すっかりオスカー新人の“お披露目の場”と化した『ドクターX』 これも高視聴率のなせるワザ!?

 第5シリーズを迎えた米倉涼子主演の人気ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系/木曜午後9時~)が、今シリーズも好調を維持している。第2~第4シリーズほどの勢いはないものの、第6話(11月16日放送)までの平均視聴率は20.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、4シリーズ連続となる全話平均視聴率20%超えの大台突破も視野に入った。

 そんな中、特に今シリーズで顕著なのが、米倉と同じオスカープロモーション所属タレントの“バーター出演”だ。まず、ジェイ・オフィスに籍を置く陣内孝則が、オスカーからの業務提携の形で初登場。しかも、東帝大学病院外科副部長役という主要キャストで、厚遇されている。だが、「演技がヘタすぎる」「『ドクターX』のイメージには合わない」などとして、同ドラマのファンからはブーイングの嵐。しかし、陣内がオスカーから送り込まれたという経緯を考慮すると、その姿がドラマから消える可能性は低そう。

 そのほか、元モーニング娘。で、今年4月にオスカーに移籍したばかりの久住小春が看護師役で出演。久住は移籍して早々、4月期の『女囚セブン』(テレビ朝日系)にもレギュラー出演したが、これもオスカー所属の剛力彩芽の主演ドラマで、バーターでの起用が続いている。

 また、オスカー主催の「ミス美しい20代コンテスト」グランプリの是永瞳が、院長秘書役で女優デビューを果たしている。『ドクターX』で、秘書役は、オスカー所属タレントが起用されることが慣例化されており、是永もこれにならったものだ。

 久住、是永にとっては、ビッグチャンス到来となったが、ネット上では2人とも、「演技が大根すぎ」「存在がうざい」などといった声も多く、チャンスをモノにしたとは、いささか言い難い。

 それだけではない。12月7日放送予定の第9話には、今年8月に行われた「第15回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリに輝いたばかりの井本彩花が、患者役でゲスト出演することがわかった。10月23日に14歳になったばかりの井本は、むろん、これが演技初経験。是永同様、女優デビュー作が超人気ドラマになるのは“破格”の扱いだ。

 ベテランの陣内はともかく、こうなると、もはや『ドクターX』が、オスカー新人タレントのお披露目の場と化してしまったかのようだ。

「テレ朝にとって、今や『ドクターX』は、水谷豊主演の『相棒』を超える人気ドラマシリーズとなりました。視聴率を挙げるのが難しい時代で、常時20%を超える人気番組は、民放では同ドラマしかありません。CMスポンサーになりたがっている企業も殺到しており、まさに“米倉涼子様々”なのです。当然テレ朝は来年も続編をやりたいわけですが、まだ米倉の了解は取れていないと聞きます。続編を実現させるためにも、オスカーと良好な関係を保つことは大事。主要キャストならいざ知らず、脇役、端役でのバーター起用など、テレ朝的には、どうってことはありません。新人が『ドクターX』をきっかけにブレークするかもしれませんし、バーターも大いに結構なのではないでしょうか? むしろ、オスカーのらつ腕ぶりは評価すべきなのでは?」(芸能関係者)

 テレ朝が“三顧の礼”をもって、米倉に続編オファーを出し続ける限りは、オスカーからのバーター要求は避けて通れそうにない。ただし、次期シリーズ放送が実現した場合、同ドラマのファンから、あまりにも不要論が多い陣内だけは、外すのが賢明かもしれない。
(文=田中七男)

すっかりオスカー新人の“お披露目の場”と化した『ドクターX』 これも高視聴率のなせるワザ!?

