのあらすじと視聴者からの反響を、サイゾーウーマンが週1回(金曜日)お届けします!

『わろてんか』(NHK総合/月~土、午前8時) 京都の老舗薬種問屋「藤岡屋」の長女・てん(葵わかな)が笑いをこよなく愛する青年・藤吉(松坂桃李)と出会い、2人で「風鳥亭」をはじめ多数の寄席を抱える「北村笑店」を経営、日本中を笑わせるために奮闘する姿を描いた物語。「吉本興業」の創始者・吉本せいをモデルに描いている。

■1月13日(土)/85話~1月19日(金)/90話
 85話で、芸人のキース(大野拓朗)が、東京に帰るという志乃(銀粉蝶)のために、仲たがいしている生き別れの息子・栞(高橋一生)を招いて食事会を開く。そこで志乃の口から自身の名前の由来を聞いた栞は、今の自分があるのは志乃のお陰だと感謝を告げるのだった。

 昭和になり、ラジオ放送がスタートした86話。時代の変化は北村笑店にも押し寄せ、落語を大切にしたい藤吉と、万歳(まんざい)が今後の主流だと考える総支配人・風太(濱田岳)の対立が大きくなっていた。そんな時、藤吉が突然脳卒中で倒れて入院する。

 87話では、目を覚まさない藤吉のもとに、風太やキース、女優のリリコ(広瀬アリス)や栞が見舞いにくる。藤吉との約束を守って笑顔を絶やさないてんだったが、心細さと不安、そして栞の「泣いてもいい」という言葉に、ついに涙を見せるのだった。

 てんの看病の甲斐もあって、藤吉が意識を取り戻した88話。藤吉不在の北村笑店では、人気落語家・団吾(波岡一喜)にラジオ局から出演依頼がある。しかし、ラジオで落語が聞けてしまったら寄席に足を運ぶ客が減ると考え、藤吉も風太も団吾のラジオ出演に反対する。

 89話では、風太が団吾のラジオ出演を止めるために、借金を理由に家のものを差し押さえたところ、逆効果になり、団吾は新聞で「ラジオに出る」と宣言してしまう。そんなある夜、入院中の藤吉の元を団吾がこっそり訪れる。団吾は「うまいそば屋なら、遠くても客が来る」と語り、翌日夜8時にラジオを聞くよう告げるのだった。

 ついに団吾がラジオ出演をする日を迎えた90話。藤吉はより多くの人にお笑いに触れてもらうために、新しいものに挑戦するべきなのではないかと考え始めていた。一方、どうしても団吾のラジオ出演を阻止したい風太は、大阪のラジオ放送局を徹底的に見張る。しかし団吾は、風太の裏をかいて京都から放送を敢行するのだった。芸人たちも悔しがる風太を見て思わず笑ってしまった団吾の機転に、視聴者は「やっぱ団吾師匠が出ると話が面白くなるな!」「破天荒な団吾師匠大好き!」と大喜び。

 また、このエピソードは団吾のモデルといわれている実在の落語家・初代桂春団治が起こした史実を元にしているようで、視聴者からは「ここで初代春団治のエピソードを盛り込んでくるのいいなぁ!」「今の吉本を語る上では欠かせない事件。『わろてんか』で、きちんとそれが見られてよかった」といった声が上がっていた。

 次回はいよいよ団吾の落語がラジオで放送される。いったいどんな落語が聞けるのか、今から楽しみにしていよう。

『わろてんか』初代桂春団治の史実を元にしたエピソードが大好評!「見られてよかった」

 ニッポンのお茶の間をわかし続ける国民的番組“朝ドラ”――そのあらすじと視聴者からの反響を、サイゾーウーマンが週1回(金曜日)お届けします!

『わろてんか』(NHK総合/月~土、午前8時) 京都の老舗薬種問屋「藤岡屋」の長女・てん(葵わかな)が笑いをこよなく愛する青年・藤吉(松坂桃李)と出会い、2人で「風鳥亭」をはじめ多数の寄席を抱える「北村笑店」を経営、日本中を笑わせるために奮闘する姿を描いた物語。「吉本興業」の創始者・吉本せいをモデルに描いている。

■1月13日(土)/85話~1月19日(金)/90話
 85話で、芸人のキース(大野拓朗)が、東京に帰るという志乃(銀粉蝶)のために、仲たがいしている生き別れの息子・栞(高橋一生)を招いて食事会を開く。そこで志乃の口から自身の名前の由来を聞いた栞は、今の自分があるのは志乃のお陰だと感謝を告げるのだった。

 昭和になり、ラジオ放送がスタートした86話。時代の変化は北村笑店にも押し寄せ、落語を大切にしたい藤吉と、万歳(まんざい)が今後の主流だと考える総支配人・風太(濱田岳)の対立が大きくなっていた。そんな時、藤吉が突然脳卒中で倒れて入院する。

 87話では、目を覚まさない藤吉のもとに、風太やキース、女優のリリコ(広瀬アリス)や栞が見舞いにくる。藤吉との約束を守って笑顔を絶やさないてんだったが、心細さと不安、そして栞の「泣いてもいい」という言葉に、ついに涙を見せるのだった。

 てんの看病の甲斐もあって、藤吉が意識を取り戻した88話。藤吉不在の北村笑店では、人気落語家・団吾(波岡一喜)にラジオ局から出演依頼がある。しかし、ラジオで落語が聞けてしまったら寄席に足を運ぶ客が減ると考え、藤吉も風太も団吾のラジオ出演に反対する。

 89話では、風太が団吾のラジオ出演を止めるために、借金を理由に家のものを差し押さえたところ、逆効果になり、団吾は新聞で「ラジオに出る」と宣言してしまう。そんなある夜、入院中の藤吉の元を団吾がこっそり訪れる。団吾は「うまいそば屋なら、遠くても客が来る」と語り、翌日夜8時にラジオを聞くよう告げるのだった。

 ついに団吾がラジオ出演をする日を迎えた90話。藤吉はより多くの人にお笑いに触れてもらうために、新しいものに挑戦するべきなのではないかと考え始めていた。一方、どうしても団吾のラジオ出演を阻止したい風太は、大阪のラジオ放送局を徹底的に見張る。しかし団吾は、風太の裏をかいて京都から放送を敢行するのだった。芸人たちも悔しがる風太を見て思わず笑ってしまった団吾の機転に、視聴者は「やっぱ団吾師匠が出ると話が面白くなるな!」「破天荒な団吾師匠大好き!」と大喜び。

 また、このエピソードは団吾のモデルといわれている実在の落語家・初代桂春団治が起こした史実を元にしているようで、視聴者からは「ここで初代春団治のエピソードを盛り込んでくるのいいなぁ!」「今の吉本を語る上では欠かせない事件。『わろてんか』で、きちんとそれが見られてよかった」といった声が上がっていた。

 次回はいよいよ団吾の落語がラジオで放送される。いったいどんな落語が聞けるのか、今から楽しみにしていよう。