 第5シリーズを迎えた米倉涼子主演の人気ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系/木曜午後9時~)が、今シリーズも好調を維持している。第2~第4シリーズほどの勢いはないものの、第6話(11月16日放送)までの平均視聴率は20.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、4シリーズ連続となる全話平均視聴率20%超えの大台突破も視野に入った。

 そんな中、特に今シリーズで顕著なのが、米倉と同じオスカープロモーション所属タレントの“バーター出演”だ。まず、ジェイ・オフィスに籍を置く陣内孝則が、オスカーからの業務提携の形で初登場。しかも、東帝大学病院外科副部長役という主要キャストで、厚遇されている。だが、「演技がヘタすぎる」「『ドクターX』のイメージには合わない」などとして、同ドラマのファンからはブーイングの嵐。しかし、陣内がオスカーから送り込まれたという経緯を考慮すると、その姿がドラマから消える可能性は低そう。

 そのほか、元モーニング娘。で、今年4月にオスカーに移籍したばかりの久住小春が看護師役で出演。久住は移籍して早々、4月期の『女囚セブン』(テレビ朝日系)にもレギュラー出演したが、これもオスカー所属の剛力彩芽の主演ドラマで、バーターでの起用が続いている。

 また、オスカー主催の「ミス美しい20代コンテスト」グランプリの是永瞳が、院長秘書役で女優デビューを果たしている。『ドクターX』で、秘書役は、オスカー所属タレントが起用されることが慣例化されており、是永もこれにならったものだ。

 久住、是永にとっては、ビッグチャンス到来となったが、ネット上では2人とも、「演技が大根すぎ」「存在がうざい」などといった声も多く、チャンスをモノにしたとは、いささか言い難い。

 それだけではない。12月7日放送予定の第9話には、今年8月に行われた「第15回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリに輝いたばかりの井本彩花が、患者役でゲスト出演することがわかった。10月23日に14歳になったばかりの井本は、むろん、これが演技初経験。是永同様、女優デビュー作が超人気ドラマになるのは“破格”の扱いだ。

 ベテランの陣内はともかく、こうなると、もはや『ドクターX』が、オスカー新人タレントのお披露目の場と化してしまったかのようだ。

「テレ朝にとって、今や『ドクターX』は、水谷豊主演の『相棒』を超える人気ドラマシリーズとなりました。視聴率を挙げるのが難しい時代で、常時20%を超える人気番組は、民放では同ドラマしかありません。CMスポンサーになりたがっている企業も殺到しており、まさに“米倉涼子様々”なのです。当然テレ朝は来年も続編をやりたいわけですが、まだ米倉の了解は取れていないと聞きます。続編を実現させるためにも、オスカーと良好な関係を保つことは大事。主要キャストならいざ知らず、脇役、端役でのバーター起用など、テレ朝的には、どうってことはありません。新人が『ドクターX』をきっかけにブレークするかもしれませんし、バーターも大いに結構なのではないでしょうか? むしろ、オスカーのらつ腕ぶりは評価すべきなのでは?」(芸能関係者)

 テレ朝が“三顧の礼”をもって、米倉に続編オファーを出し続ける限りは、オスカーからのバーター要求は避けて通れそうにない。ただし、次期シリーズ放送が実現した場合、同ドラマのファンから、あまりにも不要論が多い陣内だけは、外すのが賢明かもしれない。
(文=田中七男)

「AIはご飯食べないからね」天才外科医・大門未知子、AI診断の鼻を明かす! 『ドクターX ~外科医・大門未知子』第5話

 米倉涼子が一匹オオカミの天才外科医を演じるドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子』(テレビ朝日系)第5期の第5話が9日に放送され、平均視聴率20.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前回から1.7ポイント増し、初回以来の大台突破となりました。

 今回のテーマは“人間 VS AI”。医療界のトップに立つ日本医師倶楽部・会長の内神田景信(草刈正雄)は、最先端の人工知能診断システム・ヒポクラテスを普及させるべく、東帝大学病院の病院長・蛭間重勝(西田敏行)にPRのための“華麗なる症例”を打ち出すよう命じます。

 そんな折、若き天才棋士・五反田五郎(間宮祥太朗)が世界最強の将棋ロボット・マングースと対局中、痙攣を起こして意識消失。東帝大学病院に搬送されるのですが、MRI画像を見ても病名は特定できず。そこでヒポクラテスが導入され、73%の確率で脳膿瘍(のうのうよう・脳内に細菌が入り炎症を起こす病気)であると診断されるのです。

 患者の知名度が高く、ヒポクラテスの有能さをアピールするには絶好のチャンス到来というわけで、オペを確実に成功させたい蛭間は執刀医に大門未知子(米倉涼子)を指名します。しかし、未知子はAI診断に懐疑的なため、すぐにオペすることを拒否。自分の経験と患者との対話から疾患を探ろうとするのでした。

 そんなある日、未知子はふと手にした将棋雑誌から、五反田が対局前にいつも馴染みの店で豚トロを食べていることを知ります。気になりその店に足を運んでみると、病院をこっそり抜け出していた五反田を発見。そして、五反田が豚トロをほとんどレア状態で食べることに気づくのです。聞けば、海外へ行った時にも生焼けのまま豚肉を食べたということで、未知子はなにか閃くものがあり五反田をすぐに病院へ連れ戻します。

 再診の結果、五反田の体内から有鉤条虫(ゆうこうじょうちゅう・寄生虫の一種)の幼虫が発見されます。つまり、ヒポクラテスが下した脳膿瘍は誤診で、五反田の本当の病名は有鉤嚢虫症(ゆうこうのうちゅうしょう・有鉤条虫が脳に寄生した状態)だったのです。

 蛭間がマスコミ向けの会見を開く中、未知子は独断でオペを決行。無事に有鉤条虫の幼虫を摘出し、AI診断の鼻を明かしたところで終了となりました。

 さて感想ですが、今回も予想通りの展開でした。これまでのシーズンを通して定期的に登場する“未知子VS最新医療技術”という構図で始まり、結局最後に勝つのは外科医として類いまれな経験値と技術をもつ未知子というオチ。なんのひねりもないド直球のストーリー展開ですが、高視聴率を支える固定ファンはもはやこのドラマに変化球など望んではいないことでしょう。出世のことばかり考え、困難な状況に直面するとすぐに保身に走る教授たちを尻目に、米倉が快刀乱麻を断つ姿が最大の魅力になっていますし、今までそのスタイルで高い人気を維持できてきたわけですからテレビ朝日としても何の問題もありません。

 ただ、今回気になったのは、ヒポクラテスが誤診した理由が明確にされず、未知子の「AIはご飯食べないからね」という皮肉で片づけられてしまったことです。調べてみたところ確かに有鉤嚢虫症は診断が難しい病気ではあるようですが、決してレアな症例ではありません。数年前ならまだしも、昨今では現実的にさまざまな職場でAIが人間にとって代わり始めている状況ですし、命を扱う医療の現場に導入されるものならばなおさらその性能は生半可なものではないハズです。

 これは、旧世代とは言動にズレがある“ゆとり世代ネタ”を扱っていることについてもいえますが、今シーズンは未知子の生みの親でもある脚本家・中園ミホが参加していないこともあってか、フォーマット化されたストーリーにとりあえず世間を賑わせているネタを放り込んでおけばいいや、という制作陣の安直な考えが透けて見えるような気がするんですよね。AIやゆとり世代ネタは手垢がつきまくっているだけに、今さら扱うのであれば相当に煮込むなり焼くなりしなければ面白くならないのですが、サッと火を通して出しているだけといった印象が拭えません。

 時事ネタに関していえば、脚本を書いていたのがちょうど森友学園問題で揺れていた時期だったのか知れませんが、初回からやたらと“忖度”という言葉が出てくるのが引っ掛かります。タイムラグが生じてしまうのは仕方ありませんが、トレンドではなくなった時点で台本なり編集段階でカットすべきではないでしょうか。

 さて、次回は未知子がプライベートでも仲が良い麻酔科医・城之内博美(内田有紀)とケンカをしてしまうとのことで、この対立も前シーズンのラストに見た記憶があるのですが……。ひとまず放送を楽しみに待ちたいと思います。
(文=大羽鴨乃)

「AIはご飯食べないからね」天才外科医・大門未知子、AI診断の鼻を明かす! 『ドクターX ~外科医・大門未知子』第5話

 米倉涼子が一匹オオカミの天才外科医を演じるドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子』(テレビ朝日系)第5期の第5話が9日に放送され、平均視聴率20.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前回から1.7ポイント増し、初回以来の大台突破となりました。

 今回のテーマは“人間 VS AI”。医療界のトップに立つ日本医師倶楽部・会長の内神田景信(草刈正雄)は、最先端の人工知能診断システム・ヒポクラテスを普及させるべく、東帝大学病院の病院長・蛭間重勝(西田敏行)にPRのための“華麗なる症例”を打ち出すよう命じます。

 そんな折、若き天才棋士・五反田五郎(間宮祥太朗)が世界最強の将棋ロボット・マングースと対局中、痙攣を起こして意識消失。東帝大学病院に搬送されるのですが、MRI画像を見ても病名は特定できず。そこでヒポクラテスが導入され、73%の確率で脳膿瘍(のうのうよう・脳内に細菌が入り炎症を起こす病気)であると診断されるのです。

 患者の知名度が高く、ヒポクラテスの有能さをアピールするには絶好のチャンス到来というわけで、オペを確実に成功させたい蛭間は執刀医に大門未知子(米倉涼子)を指名します。しかし、未知子はAI診断に懐疑的なため、すぐにオペすることを拒否。自分の経験と患者との対話から疾患を探ろうとするのでした。

 そんなある日、未知子はふと手にした将棋雑誌から、五反田が対局前にいつも馴染みの店で豚トロを食べていることを知ります。気になりその店に足を運んでみると、病院をこっそり抜け出していた五反田を発見。そして、五反田が豚トロをほとんどレア状態で食べることに気づくのです。聞けば、海外へ行った時にも生焼けのまま豚肉を食べたということで、未知子はなにか閃くものがあり五反田をすぐに病院へ連れ戻します。

 再診の結果、五反田の体内から有鉤条虫(ゆうこうじょうちゅう・寄生虫の一種)の幼虫が発見されます。つまり、ヒポクラテスが下した脳膿瘍は誤診で、五反田の本当の病名は有鉤嚢虫症(ゆうこうのうちゅうしょう・有鉤条虫が脳に寄生した状態)だったのです。

 蛭間がマスコミ向けの会見を開く中、未知子は独断でオペを決行。無事に有鉤条虫の幼虫を摘出し、AI診断の鼻を明かしたところで終了となりました。

 さて感想ですが、今回も予想通りの展開でした。これまでのシーズンを通して定期的に登場する“未知子VS最新医療技術”という構図で始まり、結局最後に勝つのは外科医として類いまれな経験値と技術をもつ未知子というオチ。なんのひねりもないド直球のストーリー展開ですが、高視聴率を支える固定ファンはもはやこのドラマに変化球など望んではいないことでしょう。出世のことばかり考え、困難な状況に直面するとすぐに保身に走る教授たちを尻目に、米倉が快刀乱麻を断つ姿が最大の魅力になっていますし、今までそのスタイルで高い人気を維持できてきたわけですからテレビ朝日としても何の問題もありません。

 ただ、今回気になったのは、ヒポクラテスが誤診した理由が明確にされず、未知子の「AIはご飯食べないからね」という皮肉で片づけられてしまったことです。調べてみたところ確かに有鉤嚢虫症は診断が難しい病気ではあるようですが、決してレアな症例ではありません。数年前ならまだしも、昨今では現実的にさまざまな職場でAIが人間にとって代わり始めている状況ですし、命を扱う医療の現場に導入されるものならばなおさらその性能は生半可なものではないハズです。

 これは、旧世代とは言動にズレがある“ゆとり世代ネタ”を扱っていることについてもいえますが、今シーズンは未知子の生みの親でもある脚本家・中園ミホが参加していないこともあってか、フォーマット化されたストーリーにとりあえず世間を賑わせているネタを放り込んでおけばいいや、という制作陣の安直な考えが透けて見えるような気がするんですよね。AIやゆとり世代ネタは手垢がつきまくっているだけに、今さら扱うのであれば相当に煮込むなり焼くなりしなければ面白くならないのですが、サッと火を通して出しているだけといった印象が拭えません。

 時事ネタに関していえば、脚本を書いていたのがちょうど森友学園問題で揺れていた時期だったのか知れませんが、初回からやたらと“忖度”という言葉が出てくるのが引っ掛かります。タイムラグが生じてしまうのは仕方ありませんが、トレンドではなくなった時点で台本なり編集段階でカットすべきではないでしょうか。

 さて、次回は未知子がプライベートでも仲が良い麻酔科医・城之内博美(内田有紀)とケンカをしてしまうとのことで、この対立も前シーズンのラストに見た記憶があるのですが……。ひとまず放送を楽しみに待ちたいと思います。
(文=大羽鴨乃)

大門未知子が後輩医師をドS調教!? 『ドクターX ~外科医・大門未知子』第4話

 米倉涼子がフリーランスの天才外科医を演じる大ヒットドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子』(テレビ朝日系)第5期の第4話が2日に放送され、平均視聴率19.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前回から0.1ポイント増となりました。

 さて、今回は手術シーンからスタート。“三度の飯よりオペが好き”と公言する未知子はハードに仕事をこなすのですが、助手を務める森本光(田中圭)は技術的に劣り、足手まといになってしまいます。

 また、西山直之(永山絢斗)ら“ゆとり世代”の若手医師たちからの突き上げもあり、森本はストレスを抱え込んでしまうのです。その姿を見かねた先輩外科医・原守(鈴木浩介)に誘われ、気分転換に婚活パーティーに参加。そこで運命の女性・内神田四織(仲里依紗)に出会い、結婚へ向けトントン拍子で話が進みます。

 そんなある日、四織が勤務中の森本を訪れ、人気の結婚式場を予約することができたと報告。喜ぶ森本ですが、帰り際に四織が倒れてしまいます。すぐに検査したところ、四織は余命3カ月の重篤な肝臓がんを患っていることが発覚。さらに、四織が日本医師倶楽部の会長・内神田景信(草刈正雄)の娘、つまり超VIPであることが明らかになり、医局内は騒然となってしまうのです。

 オペ失敗は絶対に許されないと、病院長・蛭間重勝(西田敏行)は万全の布陣でオペに臨むことを計画。しかし、四織が執刀医に指名したのは、婚約者であり名医だと思い込んでいる森本だったのです。自分の手に負えない困難な手術が回ってきたことに森本は恐れおののき、未知子に助手を頼むのですが、未知子は「いたしません」の一点張り。教授連中が土下座しても首を縦には振らないのです。

 しかしオペ当日、未知子は手術室に現れ、助手に入ることを承諾。森本は安堵しつつ肝臓にある腫瘍の摘出を始めるのですが、肝臓の20%を残さなければいけないギリギリの切除が求められる困難なオペに途中でギブアップ。未知子に助けを求めるも頑なに拒否されてしまったため、インオペ(手術中止)を決意するのです。

 四織を救えなかったことに落胆する森本ですが、その数日後、未知子が四織の再手術をしていると聞きつけ、慌てて手術室に駆け込みます。実は未知子、前回のオペの際、腫瘍を切除して小さくなった肝臓が自己再生するような処置をこっそり施していたのです。それが功を奏し、手術は無事に成功となりました。

 その後、四織は実は“内神田”という姓を利用して医師たちを騙す結婚詐欺師だったことが発覚。重鎮の娘を助けて株を上げようとした蛭間がその事実を知り、内神田景信の目の前で驚嘆、森本がショックを受けて泣く、というオチがついたところで終了となりました。

 今回は森本にスポットライトが当たる回となりました。森本といえば第1期に新米外科医として登場。天才的なオペ技術を誇る未知子に憧れを抱き海外留学を決意したものの、留学は失敗に終わったようで相変わらず外科医としての腕は半人前。第1話から先輩医師だけでなく若手医師たちにもバカにされるようなシーンがちょくちょく挿入されていました。

 しかし、ダメなりにも一生懸命頑張る森本のことを、未知子は未知子なりに密かに気にかけていたのではないでしょうか。今回、最初のオペ中に未知子が森本の助けを拒否した際、外野の教授たちからは“未知子なりの教育”という意見が飛び交いました。獅子の子落としではないですが、困難な局面から逃げてばかりでは森本の成長には繋がらないというわけです。

 2回目のオペについては、森本が執刀医を代わると申し出た際、未知子が「あんたはこの前やったでしょ。次は私の番」と言ったため、結局自分がオペをやりたかっただけなんだと、他の教授たちが呆れ返るシーンがありました。どこか子どもじみたところがある未知子なだけに、最後の最後は自分がオペをしたいという気持ちは確かにあったのかもしれません。けれど、昔気質の職人の師弟関係ではないですが、“背中を見て覚えろ”という意味合いもあったのではないかと思うのです。普段は定時きっかりに帰る未知子ですが、今回は珍しく残業して四織のレントゲンと睨めっこするシーンがあったことからも、森本を気にかけている様子が伝わってきました。

 第2話での新人医師・伊東亮治(野村周平)に対してもそうでしたが、今シーズンの未知子は後輩たちに対して姉御肌な部分を発揮しているシーンが垣間見られます。優しい言葉など一切かけず、その指導方法はドS気味ではありますが、他人のことは我関せずだった未知子も後輩育成が考えられるほど丸くなってきたということかもしれません。

 さて、次回は最先端のAI診断システムがテーマということですが、未知子と若手医師たちとの絡みも含めて面白い展開を期待したいと思います。
(文=大羽鴨乃)

ガングロおやじサーファー風の陣内孝則が邪魔するも、安定の高視聴率マーク! 『ドクターX ~外科医・大門未知子』第3話

 米倉涼子が一匹オオカミの天才外科医を演じるドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子』(テレビ朝日系)第5期の第3話が26日に放送され、平均視聴率19.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前回から0.6ポイント下がったものの依然として高い数値をキープしています。

 今回は大門未知子(米倉涼子)ら東帝大学病院の外科チームが、大学の付属幼稚園に健診に訪れたところからスタート。子供嫌いの未知子は生意気な園児たちに手を焼くのですが、そんな中で園長の三鴨寿(平田満)が倒れ、すぐさま病院へと搬送します。

 実は三鴨は肺がんを患い、外科副部長・猪又孝(陣内孝則)の指示で半年前から化学療法を受けているのです。しかし、腫瘍は一向に小さくなる気配がないため、セカンドオピニオン(別の医者に診察してもらうこと)を希望。プライドが高くメンツを気にする猪又はこれを了承するものの、他の病院に三鴨の検診をしないよう根回しをします。

 困り果てた三鴨は、未知子が所属する神原名医紹介所の所長・神原晶(岸部一徳)に相談。神原は病院長・蛭間重勝(西田敏行)のもとへ出向き、園児たちに人気の三鴨を救えばマスコミに取り上げられて絶好のPRになると進言します。そして、持ち込み患者扱いということで未知子にオペをさせる約束を取り付けるのです。

 しかし、もともと三鴨の主治医であった猪又がこれに猛反発。困った蛭間は、猪又を執刀医、未知子を第一助手にしてオペを行うよう提案するのですが、今度は未知子が納得いかないと拒否したため話が進まなくなってしまうのです。

 猪又をステーキ屋に呼び寄せた蛭間は、オペが失敗した時に責任をなすりつけるための保険として未知子を助手に置いておくべきだと主張。さらに、次期・外科部長の座をチラつかせて未知子と一緒にオペをするよう丸め込みます。

 その一方、三鴨の声がかすれていることに気づいた未知子は、原発巣(がんの元)は甲状腺にあり、肺の腫瘍はそこから転移したものだと見抜きます。だからいくら化学療法を続けても腫瘍は小さくならなかったのです。そのことに気づいた未知子は、早急に処置をしなくてはまずいと思い、助手としてオペに立ち会うことを了承するのです。

 そうとは知らない猪又は、オペ中に血管を損傷してしまい大量出血を引き起こすなど醜態をさらします。未知子は強引に猪又を押しのけ、甲状腺にある腫瘍の摘出を開始。見事にオペを成功させ、三鴨の命を救ったところで今回は終了となりました。

 初回のレビューにも書いたように同ドラマは、これまでのシーズンも含めて病院内で孤立する未知子が教授の誰かと対立し、オペ中に教授がミスを犯して未知子がその尻拭いをして終了というのがお決まりのパターンになっています。今回で5期目ということで、定番化した展開は旧来のファンにとって『水戸黄門』(TBS系)のような長寿ドラマに似た安心感をもたらしているかもしれません。ただ、今シーズンはあまりにも露骨に脚本が定型化されてしまっているようにも思えます。今回、猪又がオペ中に血管を損傷して大量出血を引き起こしてしまう展開は、前回の伊東亮治(野村周平)が執刀した時とまるで同じでした。

 ストーリーに変動がないのは、未知子のキャラクターの生みの親であり第1~4シーズンまでメインで脚本を担当していた中園ミホが、今回初めてチームから外れてしまっていることが少なからず影響しているのかもしれません。これまでのシーズンやスペシャル版を通じて平均視聴率20%前後を常に叩き出してきただけに、中園なしにして展開をガラリと変えてしまうのは困難なのでしょう。

 第3シーズンのラスト、神原が未知子の高額なギャラをネコババして資金を貯め、未知子のための外科病院建設プラジェクトを画策していることが明らかになり、そろそろその計画が実行に移されてもいいのではないかとも思っていたのですが、今シーズンでは望めそうにありませんね。主演を務める米倉の魅力が損なわれない限りは安定した視聴率を獲得できると思いますが、少し物足りない気もします。

 また、脚本をいじれない代わりにキャラづくりで目新しさを出そうとしたのかもしれませんが、白髪にガングロのおやじサーファーみたいな陣内孝則のルックスはいかがなものでしょうか。今回の役柄に限らず陣内の演技には強引に笑いを取ろうというあざとさが見える気がするのですが、オペ中にもふざけた演技をしたのはドラマの緩急をつける意味でも邪魔だったと思います。

 脇役たちの新鮮さで勝負という意味では、次回ゲスト出演する仲里依紗は同枠の前クールに放送された『黒革の手帖』で、地味な女から夜の蝶へと変身する過程を見事に演じ絶賛されただけに期待したいと思います。
(文=大羽鴨乃)

スーパー外科医・大門未知子、ゆとり世代に医師としての覚悟を問う!『ドクターX』第2話

 米倉涼子がフリーランスの凄腕外科医を演じるドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子』(テレビ朝日系)第5期の第2話が19日に放送され、平均視聴率19.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前回から1.3ポイント下落となってしまいました。

 その前回、東帝大学病院とフリーランス契約を交わした未知子は、困難な手術を成功させたことで伊東亮治(野村周平)ら“ゆとり世代”の若手医師たちから一目置かれるようになりました。親子ほども年齢が離れた両者ですが、先輩医師に対して意見をきっちり通したり、院長回診を無駄だと判断し参加しないなど、その言動には相通じるところがあるのです。

 そんなある日、病院長・蛭間重勝(西田敏行)のもとへ挨拶に訪れた亮治の母・不二子(中田喜子)が吐血。内視鏡検査したところ、進行胆のう癌肉腫が見つかります。この腫瘍は切除が極めて困難であり、若手では成功例がありません。それを実の息子・亮治が成功させれば世界的なPRになる。そう算段した日本医師倶楽部の会長・内神田景信(草刈正雄)が蛭間に命じ、亮治が執刀医を務めることになります。

 しかし、不二子は手術を拒否。また、私立の三流医大に入学した際に不二子が裏金を納めていたことを知って以来、ドライな関係になってしまった亮治は、無理に手術を勧めることはしません。

 一方、なんとか不二子の手術を実現させたい蛭間のもとに、ロビーに落ちていたというデジタルカメラが届きます。その中には東帝大学病院の医師たちのプライベート盗撮画像が入っているのです。実はこれ、亮治を想う不二子が職場の人間関係を気にして撮影したものなのですが、蛭間はこれを利用することに。盗撮を告発されたくなければ同意書にサインをしろと不二子を脅すのです。

 まさかの手術決行に亮治は暗い表情を浮かべるのですが、未知子はそれがギクシャクした親子関係からくるものではなく、手術への自信のなさだと見抜きます。そして一言、「意地を張るのと覚悟を決めるのは違う」と言い放つのです。その言葉に奮起した亮治は執刀することを決断。そして助手に未知子を指名します。

 迎えた手術本番。突如として謎の大量出血が起こり、亮治は取り乱してしまいます。そこへすかさず「あんたの覚悟は?」と未知子から一喝されたことで冷静さを取り戻し、一時的に心臓停止させて出血点を探すことにするのですが、なかなか見つかりません。これは無理だと判断した未知子は、亮治を強引に押しのけて手術を無事に成功させます。

 しかし、執刀医が未知子ではニュースバリューは落ちる。そう判断した蛭間は、手術成功は亮治の手柄ということにして会見を開くことに。ただ、ここで計算外の事態が発生。未知子のオペ技術やプロフェッショナルな姿勢に感服した亮治は、自分にはそれがないと気づき、今回の手術がすべて未知子の手によるものだったこと、さらに医師を辞めてミュージシャンの道を志すことを発表してマスコミの前から立ち去ってしまうのです。その様子をテレビで見ていた内神田は立腹。未知子を日本の医療界から追放することを決意したところで今回は終了となりました。

 さて、感想。今回の予告動画では、“ハケンの女VSゆとり世代”と煽っていたため、未知子と若手医師たちがバチバチとやり合うのかと思っていたのですが、そんなことはありませんでした。対立するどころかマイペースな言動がソックリなのです。ただ、その行動原理はまったく異なります。亮治らはお金やステータスを重視。そういった意味では、先輩医師らとなんら変わりはないのですね。

 その一方、人命を救うこと自体に情熱やプライド、責任感を抱く未知子は、お金や名声にはまったくの無頓着。前シリーズまで、恩師であり神原名医紹介所の所長を務める神原晶(岸部一徳)に高額なギャラをネコババされていたことも知らなかったほどなのです。

 世代間の違いなど興味はない。ただ、患者の命を救うために全力を尽くすという医師としての覚悟が亮治にあるのかを未知子は問いたかったのでしょう。だからこそ、普段は拒否する助手というポジションもあまんじて受け入れた。そして、オペの最中にその背中で医師としての在り方を教えたのです。

 未知子のその想いを亮治は感じ取っただけに、医師を辞める展開にしたのは残念でした。あっさり方向転換してしまうことでゆとり世代の“らしさ”を表現したのかもしれませんが、未知子の背中を追って成長させて欲しかったです。

 しかし、亮治と同世代の医師はまだ残っています。未知子が彼らにどう接していくのか、また次回からは内神田が率いる日本医師倶楽部によって未知子潰しが本格的に始まるということで、その運命やいかに。放送を待ちたいと思います。
(文=大羽鴨乃)